2017年02月08日

内埜勝覚@神谷町(醤油らぁめん 27/'17)

訪問日時:2017/02/08 11:40

カネジンの矢守さんからの情報。
あまりよくわからない店が開店準備中とか。
両国の主が行っていて、
営業時間不安定な状態で、仮オープンしていることを知り、
ダメ元で覗いてみたら人がいる。


恐る恐る聞いてみると、

「どうぞ、どうぞ」

と案内された。
よかった。。
今日は店主さんともう一人年配のスタッフさんがいた。

それにしてもラーメンのラの字もない外観。
隣は、「めん蔵」という北海道ラーメン屋だし、
まさか隣にラーメン店とは思わずに
通り過ぎる人が多いのではなかろうか。

店に入ると、右手に券売機。


下の方には商品説明。


なるほど。
では、醤油らぁめんにしましょか。。

カウンター7席に4人卓が3卓あるけど
仮オープン中はカウンターのみでの営業。


S字型でカッコいいよ。

お冷やはジャスミン茶。


喉が乾いていたせいもあるけど、
冷たくておいしかった。

調味料類は手元にはないけど、
見えるところにまとめて置いてある。
胡椒、一味唐辛子、ラー油かな?
言えばくれるのかな?

店主さんは 内野彰伸 と仰るらしい。
店名はどこがどうして 内埜勝覚 になったかな?

6分後到着。


かわいらしめの器。

具はチャーシュー3枚、メンマ、海苔、伊達巻卵。


スープを一口。


あれ。
ごま油が香る。
しかもかなり強く。

でも、鶏白湯のきれいな舌触りと
深い味わいは丁寧な仕事を感ずる。

麺は手打ち手切り手もみ風の中太平縮れ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺、いいね。
唇を通るときの不揃いの感じがいいし、
もっちりした食感がとっても好印象。

メンマは角材風。


めちゃおいしい!
ザクっとした歯切れで
これをツマミでビールいきたい。

チャーシューは焼いたタイプ。


あまりないタイプの香りが薄く香るな。。
美味しいにはちがいないけど。
3枚入っていてうれしい。

伊達巻は意外な具。


合うかどうかは別として、
好きなものだけに歓迎ですよ。

最後までごま油を感じながら麺と具は完食。
おいしいと思うけど、好き嫌いが別れそうな
らぁめんだと思った。

麺が違う塩にも惹かれる。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします