2017年07月31日

箸とレンゲ@阿佐ヶ谷(ぶどう山椒の麻婆麺 204/'17)

訪問日時:2017/07/31 11:35

庄のグループが国内8店舗目として、
この7月25日に新しい店をオープンさせた。
場所は阿佐ヶ谷駅高架下の新たな施設、
ビーンズ阿佐ヶ谷内。


駅を出て施設に入ると、
突き当りにこの店名が現れる。

箸とレンゲ

センスあるネーミングですな。


ぶどう山椒の麻婆麺がトップに据えられている。


土佐柚子塩らぁめん、紀州梅塩らぁめん、
しまんと生姜醤油らぁめん(未発売)、湘南とまとらぁめん(未発売)の
5本柱で構成されている。

夏季限定もある。


入店すると、淡い色でまとめた店内。
落ち着く感じ。。

山椒関連の品や、箸とレンゲが販売されている横に、


製粉機があった。


国産小麦の自家製粉だそうだよ。

席に案内され、
両国の主と相談。


山椒の実や昆布、梅など、
原材料は農家さん直なんだね。
すごいね。

セットもいろいろ。


さて、3種類から2種類を選ぶとなると、
私は@で決定。
しらけん氏はBをチョイス。

麺量はSが70gで、Mが140gだそうな。
両方共Mでお願いした。

C、Dはいつから発売か聞いてみると、
Cは8月上旬で、Dは未定らしい。
生姜醤油は楽しみだよね。


さて、ぶどう山椒は和歌山の名産。
私も毎年、生の実山椒を取り寄せている。 
軸からばらして、塩茹でして冷凍し、
常にストックしてあるほど大好きな食材。

花椒でなく、和山椒を使った麻婆には
興味津々というもの。。

机上には一味唐辛子のみ。


厨房には庄野さんがおられて、
軽くご挨拶していただいた。

すると、

「オススメの惣菜なんで、どうぞ!」

と、


ひゃー、すみません。
牛蒡、ジャガイモ、スパイス と
ケールのお浸し。

両方素晴らしく美味しいです!

到着。


酢も乗せられて、お盆でやってきた。

見事な盛り上げ度合い。


具は崩された絹ごし豆腐、揚げ牛蒡、白髪ねぎ、三つ葉、
素揚げ茄子、メンマ。

山椒の実はところどころに♫


スープをすくって香ってみると、
和山椒のかぐわしさ!


鶏とだしとケールで炊いたスープ、
というけど、
一言で言い難い複雑な味わい。。

山椒の痺れと香りも存在感があり、
やはりこれは麻婆だな、と思い知る。

麺はしなやかなもの。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


今までに味わったことのないラーメンだ。
これは新しい、と言える。

素揚げの牛蒡はいいアクセントだね。


揚げ茄子もとっても歓迎。


メンマは食感はいいけど、
ややゴマ油が強いかな。。


麺がなくなっても、
山椒を求めて、最後まで完食。


ライスを入れたかったな。

あと、酢を入れると激変する。
酸辣湯麺みたいな感じで良かった。


しらけん氏の紀州梅塩らぁめん。


スープは昆布のよく利いたもの。


うまい!

麺は同じ。


梅とおぼろ昆布を絡ませると、
独特の味わいながら、
日本人なら誰でもが美味しい!
と思うような味わい。

これも美味しかった!


生姜醤油をいただきに
再訪問はありそうだな。。




お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:ぶどう山椒の麻婆麺972円
スープの種類:鶏、あっさり
麺の種類:中細ストレート
具:絹ごし豆腐、揚げ牛蒡、白髪ねぎ、三つ葉、素揚げ茄子、メンマ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:うなりました。


posted by ぼぶ at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします