2019年01月11日

手打ち中華 よしだ@白河(チャーシューワンタンメン)

訪問日時:2018/01/11 11:00

白河ラーメンを極めたい、
最近、つとにそう思う。
今日は昨年10月にオープンした、
白河ラーメンのニューカマーに行ってきた。


開店10分前に着くと、
20台は停められる駐車場には数台の車が!
あわてて、店頭に行くと名前を書く用紙があった。
6番目で記入し、のれんが出るまで車で待った。

そうしている間にも続々と車がやってくる。
すでに行列店の仲間入りを果たしているようだ。

こちらのご主人はとら食堂出身のたいち
修行されたし、それならばと頷けもする。

時間通り11時ぴったりにのれんが出ると、
女将さんが一組一組名前を呼んで、
席を指定していく。
そして、その順番に注文を取りに来る。
私はカウンター席の4番目を指定された。


チャーシューワンタンメンをお願いした。

調味料類はいろいろ。


長期戦を覚悟したけど、
20分後到着。


うわ、美味しそうだ。
今日は寒いし、よく立ち上る湯気も
脇役かのよう。


スープは、果たしてたいち譲り!


鶏出汁をよく感じ、
適度にとがった醤油タレの角が
パワーを感ずる。

手打ち麺をば、


曇った・・・・


もうめんどくさい。
ずるり、、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


白河ラーメン、いいなあ。
やはり落ち着く味だ。

どちらかというとこちらは動的というより、
静の感じ。

この微妙な違いで、こちらの方々は好き好きを
語るのがすごいなと思う。
喜多方ラーメンに比べるとその違いはホントに微妙だし。

チャーシューは3種。
肩ロースと、


もも肉と、


かぶり肉。


食感はもちろんのこと、どれも違う味なのがいい。
特にかぶり肉は希少だし、
余計おいしく感ずる。

メンマはやさしい仕上がり。


ワンタンは適度な食感で、
中身も味がわかる程度に詰まっている。


このワンタンはうまい!
ここでは必須と思われる。

スープまでほぼ完食となった。
これで980円はお値打ちと思う。

会計を済ませると、
すでに店内待ちは10名以上。
しかり、でしょうな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:チャーシューワンタンメン980円
スープの種類:白河
麺の種類:中太縮れ
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔、ワンタン

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:堂々とした白河ラーメンでした。

6

posted by ぼぶ at 17:58 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします