2016年12月22日

麺 みつヰ@田原町(醤油 細麺 364/'16)

訪問日時:2016/12/22 12:02

昨日、ソースカツ丼を久しぶりに食べたら、
食べたい熱が出てきてしまったので、
今日はソースカツ丼もある新店へ。


七彩にいらしたという村田氏が
独立したお店、麺 みつヰ。
12/11オープン。

先人の店先の写真を見ると、
ことごとく このアングルだったので、
なんで正面から撮る人いないんだろ、
と思っていたら、道が狭くて物理的に無理なのね。。

中に入ると、ジャスト正午にしては3席空いていた、
まだまだ認知されていないのかな?

感じのいいご主人と奥様?に迎えられ、
席に座る。


L字型カウンター7席。
席ごとにお品書きが置かれている。


醤油 細麺と自家製ソースのカツ丼を
前会計でお願いした。

おろしそばもいただきたいけど、
今日はソースカツ丼の日。
また来ることもあろう。。

卓上調味料類は胡椒と一味唐辛子。


前客の3名の2杯目のおろしそばを
作るタイミングだったので、
少々時間がかかり、2番めで
14分後到着。


きれいな器。
塩と醤油では器を違えるようだ。

具は低温調理チャーシュー、煮豚チャーシュー、
超激太メンマ、ねぎ、白髪ねぎ、れんこん。


置かれた瞬間香る、和の香り。


きれいな清湯。
鶏の旨みがちょうどいい具合。
醤油はまろやかに利いていて、
こりゃ美味しいわ。

自家製麺、ずばずば、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


表面つるつるで、
唇を通るともちもち食感。
適度にスープを拾ってくる。
七彩のDNAを感じずにはいられない。

低温チャーシュー、うま!


最近どこも美味しいけど、
ここの低温はかなりのもの。

煮豚チャーシューは軽く炙ってある。


とろっと柔らかくて、
これも美味しい!

メンマは一本だけど、
驚きの超極太!


こんなに太いのは初めて見た。
繊維に直角でも噛み切れるけど、
その感覚が楽しい。
そして、出汁が香る味付けがナイス。

れんこんも面白い具材だね。


箸でつかんだ感覚が固いし、
最初何かと思ったよ。

麺と具がなくなっても
スープをすくうレンゲがなかなか止まらないけど、
サイドメニュー用にとっておかねば・・・


自家製ソースのカツ丼が遅れてきた。


昨日とだいぶ見てくれが違う。
いかにも福井のソースカツ丼。

カツがうまいわ!


柔らかいカツは上品な甘辛で抜群に美味しい。
お米もいいもの使ってる。

残ったスープをすすりながら、
一粒残らず完食。

お隣さんは鶏そぼろ付きごはんを
召し上がっていたけど、
鶏そぼろが別容器の壺に入って供されていて、
かなり美味しそうだった。。


店主さんは福井のご出身らしい。
それでソースカツ丼とおろしそばなのね。
まあ本場では日本蕎そばだけれども。。。

来年には手もみ麺が出るらしいし、
そうなったら、塩とおろしそばを
連食しに来たい。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:醤油750円、自家製ソースのカツ丼350円
スープの種類:ネオクラッシック
麺の種類:中細やや平ストレート
具:低温調理チャーシュー、煮豚チャーシュー、超激太メンマ、ねぎ、白髪ねぎ、れんこん。

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:美味しかったです。


posted by ぼぶ at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします