2018年01月26日

中華そば あの小宮@都立大学(中華そば 25/'18)

訪問日時:2018/01/24 11:30

都立大学駅付近はテリトリー。
当然、「あの小宮」2店同時オープンはセンセーショナルで、
すぐにでも行きたかったのだけど、
どうしても足が向かない事情があった。

今日はその近くの比較的気に入ってた八の坊が閉店し、
そのあとに入った中根家という家系を目指したけど、
ピンポイントで臨休という。。。

で、足が向かなかった呪縛を取り除くためにも、
あの小宮へ向かってみた。

つけ麺TETSUを創業した小宮一哲さんを
リスペクトしてかつての部下さんたちが
作り上げた店。
かなりの資本力も動いていると思われるが。。


駅の公衆トイレを挟んで
中華そばと豚骨ラーメンの2店舗。
このトイレ、大昔はすごく不潔だったのよ。。
なので臭気もすごく、
前を通る時は息を止めたもんだ。

きれいになって相当経つけど、
やはりそのころの思いはここへくると蘇る。
それが足が向かなかった理由ではないけどね。

今日は中華そばの方に入店。


おや。
まぜそばもリリースされているのね。
それも気になるけど、
オーソドックスに中華そばを購入。

卓上のお品書きにはまぜそばは書いてない。


ネット検索しても出てこないし、
どんなやつなんだろうな〜〜〜

オープン直後1番目だったので、
すぐに到着。


具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、貝割れ、海苔、なると。
どこからどう見ても中華そば。


スープは香味油が香ばしいのが第一印象。


出汁そのものが濃い感じで、
タレの丸み具合が全くもって好みだ。

すぐに麺を引っ張りだす。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


とってもおいしい中華そばだなー

チャーシューはモロに豚。


もう少し味付けをした方が、
豚の美味しさが伝わると思う。

メンマはすばらしい。


どちらかと言えば太い方だけど、
短くカットしてあるので、
大変食べやすい。

その後絶え間なく手と口を動かし、
ほぼスープまで完食となった。

呪縛は解けたし、
今度はあっち側に行ってみるか。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:中華そば800円
スープの種類:あっさりじんわり
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ、貝割れ、海苔、なると

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★☆
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:流行っています。


posted by ぼぶ at 10:35 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします