2019年07月31日

牛骨らーめん 牛王@武蔵新城(牛の辛い混ぜそば)

訪問日時:2019/07/30 12:10

冷やし系のメニューを考えたけど、
牛王のまぜそばが突然浮かび、
もうそれしか選択肢が考えられなくて行ってきた。


もう一年強。
つけ麺と辛い混ぜそばが増えた。
らーめんとつけ麺には辛いバージョンもある。


今日は限定の汁なしもある(すでに終了)。
そちらは二郎風の汁なしで、
豚が牛になっているやつ。
それも強烈に惹かれたけど、
やはり牛の辛い混ぜそばにした。

ローストビーフはチャー牛と呼ぶようになったのね。

席に着くと、調味料が。


店主さん1人体制になっている。
でも、超大変そうではない雰囲気。
1ロット1杯でゆったりと作業されている。

10分後到着。


チャー牛、ねぎ、レタス、トマト、味玉1/2。


下の方は赤い(≧▽≦)


このままひと口行ってみると、
辛うま!

ほー、こりゃいいやと、
いそいそと混ぜてばばばっと、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



辛くて、牛の香りがリッチ。
辛味、タレ、脂と共に、
牛肉のミンチ?牛脂?が大量にあり、
それが全体の味に大きく影響している。

そして、もっちりした麺がすばらしい食感。

少し塩分強めかもしれないけど、
この時期、このくらいでいい。
でも、その辺はトマトがナイスアシストで
やわらげてくれる。


チャー牛、相変わらず極上。


2枚で150円だし、増せばよかったな。
それかチャー牛ゴロ肉でもよかったなー。

とても美味しかった。
今度はつけ麺、その次は辛いつけ麺、、、
あ、その前にまもなくリリースされる、
季節限定の棒々鶏の牛ver.だな!

 
お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


150
感想など。。。
タグ:和え麺 牛王
posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

CURRY & BAR 2531@三軒茶屋(具だくさん野菜カレーつけ麺)

訪問日時:2019/07/29 11:40

今日開店という三軒茶屋の店は
まだ準備中だった。

打ちひしがれていると、


ああ、2531が近いな。
冷やしカレーまぜそばがあるのか!
と思い店の前へ再び来てみた。
少し迷って入店。

IMG_0032.JPG

これか。
でも、カレーの冷たいのは苦手だしなー、
と思って、再び野菜カレーつけ麺を注文した。

IMG_0028.JPGIMG_0029.JPG
IMG_0030.JPGIMG_0031.JPG

少し価格は改定されている。

学割も始めたね。

IMG_0033.JPG


らっきょうと福神漬けとカイエンヌペッパー。
らっきょうが夜は有料なのは変わらず。
80円から100円になっていた。

到着。


ちょっと麺が変わったかな?


スープには野菜たっぷり。


オクラ、レンコン、カボチャ、赤・黄パプリカ、ブロッコリ、
カリフラワー、枝豆、大豆、しめじ、人参、インゲン豆。

麺をさっそく、


ベジポタを感ずるスープ、
もちっとした麺、、、、
うむー
やはり今日も塩っ気が足りない。

野菜はそれぞれ美味しくいただける。
鶏肉もかなり美味しい。


無料なのでもらうね。


サービスライスは少なめでお願いした。


まずは鶏肉をおかずに、


O(≧▽≦)O

海苔をカレーにひたして、


(≧▽≦)!!!

最後はカレースープをどばっと。


うーむ。。。
味が薄い。
ライスを食べさせるパワーが不足している。

美味しいカレースープなのに、
それだけが残念。

奇しくも薄いカレー味の麺が
続いてしまったな・・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


149
感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

蕎麦ラー岸上 五反田店@五反田(豚つけそば)

訪問日時:2019/07/27 11:40

大好きだった港屋(大手町の港屋2は存命)がなくなり、
多少ロスではある。
港屋インスパイヤという言葉もそのうちなくなるかもなあ。

それ系の蕎麦ラー岸上に行ってみた。


たつみ屋のあとに昨年10月開店した。

この看板の並びだとわかりにくいけど、
「蕎麦ラー岸上」が正式らしい

開店当初はなかった担々系が魅力的。


夏限定もあるね。

ときどき並んでいるのを視認しているけど、
今日も店に入ると、かなりの盛況ぶり。
開いてる席に座り、お品書きを。

https://lh3.googleusercontent.com/d1n0JNNZkHG-sCemovP5vNFqiMm7euzWLrx0Bwu-DuzVnslJJOin7uMCfdzNfQDQxM9T9vogs9e4wrB6ohXLNZxhf4NPQIPLChFcO3sQkt9BePjLbJfoWHTSAPRgZDAodjzFx8u2iKmZ71zWPjSDavTqGuJIAPxidKzly4Pnh_9VkkyczYchXcHJCx-msczH655hojnnXxIqkpqe8gi4YTIc8CbFz8gN5pxqt8SrnE8W3fx1hgA4lp-5HKv-Om-dqdDxohB20DCZ-h3pjBmu-7C9P9kwCS6hItQParPY7I2vpZkWHPayH-GlJfi8PfPWJWDB4dYaiqpjl5dbeLPUE2mMUjLnx-ioT5Dwphe9Fs1sc-0usqmFF9fwysEznBlerB9yuP0xgU3bLj8ukGQyp5u2vasOYO0u3sgTfw1cqfwlvLynU_gwyOwmi2nxV0Tqf5NpsDubuikwrpE7Dk1T7Qtncx3ew8TiI-ZECjSc9DaqCfjRMF0khc1Q_KdRXok7i2mungQ7nBwcavhSbX7xE-BtC3X_cqTnDPB4M73mJF1owPsWwB3YvBbaxA7prLWH-lYHpYPrBRwteLXk2jNvavErno3k_nogf1GpaqwTTIhX8HSRHHQP-QTIG6TanO7aH2JdzeZYZTOSVOTV7E4IVEBqvbPQHImd=w900-h627-no

担々系にしようかとも思ったけど、


今日はおとなしく豚つけそばにした。

どこかのブログで
「ラー油の入ったおつゆで食べるのがつけそば」
とか仰っていたけど、それは、、、

厨房は男女二人。
男性は岸上さんではなさそうだけど。。

インド系と思しき女性が制作し、
4分後到着。


ラー油が浮いてマーブルですわ。


やはり記憶の港屋と比べてしまう。
肉の色が薄い。


蕎麦の色も薄くて
極めて普通の蕎麦。


しかし、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


違和感はありつつも、
食べ物として美味しい!

おつゆの出汁感も感じつつ、
ラー油も癖がなくてナイス。

置かれた天かすと生玉子も駆使しましょ。


天かすは遠慮なくザバッと。


ますます私好みになる♪

生玉子はいつものように麺へ。


美味しい美味しい。

もうこの頃には港屋のことは忘れていた。

最後は蕎麦湯割り。


今度は担々つけそばをいただきに
訪れたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


148
タグ:岸上 港屋風
posted by ぼぶ at 17:20 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

あら焼鶏白湯 カシムラ@汐留(牛カレーそば)

訪問日時:2019/07/25 11:55

2014/年開店直後に訪問した
あら焼鶏白湯 カシムラ。
今年1月に上層階からの漏水により、
やむなく営業を休止していたけど、
3/11に再開した。

その際、限定だったカレーそばと明太子そばが
レギュラー入りしていて気になっていたので、
5年ぶりに訪れてみた。


右側は以前はパーキングだったけど、
何もなかったかのようにビルができていた。


なるほど。

夏季限定も2種。


カレーそば狙いだったけど、
カレーつけ麺かあ。。。
でもよく見ると麺もスープも冷たいタイプ。
冷や冷やはちょっと苦手なので、スルーですな。

中に入ると7割の入り。
濡れて使えなくなったのか、
前とは異なる券売機に向かう。

https://lh3.googleusercontent.com/WKvMzk8Kv84mMusMzXJOVoOEpgKfXpX0uM6tM2R3TRD7ckDTG2BCu42MKBHE_oGxyYsDFTMLWrEMS122bSiUhPfFSzknHary_0CprbkbD4lBAiT7gtr-SfvsU7XJSnY10KcODxVppUsgXB7yXhTuC-_WHQeFgAIgQgaGckYyaQRstZu1H_9IgW61rwZt9ZfjYPPLuWNBDywkvwfhZVPdhX0IBXRKEGD-_TUr5G9PK-8PMjWcADrodA9lGT9m98RzMXti9zikiVwYew8dcJXMfZ5XYbdENwiE3k-WHWRQCRuLQ0u2M90bBMEWcPPfvIqEjn96MFzPvA7vaBvUY5VJXzwMssOlT8jL_7YB1hVhF7nz1xLvVjQ7qjbKgUsD8pR2a9M45bm9AdWMjRkpVZYOC6FaPOnIHAgFl-YNcXJdcHyKvbQkVfNIu541MpSTIpfwrFhZ_rE3g5Cy4hzsMLJKTAYzBzhGZ8Ivev2REFO17OE1LIy7TTz7cxnywDVgcdLfcBQ0hdHKgc6C_HQ4SXLbAsNR-lD6umlUaZgLTIvJEUD-yrNkfIcnIiddKZYxIqwZpZZ9XoSWMN_eeDo9ACepoLDMA8nCzftwY1oWizDawrdRTQu9YDpx0YddrEOPVs0a6jSGBczbIbmTJacJcH6INAwLJvvceUYr=w900-h600-no

牛カレーそばを購入し、
一番手前の席に着いた。
大盛りか半ライスは遠慮した。

席のレイアウトは変わっている。
テーブル席をなくして、
厨房に向いたカウンター5、
壁に向いたカウンター5+2。

ラーメン店は1人客が多いし、
カウンターのみの方が効率はよろしいよね。

今日の鮮魚は書くのはやめたようだ。

調味料類は、


カレー粉、胡椒、柚子胡椒に、
七味唐辛子が加わっている。

にぎやかになったお品書きを改めて眺める。


基本のあら焼鶏白湯は濃厚タイプが
加わっている。
鮮魚スープの方を濃厚にしたようだ。
それも気になるな。


天井からザーッと降ってきて、
雨漏りを超えているレベルだったらしい。
大変でしたね。

でも、店はすぐさま満席、外待ちも出来、
繁盛しているようでよかった。
私もそうだけど、災いは人を強くする、
と思います。

タイミングよく5分後到着。


いい香りっす!


具は鶏と豚のチャーシュー、
温玉、青ねぎ、玉ねぎ、糸唐辛子。

以前も思ったけど、
もう少しスープの量を減らした方が
美しい気がする。。

スープは牛はあまり感じない。


どちらかと言うと、
鶏白湯ベジポタのような感じ。
そして、塩味が薄い。

麺は中平縮れ。


もっちり美味しい!
スープと もちろん絡みまくりだけど、
やはり塩っ気が足りないな。。。

温玉も味はないので、


ますます薄まる感じ。

卓上に塩味を足すものはないけど、
柚子胡椒ならなんとか、、、

https://lh3.googleusercontent.com/tQAg7rvrQd-eopnq6MRk18padXqcENL1Opl1uaI44dkD0Gs0hywJSWIZUUoNKxnS3bkdle5dWtugmueQYI34O_u1pAxzgY_fFzhPyOHSRl2Ju-Gx3tqOnGnREC256cD_5rdcRtziWhjm91cSdEd7-5wqSla6ZUURj3An4-MadS2egaGDbsi-ccgp_WXOAAvTC5YLjr_VLswMdJ06ICwbW8ziKMQ0a-6khtvBnShsv-WC-hpnwda1G8uwfPv_64l7IoN6wReitoWVuLx-ATp88hz0P0gP_7ZOTKOIosTDxqJzf1dRoSWzWi15h3mn8PeEZ-1eM2i4LfFoL-FDXpGhqjCMEPK7RnfwDu-_yFWccNesHx_s99frfQvuhOpIFsyOmCv0ZFgeaVFE4Zfdqwd4Pz8MBEXw2v6yRubbBfvDfwn4YUbIChO90OMZdOPfvHSJLrBUdPKqQNQwZ_hxke1ogWhDhwIxmLEyBq_NUn-3rIUk-vhq4RuRFkz-Pd-I94DR9P_1NHEFjHnCoaK_JlvkYoOz_kNGPGp2rT3tuyGiUHEAJQA7_DgONLekUWu5TYTYCtXakKke97GoKAvo81Lckuqv9RhzrUPNVdrAT-hyDTTLrOlhBPn1G_tz25tMkBFg9ImgZrfv6rUi4hwP9K4aRj3PaoN8H81r=w560-h420-no

ちょっとは改善される。
そして、かなり美味しくなる。

でも、全体の塩味をコントロールするには、
大さじ2杯くらいは必要だ。。。

鶏も豚もナイス。


「柔らかお肉たっぷり」
と書いてあるけど、肉はこの2枚のみ。
昔の限定時代の画を見ると、
確かに牛すじ肉がたくさん入っているみたい。

デフォルトも薄味だったけど、
店主さんは健康志向なのかもしれない。

個人的には、
スープとしては美味しいけど、
麺を食べさせる力がもう少しほしい気がした。

お口直しに、
と言われたライチは美味しかった。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


147
感想など。。。
posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

らーめん ぶたまろ@京急蒲田(辛味噌担々麺)

訪問日時:2019/07/24 12:05

7/22オープン。
京急蒲田のらーめん ぶたまろ。


ながれぼしの跡地。
個人的に思い入れのある物件の
入れ替わりはなんとなくモヤモヤする。

こちらの店主さんは鬼金棒の出身と聞く。


当初は2日間だったオープン記念の500円セールは
本日まで 味噌らーめんと辛味噌担々麺で続行。
22日は味噌らーめん、23日はまぜそばだった。

中に入ると、右側に券売機。
右下のボタンを押すように言われる。


それを購入し、席に着いた。
チケットを渡すと味噌らーめんか担々麺か聞かれる。
担々麺でオーダーすると、辛さを中辛・大辛から選ぶが、
中辛でお願いした。

レイアウトはながれぼし時代と同じ。

券売機の横にあるお茶サーバー。


ウーロン茶と書いてあったけど、
プーアル茶のような風味だった。

卓上には酢と一味唐辛子。


店主さん1人体制。
鬼金棒と同じく、
もやしをファイヤーしている。

2番めで7分後到着。


スープは豚骨煮干しベース味噌味、


と思うけど、煮干し感はよくわからない。
ごまペーストもふんだんに使われている。

そして、やはり鬼金棒がフラッシュバックする。
痺れはそれほどないけど、辛さはしっかりあり、
ラー油の香りが鮮烈。
とても美味しい。

肉味噌もかなり素敵な仕上がり。


ならば麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



もっちりとした縮れ麺が良く合っている。
スープは絡みすぎるほど持ち上がってくる。
これはうまい!

炒めた香ばしいもやしもしゃっきりとたくさん。


このラーメンにはもやしは必須と心得る。

担々麺には珍しいメンマ、


ありがたい。
そして美味しい。

一味だけ試してみたけど、
香りはそれほど感じなかった。


って言うか、辛さはもう不要だった(><)

濃厚なので、少しくどさも感ずるけど、
麺と具を食べ終えても、レンゲが止まらない。
一度口を拭って、お冷を飲んでも
またレンゲに手が伸びた。

今日も楽しい食を感謝。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


146
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

煮干し屋 香良@浜松町(煮干しソバ)

訪問日時:2019/07/22 11:30

情報はごくわずかだったけど、
浜松町の新店に向かってみた。


と続いてきた場所。
それぞれ美味しいのに短命だな。。。


22日(月)11時30分より営業いたします
※当初13時30分と記載してしまいました。訂正してお詫びします。

とガラス戸に貼ってある。
細かい営業情報は調査し忘れたー。

シャッター客は3人だったけど、
開店ぎりぎりに1人割り込んできた。
つまりは4人。

暖簾が出て店内へ。
煮干し屋 という名前が示すように、
それ系の良い香りが充満している。

大きな券売機は前店のもの。
ボタンは8つのみ。


煮干しソバを購入した。
和え玉(未発売)があるので、
濃い煮干し系かな?

店内はその他も居抜き。
厨房前の5席のカウンターに案内された。
もう6席あり、合計11席。

厨房はご夫婦?と女性スタッフ1名。
慣れた所作に見えるけど、
湯切りは奥様?の担当。
これがかなりカッコいい。

1ロットは2杯。
チャーシューは事前に電子レンジで
温めていた。

10分後到着。


やはりセメント型だった。


スープは煮干し爆発。


今や食べ慣れた味だけど、
私は好き。
美味しい。

麺は三河屋製麺の細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ぱっつん食感で、この手のスタンダードな感じ。
新鮮ではないにしてもいいね、これ。

一箸ごとに刻み玉ねぎか
長ねぎが口に入ってきて、
食べ飽きることはなかった。

チャーシューは分厚い!


そして、美味しい!
煮豚タイプで味がしっかり染みている。
少し塩辛いかも。

麺と具を胃におさめて
食べ方終了。

奥様?と女性スタッフさんの
声と笑顔に見送られ店をあとにした。
店主さんはお客の方は一度も見ないし、
挨拶の言葉は一切なかった。

今度は長い繁栄を祈ります。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


145
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

OSACANAJACK@神保町(ビスクヌードル)

訪問日時:2019/07/19 12:15

昨日の火災はショッキングな事件だった。
今日も火災の影響で京王線が不通だったり、
首都高でも代官町あたりで車両火災があったりして、
一般道も大渋滞。
こういうのって連鎖するのは何故だろう。

さて、時間が押して、
神保町あたりでランチ難民になりそうだった。
海老丸がすいていたら
今年の限定冷やしを頂きたかったけど、
かなりの待ちだったので、
前からチェックしていたその先の店へ。


オサカナジャック。
島根の魚介直送のバル。
夜が楽しそうな店のランチへ突入。

ビスクヌードルってのがあるのよね。


店に入ると、カウンター1席が空いていた。
すぐさま着座し、お品書きを拝見。


ビスクヌードルはセットしかない。
周りを見ると、やはりお魚系のランチが美味しそう。
そちらにしようかと正直グラついたけど、
極みビスクヌードルをお願いした。

こんな薀蓄ざんす。


海老丸と被るよねえ。

醤油、わさび、ドレッシング。


10分後到着。


刻みねぎ、白髪ねぎ、燻玉1/2、水菜、桜海老が
乗っている。


スープはライトなビスク。


麺は中縮れ。


麺はつるつるもちもち。
優しい麺だけど、これでもスープが弱いかな。
もう少し濃厚なビスクなら抜群だと思う。

極に付属のバジルソースを、


ああ、これはいいね!
早めの投入が吉かも。

麺と具がなくなると
パンを入れてみる。


このスープ、パンなら合う(^^;

するすると完食して思った。
サラダが来ていない。
おそるおそる聞いてみると、


すみません💦

とすぐに持ってきてくれた。
まあ、大丈夫です。

コーヒーをゆっくり楽しみ、
店をあとにした。

夜も来てみたい店だけど、
いろいろ注意が必要。


お色気過剰な〜〜さん、@にお気をつけください(^^;
なんちゃって。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


144
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

ら〜麺 あけどや@市川(汁無し担々麺)

訪問日時:2019/07/18 11:45

市川駅付近まで所用にて、
ランチは近場ですますことに。

初訪問となるあけどやが
駅のすぐそばにあったので即決。


こちらは拉麺阿修羅 颯閉店後に
その店長が独立したお店。

店頭のメニューを一応眺める。


濃厚味噌ラーメンが評判らしい。
でも、今日は蒸し暑いからなあ、
と思いながら店内の券売機へ進む。


汁無し担々麺をチョイス。

チケットを渡すとき、
並辛、大辛、激辛を聞かれる。
大辛でお願いした。

席に着くと改めてお品書きがある。


待つ間に眺められるのは良。
券売機だけでは気が付かなかった情報も
あることがあるしね。

こんなのもあるのね。


店名の由来は有名。


店は混んでるな。
たまたま入れたけど、
どんどん人が並んでいる。

厨房を囲むL字型カウンター。
店主さん、阿修羅で見たような気がする。
奥様?女性スタッフ?さんの接客が実に気持ちが良い。
店主さんとの連携もパーフェクトで、
これも人気の要因の一つに違いない。

到着。


肉味噌、ねぎ、小松菜、糸唐辛子があしらわれている。


花椒の香りも強い。


極太麺は麺屋棣鄂と聞いた。
むちむちでいいねえ。

混ぜると、底の方から
大量のごまペーストが現れる。


ぱくりっ!


美味しい!
美味しいけど、タレの味も加わり、
ごま感すごくて、私にはちとしつこい。
全体の味にまぎれて肉味噌の味がわからなかった。

辛さはかなりのものだけど、
私には許容範囲。

花椒は香りはするものの、
ごまペーストにまぎれて、
痺れはそれほど感じなかった。

同行者の味噌ら〜麺。


この黄色い麺も麺屋棣鄂なの?
すごいね。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


なるほど。
多くの人がこれを目当てに訪れる理由がわかる。
濃厚とは言え、しつこさは皆無。
中華鍋で炒められた野菜も香ばしく、
味噌ラーメンとしてかなり好き。

食べ終えると、お二人の気持ち良い
お見送りの言葉と表情。
表に並ぶ人たちも帰るころには
それに癒やされていることだろう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


143
感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:46 | Comment(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねいろ屋@荻窪(瀬戸内しょうゆらーめん)

訪問日時:2019/07/17 11:40

ある筋から推しが入り、
つけ麺専門店になった迂直に行ってみたけど、
3人と4人の入れ替え制で、
店頭に4人待ち。

さらに貼り紙を見てみると、
50mほど先に並ぶように書いてあるので
行ってみると8人が並んでいた。

並ぶほどでもないな、と踵を返し、
近くのねいろ屋に行ってみた。


2012年2月にオープンし、
2015年4月に現在の場所に移転している。
オープン当初はらーめんのみだったけど、
その後かき氷が有名になった。

現在は神保町にも支店があるよね。

店に入ると先客8名。
うち7名が女子(゜o゜;
(後客3名も女子)
さすがにかき氷需要か。


左腕ににぎやかにタトゥーを入れたスタッフさんに
瀬戸内しょうゆらーめんをお願いした。

かき氷メニュー。


白板には本日の限定とか。


今日は汁なしレモンソバだって。
それも気になるなあ。

カレーもあるのね。
ハーフ頼もうかなあ。


現在の営業状況。

https://lh3.googleusercontent.com/294ckDurFTq5DZBc4EREzIS1hk76gJhURdu97El7c4AuHyQgcClkwceSWS_11JNu_M3oIhWzpe7nBjSabyySEZvh4GXLFRR7M6GkbYdmKWGs7vIwJGax_9QQUwfG_OCN0SubaadZh4AnOX0rHedS0DuSWxFGVAAIr5ga1JynpM2iurOkHtlFZeKxmSmAb_pSWGDegC0VdBKxnFm0YZUez0RzsxKDHbSEdvB73dmW87y4Dv7tJDAd_cP6WP6qeKG-0nWVBZiSIJOvjXz9aMLff5wlyQH_3DuBO2QtdUqryQxEwRc8WbbZDNw8jAKEMmzs3cv1HqBxQkmReho38lHXEszksFWi5M07R5MqJM4sp-mj-Fx_-iXo7dc5dVb3MctnTJjF1vlrU65LxvyGmPSejvOsE57qGPFXW8amnFc4lTnXF7jJWRZ7jOjMA7g03ja-lgpFwFR9WQd-JHjaz-WBKWVlgd8CuhLtmJ9a3GlyZveYygKc8Xu0oJlser4Z-0ww5aNYgbLffNoNfcmR5RI2uazhPpGgGfVAlEcCqInMOX_qh_iHXSQkhMj7Whb34CPU9jLm38Q4K3KZ3FbPc3OWL61C2wI7PAGD0tDs5mGXanmJJ5Xp_eGTWB4TBRj18tCIbnu3N7HtmEfMAYobF4eKdmehXKzfH9Ss=w729-h637-no

お冷とおしぼりがセットされる。


卓上には胡椒と唐辛子。


席数はカウンター席 5+2、
6人卓×1、2人卓×1。

しかし店内は落ち着く空間だね。
BGMもいいし、雰囲気もカフェみたい。

4番目で11分後到着。


夏っぽくて、海を感じさせる
きれいな器だ。


チャーシュー2種、穂先メンマ、
青ねぎ、海苔が乗せられたビジュアルは
もう美味しそう。


「瀬戸内」というタイトルがよくわかる。
地鶏、いりこ、瀬戸内醤油、いかなご魚醤などを
使っているらしいけど、
いちいちそれらの存在感がわかるほど、
バランスよい、おだやかな主張感。

ただただ、うまい。

麺は細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


激しくうまいね。
ぱっつん食感の麺がベストマッチ。
おだやかなスープをよく持ち上げる。

レア豚チャーシューは、


部位がいいのか、仕込みがいいのか、
噛み切るのに全く抵抗がない。
そして抜群の味付け。

低温鶏チャーシューもしかり。


双方すごく美味しい。

穂先メンマも存在感あり。


そして、スープまでほぼ飲み干し、
店をあとにした。

かき氷はほぼ女性客全員が
召し上がっていた。
美味しそうではあるけど、
私は悪しからず無関心。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


142
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

ラーメン 豚山 元住吉店@元住吉(小ラーメン)

訪問日時:2019/07/13 11:00

7/10オープン、ラーメン 豚山 元住吉店。


ラーメン二郎風として徐々に増殖中。
店主さんは独学でこの味を作り出したそうで、
すでに7店舗目になる。

ここはおおおまかに、
ドトール→Ramen HANA=SAKU*→イタリア料理店
などが続いてきた物件。
駅から近いのに定着率があまりよろしくない。
でも、開店5分前に着くと、シャッター6名。
この時点で今度は大丈夫な気がした。

店頭には商品写真もあり、
どのようなラーメン屋かわかりやすくて、
地元民にも良いアピールができていそうだ。

定時に店は開き、
次々となだれ込む。


小ラーメンを購入。
席に着く。

厨房を囲む10席、奥に壁向きの
3席のカウンター。

店長さんのニックネームは「せんと」。
確かにせんとくんに似ている( ̄▽ ̄)

卓上には一味、タレ、酢、
黒胡椒、白胡椒。


そして、コールの仕方が事細かに書いてある。


二郎初心者にも優しい、
というコンセプトを感ずる気遣い。
私にもうれしい(^^;

あと、追加トッピングとして、
公式ツイッターには本日の「アレ」が
毎日更新されている。
今日はこちらでは カイエンマヨ。
汁なしには合いそうだけどね。。

出来上がり直前に聞かれるので、
ニンニク少しだけ、でお願いした。


十分な盛り。


ニンニクは一般的な少しよりも
やや多め。

スープは乳化。


力強い豚の香りが
食欲を増させる。

心地よいゴワ感の麺。


弾力があり、じっくりと噛ませる。

よいしょっと。


一気に!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


とても美味しいっすねー。
醤油ダレがかなり好きなタイプ。
キリッとしていながら、
香りと丸みもある。

卓上のタレも使わせてもらったけど、
私には必須だった。

ニンニクはあるとないとでは
かなり違うね。
やはり少しでもあった方がいいと思う。

そしてなんと言っても豚だ。


箸でもてないほどの柔らかさ。
味付けも見事で、
さすがの店名と言ったところか。

ミニラーメン大ブタでも
いいかな!

胡椒も一味もバッチリの相性。


ただ、味変もいらないほど
夢中ですすり続けたのは事実。

楽しく完食した。
汁なしも大いに気になるなあ。

店を出ると、行列は引きも切らず。
これなら今度は続くでしょうね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


141
感想など。。。
タグ:豚山 二郎風
posted by ぼぶ at 17:13 | Comment(4) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

川の先の上@上大岡(つけ麺)

訪問日時:2019/07/11 11:30

6月5日、試食会にお呼ばれしていたけど、
気が遠くなるほどの行列と豪雨に嫌気がさして、
回避していた店に待ち合わせて行ってきた。


後藤総帥が舵を取る
G麺7啜磨専科ロ麺ズ、G麺7-01、
に次ぐ5店舗目。
啜乱会はプロデュース店だったっけか。

川の先の上 とはまさしくその通りの場所。
上大岡駅を出て、大岡川を渡ってしばらく行ったビルの
階段を上がって2階。


今日はシャッターはカップル一組のみ。
よかった。

時間通りに店は開き、
券売機に向かう。


餃子がおいしいらしいねえ。。
でも、今日はいいや。

あと、これを書いていて気づいたけど、
玉子丼、気になる。。

で、私はつけ麺、氏は塩ラーメンをチョイス。

店内はきれいで広い。
わたあめサービスもあるね。


厨房に向かう5席のカウンター、
6人卓x1、4人卓x1、2人卓x2。
収容人数たくさんね。

調味料類は酢、胡椒、ごま、一味唐辛子。


店長さんはすばらしい手際ですなあ。
テボを3つ持ち、一度に3つの器に移す技、
かなりかっこいい。

お冷はジャスミン茶とウーロン茶のサーバーがあり、
セルフで、みたいだけど、女子スタッフが持ってきてくれた。


水もあった。

7分後到着。


具は麺にチャーシュー、揚げねぎ。


スープにチャーシュー、メンマ、ねぎ。


麺は細ストレートと平打麺のミックス。


底には出汁が張ってある。


麺うま!


つるつるのもちもち。

そしてスープに、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



醤油の角はなく、丸みある塩っ気と
少しの酸味が抜群のバランス。
動物性の出汁感も出すぎない。

2種の麺は食感の違いが楽しめ、
それぞれの良さも光る。

揚げねぎを絡めてみると、
劇的に味がふくよかになる。
この計算はすごい。。。


出汁に浸しているからか、
やや麺がすべって持ちにくいけど、
一度に大量の麺がつかめずに
かえって少量ずつ楽しめる・・・
ようにだとしたら、恐ろしいほどの計算。

スープ中のチャーシューはバラ肉?
メンマも含め、切り方が良いせいもあり、
とっても美味しい。


麺に乗ったチャーシューはロース?
炙り香もあり、信じられないくらい美味しい!


こういうチャーシューは憧れる。
この香りは何だろう・・・

麺がなくなったあとに残る出汁は
鰹昆布出汁かな?
それだけでもおいしいけど、
スープをちょっと加えて味付けしたら、
これまたすばらしい。

そして、スープ割りもしてもらった。


何か入れてるなー、と思ったら、
生姜風味がプラスされている!

参った。
これは完璧な料理だ。


塩ラーメン。


透き通りすぎるほどの塩スープなれど、
ひと口すすってたまげた。
この味の深みはどうだ。。。

細麺とこれ以上ない相性。


うまいな〜〜〜〜〜
つくづく唸ってしまうほど美味しい。


双方きれいになくなり、席を立った。
店長さんの気持ち良い挨拶も印象に残る。

すでにお客であふれる店になっていて、
そのことも含めて、いろいろ感動した。
さすが、としか言いようがない。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


140
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

スパイス食堂サワキチ 東京築地店 @築地市場(モッツアレラ麻婆麺)

訪問日時:2019/07/09 11:00


本日グランドオープン、

大阪からの刺客、スパイス食堂サワキチ 東京築地店。




ここはゆで太郎の跡地。

昨日はテストオープンしていたけど、

来られなかった〜〜


スパイス食堂サワキチは大阪の1号店に訪問し、

いたく感激した。

その後梅田にも店を出し、

機会があればもう一度行きたいものだ、

と思っていたら、向こうから来てくれたよ♫




11時開店で、一番客ゲット。

早速中に入ると、

席数は多い。

カウンター席は厨房向き5席、

壁向き3席、窓向き2席、

あとは10席のテーブルと

5席のテーブル×2。


メニューを見ると、




豚骨麻婆麺、加哩麻婆麺、麻辣麻婆麺の3本柱に加え、

モッツアレラ麻婆麺なるものも。

東京限定らしいので、ソイツを注文した。


コーヒーかチャイが付くので、

チャイをお願いした。


裏には食べ方指南。




卓上調味料類は、酢、山椒油、ラー油。




目の前には例によってスパイスの山。




厨房には大阪から稲葉店主がいらっしゃる。

祝意と東京進出歓迎を告げ、

改めてご挨拶させてもらった。

この人はいろいろすごいと思う。


調理は店主自ら。

麻婆豆腐は都度作っている。


5分後到着。




ライスはこちらでも自動付属。


モッツアレラはまだ溶けてない。




そのうち溶けるだろうけど、

最初は下に沈めておいた。


下には豚骨スープが沈んでいるけど、

配膳時点ではほぼ一体化している。

もう、そのままいくね。






ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




麻婆麺として最高峰と断言する。

甘みと塩気のバランスが秀逸。

辛さはほどほど、痺れはあまりない。

ザラつきある麺も実によく合っている。


豆腐が美味しい。




徐々にモッツアレラが溶けてくると、

コクとマイルドさがプラスされ、

箸のスピードが加速される。


味変は酢はかなりいいね。

量にもよるけど、良い方向に変わる。


山椒油は思ったほどの感動はなかった。

普通に花椒がほしかった。

ただ、味変は必要ないかもね。


麺はほんとに惜しまれつつなくなる感じ。

ごはんにいくか。




このあとはごはんで遊ぶことに。


ラー油はごはんに乗せると美味しいですよ。

という稲葉店主を信じて、




マジウマ!

ここのラー油は天下一品。


続いてモッツアレラを。






次は残渣を。




これが一番いいね。

おかわり自由だけど、

麻婆がなくなってしまったし、

おなか一杯だし、まあいいか。


そしてチャイでクールダウン。




その後店主と少し話をして、

店をあとにした。


隣では同経営のタピオカドリンク屋、

ブルトンカフェもやっている。




超美人スタッフが販売担当。

そのせいもあってか?人気らしい。

さすが大阪、商売上手だ。


ならば、望みを言ってみる。

加哩飯3種をどれも麺に変更可に、

とかね(^^;



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



139

実食感想


実食メニュー:モッツアレラ麻婆麺950円

スープの種類:
麺の種類:太やや縮れ
具:麻婆豆腐、味玉1/2、モッツアレラチーズ


スープの余韻:ー
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:多くの人に召し上がってもらいたいです。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 12:38 | Comment(2) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

らぁめん 葉月@雪が谷大塚(つけ麺)

訪問日時:2019/07/07 11:30

11時15分。
雨だし、葉月のシャッター列はないだろう。
なんて思ったら、7人並んでる(*_*)

急いで8番目に接続し、開店を待つ。


今日はつけ麺ねらい。

11時半きっかりに店は開き、
店内へなだれ込む。
組長の目の前に座り、
新しくなったお品書きを見る。


葉月、汐、醤油、つけ麺の四本柱ですな。
以前からの踏襲メニュー、まるひらあめんも追加されている。
和え玉もあるのね。

ごはん類は変わってない。


姉御の注文聞きを待ち、
つけ麺を注文した。

しかし、味のリニューアルは大成功だね。
客数は全く変わっていないように思う。
今日もどんどん入ってきていた。

15分後到着。


葉月のつけ麺自体、
超久しぶりだ。


新つけ麺は麺に昆布水が張ってある。


らあめんとは違う、
太麺は異質の美味しさ。
やはり葉月の麺は美味しい。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


文句のつけようがない。
和風出汁、生醤油に加え、
魚醤も使っているとか。

この手のスープは細麺がいいかな、
という方程式が覆る。

油感もバランスが良く、
レモンも非常に良い効果。

鶏肉。


美味しいし、
大きめでいいね。

豚の方はただただ、
目をつぶって味わった。


お弁当に入れたい。

極太メンマも最高。


太いのに柔らかくて
味付けが最も好み。

250gの麺はするすると
一口ごとの満足感と共になくなり、
あとは昆布水でスープ割り。


昆布水のスープ割りって、
冷たくなってしまうのが残念だけど、
十分葉月のスープを味わうことができた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


138
感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:45 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

担担麺ぺんぺん@虎ノ門(汁なし担担麺)

訪問日時:2019/07/05 12:00

今年の4月18日にオープンした、
虎ノ門の担担麺ぺんぺんに行ってきた。

木場の香噴噴のプロデュース店と聞く。
香噴噴はホントに美味しかったから、
早く来たかった。

虎ノ門ヒルズのそばだし、
ジャスト正午とあって、
さすがに並んでいる。


並ぶ前にチケット購入。


品揃えがまるで一緒。
プロデュース以上の関連があるのかな?
ならば味は同じと見ていいだろうね。

成都担々麺は既食なので、
汁なし担々麺にしよう。


ミニ咖喱飯もね。

購入後、前2人のあとに接続した。
チケットはすぐに回収に来て、
辛さを聞かれたので、普通でお願いした。

いろいろこだわり。


スープもこだわりがありそうだ。
汁ありもターゲットになったな。

アレルギー時代にこの表記は必要だね。


5分後店内に案内された。
相席。
全く構いません。

卓上にはお冷のタンブラーと、
紙エプロンが用意されていた。

調味料類は黒酢と胡椒。


厨房の作業は極めてスムーズ。
座って2分後到着。


見た目は成都とあまり変わらない。


肉味噌と青ねぎのみ。


底にはシンプルにゴマペースト、
タレ、ひき肉?


まーぜまぜのずずずいずい、、、


うはー!


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



めちゃくちゃ美味しいね。
タレも美味しければ、
ラー油の香りがやはりすばらしい。
ゴマも勝ちすぎてないので、
バランスは秀逸だと思う。

麺はざらついたタイプで、
非常に合っている。

麺はすぐになくなってしまったので、
咖喱飯の白いところで、


食べ物としてすごく好き。
麺だけでなく、担担飯もあっていいね。

で、ミニ咖喱飯。


これ、すばらしく美味しいカレーだ!
また、ジャスミンライスっていうのが大正解だね。
ほんとに長種米って好きだ。


あー、楽しかった。
お願いですから咖喱麺、作ってください。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


137
感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:02 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京Noodle Style エモラー@学芸大学(はまぐり白湯ラーメン)

訪問日時:2019/07/04 12:15

恵本将裕、1号店、2号店、
それぞれ一度ずつ行ったきりだけど、
この度3号店オープン。


串揚げ千本ラブのランチ間借り営業。

中に入ると先客1名。
テーブルに座り、お品書き拝見。


はまぐり白湯ラーメンをお願いした。

4分後到着。


付属のお皿ははまぐりの殻入れ。

それにしても具だくさんだな。


はまぐり2個、メンマ、味玉、ほうれん草、紫玉ねぎ。

スープははまぐり全開!


はまぐりを口に入れて噛んだときの香りだ。
目を閉じると、蛤の潮汁のようでもある。
ラーメンとしては珍しいスープだけど、
清湯の方が私は好きかな。

麺は中やや縮れ。


ざらついた食感で、
スープをよく引っ張ってくる。

はまぐりはそりゃ美味しい。


殻が厚くて上等なんだろうねえ。

恵本さん系では初の極太のメンマは
美味しい!


少し ? と思ったのは味玉。
茹で加減はパーフェクトだと思うけど、
どうも獣臭がする。
何か施していると思うけど、謎。
ちょっと苦手。


全体的に蛤という繊細な素材を使って、
うまくまとまっている印象だけど、
ほうれん草、紫玉ねぎが少しじゃまに感じた。
伊勢海老の方はどうなんでしょ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


136
感想など。。。
posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

ソバダイニング クワトロ@大森海岸(冷やし担担麺)

訪問日時:2019/07/03 11:33

今日は冷やしを欲したので、
気になっていたクワトロへ行った。


ビジュアルでは群を抜くクワトロの商品。
今回も美しそうだ。


券売機の構成は変わってない。
限定は1000円のボタンを押す。


先客はゼロ。
一番奥の席へと誘導された。
今日も男性スタッフ二人体制。

開店準備が遅れたのか、
14分後到着。


すごいよねー。
このようなビジュアル、
なかなか考えつかないよね。


肉味噌、水菜、ミニトマト、
きゅうりで巻いた味玉と黄パプリカを
美しく配置してある。

スープはゴマがリッチではあるけど、
しつこさはまるで感じない。


それは冷たいせいだけでもなさそうだ。
温かい担々麺よりも気に入った。

細ストレート麺を一気に、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


辛さはほどほど。
シビレはない。

でも、冷やし担々麺という料理として
かなり高い次元にいると思う。
しつこくないゴマはあっさり感すら感ずる。

肉味噌も変わらずハイレベル。


巣ごもりみたいな味玉。


可愛い・・・かどうかは
議論が分かれるところだろうか。
でも、

味玉は美味しい!


大変満足した。
また来まーす。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


135
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:31 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊蔵八中華そば@祐天寺(ごまの辛い中華そば)

訪問日時:2019/07/02 11:47

祐天寺駅、改札外構内にラーメン店ができた。
なんでも、あざみ野にある
「らーめんとカラアゲ あの小宮」の2号店とか。
あの小宮も増殖してるなー。

商品名の中に気になるものがあったので、
行ってみた。


伊蔵八 ってどういう意味なんだろ。

商品構成。


気になっていたのは ごまの辛い中華そば。
最初それを知った時に
まさか荏原中延の多賀野関連!?
と思ったものだ。
でも、あちらは ごまの辛いそば だったね。

中に入って券売機へ。


さすがに唐揚げ系もたくさんある。

予定通りにごまの辛い中華そばを購入。
あと、半チャーハンも。
唐揚げメシも気になるけど、
今夜は唐揚げ食べる予定なのよね(^^;

店は広いね。
厨房に向かったカウンター8席、
壁に向かったカウンター8席、
4人卓×1。

カウンター8番席に案内された。

調味料類は味付キクラゲ、激辛ニラ、ラー油、
レモン果汁、酢、胡椒。


厨房には男性二人。
いかにも所作が慣れていらっしゃる。
ホールの女性は外国の方だけど、
動きが良い。

3番目で4分後到着。


具は肉味噌、ねぎ、具ラー油。
かなり山椒が良く香る。


スープをいってみると、


ぐは!

メ!!

基本のスープ、醤油味がよくわかる。
ゴマは粗いタイプで、
練ったタイプの芝麻醤とは違う。

そして何と言っても山椒の香りがリッチ。
どうやら山椒由来のようだ。

麺は中細ストレート。


ひょ〜〜〜〜


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


辛さほどほど、痺れもほどほど。
大変ナイスな辛いそばですなあ。
和風担々麺、といった風情。

具ラー油も香り豊かだし、


肉味噌が別格の美味しさ!


味付けはライトなんだけど、
なんだろ、モノがいいのかな。
すばらしく気に入った。

これらを一緒に頬張るともうたまらん。


ずっと啜っていたい。

激辛ニラと味付キクラゲも試す。


元が辛いだけにニラはいいんだけど、
繊細な香りを少し邪魔するかな。

キクラゲは非常に合いますな。

チャーハンもすばらしい香ばしさで、
パラパラしっとりでかなり好きなタイプ。


ニラはこちらでも試してみたけど、


必要ないね。
デフォルトのまま かきこむが吉。


あと、隣人の鶏のにごりそばをみたけど、
単なる鶏白湯ではないね。
あれも気になるなあ。。。


なにせ、すごく美味しかった。
また来たい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


134
感想など。。。
posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

中目黒いぐち上ル 麻布十番店@麻布十番(らーめん)

訪問日時:2019/07/01 18:30

斬新な焼き鳥スタイルで店を興したけど、
すでに8店舗も展開している。

揚げ物コンセプトのいぐち上ルも感激したものだった。
その上ルが麻布十番にも出来ていたのは知らなかった。
もう一度体験したくて行ってきた。


入り口はやはりかなり迷ったけど、
以前の経験があるので、
このビルだと渡りを付けて階段を上がるとビンゴ。

「え?ここ?」

というドアの前に立つと、
中からスタッフさんが出てきて出迎えてくれた。


今日のお品書き。


フォアグラのコロッケと
季節の茶碗蒸しからスタート。

コロッケ、久しぶり。
やはり悶絶する旨さ。

茶碗蒸しも美味しい。

ひとくちカツサンド。

一口サイズがもどかしいほど。

8時間かけて取った贅沢鶏スープ

変わらぬ濃い美味しさ。
すぐにでも麺を入れたい。

清湯ですが、濃厚なんだよね。
絶品のスープだ。

野菜の和サラダ

スナップエンドウ、ミニトマト、
アルファルファなどのピクルス。
こりゃいいね。

口直しの大根おろし。

九州の醤油をかけてある。
私は大好き。

天ぷらの始まり。

北海道十勝 新田牧場より空輪 大地のほっぺのホクホク天ぷら。

北海道産のモッツァレラチーズ。
とろとろ美味しい。

日本酒を欲したので
メニューにないやつを発注。

好きな酒蔵。
今日も美味しい。

調味料類は原了郭シリーズ。

手前は藻塩。

おすすめ天ぷら。
きす、車海老。


江戸前穴子、烏賊。

穴子ミニサイズだけどホクホク。
スポイトに入ったツメがいいね。
烏賊の食感がすばらしい。

白ワインを。


れんこん、鳥天。

鶏天のレア具合がきれい。


おすすめ串揚げ。

子持昆布、懐かしいハムカツ。

ハムカツはウスターソースが
やはりスポイトに入っているので。
たくさん使った。

うずら、牛ヒレ、豚ロース。


ああ、美味しいなあ。
揚げ物いいなあ。


季節のかき揚げ。

なんと超細切りした人参。
軽い食感ですごい食べ物。
これは感動した。

季節のお野菜4種
銀杏、さつまいも、マッシュルーム、アスパラ。

銀杏は季節感がないな。。
でも、このタイミングで野菜の天ぷらはいいね。

そして、食事タイム。
結構おなか膨れたけど、
メニューを裏返すと、


らーめん の文字♪
もちろん頼んだ。


スープは清湯で出汁が濃いやつ。


鶏の凝縮感がすばらしい。

麺もよくあっている。


スープまで完食。
食べられてよかった!

デザートはカタラーナをお願いした。


冷たくて美味しい。

またまた楽しませてもらった。
またいつか来てみたい。


133
posted by ぼぶ at 22:29 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1IPPUDO NOODLE EXPRESS 蓮田SA店@東北自動車道蓮田SA(上)(夏野菜のカレーまぜそば)

訪問日時:2019/07/01 12:30

東北道を走っていて、
一年ほど前から、上り車線の蓮田SAの先に
大きな施設を作っていた。
何だろうと思っていたけど、
新しい蓮田SAということがわかってきた。

この7/29にオープンするらしい。
新たな施設はPasar蓮田。
今よりも3倍大きいとか。

それに伴い、IPPUDO NOODLE EXPRESSも閉店
(と思われる)。
新たな方にはせたが屋が入るみたい。

北からの帰り道に最後に寄ることにした。
ロス感があるわけではなくて、
目当てはこいつ。


7/21までなので、今日を計算して来た次第。


しかし、店は歯抜けが多くなったね。
もうすぐ閉鎖だから仕方ないけどね。


ご飯付き。

具はラタトゥイユ、紫キャベツのピクルス、温泉玉子、
粉チーズ、水菜、豚バラチャーシュー。


麺は中細なんだね。


さて、まぜまぜして、
いただきまっす。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


カレーまぜそばの要件は満たしている。
しっかり辛いし、スパイシー。
ざっくり食感の麺もいい感じ。

チャーシューが美味しい。
そして、紫キャベツのピクルスが良く合う。
ラタトゥイユはパプリカや玉ねぎが入っていていい感じ。
たっぷりの粉チーズもバランスが良い。
水菜はちょっと邪魔かもしれない。

200gくらいの麺はすぐになくなり、
ライスタイム。


うまし。

これまで随分使わせてもらったなー、
と多少ロス感を感じながら
最後の蓮田SAをあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


132
感想など。。。
posted by ぼぶ at 00:59 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします