2017年02月13日

六嵐@西11丁目(油そば 30/'17)

訪問日時:2017/02/12 11:30

札幌滞在2日目のランチは
六嵐にやってきた。


札幌で一代で名をあげた、
かの有名な「山嵐」の大村店主の新たな店になる。

大村さんには一度飲み会でお会いして、
熱い人だな、思った記憶がある。

商品は取り寄せでしか味わったことはないけど、
白スープも 海スープも すばらしい背脂豚骨ラーメンだった。

この六嵐(ろくらん)はこの2/7に開店したばかり。
今回は宿泊ホテルの至近だし、
来なきゃダメでしょ、的な。。。

店頭のメニューを見て入店。


背脂豚骨
つけ蕎麦
油そば
肉飯
カレー
ザンギ

の6種類がメイン。
六の嵐で勝負。
だそうだ。

開店直後とあり、先客2名。

※上部が切れたのでテキスト加筆

つけそばでも辛い気分でもないし、
背脂煮干しも欲しないので、
油そばに決定。
ザンギ1ヶも連打。

厨房を囲むL字型カウンター7席、
4人卓☓2。
大村店主自ら厨房で作業中。

調味料類はいろいろ。
紅生姜、蕎麦用赤鬼の素、蕎麦用元気玉。


紅生姜は刻んであり、赤鬼の素は一味唐辛子、
元気玉は揚げ玉。

ラー油、酢、ザンギ用リンゴ甘酢。


ブラックペッパー、ガーリックパウダー、
カイエンヌペッパー、マヨネーズ。


7分後到着。


きれな色合いの器がいいね。


具はチャーシュー2枚、青ねぎ、海苔5枚、キクラゲ。

適度にタレの沈んだ底の方から、
麺を引っ張り上げる。


ああ、やっぱり麺、美味し!

味は和えてあるけど、
まずはまぜましょう。


いただきマウス。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



うまいな〜〜〜
油は背脂なのか、甘さを感ずる。
タレの味が油そばにピッタリだと思うぞ。

チャーシューも抜群。


味は濃くないけど、
旨みで主張するタイプ。
これ、好き。

この油そばは
「海苔で巻いて食べる油そば」
と副題が付いているので、


!!!

こりゃすばらしいアイデアであるね。
海苔の風味が麺、油、タレを助長するかのよう。
これは海苔増しした方がいい。

ザンギはそのデカさにびっくり。


自分の拳ほどもある。
そして、揚げたてで熱々で、
素晴らしくおいしい!!!

リンゴ甘酢もマヨネーズも使って
楽しくいただいた。
また、油そばのおかず的役割もはたしてくれた。

味変いろいろ。


紅生姜は私には必須。
赤鬼の素はパンチが利いてグッド!
酢はかなり合うね。
ブラックペッパーもいいね。
揚げ玉は食感のアクセントになってよかった。

楽しく食べ終えた。
サービス半ライスをもらっておけばよかったな。
ご飯に麺乗せて、ザンギ乗せて、
海苔で巻いて頬張れば、満足の一口になっただろう。。。

大村店主、ごちそうさまでした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:油そば700円、ザンギ1ヶ150円
スープの種類:−
麺の種類:中太縮れ
具:チャーシュー、青ねぎ、キクラゲ、海苔

スープの余韻:−
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:すごい油そばでした。


タグ: 六嵐 和え麺
posted by ぼぶ at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします