2019年07月03日

伊蔵八中華そば@祐天寺(ごまの辛い中華そば)

訪問日時:2019/07/02 11:47

祐天寺駅、改札外構内にラーメン店ができた。
なんでも、あざみ野にある
「らーめんとカラアゲ あの小宮」の2号店とか。
あの小宮も増殖してるなー。

商品名の中に気になるものがあったので、
行ってみた。


伊蔵八 ってどういう意味なんだろ。

商品構成。


気になっていたのは ごまの辛い中華そば。
最初それを知った時に
まさか荏原中延の多賀野関連!?
と思ったものだ。
でも、あちらは ごまの辛いそば だったね。

中に入って券売機へ。


さすがに唐揚げ系もたくさんある。

予定通りにごまの辛い中華そばを購入。
あと、半チャーハンも。
唐揚げメシも気になるけど、
今夜は唐揚げ食べる予定なのよね(^^;

店は広いね。
厨房に向かったカウンター8席、
壁に向かったカウンター8席、
4人卓×1。

カウンター8番席に案内された。

調味料類は味付キクラゲ、激辛ニラ、ラー油、
レモン果汁、酢、胡椒。


厨房には男性二人。
いかにも所作が慣れていらっしゃる。
ホールの女性は外国の方だけど、
動きが良い。

3番目で4分後到着。


具は肉味噌、ねぎ、具ラー油。
かなり山椒が良く香る。


スープをいってみると、


ぐは!

メ!!

基本のスープ、醤油味がよくわかる。
ゴマは粗いタイプで、
練ったタイプの芝麻醤とは違う。

そして何と言っても山椒の香りがリッチ。
どうやら山椒由来のようだ。

麺は中細ストレート。


ひょ〜〜〜〜


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


辛さほどほど、痺れもほどほど。
大変ナイスな辛いそばですなあ。
和風担々麺、といった風情。

具ラー油も香り豊かだし、


肉味噌が別格の美味しさ!


味付けはライトなんだけど、
なんだろ、モノがいいのかな。
すばらしく気に入った。

これらを一緒に頬張るともうたまらん。


ずっと啜っていたい。

激辛ニラと味付キクラゲも試す。


元が辛いだけにニラはいいんだけど、
繊細な香りを少し邪魔するかな。

キクラゲは非常に合いますな。

チャーハンもすばらしい香ばしさで、
パラパラしっとりでかなり好きなタイプ。


ニラはこちらでも試してみたけど、


必要ないね。
デフォルトのまま かきこむが吉。


あと、隣人の鶏のにごりそばをみたけど、
単なる鶏白湯ではないね。
あれも気になるなあ。。。


なにせ、すごく美味しかった。
また来たい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


134
実食感想

実食メニュー:ごまの辛い中華そば750円、半チャーハン300円
スープの種類:醤油ごま
麺の種類:中細ストレート
具:肉味噌、ねぎ、具ラー油

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
肉味噌評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:祐天寺民にはいい店ができてうらやましいです。

posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします