2017年10月23日

四川担々麺 簫記 神保町店@神保町(汁なし担々麺 287/'17)

訪問日時:2017/10/23 11:50

神田方面に仕事にて、ちょうどいいやと、
2軒の新店に寄ってみることにした。


10/16開店、四川担々麺 簫記 神保町店。
ここは家系ラーメン店があったところだ。

中に入ると、一斉に中国なまりの日本語で、

いらしゃーませー!

券売機に向かう。


麻辣担々麺、黒ごま担々麺、白ごま担々麺、汁なし担々麺
が麺類の4本柱で、他に
四川麻婆豆腐丼、四川タコライス、甘酢ソース唐揚げ定食。

麺類は+200円でミニ麻婆丼、ミニタコライス、唐揚げ が付けられる。

迷って汁なし担々麺を購入した。
この時点で連食目論見を思い出し、
汁麺の方が良かったかな、
と思いつつもそのまま席に座った。

汁なし担々麺は麺が冷たいですが、
よろしですか?

と言われ、そのまま了承した。
温麺が可能かどうかは未確認。

L字型カウンター10席、2人卓☓2

席の前には斜めって貼られた薀蓄。


写真の腕のせいでなく、
実際斜めになっているのデス。

これを読んでいるとかなり美味しそうに思える。

待ちは2〜3番目で5分後到着。


お。
意外にも野菜がたっぷり。


肉味噌、ねぎ、水菜が具。
ねぎをどけると、肉味噌が顔を出す。


黒ごまを使っているらしく、
底から麺をすくうと、一部が黒い。


そのまま一口いくと、
じゃきっとした食感豊かな細麺。
冷水でしめられている感がすごい。

まぜてまぜて、いただきます。


あれ・・・


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



意外にも斬新な味わい。
黒ごまの香りは活かしつつも、
麻辣度合いが実に良いバランス。

肉味噌の味付けがとっても好み。
タケノコやザーサイの存在もよくわかる。

一方で野菜の食感もアクセントになって、
全然食べ飽きない。

前述したようにシャッキリとした麺が
実に良い。

あっという間に完食した。
汁系の担々麺が美味しそうだったし、
四川タコライスが想像つかなくて気になる。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:汁なし担々麺800円
スープの種類:−
麺の種類:細ストレート
具:肉味噌、ねぎ、水菜

スープの余韻:−
麺の評価:★★★★★
肉味噌評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:この肉味噌なら麻婆豆腐も美味しいはず。ミニ丼セットにすればよかったです。


posted by ぼぶ at 14:28 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします