2018年12月17日

南北麺館@新宿(武漢熱乾麺)

訪問日時:2018/12/17 12:25

最近まで知らなかったけど、以下の五種類の麺を
中国五大麺というそうだ。

武漢熱乾麺
山西刀削麺
四川担々麺
北京炸酱麺
広東伊府麺

この五種類の麺を一店舗で味わうことができる店が
10月31日、西尾久にオープンしたという情報を仕入れた。
武漢の熱乾麺だけ知らなかったので、
興味本位で向かってみた。

車を近くのパーキングに停めて歩いていると、


こっちですね。


いかにもな中華料理店の外観に
一瞬ひるんでみる。


店頭には五大麺の説明を兼ねたお品書き。
それぞれを日本風に、あるいはこの店風に
アレンジしているようだ。

入店すると、予想通りにたどたどしい日本語で
迎えられた。

券売機に向かう。


本日のサービスセットは担々麺と半ライス690円。
熱乾麺と半チャーハンを購入し、チケットを渡す。

半セルフがシステムらしい。


体調が優れない方は席まで持ってきてくれる。
そもそも体調悪かったら、こういう店には来ないんじゃ、
というツッコミはしないの。

でも、温かいお茶を店主の
お母様かな、が運んでくれた。


調味料類は醤油、ラー油、酢、胡椒。

店内はカウンター3席、4人卓☓2、
2人卓☓1という構成。
小さな、町の中華屋風情。

6分後、体調は良いけど、持ってきてくれた(^^;


麺の器は樹脂製。
お客が据え膳下げ膳するのを配慮して、
軽いものにしたのかな?


肉味噌、小松菜、もやし、人参、ナッツが
散りばめられている。

肉味噌を少しつまんでみると、


胡麻ダレがかかっているものの、
基本的に美味しい肉味噌と思えた。

本場だと手延べ麺らしいけど、
こちらは違う。


中太のもちもち麺。

これをまずは混ぜますか。



おほ。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


辛くない胡麻系の汁なし担々麺という感じ。
肉味噌と胡麻ダレがかなり上質。

もやしと人参の食感も加わり、
これは楽しい一皿だ。

また、時折あたるナッツとザーサイもいいね。

途中で辛さがほしくなり、
ラー油をかけていたら、


「もしよろしければ辛いのどうですか?」

と辣醤をくれた。
これはありがたい!


いいね!
かなり辛いけど、風味も増して
全体がひきしまった。
って言うか、これ
テーブルに置いておけばいいのに。

胡椒もよく合うし。


箸が止まらない。

半チャーハン。


ミックスベジタブルか。
若干チープに感じられるな。
味は薄めの仕立て。

なので、


麺の残渣を乗せて楽しんだ。
おなか一杯になった。

あとは担々麺も炸醤麺も気になるところだな。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:熱乾麺700円、半チャーハン200円
スープの種類:−
麺の種類:中太縮れ
具:肉味噌、小松菜、もやし、人参、ナッツ、ザーサイ

スープの余韻:ー
麺の評価:★★★★☆
肉味噌評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:楽しい昼食でした。

277
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(2) | 東京都荒川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼぶ様 いろいろ素晴らしい内容が書きました。本当に感動いたしました。
まだ、よろしくお願います。
Posted by 南北麺館 at 2018年12月28日 01:12
☆南北麺館様

コメントありがとうございます!
とても美味しかったです。
がんばってください。
Posted by ぼぶ at 2018年12月28日 09:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします