2018年11月09日

中華そば つの井@雑色(出汁薫る醤油そば)

訪問日時:2018/11/09 11:47

醤道総本店の跡の店がプレオープンしている。
11時オープンとのことだったけど、
今日は少し遅れるというので
違う店に行くことにした。


雑色の駅前のいい場所にできた
中華そば つの井。
梅屋敷にあった、金木犀の移転改名。

ここは遠州→三桂庵、と変わってきた物件。


いろいろ書いてあるけど、
とりあえず入店し、券売機に向かう。


10/29開店でまだ開店セール続行中。
大盛りが無料になる。

「出汁薫る」と冠の付いた、
醤油そばを購入した。

L字型8席のカウンター。
店主さん一人体制。

お冷はセルフ、
卓上調味料類はなし。

こういうこだわりを持つ。


3番目で7分後到着。


見慣れた器だ。
この手の淡麗中華そばには
よく見かける。


鳥低温調理胸肉、豚低温調理肩ロースの
2種のチャーシュー、紫玉ねぎ三つ葉、煮干しが
盛りつけられている。

スープ、うんまい!


瀬戸内の乾物魚介系をふんだんに使い、
丁寧に作られた出汁、というのがよくわかる。
醤油ダレも4種類を使って仕上げていて、
まろやかながら、キレもある。
これは・・・好き。

麺がまたいいね。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


羽田製麺?の細ストレート麺は
しゃっきりとしていて、
その食感がスープに実にマッチしている。

チャーシューも絶品の仕上がり。


しっとりとして、できたてみたいな
新鮮な感じがする。
実際、切りたてではあった。

鶏もすばらしい。


しっとりして、味もしっかりしている。

添えられた煮干しは愛らしさすら感ずる。

https://lh3.googleusercontent.com/53nZqtvZxs8s7AFNTSnqJHRZUfMS5lvwa9kdxXCJHOCuLsMn_OMffAnmqvzdGKJ8nWp1ULnYWNqX1I0_U7E28UBU-qLpw5LizgheQRWG0jfGF5NVdRsCJd-Iqrj8R9QCLuoKB8VNBzbpcd0eV6mKi20bUBdH2uaO-EhVnDDKvMuHsBrg9bICNqTLDwclxjW3kJwOrbEkk8DjCW2iGjXl8qFNtqzyEHCYE4p21z9Afd4VRIKEHBl85juZayTfrseuLO5zOC-bfwqGm3AsaxHOkcmJavlDFut9Xo-bvMBisWQ9vwl8AABAcWMaEbe8VSuqgsLp8LtYRJ98qWuKZkpR_rXzbBFMsOHxYaevFt2JNyv8gzprMm8M9O1DYHEtk0NUJPSPkbyFEO6Hj-vNyJOZhunUDhk1nTyg4bdBJ3QX8uqFlxyohScJren9mm6gX_xvKtu9SKwZ4MVJ-SdAdZtYgDphWW5vL6Q1VN0rKPJIqDLzmE8Pr7EKkFlEfO5l2Lp1VHrQIWBak0eNUXYQkZcYSuOpNtok66Gp-IDnfE1MHlN8I_jMeVNJZltfW068mgbuehTEYFdIp-aPjHuBDceWxMUvS4gAcSrErFQK0jUIWuxMtvufcGDxgPpu4dXEC_C-LenymcYHyDVaf4Y-1CUgXc6PWqlZVSOx5MMIfzRc8OJnCw=w560-h420-no

カリッとしていて、
煮干し油を作るときのものかも。


ほぼ完食となった。
貝出汁も大いに気になるじゃんか。

ところで、こちらの右隣りは中華料理の大元。
でも、コンセプトはまるで違うし、
すみ分けはできそうだね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:出汁薫る中華そば780円
スープの種類:あっさりじんわり醤油
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー、メンマ、紫玉ねぎ、三つ葉、煮干し

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:多くの人に好かれる味と思います。

243
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします