2018年11月20日

つけ麺 はま紅葉@日ノ出町(つけ麺並)

訪問日時:2018/11/20 11:05

横浜を通るので、ちょうど1年前に開店した
日ノ出町の はま紅葉 に行ってみることにした。

国分寺のつけ麺紅葉で修行した、
女性店主のお店。
若い女性があのパワフルなつけ麺を作る、
というギャップがずっと気になっていた。


11時ちょっと過ぎ。
シャッターでなだれこむ、
というほどではなさそうだ
(帰るときは満席だった)。

早速店に入り、券売機の前へ。


以前は200、230、260、290gの
4段階で同料金だったけど、
麺量で価格を変えたようだね。
正しいと思う。

混ぜ麺とも思ったけど、☓印なので、
冷たいつけ麺並を購入した。

麺は本家のように数種類用意。


最初は手揉み縮れ麺の太麺でお願いしたけど、
和え麺が気になり、それに変更してもらった。
和え麺は温かい麺のみとなるそうだけど、
問題ないです。従います。

11月17日が開店日で数日前は
1周年記念をやったらしい。

店主さん、噂通りのキュートさ。
11/17は個人的にメモリアルな日でもある。
縁を感ずる。。。

卓上には一味唐辛子、胡椒、酢、タレ、
七品目の揚げ玉、ゆず七味。


目の前にはいろいろと説明。


12分後麺から到着。


まず、そのまま
召し上がってみてください。

とのことなので、数本を口に運んで驚いた!

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

なんじゃ、この麺の美味しさ。
もっちりとしなやかな弾力があり、
なんといっても香りがすばらしい。
このまま食べきってしまっても悔いはないくらいだ。

さながらTKMだけど、
これは気に入った。
生姜を添えると、もう箸が止まらんよ。

するとスープ到着。


スープは見慣れた風情。


インサイドにはチャーシュー、メンマ。


では満を持してスープに麺を、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


濃厚豚鶏魚介のスープは、
古臭さはなく、甘み、香り、秀逸。

玉子をまとった温かい麺が
すばらしくマッチする。
つけ麺は冷たい麺でなければ、
という常識を覆されたな。

玉子で和えてあるのは
つけ麺の麺としては大発明じゃないすか。

麺に揚げ玉を乗せてみる。


これがまた好み度倍増!
違う食感と青のりなどの香りが加わり、
極上の一杯へと化す。

チャーシューもメンマも標準以上。


両方とも増したいほどだ。

ゆず七味もナイスですなあ。


麺はすぐになくなってしまったけど、
残渣が魅力的。


ここにスープを少し足して味を調整し、


ぐは!
こりゃたまらん。
ごはんにぶっかけたい!!

そして、スープは手渡し方式で割ってもらった。


ゆずが入って再登場。
これもいいねえ。
ほーっとするデザートになる。

ごちそうさまでした、と告げると、
店主さんの心からの笑顔で見送られる。
いいお店だ。
また来てみたい。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:つけ麺並780円
スープの種類:鳥豚魚介
麺の種類:太ストレート
具:スープにチャーシュー、メンマ、ねぎ、なると

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:やはり違う麺でトライしたくなります。

254
posted by ぼぶ at 23:04 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします