2019年05月23日

さかなとブタで幸なった。@武蔵新城(煮干らーめん)

訪問日時:2019/05/23 11:30

武蔵新城のからひげに行った時、
通りかかってオープンを知った店に
ラの相方とGO!

当初は5/10開店のはずだったけど、
5/21に延期。

場所はめん辛坊→誠信→一信と続いてきた場所。


大阪には
という店があるけど、その関係?

店頭にいたスタッフさんに聞いたら、
大阪とは関係なく、
オーナーさんの独学だそうだけど、
「。」まで一緒ってのはどうもね。。。

あと、

「煮干が嫌いな方はご遠慮ください」
「すごいブタ煮干らーめんの店」

とある。
凪とも関係が?
とも思ってしまう・・・

まあ、中に入りましょ。


らーめんとつけ麺の2本柱。
らーめんは煮干全開で、
つけ麺は鰹節などを使った辛い系だとか。

私は煮干らーめん、氏は魚豚つけ麺をチョイスした。


和え玉、気になる。
つけ麺はデフォルトで辛いので、
それを抜くこともできる。

麺はらーめんとつけ麺は異なる。


果実酢もある。


卓上には置いてなく、
つけ麺に都度供されるスタイル。

1番目で5分後到着。


サイドがラピスラズリ色できれい。
店名入りなのね。


この辺もなんとなく企業色が臭ったり。。

具はチャーシュー、ねぎ、紫玉ねぎ、水菜、海苔。

スープは濃厚。


豚骨煮干、というワードで味自体はくくれるけど、
それだけでない独自の美味しさがある。

麺は細ストレート.



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


豚煮干ラーメンとしては
少し独自性もあり、
美味しいと思う。
好きなタイプでもある。

チャーシューはバカみたいに美味しい!!!


これは10本くらい食べたい、
と思ったよ。

氏のつけ麺。


チャーシューはスープの中に。


じゃばば・・



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いや、これも美味しいぞ。
確かに煮干よりは鰹節の香りだけど、
豚骨魚介で括られていた時代のものとは
かなり違う。

そして、かなり辛い。
辛さの元は企業機密だそうだけど、
青唐辛子系の香りがして、さわやかな辛さ。

でも、「ピリ辛」のレベルではないな。
これはかなり大事なところだと思うので、
事前にアナウンスを徹底した方がいいと思う。

それか、辛味を卓上に置いておいて、
自分の好みに調整するとかね。

いずれにしても
いい店できました。
こく丸、信醸、牛王、と並んだ立地だけど、
すみ分けはとりあえずできている。

続かない心配な物件ではあるけど、
長い繁栄を願うものなり。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


104
実食感想

実食メニュー:煮干らーめん800円
スープの種類:濃厚豚煮干
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー、ねぎ、紫玉ねぎ、水菜、海苔

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★★
ひとこと:また食べたくなる、かもしれません。

posted by ぼぶ at 06:53 | Comment(2) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログに上げるのが遅れていますが、私も食べてきました。

店主さんは濱星溝の口店出身、メニューはほぼ同じです。
Posted by ふらわ at 2019年05月24日 22:44
☆ふらわさん

いつも貴重な情報をありがとうございます。
Posted by ぼぶ at 2019年05月25日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします