2017年04月14日

澄まし麺 ふくぼく@牛込神楽坂(澄まし麺 100/'17)

訪問日時:2017/04/14 11:30

大崎さん情報に惹かれ、
相方と行ってきたは神楽坂の料理屋さん。


4/7に開店した「蒼穹」。
夜には8000円からのおまかせコースで、
和食と日本酒が楽しめる。

そして、ランチタイムは「澄まし麺 ふくぼく」として、
麺料理を提供している。


和食に寄せたラーメン、
ということだ。


澄まし麺はお出汁の麺、
醤油かけ麺は和え麺。

11時30分少し過ぎてのれんが出たところで入店。
事前会計制で、私は澄まし麺と鴨だしご飯、
しらけん氏は醤油かけ麺を注文した。

中はきれいな白木を生かした内装。


長いカウンター席に案内された。

おいしいほうじ茶をいただいた。


調味料類は、


醤油と胡麻油だそうだ。
適宜楽しもう。

先に薬味が供された。


豚肉、アオサ、ねぎ。

5分後到着。


きれいな水面だこと。
麺線を整えなくても、
これだけで充分きれいた。

レンゲはなく、そのまますすってみると、
スープではなく、お出汁そのもの。

上質な昆布、鰹節の風味が最高。
いいお出汁、とってますな、
という感じ。

麺、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


なんか、お見事だな。。
お出汁に合う麺をかなり思考して
これにたどり着いた感がある。

シコっとしながらもしなやかさもあり、
何しろお出汁にバッチリフィットしている。

薬味を乗せると表情が変わる。


見た目だけでなく、
具からでる味が微妙にお出汁の厚みを増し、
ますますおいしくなる。

ごま油、醤油を少したらしたけど、
それも面白かった。

お店側も仰るように、ラーメンとして期待はせず、
日本料理に寄せた麺料理としていただけば、
これほど素敵な商品はない。

鴨だしご飯。


料亭のような味で、非常に美味しい。
こちらでは必須だと思う。
自分で 名物 と言ってしまうのも納得。


醤油かけ麺。


・・・・・

見た目、つけ麺の麺。
でも、醤油で和えられている。


これはうまい・・・
これだけで、料理として立派に成立する。

薬味を混ぜるとそれなりになり、
興味深い一皿。


これを澄まし麺のお出汁につけて
つけ麺風にしてもいいかもね。


おもしろい店ができたものだ。
夜は麺の提供はないようだけど、
是非ディナーに来てみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:澄まし麺680円、鴨だしご飯380円
スープの種類:鰹昆布出汁
麺の種類:細やや縮れ
具:豚肉、ねぎ、アオサ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:具のない物足りなさは感じませんでした。


posted by ぼぶ at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします