2017年11月12日

旬味酒彩 れん@黒磯(和風ラーメン 302/'17)

訪問日時:2017/11/11 18:30

那須に来たなら、夕食は「れん」。
この前、大将といろいろお話して、
ますますファンになったのよね。

今日は山吹コースの一つ上のグレード、
桔梗コースでお願いした。


やはり独特のネーミングの料理だ。
楽しみ。

こちらではこのエーデルピルスが飲めるのも
魅力の一つ。


前菜

小さなハンバーグ、利休卵
秋鯖薫香焼、海老寿司、
アボカド磯辺揚げ、菊蕪。

もう楽しい。
早々にお酒にしよ。
上喜元。

吸い物

松茸と鱧の土瓶蒸し。


派手さはないけど、
出汁の美味しさったらない。
すばらしい。

造り

中トロ、鯵、海老、鯛。

酒はますます進む。
このあと蒼天伝にしたんだけど
前回来たときと全く同じチョイスだ。
進歩してねーなー・・・・

焼物

豚肉陶板焼き 玄酢あん
ブロッコリー、卯の花サラダ。

これ、悶絶ものの美味しさ。
半日煮込んだという豚の三枚肉はトロトロ。
やや味噌の風味のある餡がまた美味しい。
卯の花サラダはマッシュポテトのように美味しかった。

煮物
https://lh3.googleusercontent.com/xylBWGXR5rHhsw1WtQyVcl-NZVyiAugXBJlILvrq7-B8WRBDhmcDmt3vvJRWNT8pgtfT7T7dpufv14QMMjq4i8TyPKUG4gGD6J-ByrsuSflgb7Hp23n042rU_UKCMdv-VNTvkkJD0JwDWaMOLMTOqAIAwCmfj3Im6QrHtPzEx5dD0ueeU0mB4BaF2HsFWLvhq1OOxawPmOh4lovnF4BNLOzkEfqRGTUHpK3Tim4IWPVdH0UoCILw9osYhca5W6Tpq2DpUUgim0_kjptlqPy_9UBbF0SkUh9J1rkaLHAzPwC425B7A-705rnwFDRDDT55_kfKW_fmhdJMnFa0M0-dfsJkt00lTHNPGONRd1dLbnoebt8b9yt-iATVcQTgdMwx_4mXIq0qMk3BWbb4aIsuMSErFMNulrzsmMTLBnEBfMePqhNxNbI6rB0tuvj0AE8kQ_kIDlNATwTMO21h2akhD71WUop1QZkOmUXL2y6dC5s7xyko3U-d26SHEdRVyG_Yh8n0vu8hpvte6W3tyIwzGiOB7YbhaWKT5tqs0tmBd7q55Wi2EsuwosecCwwLqIddsWaUqEbnevDjGgZrhkBfYggtCuWlQwtjrS-Y0VSthC4=w560-h420-no

おでん風煮〆椀
大根、がんも、牛すじ

椀物がおでん風の味付け。
このような形でおでんは初めてだ。
これは良いね。気に入った。

揚物

蓮根と原木椎茸 二身揚げ
青唐

蓮根と椎茸それぞれに
海老すり身が塗り込まれている。
美味しいに決まってるじゃん。

蒸物

蕪のポタージュ茶碗蒸し。
ふぐ、雲丹、銀杏。

これも驚いた。
茶碗蒸しの上に蕪のポタージュが餡として
かけられている。
うなった。。。

食事

締めはいつものように
和風ラーメン。

今日は海苔の上に柚子皮が乗せられている。
これまででも、かなり良い出来。
スープ完食しちまった。

水菓子

いつもの絶品濃厚アイスはホントに美味しい。
りんごも甘くてナイスだった。

今日もごちそうさまでした。
大将のお料理はもちろんだけど、
すてきな女性たちのサーブも魅力の一つ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:和風ラーメン(桔梗コースの締め)
スープの種類:あっさり鯛出汁
麺の種類:細ストレート
具:海苔、青ねぎ 

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:鯛出汁、今日は濃い感じがしました。


posted by ぼぶ at 20:29 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします