2018年05月14日

舎鈴 新橋西口店@内幸町(味豚つけ)

訪問日時:2018/02/14 11:32

舎鈴が全面的にリニューアルするらしい。
現在は新橋西口店のみだけど、
脱豚骨魚介だそうで、
豚骨魚介つけ麺を作り上げた六厘舎三田さんの
新たな提案ということだ。

またオマエか、と酷されたジャンルだったけど、
その登場自体はセンセーショナルで、
今やスタンダードを超えた存在。

新たなスタンダードを作るなら、
それは松富士食品系の仕事なのかもしれない。

店名などはまだ未定、ということで、
看板は逆に付けられている。


11時半で超満席。
みなさん、リニューアルを知ってのご来店なのだろうか。


なるほど。
先人のレポートによると、
確かに魚介は抜いていて、
チャーシューではなく味付け豚肉が
入っているそうな。

店頭のタッチパネル式券売機にて、


その味付け豚がおいしそうだったので、
味豚つけ並 を購入。

すぐに席に通された。
席数は全てカウンターで15席。
今日は三田御大も厨房に!
お久しぶりです。


席の正面に貼られたコイツを見ると、
三田御大は今月あと3回登場予定。

調味料類は、白胡椒、一味唐辛子、酢。


大葉が入っている注意書きも。


大丈夫です。
なんなら増してください(^^;

座って6分後到着。


300gの麺が美しい。


しこしこもっちり。
さすがの麺。

スープには味付け豚、メンマ、ねぎ、海苔、
キャベツ、小松菜、大葉、鷹の爪が入っている。
豚は増したけど、もとも具だくさんなのね。

ではでは、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



元々のスープから魚介を抜いた、
という表現でいいと思う。
新鮮、とは言わないけど、
これまでの味が頭をよぎるので、
その分新しい味わいを深く感ずる。

時折あたる大葉は必要不可欠に思う。
実に効果的だ。

そして、スープと麺の相性が
うなるほどベストマッチ。

これは美味しいつけ麺だ。。。


豚をいただいてみると、
それほど濃い味でなはない。
むしろこのスープの味がよく合う。

肉はほんとにごっちゃり。


増してよかった!

一味、胡椒を麺にふってみた。


一味は文句なく合う。

しかしホントに具がたくさん。


終盤になっても楽しい。

麺と具がなくなったので、
スープ割りをお願いすると、
保温されたやかんから、
ほうじ茶が注がれる。


これは好き好きあると思うけど、
面白いアイデアではある。

新しいつけ麺、私は好きだぞ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




実食感想
実食メニュー:味豚つけ1000円
スープの種類:動物系
麺の種類:中太ストレート
具:味付け豚、メンマ、ねぎ、海苔、キャベツ、小松菜、大葉、鷹の爪

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:豚骨魚介に辟易した向きにはこいつですね。

114
posted by ぼぶ at 13:26 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします