2017年03月28日

ファイヤーホール陳@五反田(燃麺 重慶式 81/'17)

訪問日時:2017/03/27 11:35

3/24に開店したファイヤーホール陳。
その数日前に後輩からタレコミがあったけど、
なかなか行かれなかった。


場所は韓国料理店サンチェヤの跡地。
たつみ屋の2件隣。

陳建一さんの四川飯店グループにして、
渋谷のスーツァンレストラン陳の菰田シェフの
プロデュース店みたい。

陳さん、菰田さんだけに
花束は有名人ばかり。。

店に入ると、移動可能な4人卓☓8、6人卓☓1。

4人卓に案内され、
お品書きを見る。


燃麺(らんめん)を濃厚系と言う重慶式で、
辛さは普通。
あと豚バラのせご飯を注文した。

成都式と重慶式との違いは
辛さ、タレの違いだそうだ。

菰田オススメ!
というつけ卵はなんとなくやめておいた。

バクテースープそばも気になる。。
バクテー、好きな料理だからね。

ボックスティッシュは店名入り。


4番目で5分後到着。


見た目はきれい。


肉味噌、青ねぎ、白ねぎ、ナッツ、揚げ玉ねぎ?、
合わせ唐辛子?、四川芽菜?と具もたっぷり。

麺はと、、、


意外にもピロピロの平打ち麺。
きしめんみたいだ。

これを混ぜるけど、
実に混ぜにくい。

麺はひとつかみで全部が持ち上がるし、


水分が少ないので
具は麺に全く絡まない。


この辺にしていただきます。


具を何とか絡めながらいただくと、
ピロピロ麺には味が和えられているようだ。
食感は面白いし、具の味も香りもいいんけど、
全体的に塩分が濃い。

塩分を薄めるために
つけ卵がいいのかも。。。
辛さはほどほど。
痺れはない。

麺は食べやすいせいか、
一度に大量に口に運ばざるを得ないせいか、
あっという間になくなったので、
豚バラ肉のせご飯に移行。


これが更に しょっぱい><!!
芽菜が根源と思われる。

豚バラ肉は固い。
一流レストラン由来のものとは思えない。

申し訳ないけど、全部食べられなかった。

燃麺の方は具が大量に残ったので、
ご飯の白い部分をライス割りにしてみた。


しょっぱさの極み。
これも全部いただけなかった。。。スンマセン



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

ラーメン スミス@宮城野原(ニボ味噌らーめん 80/'17)

訪問日時:2017/03/27 11:10

昨日大行列に萎えたけど、
やっぱり心残りだし、
今日の仙台は朝から雪で寒いので、
味噌ラーメン目当てで再チャレンジ。

こちら、ラーメンスミスは仙台の名店である、
つけ麺屋しずく出身の星野氏のお店。

スミスは日本のパンクバンド、
HEY-SMITHからきてるらしい。

今日は開店直後に着き、すぐに入れた。

カウンター4席、小上がりに4人卓×2、
テーブル席×2の店内(帰る頃には満席だった)。

カウンターに案内され、お品書きを見る。


スミスと言えば ニボ味噌 らしいので、
素直にニボ味噌らーめん、
それと半チャーハンをお願いした。

しびれる味噌らーめんとか
汁なし担々麺も評判いいのよね。

調味料は胡椒と一味唐辛子と酢。


作業を眺めていて、
このお店が混む訳がわかった。
麺茹でに時間がかかるみたいだ。
2番めで12分後の到着となった。


途端に煮干と味噌の香りが!
もうわかる。
これはおいしいはず。


ほらね。
うまいじゃん!

ベースのスープはそれほど濃厚ではないと思うけど、
味噌ダレが実に重厚。
仙台味噌かしらん。
甘さと塩辛さのバランスがすばらしい。

そしてピリ辛具合もちょうどいい。

麺は中太ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


むっちりの心地よい弾力があり、
スープの乗りも文句なし。

煮干はたくさん使っていると思うけど、
味噌にかなり支配されていて、
でも、それがちょうどいい感じになっている。

チャーシューは煮たタイプで、
極トロトロ。


すばらしく美味しい。
これをおかずにご飯を3杯食べたい。

メンマは多分すごく美味しいはず。


太くて柔らかでナイスな食感。
でも味噌味になっていて
元の味がよくわからない、という。。

生姜は細い拍子木切り。


これがやはりいいね。
味噌ラーメンに生姜は鉄板だね。

あと、玉ねぎの粗みじんが
実にいい仕事をする。


シャクシャク感もいいし、
甘みを演出している。

うーむ。
計算された一杯だな。。。

半チャーハンは麺が終わるころやってきた。


シンプルなチャーハン。
美味しい!

それにしても隣人の汁なし担々麺は
めちゃうまそう。。。
極上の予感。。。


さて、今回の仙台出張では3軒行けた。
2006年に当時は新進気鋭だった、
くろく麺屋とがし麺屋三昧五福星に行ったころとは、
仙台のラーメン事情は大きく進化している印象。

もっともっと行きたい店がたくさんある。
仙台にもっと仕事を作って来てみるか。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤商店@陸前落合(朝ラー 79/'17)

訪問日時:2017/03/27 07:10

仙台で数少ない朝ラーができる店に行ってみた。


伊藤商店。
店の裏に9台の共用駐車スペースあり。

2011年に開業し、現在は仙台市内に2店舗体制。
朝7時に開店し、10時まで朝ラーがある。


あっさりの金の中華そば、
こってりの白の中華そばのツートップに加え、
極にぼ味噌らーめん、白の味噌らーめん、
その2つの辛いバージョンもある。

喜多方系と聞いてきた通り、
普通と じとじと の構成だね。
ソースカツ丼も魅力的だ。

500円の朝ラーボタンをプッシュして席に着く。

テレビでは稀勢の里の優勝の場面が映し出されていて、
お客の全てが見入っていた。

感謝のお言葉があるけど、


多数から選んだ と言うより、
そもそも朝ラーしてる店がないので、
来た次第(^^;

3番目で5分後到着。


うほ。
きれいなスープだこと。

具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔、ほうれん草。

疲れた胃袋にスープを流し込む。。。


あ゛〜〜〜
体が目覚めていくよ〜〜〜
動物系のスッキリしたクリアなスープは
美味しさ充分。

もちもち麺をずるるる、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


こりゃ朝からご機嫌だ。
絶品スープをこれでもかと引っ張ってくる麺は
食感が豊かで、いつまでも噛んでいたい感じ。

チャーシューは茹でタイプ。


最高にうまい。
追加したらよかった。
でも、この1枚を心して味わうもまた良し。

メンマは普通。


スープの邪魔はしない。

たっぷりのネギがスープに合っていて
ネギ増しはした方がいいかも。

充実した朝食を食べ終え、
活力みなぎらせて店を後にして、
仕事に向かった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

中華そば 嘉一@勾当台公園(三陸産わかめラーメン 78/'17)

訪問日時:2017/03/26 13:55

仙台に出張中。
なかなか自分の時間が取れずにいたけど、
やっとラーメン店へ行けた。

目指したのはつけ麺屋しずく か
その系列だの中華そば仁屋だったのだけど、
両方定休日。。。

またしずく出身のラーメンスミスは大行列。
ってことで、中華そば嘉一へ。


店外12名、店内恐らく10名程度が並んでいた。
ほかへ移動するもの面倒だし、
どうしてもここは頂いておきたかっったので、
おとなしく列に接続した、。

この奥にはイタリアンの店があり、
その店が並びに関して注意書きをしている。


むー、と思った。
これは本来嘉一さん側が出すものではないかしらん。。

こちらは昼だけの営業で
はや、7年。


20分後店の前まで来た。


鶏飯、白いごはん、あさりご飯と、
3種類のご飯があるのね。
すごいね。

その5分後店内へ招かれた。


この時間にたくさん食べると
夜の楽しみが減るので、
中華そばのワカメトッピングである、
三陸産わかめラーメン醤油味単品にした。

普通ワカメは邪魔扱いするんだけど、
「三陸産わかめ」とか書かれていると
思わずプッシュしたくなる。。。

その後店内列に並び、
17分後に席につけた。

目の前にはお品書き。


鶏だけで作った中華そばです

どんなんだろう。
わくわく。。。

店名の嘉一は
料理人辻嘉一にちなんだものとか。
その人知りませんし、関連もわかりません。。。。

調理は1ロット最大6杯。
羽釜で麺を茹でている。

店主さん、麺を大事そうにほどき、
都度手もみを入れている。
素早い動きで、落ち着きがあり、
その仕事ぶりは安心感を生むね。

座って12分後、並んで約1時間後到着。


デフォルトより200円余計に払った格好だけど、
思ったよりわかめは少ない。。。


ごまはわかめラーメンだけに入るみたい。

スープをすすって声がでた!


うまい・・・・

鶏の重厚な出汁がすごいことになっている。
一杯あたり、何匹の鶏を使っていることか。。

タレは白醤油なのかな。
醤油の香りはなく、
スープの旨味が際立つ味付け。

中太縮れ麺をずるっと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いや、これはうまい!
鶏油の香りもいいし、
これなら、鶏以外の余計なものはいらない感じ。

もちもちつるつるの麺は
このスープと相性良し。

チャーシューは鶏が3枚。


驚くほど弾力がある。
でも噛んでいると、じわっと旨味が広がり、
上等な鶏肉だとわかる。

細く来られたメンマがまたいいね。


自家仕込みというけど、
個性のある仕上がりになっている。
これもおいしい!


わかめは肉厚で
食べごたえがある。
わかめラーメンにしてよかった。


それにしてもBセットを頼んでいる人が大半で、
付いてくる鶏皮がおいしそうだった。
白いご飯によく合いそうだ。。。


食べ終えて外に出ると、
閉店間際にもかかわらず、
まだ並んでいた。


仙台はラーメン好きさんが多いね。
この他にも並んでいる店をたくさん目撃したし。

明日までにあと2杯は食べる予定だけど、
どうなるかな。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京駅 斑鳩@東京(らー麺 77/'17)

訪問日時:2017/03/25 12:30

実に15年ぶりに斑鳩ののれんをくぐった。
と言っても東京駅ラーメンストリート店の方。

ランチはすませていたけど、
東北出張の前に寄っておくかと。。


その昔、斑鳩の美味しさには感動したものだ。
その当時を思い出して、同じらー麺をチョイス。

ほかには塩、辛旨、つけ麺、まぜそば2種。

まぜそば類は14時からなのが残念。
本店にもあるのは知っていて、
ずっと宿題メニューなのよね。

チケットを買って7〜8名の列に接続した。

7分後店内へ。
流れはいいね。

調味料類は、ゆず七味と胡椒。


座ってすぐにらー麺到着。


あの頃と同じ器かなー。
記憶がないなー。

具はチャーシュー、穂先メンマ、ねぎ、三つ葉、海苔、なると、ぶぶあられ。


スープはどーかな、、、


豚骨魚介の老舗だね、やっぱり。
あのころは新鮮だったけど、
いまは円熟味を感ずる。
かなり美味しい。


しっとりシコっと麺を、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


シルキーなスープで麺が生を受けたかのよう。
麺とスープがばっちり合っている。

チャーシューは、、、


ちょっと香りが残念。
量産型店舗なので仕方ないかもしれないけど。

穂先メンマいいねー。


味付けも香りもベスト。

また、時折入ってくる ぶぶあられが
いいアクセントになっている。

ゆず七味もいっておくか。


合うね!
ゆず皮入れたらもっといいね。。。

ってことでさくっと食べ終え、
はやぶさ号に飛び乗った。
いくぜ東北、お仕事に〜〜


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

四条富小路 麺屋虎杖 有楽町@有楽町(小海老天ぷらカレー担々麺 76/'17)

訪問日時:2017/03/23 12:00

この店ができたのには心躍った。
東京に来てくれたってことでね。

そもそも虎杖は不思議なグループだ。
海鮮、麺、肉と多岐に渡って展開しているけど、
掴みどころがないというか。。。
前は築地虎杖南店で
カレーラーメンを出していたはずだけど、
いつの間にかなくなっていた。

京都の店も最近リニューアルしたようで、
商品構成も有楽町店とほぼ同じになっている。

場所は交通会館のB1。
地方物産のアンテナショップがたくさんあって、
楽しいフロアだ。

エレベータを降りると店はすぐに目に入った。


液晶パネル。
金かかってるな。。。

オープンの3/18から24まで
麺類100円引き。
だからなのか、ジャストお昼時だからか、
15名くらいが並んでいた。

まあ、並びましょ。

待っている間に店舗外のお品書きを観察。
と言っても予習済みだけどね。。


麺はカレー担々麺一種類。
トッピング違いがいろいろある。


こちらは肉バル、の一面もあるようで、
肉もウリの一つ。


行列が進み、角を曲がると待ち椅子がある。
ようやく座るとメニューをくれた。


小海老天ぷらカレー担々麺と
ハラミ焼きごはんにしましょうかね。

並んで20分後店内に招かれ、
すぐに注文を終えた。

調味料は特製スパイスと胡椒と塩。


店内はカウンター4席ほどと
テーブルがいくつか。
箱は大きいね。

座って5分後到着。


黒くてカッコいい器だ。


具は小海老天ぷら、肉味噌、白髪ねぎ、チンゲンサイ。

カレーのいい香りに誘われながら、
レンゲを差し込む。


うまし!
熱々のスープで、カレーフレーバーが分厚い。
辛さもそこそこあり、これは好きなやつ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


つるつるとしなやかな麺だけど、
しっかりしたコシもあり、
ちょっとインパクトある麺だ。

スープによく合っている。
これは旨い。

小海老天がいいねえ〜


プリッと揚がった海老はかなり美味しい。
これにしてよかった!

肉味噌は惜しい。
少し風味がpoor。。。


特製スパイスはいいね。


風味と辛さがアップする。

また、ゆず皮がたくさん入っていて、
時折麺と一緒に口に入ってくるけど、
かなりナイスな効果を発揮する。


ゆずとカレーがこれほど合うとは。。

ハラミ焼きごはん。


キャベツの漬物も同梱。

ハラミ、固いけど美味しい!


必然的に噛む回数が多くなる。
終盤は顎が疲れちまった。。
顎力、弱ってるなー。。。

肉がなくなってからは
残しておいた小海老天で
カレー海老天丼(^^;


こういう食べ物があってもいいと思うくらい、
抜群に美味しかったよ。

海老天がなくなったら、


これもいいね!

ここはカレー担々麺単品だけではもったいない。
是非ごはんと共に楽しみたい、と思った。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

麺恋処 爆龍@武蔵小山(サルサまぜそば 75/'17)

訪問日時:2017/03/22 11:30

2年ぶりに爆龍へ。
開店以来となってしまった。
何やら魅力的な限定があるとか。


券売機はかなり賑やかになったね。
レギュラーは青唐塩そばと焙煎味噌そばが増え、
トッピングもいろいろ。

今日のお目当ては限定のサルサまぜそば。

チケットを奥様に渡すと、
ランチサービスのライスの有無を聞かれるが、
ちょっと盛りでお願いした。

お犬様は相変わらず席の奥に鎮座している。
食べ物屋として相応しいとは思えない光景、と思う。
店内は2年経ったとは思えないほどきれいなのに、
それが残念。

音楽はイギリスのパンクバンド。
店主さんはファンキーな髪型になってる。

レモン水が爽やかでいいね。


到着。


まぜそばと器は同じ。


具はチャーシュー、ねぎ、アーリーレッド、ピーマン、赤パプリカ、
シュレッドチーズ、ブラックオリーブ、ナチョス、肉味噌。

底にはタレとスープと油が多めに沈んでいる。


もっちり麺、おいしい。

混ぜてからいただきます。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

ajitoのナチョソバを思い出すけど、
かなり違って、メキシコ感は少ない。

おとなしめのサルサソースが
全体の味をこじんまりとまとめている印象。

ただ、塩辛い。
これはチューンをした方がいい。

チャーシューは相変わらず旨い!


2年前はなかった、チャーシュー飯がうまかろう。。

一味と胡椒は当然のように合う。


かなりの麺量を食べ終えると、
いい感じに具とタレが残る。


うーみゅ。
やはりしょっぱい><

惜しいな、と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

餃子酒場別館 とりそば@豊洲(麻辣麺,マリン麺 73,74/'17)

訪問日時:2017/03/21 12:12

豊洲駅のそばに昨年夏頃にできていた店、
餃子酒場別館 とりそば。


小さな雑居ビルの2階。

本館は歩いて2〜3分のところにある。

ネットで汁なし担々麺の写真を見て、
すぐに川崎の小星星麺の系列と思った。
調べて見ると、やはりそうだった
九段下、八丁堀の小星星もそう。

オススメはサンラー麺ほか。


店内に入ると、賑わっている。
すでにランチスポットとして定着している感。。

メニュー拝見。


この酒場まぜそばが
小星星麺の汁なし担々麺に瓜二つだったのよ。

ランチセットはルーロー飯、炒飯、麻婆丼とのセット。


ロール飯(^^;

こっちはちゃんとなってる。。。


麻辣麺とルーロ飯のセットでお願いした。

調味料類は餃子タレ、花椒、胡椒、ラー油、酢。


隣人の定食もおいしそうだった。

5分後到着。


具は肉味噌、キャベツ、水菜。

スープを一口いって、軽い衝撃を受けた。


スッパ辛い!
花椒が利いているので、
酸辣湯とちょっと違うけど、
これはかなりいいんでないかい。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


凡庸な麺ではあるけど、
この酸辣スープにはよく合っている。

肉味噌も美味しい。


また、生の千切りキャベツがいい仕事ぶり。


食感のコントラストを司っている。

ルーロ飯。


これまた美味しいねえ。。。
五香粉が利いて、
肉もタレもいい具合。

今日は胃腸の調子もいいので、
海老マリン麺の店内連食を試みた。


具は海老ワンタン、海老団子、味玉、水菜。

国産鶏出汁100%スープ+魚介スープ
だそうだ。
トッピングに比較的大量の桜海老があり、
これが最後まで程よい海老感を演出している。


麺は麻辣麺と同じだけど、
全く違う表情を見せる。
鶏と乾物魚介のスープをまとい、
これも美味しいなあ。

海老団子も海老ワンタンもナイス。


もう一つのワンタンは
麻辣麺のスープに浸してみた。


うまし!

夜も楽しそうな店だ。
美味しかった!

そう言えば、店のオネエサンが、
小栗旬が来て、まぜそばを気に入っていた、
とか話していたので、調べてみたら、
つい先日の放送だったのね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

辛っとろ麻婆麺 あかずきん@祖師ヶ谷大蔵(背脂咖喱麻婆麺 72/'17)

訪問日時:2017/03/20 11:55

先日ネットを見ていたら、
「背脂麻婆麺」
という言うワードに目が釘付けになり、
その元になった、新潟の"和風とんこつ たまる屋"に
すぐにでも行きたくなった。

新潟市内では麻婆麺が昔から
隠れたご当地ラーメンとして
一部では知られているけど、
この背脂麻婆麺には心が揺さぶられ、
ついついつぶやいていた

すると、今日、祖師谷から夢のような情報が。
明日からの提供だけど、
小石店主に聞いてみたら今日でも出せる、と ♬

すぐに行ってしまったね。


おや。
鯛ニボ塩そば なんてのも始まってる。

明日からなので、まだボタンはないけど、
普通に辛っとろ麻婆麺を買うように
小石店主に指示され、そのように。。。


麻婆豆腐のテイクアウトもあるのね。


この麻婆豆腐、おいしいよ!


辛さは 

「3 でいけます!」

とのことなので、それで。


キタ!


ジャンクなネーミングなれど、
水面は戦う前の静けさ。。。


具は麻婆豆腐、背脂、豆苗、玉ねぎ。

背脂ちゃんが、そこそこいる。


カレーの香りがする水面に
レンゲを差し込む。


こりゃうまい\(^o^)/

辛とろの麻婆豆腐スープに
カレーの香り!
聞けばカレーはカレー粉だけで対応とか。
ルーよりも香りが生きるらしい。

混ぜる前にひとすすり、



ウ(⦿、、


まぜてまぜて
ズバズバズバ!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


カレー麻婆だけで充分なのに、
そこに背脂がからみ、
なんとも言えないまろみ?甘み?がある。

この食べ物はヤバイ。。。

花椒を少しね、、、


うま・・・

とつぶやいたら、
プレミアム青山椒が出てきた。


香りが高まり、
より素晴らしい食べ物に。

熱いけど、汗かくけど、
箸を止めずにすすり続けていると、


ちょいご飯と味玉をくれた。
どうもすみません。

麺もなくなり、
すばらしい具合に具が残るので、


じゃばばば・・・


最高!!
これはご飯も食べないといけませんな。。。

いや、いい商品ができましたね。

なお、これは限定でなく、レギュラー。
カレーメニューは前から温めていだそうで、
元々賄いであったのだけど、
私のつぶやきが元で商品化したんだとか。

求めよ さらば与えられん・・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

TAOLU'S 池尻食堂@池尻大橋(パクチー鶏そば 71/'17)

訪問日時:2017/03/18 11:55

池尻のレストランで鶏白湯ラーメンがいただけると。
麺は久々に名前を聞いた、ちぃめんだとか。
ならば行ってみるかと。


場所は246と山手通りの支線のT字路のところ。
この辺、しばらく注視してなかったけど、
きれいになったね。
確か以前、ラーメン屋さんがあったはず。


1階はおにぎりのテイクアウトと、
鶏そばなどのイートインスペースがあり、
2階はディナーが楽しめる。
そのメニューがまた魅力的。。。

店に入って奥のレジに進み、
事前会計するシステム。


2種は同じもので、
水菜かパクチーかという違い。
パクチー鶏そばを注文。

お結びが豊富だな。


全ての種類を白米か玄米か選べる。
特にお結びとのセットはないので、
単品で南高梅のお結び・玄米を追加購入。

お冷はセルフで水か緑茶。


真新しい開化楼の札もある。


内装はシンプルで、きれい。
入り口脇の窓も大きいし、
明るくて気持ちがいいな。

先客0で4分後到着。


お。
なんかきれい。

鶏そばの表情もいいよ。


具は低温調理鶏胸肉ロースト、
つくね団子、半熟味玉、パクチー、いくら。

いくらとは珍しい。


では、スープから、、、


あ、うまい!
鶏の香りがほどほど、
まろっとした舌触りも上品。
久々に美味しい鶏白湯に出会った感じ。

浅草開化楼のちぃめんをすする。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

低加水ながらしっとりした食感が、
とろみあるスープと相性抜群。
これは旨い!

ちぃめんと言えば、
ポキポキした食感が思い出されるけど、
店主がこのしなやかに茹でることを思いつき、
新たな命が吹き込まれたかのよう。

鶏胸ロースト。


想像通りの味と食感ながら、
スープをまとって、余計おいしくなる感じ。

鶏つくね団子。


軟骨入で食感も豊か。
もう2,3個ほしいところ。。

また、このラーメンはパクチーが
異常に合う!


なんの違和感もなく入ってくる。
水菜より断然いいのではないか。。。

お結びにはいくらをサルベージしておいた。


放っておいたら沈んじゃうしね。
結局スープ完食したので、
そのアイデアは、いくら的には必要なかったけど、
いくらはご飯に合うしね。

で、このお結び、美味しい。
南高梅の梅干しもかなり上品。

食べ終わると鶏の可愛い絵皿。


美味しかった。
夜メニューもトマトすき焼きとか、
カムジャタンとかいろいろ豊富だし、
夜にも来てみたい。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします