2019年01月22日

鯛塩らーめん 狛龍@大森(濃厚鯛醤油らーめん)

訪問日時:2019/01/22 12:28

昨年11月くらいから、蒲田の狐狸丸
支店を西蒲田に出す、という情報があった。

でも、TwitterにもFacebookにも
そんな情報は一切載って来ず、
どうなのだろうと思っていたところ、
1/21に大森で鯛塩らーめん 狛龍なるお店がオープンし、
どうやらこちらがその関連店らしい。

行ってみましょ。


ちなみに「こまたつ」と読む。
ほんの時折、神社で見かける狛犬ならぬ狛龍が語源か。
蒲田のお店は狐だし、神社関係がお好きなのかしらん。。

中に入ると、券売機がお出迎え。


蒲田と構成は基本同じ。
つけ麺は未発売。
蒲田で未食の濃厚を醤油でチョイスした。
ご飯物は本日間に合わなかったみたい
(帰るときには販売していた)。

L字型カウンター13席、
2階に8席のテーブル席がある。

調味料類は胡椒のみ。

2番めで3分後到着。


器は違うけど、蒲田と同じ受け皿付きスタイル。

具はチャーシュー、メンマ、青ねぎ、スプラウト、鯛ほぐし身、ゆず皮。


スープは鯛の香りに支配されるでもない。
なんと言うか、醤油の香りで若干鯛が打ち消され、
不思議なバランスになっている。
鶏出汁のベースも感じられ、これはうまい・・・


麺、

https://lh3.googleusercontent.com/o8m8_RzFM_grwqQ9QLMBPDgzCUfkzAhy6Oqq17kngnp0s9Zg4DHwmXkpr06r01WCYK2GtGTKzz5qLRFi4QJWO4EDths0utSwqNS9qB6NzHAnOteUj2THq4e2OLV3fldX-N5-q3eUye9_9HS71lg1TNZoJorci8stiMEdTSLRV7DIKfWrmuP1wuFThswPNxIf1sx2W81DLKdnz6OT-rRlEcpSQSDIgh6lpQ4t08uyd9Ky7TLMJg94U2AuUE7-LosUcuYuI4h0Cg1hWHqsNwV_BzoeEtyAFE4iFrLmuX0l9766NqgJlosCWujRSJqxY0L2GEo_slHsZpo9-rkAebTb20s05kXfLfKD7MzKhUgRjZ5n4Q5zZur83qNHJwzpBGaIOJctKDr3rqvQpmPmxuZSSbZ1Jtq7VItqj70rEUIo-OCCPxxeSlIIWUTrzPG0vd6Ca6Fyafd6wpvfBF8Kg4p13SukWWIyds3z49ImMXssLeT7NI2idZmsZrRqyLb1a6cBg6rKDmOoNhvwkSwdg4NvxLRN0BAog1yhazsM7NAXzS4yP-uY8gZA0V-8BOqpr_ilquunjBwOLq2i6shvGZ6X44yBo_gGr2u1Cu5nfTHqLDi9E9_8UDS9AdlChLZX5fYRpasNo6LXwwhz4442AZJOE3A2aA=w560-h420-no


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


あーこれは相当美味しい!
すすり上げるので、香りもたくさん吸い込むけど、
鯛の生臭みに通ずるような香りはマイルド。

甘みもあり、塩より私はこちらの方が好きかも。

チャーシューはレアっぽい。


狐狸丸みたいにしゃぶしゃぶスタイルだといいのにな。。

メンマも美味しい。


そして、鯛のほぐし身がやはりいい仕事。


炙ってあるので香ばしい。
トッピングでほしいくらいだ。

その後躊躇なくスープまで完食。
かなり満足した。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:濃厚鯛醤油らーめん780円
スープの種類:濃厚鶏・鯛
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー、メンマ、青ねぎ、スプラウト、鯛ほぐし身、ゆず皮

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:この通りはラーメンストリートのようになってきましたが、共存共栄を祈ります。

13
posted by ぼぶ at 22:02 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします