2019年08月25日

麺匠 藩次郎 武蔵新城 総本店@武蔵新城(げんこつ醤油らーめん光)

訪問日時:2019/08/25 12:20

最近武蔵新城あたりが騒がしい。
新店がゆっくりとではあるけど、
増殖中なのは間違いない。

こちらも8月8日にオープンした新店。
女川から直送の魚介類を使った
居酒屋「藩次郎」の新業態になる。

ランチは日曜だけ。
先週来ようと思っていたけど
忘れてしまったいたよ。


さすがに居酒屋が母体。
縄のれんが粋だね。

手でかきわけるたけど、
プッシュ式自動ドアなのが現代か・・・

入店すると右側に券売機。


海鮮白湯塩らーめんと
濃厚げんこつ醤油らーめんの2本柱。
まぜそばは近日解禁。
レンゲ追い飯無料ってのは
そのまぜそば用かな?

丼ものも豊富だ。
炊き込みTKGって?
牛タンカレー丼も気になるけど、
女川の魚介を使った海鮮丼とか
あるといいのに。

さて、デフォルトのらーめんはいずこに、
と探したら一番下なのね。
わかりにくい。。

海鮮白湯塩は干し海老がたくさん浮いている
画がネットにあった。
女川の海鮮は気になるけど、
海老はラーメンにはあまり歓迎しないので、
げんこつ醤油らーめんを購入。

感じの良い女子スタッフにチケットを渡すと
一番端のカウンター席に案内された。

カウンター6席、6人卓×1、4人卓×2、
小上がり4人卓にメゾネット?の4人卓、
という広い空間。

調味料類は、酢、七味唐辛子、胡椒、
無臭ニンニクおろし、ラー油。

https://lh3.googleusercontent.com/Ojzw2eIt_Se9INZQiyZILD8TSxGxr8HPi8M7TrFh2--LuUdM5MXGGG09A0bXG0_L-CpJwO9fATHoxu0JLhi5qPKMRCzbH3N6BOpaW-eQoeUYob2e0P5vJ49plOilslAc80ZlDCVzY1yk1ld9MxeOcmBkALZ_GPQit7Gm-wE-8UthR_xUQ9JkvekM85w5V-kwvKe1BDh2d-FasjWsNYwML3e_U6Dk0bQdzMUz-bs_wwVFX2FkrPqpw-fdhiL0EwClUtz8QJ695_JE3uySvGs36G6q021y88hS8BQlHHMIOA83rBSpI6byKF-cWD6FcvclswAm-PFCj0cnYFA9aedHedtw6BxtyOByS6NGE7KoyZC3fIpsTgiHrVRG9gczRM_Q0kBLeN1LDMuqY081Kcz4hlv5fk9gAsj5KIa5IapVQw1xdigSgP6Z5eNd1GeVrjC80j2nAIWPVLkF0T8v3rMRa3bYUR2wkjWoc7Ma6RziJbI9mOQeLDpOkmulPUZSwavadNmzHRrCSGazPUS8uzwNfHrM-aVVbWk8EVgKGpcsamhvq27zvl0JQWQFvaKS8ZLSpUw8iYMUrVskhTQhTMEThdeA2SbBfV-ujy4g9Tr6M2xZvz-EbV3k7ldd6AS6GWOEytykDVQMuI3oeIsq7lZkmkQRlWvBWW_D=w560-h420-no

店主さん、助手さん、
体格いいなあ。
慣れた所作で作業され、
11分後到着。


シャープな器だけど、
それよりも口が狭い感じが第一印象。


スープが少ないね。
具は炙ったチャーシュー、メンマ、
笹うちネギ、青ネギ、海苔。

スープは「げんこつ」というワード
そのままも味わいと風味。


昔食べたような懐かしさもある。
やや濁っているけど、濃厚という感じではない。
ほのかに煮干し系も使ってるかな?

麺は大橋製麺の中太ストレート。


もっちりしたいい麺。
スープとの相性もバッチリ。

チャーシューはすごく美味しい。


バラロールで柔らかい煮豚タイプ。
醤油風味の味付けが好みだ。

メンマは主張のないもの。



全体的に一切のひっかかりもなく、
スルスルとスープまでほぼ完食。

余計なことだけど、
レンゲがかなり長いので、
器の口が狭いせいで最後の方は
スープが非常にすくいにくい。


塩よりもまぜそばと、
炊き込みTKGが気になりながら
店をあとにした。

はすむかいに母体の
居酒屋藩次郎。


いつも賑わっているらしい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


169
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:21 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウミガメ食堂@センター南(ワンタン麺)

訪問日時:2019/08/24 12:00

ウミガメ食堂に行くことになった。
再訪問なれど、望むところだったので、
喜んで同道した。


前は何食べたか復習する時間がなかったけど、
奇珍楼譲りのメンマだけが頭にあった。
なので、注文はワンタン麺に
タケノコトッピング。

その後調べて気づいたけど、
ほぼ同じものをいただいていた(^^;


これほど美しい水面もあまりない。


スープはあっさり清湯の最高峰と言ってしまう。


獣系の穏やかなボディに、
野菜の甘味とか、生姜も香る。
中華料理屋をいろいろ頭に浮かべてみても、
これほどのスープはあまりない。

麺は極細。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


そうめんみたいに細いけど、
しっかりとコシがあり、
なんとも言えずに美味しい麺だ。
そして最後までダレない。

主役のタケノコ。


甘みがあり、繊維に直角でも
サクッと噛み切れる抜群の食感。
最高のメンマ for me.

絶品ピンクチャーシューですら、
脇役になってしまう。


でも次はチャーシュー麺、いってみたい。

ワンタンもはずせないかな。。。。


食べごたえある系のワンタンの中でも
トップクラスの味わい。
これをつまみに紹興酒飲みたい。


お!
と思ったら鉄観音だった。。。
抜群のタイミングのサービス、
ありがとうございます。


連れはラーメン。


しかし、美しい。
ネギの切り方がいいんだよな。


また来よっと。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


168
感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:32 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします