2018年01月26日

【閉店】二代目 浪漫軒@錦糸町(塩らーめん 27/'18)

訪問日時:2018/01/26 11:50

本日オープン、二代目浪漫軒。
ネットで朝飛び込んできた情報だけど、
ちょっと調べてみたら、
五所川原の店が移転してきたみたいな。。
半ちゃんラーメンの店、ということで、
そちらに仕事を作り、行ってみた。


・・・

失礼ながらもっと地味な店だと思っていた。
これは金が動いた店構え。
店に入ると、その思いは的中。
多くのスタッフが元気よく動いている。

と、カウンターに相方の姿が!
またもや偶然でしたね〜
隣も空いていて、なんというタイミングでしょうか。

壁に向かったカウンター8席ほどに
パイプ椅子を置いたテーブル席がたくさん。

ランチメニューを見て、


彼は醤油の半チャーハンセットにした、
というので、私は塩ラーメン半チャンセットで。

卓上には醤油、酢、一味、ラー油、胡椒、カレー粉、マヨネーズ。


周りを見渡すと、貼りもの多し。


きれいな画入りでわかりやすい。

グランドメニューもある。


ニンホルらーめん、肉汁飛びちり餃子、
などがオススメと書いてもあった。

そこそこ混んでいるけど、5分後到着。


王道、という感じがする。
スープは透き通った見た目通りのきれいな味。


うま!
ほんの少しの化学をうまく使った感じ。
ちょうどいい旨味だ。
これはおいしい・・・

麺はもちっとした中縮れ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


この麺いいね。
あっさりスープながら、
麺によく絡んでくる。

チャーシューは豚トロみたいな部位で、激旨!


メンマはやや甘めの仕上げ。


良いお味。

卓上のカレー粉を試してみた。


ナイス♡

半チャーハン、美味!


結構な量があり、
半チャーハンとは思えない。
チャーシューがたっぷり入っていて、
確かな満足感。

カレーチャーハンでもいいよ。



しらけん氏の醤油らーめん。


スープはいかにもな
オーソドックス中華そば。


非常にうまく作り込んできた印象。
これは嫌いな人いないと思う。

具は同じだけど、
麺が違う!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


少しだけ細い麺が
見事にすっきり醤油スープにマッチ。
こちらも美味しいねえ。


普段は断然醤油派なんだけど、
ここでは塩もかなりいいな。
タンメンなんか美味しいと思う。


会計後にふと見ると、
厨房には武田敬介さんの姿が!
聞いてみたら、けいすけグループの会社だそうだ。
どうりで完成度高いと思った。

ここは津軽ラーメン街道にあった
「半チャンラーメン専門店 二代目 浪漫軒」の
移転ということなんだって。
そして、メニューを増やして錦糸町で勝負。
なんとなくこの町にぴったりの店だと思う。

近所の方の心を掴むのに
そんなに時間はかからなだろう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:07 | Comment(2) | 東京都墨田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多拉担麺 まるたん 池袋店@池袋(らーたんめん 26/'18)

訪問日時:2018/01/25 12:00

最近、博多担々麺 というワードをよく目にする。
本場では経験はないんだけど、
何々が入ってるとか、ビジュアルがどうの、
とかいうものではなくて、
どうも統一性に欠けるイメージ。

1/22、池袋にもオープンした。


博多拉担麺まるたん。
厳密には店名は「担々麺」ではないけどね。

しかし、寒いね、今日は。。
凍えそうになりながら店頭のメニューで品定め。


中に入って券売機へ。


デフォルトのらーたんめんは500円と安い。
半チャーハンセット650円をプッシュ。

チケットを渡すと、麺の固さを聞かれる。

茹で時間は

バリカタ(10秒)
カタ(20秒)
普通(40秒)
やわ(80秒)

だそうで、普通でお願いした。

卓上には辛味噌、食べるラー油、ふりかけがある。


どうぞ

と辛子高菜が出された。


見ていると冷蔵庫から一人ひとりに出している。
全部食べられる量ではないし、
これをこれをそのまま冷蔵庫に戻すとしたら、
不衛生ではある。
この時期、足が早いものでもないし、
卓上に蓋付きの容器に入れて常備してもいいと思うけど。

3分後到着。


見た目、白濁したスープが波々。


具は肉味噌、ねぎのみ。

スープは非豚骨で植物性という触れ込みで、
胡麻がたっぷり。


こりゃすごい胡麻だ。
胡麻ペーストの海だ。
で、おいしい!

麺は博多らしい細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これはうまいね。
胡麻がきいた日式の担々麺ともちょっと違う、
独特の味わいだ。

肉味噌がまたいいね。


癖のない少し辛いやつ。

辛味噌、ラー油、高菜入れてみた。


特に辛味噌がよかった。
量は100g超くらいかな。
一般男子には替え玉しないと物足りないかもね。


半チャーハン。


香ばしく炒められている。
良質なチャーハン、と言う感じ。

高菜もラー油もよく合う。


おなか一杯で食べ終えたけど、
胡麻ペーストのせいか、
少しもたれた。

植物性とはいうけど、
胡麻ペーストもカロリー高いからな〜



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:32 | Comment(2) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華そば あの小宮@都立大学(中華そば 25/'18)

訪問日時:2018/01/24 11:30

都立大学駅付近はテリトリー。
当然、「あの小宮」2店同時オープンはセンセーショナルで、
すぐにでも行きたかったのだけど、
どうしても足が向かない事情があった。

今日はその近くの比較的気に入ってた八の坊が閉店し、
そのあとに入った中根家という家系を目指したけど、
ピンポイントで臨休という。。。

で、足が向かなかった呪縛を取り除くためにも、
あの小宮へ向かってみた。

つけ麺TETSUを創業した小宮一哲さんを
リスペクトしてかつての部下さんたちが
作り上げた店。
かなりの資本力も動いていると思われるが。。


駅の公衆トイレを挟んで
中華そばと豚骨ラーメンの2店舗。
このトイレ、大昔はすごく不潔だったのよ。。
なので臭気もすごく、
前を通る時は息を止めたもんだ。

きれいになって相当経つけど、
やはりそのころの思いはここへくると蘇る。
それが足が向かなかった理由ではないけどね。

今日は中華そばの方に入店。


おや。
まぜそばもリリースされているのね。
それも気になるけど、
オーソドックスに中華そばを購入。

卓上のお品書きにはまぜそばは書いてない。


ネット検索しても出てこないし、
どんなやつなんだろうな〜〜〜

オープン直後1番目だったので、
すぐに到着。


具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、貝割れ、海苔、なると。
どこからどう見ても中華そば。


スープは香味油が香ばしいのが第一印象。


出汁そのものが濃い感じで、
タレの丸み具合が全くもって好みだ。

すぐに麺を引っ張りだす。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


とってもおいしい中華そばだなー

チャーシューはモロに豚。


もう少し味付けをした方が、
豚の美味しさが伝わると思う。

メンマはすばらしい。


どちらかと言えば太い方だけど、
短くカットしてあるので、
大変食べやすい。

その後絶え間なく手と口を動かし、
ほぼスープまで完食となった。

呪縛は解けたし、
今度はあっち側に行ってみるか。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:35 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします