2017年02月14日

【閉店】Noodle Dining 倭寇@蒲田(パーコー麺 32/'17)

訪問日時:2017/02/14 11:50

2/10オープンの蒲田の新店へ。

最近は事前情報なしに
開店する店が多い。

店の場所はラーメン大蒲田店の斜向かい、
ということは聞いていたけど、
ラーメンの ラ の字もないので、
通りすぎちまったい。


退店後に気がついたけど、
A看板にはお品書きがあったのね。
それでしか ここは何屋かわからないな。


店に入ると物静かな空間。
むぎとオリーブのような逆L字型のカウンター7席。

奥まで進み着座。
お品書きは頭に入っているけど改めて。


担々麺と迷って パーコー麺をお願いした。
また、これがあると必ず頼んでしまう、ルーロー飯も。

卓上調味料類は黒胡椒のみ。

それにしても静か。
男性スタッフ2名もあまり余計な口をきかない。

1番目で7分後到着。


見た目小ぶりに見える器。


表面はパーコーで埋めつくされている。


鶏豚と鰹節、鯖節を使用した
とされるスープは、、、


思い切り和風の風情。
パーコー麺のスープとしては特異的。
いや、それでもこれはおいしい。

麺は中太やや縮れ。


しっとりした舌触りで、
きめ細かいという印象。

ただ、スープとの相性はもう一つに思う。

パーコーは激旨!!


ほんのりピンクの揚げ上がり。
そして、とっても柔らかい。
和風のスープをたっぷり吸って、
カツ丼のような風味でもある。

黒胡椒が合う。


小松菜の茹で具合もパーフェクト。
良い箸休めになる。

ルーロー飯。


意外と小さなお茶碗でよかった。
で、これ、うまいな〜〜!
いかにも台湾な香りで、
ミンチの味つけがナイス。

高菜漬けは、
ないとアンバランスなほど合っている。

白いご飯のところは
パーコーもおかずに楽しんだ。

おいしかった。
担々麺も気になる。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:パーコー麺1000円、ルーロー飯350円
スープの種類:あっさり
麺の種類:中太やや縮れ
具:パーコー、小松菜

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★☆
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★☆
ひとこと:なんとなくですが、店主さんを見ていると、夜が良さそうな気がします。夜営業が始まったら、すぐ来てみたいです。


posted by ぼぶ at 13:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
店名のむずかしい漢字って、前にやってた 「花田」出身の「味噌うどん」屋さんもそうでしたよね、同じ人なのかしら〜
Posted by アリス at 2017年02月17日 15:42
☆アリスねーさん

情報によれば、違う人らしいですよ。
Posted by ぼぶ at 2017年02月21日 09:39
行ったら聞いてみる!!
Posted by アリス at 2017年02月21日 13:52
残念ながら、和冠さん、閉店された様子です。昨日行ったら、「しばらく休みます」と言うぐしゃぐしゃの張り紙が落ちていて、「ラーメン屋居抜きで使えます、美麗」という看板立っていたので
Posted by あさか at 2017年11月26日 11:20
☆あさかさん

それは残念なことです。
やはり、場所が悪かったでしょうか。
情報ありがとうございました。
Posted by ぼぶ at 2017年11月26日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします