2017年04月01日

このはずく@花月園前(煮干らーめん 85/'17)

訪問日時:2017/04/01 11:40

鶴見は下末吉にあった「このはずく」。
とても気に入っていたけど、
2007年に閉店してしまい、本当に残念に思ったものだ。

先週、ネットを見ていて、

このはずく復活

の文字を見たときは心ときめいた。
3/27になんと10年ぶりに復活というではないの!
すぐにでも行きたかったね、実際。


以前はバス通り沿いだったので目立っていたけど、
今度はひっそりだね。
居酒屋かスナックの跡地みたい。

てんかさんから花が来てる。


元々お近くだったし、
お年も近そうだし、
良いお仲間なのでしょうね。

A看板にはチラシが貼ってある。


わくわくする。
こんな気持は久しぶりだ。

営業中 とは書いてあるけど、外はとても静か。
恐る恐るドアを開けると、
一瞬でメガネが曇った。
これ、前と同じ(^^;

そして、懐かしい親父さんの姿。

7席のカウンターとテーブル席が一つ。
お品書きを改めて、、、


あのころ好きだった煮干らーめんにした。
あと、ピーマンご飯 なる聞きなれないものも追加。

つけ麺類はなくなったね。
あの細つけ麺、美味しかったなあ。。。

親父さん、失礼ながらお年を召された。
心配になるけど、ゆっくりと確実に仕事をこなしている。

先客2名、2番めで16分後到着。


恐らく前と一緒の器と思われる。
渋い焼き物だ。

具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔、糸唐辛子。


久しぶり!


フラッシュバックのように記憶が蘇った。
この味だ。。。
鶏豚ベースに煮干を加えて煮込んでいたが、
香りと味わいをうまく閉じ込めている。

今やこのような味は巷にあふれているけど、
無化調でこの味はやはりすごい。。。

麺は今でも自家製麺かな?



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


つるっと、シコっと、抜群の食感。
このスープにはこの麺だよ、
と自信を持って合わせてる感が伝わってくる。

心から美味しい。。。。。

チャーシュー、変わらず極上。


厚みあり、漬け込んだその味が素晴らしい。

メンマもすごい。


仕込み済のものに手を加えているようだ。
食感、香り、味、パーフェクト。


ピーマンご飯はこんなビジュアルで登場した。


熱々ご飯にバター、ピーマン細切り、塩昆布が
合わせてあり、よくまぜてくださいと。。

ではそうします。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


塩昆布キャベツはよく作るけど、
ピーマン、すばらしく合うね。
ご飯のお共として立派に成立している。
これは気に入った。
家でも絶対にやってみよう。

双方完食し、身も心も満たされた。


相変わらず美味しいですねー

と声を欠けると、

「あ。下末吉の店もいらしてくれてましたか!」

と喜んでくださった。
懐かしい笑顔。。。
少し話をさせてもらった。

・スープの材料は前の1.5倍使っている。
 なので、80円値上げさせてもらった。
・前は2人でやっていたけど、一人は大変。
・ピーマンご飯の塩昆布はフジッコの減塩タイプ。
・生きている限りは店を続ける。

親父さん、動作はゆっくりになったし、かなりしんどそうだけど、
自信にあふれた所作は安心できる。
でも、混んだときには時間かかりそう。

未食の塩らーめんをいただきにまた来ます!
神奈川淡麗系の元祖の一人として、がんばってください!

なお、当面は無休でやるそうですが、
4月3日はお休みだそうです。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします