2019年09月12日

冷やし中華専門店 HiyaChu@溜池山王(ブラックビネガーひやちゅう)

訪問日時:2019/09/12 12:10

早くも2回めの訪問、
赤坂のHiyaChu

今月の限定を確かめるのと、
デフォルトをいただいておきたかったので。
いや、純粋にそれだけです(^^;

ドアを開けると、先客1名、
って、なっくさん
この2週間で3回目の遭遇とはびっくり。

すでにグリーンソースひやちゅうをお召し上がり中。
隣にすわらせてもらい、
ブラックビネガーひやちゅうをお願いした。
店主さん、今日もいい感じ。
で、試食させてもらうと、


あら美味しい!
グリーンソースには花椒がかなり効いていて、
独特の風味になっている。
これは、シビラーにはたまらん味。。

今月の限定はセビーチェ。


酸味が強いそうだ。
食べたいけど、今月中に来られるかなー。

今日は店主さんと少しお話できた。
なるほど・・・・

到着。


見た目はグリーンとほぼ同じ。
レアチャーシュー、ツナチャツネ、ヤングコーン、
レタス、イタリアンパセリ、パクチー、
ミニトマト、オクラ、きゅうり、紫玉ねぎが
美しく盛られている。

では、


ありゃ、ブレたな。
でも、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


黒酢を使っているだけで、
よくあるタイプの冷中を予想していたけど、
これは全く別のシロモノ。

油の香りもよく、
生姜などが効いたタレが見事だ。

酸味はそれほどでもなく、
黒酢のコクがバランス良く生かされている。

これはニューヨーカーにも人気のわけだ。

この前はよくわからなかった、
ツナチャツネ。


これ、すばらしく美味しいね。
どうやって作るのかな。。

パクチーがばかみたいに合う。


レアチャーシューは、まさにレア。


美味しいデス。

そして後半にツナチャツネを混ぜてみる。


最高♡
ツナチャがあるとないとでは大違いだ。
マシマシしたいくらい。

そして、箸が止まることなく、
麺、具、麺、具、と食べ進めた。
野菜も多いので、健康的満足感がある。

体の中からごちそうさま。

うーむ。
冷やし中華、いいなあ。
一年中食べたい人もいると思うけど、
私もその一人になりそうだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


182
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

白河手打中華そば えびまさ@新白河(チャーシューワンタン麺)

訪問日時:2019/09/11 11:30

かつて「えびまさ」と「いまの家」は
福島県西郷村の白河ラーメンの二大巨頭だったそうな。
いまの家は暖簾分け店もあるし、
二代目もあるけど、えびまさは20年前に
店主さんのご不幸により閉店したきりだった。

それが突然今年の1/29に復活を遂げた。
息子さんが表郷のたいちで修業し
亡き父の遺志を継いだ形だ。

そもそも「たいち」のご主人は先代の「えびまさ」の
一番弟子だそうだ。

こういう人情噺には弱い。
すぐにでも行きたかったけど、
開店してしばらくはかなり混んでいたらしく、
後回しになってしまったけど、
ようやく行くことができた。


店頭の駐車スペースが空いていた。
するとすぐに店に入れた。
ラッキーだ。

極上の歓待を受けたような案内で
カウンター席に案内された。


チャーシューワンタン麺をお願いした。

おしながきの裏には
駐車スペースの案内。


隣のミニストップの駐車場は
巨大だからねー。

白・黒胡椒、酢、ラー油、醤油が置いてある。


やや時間がかかって
14分後到着。


美しい器ですな。


チャーシューは3種。
見た目でもたくさん入っているけど、
実際すごい量で、
最初は麺を引っ張り出すのに難儀した(^^;

スープは鶏ガラ4種、豚ガラ2種だけで、
香味野菜は使っていないと言う。


甘みは控えていて、
きりっとした醤油ダレがよく効いている。
かと言って豚鶏の清湯もよく感じられ、
分厚いスープという印象。

そう、たいちもこんな感じだった。

麺。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺がうまいな〜
ピロピロもっちりで、
唇触りと喉越しがナイス。
スープとの相性も良し。

チャーシューは3種。

ロース肉。


味付けは薄め。
炙り香は感じない。

もも肉。


硬めの食感がいいね。

かぶり肉。


こんなに大きいのは初めて見たよ。
で、これが一番美味しい!

ワンタンは折りたたみタイプ。


皮はしっかりしながらも
「ちゅる」感もある。
餡はこのタイプにしてはやや多め。
私にとっては理想的なワンタンだ。

忘れた頃にメンマが現れた。


癖のない美味しいやつ。

かなり満腹になって箸を置いた。
美味しかったけど、
全体的に、若々しさが前面に出た感じがした。

でも、行列の長さはすでに
人気店として成立しているので、
私の意見は杞憂でしょう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


181
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:04 | Comment(3) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

山之内 神宮前店@神宮前(納豆ネギそば)

訪問日時:2019/09/10 11:55

南青山のふーみん。
大人気の中華料理店だけど、
南青山に移転する前の神宮前の店を
お弟子さんが譲り受けて今でも営業している。


地下にあるのね。


冷麺は毎年いろいろ出すみたい。


店に入り、カウンターに腰掛け、
納豆ネギそばをお願いした。


冷やし葱そばを今年もいただきたかったけど、
かなり行列がすごくなったので、
なかなか行かれずにいた。
そこで、新たな冷やしを求めてみるかと。。

ふーみんもそうだけど、
こちらでも納豆を使ったメニューがいくつか。

4分後到着。


白髪ねぎと納豆とチャーシューと青ねぎ。
シンプル〜〜。
まあ、ビジュアルを求めてもいないけど。。

ご主人が一人で調理を担当しているけど、
奥様?が納豆を調製していた。


いただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


白髪ねぎには熱した油を
かけたのかな?
風味がとてもいいね。

しこっとした細ストレート麺も見事。

納豆もこれでもかと主張してきて、
美味しいもんだね。

チャーシューもいいねえ。


ラー油を乗せてみた。


香り高いラー油だ。
バランス良い辛さになる。

なにしろ、納豆好きにはたまらんですわ。

つるっといただき、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


180
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

揚州商人 武蔵小山店@武蔵小山(汁なしスーラータンメン)

訪問日時:2019/09/09 12:00

新店、宿題店、宿題メニュー。
そりゃ星の数ほどありますよ。

でも、今まで世の中になかった
新商品には目がないのです。


揚州商人のスーラータンメンが美味しいのは
よく知っている。
「汁なしスーラータンメン」、
新しいじゃあないすか。

スーラータンメンは「酸辣湯麺」。
すっぱ辛いスープに入った麺。
ならばこの商品は
「汁なしスーラーメン」でいいのでは、
というツッコミは置いておきます。

しかしこちらの店は人手が足りていません。
正午ジャスト。
席はたくさん空いているのに、
そのほぼすべてのテーブルには食べ終えた食器。。。

名前を書いて待つシステムだけど、
半分も入ってない店で
ポツねんと一人立ち待ちするのは
少し恥ずかしかったデス。

で、しばらくして席に案内されて、
件の汁なしスーラータンメンと
ミニ炒飯420円を、、、

え?420円?

しばらく前まで380円で、
いきなり390円になったけど、
また値上げか。
380円でも高いな、とは思ってたけど、
美味しいからまあいいか、
とミニ炒飯もお願いした。

誰が決めたか、9/14はスーラータンメンの日
今月中のイベントらしいね。
こんなうちわくれました。

クリックで裏側

母の味なんだね。

20分後、やっと到着。


麺をまさぐると、


麺の種類は揚州麺のみ。
相変わらずもっちりと美味しい麺だこと。

まぜ〜〜〜



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


スッパうま!
タレはよくある感じの味わいで、
そこに鎮江香醋が味をビシッと引き締めている、、、
ってほどでもないかな。
酸味は思ったより弱め。

そして、ひき肉がめっちゃ美味しい。
甘みがあり、全体の味に大きな要素を担っている。

辛さはピリ辛程度。

円盤型にひしゃげた半熟玉子。


効果のほどは感じないけど、
普通に美味しい。

香醋まし!


これを追いがけすることで、
商品名にふさわしくなる。
もっと美味しくなった。

ミニ炒飯。


変わらず量が多い。
でも、これ、好きだわー。

麺の方はひき肉やら具がたくさん残るので、
ライス割りがいいと思うけど、


チャーハン割りも
かなりな満足度だった。


美味しかった。
客あしらいに難ありなんだけど、
一生懸命さは伝わるので、
嫌な思いはそれほど感じない。

そして、私は揚州商人グルメ会員なので、
こいつをいただいた。


家で楽しみましょ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


179
感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:10 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

麺屋 先ずは@新宿(油そば)

訪問日時:2019/09/06 11:57

昨日オープン、麺屋先ずは。


何軒かラーメン店が入れ替わった場所。
鶏白湯とは知っていたけど、
商品写真を見て、やっぱりな、という感じ。
入るか否か かなり迷ったけど、
面白そうなメニューがあったので、


入店。

券売機を見る。


電源が入っていなく、
トラブル発生中。
必死に業者と電話でやりとりしていた。
この時間は現金で対応。

で、ホワイトフォンデュらーめんを
口頭でお願いしたら、
まだ未発売とな_| ̄|◯!!!

またまた迷って、
油そばを勢いで注文した。

商品構成はこんな感じ。


胡椒、醤油、酢、ラー油がセットされている。


好みも聞いてくれる。


店名の由来はショップカードに。


電話でてんやわんやの店主さん。
電話しながらの作業で12分後到着。


渋い器。


低温鶏胸肉、青ねぎ、玉ねぎ、メンマ、刻み海苔が
乗せられている。

ちょいまぜして、いただきます。


平打ちのもっちり麺。
味付けとしては王道の油そば。
鶏油の香りもある。

メンマ美味しい。


胸肉も美味しい。


あっと言う間に食べ終わった。

朝の4時までと営業時間が長いけど、
西口ガード交差点からすぐだし、
美味しければ客はつかむと思う。

電話の会話中で、
「恵比寿の店」というワードが聞こえたので、
単独店ではなさそう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


178
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

白河手打ラーメン 一心@新白河(チャーシュー麺)

訪問日時:2019/09/03 11:17

白河市にてランチタイム。
未訪問の店に行こうと決め、
近かった一心に訪問。


おそらく、2007年ころに開業したはず。
白河では比較的新しいと思う。

店に入ると一番乗り。
チャーシューを焼いた良い香りに包まれる。

https://lh3.googleusercontent.com/Z8kFTrlbEd4cdvWj0aoFiTwYoqH1zi4NZb-FAFQT6omzvISy8Q79npkufO8RTC5zM_e7cs5IHijf9h4OCc1OGv8SNO6eocKfIB82zEUvZWHxf90Q0uyB7iC5kTIAPdBwydKqKwsye3yDhPW51C1H-laU_mVB41NlT3DRQ5GeLLhmsM0fNIM57igVMR2KqXv465DHd8amUv0H6dosGLnV4OUFzyHBIfCGcntrUxU5e0JWXpUGNNKGWX1jdYSMWa7kEbgoB7pW5bcuPUUlTp-sGn0VEORzHd_zWfJ6FtAAif7b_UhnZqgjAuIXYiEuIaf3Jvjw5bzDzOd2qe3OJFhmEFuxBDK9MsFB-uHo3301sJqdORdpbP3r8dDMB6LPNFPEGZjpQyAngq6rpA2XnhQtz_araOKyWcK8FSasrbFoMpAd1-oSeBPYToTmh_6IL0EmoZpFefR-Tn8BKukrKQPtnaAKZEfDnIi1VjezU62uCsjiKEkCrYT2P3ug9mZ6vC6rYBwGOoumo2AvvuBn3i7OT0L3I4LoUcXECkH7v14MPA14JCyAQ6KmYsfVwG3JAWmvInGRdtJ_AgLLPHSwUg2DZ0D9L3TvDCX6mUsymi8JT97Q4PaQETV2i5anotWwkBe_vz0ax1LV1vJNq89qjGU7WMx-nD4vSURyXTG3UW7J_DQKSsQpKkgB1eM=w560-h421-no

ランチタイムはミニ丼のセットもある。


店の一番のお勧めのチャーシュー麺を
注文した。

3分後到着。


有田焼っぽい、きれいな焼き物。
チャーシュー3種で埋め尽くされ、
麺がほぼ見えないねえ。


スープはいかにも白河。


やや丸みのある醤油タレの味が
第一印象でズドンとくる。
スープ自体はあっさりしている。

ピロピロの麺を引っ張り出し、


ずばずば、、、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


美味しい!
醤油の香りがかなり印象的。
そしてチャーシューからの移り香もあり、
これは美味しい。

メンマはくせがない。


チャーシューはもも肉、バラ肉、
かぶり肉とある。


もも肉は柔らかくパサパサしていない。
しっとりとして非常に美味しい。

バラ肉は、


白河系では珍しい、
ほろほろの煮豚タイプ。
これも美味しい。

かぶり肉は、


薫香がリッチで、これが一番気に入った。

麺と具がなくなっても、
レンゲが止まらないけど、
ややしょっぱいので、完食はやめておいた。

味噌も美味しいらしいので、
頭に入れておこう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


177
感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:12 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

塩つけ麺 灯花@四谷三丁目(ブラック中華そば)

訪問日時:2019/09/03 12:00

最近、灯花グループの動きが慌ただしく感ずる。
経営が大手に移ったせいもあるだろうけど、
また一つ大きな力が確立された感がある。

その出発であった、塩つけ麺灯花
閉店後、麦の花になり、つい最近
SALTAIRにリニューアルされた。

そして2年ぶりに塩つけ麺灯花が
場所を変えて8月28日に復活した。


ここは太陽のトマト麺→雷雷らーめんと変わった物件。

正午ジャストに店に着くと、
7名の待ち。
まあいいや、と列に接続した。

するとまたもやなっくさん登場。
でも彼は時間がない、ということで
違う店へと向かったいった・・・

じりじりと列は進む。


今度は麦の花で出していた商品も揃えている。


今日はメニューは絞られている。


ま、これは頭にないのでいいす。

10分後店内へ。
ほぼリトルの法則の計算通り。


決めていたブラック中華そばを購入した。

厨房を囲むL字型カウンター13席。
今度は広いねえ。
前は4席だったからね。

調味料類は胡椒、一味唐辛子、酢。


見事なコンビネーションにより、
5分後到着。


黒い〜〜♪


スープはまさにブラック中華そば、
というイメージ。


ガツンと醤油が効いて、
わっぜうまか。

もちもちの麺をずるっとね、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


富山ブラックを唄わなくても
これはまさしく富山ブラック。
ABC だか あいう だかの商品よりも
格段に近い。

チャーシューはあぶられたもの。


やや固めで食感豊か。
美味しい。

メンマも中華そばタイプ。


太くていいね。

チャーシューとメンマは富山Bと違うけど、
そんなことは関係なく
楽しく、夢中で食べ進めた。

途中で黒胡椒を足したりしてね。


スープはさすがに少ししょっぱいので
残したけど、大変美味しかった。

あ、そうそう。
つけ麺のスープ割りは、希望により、
スープに加えてご飯も入れてくれるよ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


176

感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:17 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

とんこつ らい斗@下丸子(らーめん)

訪問日時:2019/09/01 11:35

2017年4月に開業し、
その博多ラーメンの美味しさには驚いたけど、
今年2月にリニューアルした豚骨醤油
正直ピンと来なかった。

そんならい斗が7月8日に再び味を変えた。
ブレているのか、それともこれからどんどん
変化を重ねていくのか。。。
いずれにしても珍しいケースではある。


店主さんのSNSによると、
今度は家系風に見えるけど、
ようやく調査に来られた。


らーめん並盛を注文した。
好みは聞かれなかったけど、
聞かれても普通でお願いしている。

チャーシュー丼はなくなったのねえ。
初期モデルは美味しかったなー。

調味料類は、
おろし生姜、豆板醤、一味唐辛子、胡椒、酢、おろしニンニク
ラーメンだし、きゅうりの漬物。


紅生姜、辛子高菜、ごまがなくなっている。

2番めで6分後到着。


ふむ。
キクラゲを除けば見た目は家系風ではある。


チャーシュー埋没が
ビジュアル的に惜しいところ。。

スープは豚骨醤油。


やや濃厚なれど、
家系、とは少し違うのかな。
味は濃いめの仕上がり。

スープのまったり感よりも
キリッとしたタレの美味しさが印象的。
ここの醤油ダレはかなり美味しいと思う。

中太の麺を、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


むっちりした食感の美味しい麺。
絶品タレをまとってウマウマ。

チャーシューは煮豚タイプ。


初期のものに近い。
柔らかで美味しい!
これでチャーシュー丼が食べてみたい。

キクラゲ、店主さんが好きなのかな。
でも、このラーメンには合っていると思う。
ほうれん草も海苔も必須だ。

美味しかった。
すでにファンも定着しているように思えた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


175
感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:43 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

麺屋 Rai遥@虎ノ門(煮干し中華そば)

訪問日時:2019/08/30 11:57

新橋で所要を済ませ、ランチに向かう。

新しく開店したカレー屋に向かうも、
カレーの麺はまだ開始していなかったので、
近場の宿題店に向かってみた。


麺屋Rai遙(らいは)。
昨年3月にオープン。
ここは7.5Hzの跡地。

店長さんは当時20歳の女性ということで
話題にもなった。

そうそう、煮干しのラーメンだった。


店に入って券売機へ。


デフォルトメニューの
煮干し中華そばを購入した。

店内は焼干しっぽい香りが充満。
昼時とあってか、ほぼ満席を繰り返していた。

厨房には店長さんと女子スタッフ。
てきぱきと動いていらっしゃる。
明るくて丁寧ですな。

魚粉が4種類。


ラー油と酢、胡椒もある。

混んでいたので10分後到着。


具はチャーシュー、穂先メンマ、ねぎ、
玉ねぎ、三つ葉。


スープを、、、、


ひゃー、うまいな。
店内の香りそのものの焼干しっぽい香り。
塩味も香りもバランスがナイス。

細ストレート麺をすすると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



あれま。
とっても美味しいよ。
正直それほど期待いていなかったけど、
これは美味しい。
煮干し系のラーメンの中でも
毛色の変わった特徴を持つね。

ただ、チャーシュー、メンマはおとなしめ。


特にチャーシューは
もう少し濃い味つけるとか炙るとか、
特徴があると面白いかも。

魚粉はそれぞれ少しずつ試してみて、
サンマ粉>サバ粉>アゴ粉>煮干し粉
の順に好みだったので、
サンマとサバは結構たくさん入れさせてもらった。


栄養補給ばっちり。

ご飯物もおいしそうだったけど、


今日は自重。

思いのほか良い店だったな、
と感じながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


174
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

手打ち 焔@小田急新宿店@新宿(小田急限定特製海老ワンタンメン)

訪問日時:2019/08/29 10:40

8/28から9/2まで、
小田急新宿にて「うまいものめぐり」という
催事をやっていて、
なんと、栃木の勇、手打ち焔が来ている。

今回はお父上とお母上まで
一緒に参戦しているとなれば、
行かない手はない。


官僚さん、青木さん、しらすさんの
サインまで持ち込み。

さて、意外にも待ちはなし。
すぐさまレジへ進めた。


小田急限定の
特製海老ワンタンメンを購入。
席に案内された。

目の前には紙コップ。


座って5分後到着。
オペレーションはかなり良好ですな。
きっと厨房はてんやわんやかもね。


ひひひ。
と笑いがこみ上げるじゃないすか。


コンマ数秒観察したあと、
レンゲをさしこみ。


あ゛〜〜〜〜

うまい!
うまいよ、たかちゃん。

麺はどうかな。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


焔のボコボコ麺が東京で味わえるのは
感慨深い。
いろいろあったからなー。

チャーシューは、バカみたいに美味しい。


いつも通りの味。

メンマもしかり。


一切手加減せずに
全力投球なのが伝わるよ。

味玉の仕込みも大変でしょうに。


そして、お父上が担当された、
海老ワンタン。


火風鼎の麺帯で作ったのかな。
日本一しっかりした皮のワンタンではないでしょか。

エビはそのままでなく、
きちんと仕事がしてある。


すばらしく私好みのワンタン。

そしてスープまでほぼ完食。
来てよかった。

帰りぎわに厨房をのぞいて、
挨拶をさせてもらった。
やはりてんやわんやだった。。。

美味しかった!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

173
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします