2017年10月13日

ラーメン 津志@吉祥寺(魚介味噌つけ麺 277/'17)

訪問日時:2017/10/13

9月21日にオープンしたお店、津志。
複数の味噌の名店での就業経験がある、とか、
ニューヨーク店も同時にオープン、とか、
オーナーさん中国の天津出身、とか、
何かと情報が賑やかなれど、
その味噌ラーメンは本物、と思っていた。

ただ、当初は未発売だった、
魚介味噌つけ麺 に直感的に惹かれ、
そのリリースを待っていた次第。


店は奥まってるのね。

https://lh3.googleusercontent.com/3p_QKd05kjOG-d4hP1ia8_ybq1f_GgU8pgWZNSlj-_3CvhiHfFeqVYSml-yQ5W3mQ3CWmbGqLWYQfrIIVkcAi-uqiYLJqxWxHnaBKzyPuuwzsjxhEURPbzoLEdRRLhTuh1EhYzrA29E1ummiV6JJKnSzdqyYBetdY34j4V35BwI0Tcg34Tk8bqNI-I15tkxqYw5HY8Q4wgPOtYDPcbMuPPlChquVU7L60atuFfcXen0n-p7cjXpyN7WMIeyL8LcD_umA2iklCIwXeqCabY3R8Eeytaa35VUMfyzUS1x-wSIHA-sXRs65LQCOYaqjKuWgjsVDKyc8UNTqsSUHydhAqVe7KyJZOXnpYGzSb8IGn8cIkt0o5ca4vm6Mfg4kMv4rsLJkgGB-TxWzifJ6jYO-NUgflH59UyWn8xkRAQ_41Hj5sQhTn407WlDa7hgcr3qHHkkv3gfMKg5ItaQ86OHNxdUE5yxBZLsk43ZTu3VvmC_aKJwYtcIgKV5ikLslT6IXUMJh7y8Vu4I_UbVzWSZATFzGKHQswKGHMynbgZO7bh4fsfQMmb8adZKQPc6XZEpRlSKhBA5EEZaY3BM6Jx6BaNhKyT2bm6rXag6xVS_XcNg=w560-h420-no

ドアを開けると、感じの良いお出迎え。

券売機で予定通り魚介味噌つけ麺を購入した。


店内はレトロなしつらえで、落ち着く。
厨房向きのカウンター6席、
壁向きのカウンター7席、
4人卓×1。

改めてお品書き。


味噌オンリーなんだけど、
なんか、全て魅力的に思える。

裏にはいろいろこだわり。


調味料類は、塩胡椒(両方入っている)、酢、ラー油。


5分後到着。


ああ、早く食べたい。


きれいな麺だ。


そのままいってみると
もちもちの程よい弾力がある。
香りもある良い麺だ。

スープはどろっとしている。
薄切りのチャーシュー、拍子木切りのチャーシュー、
メンマ、ねぎ、水菜が具として入っている。


では、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


思った通りの味わいだけど、
美味しさは想像をはるかに超える!

味噌風味はそれほど強くなく、
魚介系の心地よい香りがたまりませんな。

甘さもあり、実にバランスがいい。

塩分濃度もバッチリだし、
麺に絡むスープの量も計算されているかのような、
そんなパーフェクトなつけ麺。

チャーシューは両方共おいしい。


メンマもすごくいい。


麺は多いのかな、と思ったら、
結構な上げ底。
麺量は220gくらいか。。

塩胡椒が合う。


麺と具は一気に食べつくすと、
スープはあまり残らなかったけど、
スープ割りはしてもらった。


これまたうまい。
めっちゃうまい。

デフォルトの味噌ラーメンも気になるけど、
同じものをもう一度食べてもいいな。
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:魚介味噌つけ麺880円
スープの種類:魚介味噌
麺の種類:太やや縮れ
具:スープにチャーシュー、メンマ、ねぎ、水菜、柚子皮

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:最高でした。


posted by ぼぶ at 18:04 | Comment(0) | 東京都下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします