2016年06月30日

三陽楼@荏原中延(灼熱の担々麺 中級編 190/'16)

訪問日時:2016/06/30 11:56

昨日、荏原中延商店街を歩いていて、
目にしたんだよ。


ん?
ここは古い中華料理屋さんだったところ。
近づいてみると、リニューアルらしい。


昨日は行く時間がなかったんだけど、
その後調べてみたら、
1931年創業の店で、味の評判はよかったらしい。
5年前くらいに閉店していたけど、
その3代目がこの4月から2ヶ月かけてリニューアルオープンした。

屋号は変わらず、「三陽楼」。
今度は麺と餃子がメインの店・・・なのかな?

ってことで気になって今日来てみたよ。


店に入ると、やはりきれい。
広いとは言えない空間を効率よく、
V字型のカウンター席 11席でまとめている。

券売機の上にメインメニュー。


担々麺推しみたいね。
では、濃厚鶏白湯 灼熱の担々麺 中級編を購入。
あと、名物らしいひとくち餃子も。


本日のハーフ丼はえびチリ丼。


1番の席に案内された。
お冷は機械のセルフでお茶。

先客は多い。
店主さんのお母さま?と親し気な方も何人かいた。
奥の厨房を見ると、そこは今回のリニューアルでは
それほど触ってない感じ。
でも、清潔感はある。

メニューの裏。


夜は軽く飲める程度にしたのかな。。

調味料類は醤油、酢、ラー油、胡椒。


6分後到着。


ラー油はあとで回しかけていた。
辛さはラー油で調整みたいだ。


肉味噌がたっぷり。

ではでは。


ほほー。
鶏白湯ベースのスープはやや甘め。
ごまの香りたっぷり。

麺は中太平ストレート。


もっちりしていて、いい麺なんだけど、
スープには少しだけ合っていない気がする。
いや、おいしいけどね。

辛さは文字通り中程度。
痺れはほとんどない。

肉味噌が優しい感じで、
粗みじんなのが良いね。


ひとくち餃子。


専用のタレが供される。


匙がささってるのに、
向かいのニーチャンは容器をそのまま傾けて注いで、
油まみれになっていた(^^;

うまそ・・・


肉汁注意!

と書いてあったけど、
ほんとにそうだった。
ブシュッと吹き出た!

で、うまい!!!
皮も中身もおいしい。
確かにひとくちで食べるが吉。。


そうそう。
他の席に運ばれていた肉そばは
いわゆる旨煮そば、という感じだけど、
おいしそうだった。。


いいリニューアルだと思う。
このままご近所の癒やしの麺処に育ってほしい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:灼熱の担々麺 中級編850円、ひとくち餃子380円
スープの種類:濃厚担々麺
麺の種類:中太平ストレート
具:肉味噌、ねぎ、小松菜、糸唐辛子

スープの余韻:★★★★☆
麺の評価:★★★★☆
肉味噌評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★☆
ひとこと:正油ラーメンとチャーシューメンもおいしそうでした。


posted by ぼぶ at 21:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
こちらの記事を拝見し、近所なので行ってみました。
オーダーは3代目肉そばと一口ぎょうざでした。
僕の感想も、美味しいけど麺が合ってない!でした

あと、場所柄ラーメンと餃子で1000円オーバーの
設定は今後難しいのでは?と感じましたね。
Posted by fullcon at 2016年07月14日 17:26
☆fullconさん

お久しぶりです。
荏原中延のお近くなんですね。
まあ、確かにひとくち餃子は少々お高くはありますね。
ブログアップはまだですか?(^^;
Posted by ぼぶ at 2016年07月15日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします