2018年07月12日

揚州商人 池上店@池上(汁なし担々麺)

訪問日時:2018/07/12 11:50

期間限定で汁なし担々麺が発売された、
揚州商人に行った。
店頭の縦看板を見ると、


あるね。
いつまでなのかな?

まだ食べたことはないけど、
涼風鶏そばや、雲丹冷やしも魅力的。


店に入って席に案内される。

もう一度卓上のメニューを確認して、

https://lh3.googleusercontent.com/Z_gbdW14qYBEjYFb3cqAPqkATLbVlh__V1x4jRI54I7YUpIpyccj6-zwJBvS1uykyHBbgVbVLwafrw0VTL9mauOphZkxSjlR5JGGf4tcyF07bTnIomezbtog4C15MJurBv-vqfUGkiuAyKabmcexfBrZ8ghXhRiuVNiPM1WzKHcPvIjBfG8Y5n6X07YUYXFiyfHOmgKRnVKwK2xzIkHZxVgB-rLBh9LgqI9iVWFXZcNiNICsyRaj48ngu4iLYjyRbGbC0kyu_4lDGGQ1N7dki1COtAS74loFAmlJSolxr7fli8NUw4mB9jDQlJmgPqMJ89V-cUqfhXy8B-MG-O7gj805op0pAnOCK6lL2GzM_ec5tgC7YpyShS7r2KQ0QVzCXZMzVCEUD7ed4T5OCaISMR7Tk4_F1jFVxIU9bSHwWzc7AQSC7AuCNO2BAGeAGPoelQvAWQ2C9aHxI5XE7LYV1FxvqWS-XTPPO2lSOqwFaRUA6u_YZwDJRFrrYAFPECf28whVMyDXgWQ8divo9mSrCFrHDtppkAYr_PoAgV3xHsYqiGrwOr4bYcD2AJn8g0E85DeW_elOa7KzTtE9NI-rGk7hdGqIlHygQ4SYsUsl=w420-h560-no

汁なし担々麺を揚州麺でお願いした。
あと、いつものミニ炒飯セットも。

トッピングフェアなんつーのを
やってるけど、


パクチー150円は高いのでやめた。

5分後到着。


盛りつけられているのは
肉味噌、青梗菜、白ねぎ、青ねぎ、擦りごま。


肉味噌はいつものように美味しい。


揚州麺を引っ張りだし、
そのまま一口。


相変わらずもっちりもちもちの良い麺だ。

まぜる。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


揚州商人の汁なし担々麺は
恐らく毎年は出していなかったと思うけど、
こいつは本格的でかなり美味しい。

またゴマペーストでなく、
擦りごまを使っているのもセンスを感ずる。
ペーストだとねっとりしすぎるし、
カロリーも多いしね。
適度なごま風味が非常にバランス良い。

揚州商人はこういう商品づくりが
本当に上手だと思う。

鎮江香酢で美味しさアップ。


ラー油も使う。


夢中で食べ続け、
ミニ炒飯が着ているのに気が付かなかった。。


うまいなー。
塩加減がちょうどいいんだよね。
パラパラ具合も好みなんだ。

肉味噌をいつものように。


ラー油はこちらでも。


楽しく食べ終えた。
また来ます。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:57 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

中華そば 梟@蓮沼(辛いそば)

訪問日時:2018/06/03 12:14

一番最初は蓮沼のにそうにて
3日間の間借り営業でスタート。
その後中華そばむら田でも営業
それからも転々と間借り営業を続け、
はたまた、いろいろな店の食べ歩きも続け、
ついに6月1日に路面店を開業させた。


ほしのにそうと続いてきた場所。
さながら凱旋、とでも言いましょうか。

花がたくさん。
店に入ると、変わらず清潔な姿の
店主さん。

券売機を見るとメニュー構成は変わらないね。


では、以前は中華そばだったので、
辛いそばを購入した。

席に着くと、知り合いからのお祝い品も
ちらほらあった。

お久しぶりの挨拶を済ませ、
しばしお話を聞いた。
以前とは麺が違っているそうな。

また、辛いそばは思ったよりも
辛い仕様にしているので、
心の準備をお願いされた(^^;

1番目で8分後到着。


表面、赤い。


スープをいってみると、
とんでもなく美味しい!


ラー油で辛さを演出も、
鯵干し使用のベースのスープが
はっきりとわかる。

これは極上の味わいだ。

麺は、中細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


辛旨!

麺はしっとりとした、
バッチリ合う麺になっていた。
この麺はいいね!

辛いラーメンとしては
出汁感が素晴らしいので、
辛さはかなりあるけど、
それほど気にならない。

この粉末は花椒?


香りと辛さが増す感じ。

チャーシューは豚と鶏。


両方美味しいけど、
特に鶏胸肉がナイスだった。

今回も乗せられているお麩もいいね。


ご好意をいただき、
固茹で玉子。


半熟もいいけど、
固茹でも好きっす。

スープをほとんどいただき、
ごちそうさま。

今後は限定が楽しみ。
また、間借りで出していたつけ麺を
望む声が多いそうで、
どうもそのリリースも近いように
思えた。
応援してます。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:37 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

のっけごはんと中華そば95@羽田空港第2ビル(中華そば醤油)


訪問日時:2018/05/21 10:25


地方出張につき、羽田空港にて早めの昼食。




ここは譚料理長の広東家菜の跡地。

いつの間にか閉店してたんだね。


店頭にタッチパネル式の券売機。


IMG_3345.JPG

IMG_3344.JPG

IMG_3343.JPG


中華そば より のっけごはん が先にきてるので、

そちらが充実しているのかと思えば、

ごはんものは3種だけ。


中華そばは塩と醤油の2種の味。


セット3の中華そば醤油と

とろろ刻みわさびご飯にしてみた。


中に入ると、前と同じレイアウト。

卓上は胡椒のみ。

追加は現金対応。


IMG_3347.JPG


どちらの資本系かは知らないけど、

こだわりを述べるのは慣れていそう。。。


IMG_3346.JPG


1分半後到着(@_@)




早すぎだよう。

ラーメンを待つのに

ちょうどいい時間ってものがあるだろうにー。


おとなしい見た目。




スープはすっきり。




出汁感は薄く、

調味料主体と感じた。


麺も主張のないもの。



ファミリーレストランのラーメンって風情だ。
ただ、それほど不満でもない。



メンマは色が薄い、




どころか、緑がかった部分もある。

こういうのは初めて食べたな。


チャーシューはいけません。




長時間、冷蔵保存したものを

どうしても切り置きしたいのなら、

もっと味を濃くすべき。

申し訳ないけど一口で器にもどした。


とろろご飯はおいしかった。




刻みわさびがいい感じ。


最後はとろろご飯スープめし。






お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。






感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:05 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

麺屋 まほろ芭@蒲田(濃厚牡蠣煮干そば)

訪問日時:2018/05/19 11:57

今週16日にオープン、麺屋まほろ芭。
本郷三丁目のねむ瑠の2ndブランド。
人手不足のため、当面夜だけの営業で、
土曜日は昼営業のみ。
ねむ瑠も最初そうだったよね。

今日は最初の土曜日ということで、
並びも予想されたけど、
相方と待ち合わせてシャッターすることに。

5分前に到着すると、
すでに15人が並んでいた(・・;)

並び方手順がある。


これに従って向かいの公園に並ぶ。

麺屋白夢の跡地。


外観も一新されている。

グッドデザインの店名ロゴですな。


のれんの輪っか模様は
小学生のときに使ったデザイン定規を思い出す。


約一時間後、ようやく店内へ。


これだけの量を一人でやるとは大変。
と思ったら、淡麗系は✗印が。

私は牡蠣ニボと和え玉、
しらけん氏はバカニボをそれぞれ購入。

以前と同じ6席カウンター。
端の2席を取る。

調味料類は、ねむ瑠でも感動した
山椒オリーブオイルと酢、胡椒。


店主さん、相変わらず手際がいい。
奥の厨房と席を行ったり来たり。
忙しそうだな。。。

聞くと朝の6時くらいに仕込みが
終わったと仰っていた。
お体大切にしてください。

座ってからは早く、3分後到着。


見るからにドロドロなスープだ。


チャーシュー、牡蠣、玉ねぎ、青ねぎ、海苔が
散らされている。

レンゲを差し込む。


どは、濃ゆい〜〜〜!
で、旨!
見事に牡蠣の香りがブワッとくる。

麺は中細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



ざっくり食感、ナイス!
スープと絡みまくりで、
こりゃうめえ。。。

レアなチャーシューもかなりいいね。


スライサーで切っているようだけど、
もう少し厚くてもいいかなー。

ぷっくりの牡蠣、おいし!


もっとほしいですなー。

山椒オイルを試してみる。


少し垂らしただけで、
劇的に香る。
これ、やっぱり好き。

頃合いを見て、和え玉をお願いする。


ねむ瑠とそっくりビジュアル。


煮干の香りがリッチな
抜群まぜそば。

最後はスープにイン!


何度でもウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


氏のバカニボ。


セメントの煮干は食傷気味と言っていたけど、
これはこれでとても美味しい。
焼干し?の香りがいいね。


あとはこの店主の作る淡麗系を
いただいてみたいな。
アサリめしも。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:39 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

九份酒房@蒲田(台湾式まぜそば)

訪問日時:2018/05/17 11:38

蒲田しかランチの選択肢がなかったので、
ちょっと気になっていたこちらへ。


昨年11月にオープンした台湾料理の九份酒房。
一度九份に行ってから、この文字を見ると気になる。
またゆっくりと訪れたいところでもある。


ランチはリニューアル、と書いてあった。
開店当初は「台湾混ぜそば」という商品名だったのが、
「台湾式まぜそば」になっている。
台湾料理屋が作る台湾まぜそばが魅力的だったのだけど、
その筋からなんかあったのかしらん。


その台湾式まぜそばと
小ルーローハンをお願いした。

L字型カウンターにテーブル席多数。
メニューを見てもそう思うけど、
夜が楽しそうだ。

到着。


これを見ただけでは
台湾まぜそば とは思わないね。


乗っている肉味噌は辛くなく、
甘めの味付け。
ここで もう違う。

混ぜていただく。


あら。
美味しい。

肉味噌の味付けが中細麺に
よく合っている。
麺は炒めたか、油で和えてあるので、
麺同士がひっつくこともなく、
するすると食べ進むことができる。

もやしもニラも効果的。
台湾式 という感じに浸れる。

ただ、辛味がほしい。
調味料類が全くないので、
ラー油、酢、胡椒、辛味噌くらいを
置いてほしいところ。


ミニルーローハン。


本格的な台湾魯肉飯の香りとは違う。
食べやすい日本式・・・かな。
でも、甘からで食べ物として美味しい。

最後は肉味噌とご飯を合わせてみた。


肉味噌ごはん として商品化キボウ・・・
あ。これがローザオハンのベース、、かな?


あと、付属のスープは、
スペアリブと冬瓜の蒸しスープ、


といった風情だけど、
ぬるいのが超残念。。。


280gと多めの麺もルーローハンも
するっとお腹に収まった。

お隣のパーコーハン、麻婆豆腐定食には
かなり惹きつけられた。
ランチもいいけど、夜に来てみるか。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

横浜家系ラーメン 上々家@矢口渡(ラーメン)

訪問日時:2018/05/12 11:00

本日オープン、横浜家系ラーメン上々家。


惜しまれつつ閉店してしまった、
こうやの跡地。
上々家が来る、ということを知ったときは
嬉しかった。
こうやロスを補ってくれるかも、
と期待していた。
で、これは2号店?移転?

11時開店という情報だったけど、
5分前に着くとすでに開いていた。
中に入ると、レイアウトは同じだね。

券売機で、ラーメンとほうれん草を購入。

https://lh3.googleusercontent.com/yrWmGQ6jRk_8xN_FCLX2oKYbJzojVeJcY77ebak-EXC0ePwfqHTwjuBydBkEhPRfLVLB6m-e9x9M43lf7xB2QTtlAPO5kWNoJPGBShgiSANN_Y5GT6q2OPG1AD1GOW_D4Y--TmN6Y3l4e_ZLRsVQDTd_SkQFxjfpciZsPB4dg2XfaZvBOa3S1ZpmkyzAjf45ioLwnSbd79qFl03Uv9ByZeqTuZ2NM96Sxi-82YPwJqb8ffGrugNVDYRjKUfjEd5oAVka00lbmgFXKvNO5OVn7aJ_y3ITHVzV5lbcOjZkpRZ26AJRlwknX4kjPuvDInaWoITNbOVoEwXX_I80qt-9e_9I8iBYi3jAijqFPeGpLH_A3fYFm9yKRthbpKbEeHDj0RXNC7nXyXBsge-EpfxCKJnW0QADk-U3of3VE1Rez6taMgjn-LAwWrP57PW6WxOU-_yifyqyst5DtpoTLmqsItE_jDhkSWWsXOF6WD9b5vA3k1dzc4IVIOg-A9kiFligqlK-sYPC5Ok9-DsG8folK4JpQt1MtH3iMyBsB4APEeiNdgBpSkYFJvL0h3w88uNi3fHah0PCI5Odz0XWE_lS75DNputpf_SWlubc6TzY=w900-h857-no

キャベチャーはあるけど、
キャベツトッピングがないな・・・
それに未発売のものがたくさん。
スモークチャーシューローストポーク、
肉ワンタンが気になるところ。

店内には3人のお客がいた。
何時に開いたのだろう。

調味料類は豊富。


黒胡椒、醤油、酢、


粗挽きトウバンジャン、トウバンジャン。
おろししょうが、おろしニンニク、ごま。

リクエストは麺硬めだけ。
3分後到着。


ほうれん草は別皿がありがたい。

上々家は海苔が寝ているタイプ。


スタンダッププリーズで、
もうワンショット。


いいね。
では、スープから。


!!!

ウマ!!!

こんなにおいしかったっけ。
しつこくないベースの豚骨スープが
見事なまでに魅力があり、力強い。

すぐに麺を放り込む。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



実に美味しい家系だ!
それほど欲しないジャンルなんだけど、
これはこれから楽しみが増えた。

チャーシューがまたうまい。


胡椒をふると魅力倍増。

楽しくなってきたので、
半ライスを追加した。
まずは、


王道だね。
次は粗挽きトウバンジャンとごまをかけ、


これを海苔で巻いた。
最高・・・

ほうれん草はスープに入れて食べたり、
醤油と酢をかけて箸休めにしたりした。
そのあとはスープに浸したものを、


これが好きなんですよ。
ガツガツいきましたね。


心ゆくまで楽しんで、
箸を置いた。

やはりさすがは六角家のち筋。
マイテリトリーにようこそ!
また来ます!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:42 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

魚豚@梅屋敷(汁なし担々麺)

訪問日時:2018/05/06 11:30

連休が長い。
会社に行きたい。

けど、ラーメン食べたい(^^;


梅屋敷、まんま屋のある通りに
5/1にオープンした「魚豚」。
ありがち、と言うか、
なんと言うかの店名に
どうしようかな感に支配されていたけど、
ついでがあったので行ってみた。

派手な店構えだね。

店頭には軽く説明。


製麺所へ特注の極太麺、
動物魚介のスープ。
・・・大体わかりました。

メニューはこんな感じ。


煮魚つけ麺、懐かしい名前。
錦堂美豚に似たものか?

店内潜入すると、
左に券売機。


カレーつけ麺が気になりながらも、
汁なし担担麺をチョイスした。
表の品書きでは「担々麺」。
こういうの困る。。。

直線カウンター6席、
4人卓✗2。

厨房内は男女二人の異邦人の方。

壁一面に説明が書いてある。


製麺所は、麺箱を見ると、
大橋製麺多摩らしい。

調味料類は、辣油、酢、胡椒、
豆板醤、おろしニンニク、一味唐辛子。


先客はゼロだったので、
4分後到着。


ありゃりゃ。
なんと寂しいビジュアルか・・


スープが付いてるのはうれしいけど、
汁なし担々麺史上、最もシンプル。

少しテンションが下がりながらも、
調査開始。


肉味噌、うまいよ!

麺は、、


表面ざらつきタイプ。
もっちりツルツル。
いい麺だよ。

混ぜましてーの、ずるっといくと、


あれ。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


胡麻味がナイスバランスで利いていて、
見た目ほどの貧相感はない。
人、いやさ、麺は見た目によらない典型。

ただ、花椒はもっとほしい。
ほのかに香る程度なのが残念。

豆板醤、胡椒もよく合う。


でも、一番合ったのはお酢だった。
少しだけ甘ったるい感じなんだけど、
酢でそれが見事に収まる。

スープが意外に美味しい。


煮干し風味がきいていて、
かなり好みな味わい。
このスープならば、
中華そばをいただいてみたい、
と心から思った。

このスープが汚れるのは躊躇したけど、


つけ麺スタイルでいただくと、
これまた美味いじゃん!

参ったな。
また来たくなっちまった。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:19 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

麺場 鶏源 蒲田店@蒲田(鶏白湯スパイシーカレー麺)

訪問日時:2018/04/08

4/1にオープンした麺場鶏源蒲田店に行った。


A看板に軽く説明。


大事なことだと思う。。

鶏と塩に拘りありね。


黄金町に次ぐ2号店。

4/2のジャスト正午に行ってみたら、
大行列だったのであきらめた経緯がある。

ここは3/25に閉店した、麺処直久蒲田店の跡地。
矢守さんによると、その直久閉店の告知の貼り紙には
鶏源として生まれ変わる、という意味合いのことが
書かれていた。
関連はよくわからないけど。
無関係ではなさそう。

今日はすぐに入れた。
券売機は故障中。


口頭注文で、
メモ用紙にて後会計。


カレーがあるのを発見し、
思わずそれを注文した。
直久でもカレーだったんだけどね。

博多系ラーメンのようなお好み指定が可能。


辛味を足すことができるんだね。
一蘭のようなものかな?
今日はカレーなので、ハリガネのみ所望した。


博多豚骨をイメージして鶏白湯を作ったとか。
そうだったんだ。
いたずらに鶏白湯だけを前面に出したタイプではない
ってことか。
わかりやすいコンセプトで、ありそうでないかも。
面白い。

https://lh3.googleusercontent.com/ftvUphbpE9OBI0IBxHf5cbW2ohXWntj4ybWXK5dN9mAxbm_kCfbHhRYzJ6UMT4ZWw9kk6t8EDcqHpRVUzwMD-LLG8Wl7ZQ4MdH2YLrqbyykre27uKpZYc4nRg1Lb3d5wUMmUN9r1GwzgA_JzqH3q8KvK4lc--ZZMrLQV8geloKfvd1UbIz9rjE1Zq_ppWecIfixrQVJtyLPZGi0WcWYJ9rbhiGPef5CPhIvhNRBfCC7OWX-7C_EXxeBuHkbmPUaWpA3uVrL4i80ce8x63RhKMXw3o4OUAeYp5HJTfRjkrQXHpKGGYq8iX1tpMlEbhola5DCkzhEnp6OFZ-BLIS4SCCRZNXbuUXt8k8DdaykAhAeMRhqP1Lvf4oAA6Uz_dW5qRCWSiOxu_I72Yj3RSU25BpC_aCMvo1D6WwNgIUUPwl9uA5lj5f3AKVEV_ahwarrOLdN6i_iQZcrjBvdd9BU_K5yaEdjWC03KDPlJAq5HheGe9ypqXj32MrMuup3xG51Mbew13D-nzK-OY7-pa-ez8XWUdJk7x5oEdeeGL-6t5GqHmCnRoDIfD3CK__SYd8ILZtvUP4zdrWJfyo6VjwApJlGxzXgvJdIKemOvvo-7=w560-h420-no

調味料類は
ラー油、ごま、酢、胡椒、揚げニンニク。

7番目で16分後到着。


あ、こんなスタイルなんだ。


もやし、人参を軽く火を通して、
サイコロカットのチャーシューと和えて、
盛り付けてある。

スープはトロトロ。


うまい!!

ややスパイシーで、
日本人好みのカレー感。
基本の鶏白湯の良さが伝わる。

ハリガネ麺、いきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


あら、おいしいこと!
麺がバッチリ合うな〜
固さはハリガネでもそれほどの固さはない。
野菜で蓋され、早めにしなったのかも。
これは固め指定が吉と思われ。

山を崩すと、


コロチャーガたくさん。
これがまたおいしい。


柔らかで味がいいね。

ガーリックチップを投下してみた。


最初からあってもいいくらいの相性。
旨さ加速。

麺がなくなると、
具が沢山残る。
そのままレンゲで格闘していると、
いつの間にかスープはほぼなくなっていた。

これはライスインが必須だろうけど、
今日はおなかに余裕がなかったので、
その味を妄想して箸を置いた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:20 | Comment(2) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

西っぺの店@平和島(スープ無し担々麺 84/'18)

訪問日時:2018/03/30 12:00

3/7に開店した、西っぺの店を訪問した。


四川飯店、陳親子の元で修行したとか。
裏の換気扇下にもそのことが貼ってある。


店頭のお品書き。


本日のランチ。


中に入って券売機の前へ。


四川飯店出身なら麻婆豆腐がウリだと思うけど、
スープ無し担々麺を選択した。
あと、四川チャーハンが気になり、
ハーフサイズが出来るかどうか聞いてみたら、
300円でやってくれることに。
ありがとございます。

壁にもいろいろな情報。


ラー油、醤油、酢などの調味料は
劣化防止のためにテーブルにはない。

西っぺこと西崎氏は
うまい棒プレミアムを作り上げた人なのね。

店内は4人卓☓2,半円の4人卓☓1
厨房には西っぺ一人。

9分後、あまり見ない姿で到着。


浅い皿に盛られている。

肉味噌、青梗菜、糸唐辛子、ナッツが
散らされている。

肉味噌はいかにも四川飯店のそれ。


抜群においしい!

麺は柔らかめの中ストレート。


頼りない感じもあるけど、
混ぜてからいただくと、
違和感はなくなった。


スープは穏やかなごま風味。
全体の味はピリ辛程度。
花椒はほのかに香る。


後追いで四川チャーハン到着。



・・・・・

これ、普通のチャーハンだ。。。
間違えちゃったみたい。
まあいいか、と食べ始めると
やさしい味でおいしい。

こうすると
四川チャーハンに近づくかな?


めちゃおいしいけど、
どうも辛いチャーハンをイメージしていたので、
ラー油を所望してみたついでに
聞いてみたら、

「あ!返金します・・・」

と、ラー油と四川芽菜?をくれた。


四川芽菜は塩味が心地よい。
そして、ラー油が恐ろしいほどおいしい・・・
これを全部チャーハンに混ぜていただくと、
大変満足のお味。

どの料理を頼んでも
ラー油は絶対試した方がいい!


すでに周辺の方のランチ店として、
認知されているようだった。



西っぺさん、
ごちそうさまでした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:34 | Comment(5) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

らーめん・餃子58@下丸子(58ラーメン 61/'18)

訪問日時:2018/03/03 11:05

下丸子の新荘園。
2007年8月に出来て、
あっという間にご近所の
憩いの場になった中華料理店。

私も家族、友人と何度も訪れていいる
料理が美味しいし、お客に丁寧なのよね。

今では本店、飯田橋、大崎、錦糸町、
鎌倉(本館・別館)、秋葉原、綾瀬と
合計8店舗。
すごいもんだ。

そして、この2/26、新荘園グループの
新たな店ができた。


下丸子駅前、清水屋→吉鮮と変わってきた物件。
両方居酒屋だったけど、吉鮮は同じ新荘園グループ。
安くて美味しい、人気の居酒屋だったけど、
突然のリニューアルだ。

経営母体は潟`ャイニーズフード58(COPA)。
からの店名だね。
綾瀬のフードコートの店も 58 が付く。


開店直後に突入すると、
新荘園の大将がいる。
はりきってる。

メニューは絞られている。


ラーメン、チャーシューメン、塩ラーメン、タンタンメン。
これらは炙りチャーシューが乗る。
それに薬膳の金運そば。


ちょい飲みのおつまみは貧相。
必要なら新荘園本店から出前してくれる(嘘ですw)

壁には主なメニューの説明。


炙りチャーシュー というワードが
あちらこちらで踊っている。
名物にしたいのね。

58ラーメンとミニ生姜焼き丼を注文。
3/4まではオープン記念サービスで、
大盛りか味玉をサービスとのことで、
味玉をお願いした。

ライスは11時から15時までセルフサービス。


調味料類はおろしニンニク、
自家製辛味、胡椒。


辛味は唐辛子がごっちゃり。


で、いい香りだ。
あとで使ってみる。

6分後到着。


味玉はデフォルトで半分装備されてるのね。
それなら、100円トッピングのうちどれかサービス、
にした方がいいのでは。
まあ、いいけど。。


スープはとても優しい味。


鶏ガラがベースだろうけど、
野菜の風味をよく感ずる。
物足りなさはないけど、
薄い、という人もいるかも。。

麺は中平やや縮れ。


やや平たく、食感も良し。
麺には拘りを感ずる。
中毒性はないまでも、
これは良いラーメンだ。

チャーシューは炙り、と言うけど、


厚切りだけど、味が薄い。。
焦がした風味はほぼなく、炙り感には乏しい。
もっと醤油味を濃くして炙れば、香ばしくなって、
炙りチャーシューの特色を生かせると思うが。

メンマは癖のないもの。


中華料理店ぽい。


ミニ生姜焼き丼。


その場で中華鍋を煽って作っていた。
家庭の生姜焼き風で美味しい。

ここで辛味を試してみる。


ひゃー、辛いね!
えも、風味がいいので、
私は大好きだな。
餃子に添えたいね。


双方食べ終えて、お腹いっぱい。
25時までやっていると言うし、
つい帰りがけに寄ってしまうこともあるだろう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 12:50 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

つけ麺 たけもと@雪が谷大塚(汁なし四川担々麺 54/'18)

訪問日時:2018/02/24 11:20

つけ麺たけもと。
先日、東急沿線機関紙、SALUSに掲載された。
まあ、そこまで影響はないだろう、
と思っていたのよ。

そしたら、初めて見る行列にビビった。
7~8人が並んでいた。
まあ、仕方ない。
チケットを先に買って最後尾に接続。

目当ては限定の四川汁なし担々麺
竹本さんは時折、私の琴線に触れる限定を出してくる。
今回もその商品名に惹かれたなあ。

待っている間に温かいお茶をくれた。


竹本さんらしいサービスだ。

並んで20分後くらいに中に入れた。
今日は大将いない。。
なんか休んでるのを知って安心した。

チケットは並んでいるときに回収されて、
座ってからはそれほど待たずに
四川汁なし担々麺〜鷄節のふわトロ卵スープ〜 到着。


ねぎかパクチーか聞かれて、
パクチーを選択してある。

汁なし担々麺、
というイメージからはほど遠いビジュアル。


実はこの限定の前に、
火曜日の「進化論」で進化論四川麻婆拉麵を
提供していて、その派生ではないかな、
とは思っていた。。

やはりかかっているの麻婆餡。
しかもかなりの量。

そのせいで、麺が重い。


麺はざらつき表面のもっちり麺。
混ぜ混ぜ〜〜のいただきます。


麻婆餡は辛さはあるものの、花椒などの香りは薄め。とろみがきついので、徐々にお腹が膨れてくる。自家製八味、合う!カレー塩もいいね!付属のスープもトロトロの餡。かきたま状の玉子、食用菊、ねぎが入っている。鶏節を使っていて、そりゃ美味しいんだけど、あんかけにあんかけでなんか終盤はつかれた。なので遊んだ。餡餡つけ麺、あり!でも、この限定、竹本さんが作ったのかなー。どうもいつもとは違う気がする。いや、すみません。たけもと舌になっているので(^^;

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:20 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

らーめん 飛粋@蒲田(ちーゆそば 40/'18)

訪問日時:2018/02/12 12:13

蒲田の家系ラーメン◯貴家が
2月1日にリニューアルし、
急に評判がよくなったので、行ってみた。

※追加情報
◯貴家の助手さんだった小泉店主の独立店になるそうです。

素敵な店構えだ。


「ひいき」と読む。

ラーメン店にはみえないやね。
恐る恐るドアを開けると、
ほぼ満席になっていた。
すごく狭いところにある券売機に近づく。


この脇に座っているお客様の背中に
触れてしまうのを注意しながら、
狙っていた 芳醇ちーゆそば をプッシュ。

家系ラーメンが基本なのは変わっていない。
チャーシューをもも肉とばら肉と選べるのが興味深い。
からしめんも気になるな。

8席のL字型カウンター席。
厨房の店主さんは若くていけメンだね。
作業所作も何か美しい。

にんにく、生姜、豆板醤、胡椒、酢がある。


4番目で6分後到着。


ちーゆそば とは油そば、まぜそばの類だ。
きれいに仕込まれたばら肉チャーシュー2枚、
白髪ねぎ、岩のり、揚げネギ、生卵が盛り付けてある。


麺を引っ張り出す。


酒井製麺の中太麺はしっかり食感。
麺自体が美味しいよ。

まずは混ぜて、
いただきます。


うは。

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


デフォルトの豚骨醤油スープの美味しさが
予見できるタレの味がよくわかる。

香りのよい鶏油もとてもいい風味を
演出している。

岩のりも揚げネギも必須のアイテムに思えるので、
油そば系にありがちな物足りなさはなく、
これはバランスよい一杯だ。

チャーシューがいいね。


ラー油と一味唐辛子をくれた。


一味は合うけど、ラー油は好き好きかな。


生姜、豆板醤はよく合う。


麺と具がなくなると、
いい感じにタレと油が残る。
ライス割りしたいなー、と思いつつ、
まあいいか、と箸を置いた。

この店いいです。
デフォルトの家系、必ず食べに来ます。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:24 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺バカ息子@京急蒲田(味噌らー麺 39/'18)

訪問日時:2018/02/11 11:30

今日は麺バカ息子に行くか、
と数日前から決めていた。

通年メニューになった、
味噌らー麺をチョイス。


麺類は変わってないけど、
拘りの餃子がなくなってる。。
よだれ鶏なんてのがあるけど、
そりゃ残念だな。。

比較的すぐに店に入れた。
徹さん、悦子奥様、久しぶりです。
盛況何よりです。

永久トッピングは玉子を選択。


おいしそう。


スープはと、


うは ♬

こりゃうまい。
味噌が濃すぎることがなく、
香りと甘みを最大限生かしている感じ。

この人は味噌の使い方が
ホントに上手だと思う。
鶴見時代に初めて限定でいただいた感動は
未だ忘れない。

ずるっとね。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺、いいねー。
あっさりでもこってりでもない
絶品味噌スープにベストに合う。

チャーシュー、激烈に美味しい!


柔らかで味がしっかりしていて、
食べごたえもあって、、、

メンマも文句なし。


特筆すべきはこの辛味だ。


ゴマペーストのような
ぬめっとした舌触りで、なにしろ激辛!
そして、香りが味噌によく合う。

これはもっと沢山ほしいぞ。

いや、美味しかった!

そういや、二郎風の豚醤油が復活したんだったな。


サイドメニューもあるし、
今度一人で飲みに来てみるか。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:54 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

らぁめん 葉月@雪が谷大塚(葉月ブラック 32/'18)

訪問日時:2018/01/31 11:30

なんと4年半ぶりの葉月へ。
良く前を通るので、変わらない人気ぶりは
知っている。
でも、なかなか来られなかったな。。

開店10分前でポールポジション。


こちらは暖簾が出てても準備中・・・

今日は水曜限定狙い。


先人のレポートを見て、
これは行かなくちゃと思ってはいたけど、
水曜日がなかなか忙しくてねー。

寒い。
お品書きなど撮って、
変遷をチェック。


やはり少しお高くなっているね。
仕方のないところだ。。
明太TKGとか、オムチーズごはんとか
新商品(私にとって)が気になる。

11時30分きっかりに姉御が出てきて、
無沙汰の非礼を詫びながら店内へ。
組長、お久しゅうござんす。
ドスで刺さないでくださいまし(^^;

そして、店内はあっという間に満席。
みなさん、慣れた口調で注文している。

到着。


ふえー。
黒い。。。
で、黒胡椒たっぷり


いきます。


ウマ!

基本のスープに焦がしマー油が
ホントにガツンと利いている。
しょっぱいよ、
と言われたけど、そこまでサディスティックではないのね。

久しぶりの至高の麺を、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


つくづくおいしいなあ。。
基本の豚鶏魚介のねっとりスープは
その魅力は些かも衰えないどころか、
格段に進化さえしているように思える。

そこに焦がしマー油の苦味とパンチが
止めどもなく襲ってくる。

これは傑作だ。

葉月メンマちゃん、ひさしぶりだね・・・


その大ぶりな姿は健在。
シャクッと噛み切れる仕込み。
これ以上のメンマを知らない。

チャーシューも一段と美味しくなった。


肉めしもいっておくんだったな。。

黒胡椒もたっぷりで、


パンチの連続。
ノックアウト寸前。。。

そして、貴女色に染まる麺。


300gの麺はすっと胃に落ちていった。
おいしかった!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:19 | Comment(2) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

【閉店移転】麺屋 水@大森海岸(竹岡式らーめん(生麺) 24/'18)

訪問日時:2018/02/23 11:55

麺屋水。
昨年夏にいただいた水らーめんは美味しかったなあ。
山形の方では冬でも冷たいラーメンを食べるそうだけど、
東京じゃなあ、と思っていたけど、
昨年10/3から竹岡式ラーメンを提供している。


好きなジャンルだし、
早く来てみたかったよ。

相変わらずシンプルな券売機。


ちょっと迷って生麺の方を購入して店内へ。

先客は5名。

相席に案内され、
セルフで水を汲んで待つ。


ライスは無料だけど、
どうしようかな〜と思っていたところ、
隣に配膳されたらーめんの色を見て、
即座に装いに行ったね。


麦ごはんなんだね。
いいね。

5番目で4分後到着。


この色見たら、ライスいるでしょうよ。。


具はチャーシューたくさん、玉ねぎみじん、海苔、姫筍。

こりゃすげーわ。
ほぼ醤油の色だよ。


で、こいつ、
かなりのもの!
しょっぱくて本式っぽい。

チャーシューの煮汁をお湯で割っただけ、
かどうかはわからないけど、
そんな感じ。

昨秋、やさしめの竹岡式をいただいていたので、
これは鮮烈な印象だ。

生麺をすくいあげると
早くも貴方色に染まったねえ。。。


ずるっと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




ひゃー、こりゃうめえ。。。
富山ブラックにも通ずるような塩辛さ。

そして、やはり生麺ならではの
熟した食感が合っている。

玉ねぎんところ、ウマ。


チャーシューはバカみたいに美味しい。


食感を適度に残しながらも
塩辛すぎない仕上がり。


さーて、ライスで遊ぶか。





ああ、楽しい楽しい。


このみです。
別に無理でもなんでもないです(^^;


同席のご夫婦と思しきカッポーの会話。

妻「麺が茶色いよ」
夫「しょっぱいね」


妻「あーゆー風にチャーシュー丼にしてみたら?」
夫「それは邪道だ・・」

と こそこそ。
夫君は最初に白飯だけをタクワンもなしに
完食していた。
よほどお腹すいていたのね。


さて、竹岡式を秋冬に提供するのは
まったくアリだね。
このまま夏までこれで行くのかどうかは不明。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:39 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

ラーメン 宮郎@蒲田(味噌ラーメン 22/'18)

訪問日時:2018/01/21 11:00

4回目の宮郎訪問。
お目当ては冬季限定味噌ラーメン。


11時ちょうどに着いたら、
シャッター客7名。
最初に店に入れてよかった。

券売機で限定ミニとカレートッピングを購入して、
手前のカウンター席に着く。

2ロット目の制作で20分後到着。


コールはニンニクなし、
あとは普通。


向こう側には生姜ホイップクリーム。


単なる味噌ラーメンにしないのが、
宮元さんらしい。

スープをまずは、、


あはー、こりゃうまい。
味噌が強くないので、
基本のスープが生きる。

わしわし麺をずりりと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


塩味、甘み、脂感、
全ての要素がうまく調和している。
鼻孔を抜けるほのかな味噌の香りが、
かえって上品にさえ思える。

生姜ホイップクリームはすごい!


風味ががらっと変わる。
一気に混ぜずに自然に任せて、
徐々に溶けるのを楽しむ方がいいね。
そのグラデーションが実に楽しい。

豚は相変わらずすげえ!!


そして、美味しいったらない。
柔らかに煮込んでる。

胡椒は当然のように合う。


そして、半分を過ぎた頃、
カレーを


投入。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


トッピングカレーはかなり美味しくなったね。
塩味が濃かったけど、これはそんなことはなく、
カレー味変としてすばらしいアイテムだ。

あと、このラーメンには、
底の方に挽き肉が大量に仕込まれている。
なので、底からすくうように麺を口に運ぶと、
いろいろな食感が楽しめる趣向。


最後は脂をよけながら、
カレーと挽き肉をすくっていただき、フィニッシュ。

来ようかどうか迷ったけど、
来てよかった!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:23 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

進化論@雪が谷大塚(エッグベネディクトカレーそば 17/'18)

訪問日時:2018/01/16 11:25

朝、たけもとのTwitterを見てしまった。
エッグベネディクトカレーそば!?
まったくイメージがわかない。。
ずっとそれが頭から離れず、いっちゃった。


牡蠣そばも気になるけど、
ここは迷わず限定4のボタンをプッシュして、
カレーでお願いした。
並か大盛かを聞かれ、並盛で。

竹本さんは相変わらずいるね。
休んでいるのか心配になる。

3番目で10分後到着。


これか!


見事にエッグベネディクト!

カレーは植物性だけのトマトバターカレーに
ノドグロと鯛と東京軍鶏とポーチドエッグ 。
お肉はひき肉にやげん軟骨、蓮根を合わせた
つくねハンバーグにオランデーズソースを合わせた

という文字情報だけではもやもやしていたけど、
いかにも竹本さんらしい美しい仕上がり。


ポーチドエッグもきれいだ。

このイタリアンカラーの
3つの玉っころが可愛い。


スープはしつこくないとろりとしたカレー。


見事なスパイス使いだ。
とても美味しい。

麺は進化論のデフォルト。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


このスープなら太麺でもいいと思うけど、
この細麺もばっちりの相性。

割りますか。


バエる?

鶏つくねハンバーグは思ったよりも3倍大きい。


そして、いやになるほどおいしい!

このハンバーグがかなりお腹にズシンと来た。
鯛めしもいただきたかったけど、
今日はやめておこう。
麺も大盛りにしなくてよかった。

そして、スープまで完食。
食べに来られてよかった。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:11 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

ラーメン 宮郎@蒲田(濃厚汁なし担々麺 321/'17)

訪問日時:2017/11/30 11:00

3度めの宮郎。
11時ちょっと前に着くと、
8人がシャッター中。
9番目なら最初に入れるぞ。

今日のお目当ては限定の汁なし担々麺。


ミニはないのね。
ならば並盛を購入し、


9番目なので窓際のテーブル席に着く。
こちらは基本 相席はさせない。

無料トッピングはニンニクのみ。
少しでコールした。

26分後到着。


うほほ。
良い香り!
ラー油と花椒の香りが折り重なる。


この商品はスタッフさんが賄いでこしらえたのものを
すぐに限定として発売したもの。
そういうのっていいよね。

麺は極太だ!


ゴワゴワでナイスな食感。
これ用なのかな?

肉味噌はそれほど癖がない。
意外と言ってはなんだけど。。

にちゃにちゃと混ぜ混ぜしていただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは凶暴な汁なし担々麺だな。
ゴマペーストが豊富で名前通りに濃厚。

カシューナッツがたくさん入っていて、
アクセントになる。

胡椒をふってみた。


あまり変わらなかった・・・

250gの麺は何とか食べきったけど、
満腹っす。。

※この限定は朝夕10食ずつ。
※12/3で終了。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:24 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

揚州商人 池上店@池上(揚州濃厚醤油ラーメン 292/'17)

訪問日時:2017/10/29 11:50

家人が揚州商人の新聞チラシを見ていたので、
誘ってみたら、二つ返事。

私はもう一度食べたかった、揚州濃厚醤油ラーメンを
ミニ炒飯セットもつけて注文。


全く変わらぬビジュアル。

スープも同じ美味しさ。


ああ、やっぱり美味しい。
これ好き!
鶏白湯に濃い風味の醤油味。
よくあるタイプだけど、
私はこれが好き。

麺は刀切麺にて。


このもちもち感、いいんだよ。
時折入ってくる肉味噌も
味の幅を広げていて、すばらしい。


ミニ炒飯もおいしいなー。

https://lh3.googleusercontent.com/fdHydI-TzVRZl-Pv2LwNQVDv_7QGg20Of77P4WzqxaUqwxTIR_fLz9OagUq0aj0beZkVWjpgtlgBkyo4lXUl8tt3hS7Uy2_MEpnxeWEX-TEvAlni4tf9OdtZ166hBbUpFwg6sJK5WVq1fKMbCaFpPXGZ_zbu8d_E8zV2yM4Fi3-x90VcA8G5vaieSzBGPkhzc0EUNxqY89c73jek03qXcM4vyF_BF__-jg_3vHuLj2ziwdCUCHB7DtBstuOJrzj0XCdfBXy4eYAVvTXYPGEmK6epoo2gbvMHDkqvbq9zPojttfd9CaeiPo1_tfHaqyCED5kYf8nz118DKuj91jdRlaCtNyzQ-jd9ELBwgqRNCZHIA6VsEolJ2HMjr8H7MOZtAgLjcEnzfTgn7pKp9-n4QH4jxJAPxWNu9iZo-pE0W9FfiuKROSixT4RQCvfJ8y0kCaPmNoOAFP5XaCyLr_H4cqur_NTmrgvd0DE645zI5a8BqP1l7oJUJNANa2-WzVIaOquypvx-xAgp_F1Ih4NxzizGAR3EJiKBwocBVjocKCIZ4v4hy-ezsoCjWF1gDQBIEEEItAdA7ic0YEVxPDb7EqBTOsqU4vdYG-hbd2Ud4tk=w560-h420-no

量は多めだけど、
あっという間に食べちゃうね。

遊んだりしてね。


肉味噌乗せてウマウマ。


ラー油を乗せてさらにウマ!

鎮江香酢はラーメンにも
炒飯にも使ったけど、
このコクのある酸味はたまらん。


今日も楽しく食べ終わった。

当初ターローメンとして発売した
タイルーメンをいつかいただきたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:36 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

丸天ラーメン@下丸子(しょう油ラーメン 285/'17)

訪問日時:2017/10/20 11:48

丸天ラーメン。
菊名の駅近くで長年町中華として営業していたけど、
この度メニューを麺類主体に絞って
下丸子に10/16移転してきた。

歩いていけるし、
いつでもいいや、
と思っていたけど、
菊名時代も評判がよかったようなので、
行ってみた。


ははー、ここは小料理屋だったところだ。
向かいの珈琲店ではよく豆を買う。
隣の厨もいい居酒屋だよ。
斜向かいあたりのmarcoも素敵なイタリアンだよ。

麺類は4種類か。


さて、中に入ると先客ゼロ
(後客は4名)。

席に座ってメニューを見上げる。


しょう油ラーメンと一部からオススメのあった
豚肉とナスのそぼろご飯もお願いした。

J字型カウンター8席。
厨房にはご夫婦と思しきお二人。

調味料類は醤油、ラー油、白胡椒、
一味唐辛子、ごま。

https://lh3.googleusercontent.com/g12s0i0t75cUKwbEA_sd96khDsxpHvXhnyvQzykcpxLhgm_vFQEjGgSMSt214-EUqoXIrIfNScYrDod9QmIjjJ_CAZtod2z72Z8sMPM6jIg7ZRNR5Ze4UeMw2NqEL1nEXU2zqQEP4D6n1CQSG7Uij-OBVd_VFp4TFfCSusyAHadRc9iknAil__fNutq0fneaYOWbmKLDv8vHFLVs5px_Szep9_0P8EaLp2AVgJa7zOJTPn5kpUta3jwal5n8IUc4Qr3GSSX-w5M-b98R4EDmY-6hdZ2Lpc57a8yjz-Xtjk1UTc_c_rUg2LQ8sNVU7DMQV3C0VWtBxV-p8286wr6N0hnc2RMj5l7p5ei7fk36UZUFvxySfCOyOcYAlI6L1fBqcgm9o0IePO2D5GMHaPXxV9On_KyBPhmOyVOizYiaT63UjuqYVRcojiKiCWt8pG_lrAeT1IcuT77ZjgUcvGhzkDL-ZGkNzYeRDmDsYabgLZLmOQ65VJyfld1uB90fvKxXY7QhudC_zRkiMx5rIq_u02x5gl2PQAow39qk3migfGgtDV1LEverY1Tfxu06N0xopyvL2eVUJ8rzo-q4PcNoI89aUiVu9-fsaSerbtwrExU=w560-h420-no

お箸は清潔保管で好感度大。


制作担当はほぼ女将さんなのね。
見事な湯切りのあと、
ご主人も盛り付けを手伝って到着。


シンプルな構成と見た目。


麺線も整っていて、
きれいである。


スープをいってみる。


ほーーーー、
っと力が抜けるようなおいしさ!
これはいい!
少し甘いのは野菜由来かタレ由来か。

すぐさま麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺もいいね。
シコシコ感が残り、喉越しも良好。
おいしいね、これ。
昔ながら、とか古臭い感じではない。
かといってネオでもない。
独自の世界を感ずるかな。。

チャーシューは王道。


チャーシュー麺がうまかろう。

メンマも癖なく好印象。


麺と具がなくなるころには
味噌と塩も必ず食べにくるぞ、と思っていた。


豚肉とナスのそぼろご飯。


こりゃうまそうだ。
しかして、見た目通りのおいしさにうなる。
素朴な料理ではあるし、
どこか家庭的でガツガツいける。

海苔を巻くとうまいよ。


一味も合うよ。


何もかけなくてもいいけどね。

スープもほぼ完食した。

良い店できた。
時間が合えば〆によってもいいし、
今度家族を連れてきてみよ。
でも、チャーハンは復活してほしいところ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:12 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします