2018年10月14日

鶏そば 山もと@三鷹(鶏そば)

訪問日時:2018/10/13 11:33

前から行ってみたかった、
三鷹の焼鳥山もと。
この10/2からランチでラーメンを始めるのを
知ったのは少し前。
とても楽しみだったけど、
早く焼鳥の方に行っておけばよかったなと。


11時33分到着。
並びはないのか、
と思って地下に降りていく。


独特な格子のきれいな入り口。


すると、中に3人立ち待ちが。
L字型カウンター16席は埋まっていた。
ひゃー、すでにそんなに注目度高かったか。
カウンター席先頭は尾瀬さん、3番目はいけ麺さん

入り口向かいの坪庭がいいね。


隣は同経営の和牛倶楽部。


今回のラーメン提供も
こちらとのコラボと聞いている。


流れは悪くなく、
15分後席に通された。

山本店主さんは
焼き鳥はもちろんだけど、
店内で保管する熟成酒に並々ならぬ拘りをお持ち。
その保管スペースは圧巻。


その拘りをこちらで見て、
行きたいと思っていたのよね。

さて、お品書きを。


鶏そばと鶏そぼろごはんをお願いした。

卓上には乾燥実山椒。


香りを嗅いだら、
ものすごくいい香り!
あとでたっぷり入れよ。

お品書き裏の説明を読んで待つ。


これは読み応えある。
きっちり読み終えたころ到着。


奥で調理して、
こちら側に運んできてから
いろいろ盛り付けていた。
なんともきれいな仕上がり。


豚チャーシュー、鶏チャーシュー、ねぎ、セミドライトマト、
カイワレ、すだち、食用菊、ベルギーエシャロット、柚子胡椒
など、絵画のように美しい。

すぐにレンゲを差し込む。


メ!

鶏の旨味はそのままに、
鶏の臭みが一切ない。
タレのせいか、やや甘みがあり、
かずまちゃんラーメンのスープに似ているかな。

麺、ずりりr



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


すすっている時の香りですぐに声が出た。
これは美味しい!
シコシコの食感、唇触り感もナイスだなー。

豚チャーシューには紫に縁取られた
ベルギーエシャロットが乗せてあった。


レアな仕上がりで柔らかで、
塩味もちょうど良い。

鶏チャーシューは今や当たり前の低温調理。


鶏肉の扱いはお得意でしょうし、
これも間違いないお味。

ゆず胡椒はこういう塩ラーメンにはよく合う。


高知の乾燥実山椒を擦り入れてみる。


これがまた・・・
すばらしい香りだ!
さわやかな痺れもあり、極上。。。
このあとも2回入れさせてもらった。

鶏そぼろごはん。


玉っころは煮うずら玉子かと思いきや、
キンカンの醬油漬け!
で、このそぼろごはん、衝撃的に美味しい!
今までいろいろいただいてきたけど、
これはいきなりベスト3に入ってくる味わい。

キンカン醬油漬け最高。


これ一個でごはん一杯いける!
醬油味は濃いけど、
こういうものだから全然OK!

これいいなあ・・・
キンカンなんてあまり売ってないしなー。
作りたいなー。

こちらにも実山椒をいっぱい。


合うね!
美味しさアップだね!

このあと山椒のミルを見たら、
半分以上なくなっていた。
好きとは言え使い過ぎました。
スンマセン。


さてさて、思った以上に美味しかった。
これはやはり焼き鳥と熟成酒をいただきに
来ないといけませんな。
3ヶ月先くらいに予約を取ってみるか。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:鶏そば800円、鶏そぼろごはん200円
スープの種類:鶏主体
麺の種類:細ストレート
具:豚チャーシュー、鶏チャーシュー、ねぎ、セミドライトマト、
カイワレ、すだち、食用菊、ベルギーエシャロット、柚子胡椒

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:この鶏そばだけで話題になりそうです。

224
posted by ぼぶ at 10:33 | Comment(0) | 東京都下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします