2015年10月29日

麺劇場 玄瑛 六本木店@六本木(XO醤香るイベリコ豚の玄瑛流ラーメン 321/'15)

訪問日時:2015/10/29 12:00

玄瑛の入江さんが
六本木に新しい店をオープンさせる。


正式には10/30オープンだけど、
27日〜29日までレセプションをやっているので、
おじゃましてきた。

12時からなので、ちょうどに着くと
すでに沢山のお客様がいらした。



ということでご案内をいただいたので、
店内潜入。

!!

なんときれいでスタイリッシュな内装。
そして、本店の麺劇場を彷彿とさせる
厨房をどの席からも見下ろすことのできる、
劇場風の作りになっている。

入江さんにお祝いを述べて、
席に案内してもらう。


やがて、入江さんの口上が始まった。

今日はメニューは一つのみ。
所望の方にはビールもサービスされる。

まずはお冷やとセットがきた。


そして、14分後到着。


メニュー名は
XO醤档Cベリコ豚の玄瑛流ラーメン。

小さめのかっこいい器。


具はイベリコベジョータ使用のチャーシュー、ねぎ、
みつば、糸唐辛子、XO醤。



スープをすすってこりゃうまい!


カテゴリー的には
ライトな豚骨かもしれないけど、
なんというか、いい意味の旨味の塊!
激しくおいしい。

麺は食べ慣れた自家製麺。
ずるりと口に入れると、


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


もしゃもしゃの食感が好きなんだ。
そして、実にやさしい味わいの麺。

チャーシューは三枚肉の脂の多いところ。


目の前で作られるチャーシューの風味を思い出す。
これはおいしい。。。

「後半は底の方から混ぜながら・・・」

というお達しだったので、


底に沈められたXO醤が現れる。
これがまた絶品だ。
干し海老、干し貝柱などで作られたもの。
こんなおいしいXO醤は初めて。

もちろんスープ、XO醤まで完食。

おいしかった〜〜〜〜!!


しばらくはこのメニューだけのようだけど、
落ち着いたら、魚介系のラーメン、担々麺、餃子などを
徐々にリリースして行くと仰っていた。

話題の店になりそうだ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:XO醤香るイベリコ豚の玄瑛流ラーメン
スープの種類:ライト豚骨
麺の種類:細縮れ
具:チャーシュー、XO醤、ねぎ、三つ葉、糸唐辛子

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:さすがの出来だと思いました。


posted by ぼぶ at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします