2018年09月12日

もつ焼きと担々麺 ぶた横丁 京急蒲田店@京急蒲田(焼麺汁なし担々麺)

訪問日時:2018/09/11 12:13

京急蒲田アーケード商店街に
新たな店ができた。
「もつ焼きと担々麺」という
珍しい取り合わせ。


隣は担々麺で有名なパンダ乾杯楼。
麻婆焼きそばが気になってるんだよね〜


外には立ち飲み的なコーナー。
夜は外でも飲めるようだ。

中は直線カウンター4席☓2列。
入り口は左右にあり、
右側はどんつきになっている。
左側は手前にカウンターで、
さらに奥へと続いていて、
テーブル席もあるようだ。


@のぶたよこ汁なし担々麺がデフォルト。
Aの黒は竹炭使用のタレ、
Bの白は豆乳使用、
Cの赤はトマトの赤、
Dの緑はグリーン野菜の緑、
Eの赤激辛はかなり辛いらしい。

FGHはなぜかなくて、
10の担々茶漬けは最後にライスを入れ、
ほうじ茶を注ぐものだって。

17の焼麺汁なし担々麺が非常に気になったので、
それを注文した。
スタッフの中では一番人気だそうだ。

冷タンは店のロゴ入り。


右は青山椒。

3番目で7分後到着。


デフォルトの汁なし担々麺に
甜麺醤を使ったソースがかけてある。

肉味噌が非常に美味しい。


浅草開化楼の麺を両麺焼いてある。


なので、混ぜづらい。
でも、ゆっくりと混ぜ、食べ方開始。



カリ(⦿⦿)ウマ〜〜〜!!!


この食感で、この味わいは初めての経験。
味のベースは醬油タレとゴマペースト。
ゴマ風味がやりすぎでなく、バランスがいいねえ。

そして、甜麺醤のほのかな風味と
甘みがコクをプラスしている感じ。

麺は焼麺劔を思い出す、ナイスな食感で香ばしい。
焦げていない部分はもちろん、もっちもち。
この対比も面白い。

一緒に供される信号機のようなカラーの香味油。


花椒油、辛いラー油、抹茶油。

花椒油は確かに香りはある、
赤いやつは少量でもかなり辛い、
抹茶も香る。
でも、所詮全部油なので、
そんなにたくさんかけられないよねえ。

青山椒のミルは擦りづらく、
100回くらい回したと思うけど、
香りが少し楽しめる程度だった。
痺れを感じたい〜〜

それと、来週から提供予定という、
コーヒー風味の味変グッズを試させてくれた。
それがすばらしかった。

苦味と焦げ臭さがとっても良い味変になる。
好き好きはあるだろうけど、
これは発明かもしれない。

担々麺は夜も提供可能なので、
もつ焼き後担々麺、全くアリだ!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:52 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします