2007年06月09日

【136/'07】大戸屋@五反田(四川風麻婆つけ麺)

訪問日時:2007/06/09 12:20

大戸屋はラーメンにはまる前によくランチした。
ご飯がおいしくて、とっても気に入っていたけど、
最近、麺類もやっていることを発見。

大戸屋で麺類?
とも思ったが、メニュー名にひかれて、
早速行ってきた。

土曜日の昼下がり。
五反田の大戸屋は5人待ちの行列。
うしろにもあっというまに10人ほど並んだ。
凄い人気なんだねえ。

でも、巨大店なので、すぐに座れた。
今日は娘と二人。
娘は「涼風味 鶏とたっぷり野菜の冷し中華」。
私は「旬菜たっぷり四川風麻婆つけ麺」。
名前が長いので、メニューを見て、

「これとこれ・・・」

(^^;

ほかのご飯ものメニューもすごいそそられる。
やっぱりここの定食はいいなあ。

7分くらいでやってきた。

NEC_1497.jpg

ご飯はひじきご飯、じゃこご飯、白いご飯から選べる
のもうれしい。
じゃこご飯をチョイスした。

麺上にはきゅうりとレタスとネギの薄切りが乗っている。
いかにも夏向き。
卵黄も添えてあり、ビジュアル的にもなかなか。
山椒の粉もついてきた。

タレがちょっと少なめだけど、
味が濃いし、辛いのでちょうどいい量かも。
そして、これ、結構おいしい。
中国山椒も辛い油もうまくきいている。

麻婆つけ麺、という食べ物は初めて食べるが、
ニッチな商品として流行ればいいのに。

麺も結構ちゃんといしている。
凡庸だけど、食感はもちっとしていい。

卵黄はどうすべきか悩んだが、
麺に絡めて食べてみた。

ウマッ!(゚∀゚)!!!!

ねっとり麺に絡んでまろやかになる。
タレに入れるよりもよかったと思う。

でも、麺の量は少ない。。。
野菜がメインのような感じ。
もう少し多くてもいいかな。

そして、じゃこご飯。
まずはそのまま食べたけど、
やはりここのご飯はうまい!

そのままでもよかったんだけど、
つけ麺のタレをちょっとかけてみたら、
これが大正解。
卵黄もこちらに絡めればよかったかな。

娘の冷やし中華は普通だったけど、
いやー、大戸屋で面白い発見でした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。
WEBサイト: http://www.ootoya.com/



実食メニュー:旬菜たっぷり四川風麻婆つけ麺787円
スープの種類:四川風麻婆
麺の種類:中やや縮れ
具:麺にねぎ、レタス、きゅうり タレに挽肉

 

スープの余韻:★★★★☆
麺の評価:★★★☆☆
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★☆☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:全くノーマークでしたが、秋冬には暖かいラーメン系は出るんですかね。


 
posted by ぼぶ at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大戸屋@目黒 四川麻婆風つけ麺
Excerpt: えっ?大戸屋?ランチ速報じゃないんだから! と言わないで。ラーメンなんです。 ぼぶさんのブログを見て行ってきました。 四川風麻婆つけ麺。単品で682円。 「ラーメン評論家は新店とか新メニューと..
Weblog: 自称「日本一ラーメンを食べた男」の日記
Tracked: 2007-06-16 13:38
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします