2017年11月21日

カレー・つけ麺 とろとん@多摩センター(魚介豚骨カレーつけ麺 311/'17)

訪問日時:2017/11/21 15:05

多摩方面での仕事を終え、
変える途中に小腹が減ったので、
多摩センター駅で途中下車。

検索で引っかかった、
駅近くのココリアという複合施設の
6階、レストラン街を目指す。


あまり選ぶ時間もなかったので、
こちらに決めて入店。

ダレもいない店内にぽつねん、と座り、
メニュー拝見。


つけ麺とスープ麺とカレーライスの3本柱。
平打麺の画力がすごいので、
つけ麺かな。
魚介豚骨(ぎょかとん)カレーつけ麺で、
平打ち麺に決めて注文した。

卓上には唐辛子と胡椒。


つけ麺のスープを温める電子レンジがある。


15時までのランチタイムは
ライスがお代わり自由で無料だそうだ。

7分後到着。


うは、やはりすげーわ。


そのまま食べてみると、
ごわごわのファーストアタックながら、
もっちり感もある。

スープにはチャーシュー、ねぎ、人参。


いただきますよー。


すすりにくいけど、
これはうまいね。
魚介が勝ちすぎていない、
全体的にサラサラのスープだ。

ただ、最初から温いので、
電子レンジは使わせてもらった。。

麺はするっとなくなってしまった。
次いで割りスープを頼もうと思ったら、
中央のカウンターにあった。


熱々のスープは昆布だし。
ゆっくり味わって店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:10 | Comment(0) | 東京都下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春水堂 代官山店@代官山(釜あげシラスとパクチーまぜ麺 310/'17)

訪問日時:2017/11/20 11:12

代官山でランチタイムとなった。
目の前には春水堂。


タピオカミルクティーの発祥として
有名な台湾カフェだけど、
ここは麺メニューも豊富。


よし、入ろう。
ここは確か本店扱いだったよね。
中は広いね。

メニューを持って、席を決めてから
レジに行って注文するスタイル。

担々麺か炸醤麺を目論んでいたんだけど、
なんとなく、釜あげシラスとパクチーまぜ麺にしてみた。
セットにはしないで単品にて。

番号札をもらって、
席に付いて待っていると、
3分後到着。


茹でしらす、パクチー、もやし、糸唐辛子、レモンが
乗っている。

下をまさぐると、
タレが見える。


そして、混ぜて混ぜていただきます。


うほ。
あっさりだ。

優しい塩味がしらすを活かしている。
ややガーリックも利いていて、
アクセントもある。

麺は平打ちの中太。
もっちりといい麺だ。

麺量は140gくらいかな。
するっと食べ終えて店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:37 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

西那須野カントリークラブ@須野塩原(正油ラーメン 309/'17)

訪問日時:2017/11/19

友人たちとのゴルフはいつも楽しい。
昼も盛り上がる。
正油ラーメン、ミニカレー付きを頼んだ。


今日は雪もチラつき、厳寒のラウンドだったので、
温かいスープがありがたかった。


よくあるタイプの
不満なしの正油スープ。

麺も普通においしい。


いいね。
おいしい。

ミニカレーも拘りのうまさ。

さくっと食べ終え、
雪の中に飛び出した。





感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:28 | Comment(0) | ゴルフ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

Fusionラーメン醤太郎@中延(坦々醤太郎ラーメン 308/'17)

訪問日時:2017/11/18 11:30

Fusionラーメン醤太郎
なる店が、麺処けんじ跡地に
11/9にオープンしていたとは知らなかった。
テリトリーではあるけど、通り道ではないからな。


ら〜めん浜ちゃん→熊野けんじ
と変遷してきた場所。
いい場所に見えるんだけどねー。

さて、このFusionラーメン醤太郎、
馬込の「醤道」の醤油と
環七の長浜ラーメンの人気店だった「金太郎」の
豚骨スープをミックスして作った豚骨醤油。
現在では醤道でもそのミックスがいただけるので、
支店的扱いにも思えるけど、
プロデュースを受けたFC店ということらしい。

営業時間はまだ確定ではないみたい。


定休日も未定とか。。

中に入って券売機に向かう。


醤太郎ラーメン、坦々醤太郎ラーメン、醤油ラーメン、
えび醤油ラーメン、ゆず醤油ラーメン、ダブルインパクト、
坦々ダブルインパクト、醤太郎つけ麺、坦々醤太郎つけ麺、
という9種類の構成。

こりゃ迷うな。
近くなので、今後も来るだろうし、
なんとなくデフォルトではなく、坦々醤太郎ラーメンを購入。

店内は けんじ のほぼ居抜き。
L字型カウンター8席もそのまま。

奥の見えにくい厨房には店主さんともう一人、
そしてホールの女性一人、とい3人体制。
チケットを渡すときに
脂と豚と鶏から選べるというので、鶏をチョイス。

ちょっと待て。
そうすると商品は18種類になってしまうのか。。。。

麺の固さは選べる。


つけ麺でも選べるって珍しい。
それにしても、アゴ砕きって(^^;

卓上のメニューを見ていると、
全部いただきたくなる。


次は醤油ラーメンだな。。。
でも、ダブルインパクトも久々に食べたいなあ。

それにしても 坦 を使っているのが
モヤモヤする。。。

調味料類は胡椒、唐辛子、酢、ラーメンタレ。


2番めだったけど、
つけ麺の客を飛ばして5分後到着。


ほほー、
担々麺とは言っても、それらしくはないね。


具は大きめのチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、アオサのり。

スープをいただだくと、
基本のやや濃厚な豚骨スープを良く感じられるもの。


その上に辛さが乗っている感じ。
よしよし、狙い通りだ。
これで醤太郎ラーメンも味わったことにしておこう(^^;

細麺をずずるるる、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


細麺の担々麺、いいね。
辛さもほどほどだし、
万人向けかも。

麺の固さは普通にしては結構固い。
ザクッとしていて私は好きだけど、
固いのがダメな人は柔らかめ指定がいいかも。

チャーシューは大きくて満足。


味付けは塩梅がいいね。

メンマは材木タイプ。


シャクっといい食感だ。

麺量は130gくらいかな、
するっとお腹におさまった。

最後にスープをすくっていると、
ラー油由来なのか、ナッツなど色々な食感が楽しかった。

いや、おいしかった。
メニューコンプリートは無理でも、
ダブルインパクト、つけ麺は食べてみたい。

接客が非常に丁寧だし、
居心地がいいので、
長い繁栄を祈ります。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:47 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

とと麺 耕@荻窪(油そば 307/'17)

訪問日時:2017/11/17 11:59

昨日オープンした荻窪の新店に向かうも、
本日は機械トラブルで営業できない、
と言われ、凹んだ。
仕方ないけど、減りに減った腹が立った。

時間もないし、道すがらにあった
とと麺耕に入ることにした。
開店日には1種類しかなかったけど、
その後メニューが増えたりして
ちょっと気になっていたし。

濃厚なのと、油そばもあるのか。。


店に入って券売機に向かう。


バラちらしも始まってる。
油そばとバラちらしのセットにしてみるか。

デトックスウォーターを汲んで
席につく。


当初はお箸とレンゲが一緒の入れ物に
整理されていた。


レンゲはサーブのときに麺に添えるシステム。
それがいいと思うです。
調味料類も酢、胡椒、唐辛子の3種となっている。

1番目で6分後到着。


具はチャーシュー、鶏挽き肉、ねぎ、メンマ、味玉1/2。


底の方に適度なタレ具合。


まーぜまぜ、からの
いただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


武蔵野油そば風の味付けが基本みたいだけど、
とと油なる独自の風味の油が、
良くわからないけど、かなり効果的。
これは飽きることなく食べ進める感じだ。

チャーシューと鶏挽き肉が非常に美味しい。


特に粗みじんの鶏挽き肉は
この料理には必須。
食感といい、味を引き立てる風味といい、
よく考えたな、という印象。

マヨネーズとラー油が供されたので


使ってみる。


マヨネーズと酢はとても合う。
ラー油は香りが変わってしまうので、
唐辛子の方がいいと思う。

ところで、こいつにはスープが付いてくる。


とと麺スープ。


この前よりも一層くっきりした
鮮魚系の輪郭を感ずる。
これはうまい!

遊び。


これもアリ!

セットのバラちらし。


こりゃ豪華だ。


まぐろ、イカ、白身、海老、キュウリ、いくらが乗っている。
ワサビ醤油を回しかけてかき込むと、
ラーメン屋にいることを忘れた。

きちんと酢飯だし、
これは素晴らしいサイドメニューだ。
海苔巻きも作った。


ライス、いやさ、シャリ割りもしてみた。


これが抜群のうまさ!!
もともと魚を感ずるタレだけに、
酢飯が実に合う。

いい店になった。
実際お客が次々と入店してきていたし、
常連さんも多いようだった。
そして、女性客が多いのが印象的だった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:18 | Comment(2) | 東京都杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北の大地 三田店@田町(正油らーめん 306/'17)

訪問日時:2017/111/16 11:14

札幌の知人と連絡を取っていたら
札幌ラーメンの正油が食べたくなって、
こちらを思い出して三田まで行ってきた。


2015年、新宿店に次いで開店したけど、
すでに古びた風格ある外観。。

店頭に商品の写真がある。


その隣に券売機。


とんかつ味噌ラーメンが気になりながらも
正油ラーメンとバターを購入し、店に入る。

トッピングは現金でも受付。


調味料類は唐辛子、酢、胡椒、おろし生姜、おろしニンニク。


チケットを渡すとき、
ランチサービスの小ライスを付けるか聞かれる。
少なめでお願いした。

1番目で3分後到着。


チャーシュー、メンマ、ねぎ、炒めもやしが乗っている。


バターは最初からこうする考え。


スープは非常にわかりやすい正油味。


麺は黄色の縮れタイプ。


メンマは柔らかい。


チャーシューは三枚肉。


バターと共にライスへ。


チャーシューをおかずに ばくばくいき、
その後、バター醤油ご飯を楽しんだ。


とんかつ味噌、やはり気になる・・・



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:27 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

饗膳麺 昌㐂@学芸大学(芳醇魚介鶏白湯つけ麺 305/'17)

訪問日時:2017/11/15 12:38

相方と中延の新店を目指すも、
本日は臨休・・・_| ̄|◯
でも、新店乱立の時代。
昨今こういうときに全く困らない。
踵を返して、二人で学芸大学の新店に向かった。


店頭には4人が待っていた。
中にも待っているようだ。
それにしても花がすごい。


隣りのセブンイレブンの前まで侵食している。
そのセブンイレブンからも花が来ていた(^^;

店主さんは藤しろ出身と聞く。

並び始めて9分後店内へ。
タッチパネルの券売機へ対峙する。


苦手なタッチパネルとは言え、
最初からこの表示になっていて、
非常にわかりやすい。

私はつけ麺、氏はらーめんをチョイスした。

店内は広い。
L字型カウンター10席、
奥には4人卓☓2。

調味料類はおろしニンニク、唐辛子、胡椒。


右側の入れ物にはレンゲ。
清潔で好印象。

割りスープも完備。


4〜5番目で13分後到着。


麺の器はらーめんと同じ。

レアチャーシュー、海苔、ほうれん草、海苔、味玉1/2、すだちが
あしらわれていた。


スープにはねぎのみ。


麺だけ いってみると、
硬質なむっちりタイプ。
もう少し茹でた方がいいかも。

次いで麺にくぐらせる。


おいしい。
まんま鶏白湯魚介。
懐かしくも感ずる味わい。
やはり藤しろを彷彿とさせる。

レアチャーシュー、かなり美味しい!


火の入れ方が抜群だね。
このつけ麺によく合っていると思う。

ほうれん草も味玉もいいね。

麺が半分になったら、
すだちをかけてみる。


特に劇的な変化はなかった。

最後はスープ割りして、フィニッシュ。


氏のらーめん。


こちらの方が好きだな。
中細麺がいい感じ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:33 | Comment(2) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とり悦@学芸大学(鶏そば 304/'17)

訪問日時:2017/11/14 19:30

焼鳥屋密集地帯の学芸大学駅周辺に
今年5月9日にオープンした、焼鳥屋のとり悦。
LUXAでチケットが出ていたので即購入し、
本日行ってみた。
〆にラーメンがあるのでね。


こちらの焼鳥は天草大王主体の
珍しいスタイル。
楽しみだ。

ビールにしようと思ったら、
氷を入れて飲むスパークリングがあるとのことで、


JP CHENET ICE EDITION。
フルーティな風味。
おいしいね、これ。
アルコール度数は高くないものの、
確かに氷を入れた方が美味しいかもしれない。

今日は5000円のフルコース。

・前菜3種


天草大王胸肉のレア焼き、鶏の白子、ガランティーヌ。
ガランティーヌはいろいろ巻き込んであり、おいしい。
鶏の白子も珍味だ。

・天草大王のレバーパテ


パテもさることながら、
パンが異常に美味しい。
やや甘めのパンがパテにバッチリ合う。

また、お皿がすばらしい。
古いものなのかな・・・

こちらにはソムリエさんがいるので、
ワインにしましょう。


チリのシャルドネ、いいね。
樽に入れてないシャルドネは
すっきりして好きだ。
ムスカデもよかった。


・焼き物5種(お勧め5種、野菜2種)


胸肉わさび焼き。
火の通し方、抜群ですな。

サービスのキンカン醤油漬け。


これ最高。
上質ないくら醤油漬けのような
甘い香りがたまらん。

金針菜。


珍しい金針菜の焼きもの。
おいしいものだね。

カリフォリニアのカベルネソーヴィニヨンいきます。


重々しくなく、サラッといただける。
これ、うまい。。。

サントリーのマスカットベリーAもなかなか。


JAPAN PREMUMだけあるのか、
甘さが実にさわやか。
食中酒としてかなり良い。

砂肝。


旨味が濃いし、かなりしっかりしている食感。
天草大王だからか。。

白レバ焼き。


これ、悶絶もの。
タレも美味しいし、ふわふわのレバが素晴らしい。

・お口直しの三浦野菜のサラダ


香りと苦味がナイスなバランスのサラダ。

皮。


ウマ〜〜〜〜!!!
カリ、しっとり、の焼き方が絶妙。

・本日の逸品


天草大王煮込み。
いろいろな部位が入ってる。
中華風、と言うけど、そんなことより
ただただおいしくて。。

銀杏。


王道。
大好き。

ねぎま。


素敵な弾力。
噛むことが楽しくなるね。
しかし、こちらのタレはうまい!

次のお酒は最初から気になっていたこれを。


猿泡と独自で名付けたハイボール。


ボトルはこちら。


MONKEY SHOULDER。
三匹の猿がモチーフされているのは
もちろん左甚五郎ではなく、
グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィーの
「3つ」の蒸留所のモルトがブレンドされていることに由来している。

そして、これが実に好みに合うものだった。
オレンジピールが添えられてるのもナイス。
2杯飲んだよ。

ぬか漬け、くれました。


浅漬けでおいしい。

焼物5種は終わったけど、
追加で塩つくね。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

衝撃の美味しさだった。
つくねはタレ焼きが好きなんだけど、
こいつは塩でないとだめだ。

・御食事(ご飯物、スープ又は鶏そば)


もちろん鶏そばだ。


胸肉、メンマ、三つ葉そエられている。

スープは天草大王のガラがよーく煮出されたもの。


シコシコの細麺をすすると、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


締めにピッタリのラーメンだ。

胸肉は専門家だけに当然美味しい。


メンマは普通だけど、
臭みなし。


あっという間に食べ尽くした。
サービスで替え玉もあるけど、
今日は遠慮しておいた。

私がまさ吉の常連だと話をしたら、
「緊張します」
と鈴木店主がおっしゃっていたけど、
この鶏そばはとても言い。

デザートはプリン。


これが甘さ控えめで、
ウイスキーにも合う!

最後はお茶をいただき、
ゆっくりとクールダウンした。


鈴木剛店主曰く、
店名はお祖父様の名前からつけたそうだ。
お祖父様思いの優しさが伝わる、
そんな店だった。
また来ます。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:52 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

辛味噌麺 かのと 市ヶ谷店@市ヶ谷(辛味噌温玉かのと2cm 303/'17)

訪問日時:2017/11/13 12:00

本日オープンの「辛味噌麺かのと」にやってきた。
どさん子グループで、辛味噌に特化した新たなブランドだという。


店頭は呼び込みでにぎやか。
並び4人に接続する。

15日までは100円引き。


8分後店内に通された。
まずは券売機に向かう。


味は2種類。
辛味噌かのと か 激辛かのと。
辛味噌をタッチする。


すでに100円引きの価格になっている。

4コロ、8コロ、2cm、4cm とあるけど、
コロ は角切りのチャーシュー4個か8個で、
cm は厚さ1cmのチャーシューが2枚か4枚かという違い。

辛味噌温玉かのと2cmとライ玉を購入した。

ハーフセルフのシステムで

1.発券されたチケットを持って席に着く。
2.チケットの番号が表示されたら取りに行く。
3.その際カウンター下のトレイをとる。
4カウンター下にあるレンゲ、箸をセットする、
5.セルフでお冷をくむ。
6.ライスはセルフでよそう。
7.紙エプロンが必要ならとる。
8.席に持って行っていただきます。

という感じ。

席は向かい合わせのカウンターが5+5、
壁向きのカウンターが6席。

調味料類はオリーブオイル、ビネガー、おろしニンニク。

https://lh3.googleusercontent.com/U2oZ8gGqIfceQNayPnTZNv6viiMUIKAqi-73Y1sL4LN76l8Xpk4HytViVn6DATRF_PmqX11JIHzVTJMMnKjDgViSfepZCkjpUWzBAlgrtzK6ZLLoxMSUYjD-CorlzW7k9CBwY4dwVTskLoMlMjFkCbsv_QGVzUG2ZpeYWcR8A2EfPgcKn6PnI6--nIe0ZhfjAoWNRw5inVOPuSo5Hqc9JvOPT3cSQSjLDi82Na2lQcCp3kIUA8zy5QEY1p54w9pg0sVwkdx0TtpkGhD_k-42187ALa5yOlgGouqRjCMeirUdolhaG9rzhyymMhs9gFy9rOqe6A9UURJLSbiJh54pOloBmj3sz5dklg0aLnnoFupT19vckukcj5Msad03ICLeeWIfWL-PuOaC3z6Qt_c6peZoFtWR7f3DQOFBYLff94X1j83Mt_xnOwCAPyMJBeUV7oATidkazegtQn56bkK8hKUDcx8BjWBlsCln0qWPKkMrbi7fOhSyUw_n3GntScqyYrDr-iNiO4vSpbL6qOYz7qbGVl_8aCczNAvbZZRW_REMhavgsdW29Ou4hK3LY90PnSmL-cSNMROkBCjc0hjkypP_mjXJ5FHBm5TxFoNr1Uk=w420-h560-no

食べ方指南書あり。


座って3分後番号が表示され、
音声でも案内されたので取りに行く。


温玉のせとライ玉で、温玉が2個になっちゃった。。。

具は大きめのチャーシュー2枚、ねぎ、もやし


スープは辛い味噌スープ。


辛さは一般的にも辛いレベル。
中本でいうなら味噌タンメンかな。

麺は太くてむっちり。


辛さもほどよく美味しい。
美味しいけど、想像の域を出なかった。
とてもわかりやすい辛味噌ラーメンだ。

オリーブオイルを垂らすと、
少し風味が変わって、辛さもマイルドになる。
けど、私はデフォルトでいい。
ビネガーも試したけど、むせた(^^;

チャーシューは一つのウリなんでしょうな。


食べごたえあり、ごはんのおかずにも最適。

温玉は一つはラーメンに。


少しくずして、スープが滲みたものを
オンザライス!


スープの力を借りればいいんだけど、
醤油がほしいね。

ああそうだ。


これだね!

もう一つの温玉もラーメにドボン。


少しずつ溶きながら楽しんだ。


最後はライスをスープと共に。。


おいしかった。

激辛はどの程度か気になる。
色が全く違ったからね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:41 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

旬味酒彩 れん@黒磯(和風ラーメン 302/'17)

訪問日時:2017/11/11 18:30

那須に来たなら、夕食は「れん」。
この前、大将といろいろお話して、
ますますファンになったのよね。

今日は山吹コースの一つ上のグレード、
桔梗コースでお願いした。


やはり独特のネーミングの料理だ。
楽しみ。

こちらではこのエーデルピルスが飲めるのも
魅力の一つ。


前菜

小さなハンバーグ、利休卵
秋鯖薫香焼、海老寿司、
アボカド磯辺揚げ、菊蕪。

もう楽しい。
早々にお酒にしよ。
上喜元。

吸い物

松茸と鱧の土瓶蒸し。


派手さはないけど、
出汁の美味しさったらない。
すばらしい。

造り

中トロ、鯵、海老、鯛。

酒はますます進む。
このあと蒼天伝にしたんだけど
前回来たときと全く同じチョイスだ。
進歩してねーなー・・・・

焼物

豚肉陶板焼き 玄酢あん
ブロッコリー、卯の花サラダ。

これ、悶絶ものの美味しさ。
半日煮込んだという豚の三枚肉はトロトロ。
やや味噌の風味のある餡がまた美味しい。
卯の花サラダはマッシュポテトのように美味しかった。

煮物
https://lh3.googleusercontent.com/xylBWGXR5rHhsw1WtQyVcl-NZVyiAugXBJlILvrq7-B8WRBDhmcDmt3vvJRWNT8pgtfT7T7dpufv14QMMjq4i8TyPKUG4gGD6J-ByrsuSflgb7Hp23n042rU_UKCMdv-VNTvkkJD0JwDWaMOLMTOqAIAwCmfj3Im6QrHtPzEx5dD0ueeU0mB4BaF2HsFWLvhq1OOxawPmOh4lovnF4BNLOzkEfqRGTUHpK3Tim4IWPVdH0UoCILw9osYhca5W6Tpq2DpUUgim0_kjptlqPy_9UBbF0SkUh9J1rkaLHAzPwC425B7A-705rnwFDRDDT55_kfKW_fmhdJMnFa0M0-dfsJkt00lTHNPGONRd1dLbnoebt8b9yt-iATVcQTgdMwx_4mXIq0qMk3BWbb4aIsuMSErFMNulrzsmMTLBnEBfMePqhNxNbI6rB0tuvj0AE8kQ_kIDlNATwTMO21h2akhD71WUop1QZkOmUXL2y6dC5s7xyko3U-d26SHEdRVyG_Yh8n0vu8hpvte6W3tyIwzGiOB7YbhaWKT5tqs0tmBd7q55Wi2EsuwosecCwwLqIddsWaUqEbnevDjGgZrhkBfYggtCuWlQwtjrS-Y0VSthC4=w560-h420-no

おでん風煮〆椀
大根、がんも、牛すじ

椀物がおでん風の味付け。
このような形でおでんは初めてだ。
これは良いね。気に入った。

揚物

蓮根と原木椎茸 二身揚げ
青唐

蓮根と椎茸それぞれに
海老すり身が塗り込まれている。
美味しいに決まってるじゃん。

蒸物

蕪のポタージュ茶碗蒸し。
ふぐ、雲丹、銀杏。

これも驚いた。
茶碗蒸しの上に蕪のポタージュが餡として
かけられている。
うなった。。。

食事

締めはいつものように
和風ラーメン。

今日は海苔の上に柚子皮が乗せられている。
これまででも、かなり良い出来。
スープ完食しちまった。

水菓子

いつもの絶品濃厚アイスはホントに美味しい。
りんごも甘くてナイスだった。

今日もごちそうさまでした。
大将のお料理はもちろんだけど、
すてきな女性たちのサーブも魅力の一つ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:29 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします