2017年10月29日

揚州商人 池上店@池上(揚州濃厚醤油ラーメン 292/'17)

訪問日時:2017/10/29 11:50

家人が揚州商人の新聞チラシを見ていたので、
誘ってみたら、二つ返事。

私はもう一度食べたかった、揚州濃厚醤油ラーメンを
ミニ炒飯セットもつけて注文。


全く変わらぬビジュアル。

スープも同じ美味しさ。


ああ、やっぱり美味しい。
これ好き!
鶏白湯に濃い風味の醤油味。
よくあるタイプだけど、
私はこれが好き。

麺は刀切麺にて。


このもちもち感、いいんだよ。
時折入ってくる肉味噌も
味の幅を広げていて、すばらしい。


ミニ炒飯もおいしいなー。

https://lh3.googleusercontent.com/fdHydI-TzVRZl-Pv2LwNQVDv_7QGg20Of77P4WzqxaUqwxTIR_fLz9OagUq0aj0beZkVWjpgtlgBkyo4lXUl8tt3hS7Uy2_MEpnxeWEX-TEvAlni4tf9OdtZ166hBbUpFwg6sJK5WVq1fKMbCaFpPXGZ_zbu8d_E8zV2yM4Fi3-x90VcA8G5vaieSzBGPkhzc0EUNxqY89c73jek03qXcM4vyF_BF__-jg_3vHuLj2ziwdCUCHB7DtBstuOJrzj0XCdfBXy4eYAVvTXYPGEmK6epoo2gbvMHDkqvbq9zPojttfd9CaeiPo1_tfHaqyCED5kYf8nz118DKuj91jdRlaCtNyzQ-jd9ELBwgqRNCZHIA6VsEolJ2HMjr8H7MOZtAgLjcEnzfTgn7pKp9-n4QH4jxJAPxWNu9iZo-pE0W9FfiuKROSixT4RQCvfJ8y0kCaPmNoOAFP5XaCyLr_H4cqur_NTmrgvd0DE645zI5a8BqP1l7oJUJNANa2-WzVIaOquypvx-xAgp_F1Ih4NxzizGAR3EJiKBwocBVjocKCIZ4v4hy-ezsoCjWF1gDQBIEEEItAdA7ic0YEVxPDb7EqBTOsqU4vdYG-hbd2Ud4tk=w560-h420-no

量は多めだけど、
あっという間に食べちゃうね。

遊んだりしてね。


肉味噌乗せてウマウマ。


ラー油を乗せてさらにウマ!

鎮江香酢はラーメンにも
炒飯にも使ったけど、
このコクのある酸味はたまらん。


今日も楽しく食べ終わった。

当初ターローメンとして発売した
タイルーメンをいつかいただきたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:36 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

丸天ラーメン@下丸子(しょう油ラーメン 285/'17)

訪問日時:2017/10/20 11:48

丸天ラーメン。
菊名の駅近くで長年町中華として営業していたけど、
この度メニューを麺類主体に絞って
下丸子に10/16移転してきた。

歩いていけるし、
いつでもいいや、
と思っていたけど、
菊名時代も評判がよかったようなので、
行ってみた。


ははー、ここは小料理屋だったところだ。
向かいの珈琲店ではよく豆を買う。
隣の厨もいい居酒屋だよ。
斜向かいあたりのmarcoも素敵なイタリアンだよ。

麺類は4種類か。


さて、中に入ると先客ゼロ
(後客は4名)。

席に座ってメニューを見上げる。


しょう油ラーメンと一部からオススメのあった
豚肉とナスのそぼろご飯もお願いした。

J字型カウンター8席。
厨房にはご夫婦と思しきお二人。

調味料類は醤油、ラー油、白胡椒、
一味唐辛子、ごま。

https://lh3.googleusercontent.com/g12s0i0t75cUKwbEA_sd96khDsxpHvXhnyvQzykcpxLhgm_vFQEjGgSMSt214-EUqoXIrIfNScYrDod9QmIjjJ_CAZtod2z72Z8sMPM6jIg7ZRNR5Ze4UeMw2NqEL1nEXU2zqQEP4D6n1CQSG7Uij-OBVd_VFp4TFfCSusyAHadRc9iknAil__fNutq0fneaYOWbmKLDv8vHFLVs5px_Szep9_0P8EaLp2AVgJa7zOJTPn5kpUta3jwal5n8IUc4Qr3GSSX-w5M-b98R4EDmY-6hdZ2Lpc57a8yjz-Xtjk1UTc_c_rUg2LQ8sNVU7DMQV3C0VWtBxV-p8286wr6N0hnc2RMj5l7p5ei7fk36UZUFvxySfCOyOcYAlI6L1fBqcgm9o0IePO2D5GMHaPXxV9On_KyBPhmOyVOizYiaT63UjuqYVRcojiKiCWt8pG_lrAeT1IcuT77ZjgUcvGhzkDL-ZGkNzYeRDmDsYabgLZLmOQ65VJyfld1uB90fvKxXY7QhudC_zRkiMx5rIq_u02x5gl2PQAow39qk3migfGgtDV1LEverY1Tfxu06N0xopyvL2eVUJ8rzo-q4PcNoI89aUiVu9-fsaSerbtwrExU=w560-h420-no

お箸は清潔保管で好感度大。


制作担当はほぼ女将さんなのね。
見事な湯切りのあと、
ご主人も盛り付けを手伝って到着。


シンプルな構成と見た目。


麺線も整っていて、
きれいである。


スープをいってみる。


ほーーーー、
っと力が抜けるようなおいしさ!
これはいい!
少し甘いのは野菜由来かタレ由来か。

すぐさま麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺もいいね。
シコシコ感が残り、喉越しも良好。
おいしいね、これ。
昔ながら、とか古臭い感じではない。
かといってネオでもない。
独自の世界を感ずるかな。。

チャーシューは王道。


チャーシュー麺がうまかろう。

メンマも癖なく好印象。


麺と具がなくなるころには
味噌と塩も必ず食べにくるぞ、と思っていた。


豚肉とナスのそぼろご飯。


こりゃうまそうだ。
しかして、見た目通りのおいしさにうなる。
素朴な料理ではあるし、
どこか家庭的でガツガツいける。

海苔を巻くとうまいよ。


一味も合うよ。


何もかけなくてもいいけどね。

スープもほぼ完食した。

良い店できた。
時間が合えば〆によってもいいし、
今度家族を連れてきてみよ。
でも、チャーハンは復活してほしいところ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:12 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

むらもと@大岡山(ラーメン 278/'17)

訪問日時:2017/10/14 11:20

午前中に所要を済ませ、
帰社する前にどこへ行くか悩んだ末に
かなり久しぶりとなるむらもとを選んだ。


9年ぶりだ。
忘れているわけではなく、常に頭にはある。
大岡山のオススメを聞かれると、
一番に名前を出す店。

そもそもは、持帰りの寿司屋を営んでいた店主が
独学でオープンさせた永福町インスパイアなお店。
それが昭和58年。
平成15年に現在の場所に移転しているけど、
すでに創業約35年の月日が流れている。

入り口脇の給水器で水を汲んで席につく。


つけ麺もすっかり定着。


ラーメン少なめ、煮玉子トッピングを注文した。

銀盆に乗る、懐かしのスタイルで到着。



あれ。
スープはもう少し清湯だったような。。


ほお。
かなり変わったね。
永福町リスペクトの清湯煮干し系だったのが、
やや茶濁して節系が濃く入っている。

煮干しよりも鰹節が強く利いて、
少し違和感を感じたけど、
これはこれでかなりおいしい。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


多くの人を呼び寄せる魅力は
些かも色あせない。

チャーシューはより柔らかく、


メンマはより色濃くおいしい。


煮玉子は中まで熱々の固茹で。


おでんの玉子のようだ。


その後、スープまでほぼ完食した。
おいしかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:39 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

狐狸丸@蒲田(鯛まぜそば醤油 248/'17)

訪問日時:2017/09/18 11:52

お店のFB、Twitterを何気にチェックしていた。

まぜそば、つけ麺が追加されて気にしていたけど、
9/30まで開店半周年記念で、
それらが割引されているので、行ってみた。


冷やし中華もやってるんだね。


これも良さげ・・・

中に入ると、母子ファミリー2組、女子客2名がいた。。
男子客は一人。
女子に人気なのでしょね。

若干賑やかになった券売機。


ご飯物はまかない飯とプレーンなご飯が増えている。
まぜそば醤油を購入。

一番手前のカウンター席に付いて、
お冷をついで待つ。


チケットを渡すときには
待ち時間を告げられるなど、
とても接客が丁寧だし、
スタッフ皆が楽しそうに作業している。
とても良い空気感だ。

目の前の説明書も少し変わっている。

https://lh3.googleusercontent.com/L9HBBy5ef9ILXC1dm6tdnwmE3uc9cGVRTOLWoKQfxBiCb0htHJ_zhBPYMNFLv2C7mTCYFWY9hWTU6jnJIBYmHyaQRTRJj6TWrD_QEJt0NGNdTDiqd6hZga3QML7mq3VbuKjQ1sUqs07FthvjlNs8niY_IGa5q7JuoH7awBg5YJiHOfZLgBKQ8V53ZpRDvtOwiZhqJrr0xMEZ8t3q4Eqx2oVGQu9S7LqHXmTWDEDaxJx-wHMgglOLEdZIyvL4lRXfD334-J_00bnPKgLQo41Nr652NkLkE73g5IQcqRJWHmlXXcM2Frm-o0JMUvx6Oh579qQTcInJfbzDERTGjv_3vu0ydwsKGBHgZlLZZIA7Ti1tl-y88vFFqmb7Cb1FR1vvuQKPginf6Yz7lfW0adrqqa7nFKvsIPvfIWWqW-WMv-Wm9IR_DI-pVE9M2VvswvbZJ3lWsGQ7HdOi6bYPz1JAeU4mvODZ-KOI7ozTHqATtUo3-x8buJtFwGxkUgnOluxrnqtE04Kgg8IvJ7O31Lz8JoHd8xJVmruQTAylG4S6Z3JdtOEJ04D2Ck0B0yEJo1rtM-s0u4Ya-2FTtOJ9FJJhKH4xd2sjLtz8ls2UAUOCQx8=w900-h646-no

アナウンス通りに8分後到着。


チャーシュー、鯛のほぐし身、メンマ、ねぎ、もやし、水菜に
別皿で全卵。


同時に酢、おろしニンニク、辛味調味料が供される。


底には多めのタレが。


鯛のほぐし身、もう少しほしいな。
おいしいからね。


混ぜ混ぜ。


あれ。
鯛鯛していないのね。

ニンニクの香りもあり、
鯛のアラを煮詰めたものを使っているという
カエシの鯛の香りが完全に負けている。

麺はもちもちでおいしい麺だ。
まぜそばにはピッタリ。

全卵を投下。


あまり効果のほどはわからない。

チャーシューはやはり上物。


また、しゃぶっとしていただきたくなった。

メンマも良い。


味変は、
酢はこの商品にはあまり合わない。
辛味調味料が香りも良くてよかった。


麺量は200gくらいかな。
最後はライス割りに最適な
タレの量があった。


このまぜそば、おいしいけど、
鯛まぜそば、というネーミングでいただくと肩透かしを食らう。
全体的に無難に作っている感じだけど、
これにもやしはいらないな。。
そして、鯛がもっと前面に出るようだといいかな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:59 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

あからん@緑が丘(豚骨醤油らあめん 236/'17)

訪問日時:2017/09/02 11:50

結婚式があるんだけど、
その前にお腹がすいたので、一杯。

豚骨醤油が未食だった、
あからん にやってきた。

店名は「あ」から「ん」 という意味らしいね。
今は塩と豚骨醤油だけだけど、
そのうちいろいろやるのかも。

今日はその豚骨醤油を。


具はチャーシュー3種、ほうれん草、キャベツ、ねぎ。
いつのまにか豚チャーシューは3種を仕込むようになっていた。

スープは塩分のやや強いもの。


豚骨のざらつきもやや感じ、
強めの醤油ダレがとってもいいね。

麺は塩とは違う、中太ストレートを一気にいくと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


こりゃいいね。
濃いスープを存分に引っ張ってくるし、
もちもちの食感がいつまでも続く。

塩とはまた違う美味しさで、
2本柱であることは間違いない。

チャーシューは低温調理もの。


バラ肉。


肩ロース。


それぞれ違う個性を持っていて、
特に肩ロースは大好きな味わい。

キャベツは生だけど、
このラーメンにはかなり合っている。
増したいくらいに思った。


帰り際にごちそうさまでした、と告げると、
作業中にも関わらず、にこやかに振り返って、
きっちり目を合わせてくるのが素晴らしい。
ご近所さんにはすでに受け入れられているのは
この辺も手伝ってのことに違いない。

おいしかった!



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 11:24 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

ラーメン 宮郎@蒲田(宮し中華 226/'17)

訪問日時:2017/08/24 11:00

宮郎、

夏季限定で冷やし中華ならぬ
「宮し中華」が発売され、その評判がハンパないので、
気になっていたけど、思い切って行ってみた。
7番目でシャッターできた。


これを目当てのお客も多かった。

トッピングはラーメンとは少し違って、


券売機で宮し中華ミニと
これまた大評判のカレートッピング100円を購入し、
1番端の席についた。

今日もにこやかで元気のいい宮元さん。
この人のちょうどいい元気さが
店を支える源なのかもしれない。

カレーからやってきた。


少し味わってみると、
エスニックでスパイシー!
こりゃうまい。
半ライスを買って、ミニカレーにしてもいいな!

本体提供の前にトッピングを聞かれる。
ヤサイちょいマシでお願いした。
到着。


程よい高さの山。
美しい。


ヤサイは大根、人参、紫キャベツのミックスに
水菜、赤パプリカ、ミニトマト。
その他はほぐしチャーシュー、鶏胸肉、揚げニンニク、
刻みニンニク、おろし生姜。

裏側からも。


エビマヨネーズがいい仕事をするでしょう。

まずはヤサイからいってみよう。


ひょっ。
シャキシャキ美味しい!
ゴマダレが秀逸の味わいだ。

すぐに麺を引っ張りだし、ずるっと、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


最高に美味しい。
冷たく締められた麺はぎゅっとしていて、
噛みごたえ抜群。
麺の味もよくわかる。

その後マゼマゼしてがつがついった。
ウマウマで箸が全く止まらん。。。

鶏肉、すこぶる旨いし、合っている。


途中でカレーつけ麺、してみた。


うまし!

頃合いを見て、麺の方にドバっと、


これはゴキゲンな食べ物だ。
カレーの味は評判通りの極上の美味しさ。
別皿提供なので、私的にはすべての麺に必須のアイテムと相成る。

そして、いつまでも食べていたい感覚を
保ちながら完食。

千里眼ともまた異なる味わいがいいね。
これは蒲田の夏の風物詩になりそうだ。

8月いっぱいは提供するけど、
9月はまだ決まってないそうだ。
もう一度食べたいけど、
来年の楽しみにしておくかな。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:13 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

麺場voyage@京急蒲田(鰻の冷やし 209/'17)

訪問日時:2017/0

麺場voyage。
あまり行けてなかったけど、
好きな店に変わりはない。

7/9に立ち退きのために一旦閉店したけど、
すぐ近くに8/3に再オープンした。


今度は京急蒲田駅から近い。
高架下を川崎方面に歩いていくとある。

この辺のデザインが船長っぽい。


こんちは!
開店おめでとうございます!

祝意を伝え、券売機に向かう。


これは 使い古し 以前と一緒。
3300円が目立つけど、
これは〆麺付き飲み放題のチケットと
開店記念メニューを兼ねている。


Bon,Voyage〜鰻の冷やし〜
が正式名かな?

ちょっとした出費だけど、
土用の丑の日も近いし、
せっかくなので、こちらを購入。

店内は前の一階より広い。


カウンター3席+4席、4人卓×2。

卓上にはラー油、胡椒、酢。


冷やタンがおしゃれ。


船長の動きを見たりしながら待っていると、
まるで鰻屋の中にいるような香りがしてきた。
店内で焼いているのか!

8分後到着。


具は鰻蒲焼き、まぐろ、いくら、ねぎ、キノコフレーク、とろろ。


スープは蛤、イナダ、鯛、昆布、椎茸、ゴボウ
などを煮込んだ贅沢なもの。


めっちゃウマイ!!

和出汁の風情だけど、
しっかりとしたボディがあり、
静かにパワフル、という感じ。

麺をすすると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


鰻の香りも引っ張ってきて、
これは独特。
時折からむとろろもいい感じ!

鰻はふわっとしている。


金粉がかかってる(^^;
これは文句なしの味。
鰻大好き人間なので、とっても楽しい。

まぐろもびっくりするくらいおいしい。


中トロくらいの部位かな?
柔らかで脂が乗っていて、
すぐにとろけた。

今日はしなかったけど、
このまぐろと鰻といくらを
そのままライスに乗せて、ガツガツ食べたい!


そのまま無言で食べ進め、
お腹が冷えるかな〜と思いながらも
スープまで完食した。

おいしかった!
今度こそ、久々にデフォルトをいただきに来よう。
あと、ポテサラ丼がおいしそうだった・・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:26 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

かみもっちうどん@矢口渡(支那ソバ醤油 205/'17)

訪問日時:2017/08/01 11:15

あまり時間がないので、
たまたま近くにある、
優先順位は下の方の店に飛び込んだ。


矢口渡のかみもっちうどん。
自家製麺のうどん屋さんだけど、
同じく自家製麺で支那ソバもやっている。


中に入ると、定食屋っぽい雰囲気。
厨房もホールもおばちゃまだけ。

テレビの前に陣取り、
お品書きを。


温かいラーメンは醤油と塩の2種類で、
つけ麺みたいなのもある。


冬はカレーラーメンもあるんだよ。

お勧めの品とか。


うどん屋なので、うどんがたくさん。


セットもある、ってことで、、


支那ソバセットにした。
醤油味でごはんはミニちくわ天丼をチョイス。

ざるラーメンも良さげだ。


稲田大臣のニュースをぼーっと見ていると到着。


ミニサラダとお新香も付いてきた。


サラダは中華ドレッシングの味。


支那ソバはいかにもなビジュアル。


スープは良質のうどん出汁を感ずる。


うまいじゃん!

自家製麺をすすると、



あれま。
おねだん以上・・・かも。

もちもちの食感で、
表面がざらついていて、
スープがよくからむ。

メンマは残念だけど、


チャーシューはかなり美味しい!


チャーシュー麺にしたいくらいだ。

そして、ちくわ天丼。


これが非常に気に入った。
ボリュームあるちくわ天はタレの味もいいし、
ごはんが美味しい。

うーむ、意外とよかったな。
今度はうどんを食べに来てみるかな。。
とり天推しみたいな空気なので、
とり天うどん目当てだな。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:31 | Comment(2) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

よっててい@池上(カレーら〜めん 196/'17)

訪問日時:2017/07/23 12:05

よっていていのワンタンがいただきたくなった。
ので、行ってきた。

開店の12時ちょっと過ぎたら、
もう満席だった。
もうすぐ8年だけど、すっかり街に定着したね。


お品書きは変わってない。
この他、肉なし香麺、半麺は50円引きとなる。

ワンタンめん、にしようと思っていたけど、
カレーら〜めんにワンタントッピングでお願いした。

一度夜飲みに来てみたいと思いつつ、早や8年。


魅力的なおつまみ郡に心惹かれる。
昼飲みしてる人もいるから、
それでもいいんだけど、
どうも昼飲みはあまり好きになれない。。
夜にゆっくり飲みたいという性分。。。

いつもどおりゆったりとした作業ののち、到着。


豚チャーシュー、鶏チャーシュー、ワンタン3個、
ねぎ、メンマ、揚げネギ、小松菜、海苔。

ワンタンが入ると、キツキツになるねー。


基本のスープにカレー粉でフレーバーをつけた
カレースープ。


こいつがあっさり旨い!

麺をすぐにすする。


全体的に穏やかな感じなんだけど、
少し残る固めの食感が何とも心地良い麺。
すばらしい麺だと思う。

鶏チャーシューも、


豚チャーシューも、


素晴らしくおいしい。
やはりこの辺をおつまみにビール、
いきたいところだ。

ワンタン用にラーチャに黒酢をもらっている。


少し大きくなったかのような、
絶品ワンタンをこいつでガブる!


しかし、おいしい。
ワンタンのおいしい店はたくさんあるけど、
これは私的にはかなり上位。

連れのワンタンメン3入り メンマ増し。


これまた安定の味わいに安心する。

香麺が恋しくなって、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

進化論@雪が谷大塚(進化論そば 185/'17)

訪問日時:2017/07/11 11:38

良い店に育ったと思う。
客足は耐えないし、
時折出す限定のビジュアルと完成度は
群を抜いているとさえ感ずる。

そんなたけもとが、2ndブランドを立ち上げる、
という話は随分前から聞いていた。
当初は新たな場所で始めると思ったけど、
この6/27より、たけもと定休日の火曜日に
新たなブランドでオープンさせた。


のれんがかっこいい。


注意書きもあるけど、
何も知らずにやってくるお客が大半のようだ。


コンセプトは東京軍鶏とのどぐろと鯛を煮だしたスープ。
1年ほど前から、のどぐろを使った限定を出していたけど、
それをブラッシュアップさせて、メインにもってきた格好。

中に入ると竹本氏はいるね。
ストイックな人だし、
休む日あるのか心配になる。

券売機を見ると
下の方に進化論メニューが。


ワンタンはデフォルトで入るのか確認して、
迷わず進化論そばを購入。
つけ麺はそれほど興味ないけど、
☓印の和えそばは気になるな。。

今日は鯛めしもあるので、それも購入。


店はすぐに満席となった。
先にチケットを買う方式だけど、
入ってくるお客様全てに
本日は進化論の日です、
と告げてメニューを説明していた。

4番目で10分後到着。


新しい器だね。
進化論用かな?


具はチャーシュー2種、メンマ、ねぎ、
茹で刻み春菊?、ワンタン、糸唐辛子。

スープは鯛とのどぐろ爆発!


最近、のどぐろ干しが流行ってるようだけど、
こんなに濃い出汁になるんだね。
確かに感ずる鯛の風味もあるし、
東京軍鶏のベースが力強い。

醤油ダレは金沢の醤油など5種類以上をブレンドしたという。
非常にまろやかな仕上がりだ。

麺は村上朝日謹製
全粒粉入りの新しいもの。



うはー


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



最高だね。
しこしこ食感を楽しんでいると、
のどぐろと鯛が暴れまわるよう。

チャーシュー2種はたけもとと一緒かな?


低温調理鶏の方は
ほんの少しエスニックな香りを感じた。
ワンタンのせいかもしれない。

メンマがうまいっすね!


大量にほしい感じだ。

ワンタンは海老と帆立をたっぷりと使い
アクセントにレモングラスを使用とか。


皮がしっかりしたタイプで、
特徴ある味わいにうなる。。

鯛めし。


これがすこぶる素敵に美味しい!

「骨に気をつけてください」

と言われている最中に骨にあたった。
スープをかけておじや風に、
との説明もあったけど、
サラサラとかきこむと
骨が怖いので(人生で3回喉に刺さり,病院に行った経験あり)、


ウマウマ。
これで充分楽しめた。


今日も竹本氏のスタッフを注意する怖い顔はあったけど、
こちらは笑顔になったよ。
またきまーす。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

麺屋 新星@蒲田(濃厚鶏辛鶏白湯そば 175/'17)

訪問日時:2017/07/01 11:35

蒲田にまたまたラーメンの新星登場。
その名も麺屋新星(^^;


ひもの屋の一階部分を麺屋にしたようだね。

調べてみると日の出町に同名の店舗がある。
そこもひもの屋の店を利用らしいし、器が一緒。
鶏白湯白提灯系力が入ってることは明白。


まあ、入ってみましょ。

入ると

定食ですか、ラーメンですか、

と聞かれる。
2,3階ではランチで定食もやっている。

一階のカウンターに座って、
見飽きた感のある お品書きを見る。


鶏白湯も煮干しもよくわかってるし、、、
では、辛鶏白湯そばにしてみるか。


Aセットの唐揚げもお願いした。

冷やしもあるのね。


卓上の調味料類は、


醤油、果実酢、胡麻、辛味噌、黒七味。


1番目で5分後到着。


この器も日本を席巻してるよね。


スープはとろりとした鶏白湯が辛いもの。


美味しい。

ザクザクの細ストレート麺をすする、、


うまー

低温鶏胸肉もうまー


穂先メンマは一本。


鶏つくねがかなり美味しい!


後半、少し飽きが来るので、
黒七味を。


いい風味ですー。

揚げたての唐揚げも美味しい。

https://lh3.googleusercontent.com/0KJ6XezqeW6UqixCs1BnaDEEdIYY9U-dfJGTJRq-PL4_AsjFbAfpsgorykAZrPGY5DfvwnzN-1HY0VNap0N0_260CxwkQv72rAPsQLOb7t3X3DW6jPHMCEhfklxA9_scnw8c7xvK63j5HHBk0_ujP4PEzBVZ5IlUStozjPqBuu7apeofqCjg9Kl-Mx-qYXdoO0Xsb9yTuTAz4lLaWEaGVuJj33_uf7djgtvDnsdk87ZjcWxJZLYjmOfqHO4BFtkTPpD24_jgFFUMJFc4w9xLkTSHSv_3WsZLZqr66P9nF471RjzHi-iAnCpv7xy_V1p7WGtjqI-GEE2uXGuRlWlkR7hcsM-i5AFp1kbmNrZVKvjKnRQH50LzZobAHixArPcEJA8iY0ER5i3UBrPX-5YIs8v6xxHXDk8NiSh28LxTS_26gEugILJKCsiC7loAHgOLB0ArbbVxUzIJ2jDyMH1wuVnBrphFP1cllG-6DrLIT9Lwacu3n4eB1zwduHvNPKoC9sSKK20d7bWtMc3rQGLJWB9lXbRIqHcgvH6ljR3sV-_vOOR6FRqaLW3vdVbHRK5XYMsOHwDRmYIpEvt13RqPkVWDogLE9avkx5LqmxCqY_H6om9yMUUtXQ=w560-h420-no

スープにつけても、


自家製辛味噌も合う。


笑顔になることはなかったけど、
満足の完食。

くやしいけどこの会社は美味しいもの作るんだよね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

長浜ナンバーワン 東京大岡山店@大岡山(長浜ラーメン 174/'17)

訪問日時:2017/0

歌志軒のあと、本日オープンの
長浜ナンバーワン 東京大岡山店に来てみた。
1971年創業、東京初出店、大岡山で国内7店舗目とか。


ここは友匠の跡地。

祝花はせたが屋の前島さん、秀ちゃんラーメンの河原さん、
大勝軒の飯野さん、パパイヤ鈴木氏など。

開店セールでもやって行列してたら回避するつもりだったけど、
普通に開店したみたいね。

店に入ると、4人の団体が待っていた。
券売機で、長浜ラーメンを購入した。


席は直線カウンター9+3席、4人卓☓1。
一番奥に案内された。

茹で加減は、

ばりかた
かた
ふつう

と書いてあるけど、
粉落としも受けていた。
チケットには「や」という文字もあったので、
やわめ も受けると思われる。

バリカタでリクエストした。

卓上の調味料類は、


紅生姜、にんにく、ラーメンダレ、餃子タレ、胡椒、ごま。


5番目で3分後到着。
やはり豚骨ラーメンは提供早いね。
本日オープンのわりにはオペレーションは問題ない。
社長さんがいるからだろうか。。


スープの色が白い、
というのが第一印象。


そのスープはトロっとした、
やや濃厚なもの。


臭みなくおいしい。

ずるっと、、、


これはおいしい。
かん水臭くもないし、
飽きなさそう。
さすがは半世紀近い歴史を誇る店だ。

チャーシューも柔らかで美味しい。


当然紅生姜もね。


こちらもサクッと食べ終え店をあとにした。


わざわざ感はないけど、
この周囲にはおいしい豚骨ラーメンの店がないので、
好きな人には重宝するかもね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌志軒 大岡山店@大岡山(キーマカレー油そば 173/'17)

訪問日時:2017/06/30 12:05

インスタで見てしまった、
歌志軒の限定、キーマカレー油そば

調べたら大岡山店でもやってるとのことで、
やってきた。


このポスターのオススメにしたがって、
卵黄、チーズ、青ネギを追加で購入した。

冷やしも始まっている。


店内は相変わらず大学生でいっぱい。

待ちは6〜7番目で15分後トッピングが来た。


その7分後、本体到着。


なんか写真に比べると、
キーマカレーに挽肉感がないなー。


でも、まずまずおいしい。

トッピングしましょ。


そして、まぜまぜ。。。
ずるず・・・


ぬ。
カレーの絶対量が少ないかな。
おいしいはおいしいけど、
もっとカレーの香りがほしいな・・・

酢、ラー油に
乾燥ニンニクと唐辛子を追加。



唐辛子が香りが良いのは知っている。
これにもよく合うけど、
カレーの香りが少し失せてしまうかな。

その後、こういう食べ物だと言い聞かせて、
きれいに完食。

しゃべくりながら召し上がっていらっしゃる
学生さん達よりも早く食べ終え店を出ると、
長蛇の列Σ(゚Д゚)
こんなに人気あるんだ、と思いながら立ち去った。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ラーメン 宮郎@蒲田(汁なしそばミニ 172/'17)

訪問日時:2017/06/29 11:25

煮干つけ麺宮元の二郎風セカンドブランドが
6/10にオープンした。
今日から汁なしも解禁とのことで、
両国の人と行ってきた。

店に着くと、この教示通りに6人が並んでいた。


先にチケットを買うわけだけど、
店内は撮影禁止なので、
券売機も撮るのを控えて、
そのレイアウトのまま表を作成。

ラーメン ミニ
¥750
ラーメン 並盛
¥800
ラーメン 中盛
¥850
ラーメン 大盛
¥900
豚マシ
¥200
 領収証
汁なしそば ミニ
¥750
汁なしそば並
¥800
汁なしそば中
¥850
汁なしそば大
¥900
豚ダブル
¥350
長ネギ
¥100
生卵
¥60
辛いラーメン ミニ
¥780
辛いラーメン並
¥830
辛いラーメン中
¥880
辛いラーメン大
¥930
 タマネギ
¥100
魚粉
¥50
      ニラタマキムチ
¥50
塩ラーメン ミニ
¥780
塩ラーメン並盛
¥830
塩ラーメン中盛
¥880
塩ラーメン大盛
¥930
   
     チーズ
¥100
 
     お土産ブタ1本
¥2000
 
     お土産ブタハーフ
¥1000
 
     ビール小瓶
¥300
黒ウーロン茶
¥180

氏はラーメン並盛、私は汁なしそばミニに、
ニラタマキムチトッピング。
やがて店の前の椅子まで列が進むと、
外国のスタッフさんが、チケットを回収にきて、
その際にトッピングを聞かれる。


汁なし無料トッピングは ニンニク 、ヤサイ 、アブラ 、海老辛マヨ。
海老辛マヨだけお願いした。

10分後くらいに店内に案内された。

ここは上弦の月の跡地。
レイアウトはそのままだね。
懐かしい。。。

厨房には宮元さんが奮闘中。
いつもこちらにいるのかな?

卓上にはラーメンタレ、白胡椒、黒胡椒、一味唐辛子。

店内見渡すと汁なしのお客がほとんど。
待ち望む声も多かっただけに やはり という感じ。

到着。


具は豚、キャベツもやし、揚げネギ。
野菜はキャベツが多い。


豚は大迫力の厚さ1cm強!


ニラタマキムチのうち、
玉子は黄身を頂上に乗せていた。
海老辛マヨネーズは赤い。。。


麺を引っ張り出すと、
かなりのスープが見える。


麺は予め和えてあり、
そのまま一口いってみると、想像通り。
固さが適度でむっちりとした良い麺だ。

少し混ぜてからいただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


こりゃうまい!
カエシの甘辛さ、脂の甘み、
上質な野菜の食感。
これは労作だと思う。

そして、徐々に海老辛マヨネーズが混ざってくると、
また違う味わいと風味になる。
ややピリ辛でクリーミーさが加わり、
バッチリ好みの味。

ニラキムチもいい仕事ぶり。


豚もめちゃくちゃ美味しい!

かなり気に入り、楽しく食べ終えた。


しらけん氏のラーメン並、ニンニク・ヤサイ・アブラ。


キャベツが多いのがこちらでも印象に残る。


スープはやや乳化。


大人しい感じなのね。
もっと荒々しい方がいいかも。。。


カラメは卓上のタレで対応できるので、
私は入れた方がいいと思う。


店を出る頃には列はさらに伸びていた。
開店日からすでに人気店。
さすがです。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

麺バカ息子@京急蒲田(塩らー麺 143/'17)

訪問日時:2017/05/28 11:30

リ・スタートした2月以来となってしまった、
麺バカ息子へ。


この大きなA看板は取ってあったんだね。
目立っていいね。

今度はメニューをしぼってやりたい、
なんて仰っていたけど、
いつの間にかG系メニューも復活している。


改めて券売機を見ましょう。


醤油、塩、味噌、担々麺、バカつけ麺、
醤油つけ麺、塩つけ麺、まぜそばに
豚醤油の汁ありと汁なし。

10種類を一人で作るのはすごいね。
仕込みも大変だろうに。。。

今日はこの前勧められた塩らー麺に
ワンタントッピング。

店はちょうど満席。
しばらく待って入店。

徹さん、悦子さんしばらくでした。

5分後くらいに到着。


混んでいるのに早いね!


チャーシュー2種、メンマ、青ねぎ、
エディブルフラワー、求肥。
永久サービス券で味玉。

エディブルフラワーがかわいいね。


ではスープをいってみると、
うははー、うまいね。

鶏をよく感ずるし、
やや甘めの仕上がりがまろやかでいい。
塩角を全く感じない見事なもの。

麺はシコシコの細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


この手のすっきりラーメンは初めてだけど、
いい塩ラーメンだ。
スープとの相性もナイス。

細メンマがまたいいね。

https://lh3.googleusercontent.com/eR7eI2Lv_jLFRbaJ1oaCSctWLao9zVdvxnI8YXGpdCOA7yPb0aoeVcP_lZJ_sn9TM9iArZIhDVz_oQ-G97Hu9U5oMYrSkfFSnH5gYxFHZ9QFHqk85p_VKhY0P5IEeI2d5gimxRp2-F0KuEr2PW8nK8QpYE6HdD-8UBeUxONTlHfO52aGyz3MfcHzbhXd3N1CgKKX-u2yS6dup3hgqcl2PvTmRLZBZElDBjM1CAazKkcam8-1D4FTFbRAMD0z-PUHS8s_FVhiMaSfeEK2P0xZ0TzwyAqTtm0EKGqsv9WpHSlbZrv0yZblV3FoO451v32AV9Kn9A11AkdVzk12K_TBAkoGz2HKLjPNyhmgTgOerGiVD-rQvRMcNdr69rwSMaL_HfTfLTfEw655h3WwzG7YeTj_Ac_PndkhDDf1wzWEtl8JAlnrFSXZx-lPTBcRsGCOT-C63qPtvANebaxuDTlzRsP4knDUoJKIjEoCr1Z4y7UT_y3-arK0BtkYVTUeTPGpp7E7l1iBVtI52_7x2vcaXHGjYgL36_OySPpAfT1syHtdtkvLFwqF76NiWjHslEjmWcv2XkSjfjhf5YUSBmFFWsPdi4HYAu1GfrcAhpfHvDaRQwP_sOftiQ=w560-h420-no

細麺に合わせてつかみやすい細さ。
そしておいしい。

チャーシューは豚と鶏。


両方すごくおいしいけど、
惜しいかな、小さい。。。

求肥は懐かしいな。。
最初の蒲田でのオープンのときに
塩つけ麺でいただいて以来だ。

好きな食材だけど、
このラーメンに合っているかは微妙。


ワンタンはやはりいいね。

https://lh3.googleusercontent.com/MtymyYplgppaJp7fTVFWShLxGi-o-wex2F5sIVAX0qybjpcdrHgpP4hpTf8xp73Pm3NFAQ1cN61zZa9A8rb_WFFVs3PF68G_TWRCz1liV8zhCDobPEEkYSdlCr9bLzMlVumw112CehukT7ODJF010j9-1SK04DGHz8GAIoeFjXV0W-70wLPbI1f2dlrDYFr8PdqRDI0vrORySvV0SQDsTrQ7Y1GR2jIYnCK7cro0g8j_Ar2-BTkr4NYSGPg83E0UctaGgpPTXB6-yRsQddDfxeU_SP440T6nzB3GWRus4WypY2s4qDvNwgaGS6sqi1GMTeMOEVYE2t7F-Pgh7s4quiBGLWrCBT9uayZ5P2rSRt5motvVWOmTu-sjLk8uJrfP-jX-fl2utJnVbkOTJAN_r56AIquCVTjV1MEtOZqrw4b52P1RO9-PRTRE6mMF3YfXoA1Cu6sRpl6ET2FL0GJUE8dNYObvd4DsrME76cs1LMruXyms9KzqOepLNBGnkh7EU84QIVnXfJqi2bJkvb7VG5U-tczr11zVI1SC28_zoymwHTUmPvy9DrhupaN9U0-oHeE1mzS6bo4GgspmNhPGw8VvxE5FFoefIKZMConFU2_lfuz_jldXZw=w560-h420-no

今日はトリュフの香りが薄いかな。。

エディブルフラワーは味はないけど、


これはこのラーメンにはビジュアルを含めて、
あっていいと思うデス。


スープまでほぼ飲み干した。
おいしかった。
また来ますね。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

お米バル リオブール@蒲田( 110/'17)

訪問日時:2017/04/22 12:05

ずーっと前から気になっている蒲田の店に行ってみた。
タンメン三男坊は今日もあいていなかったし。

店頭は雑然としているけど、
スパニッシュバル。


こちらがランチにラーメンを
提供しているのを知ったのはもう随分前だ。
一時、営業が不安定だったりしたので、
そのうち存在を忘れていたけど、
先日通りかかって、思い出した次第。


ラーメン2種と、ご飯物とランチプレートとか。

入ります。

L字型カウンターを中心に、
お酒、お皿、グラスが並んでいる。


両方気になるけど、
バカ(牛)ラーメンを注文した。
あと混ぜ用チーズパエリアライスもほしいけど、
ラーメンの量を確認してからにしようかな。。

パエリアとか丼とかランチプレートもある。


先客ゼロで7分後到着。


おお、いろいろ乗ってるね。


カリカリベーコン、生ハム、牛タン煮、チーズせんべい、
じゃがいも、かぼちゃ、ガルバンゾー、貝割れ。

スープは、、、


へー、こりゃ面白い。
生ハムの骨を使ってとった出汁は
生ハム特有の香りもあるけど、
奥深い味になっている。
ラーメン用として、うまく仕上げたなーという印象。

麺は細ストレートでさっくりした独特の食感。
これは楽しく美味しい!

カリカリベーコン。


あは、いいね。
合うね。

生ハムも数枚。


いいねー。
ワイン欲しくなるねー、
と思ったら、


うーむ。。。
昼だし、体調悪いのでやめておくけど、
とてもすばらしいアイデアですぞ。

柔らかく炊かれた牛タン。


うまーいねー!

野菜類もたくさん。


チーズせんべい、いいね。


もっとたくさんほしい!

のちに供されたたこちら。


辛子高菜とレモンソース、自家製塩。
レモンソースはやや癖のあるスープを劇的に変える。
これはナイスな味変だ。

塩はTwitterによると、
肉塩とでも言うのかな?
これが牛タンに抜群に合う。
やや塩気の少ないスープにパンチも加わる。
むー。不思議な塩だ。

アヒージョ激辛赤辛子高菜を少し。


辛いけど、香りがやけにいいね。
これは白ご飯にもいいお共だろうな。

あと混ぜ用チーズパエリアライスは
余裕でいけそうだったので注文していた。


まずはこれだけいってみると、
まんま美味しいパエリア!
さすがお米バル!
いや、これだけでお腹一杯にしたいぞ。。

でも、スープをかけてみる。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


スープの良さとパエリアの美味しさが融合し、
あまりないタイプのリゾットに変貌した。
こういう食べ物があってもいい。

タバスコにスイートチリソースがあるんだね。


パエリアには合わなかったけど・・・(^^;


おもしろい店だった。
夜にも来てみたいな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

煮干しつけ麺 宮元@蒲田(極濃煮干しつけ麺 104/'17)

訪問日時:2017/04/17 11:38

西蒲田のタンメン三男坊はオープンしたのか?


月曜定休なの?
オープン日は最初は3月だったと思うけど、
その後4/4、4/15と伸び、
一部ではプレオープン中という噂も・・・
大きな会社なのに 情報がないのはちょっとな。。。


で、どこに行こうかな、
と車を走らせると、宮元の前に待ちがない!


どの時間帯も行列があるイメージなので、
今更だけど、初訪問することにした。

店内はさすがに満席。
先にチケットを購入する。



麺量はこんな。


麺量によって価格が違うのは歓迎。

それと、油そばがあったの?
券売機にはないけど。。

基本の極濃煮干しつけ麺にして、
3分ほど外で待って席に座れた。

オープンしてもうすぐ2年だけど
宮元さんは厨房の前面にたち、
とても快活に明るく仕事をしているのが好印象。
こういうところも人気の秘密だろう。

5番目で5分後到着。


いやあ、麺がきれいだ。


この盛り付けは一燈譲りだね。

麺だけいってみると さすがにおいしい。
弾力と香りが極上。。

スープにどっぷりと、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


すごい。
これはおいしい。

濃厚煮干しつけ麺

というワードからくる印象そのもの。
かなり濃いスープだけど、
煮干しの心地よい香りからか、
しつこさは感じない。

2種類のチャーシューはそれぞれ極上。


ロースとバラ肉かな。
バラ肉の方が好きかな。。

スープ中にはメンマ、ねぎ、玉ねぎ。


メンマうまし!

スープは一味も胡椒もそれぞれ合う。


中盛にしなかったのを後悔しつつ、
麺がなくなったので、スープ割り。


あはー。


これまた最高。

ラードを感じながらもさらっと飲み干した。
やはり素晴らしい店だった。

ところで、宮元店主のTwitterによると、
5月下旬に同じ蒲田に新店を開店させるとか。
そちらも楽しみだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

とんこつ らい斗@下丸子(らーめん 102/'17)

訪問日時:2017/04/15 11:00

下丸子駅、千鳥町駅、武蔵新田駅のちょうど中間あたり、
横浜大将→多苦楽家→いんでいら と変わってきた物件に
動きがあったのは今年2月のある日のこと。

新たに「とんこつ らい斗」の看板がかけられ、
3月初旬にオープンの予定だった。
それが3月中旬、4月初旬、近日中と伸び、
4月12日にようやくオープンとなった。


羽釜炊き豚骨なんだね。
花はラーメン関係からはなし。

店頭には車1台のパーキングスペースあり。

まあ、入りましょ。

広い店内に店主さん一人体制。
先客ゼロ(後客ゼロ)。
8席のカウンター真ん中に陣取り、
お品書きを拝見。


らーめん+ミニチャーシュー丼セットをオーダー。
麺の固さは やわ・普通・かた・ばりかた の4種。
湯気通し、粉落としは出来ないと書いてある。
普通でお願いした。

卓上の調味料は、紅生姜、胡椒、ごま、おろしニンニク、酢、ラーメンだし。


静かな作業ののち、
4分後到着。


チャーシュー、ねぎ、キクラゲ。
おいしそうだ。


スープはやや濃厚な豚骨醤油


九州系でも、横浜系でもないような、
シルキーな豚骨醤油は
はっきり言って旨い!

麺に期待だ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


わかりやすい味ではあるけど、
なんか、とても丁寧な仕事を感ずる。

ざっくり食感の細ストレート麺もいいチョイスだ。

やや塩分薄めだけど、
充分いただける濃さ。
終盤  ラーメンだし を足すと、
味が引き締まった。

チャーシューは煮たタイプ。


まわりの焦げ目が香ばしく、
柔らかでおいしい。

青ネギはどこ産かな。。


太くて香りがよくて、
このラーメンの中でも
重要な構成になっていると思う。

紅生姜もいただきましょう。


熱々のスープも好印象で、
ずんずん食べ進め、あっという間に麺と具はなくなった。

ミニチャーシュー丼。

https://lh3.googleusercontent.com/NwfVXzAWBmV7N_SU0PgPB_Dri-LvEodaYHnMu3KxGkalsNiU_KOTUn99bXr4AAqyriO10VNd183C5GPHo8ooV9ZlkWnaO_aSc7ESA6wzt84CasPJg2t4d0yabs3Z7VtQAiU-Pj6DLUuno1lSBgL84gRXqabeVEkYtGVSiFQV7AptsjOwagTA1cJq9ccwKhFWLOcS28urup-mDpqxjZce0j7I054CoDjKvnFgaYDQtt816V8YR7OLU4xoQxknMFITUhTALLRmMlJoyRf6JDe0IVNG58YOOcw8YGxXEjOiLVAilZiVW-hC9WD_Kx5D9K71qvWR7N8jQsXNymbFE_3K9xhWx8deGVqoAkj6xH4B4DQsXjHgPkVvvxT7R62R0wLHg04jZQekOXKipZu5hz2J0LOAgACWhyMH4vnDEqMcdC6jjGiRNVA3NPqfnXGzBNwA25zlmbgd5PO736AFt5HaWfGKWS_qKGAb7yf6_s0v00v5gXHC_Jxotz3JfPuA_CEzSvr4rGTPDaxm61lOm-bRLrg0SgIyc9BiiVt9_yqM1QzTBdn74Aqr8VpHJ6cWm6ZF-m6kU1qEKILqD0U8g4C9hqj526HH96K_YYbj3B0vab0q71ksQLvPnA=w560-h420-no

件のねぎもたっぷり。
これが大変おいしいサイドだと思う。
タレの味がよく、
塩加減もちょうどよい。

とろとろのチャーシューとタレとご飯の
ハーモニーが抜群。

こちらも紅生姜をあしらって、


ガツガツと完食。

おいしかった。
いい店だけど、場所が心配。
ご近所さんでなくても行く価値はあると思う。
今度は流行ってほしい。。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

つけ麺 たけもと@雪が谷大塚(兎にも角煮も混ぜそば 96/'17)

訪問日時:2017/04/09 11:20

たけもとのTwitterを見てやってきた。


つけ麺TETSUで5年間勤務したスタッフさんが
作り上げた作品とか。
そのビジュアルに惹かれた。

券売機で限定2のボタンをプッシュ。
チケットを渡すと、並か大盛り、
ニンニクの量を聞かれる。
並、少なめでお願いした。

5分後到着。


角煮?のタレが混ぜ込まれたご飯付き。


やはり竹本さんの作る限定とは違うね。


彩りがね。。。

麺の上には肉味噌、チャーシュー、卵黄、もやし、ニラ、ねぎ。

角煮 と商品名にあるから、
角煮が乗っているのかと思ったら、
薄く切られた普通のチャーシューだね、これでは。


麺は中太平うち。


味の決め手となる肉味噌はピリ甘辛。


ミートソースにも近く、
好きな味付けだ。

まぜていただく。


麺,いいっすね。
同じような形状の五反田の方の店とは違って、
とても混ぜやすい。

そして、平たいながらもしっかりした食感。
もっちりとしていて、タレと具をよく集めてくるので、
いろいろな味わいが食べていて楽しい。

ゆず入り八味や、


カレー塩をふってみる。


いずれもよく合う。

麺がなくなると、
まぜめしタイム。


肉味噌が好きな味なので、
これはいいね。
麺にもご飯にも合う味で、とても良かった。


ただ、店主竹本氏のスタッフを怒鳴る声に
嫌気がさして、そそくさと店をあとにした。
この方は時々こういう怖い顔をする。
お客に向けるかっこいい目とは全く違う。
お店として損してると思うが、
作る商品は間違いないので、何とも。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

【閉店】まぜそば 談@蒲田(カレーまぜそば 66/'17)

訪問日時:2017/03/13 11:42

尾瀬さんのところで知った情報。
蒲田に油そばの新店ができていた。

今年2月25日に開店したとか。


「談」という店名から、
五反田の「呑み処 談」が思い浮かんだけど、
関連性は不明(聞き忘れた・・・)。

※その後呑み処談の系列と判明しました。

店に入り、小型券売機に向かう。


麺量は並 中 大とも同価格で、
300g、400g、500gという設定。

カレーまぜそばが魅力的なので購入。
パクチーも。

カレーまぜそばのボタンを押したけど、
出てきたチケットには 担々まぜそば  と書かれていた・・・

チケットは問題なく通り、
味玉サービスの有無を聞かれ、
是非お願いすることに。

ライスはセルフサービスで1杯無料。

食べ方指南書。


ほほー、割りスープがあるのか。


調味料類は
マヨネーズ、ラー油、酢、一味唐辛子、
おろしニンニク、酢、胡椒。


まずパクチーとカレー粉がきた。


「カレー粉は追いカレーとして後半足してください」

へ?
最初はカレー味ではないのか?

2番目で8分後到着。


油そばは白い器だったけど、
こちらは黒。

具が豊富で、
ミンチ、チャーシュー、ねぎ、ニラ、
茹で野菜(もやし・キャベツ)、
刻み海苔、魚粉、卵黄。


スープがまずまずの量
入っている。


麺は大黒屋。
イメージではもう少し太いと思っていたけど。。

まずはそのままいただいてみると、
甘しょっぱい感じのタレで いい感じ。


もっちりといい麺だ。
これが基本の油そばの味か。
これで既食扱いにしておこ(^^;

ミンチはカレー味だった。


これ、旨い!
早速混ぜあわせる。


O(≧▽≦)O

カレーミンチの味がとても好み。
食べ進むうちにどんどん味が馴染んできておいしくなる。

チャーシューは柔らか。


カレー味になっちゃったけど、
デフォルトも多分おいしいはず。

ラー油、胡椒は問題なく合う。


後半になったので、
追いカレー。


おお!!
スパイシー感が倍増する。
これは、、、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


すぐにパクチー投下。


これまで色々な店でパクチートッピングしたけど、
ここのが一番多い ♪

いやー、パクチー合うね〜〜〜
またまた魅力が増した。

味玉もいい仕上がり。


気持ちだけマヨネーズを添えてみた。


マヨラーさんでなくても歓迎と思う。

300gの麺は惜しまれつつなくなり、満腹。
でも、やはりライス割りしておくか。


楽しい楽しい。


おっと、割りスープも少し入れて、


おほ。
これはこれは。。。
お出汁のきいた、カレー茶漬けになった。
うまいな、これ。。

大変楽しく食べ終え、

「いってらっしゃい!」

の声に見送られて店をあとにした。


まぜそばだけのメニュー構成だけど、
今度は長続きするかな・・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします