2016年05月27日

【移転】中華そば 大井町 和渦@大井町(醤油そば 154/'16)

訪問日時:2016/05/26 11:30

永楽騒動で盛り上がった大井町に新店情報。
しらけん氏から聞き、それならばと行った次第。


ゆうじん→信者と続いてきた場所。

さて、今度はどうかな?


店主さんは九十九に勤務経験がお有りとか。
でも、この献立をみると、まったく趣が異なる。

店に入ると、先客2名。


牡蠣のアヒージョ添え、
甘海老の和風アメリケーヌ 海の恵み、
ジェノベーゼを漂わせて、、、
ぬぬ、何料理だ、というほどおしゃれな商品名。

うら面。


写真、遠慮なくです。
ありがとうございます。

相談して、私は醤油そば、
Mr.しらけんは焼きチーズとトマトの塩そばを注文した。

このような貼り紙も。


完成された料理、か。
なるほど、調味料類は置いてない。
そして、当然のように無化調。

でも、無化調ファンっているのかな。。。

店主、高橋さんの美味しいと思う中華そば、いただきます。


器も受け皿もレンゲも清潔感あふれ、
とってもきれいだ。


具はチャーシュー、メンマ、2種のねぎ、牡蠣のアヒージョ。
牡蠣のアヒージョはペースト状。
アヒージョを椎茸と共に作ってから、
ミキサーにかけているとか。

最初は素のスープを。


ぎゃぎゃ!!


鶏系、貝系、ほかいろいろな旨味が襲ってくる。
醤油タレの調合がいい具合に成功した感じ。

麺は細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは気に入った!
無化調の頼りなさ感はないし、
かえってバランスの良い旨味が印象的。

しなやか系の麺がベストマッチ。

そして、徐々にアヒージョを溶かしていくと、


あまり味わったことのない世界を見ることになる。
ムーリー亭で、味わった牡蠣の旨味も鮮烈だったけど、
これはそれを凌駕する味わい。

うまい・・・・・・


チャーシューは味が薄く、
豚肉の旨味を直に感じられる。


メンマはおいしいけど、


この料理には不必要なんじゃないかな、
と感じた。

そう思うくらい、これまでの醤油ラーメンの概念を変える一杯かも。


焼きチーズとトマトの塩そば。


チーズとトマトを乗せてから炙っていた。
ジェノベーゼソースのマーブル感がきれいだ。

スープをすすって、またびっくり。


トマトの旨味、ジェノベーゼ−の香り、
チーズのコク・・・・パーフェクト。

トマトダレもすばらしいと思う。

醤油と同じ麺。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



イタリアーンで、これも好きだな−。
甲乙つけ難いほど両方好き。

トマトもおいしいし、
チーズがまたいい仕事ぶり。


両方ともきれいに完食となった。


少し店主さんとお話したけど、
スープは3種類とっているそうだ。
それぞれに使うタレやソースの仕込みも考えると、
かなり大変な作業に思える。

でも、無化調の物足りない分を
それぞれのソースで補うという手法は拍手もの。

参りました。
がんばってください!

あとは甘海老か。
これもいただかないと未食扱い、とか言われそうだな。

あ、そうそう。
このお箸は使い安い。


つるつるの麺でもよく引っかけてくれるので、
食べやすい。
ここも含めて、心地よいお客目線を感じる店だ。
今度は流行るでしょう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:醤油そば750円
スープの種類:鶏主体じんわり
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ2種、牡蠣のアヒージョ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:人間としてのセンスの良さを感じました。


posted by ぼぶ at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします