2019年12月04日

麺栞 みかさ@宇都宮(肉ワンタン麺)

訪問日時:2019/12/03 11:58

白河ラーメンを巡るのは
ライフワークになりつつある。
実際そうしたい。

今日は宇都宮にやってきた。


厳密には白河ラーメン店ではないけど、
麺栞 みかさ。
「めんしおり」なんて艶っぽいな。

ここは火曜〜木曜は朝ラーも楽しめる。


隣の公文教室の前に駐車場がある。
停めて店に入ると、
結構な賑わい!
やはり人気なんだ。

カウンター4席、2人卓×、4人卓×1。
カウンターがひとつ空いていてよかった。


上が切れてしまったけど、
一番上は肉ワンタン麺(イベリコ豚)900円。

メニューはいろいろあるね。
でも、パッと見ただけではどれがどういう味なのか
わかりにくいな。。。

栃木シャモ白河と迷って、
肉ワンタン麺をお願いした。

お冷はお茶。


調味料類はなし。

4番めで10分後到着。


渋い器は土地柄、益子焼かな。

肉ワンタン3つ、吊るし焼きチャーシュー2枚、
ねぎ、たけのこ、ほうれん草、海苔が
所狭しと盛り付けられている。


さっそくスープを、


うひょ、うまいね!
本格的白河とはちょっと違い、
醤油の角がまろやか。
とても美味しい。

鶏ガラをベースに丸鶏・ゲンコツ・昆布を使用
とあるけど、これはシャモ使用かな?

手打ち多加水氷温熟成麺を一気に、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは美味しい。
もしゃっとした唇触りに、
もちもちの食感がスープと絡みまくる。

少し薄味にも思えるスープでも
満足できる味わい。

チャーシュー、うま!


吊るし焼き、というのがよくわかる。
薫香が効いていて、
うすい味付けもいいなあ。

肉ワンタンは最高だ。


かなり大ぶりで、
身がぎっしり。
味の濃い豚、という感じで、
さすがにイベリコベジョータ、というところか。

メンマでなくタケノコというのが珍しい。


変な香りがなくて
これはこれで歓迎の具。

麺と具がなくなって、
その後スープまでほぼ完食。

ここは気に入った。
今度は朝ラーをねらって来てみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


233
感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:37 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

JIKASEI MENSHO@渋谷(汁なし牛とろシビレ担担麺)

訪問日時:2019/12/02 11:30

今日はすごい雨だ。
冷える中、新しいPARCOへと向かう。

昔はこの辺はよく遊んだものだなあ。。。
着いて地下へと降りると、
複雑に入り組んだレストラン街が現れる。

目立つところに地図が見当たらなかったので、
目的とするMENSHOの場所を探してうろうろ。
あれ、ここか。


一度通り過ぎちゃったよ。
ここで合流

牛とろ担担麺と汁なし牛とろ担担麺の
ラインナップ。


それぞれのヴィーガンもある。
霜降和牛ラァ麺は未発売。

こちらでは席に座ってから
個人個人でタブレットで注文をするシステム。

https://lh3.googleusercontent.com/KEfGTK15C4aghT41yTwPSJTvC75ekAYZkMlVpYp0q0z9hQzeS7PWn-jtSnN0a5I2fw9EwA3iC7p1-ytihHEOFJS8xErmIfSqcEDV7Qg0I6OFJfgk0IPSvBIEtzj0zhgoXBGWkimbfACd1A6t6lVT-ANfVj7o-TuRXahPLFGMfR1GFeaAdJkJRKeajYcGNIskDGVmScuOhM4zVKMcxCKichJ5omqFoQVHlyNXFSCBLV9YprTK49ugANkMYtd2-pcTHy-zE0TBGH3yJfxgtDKmupNfGhJi9uNAOVTWggKJ7p7uBkYkJg8M2rZhfH3-jLnFQRfKRLr7xi1yEUGOCQl2wt8v4kgzyU9ffuthRKmBbbKvT85K3MGtE7NpKdwS7VnrjcRPswGafTI4ZO3IsngdNtZk_yosScczx7zWZwiI1SW4x7ySjT9gfUmLNDPw3Bm2XKQ-yu46d2-1gbJNouJ1i5XKM3q9Wa18Zqb3Ut0d9WThY0CdXsXkSAdWp8KqIbfnkVXMkxJYTNbbF2NSi0IugxwEqRBEETOkfK-5qTGnOX3nwetbI2Nb3Ood-krb4mJbl39JANVMsVd1VUNzGRsowf50LXzFgSxTU-45E2mWjGrdxkiskQp8xDa40cBwEOvuNKTRSwxU137BFNC_jhMjAuBroOtxRiYpqs2f28dk3qiyYoJgZZipu_CN88c6gwcoLcNufXfJy2maxRZGsFzyO7hsJ2BHKE8kK0Q7hRiM_iAfJnt8=w900-h675-no

私は毎日触っているからいいとして、
まごつく人も多いでしょうね。

汁なしを 辛さ増し でオーダーすると、
厨房から

「汁なしいただきました!」

の声。
よかった、ちゃんと通っているようだ。

卓上には山椒入り黒七味。


7分後到着。


この器が今回話題。
縦15cm、直径12cmほど。

カップ麺の大きさくらいかと思ったけど、
かなり大きい。

牛トロ肉がちょっぴり乗っている。


麺量は140g。
麺自体は中太ちぢれ。


もっちりしていい麺だよ。

まぜていただく。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは美味しい!
ゴマペーストの利かせ方も適度で、
全体の味わいのバランスがベスト。

この器は持って食べやすいので、
汁はねも心配ないし、
形状から全体の香りも十分楽しめると思う。

牛とろもいいねえ。


柔らかでよく合っている。
庄野さんはいつからか和牛を
よく使うようになった。
単価は相当なものでしょうが、
肉味噌を調理する手間は省けるかな。。

山椒黒七味が抜群の相性。


香りと上品な辛さが後追いしてくる。


牛とろ担々麺。


これも

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺は汁なしと同じ。


スープの美味しさと麺の楽しさが
見事にマッチ。

山椒黒七味はこちらも当然合う。


ため息をついて食べ終わった。

最後はこちらのマシンで会計。


レシートのQRコードをかざすと、
画面が変わって払うことができる。
現在は現金のみ対応だった。


しかし、これは、
担々麺の革命とまではいかなくても
すべて含めてかなりセンショーナルと言える。

メンショー系列は
ラーメン界においても一歩進んだものを
提案してくるけど、
今度はどう伝わるか。

お昼時にもかかわらず、
お客が少ないのが気になるな。

ハンバーグの 極味や の大行列を
横目にしながら店をあとにした。

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

232
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:48 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

麺や 一途@武蔵小山(ひろこ)

訪問日時:2019/12/01 11:32

久しぶりに一途に来てみた。
こちらは味を常に進化させているし、
いろいろ確認したいこともあったし。

むむ。やはりメニューは増えている・・か?
IMG_4655.jpg
いや、変わってないか?
まあ、入ってみるかと入店。

仲田社長は変わらず元気に作業中。

未食の有希をお願いしたけど、
これが目に入り、

IMG_4656.jpg

即座に変更を願い出た。
ライスサービスもお願いした。

「つまらないものですが、どうぞ」

と小皿が。

IMG_4664.jpg

社長、ありがとうございます。

メニューは細かいところが
変わっているので一応。

IMG_4657.jpg
IMG_4658.jpg
IMG_4659.jpg
IMG_4660.jpg
IMG_4661.jpg

いつも思うけど、
少人数でよくこれだけの仕込みを
できるものだ。

フレンチ懐石もまた来たいな。

IMG_4662.jpg

懐石までいかなくても
一人飲みも楽しいに決まっている。

IMG_4663.jpg

卓上の説明書きは座る場所によって異なる。

IMG_4672.jpg
IMG_4673.jpg

今度はあっちの席に座るか、
なんて人もいるかもね。

5分後到着。

IMG_4665.jpg

ライスもきた。

IMG_4667.jpg

普通に担々麺は作りませんよ、
とでも言いたげなビジュアル。

IMG_4666.jpg

スープは和風出汁に軽く味噌味。

IMG_4668.jpg

辛さも結構ある。麺は中細ストレート。

IMG_4669.jpg

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

ゴマ風味はほのかで、
基本のスープの味がよく伝わる。

肉味噌もおいしい。

IMG_4670.jpg

鶏肉もおいしい。

IMG_4671.jpg

あまり好まないもやしも
スープの力で必要に思えてくる。

このポーチドエッグタイプの味玉が
おいしいのよ。

IMG_4674.jpg

ライスには必然である。

IMG_4675.jpg

楽しく食べ終わった。

麺や一途さん、
来年4月には豊洲に出店ですって。
すごいすね。

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


231
 
感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:01 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

食煅 もみじ@新白岡(塩そば、つけそば、味噌そば)

訪問日時:2019/11/30 10:30

今年6月に登場するやいないや、
大ブレイクを果たした
埼玉県の 食煅 もみじ。

行く機会をうかがっいたけど、
同行者が見つかり、やっと行かれた。


ほんとに周囲は畑ばかり。
良い風景だ。

一軒家でかっこいい造り。


駐車場は超広い。
手前に3台と奥には20台以上は停まれそう。

鐘がある。


これだけではなくて、
エクステリアがとても素敵だ。

10時30分に着いた。


待ちは1組2名。
もっと待っているかと思ったよ。
2番めに名前を書いて日向ぼっこしながら
ウェイティング。


お品書きも置いてある。


中華そば、塩そば、つけそばの3本柱。
現在は味噌そばが限定でリリースされている。

店主さんは麺屋武蔵が長いらしい。
店長も経験されたとか。

11時になり暖簾がでて、
券売機の前へ。


塩そば、つけそば、味噌そばを購入した。
チケットを渡すと、
時間差で作るかどうか聞かれたので、
味噌そばを後で、とお願いした。

このやり取りの段階で素晴らしい店だと確信。
女性スタッフさんが多いけど、
すべての人が超感じ良い。

店のインテリアも素敵だ。


すごいセンスだと思う。
座ってるだけで気分がよくなる空気感だ。

調味料は酢、辛揚げ、胡椒。


辛揚げには青海苔が混ざっている。


持ってきていただいたお冷のグラスは湯呑。


グラスでないのもこだわりか。

3番目で8分後 塩そば到着。


ひゃー、美しいね。


レアチャーシュー、メンマ、
ねぎ、みつば、麩が乗っている。

スープは、


鶏豚を使った
見た目も味もきれいな清湯。
魚介の風味がバランスよく効いている。
これは・・・・うまい・・

はるゆたか100%の麺をずるり、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


すごいわ。
これを作り上げる実力とセンスは感嘆もの。
麺の香りもよく感じられ、
つるつるの表面が実に心地よい食感。

苦手なレアチャーシューすら特別に美味しい。


薄いけど、充分な存在感。
かなり美味しいなあ。

メンマも特上の味わい。


一切の手抜きがない感じ。


つけそば。


一番楽しみだったやつ。
麺の上に乗っているのは
昆布を紅葉型にカットしたもの。

ため息がでるほどの
麺の美しさはどうだ。。。


こちらははるゆたかに全粒粉を練り込んで、
より香りを高めている。
海苔の出汁がかけられているのも
普通とは違う差別化になるけど、
単にそれだけではない美味しさ。


シコっとした歯ざわりのあとに
香りがふ〜んと。
そして海苔の出汁がいいねえ。

すぐさまスープへ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは、私のつけそば歴の中でも
いきなりトップランク。
スープの上品な出汁感が際立つ。

スープの出汁も香りも濃いけど、
麺の香りも負けてない。
こんなバランス、よくぞ作り上げたものだ。

こちらはやや厚めに切られたチャーシュー。


トロトロで塩そばのそれとは
違う部位かな?
もっとほしいなあ。

麺は大盛りにしたいレベル。
ずんずんすすれて、
実に楽しいつけそばだ。

麺がなくなり、
煮干出汁の割りスープを


美味しいです。
このスープを毎日いただきたいものです。

辛揚げが合うね。



そして時間差で味噌そば。


チャーシュー、メンマ、白菜、
人参、ねぎがきれいに盛り付けられている。
人参は紅葉型。

スープはやや甘いタイプ。


スープは塩そばと同じものかと思うけど、
まるで違う表情。

江戸甘味噌かな。
風味豊かでめちゃうまい味噌スープだ、。


これまた


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


この味噌そば、
とても上品。
和風というより、京風と言ってもいいかも。
これも箸が止まらない。

辛揚げが合う。


青海苔の風味が相性いいよ。
いいけど、山椒がほしいところだ。


すべて感動しながらいただいた。
これは人気が出ないわけがない。
店を出ると待ちの列は伸びていた。
そりゃそうだろう、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


230
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:44 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厳選煮干しらーめん 二代目 にぼ助@池袋(濃厚魚介ラーメン)

訪問日時:2019/11/29 11:47

一年ほど前に御茶ノ水にオープンした
目白でわたみん家(現鶏メロ)を間借りしている
自家製熟成麺 吉岡の2ndブランドという
ふれこみだったけど、
資本が入っていることが
すぐにわかる店づくりだった。

どうもおかしいなー、とは思いながら、
別に大きな問題でもないし、
と忘れていたら今度は二代目。

調べてみると、ここで判明。
やはりワタミの系列だった。


開店初日につき、大賑わい。
外にはビラを配る呼び込みさん。


見たことのない券売機がお出迎え。


いずれはGRコード決済に
対応するようだ。
現在は現金のみ。

特製の画面

通常の画面

トッピングの画面

おつまみの画面

特製 のシリーズが一番左、
っていうのが気に食わん。。。
と言うより、初代とほぼ同じなんだね。
初代〜二代目なので、けいすけ をイメージして
次は違う味と勝手に思っていたよ。

初代ではにぼ助らーめんをいただいているので、
通常の画面から、濃厚魚介ラーメン
をチョイスした。

果たして店内は大人数のスタッフさん。
一番奥の席に通された。
6+7の直線カウンター席、
4人卓×1。

卓上調味料はフルーツ酢、胡椒、炒り七味。


厨房内には7人ものスタッフ。
すごいね。
4分後到着。


器は初代と一緒。


スープは豚鶏魚介。


いいね。
数種の節、煮干しの粉のザラつきを
感ずるけど、いやではない。
総合的な香りがぐっとくる。
少しの酸味も心地よい。

すする!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


シコシコの食感。
スープもよく持ち上げて、
優等生的味わい。
古臭さはないし、
これは普通に好かれるかも。

チャーシューはレアロース肉と、
バラ肉。


どちらも切り置き。
レアの方は美味しいかな、と感じたけど、
バラの方はそういう香りが残念。

メンマは普通。


邪魔ではない。

炒り七味を試してみた。


香りがいいね。
もっとぶちまけてもいいと思う。

チラシでゲットした味玉。


黄身がややゆるいタイプ。
味が濃くて美味しい。


美味しかった。
超激戦区のこの辺だけど、
資本力で生き残るかな?


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


229
感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:38 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

新潟 三宝亭東京ラボ 中目黒店@中目黒(咖喱担々麺)

訪問日時:2019/11/27 11:39

3年以上ぶりに三宝亭中目黒へ訪れた。

https://lh3.googleusercontent.com/nxUDJQZcyy7wmncfGZzisQc_vhgM4SMT0Hz4C6smqON4Gobcx2WxAaufFizu49QFKILbpSlr312vc94rx3k9mwt7NGmJd564j9BA6Iy4VdId4PyprJGTVK-EF3if55x_xZFuHraKEHozc6zh89UfiTI-Y5eBRAaJGIr9moKGXvK5t5kUiFXD6KuRNPilbefGfvKU8MAXZMHWRjqt4MwpSdEog-mVlS6iBLPUvtYZ3J0q9zQ--SqXTFzMLEEjJNItyeNS7FPv5xoWbYSdFgglvXJHIjTMNh3Qia1FnBmc5CuJ1IEYlWFCHFAX8pamO7qiRFwUc6iSbaIsGrnnDGYad-e_oAfeDbvaVtr_-mY4t6m9wmNXsZ6igqfcoTSn1Qz3OzFfwsNfPMqeTCPtme7VGJY-u11tSffCbA9wgbhdkXZb5lCtYVimQklBflnYOExRJEnIYuLMbyoyAtrtWIHOzHMkd9Wp_dizav2ryROGzJRHvLzqVU3JZamHhnG9C8ohesxatnlEXW070sWxl0ISk9_sHGgWrgdHnQnI8cDEc2EZ5te73aPvfamPgFS7TORtQqzfmHHMs5fpan053BMg6kLpgo5BnWV7ede4Ad6sX-B7RnCEyHp7askX4zfrVoivA7OYW7qhy36DRR0NDm6x0tHT601_Z4zR7ODPw7hqc9sOKQOUwIQHQ3N3nPUxml_yUTNhnwCoMieHtuLLMVy5pdj_Agcit-VJkuZr23GnytsjO6i1=w560-h420-no

以前 逃していた研究麺の
咖喱担々麺ねらい。


10月25日から始まっていたので、
今日は電話で確認してからきたよ。

こいつを注文すると、
現在4周年記念で大盛りかライスをサービスと言われた。
ありがたくライスをお願いした。

店は繁盛の極み。
私はすぐに座れたけど、
常に店内待ちが発生している状態だった。

ホール係の女性も
厨房のスタッフもにこやかで
動きに無駄がない。
いい店になった。。

調味料類はやや豊富に。


青ザーサイ、唐辛子、ぶどう山椒、青山椒、
花椒、胡椒、ラー油、酢。

ぶどう山椒、青山椒が増えたね。
しびラーの欲するものを
よくわかっていらっしゃる。

10分後到着。


この形で供されたけど、
向きがすっきりしないな。

90°左に回転させ、
落ち着いてからいただきます。


レモン、味玉、チンゲン菜、
赤大根、揚げ茄子、みつば。
ツンツンしたのはサツマイモの
千切りをカリカリに揚げたもの。

その下に肉味噌。


では、スープを、、


うまい!
白ごまペーストの香りも充分なら、
それに加えたカレー風味も抜群のバランス。

早く麺食べたい!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


とろみあるスープのせいか、
全くダレない麺。
最後までシコっとした歯ざわりが楽しい。

そして噛んでいると口中に広がる幸せ感。
相変わらず新店乱立の昨今、
今日行く店を迷ったけど、
ここを選んだ自分を褒めたい。

揚げ茄子が美味しいなあ。


そして、サツマイモの千切り揚げが
かなりナイスな効果だ。

途中でレモンを絞ると、
一瞬爽やかさが広がるけど、
すぐに埋没した。
濃厚担々麺スープ恐るべし。

さて、味変するかと、
まずはぶどう山椒。


すごいね、これ。
和山椒の鮮烈な香りがそのままだ。

花椒。


ふむふむ。

青山椒。


これもいいけど、
ぶどう>青>花椒
の順が出来上がったので、
あとはぶどう山椒を心ゆくまで楽しんだ。

ライスは麺食べの途中に時折口にしたけど、
やはり本場のコシヒカリはすばらしく美味しい。
おかずがなくてもそこそこいけると思う。

もちろん遊んだ。


両方の美味しさが相乗。
こんな美味しい食べ物、
毎日でもいただきたい。

最後は、


今日は寒いけど、
じわじと汗ばんで箸を置いた。
おいしかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


228
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

中華そば 虎桜@町屋二丁目(ワンタン中華そば黒)

訪問日時:2019/11/26 11:18

町屋へ来る用事があった。
よっぽどでないとこちら方面は来ないし、
いい機会だ。


ずっと頭にあった、
2015年9月に開業した虎桜へやってきた。

こちらの店主さんは麺屋武蔵 新宿本店出身。
しかし、メニュー構成は八雲を意識したものになっている。


写真付きのメニューはありがたいよね。
通りがかりの人もそう思うに違いない。

店に入ると、先客はご夫婦ほか2名。
地元で賑わっている感が伝わる。


中華そば黒は豚鶏の動物出汁、
中華そば白は魚介をプラスしたもの。
八雲を意識した、という通りに、
黒・白のメニューに、
ワンタン2種入りのワンタン中華そばが
目を引く。

ほかには担々麺白・黒、汁なし担々麺、
まぜそば、担々つけそば、つけそば黒・白。
つけそばは武蔵っぽいらしいね。

それにしてもすごいメニュー量だな。。。
厨房には店主さん夫妻?
製作担当は店主さんみたいだけど、
よくぞ一人でこれだけの量を。。。

ワンタン中華そば黒を購入した。

調味料類は、ブレンド山椒、魚粉、しびれラー油、
お酢、胡椒。


「お済みの食器類はそのままで・・・」

このワードがある店は良店。
間違いない。

しかし、この店はいい空気だ。
ゆったりした時間が流れるが如く。。

4番目で8分後到着。


肉ワンタン、エビワンタン、バラチャーシュー、
レアチャーシュー、穂先メンマ、白ねぎ、青ねぎと
具だくさんだ。


おろし生姜もたっぷりと添えられている。


スープを静かに、、、


う(@@)ま!

鶏と豚だけというけど、
変な臭みもないし、
丁寧さを感ずるな。

やや茶濁しているけど、
あっさり寄りだ。

麺は中細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


見事なバランス。
しこしこ食感の麺がスープと
素晴らしくマッチしている。

中華そば、というカテゴリーでも
かなり好きなタイプ。

レアチャーシュー。


レアなものはあまり得意ではないけど、
これはこのチャーシューが全体のバランスとして
浮いていないので、美味しくいただけた。

でも、バラ肉の方は絶品ですぞ!


煮豚タイプの私的最高峰と言ってしまいたいほど。
柔らかで味付けがすばらしい。

穂先メンマも2本あり量的にいいね。


美味しい。

エビワンタンに、


肉ワンタン。


両方美味しいけど、
肉の方が好みかな。

最後の方は徐々に生姜が溶けてきて、
体があたたまる感じになった。
いいラーメンだなあ。。

そうそう。
卓上のしびれラー油が気になったので、


バラチャーシューの切れ端に
少し乗せて、ブレンド山椒もふってみた。

これがめっちゃ美味しい!
担々麺、汁なし担々麺の味が
充分類推できた。
近ければ何度も来るけどなあ。。。




227
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都荒川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

北海道らーめん みそ熊 自由が丘店@自由が丘(旭川醤油らーめん)

訪問日時:2019/11/23 11:40

最近、自由が丘でラーメンが熱い。
そのうち激戦区と呼ばれるかも、
と思えるほど新店が開店するし、
予定されている。
なんなんでしょ・・・

今日行ってみたのは、
二郎風の新店。
でも、定休日なのか、
店は開いていなかった。。

なので、11/16にオープンした、
みそ熊に向かった。


ここは担々麺七福朗があった物件。

大きな外食会社の店出し、
それほど興味はなかったんだけどね。
自由が丘ラーメンフィーバーの片棒を
担いでもいるかな、ってことで。

当面の営業時間はこんな感じ。


翌6時まで、年中無休という情報だったけど、
人手不足なのかな?

5人が待っていたけど、
すぐに相席も良ければ、とのことで入店。

札幌味噌、旭川醤油、函館塩、味噌つけ麺、担々麺
というラインナップ。
味噌はガッツリスープ、海老味噌、背脂味噌、
チーズ味噌、辛味噌がある。


旭川醤油らーめんを購入し、
相席の方に挨拶して席に着いた。
何も反応してくれなかった。

調味料類は豊富。


ラー油、おろしにんにく、おろし生姜、海老すりごま、
揚げにんにく、揚げ玉ねぎ、柚子こしょう、唐辛子、
マヨネーズ、白胡椒、ラーメン胡椒、醤油、酢。

6番目で10分後到着。


青がきれいな器だな。


チャーシュー、ねぎ、メンマ、海苔、ワカメ
が乗っている。

スープはラードの香りのする
いかにもな旭川醤油。


魚介系の香りは感じなかった。

中細縮れ麺を、


うまいね。
サッポロともまた違う美味しさ。

チャーシューはちょっと苦手な香り。


柔らかで食感はナイス。

メンマは色がいいけど、


これも苦手な香り。

揚げ玉ねぎ、揚げニンニクを試してみたけど、


揚げ玉ねぎは合うけど、
揚げニンニクは何か違う。
全体のバランスが崩れてしまった。。

概ね満足して箸を置いた。
調査終了。


さて、今日行こうと思っていた店足して
あと2店舗のオープンが予定されている自由が丘。
どうなっていくでしょうか。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


226
感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:28 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

らーめん処 くろ助@新高円寺(醤油ラーメン)

訪問日時:2019/11/22 11:40

11/16に開店した
新高円寺のらーめん処くろ助に
一緒に行った。


日本麺料理 さくらの店長を務め、
直近は南阿佐ヶ谷の らぁ麺いしばしにいらした
とのこと。

店頭で待ち合わせて店内へ。


私は醤油ラーメン、
氏は塩ラーメンを購入。
当初はあった つけ麺 のボタンがないね。
当分出ないのかな。

席数は直線カウンター8席。
テーブルもあるけど、
人員不足のため、カウンターのみの運用。

卓上には胡椒、タバスコ、ラー油、酢、醤油。


タバスコは餃子用?
と思ったけど、ラーメン用みたいよ。

このことはあとで知って、
地団駄踏んだ次第。。。

1ロットは2杯。
先客6名に配膳されたあと、
都合18分後に到着。


醤油のいい香り。
チャーシュー2種、メンマ、海苔、ネギ、カイワレが
乗っている。


スープはかなり好き!


鶏が目立つ出汁に
鶏油という感じだけど、
醤油ダレが必要以上に尖っていないので、
醤油の香りとまろやかさを楽しめる。

菅野製麺の中細ストレート麺を、ずずっとね、、、



ウ(≧▽≦)マ〜〜〜!!!


これ、かなり美味しい。
私の琴線に触れる味わいに
楽しくなってくる。

チャーシューはバラ肉とロース?


ロースの方が好き。

細メンマ、とても良い。


じゃまはしないし、
存在感もある。


塩ラーメン。


スープは醤油よりも
魚介が目立つ仕上がり。


バランス良いね。

麺は同じ。


ああ、こっちも美味しいなあ。
比べるのも難しいけど、
醤油の方が好みに近いかな。


寒い雨の中、来てよかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


225
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

広東麺チャーリー@新宿西口(パーコー湯麺セット)

訪問日時:2019/11/21 12:42

かつて渋谷公園通りで
名店としてひっそりと構えていた
チャーリーハウス。

清湯のきれいなスープに麺が泳ぎ、
具が別皿というスタイルが斬新に思えた。

2007年に閉店してしまったけど、
その後、甥御さんが別の店を出していて、
この度、広東麺チャーリーとして復活?を果たした。

ネットで店名だけみて、
「チャーリー?」
と思っていろいろ検索したら、
チャーリーハウスの復活と知るに至った。

とても心が踊り、
すぐにでも行きたかったよお。

ここは「麺屋先ずは」があったところ、
すごい短命だったねえ。。


ムジャキフーズがバックにいるらしいけど、
そんなのはどうでもいい。
早速中に入って券売機へ。


ルーロー飯のセットもあるのか。


広東式で焼き上げたチャーシューは
美味しいに決まっているけど、
パーコー麺のセットにした。
+300円だけど、委細構わず。

カウンター8席、4人卓×2。
4人卓に座らせてもらった。

調味料類は酢、胡椒、醤油、ラー油。


こだわりあり。


Instagramあり。


いいね!しようと思ったけど、
気がつくのが遅かった。。。

その後見てみると、
白い味玉美味しそう・・・

最初にルーロー飯とサラダ到着。


サラダのドレッシング美味しい。
ルーロー飯は台湾ぽい香りが乏しいけど、
味付けられた肉が美味しいので問題なし。

本体到着!


昔は白髪ねぎだけだったような気がするけど、
麺には水菜が乗っている。


パーコーは思ったよりも小さい。


白いフランチソースと
赤い唐辛子味噌ソースが添えられている。

スープは鶏ガラを感ずる
きれいな清湯。


チャーリーハウスのご主人は
元々中華料理のシェフだったので、
これは上湯と言うべきかもしれない。
なにしろ上品なスープ。

麺はやや縮れている。


ストレート麺の方が良い気がするけど、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


遠い記憶だけど、
こんな味わいだった。。。

パーコー美味しい!


ほのかなカレー風味。

赤いソースも風味よし。


オススメに従って、
胡椒をふってみた。


表情が変わる。
スパイシーな味わいが
箸を加速させる。

満足の完食。
チャーシュー湯麺もいただきに来たい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


224
感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:35 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします