2018年05月26日

豪虎担々麺@昭島(黒トリュフ担々麺)

訪問日時:2018/05/26 11:30

北からの帰りに
西に行かねばならず、
昭島まで遠征。

ランチは駅近の新店を選んだ。


豪虎(ごうこ)担々麺。
3/21にオープン。

味は1種類でトッピング違いの商品がいくつか。


黒トリュフ担々麺
に少しだけ惹かれていた。

のれんが出て直後に入店。
券売機に向かい合う。

https://lh3.googleusercontent.com/Gkbm3Z39gfXoWzeKCB-pzmegTzmq2N4zaBmeTVoX6RrHyd8nikbSWz1CS3JbM_AixQUc99wV_wtuTQ3lFGDjmEarGOgOPSf5xUFNFSBWvpld6Ig-_EbiG9EDRMO3tWNmwJJ3Kpw2t5us5PSVGRfReZrD-eecnnhXk9onSHs03tDHKKfdaFfTLcuCZ4UST1lPzygBrggNMkwghQDIY6Y7CPTa9VdrxCEQwOHX8Li44GoWO7U87DBiX1jHe3ZLz28IJ4OdzWyXW6jmKmth6PNjohoXI3h5mutT4_5F1x1jtjzn6PWshYXNWebyKTHxv02JKVjATvCzCA9KaZpt8qW68AftvONja8uOvA8X5q2hBZjYWs2vL6ODeSWUG-5DKHzTi7_LD1rhfJeS89f83YNSOM3NEgeaKdhiy6wCFPMS4IoWhJtCqgTpSuTKn2Eib9nkKLuI_X0nTY55GzC9RF98Ou2LpmuPVQFxQcX1nPxiK8OkCF5AlsI2j8qZIwur2kg-abHQ5kEEUBkMiIXVtcH8HvlY7rQ4PltbIG6zjghqy6g4FYuEdyr8Euv1M3Bbbe394txTvjFF3sOihtbdrLsc9Rg1W_rgQkueMclmJ058=w900-h669-no

黒トリュフ担々麺とパクチーを購入。
辛さは普通にした。


卓上にはいろいろ調味料類。


フライドオニオン、酢、花椒、唐辛子。
レンゲの模様もきれいだし、
穴あきレンゲまで装備。
わかってるねい。。

担々麺にはジャスミンライスが自動付属。


お節介ではないですよー。

まずは取り放題のザーサイを取って待つ。


店主様はしっとりとした壮年世代。
安心感あるね。
助手さんは奥様?
とても感じがいい。

3番目で6分後到着。


具は肉味噌、トリュフペースト、水菜、高菜、干し海老、ねぎ。

https://lh3.googleusercontent.com/s8U5ed6101OeLH3NxMnqnOx9ZtoeMm1gmVSb6Kv1-rkwKkGkTd7zmuLj6u2HlXOA7lwuz9qqs8pKc6UQunSUYIxb-VItRVUdMAArc-4f5l7lZjA6lL_360RXDLt7TuLpLO5ArLxMQUl7Yy-lRyBVqA2hiutfG6tFVdJm09nPIf0T-E5vBxSVDUYiDouWZxGNLPKZfpCUVBWqb61B0dwTCuzB0sDsE-oCQ_sqhqXKkQ4go-bkLGSf0dnGgWYuVMcfL2xPdjjqBMYkYQDxeCVodAuiDK6XpisF5mYiubqQiI8lPWcmEHPThgX8GMfDgN7w4gaz5cuuvOI2DvS9s49WzOSbvo-5QWr4cAwcSATcLJR6s2JFkFtkR9IfwugdVaaRr7G86GDPoUjOhs_Qw6Ca7XM33XjHKKf-JIc7wct5Y1vb0mHUTmYW5hb9Bu14CoUN9z4mwfeFzfsf0z76lySzgq1p16fdltPUoY5Ke6KCTyRJ9MIxdU0VQaMw5BuljDBLHjvCwvBiGad-ZV_SJQg1cYG6TVGJBF6p-h5sh58-F2WOg-bhFocu_vAwUZ_ghEWp_7BKEcEXQ5z-zTF0RB9xBm8JPS4CjqHw8gMd3drH=w560-h420-no

担々麺としては高菜が珍しい。

ではスープから。


あは。

濃厚(゚∀゚)ウマ!!!

胡麻ペーストが多めで、
とろっとしたものだけど、
しつこさはない。
香ばしくてとても美味しい。

麺を引っ張り出してと、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


めちゃ美味しい!
少し柔めの中細麺が
スープをこれでもかと引っ張ってくる。

トリュフの部分は

https://lh3.googleusercontent.com/zjy9AD1c1Ld65t10mpxJd5P0uazw_VaZ-R3tsRJdcYZsovhOZhRQiCNkFryY3U8etC_blRxy5NI7Rl99HfPG0ptmrXrDGD_3ERvGSbEN3NRMFsy4voMD3cqN6rOrf0VVq-hpGekdxsSJfmqzDvaURRDNL18PPPzs3UzP3CjaG3gslr_FHI9zcG7Zy79JFwozvAuoxKv_u6bwMmeEbhdwZVgdcczQeiRte5qHC0xNQEtIqajMZH5SEZIEhRuhci3aoad3h8dM2q-Hyu_gQJDgwq1H8Lu04vxzfl_iALW2Eua0WlurRQSney1KMRaXKDjTNArt-6qXIzYG8fnOWjMEmrULgnpY4ssKCMQCeNu2fIsColAO5hNNdy8zB0U_43QtO9oxcN3AMDfS6v2JYxC2OGY-4Tk-N0xXGHxjnSQy9u1UQUrDyNi5Thr_JwPB6euCdjp_XuAojAyLw5s03o7FXYbAMuFRUZDa6n9w3VD-5JOMdF9t-aOw5XN5O8SQfLI4QXFDAii000pps_zpvrEe36u9qE6tdO0UctboX5_m1yeWug3WsJ6OuD_6A7Z42SVo-pQn5pa9YdekMnlc1Ei65y6AF_2qRfq-eJ0uGfAV=w560-h420-no

確かに担々麺としてはこれまでなかった
香りが充満し、リッチ感を増幅させる。
ただ、もう少し量がほしいかな。。

高菜と干し海老の部分の方が
面白かった。

https://lh3.googleusercontent.com/TXm1rhD2W2_4Q3Yu6E13_gYDxjDLMv2Ja800o1ekAJdl3FaLWjg4X1tf___bQNvWmHbvnrQodW8iyn2wpPTlwSvm1DV27mOt3FaDYexEBBlItTIoueNrU9jAEoJjMGtMxlgDJ3eH4ar1XZNpMX6fVO1di0XIrNfquT8k3kkkmrHUIyqWMqRIms2hr0KmKnFEvCKPNI9HL58EXyYypPUDIAm4g9NYACGNLJMUF19wrCH76vavpHh0RmfwJbL_g2PF0e26RB6MUlQoIVtszEPGNPAvD3h-CleNWKi2sr1Pj3VFkSvky6vAgong_mACYBBOHYIY-0IbkOSPHYPhvSDy3QSq0sHc6wkSf72QVDLvjDxvnKtm732mCQ7mlYPJo9M82q48yOIp2ZL_e2khFJEnyC-j3oJa3EU0f3qAVHCiHsfcNI6gRbwEOOnjzVexxI1qedXEf1_P5oSirKoWhKhMsxXRI6TIjfg50Vmp9FyzhKFrPjO9DI77iviCmkztwNRuoh73H0RmOd-N_TsE8etROys1Eul7k02QxTqKcMtfh6dtfOmGGXe17RjRIAcO4NB-6mJBkYi5CT6OL9_RISXXWV2711SblCFaiohUtQvF=w560-h420-no

そのうち全てが混ざってくるけど、


濃いスープも手伝ってか、
一体感は損なわない。

フライドオニオンを乗せ、
花椒を擦ってみる。


デフォルトでもそこそこ辛いし、
花椒も利いているけど、
私にはこれでちょうどいい。
痺れる~~~

別皿で頼んでおいたパクチーを投下。


トリュフと喧嘩するかな
と思っていたけど、杞憂だった。
それぞれの良さがわかる。

ジャスミンライスはお茶碗で。


日本米でなく、ジャスミンライスってのがいいね。
絶対合うに決まってる。

ってことで、


オススメの方法のいずれでもない、
ライスに残った具を全て乗せ、
スープを垂らす。

うまい・・・
この食べ方が好き。
スープの中にライスを入れると
カロリー高いスープを全部
胃に納めることになるしねえ。

おいしかった。

気がつくと店はほぼ満席になっていた。
すでに近隣の方の心を
捕えているようだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想
実食メニュー:黒トリュフ担々麺990円、パクチー120円
スープの種類:濃厚担々
麺の種類:中太縮れ
具:肉味噌、トリュフペースト、水菜、高菜、干し海老、ねぎ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
肉味噌評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:1種類の味だけで十分勝負できる力強さでした。

124
posted by ぼぶ at 22:18 | Comment(0) | 東京都下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします