2019年01月31日

麺屋 太陽@京成曳舟(貝だし鶏ダシ中華そば)

訪問日時:2019/01/31 12:33

麺屋 中川會。
2011年に江東区住吉で開業、
2012年9月に頂中川會を曳舟に開店、
2016年2月に住吉店は錦糸町へ移転、
2017年3月住吉店開店。

静かに成長し、現在は3店舗になった。
つけ麺もカレ変ライスも感動したのはよく覚えている。
また、元気で気さくなおかみさんも印象深い。

中川店主ご夫妻は現在曳舟店にて、
木曜日に「麺屋 太陽」をお二人だけで営業中。


こちらの曳舟店は
元々スープ工場なんだってね。
麺屋頂中川會としての営業も金土日に限られている。

これね。


要約すると、
中川店主は現場を離れてしまっていて、
錦糸町、住吉のスタッフから、
ほんとに麺とか茹でられんのかと舐められていると。
それで力を見せつけるべく、麺屋太陽を始めた。
売上が低いので、のれんはこのラミネートで失礼します、
だそうだ。

なんとも自虐的というか
親しみ深い文章ですな。

今の提供メニューは貝だし鶏ダシ中華そば。


貝は「だし」で鶏は「ダシ」。
イメージ的なものかな?
それにキノコの香味油を加えた、
三つ巴の旨味だそうな。

まあ入りましょ。


当然代名詞の濃厚魚介つけ麺は休み。
800円並盛りのボタンをプッシュした。

なんか、お二人の笑顔懐かしいな。。
女将さんは新たな乳飲み子をおぶっていらっしゃる。
住吉の開業のときもご懐妊中だったな。
2人目?3人目?

調味料類はスープ割り用ゆずフレーク、
おろしニンニク、七味唐辛子、レモン酢、胡椒。


名物カレ変ライスはラーメンでも対応可能になったのね。


ラーメンだと、スープに味を足して
カレ変スープにするのかな?

先客3名。
5分後、とっても丁寧におかみが配膳してくれた。


深々と頭を下げてくれる。
いやいや、恐縮です。。。


きれいじゃ。
チャーシュー2種、青ねぎ、白ねぎ、穂先メンマ、
三ツ葉、揚げネギ?が
きれいにあしらわれている。

スープは、


うま!

鶏でもない貝でもない、
複雑ながらもバランスの取れた旨味。
鶏、貝、キノコの黄金バランスか。。

醤油の香りがほのか、というレベルで、
基本のスープの香りがよくわかる。

ずばずばずば、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは、、、美味しい。。。
シコっとした食感もナイスながら、
スープとの融合が見事。

チャーシューは低温と、


茹で豚タイプ。


両方激しく美味しいねえ。

穂先メンマもすばらしい。



この一杯は鶏と貝の出汁のバランスが
メインの特徴と思うけど、
キノコの香味油もかなり重要なファクターと思われる。

麺と具がなくなると、
それらを優雅に楽しむことができる。
なるほど、ふむふむ、
と味わっていき、ついにはスープまで完食。

美味しかった!
これ単品でお店できると思う。


ごちそうさまと腰をあげると、
おかみが店の外まで御礼にきて、

「お味どうでしたか、まだ試行錯誤中なので」

と素敵な笑顔でおっしゃる。
中川會の発展はこのおかみにありだね。

大変満足した旨を告げて
店をあとにした。
久しぶりにカレ変ライスを味わいたくなったぞ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:58 | Comment(0) | 東京都墨田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

セブンイレブン(中華蕎麦とみ田監修 豚ラーメン)

実食日時:2019/010/29

1/22、やばいラーメンが千葉限定で
セブン-イレブから発売された。

それは

中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)

たまたま昨日千葉に行く用事があったので、
セブンイレブンを巡ろうと決めていたけど、
最初の店ですぐに見つかった。


電子レンジで7分温めて、
さてさて、どんなもんでしょ。


もやしがクタっとなってはいるけど、
それなりの香りざんすね。

コールしなくても
ニンニクありまーす。


ほほ。
微乳化の豚骨醤油スープ、うまし!


麺を持ち上げる。


底の方の麺はスープを吸い込んで、
色が変わっている。
まるで2色の麺。。

やはり天地返ししまして、


いただきますってーと、
こりゃうまいな!

麺ともやしがちょっと火が通りすぎてしまうけど、
スープがおいしく、食べていて不足感はない。

野菜はもやしだけでなく、
キャベツもあるのが嬉しい。

豚もとろとろだ。


うまい。

カレー粉も入れてみた。


当然合う。
麺量200gはあっという間になくなった。
美味しかった。


さて、こいつは1/29から順次全国発売されるようだ。
もう1回見かけたら買ってみるか。


セブン-イレブン


20
タグ:自宅 二郎風
posted by ぼぶ at 22:59 | Comment(0) | カップ麺・袋麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

山崎組@京急蒲田(トマトラーメン)

訪問日時:2019/01/28 11:52

今日のお昼はトマトラーメン。

そう思っていたので、
昨年末くらいにできた店に行ってみた。


場所は京急蒲田商店街「あすと」の中ほど、
金春本館を曲がったところ。
居酒屋「紅花」の間借り店とういうことだ。


トマトラーメンとトマトつけめんの2種類。
つけめんにはトーストが付いてくる。

入店するとお客はゼロ。
セルフでお冷をとって、
トマトラーメンをお願いした。
大盛りを聞かれたけど、並盛りで大丈夫っす。

店主さんはこちらのオーナーの知り合いらしい。
一人で作業されている。

サラダが来た。


ドレッシングもトマトかな。
さわやかで美味しい。

3分後到着。


トマトラーメン、久しぶりだな。

ほぐし鶏胸肉、シュレッドチーズ、トマト、つまみ菜が
盛りつけられている。


いい香り。
レンゲをすぐに差し込む。


うま!

鶏ガラかな、軽やかな鶏系のベースに
トマトをバランスよく加えている。

トロッとしたあたり具合も
トマトラーメンとしてかなり良い。

麺は中細縮れ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


あまり主張のない麺なんだけど、
このさわやかなトマトスープには
これが合っているように思う。

混ぜてみるとチーズが絡んでくる。


チーズ、いいねえ。
このくらいの量がいいねえ。

鶏胸肉。


もっとたくさんほしい。

うずら卵もある。


飽きは来ないけど、
後半は卓上にあった唐辛子をぶちまけてみる。


これがベリーナイス!
辛さが加わると、旨味までアップするみたいな。

あと、つまみ菜の存在感も
全体にかなり影響する。
この青菜を選んだのは
彩りだけでないセンスを感ずる。

麺と具がなくなると、
いい具合にスープが残る。
仕込みに使われたのであろう
みじん切りの玉ねぎも隠し味的でいいね。

ライスがほしいなあ、と思いながら
ミネストローネ感覚で完食した。

美味しかった!


つけめんは麺が少し太くなるようだ。
付属のトーストも気になるし、
またいつか覗いてみよう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

麺屋武蔵 蒲田店@蒲田(蒲カツつけ麺)

訪問日時:2019/01/27 11:30

蒲田に買い物。
どこでランチするか考えてなかったけど、
麺屋武蔵蒲田店の前を通ると、


これを見つけてしまい、
あまりにも気になって突入した。
プチ移転してからは初訪問。


左隣はだった。
草野クンどうしてるのかな。。

券売機。


麺屋武蔵系列の店の券売機は
大体こんな色に写るなあ。。

現在は、蒲カツつけ麺が最上段に位置する。
濃厚蒲カツつけ麺、蒲カツつけ麺、辛蒲カツつけ麺、
蒲カツらー麺、蒲カツ味噌らー麺となっている。

その下は通常メニューが並ぶ。
濃厚武蔵つけ麺、武蔵つけ麺、蒲辛武蔵つけ麺、
武蔵らー麺、味噌武蔵らー麺。

それぞれに角煮とチャーシューのトッピングバージョンあり。
チャーシュー飯200円、海老水餃子、焼餃子、鶏天420円。
蒲カツ、味玉天も単体であるね。

蒲カツつけ麺のチケットを購入し、
厨房の前の席に着く。

女性が麺を茹で、スープを仕上げている。
蒲カツも揚げていた。

ペッパー、醤油、酢、武蔵醤と揃っている。


ここはつけ麺が圧倒的に出る。
眼の前でガンガン作られていくけど、
スープを仕上げてから置く時間が長いので、
冷めてるんじゃないかなー。

混んでいたので15分後到着。


チャーシューのとんかつドーン!


味玉天も一緒に乗ると、
ちょっと異様な光景。。。

さらさらの武蔵スープには
ネギとメンマが入っている。

麺をずばっと、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


武蔵のつけ麺は美味しいよね。
濃厚でない方が好きだな。

だけど、予想通りに、、、

ぬるい(><)

ただでさえつけ麺は徐々に冷めるので、
最初は熱々でいただきたいものだ。

蒲カツ、いってみますか。


うほ。
食感確かで、普通のとんかつだね、これは。
スープに浸すと美味しいよう。

味玉天はと、


なんか、不思議な形だ。
味玉を天ぷらにする必要が、、、
とか言わないの。


美味しいからいいの。

蒲カツには武蔵醤がお似合い。


ごはんがほしくなる。

メンマも美味しく、
どんどん麺がなくなる。。

最後はセルフスープ割りでごちそうさま。


好きな揚げ物と麺が一緒に食べられて、
精神的に安泰の心持ちで店をあとにした。


店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:34 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

中華そば専門店 一龍@下北沢(ワンタンめん)

訪問日時:2019/01/26 11:40

morimiさんトコで知った情報。
全国のご当地ラーメンは
知っているつもりだったけど、
福井の敦賀ラーメンは知らなかった。
どうしても食べておきたいので、
行ってみた。



ここは1984年に創業。
店主さんは敦賀ラーメンの人気店
「一力」で修業されたとか。


何にしましょうねー。

入りますと、先客4名。
椅子に座って改めてメニューを見る。


ワンタンめんをお願いした。

調味料類は壺漬け、酢、ラー油、醤油、胡椒。


店主さん、女将さん、スタッフさん、
みなさん実に感じがいいですなあ。
ほっこりしますよ。

3分弱で到着。


これが黄金色のスープか!


レンゲを差し込み、
ゆっくりとスープを。


ぶはー!!!
なんたる美味しさ!!!

鶏豚骨由来らしいけど、
素晴らしい旨味だ。。

タレは塩とわずかに醤油か。

中縮れ麺をずずっと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


少しのコシがある食感は
優しさの証。
硬めで頼んでいる人が二人いたけど、
これはデフォルトが一番!

チャーシュー、絶うまし!


チャーシューめんがよかったかな。。。

メンマはその太さ、こりこり食感がたまらない。


ワンタンは餡がぎっしり詰まった
極上のやつや。


もやしも紅生姜も抜群に合うラーメンだねえ。。
もやしが合わないのに乗せてるケースが多いけど。

この手のラーメンは胡椒が欠かせない。



このあと、今はなき天華のコショーそばを思い出し、
水面一杯にふりかけていただき、満足満足。

最後は壺漬けをいただきながら、
スープまでほぼ完食した。


いい店だなあ。
またいつか猛烈に食べたくなることがありそうだ。
そして、敦賀に行ってみたくなった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

麺屋 ちょこざい@蒲田(中華そば)

訪問日時:2019/01/25 11:30

蒲田の新店、麺屋ちょこざいへ
相方と待ち合わせた。


まぜそば談イケ麺 アブラそば学会の跡地。

9年で7店舗目という物件。

中に入ると先客0(退店時には満席)。
券売機へ。


私は中華そば、しらけん氏は梅と煮干つけ麺。

席の配置は変わっていないようだ。
厨房に向いて6席、窓に向いて4席。

調味料類は


煮干酢、白胡椒。

詳しいお品書きがある。


10分後到着。


具はチャーシュー、メンマ、青ねぎ、玉ねぎ、のり、柚子皮。

https://lh3.googleusercontent.com/rJFQlcVmnAhGtLzDhs6CXnKR657c7fvUg0Z7wzsoYolZo1Y75sKW5oPscPCKqV_yNu_PplfkrGXWJsrPRQZABDNrmzE7G4qqBBtiUSgAOxPOocgNA2yYdKnB-MJJY1zm7uF4BhTKs66HswSHQu8Sx3nktEIeFauzEG4OeogwuDa4U2BT6HGY6jnZewB1BpbOI45e4verI8VQSQAHTKVdvWdB3PXZVKWTR1Zfb-SE5cBecN7Z9oRGtN0-RGNCRLx8-eiD-g1b3dDf0ZjsarlMoQFrK3IvcMdGA3JJrbw1IVmp6zw5YlFaWIV3xtFD3SbovXYsZkxPQHdf-PBGG4TaPMpw-QIS-KgfiWdiY0NjkOyd_xWxQuMoiCs8WJ0besijuYYxOZ048YBWyhbiZ0FClQTASYYqJUnYTM1mp6_eaMHvFXDppHpJVFtdBYS4jYxkiGQ6zD5jLUy2upV4NPXW1yUBTg6n64ydgE_A1wHcez-iwZ-qaqNKfqNVOkKJoPLJdXKIfL9zkvlyBMMFjEXa9MDJl6MdKDLJ4eCrKLEhsWdKJIyukNe_kJs69d8fyiO-VikzGpZOgFZ7dygrm-r5YTnezw7lBrlDl5wYADCLRlV2NN-eM5XEkBEp9qKs-lZzMFv8Bzir-9SYk4_Oiv3CF8IJ8g=w560-h420-no

スープは煮干がマイルドに利いたもの。


店主さんはきみはんの経験者らしいけど、
またあちらとも違う感じだ。

麺はシコシコの細ストレート。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

感動は少ないけど、
かなり美味しいのは確か。

チャーシューはレア気味。


普通に美味しい。

メンマも美味しい。


スープはほぼ飲んだ。


梅と煮干つけ麺。


麺には梅のエスプーマ泡が。


チャーシュー、レア過ぎないかい?
切れ目から滴っているような見た目で
ちょっと引く。。。

スープは中華そばと基本同じ?


もっちり麺も良いし、
つけ麺としては
あっさり美味しい。

梅の泡がナイスなアシスト。
そう言えばきみはんのつけ麺も
麺が梅酢で和えられてたから、
その流れですかな。


退店のときには待ちも発生していた。
この場所では初めて見る光景。
長い繁栄を祈ります。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

ソラノイロ食堂 池袋店@池袋(花びらチャーシューメン)

訪問日時:2019/01/24 11:30

ソラノイロは静かに拡大中。
浅草橋の二郎風の店は休業中だけど、
それぞれコンセプトが微妙に異なるのがすごい。

今度は飲める食堂的な感じで1/23オープン。


開店少し前に着くと、5人が待っていたので接続。
寒い〜〜〜。

するとすぐあとにロバオさんが登場!
でも、今日はシェアするものないぞ・・・

しかし花がすごいね。
花輪なんて都心ではあまり見かけないけどね。


11時半にのれんが出て店内へ。
券売機の前に進む。

https://lh3.googleusercontent.com/WM7UT-V2cYKVS6K25oh5tZLoN-IlwzhL4TruUSLCPN-2JdPm0y1EQHslBZqB2z_e6dNolz7zMAd569cJvqCgaUS98apwykIVnu2jXIo62ahduqXd3LYCTwSkDOWkQruxkabrVzQZhE7XVxZmTmiztdUm7AbRcOEP3iouzJfKZZhWkkpjb2cpAHDDkNyI-mw6v9PKpS9SBqPVuQDzjjs9l7dMzJesY7f5_CAup4EQCOarJxGrpfHeeoQhMFRtUssALt1CrlZq5iSdZkGYoNsqCbUG4FsbSiQaaVuOFLBzc0o5supF1zy7s8kJVR2PVGKuM547_m37MK2MCwxQZ8crbpWfkwut_0GwAE-THgwFmNaczE0safsX9EmDwTaSDjFJWtVwkBBoD9EeZllL7WBB8WEn8DSh9ffIQIW5dhHQgU2YMYAuHTHiMbnfTnpSjYttTihM3_eK7JDPWlBblnre_sq4_CE0YIsLlvMX374ItiBofrmzW3RyU92jkY1tThbW53WUMe8mpTOipYy5V6J135AP3ysj8qNKSIoivE0DaEAs5BEUL832VREfUcuDDX5C023CdYVbheauHjoBZBcYzzTTZVTYHWjyFFqUcv2ceowm4bUpgl78looKaivwz0mRgSlfylJjpd4aQQEnLz5g_i7Vzw=w900-h760-no

私は花びらチャーシューメン、
ロバオさんはラーメン・カレーセット。

ラーメンはあっさりとこってりがあり、
ロバオさんはこってりでオーダー、
私はそのままあっさりで。

席数の多い店内は30名くらいは入れそう。
カウンター席に並んで座っていると、
私的、ラーメン屋あるある。。。
運良く3人並んで座ることができた。

目の前では宮崎総大将がはりきって調理中。
開店おめでとうございまーす!!


卓上メニューでいろいろ確認。



ラーメンの味は今のところ1種類。
3月からは醤油味とカレーラーメンがリリース予定。


説明もあり。


調味料類は旨一味、胡椒、ラー油、餃子のタレ。
楊枝はミント付き。


座って4分後到着。


はみ出してる。


肉の花びら。。。好きです(^^;

スープは豚清湯塩味。


とてもシンプル。
豚骨と背脂だけと仰っていたけど、
わかりやすくて美味しい!

チャーシューの下から麺をすくいだし、食らいつく。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ううむ。
ソラノイロにしては足し算の少ない味わい。
でも、バランスは良いし、
これ、好き!

そして、何と言ってもチャーシューが超絶うまし!


厨房の奥には香港のチャーシュー吊るし焼器がある。
凪から譲り受けたのだそうだ。
2時間焼いて、タレに漬け込むだけとか。

こりゃチャーシューメンにしてよかったぞ。
麺がいらないくらい・・・嘘・・・

そして、最後はスープまで完食。


ロバオさんのラーメンこってり。


この背脂ははっきり言ってすばらしい。
ありとなしでは全く別物と言っていいほど、
こちらはコクが深くなるね。

セットカレーは家庭的な感じのやつ。


しらけんさんのらーめんあっさり。


と唐揚げ。


唐揚げはちょっと固いな。。。


いや、面白い店作ったな。
今度飲み会やらせてもらおっと。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

四つ木五丁目ラーメン@お花茶屋(醤油ラーメン)

訪問日時:2019/01/22 11:24

首都高四ツ木ランプを降りて
水戸街道を走るとき、
ちょっとだけ気になる店があった。

名前もわからないし、
検索もしなかったのだけど、
あるときネットを見ていて、その店がわかった。

駐車場もあるというけど、
よくわからなかったので、
近くのパーキングに停めて歩くと、


このビジュアルはたまらんね。
何屋かわからんし、知らなかったら入らいないよねえ。

四つ木五丁目ラーメン。

のれんには

YOTSUGI FIVE NOODLE

と書いてある。
後者の方がかっこいいし、
ギャップが面白いとぞ思ふ。。。

店に入ると旦那さん一人。
直線カウンター7席。

目の前のメニューを見て、


醤油ラーメンをお願いした。

店内はノスタルジック。


ただ、とてもきれい。
不衛生感は微塵もない。

調味料類は黒胡椒と七味唐辛子。


5分後到着。


具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、味玉1/2。


たっぷりめに胡椒がグラインドされている。

スープはやや茶濁している。


動物性のコクを感ずるけど、
どちらかと言えばあっさり。
でも、油の香りも一役買っている。

麺は中やや縮れ。


最初の数口は胡椒の香りに支配されるけど、
徐々に美味しくなってくるラーメンだ。
いろいろ混ざってくると
美味しさがわかる、と言うか。。

あと、笹うちの葱がいい感じ。


チャーシューはフライパンで炙りを入れた2種。

肩ロースと


バラ肉。


バラ肉はトロトロだ。
これがご飯に乗った まかないめし はうまかろう。。。

メンマも癖ないもの。


10本くらい入っていた。

麺量は150gくらいか。
最後はスープをほぼ完食となった。
化学の舌触りはあまりないし、
やさしいラーメンだと思う。

店の外観に惹かれて来ても
後悔はないと思われ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都葛飾区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

鯛塩らーめん 狛龍@大森(濃厚鯛醤油らーめん)

訪問日時:2019/01/22 12:28

昨年11月くらいから、蒲田の狐狸丸
支店を西蒲田に出す、という情報があった。

でも、TwitterにもFacebookにも
そんな情報は一切載って来ず、
どうなのだろうと思っていたところ、
1/21に大森で鯛塩らーめん 狛龍なるお店がオープンし、
どうやらこちらがその関連店らしい。

行ってみましょ。


ちなみに「こまたつ」と読む。
ほんの時折、神社で見かける狛犬ならぬ狛龍が語源か。
蒲田のお店は狐だし、神社関係がお好きなのかしらん。。

中に入ると、券売機がお出迎え。


蒲田と構成は基本同じ。
つけ麺は未発売。
蒲田で未食の濃厚を醤油でチョイスした。
ご飯物は本日間に合わなかったみたい
(帰るときには販売していた)。

L字型カウンター13席、
2階に8席のテーブル席がある。

調味料類は胡椒のみ。

2番めで3分後到着。


器は違うけど、蒲田と同じ受け皿付きスタイル。

具はチャーシュー、メンマ、青ねぎ、スプラウト、鯛ほぐし身、ゆず皮。


スープは鯛の香りに支配されるでもない。
なんと言うか、醤油の香りで若干鯛が打ち消され、
不思議なバランスになっている。
鶏出汁のベースも感じられ、これはうまい・・・


麺、

https://lh3.googleusercontent.com/o8m8_RzFM_grwqQ9QLMBPDgzCUfkzAhy6Oqq17kngnp0s9Zg4DHwmXkpr06r01WCYK2GtGTKzz5qLRFi4QJWO4EDths0utSwqNS9qB6NzHAnOteUj2THq4e2OLV3fldX-N5-q3eUye9_9HS71lg1TNZoJorci8stiMEdTSLRV7DIKfWrmuP1wuFThswPNxIf1sx2W81DLKdnz6OT-rRlEcpSQSDIgh6lpQ4t08uyd9Ky7TLMJg94U2AuUE7-LosUcuYuI4h0Cg1hWHqsNwV_BzoeEtyAFE4iFrLmuX0l9766NqgJlosCWujRSJqxY0L2GEo_slHsZpo9-rkAebTb20s05kXfLfKD7MzKhUgRjZ5n4Q5zZur83qNHJwzpBGaIOJctKDr3rqvQpmPmxuZSSbZ1Jtq7VItqj70rEUIo-OCCPxxeSlIIWUTrzPG0vd6Ca6Fyafd6wpvfBF8Kg4p13SukWWIyds3z49ImMXssLeT7NI2idZmsZrRqyLb1a6cBg6rKDmOoNhvwkSwdg4NvxLRN0BAog1yhazsM7NAXzS4yP-uY8gZA0V-8BOqpr_ilquunjBwOLq2i6shvGZ6X44yBo_gGr2u1Cu5nfTHqLDi9E9_8UDS9AdlChLZX5fYRpasNo6LXwwhz4442AZJOE3A2aA=w560-h420-no


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


あーこれは相当美味しい!
すすり上げるので、香りもたくさん吸い込むけど、
鯛の生臭みに通ずるような香りはマイルド。

甘みもあり、塩より私はこちらの方が好きかも。

チャーシューはレアっぽい。


狐狸丸みたいにしゃぶしゃぶスタイルだといいのにな。。

メンマも美味しい。


そして、鯛のほぐし身がやはりいい仕事。


炙ってあるので香ばしい。
トッピングでほしいくらいだ。

その後躊躇なくスープまで完食。
かなり満足した。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:02 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

萬来軒@戸越銀座(マーボーラーメン)

訪問日時:2019/01/21 12:30

時間がなくて、近場の何店舗かを
頭に浮かべて調べてみたけど、
月曜定休が多いのね、この辺は。

ってことで、近くの街中華、萬来軒へ。


いろいろな人から煽られていたよ。
街中華の最高峰とまでいう人いるし。

よく通る道だからいつも気にしている。
営業しているランチ時はほぼ満席状態が続く。

ちわっす。

https://lh3.googleusercontent.com/85ksDhKTgvq29ZsAjYbze09JnqogvD1E1xiRaqVsjWl6IO0WdWg5eLXjofFlLjIGPdqPzr7t83WkJ_MqnkXKWZTqtpdQW6sOWX_wWIkwE7ItlFeJQ8BUyS8WTOCQDdqztd5jgHpK6xPh5Y2giIjpvkAf9HY4Yy_3WO0XH9YSJd4dUx-FkErnr2F1CY_FgGeTccA24WqI4raJItZNjlV0w3tRmhZyvHwU8qZk4o_5pu9kZZ05ZY5R1wHrM5iJFyUnGtq9gfRSwz35nnDgpPCZrqDl71jDc0MulnZYvO7Ou5dSDUScq_LRSEvZ93IrXZuLLNzdqipRuAkpcLP9UlfAb54jpn0YrjfDDgjMUMl3KKTK36w5rTVIR1xf6iJkYvqtWHXBciDIwgwO4Jfp3PajZeHhVF3hY2o4pXf-rsxhHLHn0NV4Ex4QhA7I-bWQQoG-Og-vz_ptaWCt1FyUOoPXQc8aX59xdCG8q2FOY9Ipk1JOm3BTs15pULEgPGX4JUUfitGgtKfxTHiuywqB3euq63aOHoCzjg2B1USCWMmQ_FyYIAVmU6JB8BH_0SvkTwrhlXzFNa9-TJwdJ38Ip9KfYd26J4mrchw8tW4V0DpHUbddYUOMlWj0f0DKb_svcN9n76mx-8mIJAubu_WPfcWWR3oqbA=w675-h900-no

マーボーラーメンお願いします!

セットメニューが豊富。


永遠に違うメニューを食べ続けられそう。

でも、上段のセットは麺にかなりの価格ばらつきがあるね。
750円から550円まで。
エビトジそばのセットだと、+30円で
半チャーハン・半カレーなどのセットになる勘定。
お得すぎるやろ。。。

下段も生姜焼きライスは770円なので、
+10円で半ラーメン(@_@)
カオスだ。。。


しかし、久しぶりの親父さん、
齢を重ねたなー。
でも、元気いっぱいに調理しているし、
安心だね。

混んでいたけど、
同じメニューが重なり、
ラッキーにも4分後到着。


おお、シンプル。


麻婆豆腐由来のごま油が香るスープ。


基本の鶏ガラ醤油スープがいいね。
麻婆豆腐も辛さマイルドなやさしいやつ。

ずるる、、


アチチ(≧≦)!!

熱くなきゃ美味しくないけど、
こいつはやけど寸前。。

注意してゆっくり食べ進めた。
これは美味しいね。

ふるふるの豆腐もいい具合。


麺と具がなくなると、
麻婆豆腐のひき肉をすくいながら、
スープをかなりいただき、箸を置いた。

また来よっと。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

煮干らーめん さかもと@鷺沼(極上煮干、和え玉)

訪問日時:2019/01/19 11:40

松も開けきらない1月2日にこちらはオープンした。
日本で今年一番早い新店かも。


鷺沼駅から近くて、
バス通りの角にあり、場所はいいね。

店頭に写真付きお品書き。


豚骨・鶏ガラ・煮干しの極上煮干、
鶏ガラ・煮干しの煮干、
二郎風のガッツ、
の3種類。

中に入ると、ご近所さんで大賑わい。
年齢層が多彩で、ガテンさんも数人。

券売機。


極上煮干を購入した。
和え玉もあるね。

店内は厨房に向いたカウンター7席、
窓に向いたカウンター4席、
4人卓×1。

厨房に向いた席に着座。
調味料類は胡椒、一味唐辛子、酢。


厨房は手慣れた感じの男女二人。
ホールの男子も含めて、
大変感じが良い。

12分後到着。


混んでいたけど、
流れがいいせいか、
さほど待った感はなかった。


少し炙りを入れたチャーシューにメンマ、
青ねぎ、玉ねぎが具として盛られている。

スープは、、、


おいしい(゚∀゚)!!!

確かに豚骨と鶏ガラ使用というのがわかる。
そして、煮干の利かせ方がうまい。。。
節系もわずかに使ってるかな?

ガチガチのニボニボではないのが、
かえって新鮮に感じたし、
味のバランスがすこぶる良い!

麺は細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


しゃっきりした輪郭のある食感がナイス!
この手のラーメンではありがちな麺だけど、
スープの良さで、新たな味にも感ずる。

チャーシューは少し残念。

https://lh3.googleusercontent.com/aOrsMgIu5cpH7lvy9jPoTfS2XAYV6TpeGgcq2lhB-OvL1Xm_9p4nlb1UaclI6ITJdHEBZYTtx8WEJLnCRPSrHCh9Lou8_rYcglvQNtOymVEbclsacPWp_5YiAQJgfuX_tcKW6LSSj5fg1GPywW62-LBnw6V9i8aprXLHdn5z8Nw1FMkb8dK119g8WXPTUm_tDJC_75eO0doQK6vjXjkCDG2hzlgLPW7YtK3n1_rjZvWH7FhJoNFnRoEn4Kcbr2UTu_LrNH0OEbigs9sYbPA2Ui2AmIH2r74qVIX_semXW0UMPRj5rBgGzzbod_uE6caMFad1TM9XFFk1UcfJmFK5Tno3TDHuMmoX1eeGgjlF4AMwIpw3Zk-S7e4gMo8_d33hobOajiVFAdq1XKJZyYsD_c9z45t8QeKdlscgWW-j1YNcrG4KU8ZfeVNEQ8O5bHIoKfHzNTd3rTs_KqllyX0RtIb9CUTq8pS-iaPr86rzHSY5xhtl1RzgIbFatTApnCQ750oUoo39IsvCufw_pOJO-zUkZP7ZKAlXE4Z4UECvTfyerxO4Hl_ihR6AG6SWBQMaJxr-WwOwO9UPQIIw1Ll3YvWpsJ6Lg227HdhutjF4C0DDxcHEbTr28aGHqS-sNzqAMUag3wxbuCFQXztpcY4h3IuY5w=w560-h420-no

柔らかで味はいいけど、
香りが気になった。

メンマは問題なし。


この辺までいただいて、
周りのかなりのお客が
和え玉を頼んでいる。
見るとそれほどの量でもないし、
私も200円払って頼んでみると、
2分後やってきた。


よく混ぜてください、と言われた。

まずは底の方を確認。


タレの味がいいわ!

混ぜるのももどかしく、
そこそこにして、


これまた、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これはシンプルなまぜそばとして
とても美味しい!

刻みチャーシューは
らーめんに乗っているそれとは全く違って、
かなりの美味しさ。

玉ねぎもこちらでは非常に効果的だ。

こういう楽しいときは遊ぶ。


合うよね。

つけ麺にもするね。


いいんだけど、
まぜそばそのものの方が好きかな。

最後はスープを和え玉の方に、


これもまた楽し。

丁寧な見送りの言葉を背中に受け、
満足して店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:32 | Comment(2) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

ajito ism@大井町(トマ辛パクチーズ)

訪問日時:2019/01/18 11:23

かなり久しぶりになってしまった
ajito ismへ訪問。


ほーほー、今日のイレギュラーはこれですか。
こいつに決定だな!

ん?


およよ。
クレソン好きなのに。。
仕入れるのが困難になったの かな。。

三浦シェフ、奥様、今年もよろしくお願いしまーす。

少し価格改定している。

https://lh3.googleusercontent.com/HTts4Wdna4oIxje56Vh02PPLzSSJo80vuMsy-Z7ZgHdA36JYKjqb60nNRGGIVWYBsDdfqDjVsssxOg2gI9dfIgG2qmkqv1UgWqRNRz8Zf7n1EU3Ttp8NjaOkE-TM1G7jKRFsyfTRdGmx5gfEJmX0vqwklUjcqcmn7mfifGCEkD6Omc6VEANU7e0aW5J81tzXwj3v_FDHGZh3kgZu3PMTz0BVh4kbbusdz8ZQFqlS7XJGOF0UTgFDXcM9xAzO48dpettpmzKxqcYEmERFFLNo0uVGm4uPcdDUYhVRtPfMY8K8J6Sm7l0KD_XClmDWR3Tz1IY2uUQMT09F4OEp2GMpY2eKq5ffgX_vHtq_0tZIOgAXDrbLXq8wSbHa6MmhA7tCe9R2OSJDemf8OgTeDsqJYTfFG_EN0AJGKKuqL_DDg2etlNR8BhKOwljb9iVgaeiOL1P1FHt_SX-5V0unvprYMsucYwz872NFoLZ76ITKMMgLnRR36qXm2Amf_pPB_hj-CTSlxSXUNfi-dOcvYuDK52e9LblcyOA_unsTiG4xx-oZs_soWkS6sGu9tfDAbrgrROphbMmaAlqnVasBoMVFaKYHgDmBBhViZuhvOIuoC4DZly6F-gdMN7cb5im_mxYLl5FwufFXCg0x0i0kx5fknG2JQg=w675-h900-no

3番目くらいで10分後到着。


相変わらず美しいこと。
しばし鑑賞タイム。


具はチャーシュー、紫玉ねぎ、ベビーリーフ、
パクチー、トマト、もやし、チーズなど。

お久しぶり麺。


むっちり美味しいのを確認し、
それから混ぜましての、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


最高だね。
この手のまぜそばではajitoは日本一だと思うよ。
唯一無二の味わいだ。

トマトソースは充実の美味しさで、
辛さも十分あり、パクチーのアクセントがすばらしい。

チャーシューはホントにやばい。


このままかぶりつくも良し、
柔らかでほぐしやすいので、全体に混ぜ込んでもいいね。

しかし、クレソンでなく、ベビーリーフっつーのは
こちらでは違和感半端ない。


嫌いではないけど、
魅力が少し減ってしまったような。。。


胡椒もカレーパウダーも合いまくり。


楽しさが最後まで続くメニューだ。


そして最後に残る残渣を見ると、いつも迷う。
これをそのままレンゲで最後までいくか、
リゾットにしてもらうか。
今日はそのまま、を選んでごちそうさま。

辛さで軽く汗をかき、
気持よく店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
タグ: Ajito 和え麺
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

Asian Dining PUERTO@五反田(カオソーイ)

訪問日時:2019/01/17 12:00

タイ風の激辛まぜそばがおいしかった、
五反田のPUERTOに再び訪問。

今回はリリースされたカオソーイ目当て。


カオソーイ自体、久しぶりだ。
わくわく。


これも美味しそうだった。


周りの人殆どがこれを召し上がっていた。

到着。


サラダとフルーツ付き。


スープはココナッツ風味、
マサマンカレーそのもの。


うまいね!

上部の野菜たちをどけると、
バイマックルが顔を出す。


いい香り・・・

その下にある麺を、、、


あれま。
カオソーイでも米麺なのかー。
てっきり中華麺と思っていた。

なので、揚げ麺に中華の風味を求める。


鶏肉も美味しく、
野菜もしゃきしゃきでいいね。


最後の方は米麺が重くなってきて、
手が疲れてしまった。

ドリンクはアイスコーヒーをいただき、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

ペコバク@野方(辛そば)

訪問日時:2019/01/16 11:00

野方のまぜそば新店に
新店ハンターと待ち合わせてGO!
昔は私もそう呼ばれたけど、
もう全然追い付かないや。。


着くとシャッターが固く閉ざされている。
A看板が出ているので、よもや臨休はあるまい。


果たして11時にシャッターが開いた。


「ペコバク」という店名には冠がない。
「AESOBAYA」とローマ字表記しても
地元民にどれだけ伝わるだろうか。

店頭には一部商品説明があるけど、

https://lh3.googleusercontent.com/Y7MM7FgADsDES7ysa0uXT9RbRe5WohyrMe8-xiVOgJ-S25qxd-gs9Ybv1-6mSzMEpOznDYILxrKyqqS6l27DBDL7BiWso-dJZ1sI-JUpJunsz437aCy5jV5ifbvRsCYfAqrsq8xvg4JL1EAW23DXOkrldAEKVSLlyTPwBXIOD0Rr96gwc0xP0yYpGEGIL5sT7gRHxjloASCes_Ry4lVuKDhaCyiEB0Ebekr5Br9XkNB8CV924CI-Qrcm7C12xfEKw-vJfP9HUOFnpi05H9dpe2RuXCJ8Jb0C-065D8UKrtlGVL1zBrulC8neInux2olBk-eEW6kDt_SKnOCZx05yy4PAxBuw_tV8urWay2esNEab6-h33ej5P8Nl6SJ6Vh-JqFvjTzs-jZC56zpndKoCSfsE6l7bJ2xx9APn71SIV5-SC3JmkVweFBQCYrJvkwvFTj3opegks7U_bsOrPtsmnPnJPRRSOlywsN0c0w_LZuM_A64OM5Ed4-eEz_eSjW8RVyc3C-Pryg0uJXtUNOckLcHCxeog8F_KF9ooCuaymDaJBfU4jOtD2JYNxqxZhFEEvTXLesgh2m9I9jldzM6-4sjfOLBzKpjEh6Rr5d7hbldlbAPL7Q1ZtcP7QR2KByTmu5OfIXiqKQ1ZnplaLQIOqhcRVQ=w677-h900-no

これを見ても、なんじゃこりゃ、
と思う人の方が多い気がする。。。

ビニールカーテンを開けて店内に入ると、
暖かくてほっとした。

券売機に向かう。


醤油そばと塩そばは植物性のねぎ油、
コッテリそばと辛そばは動物性の油、
手抜きそばは植物性の油で和えている。

麺量は並200g、麺増しは100円/100gだけど、
器に入らないので200gまで。

私は辛そば、しらけん氏は醤油そばを購入。
20席ほどあるカウンター席の中央あたりに陣取る。

調味料類は黒胡椒、一味唐辛子、酢、すりごま、ラー油、マヨネーズ、
魚粉、紅生姜、刻みにんにく。


それからオリーブオイルとバルサミコ。


食べ方指南書あり。


まず混ぜろ、という店が多い中、
まずはそのまま、と言うのがいいね。
混ぜないで食べて、注意されたこともあったなー。

そして、お酒の種類がすごいね!


こちらは母体が浅草の沖縄料理店のがじゅまる
だからだろうけど、
つまみの類がないよなあ。。。

座って8分後到着。


かなり珍しい形の器でやってきた。


沖縄のやちむんかしらん。

具はチャーシュー、メンマ、青ネギ、玉ねぎ、刻み海苔、糸唐辛子。

指示通りにまずはそのまま。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


予め味が和えてあるので、
そのままでも美味しい。

混ぜていただいてみると、
味のまとまりが出てより良くなる。

醤油の香り、甘さ、そして自家製スパイスの
刺激的な辛さがいいねえ。。

炙りを入れたチャーシューはトロットロ!


うまいO(≧▽≦)O

メンマは癖がない。


もっとほしい。

このままでも飽きずに食べきれるけど、
せっかくなので、味変グッズを試してみる。


私は好きだけど、味が大きく変わってしまうね。


刻みニンニクは文句なく合う。

https://lh3.googleusercontent.com/AkhSVebzimWudGqbu7lz_I6oX-J7FjL3h8impqYlt2Ymr6SyxHFnpkb9UOD_QYygqXe9f-Knu8KIKnC3VAnkqpTztTas81_3bCAgZHHS1Aa7MLAKedAMiKblc0HRcZTBPRHWoAP5-5qEWsL0A8Wf1z1ni-9g4qACTGYwjCpiZmtcpOPB5loK82ux7ayY9Avk5h7UjvX1n3JcsjHiUL1CAqJgIFTHtOMff6MS7iIcS7CWy6qy3tHNVAQSwyf2saHPG9ZGYKRLVQv-04cFjRqRDYEIUxB6rHFiQkTmliE9Ar4xgIj7msByzlUmlocHfM2zn-fK2kp44xcXPrVYKeM8wRNT4ZtXKYTr5nBguMp-xn7YDVTmADGB6-LdgKcjpPNWd5RsNrmlmLC6FPR_Rlu4XddOsapN3kg7yf-p8YkadqnbDHxOlsfd_kGatwCD_mkKfVAn9-Ya_j8unFR8FOTirPmOH9pEtB_g8Wbj96GGgE39055CjTfr6ifUoHm7kXDwaTMQUOZoMnXZa0_kfK3PUisjk3e6Mb3n7VskRTKTVFs2gI1oG7bRdVEr-D1Rw6PvirEcSdGBnbwl4lRb8-L50xcgP8RKpbFIaMCITzdLyJyW2lSZsF9_ecG_Euth4hz-5NFs3nt1S4xerbQKF_PcrHwijA=w560-h420-no

魚粉は好き好きだな。
台湾まぜそばに近くなってしまう。


ごまは必須かも。
香りが増して相乗効果。


マヨはかなり合うと思う。

この他、
酢 → ナイス!
オリーブオイル → 必須!
バルサミコ → 香りが強くなりすぎるが私は好き
胡椒 → 普通

これだけのアイテムがあると、
ひと口ずつ試してみることになるので、
最後は面倒になってしまった。

追い飯が供される。


麺がなくなってもあまりタレは残らないけど、
ドサッと入れて、まーぜまぜ。


めっちゃうまいけど、
器のせいでめっちゃ食べにくい。
追い飯が入っていた入れ物はレンゲの形だけど、
テーブル直置きなので使えないし、
スプーンがあるといいね。


しらけん氏の醤油そば。


ビジュアルはほぼ変わらない。
辛そばから辛さを抜いた、
というまんまの味だけど、
これも美味しい。

追い飯もいいけど、
是非スープを提供してほしいと思いながら
店をあとにした。


野方にとっては面白い店が出来たと思うけど、
どれだけ受け入れられるか心配ではある。
FILEさんも行ってみて〜〜


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都中野区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

かぶ吉@大久保(徳島中華そば)

訪問日時:2019/01/15 11:10

北新宿の淀橋市場の裏に
和歌山ラーメンと徳島ラーメンを出す店が
昨年末できた。

東京にはそれぞれの専門店は数は少ないけどある。
でも両方を同じ店でいただける、というのは聞いたことない。
しかもつけ麺は港屋風?
気になるじゃねーか。 


しかし、クレイジーな時間割ですな。


一人でやっているのに、
三部構成で、寝る時間あるのかしら。
しかもメニューも多岐にわたる。


中華そばも定食も焼き飯もあるじゃん。
すごいな。

じゃ入ります、ってーと、
L字型カウンター8席の店内。
厨房では「おっさん」というイメージよりは
少し若めの店主さん。

昼のメニューを見て、


徳島中華そばをお願いした。
ごはん類は迷ったけど、回避した。

夜メニューにも麺類はある。


壁を見ると、魅力的な日本酒のラインナップ。
これはそそられるなあ。。
朝に昼に夜に、市場の関係者が訪れていそうだ。


それにしても
ミニ肉めし、ミニ麻婆丼、早寿司が気になり、
追加注文しようかどうしようか葛藤していると、
2番めで12分後到着。


お。
生卵は卵黄だけなんだね。


早速レンゲを差し込むと、
スープはいかにもな、ぽてちん豚骨醤油。


なるほどな。
和歌山ラーメンと徳島ラーメンは似てるもんね。
具を変えればそれなりになるよね。

店主さんは和歌山でも徳島でもないらしいけど、
こういうラーメンが好きということだ。

麺!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


しゃっきりした麺がに濃厚なスープがよく絡み、
咀嚼しているのがとても楽しい。

味付け肉もかなりいいね。


ああ、やっぱりごはん、ほしかった・・・

メンマも主張がないもので、


ナイス脇役。

卵黄つぶして、



O(≧▽≦)O


麺と具を平らげ、
いつの間にかスープもほぼなくなっていた。

これ、首都圏の徳島ラーメンでも
かなりの美味しさなんじゃないかな。
っていうか、店主さんの料理の腕に惚れたかも。
焼き飯が香ばしくて美味しそうだったし、
お隣が召し上がっていた港屋風のつけ麺が抜群のビジュアルで、
改めていただきに来たいと思った。

お体に気をつけてがんばってください。
応援します。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

旬味酒彩 れん@黒磯(和風らーめん)

訪問日時:2019/01/12 18:30

黒磯に来たので、久しぶりに
「れん」ののれんをくぐった。
原田大将、今年もよろしくです。


いつものエーデルピルスから。

https://lh3.googleusercontent.com/qCbGIz1ie1pTKgvUBN-hOzT4F67Hs10cNUuWhU-w_P-k8-fnzaaBLFDydWDehWDnU44SKpLYZ9-6jjgfWV-93E7ZS0za34HssWxhoXYN7SisRAogdQcv0j7-16tikzCncAS3N3yEIzmOJglxAzWEWFgRNh6KRlOwd7rWXBtgTq9663-yYALSSeGypVNeGFnz1uF6cqZv12hGnWIc7FEoCPcqK42Y4Upx3_9ySkoI8JOVzK3G0b409mgVfSsM5E1en7h0tHyVf76oheeSKgIo0WiojsdjbEqTZGQkXv_EcjzQPiYZaNFcrXKnVXiscMEezlp47M79uPBbEpag9BIQsYLdPlUWKrlMPi0moHf7w2E41UrehZemsqArs1oqfVo9PeIr6UfoABvL--qj833PB5hFrQIGyX0BFU2C-eIdR7BdeK2MUsO2om0yUlYS4giyNgAEylADIBH0E0z75nb2nG7c-InqSHdgV3SWeY_LHMVflCad6kR71W9Ip0OiEvgISBb8ZtUgnupi-6DrOiq_fwIpJV9rZJk8VqYGIpA3I1w_E9bPi-2XozRujQBJzR4cqM_c8eoBjVTaxuX3YyO7Ah87mavT9JnQzyXBaGtyYasZmf8EgNFvgRSjDARRvFBRTOt0dnP8Bm0cmobx8D_NUHwSlw=w374-h560-no

今日は山吹でいきます。

https://lh3.googleusercontent.com/SqlPA68R1LkX1lqKwwTZ-UlU8ok2SsbG0sVNC90cK0ikLaUAU5XsXNQJBm9O_x2KXWRt51DHt8iwkaDBblBNc5rQ6UT5LfO-iZMbzf_DLdNeZdO7RaWlntTZE3uJ5teM7HUDskchwUPGd_M2gzH18jz-5RyLhnuDP7jQViOvq2kn-kk2ohStH-_ClkEpqhe0_J0w4BDRCYRCgBfIj3dL1D5E8QLpKlxTQNFQX1MbOxcDNHFFf8qi6CI1reObnM4otsp6sP4rU1yWsBf1BnX2NvwQN8SyRj9dh_odY2AtRwYJNW6_IN7KxRWs9vwvWqLNKgKfuIFNF43pRSCJAEj_O7-0e9Xdwm9opiRV34zdGFp88F2gt-f7J6LD2pBvny1NRrrzr9YG2G0ClVORgGZS83LB0hvYaH6i8oI7kJxdgVQazPJ-T1bt6qPTQFWFv_LzeqBm_Cp4dstW6LD_BzwWpf_wiCWr8NxhPDDe96Zmvs2F38awYYcP4cOyePlNXG3K5glNrqh3sm8sbOzc30CDj1l62HH0P_3ktFXj8rardKnUo03HiFpvdi9ZbiT9ebnrLYIyplHsObPGThbc2_Kq-zMPt5ZdjVaJmgxfI90Pv9N2SgKuGrBeLlNDS0_Gj6PQE0DxM4sml5i1c2XLWpAEhn3daQ=w900-h675-no

箸染 季節の肴三品

鮭のマリネ、スナップエンドウ豆乳マヨ、まぐろの低温調理。
今日も楽しく始まった。

造り 季節の刺身

鯛、鰤、鯖。

焼物 カナトフグ西京焼き

プリっとした身がいいねえ。
西京味噌の香りがよく合う。

煮物 鰤大根

大根の美味しさが際立って目立ちます。
極上の出汁が主役のよう。

ふぐの唐揚げ

コース外の品。
むしゃぶりつきましたよ。
美味しくて会話もとまるやつ。

揚物 ボイルドビーフ

揚げてはいないけど、
その扱いでいいと思う。
低温で茹でたビーフ。
焼くより温度管理がしやすくていいのかも。

付け合せのほうれん草がまた美味しいってば。

蒸物 海老そぼろ茶碗蒸し

海老そぼろがナイスな役割。
大きな椎茸とこんにゃくが入っているけど、
それらすらいらないかと思うほど。

お年玉くれました。



食事 和風らーめん

鯛出汁らーめんが流行るずっと前の
平成20年位から出している商品。
賄いからの昇格だけど、
すでに盤石の風格すら感ずる。

水菓子

濃厚なアイス。
そこらの牧場のものと変わらぬクオリティ。

今宵もしびれました。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

手打ち中華 よしだ@白河(チャーシューワンタンメン)

訪問日時:2018/01/11 11:00

白河ラーメンを極めたい、
最近、つとにそう思う。
今日は昨年10月にオープンした、
白河ラーメンのニューカマーに行ってきた。


開店10分前に着くと、
20台は停められる駐車場には数台の車が!
あわてて、店頭に行くと名前を書く用紙があった。
6番目で記入し、のれんが出るまで車で待った。

そうしている間にも続々と車がやってくる。
すでに行列店の仲間入りを果たしているようだ。

こちらのご主人はとら食堂出身のたいち
修行されたし、それならばと頷けもする。

時間通り11時ぴったりにのれんが出ると、
女将さんが一組一組名前を呼んで、
席を指定していく。
そして、その順番に注文を取りに来る。
私はカウンター席の4番目を指定された。


チャーシューワンタンメンをお願いした。

調味料類はいろいろ。


長期戦を覚悟したけど、
20分後到着。


うわ、美味しそうだ。
今日は寒いし、よく立ち上る湯気も
脇役かのよう。


スープは、果たしてたいち譲り!


鶏出汁をよく感じ、
適度にとがった醤油タレの角が
パワーを感ずる。

手打ち麺をば、


曇った・・・・


もうめんどくさい。
ずるり、、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


白河ラーメン、いいなあ。
やはり落ち着く味だ。

どちらかというとこちらは動的というより、
静の感じ。

この微妙な違いで、こちらの方々は好き好きを
語るのがすごいなと思う。
喜多方ラーメンに比べるとその違いはホントに微妙だし。

チャーシューは3種。
肩ロースと、


もも肉と、


かぶり肉。


食感はもちろんのこと、どれも違う味なのがいい。
特にかぶり肉は希少だし、
余計おいしく感ずる。

メンマはやさしい仕上がり。


ワンタンは適度な食感で、
中身も味がわかる程度に詰まっている。


このワンタンはうまい!
ここでは必須と思われる。

スープまでほぼ完食となった。
これで980円はお値打ちと思う。

会計を済ませると、
すでに店内待ちは10名以上。
しかり、でしょうな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:58 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

初代葱寅 新御茶ノ水店@新御茶ノ水(しょうゆ蕎麦)

訪問日時:2019/01/10 12:22

1/7にオープンした、新御茶ノ水駅近くの
初代葱寅に行ってみた。
開店初日に材料切れ閉店を喰らっている。


そのときはgooglemapで
この場所が正確に示されず、
かなり迷ったけど、今日は目の前の
コインPに車を停めて突入。


こちらはねぎびとカンパニーという、
糖度21度を超える葱を作る天童の会社。
昨年餃子専門店を同じ天童に開いているけど、
今回東京へラーメンで進出してきた。

店頭のお品書きを一瞥して店に入ると、


注文カウンターがあり、
事前精算で注文を済ませる。

迷わず、しょうゆ蕎麦と葱飯をお願いした。
葱増し無料なんだ!
それはお願いしてみないと。。。

直線カウンター7席の一番手前に座った。

いろいろ説明が書いてある。


あま〜い葱、楽しみだ。

卓上調味料類は唐辛子のみ。


3番目で4分後到着。


うひー、見事な水面であるね。


あ!いけね!
葱増し忘れた。
と思い聞いてみると、別皿でやってきた。


見るからに水々しくておいしそうだ。

では、心を鎮めてスープから、


旨!

昆布、牡蠣、鯛煮干し、牛アキレス腱などを使用、
ということだけど、めちゃくちゃバランスがいいですな。
醤油ダレの甘みも上品で、葱の香りも移り、
このスープは好み。

麺はしなやかな極細。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



すっきりタイプではあるけど、
独特のパワーを感ずる。
それがアキレス腱由来なのかどうかは
よくわからないけど(^^;

そして、このラーメンの最優秀助演賞は、


葱だ!
確かに甘い葱で、
自信を持って店名に付けてくるのは理解できる。
これなら餃子も肉まんも美味しかろう。

チャーシューはトロトロの煮豚タイプ。


極上!!
大好きなやつ。

メンマは穂先。


ナイス!

ところで ゆずです、どうぞ と出されたこいつ。


すでに絞ったあとのようで、
その絞りカスと皮で香りを付けて、
ということかな?
よくわかりません。。。

あとね、葱飯は頼んで大正解。


スープで炊いてあるのか、
風味と味がすばらしい。
そして、葱の甘さがこちらでも際立つ。
チャーシューの小片も混ぜ込まれていて、
大変気に入った。

美味しかった。
なにしろここは
無料の葱増し、
した方がいい!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:01 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

真鯛らぁめん まちかど@恵比寿(真鯛つけ麺)

訪問日時:2019/01/09 11:30

駒沢の真鯛らぁめん まちかどが
本日恵比寿に移転、プレオープン。

以前はイタリアンとの2毛作だったけど、
独立したかっこう。


この建物の左側に入り口。
看板も小さいし、ちとわかりづらい。


今度はオーナー荒木さんの写真が前面に!

11時29分くらいに階段を上がっていくと、
2人の待ち人が!
それほど告知していないようだけど、
私的にはかなり注目度が高い。

時間通りに店が開き、
3人がなだれこむ。

店はWESTというBARの間借り、
でいいのかな?
それっぽい作り。

グランドオープンは1/21らしい。
それまではメニューを麺類に絞ってのプレオープン営業。


ばってら、水餃子はまだ未発売。
未食の真鯛つけ麺をお願いした。

しばらく待っているとOOSAKI御大登場!
お隣に座れたので、新年のご挨拶。

3番目だったけど、
一番先に8分後到着。


好みの配置に変えて、


麺はつやつや。


一本だけ味見してみると、
弾力があり、もちもち。
いい麺だ。

真鯛の切り身、青菜、セロリ、スプラウトが乗っている。

スープはかなり濃厚。


ではでは、麺を浸していただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これはおいしい!
らぁめんとはまた違う印象だ。
スープが濃いだけではない
違う魅力がある。

鯛の香りがかなりリッチではあるけど、
生臭みではないギリギリの香りがいいね。

麺もよく合っている。

付け合せの野菜もいい仕事をする。

自家製ホットオイルとごまが出てきた。

https://lh3.googleusercontent.com/flrGGlDcmjD6UuhAyJdupLMvBzoQtzMXPtJ-3FUcSAtMEVXzBjVX3gFnUomwCyb6OxPx1OYLKFWQBfeOvX-5_ZSkx_3MPhzo8tpMM6NyOA3q1riK2iy2uN9ZXLumlDdfVG2yo-2_M7dOi75ug7qkr-OIczZK1fdEUsThRbmeklgx9DGkpI-7ve3I7d_AD42RY7Jexy0MrY2K2eMOEV0m52cgx1GYPcgRGNiNkjCdRAedJ6cNzWH94_DcqxGkBvrr4ekVG8jgJHZTQAngodBvs3nvKJk7woIx-hLYSNn2bRhvPe65IVfhBfUgrp5MRr7I09zSJOolIvsNfI0T2MYVNWrUrURxMmxnKfpVtFFbIwnUHx7flNjIQKkJcKyg45Ip-e-3fkscmjxcgJaIrlTWmFflM96iwddoEJE3NH1kvehIqtapGM6VpIeqkvLzinIWuM_gTFwKzCtSwiGs-IcObqdWbezCh2-iYaS4VkcHeUe-sfVzPFc5ON-qXzqtKkRsyaSiTY4EFdcTg4JJOvuRgDLWt4Br-nqFu5gJK-QAfqEM5wgdozQJ8WClewQ30k74wNuuqWzEKQ0JLv-dhWT1_1Z_2fRStwOPZQOtmQ2oLGkjOt7-TVcDlR_eDbcjTCBld3I0BFBBV5VbCU27ybMOsw-IfA=w560-h420-no

これこれ。
これが実にすばらしいアクセントになる。


少しイタリアンに寄る、と言うか、
何しろ、これは好き!
ホントに売って欲しい・・・

麺と具がなくなると、
スープはほとんどなくなっていたけど、
スープ割りをしてもらった。
レモンをつぶしながらいただくと、
さわやかになった。


荒木さん、おめでとうございます。
グランドオープンしたらまた来ます。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

郷村居@大門(正宗担担麺)

訪問日時:2019/01/08 13:20

業界の挨拶回りと賀詞交換会を済ませ、
遅い昼食へ。
パーティで食べる暇なかったんだよう。。

大門の天虎へ行こうと思ったけど、
まさかの行列に回避。
どうしようかな、と歩きだすと、


ん?
四川料理屋か?


ここは龍馬灯があったところだ。
その後変遷を経て、
郷村居という四川中華になったようだ。

入ってみるべ。

店内は狭い。
全部テーブル席で、ほぼ相席。
私は構わないので、すぐ座らせてもらった。
それにしても女子率高し!

ランチメニュー拝見。

IMG_20190108_132123.jpg

こういう店でランチが全て麺っていうのも珍しいね。
で、全てのメニューに
付け合せとライスが付く。

では正宗担担麺をお願いします。
太麺と細麺を選べるけど、細麺で。

ディナーメニューを見ると、
夜も楽しそうだ。

IMG_20190108_132221.jpg
IMG_20190108_132224.jpg
IMG_20190108_132231.jpg

痺れに来たいな。。。

混んでいるのに3分後到着。


おお、きれいな麺線。


麺をつかむと、箸の感覚では
かなり柔らかめ。


まぜる!
いただきます!


やはり麺がしなやか。
っでも、味のバランスと辛さはかなり良い。
花椒の痺れもナイス。
これで十分かもしれないけど、
美味しいだけに、麺に違うチョイスを求めたい。

でも、食べ進めていると、
これでもいいな、とも思ってしまう、
そんな味の良さがある。

付け合せ、と称するものは
もずくと白菜の甘酢漬け。


ライスは白ごはんと甘から大根ご飯が選べる。
甘から大根ご飯にしてみた。


中華ぽくない、和風の煮物。
これは美味しい!

でも、担々麺の残った残渣を
追加してかけて、完食。

美味しかった!
ふむ、いい店だ。
全てのランチ麺料理が気になるぞと。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:56 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

厳選煮干ラーメン 初代 にぼ助@御茶ノ水(にぼ助らーめん)

訪問日時:2019/01/07 18:56

今日から仕事。
夕方から業界の賀詞交換会だったけど、
早々に切り上げて、近くのお店に。

IMG_20190107_185615.jpg

厳選煮干ラーメン 初代 にぼ助。

御茶ノ水の駅近く。
いい場所にあるね。

こちらは目白にある「自家製 熟成麺 吉岡」の
セカンドブランドとして昨年12月11日に開店した。
田端にも支店を作ってるし、
じわじわと成長中・・なのかな。
それにしても個人店としては
かなり大きくて立派な箱だ。
しかも「初代」とは・・・
どこぞの資本でも入ったの?

券売機を見ると、
開店当初とは若干違っているようだ。

MVIMG_20190107_185631.jpg

季節限定 のボタンがなくなり、
店名を冠したにぼ助らーめんがリリース。
デフォルトの魚介らーめん、つけ麺はそのまま。

にぼ助らーめんを購入し、席に着く。
眼の前にはうんちく。

IMG_20190107_185743.jpg

これも変わってるね。

調味料類はフルーツ酢、こしょう、黒七味。

IMG_20190107_185800.jpg

3番めで6分後到着。

IMG_20190107_190333.jpg

おお。
にぼにぼラーメンとしては少し変わった見た目。

IMG_20190107_190339.jpg

背脂びっしりはいいとして、
刻み玉ねぎに青ねぎもある。
そして生姜が特徴的だね。

スープはやや色の濃い醤油。
どっしりした豚骨のベースに
煮干たっぷりだ。

エグみはそれほどないけど、
生臭みの一歩手前まで炊き出したイメージ。
ぎりぎりのラインで煮干をうまく表現しているなあ。
これはうまい。。。

自家製麺、ずるる、、

IMG_20190107_190426.jpg


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


背脂の甘みもまとって、
めっちゃ美味しい!
この煮干らーめん、好き。

チャーシューは低温肩ロースとバラ肉。

IMG_20190107_190438.jpg

両方美味しいけど、
特にバラ肉のとろとろ感と味が印象的。

メンマもすばらしい。

IMG_20190107_190442.jpg

増したい。

そして生姜の存在だ。

IMG_20190107_190448.jpg

これが煮干ラーメンとしては
かなり個性的な方向に誘う。
かなり気に入った!

麺と具がなくなっても、
レンゲが止まらず完食したけど、
美味しくて悔いなし!

退店する際、

「ラーメンお好きなんですか?」

と店長?さんに呼び止められた。
怪しいオーラ出してたか・・・

聞けば、スープは魚介の方は20時間煮出しているそうだ。
にぼ助は8時間。
手間かかってますね。
また来たいですなあ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:41 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

らぁめん 元住家@元住吉(魚介そば)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

IMG_20190101_065218.jpg

訪問日時:2019/01/06 11:30

今年の一杯目は、元住家一択。
昨年の締めに選んだのだけど、かなわなかったので。

久しぶりだなー。


変わってない・・・な。
反対側は、、、


魚介そば?
新商品投入だ!


いりこの中華そばがなくなっている。
その入れ替わりかな?
魚介そばとメンマを購入した。

今日もご夫婦お二人で作業。
寡黙なご主人の作業する姿が好きだ。
それを支える奥様の所作と接客も素敵だ。

卓上お品書きもマイナーチェンジ。


おお。
魚介ざる、なるものも増えてるぞ。
そちらもいずれ。。。

到着。


中華そば系はこのよく見る器。


厳選された鰹節と、
数種類の魚粉を使っている、
というスープは、


ぎゃ!

ま!

中華そばのスープをベースに
魚介の風味と旨味を加えている。
家系の店でこの味がいただけるのは
ちょっと違和感があるけど。。。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


家系ラーメンと同じ麺なのね。
丸山製麺、
この麺でもすっきりスープにバッチリ合っている。
遠くで東池袋系を感ずるような。

乗せられた鰹節もナイスな効果。
ひと箸ごとについてくるのがうれしい。

チャーシュー、変わらぬ旨さ!


この厚みがなんともちょうどいい。

増したメンマも落ち着く美味しさ。


やや甘めの味付けは
自家製豆板醤を乗せるとより美味しくなる。


スープに溶け込まないように、
注意して一本一本口に運ぶのが
実に楽しい。

サービスライスも頼みたかったけど、
今日の夜は寿司屋にいくので我慢。


今年も始まった。
できるだけたくさん食べたいと思います。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:49 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします