2014年08月04日

园々(えんえん)@東武宇都宮(鶏そば 226/'14)

訪問日時:2014/08/04 12:28

栃木のラーメン本を見ると、
どの本もこの店が載っていて、
そのビジュアルには以前から魅せられていた。
早く食べてみたい・・・

やっとその思いが遂げられる日が来た。


园々(えんえん)
国がまえの中に元。
中国語の「圓」の略字だそうだ、
ご主人は上海の方。
2005年くらいまで「金華」という中華料理屋をやっていたけど、
一度締めて帰国。
そして2010年に日本に来て再び店を始めたらしい。

店は繁盛している。
小上がりも含めてほぼ8割の入りだった。


あこがれ続けていた、鶏そばを注文した。
半チャーハンも食べたいけど、
今回はがまんした。

このほかには、貼り紙で
冷やし中華、冷やしラーメン、
冷やし担々つけ麺、燻製鶏のつけ麺があった。

全ての料理はご主人一人でやっている。
傍らにはホール担当の奥様かな?
2番目で9分後到着。


これだ!


ちょっとピンが甘いのが残念・・・
でも、やっと会えて感動だ。( ̄▽ ̄)

スープは正に鶏!


なんときれいな見た目で
味もきれいな鶏スープなんだろう。。
ぎゅぎゅっと凝縮された鶏の旨み。
濃すぎない鶏の香り。
これは抜群においしい。。。

麺は手打ち風の縮れ麺。





ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!




塩ラーメンで久々おいしいのに出会った!
シンプルながら奥深い。

そして、やはり鶏がおいしい。


片面を焼きつけてある。
香ばしくて柔らかくてすばらしい。
もっとたくさん食べたい。

極太メンマもかなりのもの。


鶏とメンマとねぎだけで
極上の味を楽しむことができるとはすごい。

もちろん一気にスープまで飲み干した。
大満足だった。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:鶏そば780円
スープの種類:鶏塩
麺の種類:中太やや縮れ
具:鶏チャーシュー、メンマ、ねぎ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:まぜそばもおいしそうでした。次回は是非食したいです。


posted by ぼぶ at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします