2017年04月15日

とんこつ らい斗@下丸子(らーめん 102/'17)

訪問日時:2017/04/15 11:00

下丸子駅、千鳥町駅、武蔵新田駅のちょうど中間あたり、
横浜大将→多苦楽家→いんでいら と変わってきた物件に
動きがあったのは今年2月のある日のこと。

新たに「とんこつ らい斗」の看板がかけられ、
3月初旬にオープンの予定だった。
それが3月中旬、4月初旬、近日中と伸び、
4月12日にようやくオープンとなった。


羽釜炊き豚骨なんだね。
花はラーメン関係からはなし。

店頭には車1台のパーキングスペースあり。

まあ、入りましょ。

広い店内に店主さん一人体制。
先客ゼロ(後客ゼロ)。
8席のカウンター真ん中に陣取り、
お品書きを拝見。


らーめん+ミニチャーシュー丼セットをオーダー。
麺の固さは やわ・普通・かた・ばりかた の4種。
湯気通し、粉落としは出来ないと書いてある。
普通でお願いした。

卓上の調味料は、紅生姜、胡椒、ごま、おろしニンニク、酢、ラーメンだし。


静かな作業ののち、
4分後到着。


チャーシュー、ねぎ、キクラゲ。
おいしそうだ。


スープはやや濃厚な豚骨醤油


九州系でも、横浜系でもないような、
シルキーな豚骨醤油は
はっきり言って旨い!

麺に期待だ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


わかりやすい味ではあるけど、
なんか、とても丁寧な仕事を感ずる。

ざっくり食感の細ストレート麺もいいチョイスだ。

やや塩分薄めだけど、
充分いただける濃さ。
終盤  ラーメンだし を足すと、
味が引き締まった。

チャーシューは煮たタイプ。


まわりの焦げ目が香ばしく、
柔らかでおいしい。

青ネギはどこ産かな。。


太くて香りがよくて、
このラーメンの中でも
重要な構成になっていると思う。

紅生姜もいただきましょう。


熱々のスープも好印象で、
ずんずん食べ進め、あっという間に麺と具はなくなった。

ミニチャーシュー丼。

https://lh3.googleusercontent.com/NwfVXzAWBmV7N_SU0PgPB_Dri-LvEodaYHnMu3KxGkalsNiU_KOTUn99bXr4AAqyriO10VNd183C5GPHo8ooV9ZlkWnaO_aSc7ESA6wzt84CasPJg2t4d0yabs3Z7VtQAiU-Pj6DLUuno1lSBgL84gRXqabeVEkYtGVSiFQV7AptsjOwagTA1cJq9ccwKhFWLOcS28urup-mDpqxjZce0j7I054CoDjKvnFgaYDQtt816V8YR7OLU4xoQxknMFITUhTALLRmMlJoyRf6JDe0IVNG58YOOcw8YGxXEjOiLVAilZiVW-hC9WD_Kx5D9K71qvWR7N8jQsXNymbFE_3K9xhWx8deGVqoAkj6xH4B4DQsXjHgPkVvvxT7R62R0wLHg04jZQekOXKipZu5hz2J0LOAgACWhyMH4vnDEqMcdC6jjGiRNVA3NPqfnXGzBNwA25zlmbgd5PO736AFt5HaWfGKWS_qKGAb7yf6_s0v00v5gXHC_Jxotz3JfPuA_CEzSvr4rGTPDaxm61lOm-bRLrg0SgIyc9BiiVt9_yqM1QzTBdn74Aqr8VpHJ6cWm6ZF-m6kU1qEKILqD0U8g4C9hqj526HH96K_YYbj3B0vab0q71ksQLvPnA=w560-h420-no

件のねぎもたっぷり。
これが大変おいしいサイドだと思う。
タレの味がよく、
塩加減もちょうどよい。

とろとろのチャーシューとタレとご飯の
ハーモニーが抜群。

こちらも紅生姜をあしらって、


ガツガツと完食。

おいしかった。
いい店だけど、場所が心配。
ご近所さんでなくても行く価値はあると思う。
今度は流行ってほしい。。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします