2017年12月18日

倉敷らーめん 升家 新井薬師前店@新井薬師前(倉敷煮干しらーめん辛口 340/'17)

訪問日時:2017/12/18 12:02

車で営業しているときに掴んだ新店情報。
近くにいたので、即向かってみた。


倉敷らーめん 升家 新井薬師前店。
岡山からの東京進出。


ここは麺処 嵐風→玉子とじラーメン 松壱
担担麺 百錬→麺屋 久仁衛と変わってきた物件だ。

中に入ると右側の券売機には
シートが被せられている。
店内を覗くと見慣れた顔が。。。

隣が空いていたので座ると、
ちょうど氏の醤油らーめんが到着したところ。


先に味見をさせてもらった。
わかりやすい醤油ラーメンという印象。
岡山っぽい甘みが特徴的。

ここで落ち着いてお品書きに目をやる。


裏には商品写真。


傍らには取説。


では私は倉敷煮干しらーめんにしましょう。

あとでこれに気が付き、


別皿ならばと、辛口に変更してもらった。

卓上調味料類はラー油、胡椒。


箸箱の箸には一つ一つ箸袋が。


10分後到着。


醤油らーめんとは器が違う。
なんかカッコいい。


具はチャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、青ねぎ、茎わかめ、味玉1/2。
背脂も浮いている。

辛味噌は結構な量がある。


スープはデフォルトの醤油に煮干しが
軽く香るもの。


これもわかりやすい味。

麺は一緒の中細ストレート。


硬質ではなく、
しなやかな食感。

チャーシューは小ぶりで、
切りおき冷蔵保存。


メンマはぶっとい。


これ美味しい!

変わったところで茎わかめのピリ辛煮。


ピリ辛には感じなかった。。

味玉。


これも切りおきかなー。
新鮮な感じではなかった。

辛味噌はレンゲに溶いて、
と書いてあるので、様子見、


豆板醤っぽい風味で、
かなり辛い。

余らせるのもなんだし、
全部投入。


終盤戦に途端に汗が浮いてきた。
辛くなっても煮干しスープの魅力は消えない。


ところで、本店ではチャーハンとの
セットメニューがあるんだけど、
こちらのメニューには載ってない。
聞いてみたら、来年から徐々に始めるらしい。
チャーハン、食べてはみたいけど。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:倉敷煮干しらーめん辛口780円
スープの種類:あっさり
麺の種類:中細ストレート
具:チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、青ねぎ、茎わかめ、味玉1/2

スープの余韻:★★★★☆
麺の評価:★★★★☆
チャーシュー評価:★★★☆☆
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★☆☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:今度は定着するでしょうか。



posted by ぼぶ at 14:41 | Comment(0) | 東京都中野区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします