2017年07月27日

東京チャイニーズ 一凛@築地(よだれ鶏冷麺 200/'17)

訪問日時:2017/07/27 11:55

四川料理の中でも前菜として
大好きな口水鶏、いわゆるよだれ鶏。
つくづく これに麺を入れたいな、
といつも思っていた。

あったんだよね、築地のおしゃれ中華に。


店の存在は前から知ってはいた。
そのメニューの中によだれ鶏冷麺を発見したのは最近。
ってことで、冷やしを体が求めてる今年、
行ってみることにした。

他にもおいてある店はあるけど、
どうしてもこの店に惹かれたのですよ。

店に着いてびっくり。
10人くらい並んで待っていた。。。
ただ、店は大箱だし、すぐに入れるだろうと、
列に接続。

グランドメニューの一部は
見るからに魅力的。


入り口脇まで来るとランチメニューが。


麻婆豆腐も担々麺もパクチーそばも気になるな〜〜〜〜

そして、リトルの法則の計算通りに
10分後店内へ案内された。

今一度ランチメニューを一瞥して、


予定通りによだれ鶏冷麺と中華粥の御膳をお願いした。
今週の点心は、もち豚焼売。

卓上にはサービスのピクルスと青唐辛子の醤油漬け。


ゆっくりつまんで、待つか。


と思っていたら到着。
はや===(゚Д゚)


人気メニューだけに見越して
作っているのだろうね。
別に構いません。

改めて厨房の3人の動きを見てみると、
かなり無駄のない動きをしている。
これは早いわけだと納得。

事前にパクチーは大丈夫か、と聞かれているけど、
もちろんOkで。


よだれ鶏、レタス、ねぎ、ナッツ、パクチーが乗っている。

器の底はタレとラー油で真っ赤。
中細やや縮れの麺を確かめる。


弾力は弱いけど、頼りなくはない。
しゃっきりと冷やされていて、
ツルツルとすすれていい麺だ。
表面がざらついているタイプで、
さすがは食べログ4点超えの店が選んだ麺だと思う。

混ぜてから、一気に、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ずっと念願だった食べ物に遭遇できて幸せ。
これは抜群に美味しい!!!

辛さはそこそこだけど、
ラー油の香りが非常に鮮烈。

鶏は目の前で調理されていたけど、
柔らかで素晴らしく美味しい。


少しお腹が冷えたので、
暖かなもち豚焼売をひとかじり。


これ、ウマ!!

麺がなくなった後にこうしてもウマ!!


麺には青唐辛子を添えてみた。


それほど辛くはないね。
でもこれは乗せてみた方がいい。

麺は惜しまれつつもなくなってしまった。
大盛りでもよかったな、
と思いながらお粥をいただく。


中華粥、大好き。
今年の1月にリハビリでいただいて以来だな。。。
油条とネギが散らされている、。
ほかほかでかなり美味しいですわ。

パンチを加えましょ。


こりゃまたゴキゲンな中華粥になったよ。

終始楽しく食べ終えた。

いや、いい店だ。
やはり夜に食事に来てみたい。
それと、鎌倉にできた2号店の
「イチリン ハナレ」にも是非行ってみたい!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:よだれ鶏冷麺御膳1300円
スープの種類:−
麺の種類:中細やや縮れ
具:よだれ鶏、青菜類、ナッツ、ねぎ、パクチー

スープの余韻:−
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:すばらしい麺をいただきました。


posted by ぼぶ at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします