2017年05月17日

函館らーめん 汐のや@西小山(野菜タンメン 132/'17)

訪問日時:2017/05/17 11:26

近場の店しか行かれなかったので、
昨年11/10に開業した、西小山の新店に行ってみた。



ここは黒琥があったところ。
なかなか定着しない物件ではある。

店に入ると、非常に感じの良いご夫婦のお出迎えを受ける。
個人店の良さが全面に感じられる。
ここは良い店だ!

L字型カウンター8席、移動可能な2人卓×3。
座って可愛いお品書きを拝見。


旦那さんが書いているのかな?奥様?
写真でなくてもわかりやすいし、ほのぼのするのがいいね。

予め決めていた、野菜タンメンを注文した。

トッピングとサイドメニューも別にある。


最下部の手巻きマヨごはんは4種類ある。
店頭にサンプルがあった。


チャーマヨ、タママヨ、メンタイマヨ、甘辛チャー煮。
二口とは素敵な量で、どれもおいしそう。。。
タンメンの量がわからないので、今日はやめておいた。。。

さて、厨房のご主人、どこかで見たことがある気がする。。
こちらは たまプラーザからの移転らしいけど、
そっちは行ってないし、気のせいかな・・・

タンメンはフライパンで野菜を炒め、
スープを注ぎ、仕上げていた。
茹でた麺を器に入れてから、それを注ぎ込み、
体裁を整えてから、ほうれん草とネギを添えてやってきた。


九谷焼かな?
重厚な焼き物でいいね。


タンメンとしては非常にきれいな画だ。
これだけで美味しそう。。

スープは豚系、鶏系、乾物魚介系のバランスの妙。
すっきりしていながら、実に味わい深い。


炒めた野菜の香味も加わって、

うま!

麺は中太縮れ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


すんません。
それほど期待していなかったけど、
これは美味しい!

スープとの相性も抜群で、
つるつる、もちもちと食感も楽しめる。

炒めた野菜類はキャベツ、もやし、人参、キクラゲ、なると。
その全てが完璧な火の通り方。

チャーシューが一枚入っているのもうれしい。


醤油ベースの味付けだけど、
これがめっちゃうまい!
次回はトッピング追加したい。

そして、野菜と麺はいつの間にかなくなり、
一日分の野菜を摂ったなという充足感に浸った。

次回は醤油と、手巻きマヨごはんを
いただいてみたいな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:野菜タンメン800円
スープの種類:−
麺の種類:中太縮れ
具:チャーシュー、炒め野菜(キャベツ、もやし、人参、キクラゲ、なると)、ねぎ、ほうれん草

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:タンメンはあまり食べませんが、これは最高でした。


posted by ぼぶ at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします