2017年04月21日

麺屋 坂本01@王子神谷(特製わんたん麺 109/'17)

訪問日時:2017/04/21 12:00

4/18に新しくオープンした店に向かってみる。
ネットで見た麺線の画がすばらしかったし。

住所近くのパーキングに車を停め、
店を目指して歩くと、お好み焼きゆめや の看板が見える。
店はその場所のはずだけど、


店頭には看板も案内もなく、一見では何屋かわからない。
唯一、この表札が目印。


赤い天幕には ゆめや の文字が読める。


店に入ると8席のL字型カウンターのみ。
先客6名で4名が召し上がり中。

券売機を見て、


(一部光って見えなかったので修正)

炙り焼豚御飯もいただきたかったけど、
今日は未発売なので、特製わんたん麺にした。

厨房は店主さんと、たどたど日本語のスタッフさん。

卓上に調味料類はなし。

小鍋にスープを入れて1杯ずつIHで温めていた。

柴崎亭の麺線インスパイアという盛り付けは
大鍋で麺を泳がせ、平ざると箸を使って仕上げていた。

3番目、7分後到着。


配膳の途端、山椒が香る。
一気に京都の風が吹いた彡彡


具は潔くわんたんとメンマのみ。
山椒はミルでメンマ上にかけられいている。

わんたん麺だとわんたんに隠れてわからないけど、
麺線の美しさは見てとれる。


スープはと、


うはー。
うまいな〜〜〜
豚骨・鶏ガラベースで、キリッとした中に甘みのある醤油味。

麺は中ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


わかりやすい味、とも言えるけど、
あまりないような味わいにも思える。
シコっとした麺のチョイスがかなり良い。

わんたんは秀逸。


ぎっちり詰まった餡の美味しさが際立つ。
山椒の香りも手伝って、上品なわんたんだ。
肉の香りも充分。
またピラピラの皮も魅力充分。

これが7個もあるのは大変うれしい。
これ以上でもこれ以下でもなく、7個がいい。
少なめ、とかなくていい。

中華そばに焼豚トッピングをすると、
チャーシューが7枚にもなるので、
「7」という数字にこだわりがあるのかもね。

メンマがまたおいしい。


ここでも山椒の香りが生きている。

迷うことなくスープまで完食した。


中華そばはチャーシュー、メンマに加え、
八王子ラーメンのように刻み玉ねぎが乗るのに、
こちらには乗らない理由を尋ねると、
わんたんの香りが死んでしまうから、とのこと。

また、今日から冷やし中華を始める予定だったのが、
チャーシュー炙り用のバーナーが届かなく、
やむなく延期した、と近所のおばさまとの話で判明した。
炙り焼豚御飯が×印なのも同じ理由。

語り口がとても穏やかだけど、
頑固さも感じられる店主さん。
自信にあふれた所作はすでに名店のそれ。
「01」というのは、今後 02 03 と続いて行く現れかしらん。
がんばってほしい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。
感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サバ6製麺所 福島本店@福島(サバ醤油そば 108/'17)

訪問日時:2017/04/20 12:20

大阪で、仕事の合間に環状線 福島へ移動。
ラーメン人生 JETの行列を横目に見て、
大阪のニューカマー、サバ6製麺所 福島本店へ。



店主さんは同じ福島の みつ星製麺所 を立ち上げた人物。
そちらは支店も含めた全店舗の経営権を別の会社に譲渡し、
新たに天神橋筋六丁目に2016/7/7に開業していた。

そして、2017/3/21 こちらに移転した格好。
(天神橋筋六丁目の店はつけ麺専門 サバ6製麺所plus天六店 として
2017/4/13にオープンしている)

店名が示すようにサバがコンセプトになっている。


サバ節を使ったラーメンにも惹かれたけど、
セットメニューにサバ寿司、やきめし、天津飯があるのも
来ようと思ったファクターの一つ。。


サバ醤油そばと天津飯のセットを購入した。
同時にサバ寿司もいただきたかったけど、
天津飯は量が多いらしいのでやめておいた。
どうせ今夜は寿司屋に行くし・・・(^^;

お昼時なので、行列は覚悟していたけど、
並びはなかったので良かった。
一番手前のカウンター席に座った。

結構大きな箱だけど、回転が素晴らしくいいね。
厨房内4人の調理担当の息もピッタリだ。

卓上調味料類は、ニラ唐辛子、刻みニンニク、
一味唐辛子、胡椒。


5分後同時に到着したのにはびっくり。


店に近づくに連れて香っていたサバ節の香り。
商品が来ると一段と芳しく香る!


具はチャーシュー4枚、メンマ、ねぎ、貝割れ、油かす。
サバ節がたくさん浮いているのがわかる。

果たしてスープは「サバ醤油」という
商品名そのもの。


動物性のベースに加わる、サバ節の風味が素晴らしい。
やや甘さを感ずる醤油ダレも見事。
これ、大好きな味ですぜ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


つるつる、シコシコの自家製中太麺もまた素晴らしい。
スープとの相性は満点。
文句のつけようがない。

ややレアなチャーシューも抜群。


見た目、厚さ、食感、味わい、
計算しつくされたかのような豚肉だな。

メンマはタケノコに近い。


柔らか。
噛み切れにくいというストレスは皆無。

ねぎも貝割れもスープによく合う。


半天津飯。


見た目は素敵だけど、
これはいただけませんな。。。

玉子はフワッと仕上がっているけど、


味が薄くて、餡のとろみが弱い。
酸味もない。
町中華のあの酸っぱい餡がいいんだけどね。。

なので、スープの力を借りた。


あまり効果はなかった。
こちらではサバ寿司かやきめしがいいと思われる。

でも概ね満足して店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺屋 五十六@瑞江(まぜそば 107/'17)

訪問日時:2017/04/19 12:07

本日オープンのお店に向かってみる。


お花いっぱい。

店名は「いそろく」でしょうね。
若い店主らしいけど、
連合艦隊司令長官イメージ?

店に入ると5名の団体さんが立ち待ち中。
中を覗くと、空席は結構あるけど、5人がまとまっては座れない。
厨房には二人体制でてんやわんや みたい。

なかなかこちらを見てくれなかったけど、
女将さん?と目が合い、
1人だと告げると一緒に座りたい仲良しさんをすっ飛ばして、
1人でカウンターに着座。
どーもすんません。。



麺類は鶏そば、胡麻味噌担々麺、まぜそばの3種。
評判が良さそうだった まぜそばを注文した。

麺量は220gとのことで、
ご飯ものは回避した。

おつまみも充実している。



どちらかと言えば、夜メインなのかな?

調味料類は醤油、酢、ラー油。


お隣の女性3人組は鶏そば2、まぜそば1。
提供時に店主さんが濃い・薄いは調整すると言っていた。
鶏そばはわかるけど、まぜそばはどう調整するんだ?
と思っていたら、店主さんがまぜそば女性に

『お味どうですか?』

と聞くと、

「少し濃いです」

と女性は答えた。
それに対し、

『お酢をいれるとさっぱりしますよ』

(^^;

ひっくり返りそうになった。


しかしそこから長かった。
4番目で20分後到着。


チャーシュー、茹で野菜(キャベツ・もやし)、
白髪ねぎ、生卵、糸唐辛子、背脂。
豪勢なビジュアル。


まぜそばに背脂がこういう風に乗せられているのは
あまり見ないかな。


麺は太ストレート。


むちむちの食感。
茹で加減はパーフェクト。

まずは混ぜてみるけど、
つるつるの麺にタレがあまりなじまない。


しょっぱい・・・

タレは絡みにくいけど、
塩分量がすごく、
醤油と塩で食べている感じ。

脂分は背脂でまかなっているようで、
混ぜても脂が絡まないので、
タレがストレートに来てしまうのかも。

チャーシューはとろとろでよかった。


でも、酢を入れても塩辛いのはどうしようもなく
最後までいただけず、少し残してしまった。

隣の女性とも 味が濃い 点では一致してるので
これは調整が必要だと思う。

オペレーションはドタバタしてたけど、
その辺は落ち着くでしょう。
夜はスタッフが増えるみたいだし。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都江戸川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします