2019年10月01日

味どころ 龍の羽@堀切菖蒲園(辛麺)

訪問日時:2019/10/01 11:30

堀切に興味深い店ができた。
なんでも福岡からの移転で、
豚と鶏の白湯、清湯の日替わり提供だとか。

今日は何かな。
豚清湯がそそるな。
わくわく。


どれどれ。


これ、2つ間違いがあると思われ。
1.明日から→今日(10/1)から
2.上海スープ→上湯スープ

ってあれ?
今日は火曜日、
ってことは、、、


げ。
今日は上湯スープの日で、
辛麺とチャーサイ麺の2種類・・・

豚白湯と鶏清湯、
豚清湯と鶏白湯を
日替わりで出す、ってところに
惹かれたのになー。
9/27にオープンしてもう形態変更か。
せっかく付き合ってもらったのに。

スタッフの手が慣れてから、
とも書いてあるし、


日を置いてくるべきだったかな。
釜熱飯って気になる。。

でも、この2種類もウリの商品らしいし、
まあ気持ちを切り替え、
先に並んでいた6名に接続した。
先にチケットを買って外で待つ。


近日発売ばっかり。。。
私は辛麺1〜3辛、
氏はチャーサイ麺を余儀なくチョイス。

7席のL字型カウンターに
奥に4人卓もあるけど、
それは今のところ不使用。

営業中札。


裏は、


したくチュー。
福岡時代のものだね。

チケットは先に受け取りに来たけど、
そのときに麺を選べると言われた。
細麺、縮れ麺、ストレート麺の3種。
太さの表現が足りないけど、
私は細麺で、氏は縮れ麺で、
お願いしておいた。

25分後店内へ。

調味料類は、醤油、タレ、酢、胡椒、一味唐辛子。


レンゲを置いた器に
英字新聞のカバー。
清潔でいいね。

紅生姜とおろしにんにくもあり。


厨房と客席を分かつ暖簾には
いろいろとうんちく。


じっくり読むとこだわりがすごいのがわかる。

スープは
豚骨スープ、鶏白湯スープ、淡麗鶏スープ
とある。
豚清湯の記述がないな。
向こう側にあるのかな。

週替りラーメンには
魚介だしも使うのね。

あぶらも商品によって変え、
麺は極細麺、ちぢれ麺、喜多方麺、極太麺を
4箇所の製麺所に依頼と書いてある。
今日は3種類ってこと?
村上朝日製麺の花があったけど、
その他からも取っているのか。

座って7分後到着。


ああ、宮崎風なのか。

溶き卵にひき肉、
ねぎ、ニラが添えられる。

辛さ1で頼んだけど、


結構普通に辛い。
これで十分だ。

極細麺(と思われる)をすすりあげる、


うまいね。
ニュータンタンみたいな感じもあり、
これは好きな人は好きなやつ。

ひき肉が美味しい。


しらけん氏のチャーサイ麺。


炒め肉野菜がどっさりと。


スープは上湯。


ラードで炒めた肉野菜の味がする。
タンメンと思えばかなり美味しい。

ちぢれ麺は中太。


これも美味しい!
こっちの方が今日の気分だったかな。
野菜もベストな火通り加減。


さっくりと食べ終えて
店をあとにした。
金土日月にもう一度来るべきかどうか。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


195
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都葛飾区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします