2018年02月18日

東京中華そば こころ 荏原町店@荏原町(台湾中華そば 47/'18)

訪問日時:2018/02/18 11:30

突然の情報だった。
東京中華そばこころが2/16に開店。
2014年1月に台湾まぜそばの店、
麺屋こころをオープンさせた石川氏が
今度は中華そばで勝負をかけてきた。


ここは斗樹つけ麺町田と変わってきた場所。
と言っても店はこの富士マーケットの一番奥。
道路に面したこちらは、
こころの台湾ミンチのテイクアウトだけを扱っている。

相方と待ち合わせ、
開店少し前に着くと、すでに6人が並んでいる。
うそだろ、と思ったけど、
どうも開店記念サービス目当てだったらしい。


席数は5席なので、待つことに。
建物の中ではあるけど、
冷たい風の通り道で寒いよお。。。

商品はこんな構成。


スープは1種類で、
中華そばと特製中華そばと
肉そばと台湾中華そば。

追い茶漬けがサービスとは新しい。
台湾まぜそばがベースの店ならではのアイデアですな。


いつまでかは知らないけど、
中華そば、肉そば、台湾そばが500円セール。

私は台湾中華そば、
しらけん氏は肉そばをチョイス。

20分後店に入れた。
調味料は胡椒、昆布酢、ゆず胡椒。


厨房には石川大将がいらっしゃる。
当初はこちらに立つそうだ。
あまりにも狭い厨房で疑問に思ったけど、
スープはセントラルキッチンで製造だそうな。

食べ方指南書あり。


店に入ってから3分後到着。


オープン記念でメンマか九条ねぎがサービス、
ということで九条ねぎをお願いしてある。


中華そばのスープに
ご自慢の台湾ミンチを乗せたスタイル。

スープは鰹が香るあっさり。


まずはミンチを混ぜずに、
名古屋の太陽食品の中細麺を


うほ。
うまい!
あっさりながら、
しっとりした麺がうまく噛み合っている。

そして、ミンチが混ざってくると、
劇的に味が変わってくる。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


やはり こころの台湾ミンチは美味しい。
もっとほしいくらいだ。


肉そばはすごいビジュアル。


氏はメンマトッピングをお願いしていた。

麺は一緒。


こちらは基本のスープそのままの味が
よくわかる。
関西のうどん出汁のようなあっさりだ。

肉は豚そのものの味。
私的には豚は2枚くらいでいいかな。


麺がなくなろうとするころ、
追い茶漬け発注。


ぶぶあられと塩昆布が乗っている。

これにスープをかける。


ゆず胡椒も添えて、
サラサラとかきこむと、

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これ、食べ物として立派に成立する。
台湾茶漬け、いいじゃないすか。

中華そばの方の追い茶漬け。


これも美味しい。


中華そばと台湾中華そば、
両方魅力的だけど、
私は台湾中華そばに軍配を上げる。

あまりにも台湾ミンチが美味しかったので、


店頭で購入することに決めた。

レシピ例がいろいろ。


台湾冷奴、いいねえ。
今夜やろっと。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:01 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

博多担々麺 梟 東京五反田店@五反田(極旨カレー担々麺 41/'18)

訪問日時:2018/0

五反田辺りでランチするしか選択肢がなかった。
一番近かった博多担々麺梟にしてみた。

オープン日には整備されていなかった
券売機をじっくり。


17時まではライス無料サービス
継続中。

焼めしはまだ始まってないのか?
結構 密かに待っていたりするんだけど・・・

決めていたカレー担々麺をプッシュ。
紙エプロンとお冷を取って、一番手前に着座。


次に使いましょう。

お客は早い時間帯のせいか まばら。
空気的に苦戦しているような感じも漂う。


4分後到着。


サービスライスは頼むの忘れたけど、
まあいいか。
食べ始めよ。


うはは。
おいし!

カレー味はそれほ強くなく、
基本の胡麻味がよくわかる。
控えめなカレー風味がかえって面白い。

麺はやはりいいな。


しこっとした硬質な食感が全く好み!


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


汁なしと同じ麺だけど、
かなり違う表情を見せる。
口の中がとても楽しい。

肉味噌も変わらずいいね。


丁寧に仕込まれている感あり。

その下のねぎも甘くてナイス。


麺と具はすぐになくなり、
穴あきレンゲをお願いし、
すべてをすくい取ってお腹に納めた。


むー。
接客はとても丁寧だし、おいしいし、
もっと流行ってもいいと思う。

次は焼めしが始まっていることを祈りつつ、
明太めしもいいかな、
などと思いながら店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:39 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

麺屋 水@大森海岸(竹岡式らーめん(生麺) 24/'18)

訪問日時:2018/02/23 11:55

麺屋水。
昨年夏にいただいた水らーめんは美味しかったなあ。
山形の方では冬でも冷たいラーメンを食べるそうだけど、
東京じゃなあ、と思っていたけど、
昨年10/3から竹岡式ラーメンを提供している。


好きなジャンルだし、
早く来てみたかったよ。

相変わらずシンプルな券売機。


ちょっと迷って生麺の方を購入して店内へ。

先客は5名。

相席に案内され、
セルフで水を汲んで待つ。


ライスは無料だけど、
どうしようかな〜と思っていたところ、
隣に配膳されたらーめんの色を見て、
即座に装いに行ったね。


麦ごはんなんだね。
いいね。

5番目で4分後到着。


この色見たら、ライスいるでしょうよ。。


具はチャーシューたくさん、玉ねぎみじん、海苔、姫筍。

こりゃすげーわ。
ほぼ醤油の色だよ。


で、こいつ、
かなりのもの!
しょっぱくて本式っぽい。

チャーシューの煮汁をお湯で割っただけ、
かどうかはわからないけど、
そんな感じ。

昨秋、やさしめの竹岡式をいただいていたので、
これは鮮烈な印象だ。

生麺をすくいあげると
早くも貴方色に染まったねえ。。。


ずるっと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




ひゃー、こりゃうめえ。。。
富山ブラックにも通ずるような塩辛さ。

そして、やはり生麺ならではの
熟した食感が合っている。

玉ねぎんところ、ウマ。


チャーシューはバカみたいに美味しい。


食感を適度に残しながらも
塩辛すぎない仕上がり。


さーて、ライスで遊ぶか。





ああ、楽しい楽しい。


このみです。
別に無理でもなんでもないです(^^;


同席のご夫婦と思しきカッポーの会話。

妻「麺が茶色いよ」
夫「しょっぱいね」


妻「あーゆー風にチャーシュー丼にしてみたら?」
夫「それは邪道だ・・」

と こそこそ。
夫君は最初に白飯だけをタクワンもなしに
完食していた。
よほどお腹すいていたのね。


さて、竹岡式を秋冬に提供するのは
まったくアリだね。
このまま夏までこれで行くのかどうかは不明。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:39 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

梶原製麺所 三ノ輪橋店@三ノ輪橋(生姜ラーメン 20/'18)

訪問日時:2018/01/19 11:37

三ノ輪橋に新店誕生とのこと。

こんな素敵なロケーションの駅を降り、


商店街に出るとすぐに店はある。


どうやら2号店のようだ。
北区上中里の「つけめん ふく家」がリニューアルして、
梶原製麺所になったのは昨年12月。
早くも2号店とは。

情報によると11時オープンだったけど、
本日は遅れて11:35に暖簾がでた。

中に入ってお品書きを拝見。


ラーメン、生姜ラーメン、にんにくラーメン、
それぞれの辛バージョン。
つけめん、生姜つけめん、にんにくつけめん、梅つけめん、
それぞれの辛バージョンがある。

辛ラーメンはラー油で、
辛つけめんは辛味オリーブオイルで辛さを演出。


生姜ラーメンと肉葱ねぎ飯をお願いした。
麺は並盛で。

6席の直線カウンター。
店長さんと大陸の方と思しきアルバイトさんの2名体制。

卓上調味料類はブラックペッパーのあらびきとグラインド、
一味唐辛子、ごま、酢。



お冷やはレモン水。


8分後到着。



具はチャーシュー、メンマ、生姜、玉ねぎ、ねぎ、水菜、海苔。

見るからにどろっとしたスープ。


豚骨、鶏ガラ、大量野菜、数種の削り節から作った、
というそのものの味わい。

とろみの由来は野菜のでんぷんからと思われる。
そのせいかしつこさは感じなかった。

麺は中細やや縮れ。


茹で過ぎか、と思うほどの柔らかい麺。
最初違和感を感じたけど、
最後の方は慣れた。

おろし生姜を徐々に溶かしていくと、
身体があたたまるのがわかった。
生姜の風味もよく合っている。

チャーシューは柔らかい煮豚タイプ。


普通においしい。

メンマは極太。


いい仕込みだ。

この手の濃厚スープは胡椒があう。


麺と具はすぐに胃に落ちていった。

肉ねぎ飯。


さらっとしたタレがかかっていて、
ゴマ油の香りも。
ガツガツとかき込むには最適の味つけ。

海苔で巻いてウマウマ。


割めし80円というのもあったので、
最後はスープにぶちこんでみた。


これがまたうまいわ。


隣人のつけ麺の麺がぶっとくて美味しそうだったし、
辛ラーメンもよさげだった。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:24 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

すごい煮干ラーメン凪 五反田西口店(ふつうに煮干ラーメン 18/'18)

訪問日時:2018/01/17 11:34

最近できた、すごい煮干ラーメン凪の川口東口店で、

ふつうの煮干ラーメン背脂

というのが密かにブレイクしている。
気になるけど、川口はなかなか行かないな〜
と思っていたら、五反田も提供開始!


でも、微妙に商品名が違うし、
背脂ボタンはない・・・
でも、まあ今日はここ一択なので
ふつうに煮干ラーメンを買って入店。

昨年3月にリニューアルしてからは初めてになる。
4人卓☓6の席構成。
当たり前のように相席推奨・・・
チケットを渡すと、麺の量と固さのみ聞かれる。
普通でお願いした。

すごい煮干の方は変わらぬコール体制。


そういえば、こちらのリニューアル時には
煮干まぜそば、なる商品があって、
いつまでもCOMINGSOONだったけど、
ついぞ陽の目を見なかったねー。

4番目で5分後到着。


スープ波波だ。
チャーシューが全然違うね。
で、黒胡椒が目立つ。


ではスープを、


わあ。
煮干し満開!
どちらかと言えば、すごい煮干 の方がやり過ぎなので、
こちらでも煮干しは充分感ずる。

そして、濃いめの醤油タレがいいね。
キリッとしている。

麺もすごい煮干とは違って、
中太ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


この麺いいねえ。
もっちりとしていて
大阪の高井戸系を思い出した。
さすが凪製麺。
いいもの合わせてくる。

黒胡椒が香る豚バラ肉も美味しい!


たくさんあるのもうれしい。


メンマもナイス。


かなりのスピードで食べ終えた。
これは ふつう と言えども すごい!

でも、凪が作る煮干まぜそば、
食べたいなー(°O゜)☆\(^^;) ヒツコイ・・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。






感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:32 | Comment(2) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

ajito ism@大井町(カラ味噌ハイブリッド 351/'17)

訪問日時:2017/12/28 11:25

7月でajitoとして出発して10周年。
最初にだしたつけ麺を記念事業の一環として限定復刻させたり、
ロッソ10周年、ピザソバ0周年だったりと、
今年は周年行事が忙しかったajito ism。

今日は今年の食べ納めになる。
こちらで最後を迎えようと前から決めていた。

今日のイレギュラーはこんなん。


確か、今年の最初の方に
出していたような記憶・・・

シェフ、奥様こんにちは。
イレギュラーください!


美しいのは変わらず。

この山の中に住みたい。


この人は絵も上手なんじゃないかな。


スープはらーめんとまぜそばの中間の量なので、
ハイブリッド?

チャーシュー、パクチー、玉ねぎ、キャベツ、
揚げエシャロット?、もやしなど色とりどり。

反対側からも。


極上麺を引っ張り出して、
そのまま一口。


あはー、うまは〜〜〜

ハイブリッドとは言えども、
やはり混ぜ混ぜしてからの、


ばくばk


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



何たるおいしさか。
辛味噌の味が実に見事なバランス。
ミソミソせずに、塩梅がちょうどいい。

ピリ辛ではあるけど、
このくらいならばどなたもいただける辛さだ。

そして、一口ごとに
いろいろな野菜が入ってきて、
もうパラダイス〜〜

特にパクチーを入れたのは大正解ですな。
全体の味に実によく合う。

チャーシュー、うめ〜〜〜


胡椒やカレー粉も楽しませてもらった。


双方合わないわけがない。

チャーシュー1枚を残して
リゾットを少なめで発注。


チャーシューと一緒に、ウマ〜〜〜!!


玉子とカレー粉でウマ〜〜〜!!


きれいに完食。
何とも満足度の高い年収めの麺だった。
今年も楽しませてもらいました。

いろいろ次の展開なんかもお考えのようで、
これからも応援していきます。
大変ごちそうさまでした。
お気遣いにも感謝します。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。





感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:47 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

博多担々麺 梟 東京五反田店@五反田(汁なし温担々麺 343/'17)

訪問日時:2017/12/18 11:05

本日掴んだ情報に乗り、
近場の新店に行ってみた。


ここはPICANTEの跡地じゃん。
いつ閉店したの?
(調べてみたら8月に店主さんが急逝されて閉店だとか 合掌)

オープンは18日で20日まではオープンセール。
知らなかったなー。不覚。

店先でもらったチラシ。


店に入ると、右側に券売機があるけど、
今日までは現金チェック。


これって、PICANTEのまんまだ。
今夜 札を入れ替えるのでしょうな。

席に座ると全メニューがわかる。


デフォルトは博多とんこつ担々麺。
他には汁なし担々麺の温と冷、カレー担々麺(!!)、
辛ネギ担々麺、トマト担々麺、パクチー担々麺、
黒ごま担々麺、激辛担々麺。
ご飯ものは肉味噌焼き飯、めんたい飯、肉味噌ご飯。
今日まで ご飯ものはなし。

他には博多ちゃんぽん、皿うどんもあるみたい。
それにおつまみも。

デフォルトを勧められたけど、
天邪鬼の私は汁なし温担々麺をお願いした。
サービスライスもお願いした。

卓上調味料類は酢とラー油。


先に入ったカップル客は
博多の人みたいで、店の人と知り合い。

「まさか東京で梟が食べられるとは!」

と喜んでいた。
この店、博多では人気なんだね。

5分後到着。


もやしたっぷりだ。
味玉の上の黒ゴマが目立つ。


汁っけは少なめ。


肉味噌がピリ辛で
良いお味。


まぜっまぜっ〜のいただきマス!


肉味噌はおいしいんだけど、
どうも味が薄い。
これの3倍のタレがほしいなあ。
それか卓上にタレを常備していただければなあ。。

麺はもっちりと親しみやすいやつ。

キクラゲが博多っぽさを感じさせる。


それにしてももやしが多く、
麺がなくなることろには
汁なし担々もやし になっていた(^^;
いや、別に文句はない。

タレは残らないけど、
肉味噌と件のもやしが結構残るので、


これが意外にうまかった!
ラー油がいい香りなので、
大量にかけると更に美味しかった。


さてさて、いきなりの新店で少し驚いたけど、
スタッフさんは全員感じがいいし、手際もいいし、
認知されればそこそこ人気店になるのでは。
近いし、また来ることになるだろう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:11 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

RAMEN FACTORY TORISETSU@新百合ヶ丘(SPESIAL柚子香る鶏醤油ラーメン 326/'17)

訪問日時:2017/12/05 11:50

新百合かー。
遠いけど興味がある新店なので行ってみるか。。

駐車場から出るとすぐに目についた。


新百合ヶ丘エルミロード5階のレストラン街に
12/1に開店したRAMEN FACTORY TORISETSU。


アジアンビストロDaiなどを展開する

ミシュラン2つ星のフレンチで修行を積んだシェフ田澤悟氏と一緒に
構想・制作に4年を費やし、至極の一杯が完成しました。

とのこと。
鶏をよく知るシェフにちなんで、
鶏扱説明書→TORISETSUということだ。

とりせつ と言えば西野カナともう一人頭に浮かぶ。。。

ラーメン関係からの花はない。


入り口はこの暖簾のかかっているところ全部。
ちょっとまごついた。

店内は厨房を囲むコの字型カウンター20席程度。
席に案内され、取説、いやさお品書きを。


清湯醤油味と鶏白湯塩味の2種。
ではと、SPECIAL柚子香る鶏醤油ラーメンと、
キーマカレーを口頭で注文した。

席はすでセットされている。


卓上の調味料類は胡椒、山椒、ラー油、酢、醤油。


お冷はプーアル茶。
一人一本ボトルが供される。


このボトルはこの夏に流行ったよね。
うちにも一本ある。

5〜6番目で10分後到着。


MENSHOを彷彿とさせるような器だ。


具は鶏胸肉チャーシュー、薫製ぼんじり、やげん軟骨のコンフィ、
竹の子のマリネ、焼き葱、ベニーナ、ブロッコリスプラウト。
SPECIALはこれに手羽チャーシュー、味玉。

脇には海苔の佃煮、紫キャベツの酢漬け、セロリのマリネ。


いろいろと派手な見た目だ。

ではではスープを、、


ほー。
単なる鶏清湯とはやはり違うね。
フォンドヴォライユの技法なのかな。
洋風のコンソメのような風味もある。

わざわざ柚子の香りをつけなくても良さそうだけどな。
なんかもったいない感じがする。

麺は中細ストレート。


麺をすすると、何故か洋風の風味が薄れる。
いい麺ではあるけど、このスープには合っていないような印象。
シコシコの極細麺がいいかも。

鶏胸肉はさすがの仕込み、


なんだろうけど、今や多くの店で見かけるものだよな。
おいしいけど、あまりありがたみは薄いかな。

それよりも、


ヤゲン軟骨が非常に珍しい。
ラーメンでは業界初ではないだろうか。
そしてこれはうまい!

さらに、


ほのかな燻香のぼんじりもナイスだ。

チューリップ型に仕込んだ鶏手羽のコンフィ?


いやー、珍しいラーメンだこと。

味玉は薄い味付けがいいね。


脇に乗せられた海苔の佃煮、紫キャベツの酢漬け、セロリのマリネは
楽しみ方がイマイチわからないけど、
悪くはない。

キーマカレーは彩りがなかったので、


で、このキーマカレーは美味しい!
スパイシーでひり辛くて塩梅もGOOD。

紫キャベツも合う。


最後は、


楽しいランチタイムを終えて会計すると1500円
1時間の駐車サービスを受け、店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:30 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

一風堂 西五反田スタンド@五反田(ソースとんこつ大発明! 320/'17)

訪問日時:2017/11/29 11:05

一風堂のソースとんこつ
10/16の発売当初は10/29までの限定だったけど、
賛否両論(同社談)あり、11月末までの延長となった。
しかも麺が太麺とのチョイスになり、
麺の代わりにキャベツ千切り変更も可能となっていた。

一風堂が手がけるソースラーメンなんてだけで
五反田東口店にはトンカツ、コロッケのトッピングが
なかったので、もう一度とは思っていた。

1年前にリニューアルオープンした、
西五反田スタンドにて、最後のソースとんこつを。


こっちは温玉でなく、目玉焼きなんだね。


トンカツも魅力的だけど、
コロッケ入りに決め、太麺でお願いした。

お決まりのお通しタイム。


ビールでもいきたいところだ。

胡椒と醤油も一風堂ブランド。


上を見上げると、いかにも居酒屋風情。


お品書きも結構いろいろあるんだね。


お酒もいいの揃ってる。


到着。


おや。
こちらでは埋没系ではないのね。
良いビジュアルっすね!


ではソース、いやスープを、


うま!
やっぱりこれ、好き!

太麺は一般的には中太平ストレート。


あ〜あ、ブレちゃった_| ̄|◯
心が早っていたのかな・・・

でも、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



ああ、いいなあ、これ。
賛否両論っていうのもよくわかるけど、
ソース味のラーメン、流行らないかなあ。
可能性あると思うんだよね。
ソースまぜそば、ソースつけ麺もいけると思う。

コロッケは王道の美味しさ♫
ソースが良く合う。


立喰そばではコロッケそばは
若い頃本当によく食べた。
今でも時折口にする。

あのコロッケがスープに溶けた感じがいいんだけど、
それも賛否両論ってのは知っている。
このスープには溶け出ても全く違和感ないと思うよ。

チャーシューはコロッケがあれば、
全くいらないやつ。


揚げ玉を追加すると、
魅力がさらに増す。


目玉焼きは固いタイプ。


胡椒をかけてかぶりついた。


今日はライスを付けなかったけど、
これは付けてナンボの商品だと思う。
コロッケも目玉焼きも揚げ玉も
ライスには合うに決まってるし。


そして、麺は惜しまれつつなくなった。
残ったスープにレンゲが止まらん。
ソース味のスープを飲む、と言うのは
少し罪悪感があったのだけど、
もうそれも解消された。

誰かソースラーメン、
限定でなく やってくらさい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。





感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:07 | Comment(4) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

らーめん えにし@戸越銀座(オニグルミ 317/'17)

訪問日時:2017/11/27 11:55

えにしにいこうかね。
この前角田店主に

「オニグルミまだですよね〜」

と言われたのが引っかっかってて。
寒い時期限定でリリースされて3年目くらいでしたかな?

階段上がります。


おや?
こんな限定ががが。


ってことは今日はおのっちの出番かな?
と思ってドアを開けたらビンゴ。
お久しぶりでした。

女性スタッフさんもお初です。
明るくて感じいいですね。

おのっちの限定も気になりながらも
券売機でオニグルミとそぼろごはんを購入。

席について待っていると到着。


クルミ、と言うかナッツ系の香ばしい香り。


スープは担々麺っぽい。


ものすごく美味しい!

麺は幅広。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ああ、こういうことかー。
これは旨いわ。
基本のスープにクルミペーストか。
香ばしさがゴマとも違ってナイスだな。。

チャーシューは低温と焼き。


それぞれに極上の個性。
一口かじると、思わずご飯に箸が伸びる。

あと、ねぎがやたらと美味しかった。


普通のねぎなんかな。。。
香りがよくて甘かった。

味玉はとろとろだ。


そぼろごはん100円。


んで、これめっちゃうまい!
甘から の味付けが全く好み。
ごはんの量も常識的でうれしい。

唐辛子しても、


胡椒しても、


魅力に魅了される。

最後は


おいしかったー
ごちそうさまでした。


そうそう。
この前、角田店主の何のことはないお願いを
聞いてあげたのだけど、
お礼で素晴らしい物もらった。


うれしいです。
大事にします。

それから、角田さん、
WRGP(ワールドラーメングランプリ)なるものに
エントリーしていて、11/30からの決勝大会に
コマを進めたそうだ。
その作品の美しさには目を瞠る。。。
是非優勝してほしい!



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 12:44 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

Fusionラーメン醤太郎@中延(坦々醤太郎ラーメン 308/'17)

訪問日時:2017/11/18 11:30

Fusionラーメン醤太郎
なる店が、麺処けんじ跡地に
11/9にオープンしていたとは知らなかった。
テリトリーではあるけど、通り道ではないからな。


ら〜めん浜ちゃん→熊野けんじ
と変遷してきた場所。
いい場所に見えるんだけどねー。

さて、このFusionラーメン醤太郎、
馬込の「醤道」の醤油と
環七の長浜ラーメンの人気店だった「金太郎」の
豚骨スープをミックスして作った豚骨醤油。
現在では醤道でもそのミックスがいただけるので、
支店的扱いにも思えるけど、
プロデュースを受けたFC店ということらしい。

営業時間はまだ確定ではないみたい。


定休日も未定とか。。

中に入って券売機に向かう。


醤太郎ラーメン、坦々醤太郎ラーメン、醤油ラーメン、
えび醤油ラーメン、ゆず醤油ラーメン、ダブルインパクト、
坦々ダブルインパクト、醤太郎つけ麺、坦々醤太郎つけ麺、
という9種類の構成。

こりゃ迷うな。
近くなので、今後も来るだろうし、
なんとなくデフォルトではなく、坦々醤太郎ラーメンを購入。

店内は けんじ のほぼ居抜き。
L字型カウンター8席もそのまま。

奥の見えにくい厨房には店主さんともう一人、
そしてホールの女性一人、とい3人体制。
チケットを渡すときに
脂を豚と鶏から選べるというので、鶏をチョイス。

ちょっと待て。
そうすると商品は18種類になってしまうのか。。。。

麺の固さは選べる。


つけ麺でも選べるって珍しい。
それにしても、アゴ砕きって(^^;

卓上のメニューを見ていると、
全部いただきたくなる。


次は醤油ラーメンだな。。。
でも、ダブルインパクトも久々に食べたいなあ。

それにしても 坦 を使っているのが
モヤモヤする。。。

調味料類は胡椒、唐辛子、酢、ラーメンタレ。


2番めだったけど、
つけ麺の客を飛ばして5分後到着。


ほほー、
担々麺とは言っても、それらしくはないね。


具は大きめのチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、アオサのり。

スープをいただだくと、
基本のやや濃厚な豚骨スープを良く感じられるもの。


その上に辛さが乗っている感じ。
よしよし、狙い通りだ。
これで醤太郎ラーメンも味わったことにしておこう(^^;

細麺をずずるるる、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


細麺の担々麺、いいね。
辛さもほどほどだし、
万人向けかも。

麺の固さは普通にしては結構固い。
ザクッとしていて私は好きだけど、
固いのがダメな人は柔らかめ指定がいいかも。

チャーシューは大きくて満足。


味付けは塩梅がいいね。

メンマは材木タイプ。


シャクっといい食感だ。

麺量は130gくらいかな、
するっとお腹におさまった。

最後にスープをすくっていると、
ラー油由来なのか、ナッツなど色々な食感が楽しかった。

いや、おいしかった。
メニューコンプリートは無理でも、
ダブルインパクト、つけ麺は食べてみたい。

接客が非常に丁寧だし、
居心地がいいので、
長い繁栄を祈ります。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:47 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

Asian Dining PUERTO@五反田(激辛タイ風まぜそば 290/'17)

訪問日時:2017/10/25 12:50

ちょっと前に気になるネット情報を目にしていた。
それは五反田のタイ料理店がまぜそばを始めたと。
機会を見て行ってみようかと、それが今日だった。


店は有楽街の一角。
地下へ降りていくと
アジアンな香りが漂ってくる。

店内はカウンターが目立つが、
奥に4人卓☓2、5人がけソファ☓1。

ランチメニューはどれも好きなもの。


でも、やはりこいつだ。


それではとマスターに注文すると、

「激辛大丈夫ですか?」

まあ、大丈夫でしょう。
と言ったけど、傍らでミキシングを始めた
唐辛子の量にビビる。。。

すぐに到着。


セットになっていて、
サラダ、スープ、カットオレンジが付く。

上部にはガパオミンチ、ねぎ、目玉焼き、
紫玉ねぎ、パクチー、バイマックルー。


目玉焼きの端の焦げ具合がいいね。


麺をまさぐってみると、


あれま。
フォーなのね。
勝手に中華麺かと思ってた。。

このまま一口いってみると、


辛!


うは、マジで激辛なんだ。。。
よし、と心を決めてマゼマゼして、
激辛スイッチオン。



カラ(⦿⦿)ウマ〜〜〜!!!


これはすごい。
ほんとに辛い。
辛いけど、かなり美味しい!

塩味もちょうどよく、
ナンプラーの香り、
パクチ−の存在感、
バイマックルの風味、
どれもこれもバランスが良くてナイス。

そして、ガパオミンチの美味しいこと!


これはこちらのガパオライスの美味しさが伝わる。

タイ料理ではおなじみの
調味料類、佐藤、ナンプラー、酢、唐辛子。


あまりの辛さに砂糖と酢を多く使った。
ナンプラーも足した。
ウマウマ!!

付属のスープは大変おいしい。


けど、激辛にはアカン。
かえって辛さが増して、もう・・・

序盤戦から汗が吹き出し、
とびきりキュートな女子スタッフが、

「辛いですよね。大丈夫ですか?」

と、おしぼりをくれた。

「私は食べられないですー」

だって。
聞けば辛さの調節もしてくれるとか。
辛さなしもできるとか。。。

その後スピードを緩めることなく、
完食した。

食後はコーヒー、マンゴージュース、
デトックスウォーターが選べる。


デトックスウォーターでクールダウンしたけど、
このあと1時間近く汗が止まらなかった。。。

最初は中華麺でないことに残念に思ったけど、
この料理はフォーの方が合っていると思う。
辛かったけど、満足!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
タグ: Puerto 和え麺
posted by ぼぶ at 15:10 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

めん処 土田八@西大井(伝説中華そば 286/'17)

訪問日時:2017/10/22

今日で一旦閉店してしまう土田八へ。

思えば2012年の開店から、
いつも美味しく、時には遊び心もあり、
真摯にラーメン作りに取り組んでいた。

シャッターするかと、
11時に着くと、


あれま、30分遅れるのか。。。
そう言えば、こういうことはよくあった。。
でも、雨なので中で待てると。。。
ではと、扉をあけて、

こんちはー!

って満席近いじゃん。
お知り合いで埋まってた。。

いつもの端っこの席が空いていたので、
そこで待たせてもらうことに。

一番気に入っていた ごまんえつをいただきたかったけど、
すでに終了していたので、
最初にもどって 伝説中華そばを塩味でお願いした。


23分後到着。


この器もここではしばらく見納め。


開店当初とはチャーシューが違うね。

では、しみじみとスープを味わう。


ワイルドとも上品とも言える鶏出汁が
やはり秀逸だと思う。
そして、いつものように
ファーストアタックは少し塩っかが足りない。
でも、これが徐々においしくなっていくんだよ。

麺。

https://lh3.googleusercontent.com/OTMpLl0Mw7XZu2rf1o554JyhTnwV_n5iYkQEc5s0mpJuXnwmdHcLWDDlLs67WiMj_U5-ugnM4e-EzA8YYxKhOtg4jtOL9R1hAn5_dyTi1sE5_7pySKyJnbQuOzmSWGEi9hSiZ__B35Td7V4geJykg8Df4W6n4-onL9D08sZO_cqG1TAaJ0PAG-LY6Dw3y1RzIZdU-td-43v9aKJfk57hGNnOLmwuj6EJMVlmfxkF77UJVbNSzNwr6GeHY8B2Xp5CJ33ybWYcPA1IZoDRHLfHErEk1oW9AETS_fJE-di72jd-imQtJkhNArnP0gdssOL_NVCanOvpqSzVr6tSAXlwFEPqzDSf3yaU3U0bnvC3-5LSQhnYvuUOo6HaHEubTAvkc5Rp36XDig46nGuByqzEyHLxc8KuzRR57_OCFLYRnEme4hQVyMzu0AN7Ta9AjlLSZZ-fp3c4KnrHv29bdyQpp4bkuh773F0MJQqTsO6G5U_FqmK_GAU6xdnHfWwHskWSHkdg3U3ovZN9gk65CQqjb_pe1WdvBDL8_jAWWl_-9I8MIIyVHhABwqecJrdS0m1adxFkOeino2H2LqCr0OlT8JONpT3zBRx8bABTFd5HvHU=w560-h420-no


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


しっとりした麺はこれも当初とは違うようだけど、
スープにバッチリ。

チャーシュー、めっちゃ美味しくなった!


煮豚を一度フライパンで温めてから、
醤油ダレに入れていた。
その味付けがストレートに好み

メンマもおいしいなー。



最初から決めていた通り、
一気にスープまで完食。

おいしかった〜〜〜


土田店主に聞くと、

・こちらはリセットして、一から作り直したい
・場所は違うところ
・二年以内に復活したい
・状況はブログ、FBで告知予定

とか。
八っつぁん、お疲れ様でした。
おいしい幸せ、また楽しみにしています。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 12:45 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

一風堂 五反田東口店@五反田(ソースとんこつラーメン 283/'17)

訪問日時:2017/10/18 11:39

ラーメンの味のベースは、
醤油、塩、味噌が主。
あとはカレーなど知られたところ。
でも、ソースは船橋の一部にソースラーメンがあるくらいで
一般的ではない。

そんなソース味のラーメンが
一風堂から限定で発売された。
ソース好きとしては黙っていられないところだ。



しかし「大発明」とはね。。
確かに豚骨スープにソースを合わせたのは
発明と言えるかもしれない。

店に入るとまだ人はまばら
(退店するときは待ち発生中)。

ソースとんこつラーメンは
グランドメニューの中にあったので注文。


麺は固めでお願いした。
ごはんセットを頼んだら、
ランチセットAの方がお得だと言うので、


素直にそうした。
別に餃子はいらなかったけど。。。

いつものようにホットもやしをつまんで待とうと、


取り皿に蓋がしてある。
いいね〜。
こういう清潔感、好き。


2分後餃子とライス到着。


酢と胡椒でいただくか、、、


ここで本体がきた。


卓がいっぱいだ。
忙しいな。。。


そして、出ました、
一風堂限定埋没系。
想定内ですよ。

色味的には豚骨醤油か味噌ラーメン。

箸も特別仕様。



揚げ玉もついてくる。


入れ放題、うれしい。

この写真を撮っている間にも
いつもとは違うソースの香りが上がってくる。
アセアセ・・・

では、スープを、、



うは、
ソース!!
しかし、うまい!!
ソースの酸味がうまいこと豚骨とマッチしている。

麺は馴染みの細麺。





ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ああ、こりゃいいわ!
麺との相性が心配だったけど、
杞憂だった。
充分にソースを引っ張ってくるし、
慣れた食感で満足。

具はチャーシュー、青ねぎという豚骨ラーメンの王道に加えて、
温玉、キャベツ、玉ねぎ、紅生姜という
お好み焼き装備。

これらに加えて
さらに揚げ玉を添えると
確かにお好み焼き風味。



いやいや、これはおもしろい。

でも、温玉はこうした方がいいでしょ。


チャーシューは普通。



麺がなくなると、
細かな具が大量に残る。
そのままいただいてもおいしいけど、



こうだね。

で、さらに、



揚げ玉をちらして、
ラーメンダレをちょいがけして、
オリジナルソース丼。

これがバカウマ。
なんと楽しいひとときか。

ソーライスも楽しめる ♬


もっとソースラーメンが広まればいいのに。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:49 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

丸八中華そば店@大井町(中華そば 273/'17)

訪問日時:2017/10/11 11:30

丸八のラーメンは懐かしかった。
今日は中華そば狙いでやってきた。
コメントでお勧めもされていたのもある。


器はラーメンとは別。
ビジュアルも美しい。


スープを、すすす、、、


あは。
うまい。

滋養分が濃い、という第一印象の風味で、
丸角の四角形 みたいな醤油の利かせ方が絶妙。
昔懐かしのタイプではない。

麺は情報通りの細縮れ麺。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ああ、しみじみとおいしい。
昔懐かしのタイプではないけど、
ネオでもないような。

このチャーシューはホントにいいね。


この周りの黒い色合いが好みだ。
そして、適度な弾力がナイス。

大量のメンマもおいしい。


満足して食べ終えたけど、
欲を言えば、小松菜の苦味というか、
癖が強いので、それがスープの邪魔をしているところもある。
もう少し少なくてもいいかも。

私はやはり、こちらではラーメンの方が好きだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:52 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

ソバダイニング クワトロ@大森海岸(空 鶏旨味塩そば 270/'17)

訪問日時:2017/10/09 11:53

大森の味を変えた店に行ってみたけど、
祝日も休みなのね。。
なので、近くのクワトロへ。

今日は未食だった 空 をいただくか。
期間限定の 山 の夏バージョンも気になってたけどね。


空のチケットを買って奥の席につく。
外岡さん、こんちは。
今日は少し客がまばらだったので、
少し話せた。

素敵な女性スタッフさんとも
二言三言、お話できた♫

1番目で5分後到着。


はー。
つくづくきれいだな。


具は豚と鶏の共に低温調理もの、青ねぎ、白ねぎ、
メンマ、黄パプリカ、紅芯大根、枝豆。

スープをいってみると、
ズドンと鶏!
塩の角が少し尖っている気もするけど、
これは見た目通りのきれいなスープだ。

合わせる細麺はユーグレナ入り。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


シコっとパッツン食感。
もぐもぐ噛んでいると楽しい。

豚さんはかなりいいね。


なんだろう、独特の味わいだ。
ここでしか味わえないような。。。

鶏もしかり。


しっとりウマウマ。

ここのメンマ、やっぱり好き。


やや甘めなんだけど、
私の好みの味。

紅芯大根は組み合わせてある。


彩りとしてはいいですな。

最初感じた塩の角は
終わる頃にはなくなっていた。
麺線や具からの味も加わったせいか、
空気に触れたせいか。。
とにかく、終盤、どんどん美味しさが加速する、
そんな印象をもった。


おいしかった!
これでクワトロすべていただいた。

私の好みは 山>海>空>川 
山はいつかまたいただきたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:37 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

芳醇煮干そば 恵乃星@戸越公園(芳醇煮干しそば濃口 268/'17)

訪問日時:2017/10/07 12:05

絵空正富と変わってきた場所に、
また新たなお店が9/8にオープンした。

煮干しそば
なので、前店のマイナーチェンジなのかと思っていたけど、
カラオケ店の運営会社が初めて飲食事業に参画とか。


店名は恵乃星と書いて「えのぼし」
いい場所なんだけどね。
なかなか定着しないね。

A看板を見ると、
どうも怪しい。。。


まあ、でも、
白提灯でないのに安堵して、店に入る。

同じ位置に券売機。


煮干しまぜそばは唐揚げが入るんだね。
興味あるけど、今日は濃口の煮干しそばにしてみた。

コンセプトは、「身体にやさしい煮干しラーメン」
「高松にいる家族を通じて知り合った生産者から、煮干しを直接仕入れている。
煮干しは香川でいりこだしとして広く使われており、驚くほどの良い香りと
深いうま味を楽しんでいただければ」

ということだ。

一番手前の席に着き、
いろいろ探索。


調味料いろいろ。


あとで試してみましょ。

お冷は薄い麦茶。


3分後到着。


チャーシュー、メンマ、玉ねぎ、ねぎ、海苔、大葉。
大葉が乗るのは珍しいね。


ではスープを、、、


ややとろりとした口当たり。
動物系のしっかりしたベースに
煮干しの香りは強いけど、エグみはない。
いいスープだ。

麺はしゃっきりした細ストレート。


お。
ウマイ!

完成度高い。
飲食初進出というけど、
どこかを参考にしたか、
前店に教わったか、、、かな。

チャーシューもかなりいいね。


柔らか煮豚タイプ。
味付けもやさしい。

メンマは極太。


これまた上物。

味変する必要もなかったけど、
せっかくたくさんあるので、


黒七味は予想通りで歓迎。


煮干し油、いいすね!


自家製辛味がいいね。
香りがよくてさわやかに辛い。

このほか全部試してみたけど、
どれもそこそこ変化があって面白かった。

うーむ。
どこかの口添えがあるにしても
店として気に入った。
今度はまぜそばねらいで来てみよう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:11 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

家系中華蕎麦 家道@戸越銀座(家系中華蕎麦 258/'17)

訪問日時:2017/09/27 11:19

えにしに行ったら、
今日に限ってトラブル発生。


時間がなかったので、
近くの家系に飛び込んだ。

2013年6月に開店したけど、
未だに行っていなかった。

開店当初は看板も手書きだったり、
手づくり感と手探り感がハンパなかったんだけど、
今ではすっかり落ち着いて街の顔になっている感あり。


券売機もにぎやかだ。
基本の家系中華蕎麦に加えて、
現在の限定はざる中華。

また、贋作家系中華 なんてものもある。
何でも所謂限定のようなもの?で
現在は秋田角館インスパイアだとか!

でも、初訪につき、今日はデフォルトで。
味の濃さ、脂の量、麺の固さは全部普通でお願いした。

ライスは永久無料とか。

トウバンジャン、おろしニンニク、酢、胡椒、ごま、唐辛子が装備。


1番目で7分後到着。


海苔の置き方がきれいだ。


家系、久しぶり。


ぴゃっ!!

うまい・・・

とろみのある豚骨醤油スープ、
かなりいいじゃん。
こりゃ、もっと早く来るんだったか?

酒井製麺の短め麺をずるり、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


久しぶりの家系のせいか、
うれしくなってきた。
普通で、やや柔めの麺の食感が良い。
表面がとろっとしてるけど、
コシは十分。

チャーシューはいいねえ。


この露骨に半分にカットした見た目は好きじゃないけど、
適度な固さと品良い塩味。

ほうれん草もたっぷりだし、
いや、おいしかった!
贋作も気になるけど、
家系欲したら、また来よう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:38 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺屋 かず@後楽園(特濃煮干らーめん 257/'17)

訪問日時:2017/09/26 17:30

東京ドームで野球観戦の前には
何度かお世話になったもりずみキッチン
森住氏との契約満了にて閉店してしまい、
同じ経営にて今度は麺屋かずが9/8にオープン。


どれどれ、様子をみましょうかね、
と入店。

あまり客を見ていない接客を受けて、
壁向きのカウンターに座る。
全くの居抜きだけど、少しは変えてもよかったんじゃ。。。

お品書きを見る。


光って見にくい。

これから何度となく来ることを予想し、
秋限定の特濃煮干らーめんを注文した。

5分後到着。


具は大きめのチャーシュー、細メンマ、ねぎ2種、味玉1/2、海苔。


スープをすすって軽くびっくり。


特濃感、煮干感が薄〜〜〜・・・
サラサラのスープなので、
煮干が特濃と言う意味なのだろうけど、
煮干よりも節系が強い。
間違いじゃないと思ったくらい。。

麺、いってみる。


軽やかな啜り心地の麺は
しこしこ、しゃっきり。
いい麺だよ。

チャーシューは箸で持ち上がらない。


柔らかいけど、風味が残念。

メンマはタケノコ?


店側がメンマというのでメンマなのでしょうが、
食感と風味はタケノコでしたよ。。。

さくっと食べ終え、店を後にした。
担々麺、まぜそば、いずれいただきましょ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 11:10 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ソバダイニング クワトロ@大森海岸(川 恋濃く蝦塩そば(白)230/'17)

訪問日時:2017/08/27 11:07

ソバダイニング クワトロも
この8/13で1周年を迎えた。

早いものだ。
近くの麦苗は連日長蛇の列だけど、
こちらもそこそこの繁盛ぶりをみせている。

今日は8/12にやっと発売された
「川」をいただきにやってきた。


サブタイトルは 恋濃く蝦塩そば(白)。
海老を使ったものらしいが。。

開店したての店内にお入ると、
元気そうな外岡店主と変わらぬ助手さんと
きれいな女子スタッフ。

券売機を見ると、限定の「涼しそば」という
冷たいラーメンもある。


予定通り 川 を購入して、
手前の席に座る。
先客は6名。

説明書も中身を刷新。


楽しみ。

外岡さん、どうも私を覚えてくれてないようだ。
集中して作業している。

7番目で12分後到着。


クワトロらしい美しいビジュアル。


えび、低温チャーシュー、トマト、ブロッコリが見えるが、
その下にも何かありそうだ。

スープは甘エビの香りを存分に感ずる。


そして、たっぷり使われている
豆乳の甘さ、やさしさが印象的。

麺、いく。


旨!

これはおもしろい塩味ラーメンだ。
あまり味わったことのない味わいが
次々と箸を進めさせる。

また海老油がかなりの香り。
最初のうちはエビエビ感が味わえる。

低温チャーシューは何かを巻いている。


これはアボカド!
なんと斬新な。
海老にはアボカドという方程式によるものか。

海老は普通においしい。


そして、麺の上にはキクラゲと海水晶。


ともすれば単調になりがちな塩ラーメン。
この2種のトッピングで食感に変化が生まれ、
飽きることなく食べ進むことができる。

スープは少し残して食べ終えた。
それにしても、「川」 感はあまり感じない。
その名称から、川魚とかを使うのかとおもっていたけど、
甘海老とは少し驚いた。

当初から予定していた4種類の味が出揃い、
これで名実ともに「クワトロ」になったね。

今後も活躍を期待しています。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:03 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします