2018年09月21日

火鍋屋 赤坂店@赤坂(汁なしタンタンメン)

訪問日時:2018/09/20 13:15

お昼が遅くなった。
正午前後に食べられないとイライラするし、
同時に思考回路が鈍くなる。
そんなこんなで考えるのも億劫になり、
赤坂の火鍋屋へ入った。

店に入るととても賑やか。
ほとんどが一人鍋で火鍋を楽しんでいる。

IMG_4949.JPG

冷やしもいろいろ。

IMG_4950.JPG

私は火鍋には興味ないので、
汁なしタンタンメンを注文した。

お冷はぬるいプーアル茶。


到着。


付属のスープはとろみがついた薄味。


塩気が薄い。

サラダはキャベツ主体。


漬物は白菜。

麺がいいと聞いていたし、
この独特な風貌に興味はあった。


肉味噌、ねぎ、四川の漬物 芽菜?が散りばめられている。

麺は熱々だ。
テボからそのまま器に入れ、
ほぐしていないのがよくわかる。


一口いくと、それほどの麺には思えない。
というか、茹で過ぎちゃったのかな、という感じ。

芽菜が良い風味だね。


底の方からよくかき混ぜたいが、
麺がくっついてよく混ざらない。
そこそこにしてパクつく。


ラー油の香り、タレの味の具合、ナイス。
個性的な味わいだけど、これは美味しい。

辛さはほどよい程度。
痺れはほぼない。

麺量は200gオーバーじゃないかしらん。
結構多かった。

お遊びしてみたけど、


これはしない方がよかった(^^;

最後は杏仁豆腐。



おとなりの麻婆豆腐がおいしそうだったぞ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:汁なしタンタンメン800円
スープの種類:−
麺の種類:中太縮れ
具:肉味噌、ねぎ、芽菜

スープの余韻:ー
麺の評価:★★★☆☆
肉味噌評価:★★★★☆
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★★☆
ひとこと:麺の茹で加減ひとつで化けると思います。

207
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします