2019年02月26日

中華そば専門店 勝や@梅ヶ丘(半々ワンタン)

訪問日時:2019/02/26 12:00

数日渡航していて、麺連休だった。
麺のリハビリを開始するに当って、
新店よりもこちらが頭に浮かんで
どうしても消えなかった。

我が心の 梅ヶ丘大勝軒 改め
中華そば専門店 勝や。


2011年9月以来の訪問。
もっともっと来たいのだけどね。

店に着くと想定内の7人待ち。
迷いなく列に接続する。 

20分後店内へ招かれた。

女将さんに注文を尋ねられ、
麺半分で、代わりにワンタンが乗る「半々」を
いつも通りに注文した。
これまで半々はワンタンでしかいただいたことないけど、
チャーシューにすることもできる。

大将、少しも変わらず、黙々と作業しておられる。
しかも柔らかい物腰で、ものすごい安心感がある。

それにしてもお客はほぼ常連ですな。
注文も皆なれたものだ。

・麺少なめ(1.5玉)
・麺かため
・半々、チャーシューで
・麺半分、半メンマ
・・・etc.

壁のお品書きにはこんな文句は書いてない。

中華麺820円
生玉子麺870円
チャーシュー麺1030円
ワンタンメン1030円
ワンタン820円
メンマ210円

これだけだ。

さすがに中華麺700円から値上げされているけど、
これでも客足が全く変わらないのが
老舗の力かな。

並んから30分後到着。

https://lh3.googleusercontent.com/mGkdl9xKlvklohF6-cuNYjVz6nl2SpaH8PUyDuP5UO7A8etQZoyZa-WmEAYwYXzavhpCYYLWv1j-qiyU1IMX8GQwds7dqMkt2x8PXL1-ZEdBFvDRFO7czRztxVwpkuyzsXnZGQbo55HnEJDmSKYhUMNZ9YZFfVAc4Ftp_GRzZ-yIfpfgBjCmT_id_yLulXtUjvUNG1ispqNnIdwDBSEqHr-A5Ax_7_uOA-mzOMQVRfPeXVbYTj992agqP0vGdrnpJvd6-3ATzRAVd1lENjqMlY9v_cCkZzIb5WXcLd_Lfoem2li8vZgMgUQiH-DG_bAOBzeiJ8KvldDuThoWNB0_cZlPX-jyUR32BkxNXR1fi60d4qTrVthHZ_D_mNzuAy3bINz7iDRIfmK18RzYFfMx-6Q7ySJs8fRLnFA3P1wG53cBH_SY_4QYAtG169BJCahp0xtDwLIfHSgXEqvjIbF94Tvk8iz_hbCEMU2aHBqWMIsq9Y_RdD2LNl0-Ov3Ud8cmk9SbStLPgotTTjKoHogSm4VB_eps9pnrgapb9VRC2foZnt77ZGaLbPjkuCOjWZNymvaNkv6_dxWcudw5bsGuXflIc3aIKnvVU_XABcocxS0Qwlzsvp9xd1vEjrVBCzMosiOyfc5ezGDdbJJu1FQd3i68FN_kwHDl=w560-h420-no

はぁ、、、美しい、、、
久しぶりの香りに興奮が抑えられない。

スープをじっくりと味わうと、


へへへ。
と笑ってしまう奥深い味わい。
香りほどではない煮干しの効かせ方が永福町系。
このままスープを飲み尽くしてしまっても後悔はない←ウソ



ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


しかし、美味しい。
全く文句なしの美味しさ。

増しで注文する人が多いのが
心から頷けるメンマは

https://lh3.googleusercontent.com/Nbga4loa4b3R4rNk3BcjOaGhS-X7G4--doH6X5udnxXvHVw6gsiK2LnzJHkcV0fKYWt7lfnWXmCVgfCI9kWsVUaMsDZ3qFVG_SnY4RjXxsE_RPVHh3E5WfmdC-ZL4SWGaU-WRoFZ6rgWnSEiIExX1lFP_s4gXTH68F3UdSce2d0IkcKXir11xvnb3N-deqzmCMC9C9sjMOEH31V-cxyK0c44Z4l_BYsDe7xEYnjgtiaLIvO5RJAAAQVSynGGrphMPXdEJg7NHR2NAEK7Zf8YxWb2G01Aj7p6m_gJvn0cABfKtbiCqVpbdz0dyrfcPdSGMFGiyixsqgg9RJJQrUfitEl8dZ0gkfkP0H0dCuSsf-DCyipFcV-47JPAa0OIqlir2KlCN04xlapnzaBDgHpVZMKObpEF0dRoDlwymjTbEeDtlLHAd8u34S7eCuBA7KJ90pJR1PEm7PPLPJa88tAuuEwVWMDMEIeADFxClDYASjdl5Z3gl_K_51LXfr74kWdS0tPzwPVg-C3CTYQ8-hnwfFOpqv7jQs4wQmHVpB990OodxA41orKtSlwwtLju4vGJMT7Vi7kamJd9inDhGiuDjvsJHRKs8DcB1K9YfFPjqS29VTh5Ohx1WwXHIkLJ6dub3UiOZgDo_XsOtzTko380IyRl7T_JS-_D=w560-h420-no

すばらしい。
ひき肉も使いながらの仕込みは
毎日大変だろうなあ。。

チャーシューはこれ以上のものはない、


と思うくらい好きなやつ。
次回はチャーシュー半々にしよう。

ワンタンは10位入っている。


麺と具とスープを楽しみながらいただき、
最後はきれいに完食となった。

満足!
リハビリ完了!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

鼎泰豐 玉川SC店@二子玉川(ピリ辛ワンタンあえめん)

訪問日時:2019/02/11 13:00

映画を見て、高島屋で買い物をして、
ランチは鼎泰豐へ。

かなり並んでいたけど、
20分位で席に通された。

菜譜が全面変更されている。

IMG_20190211_130528.jpg
IMG_20190211_130525.jpg

小さくなって見やすい。
セットもいろいろ。

IMG_20190211_130537.jpg

小籠包とピリ辛ワンタンあえ麺が
いただきたかったのだけど、セットがないので、
それぞれ単品で注文したところ、
セットにしてくれた。

しかしここは驚くほど回転が良い。
混んでいるのに小籠包はあっという間にやってくる。


今日もとても美味しい♫

ピリ辛ワンタンあえ麺到着。


美味なスープ付きがうれしい。

具はワンタン、きゅうり、ねぎ。


底をまさぐると、
ラー油の香ばしい香りがあがってくる。


軽く混ぜていただきますー。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


鼎泰豐は小籠包だけではない、
といつもながら感心する。

ラー油の香り、完璧な味のバランス。
細ストレート麺はあえ麺として
完璧な仕上がりだよ。

うまいわ〜

大振りな餃子型ワンタンもおいしい。


スープもまた上質な上湯だと思う。


つけ麺にしても楽しんだ。

また来ることだろう。
麺料理はまだ未食のものもあるし(^^;


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:39 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

中華そば専門店 一龍@下北沢(ワンタンめん)

訪問日時:2019/01/26 11:40

morimiさんトコで知った情報。
全国のご当地ラーメンは
知っているつもりだったけど、
福井の敦賀ラーメンは知らなかった。
どうしても食べておきたいので、
行ってみた。



ここは1984年に創業。
店主さんは敦賀ラーメンの人気店
「一力」で修業されたとか。


何にしましょうねー。

入りますと、先客4名。
椅子に座って改めてメニューを見る。


ワンタンめんをお願いした。

調味料類は壺漬け、酢、ラー油、醤油、胡椒。


店主さん、女将さん、スタッフさん、
みなさん実に感じがいいですなあ。
ほっこりしますよ。

3分弱で到着。


これが黄金色のスープか!


レンゲを差し込み、
ゆっくりとスープを。


ぶはー!!!
なんたる美味しさ!!!

鶏豚骨由来らしいけど、
素晴らしい旨味だ。。

タレは塩とわずかに醤油か。

中縮れ麺をずずっと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


少しのコシがある食感は
優しさの証。
硬めで頼んでいる人が二人いたけど、
これはデフォルトが一番!

チャーシュー、絶うまし!


チャーシューめんがよかったかな。。。

メンマはその太さ、こりこり食感がたまらない。


ワンタンは餡がぎっしり詰まった
極上のやつや。


もやしも紅生姜も抜群に合うラーメンだねえ。。
もやしが合わないのに乗せてるケースが多いけど。

この手のラーメンは胡椒が欠かせない。



このあと、今はなき天華のコショーそばを思い出し、
水面一杯にふりかけていただき、満足満足。

最後は壺漬けをいただきながら、
スープまでほぼ完食した。


いい店だなあ。
またいつか猛烈に食べたくなることがありそうだ。
そして、敦賀に行ってみたくなった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

真鯛らぁめん まちかど@駒沢大学(真鯛らぁめんサルサ風)

訪問日時:2018/12/10 12:13

駒沢の真鯛らぁめんまちかどは
未だにその美味しさをよく覚えている。
その後徐々にご発展なのは喜ばしい限り。

荒木店主にはそのときは名乗っていなかったけど、
すでに正体が割れて、Twitterでのメッセージも
いただくようになった。

最近ではサルサを使った新たな真鯛らぁめんを
期間限定でリリースしたので、
是非いらしてほいいと。

行く機会をうかがっていたけど、
今日しかないので、急いで行ってきた。


新メニュー、サルサ風、あるね。
これの前はポルチーニ風味のやつが出されていたけど、
それはついぞ、来られなかった・・・

中に入って荒木店主と改めてご挨拶。

新たな壁メニューも拝見しつつ、


真鯛らぁめんサルサ風と
鯛のばってら、をお願いした。

自家製ホットオイルとごまは変わらずにある。


このオリーブの実入りホットオイルは
別格の美味しさなんだよ。
瓶に詰めて売ってほしいと言う方がいらっしゃるそうだけど、
私もマジでそう思います(^^;

7分後到着。


具はデフォルトにサルサソースが乗せられたもの。
イタリアンパセリが何かのスプラウトに変わってるね。


スープは全く変わらぬ
極上鯛白湯。


臭みではない鯛の香りがホントにすばらしい。
ねっとりとした旨味をいつまでも味わっていたい感じだ。

サルサを絡めて、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


見事にサルサが融合している。
鯛の癖が少しサルサによって打ち消されているけど、
新たな美味しさを演出している。

鯛の切り身もめっちゃうまい。


本当に総合力で素晴らしい商品だと思う。

自家製ホットオイルもやはりすごいな。



このオリーブがバカみたいにおいしい。
心から商品化を望みます。。。

鯛のばってら。


あは。
ばってら 
と言うと干からびたような切り身のイメージだけど、
これはばってらとしては旨すぎ!!!

ホットオイルの力も借りてみるかね。


キャッホー!
うまいぞ〜〜!!

スープをお供に楽しんでいたけど、
今日も自然にスープまで完食となった。


さて、真鯛らぁめんまちかどさんは
来年1/9に恵比寿に間借り店として移転する。
未食のオマールのらぁめんはそちらで
いただくことにしよう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

汁なし担担麺と魚介そば sirusi@三軒茶屋(魚介そば醬油)

訪問日時:2018/10/03 11:00

ってことで早速再訪!
相方と待ち合わせだ。

今日はこれも撮り忘れずに。


氏は汁なし担々麺、
私は魚介そば醬油とチャーシュー丼を購入した。

汁なし担々麺は麺少なめでパクチーをトッピング。

魚介そばは麺140gだそうだ。

ヤクルト2位確定おめでとう、
我が巨人はもやもやですわ、
とか話していると到着。


好きな色合いの焼物の器。


いい顔だね。
肉質感を見た目で感ずるチャーシューが印象的。

スープは、


確かに魚介。
バランスが抜群。
醬油の香り、塩っ気、
かなり繊細なやさしい味だ。

麺は細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


先日助っ人に来ていた、
竹風のスタッフさんが、
「醬油おいしいですよ!」
と仰っていた通り。

バーナーで炙りを入れた
チャーシューは食べごたえあり。


美味しい。

メンマは大好きなタイプ。


色といい、味といい、
私の中でベスト・オブ・メンマと言っておく。


そして後半は青のりが目立ってくる。
でもいやな風味はないかな。

チャーシュー丼。


これまたすごいね。
チャーシューがドドンと3枚!
そしてタレが絶妙の味でなんとも言えない美味しさ。

これにも絶品メンマがあるんだよ。



汁なし担々麺とパクチー。


パクチーを乗せて、



うまいO(≧▽≦)O

チャーシュー丼にもどり、
ガツガツといただいていたら、


氏が肉味噌をくれたので、
ミニライス割り。

うま!


今日も楽しかった。
塩も早いうちにいただきに来たい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:24 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

汁なし担担麺と魚介そば sirusi@三軒茶屋(汁なし担々麺)

訪問日時:2018/10/01 11:35

汁なし担担麺と魚介そば sirusi

少し前から謎の店で、
いつオープンなのか、
どういう内容なのかわからなかったけど、
本日オープンと知って、行ってみた。


ああ、足立ベーカリーなくなったんだ・・・
その跡地だったかー。
学生時代はお世話になったなー。

一瞬ノスタルジーに浸って、
店頭に進む。
券売機。


看板メニューの汁なし担々麺を購入した。

店に入ると、魚介のいい香り。
魚介そばも気になるなあ。。。

きれいで明るい店内。
カウンター8+2席。
厨房内は男子二人。
あとから応援部隊が二人きた。

白い壁に向かった席に着座。
チケットを渡すと、
辛さ1〜3,痺れ1〜3の好みを聞かれた。
辛さ2、痺れ3でお願いした。


ブラックペッパー、花椒、ラー油、酢、ラーメンタレが
並んでいる。
お冷やはこのディスペンサーでセルフ。
2重構造のアルミのカップをくれたので、
冷たいのが出てくるかと思いきや、
とてもぬるかった(^^;

1番目で5分後到着。


お箸とレンゲと紙エプロンは
引き出しの中に!


店の雰囲気、スタッフさんの所作の安定度に加え、
この辺の演出も只者ではない感が漂う。。。

大きな浅いお皿は
白で清潔感がある。


肉味噌、キャベツ、青ネギ、メンマ、カシューナッツが
盛られている。

見える麺は浅草開化楼製。
平たいやつだ。


むちっむち。
混ぜた後の美味しい予感しかしない。

肉味噌は味が濃くない。


肉味噌の良さが生きる味付けと思われ。

まーぜまぜからの
食べ方開始。


うは!


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


こりゃバランスいいや。
タレ、ラー油、肉味噌の合わさった感じが
なんともナイス。
ゴマペーストも少しあるけど、
しつこさがない。

辛さはほどほど、
痺れは好み!
徐々に楽しくなってくる。

それにしても麺がベストマッチだね。
茹でキャベツのアクセントも見事だし、
メンマがウマウマ!


このこだわりならば、
魚介そばも美味しかろう。
というか、この絵面で気づくべきだった。。。


カシューナッツは焦げ目が付いている。


香ばしいざんす。

花椒はとても擦りにくいタイプ。


これで50回ほどプッシュした。
握力が弱ったとは言え、
これ以上は疲れる・・

一口だけ香り増しを楽しんだ。

味変としては
酢が非常によかった。
ラー油は香りと辛さが増す。


おいしかった!
食後少し話を聞いてびっくり!
こちらは栃木の名店、竹風出身と言うではないですか!
しかも息子さん。
ああ、それであのメンマ!味の完成度、
やはり只者ではなかった!

宇都宮那須塩原、両方行って、
その満足度はハンパなかったからな。。
那須塩原では店内連食したし。

ならば魚介そばを連食・・・
したかったけど、200gの麺量に満腹になっちまった。
近いうちに再訪するに決まってる。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

RAMEN 401@池尻大橋(小ラーメン)

訪問日時:2018/09/30

カレーとおでんがウリの
池汁大橋のダイニングバーKITCHEN401が
日曜限定でラーメンを始めた。
しかも人類みな麺類プロデュースというではないか。

人類みな麺類といえば、
今や大阪を席巻するグループ。
本店の美味しさには驚いたし、
グループ店のSUPERMENもすばらしかった。

そりゃ個人的には期待度大ですな。

Twitterによるとコンセプトは
『やさしい二郎系』『女性でも食べられる二郎系』
ということだ。
ジロリアン女性、多いけどね。。。
さあ、どんなんでしょ。


東京で 人類みな麺類
どれだけ知られてるのだろうか。


地下に降りていくと、
なんと店内には待ちが!
たかをくくっていた。
それほど人気とは。。

しばし外で待たされ、
その後中の椅子席で待った。
でも、店について計7分後に席に案内された。

メニュー表は2種類ある。

IMG_5138.JPG
IMG_5139.JPG

小ラーメンをお願いした。

二郎風ながら、コールはなしで、
にんにくは卓上にある。


席に着いて、12分後到着。


仰る通り大きな豚が2枚。
厚みもあるし、充分大きいと思うけど。。


スープは色が濃くて、
醬油がキリッとくるのかな、
と思ったけど、


やさしいね。
丸みある醤油ダレだ。
やはりみな麺プロデュースというのがわかる。
でも、こういう二郎風はあまりないよねえ?

麺はお得意のもの。


もっちりとしていて、
噛んで食べるのが楽しい。

野菜もいい感じだし、
チャーシューは前述のようにぶ厚い!


そして美味しい!

麺と具がなくなると、
スープが優しいので、
ほぼ飲み尽くした。


ただ、二郎風スタイルとしては
やはり力不足と物足りなさを感ずる。
繊細なタイプなので、
最後にかけられた鰹節すらじゃまに思える。

みな麺ファンとしては、
あの本店のスタイルを望みたかったところ。

かと言え週一のランチ営業、
話題になるのは間違いないか。
もうすぐ日曜夜営業も始まるらしいし。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:49 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

真鯛らぁめん まちかど@駒沢大学(真鯛らぁめん)

訪問日時:2018/08/28 12:00

駒沢のイタリアンバル、Centro Storicoが
5/28から真鯛らーめんを提供してる。

それを知ったのは食べログの記事だったけど、
当初はなんとなくそそらなかった。

しかも、18時からの営業だったので、
なんとなく遠巻きに見ていたけど、
その後私を呼んでいるような情報が
徐々に入ってきた。

・イタリアンシェフが作る真鯛らーめん
・オマール海老ビスクらーめんもある
・8/12からランチ営業開始

ってことで行ってみた。


ほんとに街角にある。
グランデュオ駒沢 という建物の一階。

12時ちょっと過ぎにA看板が出たので、
即入店。

店は半地下になっていて、
狭小ながら、素敵な空間になっている。

カウンター4+1、2人卓×1。

壁のメニューを見て、


真鯛らぁめんをお願いした。


こちら、Centro Storicoは昼はパニーニ、
夜はワインとイタリアンな食事が楽しめるが、
ラーメン好きが高じて、
日〜火で提供するに至ったとか。

オーナー荒木氏のinstagramによると、

真鯛と野菜をじっくり煮て旨味を引き出します
白ワインやローリエ、セロリ、ドライトマトなど、
イタリアンの食材がいい味を出してくれます

とのこと。

麺にもデュラムセモリナ粉を使うなど、
イタリアンベースのらーめんとなっている。


調味料類は自家製ホットオイルとごま。


このオイルは

オリーブ、ペペロンチーノ、ローリエを
オリーブオイルでじっくり煮て

いるもの、
食べるホットオイル、ということだ。

ぼーっと待っていたけど、
夜の楽しさが伝わってくる空気だ。
いいねえ、この店。

でも、昨日の豪雨のせいで半地下の店は
床上浸水して大変だったらしい。
生きた心地がしなかったと仰っていた。

5分後到着。


鯛の白湯スープ。

具は真鯛の切り身、ズッキーニ、レモン、
千切りセロリ、イタリアンパセリ。


うまそ。


げ。
びっくり!
めちゃくちゃおいしいスープだ。

確かに鯛の香りはあるけど、
生臭さではない、上品な香り。
そして野菜も含まれた甘み。
すばらしいバランスですぞ。

もっちりパスタのような麺をすすると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


激ウマ!
濃厚だけど癖の無いスープに
きれいな麺がよく合っている。

これは最高。
今年一番の感動かもしれない。

真鯛の切り身は
鯛しゃぶのよう。


これで白ワイン、いける!

ズッキーニもいいアクセント。


レモンの下のセロリもまた抜群の相性。


シャキシャキでかなり必須と思えるトッピング。
レモンもいい役割を演じていた。

後半戦はホットオイル。


ちょっとまってください!
これ発明ものですぜ。
さわやかな辛味が秀逸で、
漬けられたオリーブの身がまたおいしいこと。

迷わずにスープまで完食した。

大満足。
いつかTwitterでつぶやいておられた、
締めの 鯛めし焼きおにぎり の商品化を
切に望みます!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:59 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

やきとり児玉@三軒茶屋(かけそば)

訪問日時:2018/07/17 18:30

レセプション以来の訪問。
機会をうかがってたけど、
早く来たかったです。


今日も八海山ヴァイツェンから。


今日のコースはこんな感じ。


焼鳥の5種類目を選ぶ方式。
私はつなぎにした。
また、野菜焼きは2種を選ぶ。
私はアボカド、ねぎを選択。

お品書き、他のページも一応。

IMG_4198.JPGIMG_4199.JPG
IMG_4200.JPGIMG_4201.JPG

飲み物いっぱい。
それぞれにこだわりを感ずるラインナップ。

夜8時以降はアラカルトもOK。

IMG_4202.JPG

見慣れた日本酒メニュー ♫

IMG_4203.JPG

まずはアミューズ的な
キンカントリュフと自家製の甘酒。


まさ吉では見慣れたキンカンとは言え、
これは出汁も張ってあり、
すばらしい味わい。
甘酒もすごく美味しい!
元気が出る感じ。

前菜盛り合わせ五品。


卵焼き、茶豆、鶏胸肉、
トマトの煮浸し、鶏皮。
まさ吉で食べ慣れた五品。
少量ずつがうれしく、すばらしい。

ってことで、早速お酒を。


今年も可愛いラベル。

とりわさ。


レバーと胸肉低温調理。
うまいよ〜〜

次の酒は19。


レバーパテ。


柔らかくて黒胡椒がワイルドさを演出。
実に美味しい。

自家製ぬか漬け、大根おろし。


このタイミングで来るのか。
まさ吉では附出しだったけど。

焼きもの だき身。


わさび、梅、明太子。
変わらぬ美味しさ。

東洋美人いってみます。


もも。


つくね。


うまいうまい旨いうまい!

アボカド。


まさ吉で感激した、
アボカドのたれ焼きだ!
またも感激!

お皿はサザエさん!


その他も見せてくれた。


いいな、これ。
私もヤフオクで探してみるかな(^^;

栃尾の油揚げ。


身のしっかりした栃尾揚げ。
これは東京のスーパーで買うものとは
異質の美味しさ。

手取川もいきます。


ねぎ。


甘くていいねぎっす。

このあと撮り忘れの
てば を挟んで、
つなぎ。


絶品中の絶品。

しめは当然かけそば。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いつもの佐野麺とは違う。
鶏の上品で濃い出汁がたまらん。
替え玉したいくらいだ。

付属のゆずペースト。


これを入れると美味しさ加速。
・・するけど、味変不要なほど
完成度の高いスープだと思った。

同行者のTKGと鶏茶漬け。


TKGはいつもの美味しさ。
鶏茶漬けはやばい美味しさ。

デザートはブドウ4種。


瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカット、
ピオーネにルビーロマンだったかな?
甘くていいですね。

添えてあるのは紙に包まれた
チョコレート。


子供の頃、おばあちゃんのくれるお菓子は
紙に包まれていた、との思い出からだそうだ。
でも、中身は子供には相応しくないビターなチョコ(^^;


あー、楽しかった。
いつでも何度でも来たい店です。


やきとり児玉

感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

サバ6製麺所 成城学園前店@成城学園前(中華そば)

訪問日時:2018/07/05 12:00

その美味しさに感動したものだった。

1号店は2016年7月だったけど、
その後あれよあれよと言う間に店を増やし、
すでに20店舗を数えるまでに至っている。

東京には来ないだろうな、
と思っていたけど、
来ると知ったときは嬉しかったぞ。

6/12のレセプションには
お招き受けなかったので、自力で突入。


成城学園の駅と大学のすぐそばなのね。
こりゃ高そうな立地だ。

店に入ると、学生たちはまだ居ずに、
先客は3名。
よかった。

券売機。


福島本店開業 間もなくは、
サバ醤油と中華そばしかなかったけど、
その後、サバ塩、つけ麺、辛つけ麺が
店舗により投入されているのは知っていて
いつか口にしたいと思っていた。
こちらに全て揃っているのは
さすがの東京初進出というところか。

賄いで人気という、中華そばに決め、
未食だった半やきめしのセットを購入。
席に着く。


胡椒、一味唐辛子、刻みニンニクは
変わらずにある。


ニラ唐辛子は冷蔵してあり、
リクエストすると出てくるシステムに
変わっていた。

厨房の制作担当は3人と
ホール担当と洗い物担当の女子2人の
計5人のにぎやかなスタッフ構成。

女子は2人共明るくてきれいで、いい感じ。
でも、店員さん全員私語が多いな。。。

5分後到着。


中華そばからいただこう。


サバ醤油とほぼ同じ盛り付けで、
揚げねぎが乗っている。

スープは甘露醤油をよく感ずる、
甘からの濃い味。


うまい〜〜〜♪

新福菜館を思い起こすような
大好きな味わい。

サバ醤油そばはサバ油を使っているけど、
これはシンプルでわかりやすい。

麺いく。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



もちもち、つるつるの麺が美味しい。
大阪と同じクオリティなのは
組織力によるものだろう。
すごいもんだ。

薄切りのチャーシューナイス。


この手のそばにはこの切り方が合う。

メンマはかなり柔らかい。


揚げねぎをからめてみると、


これまた美味しい!

この中華そばは一味が異様に合う。


ガンガン入れたいくらい。

最後近くにニンニクを足してみたら、
美味しさがアップした。
最初から入れてもよかったかも。

ニラ唐辛子をお願いした。


ラーメン花月のよりも新鮮な感じで、
美味しいんだよな。
白メシに合うでしょうな。

ってことは、、、


間違いない!
っつーか、このやきめしいいねえ。
これまた新福菜館並のお味。
塩辛いけど大好きだな。

満足の完食。


そう言えば、福島本店で天津飯をいただいたときに、
酸味がないのを酷評してしまったけど、
大阪の天津飯は酸味がないのをその頃は知らなかった。
甘酸っぱいのは関東のもので、関西とは違うことを
後から知って驚いたものだ。
念の為にお店に聞いてみたけど、
こちらのも本店と同じに酸味はないそうだ。
そうと知って改めて食べてみたくなった。

その前にサバ寿司だろうな。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:26 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

東京焼き麺スタンド@下北沢(スーパー焼きそば)

訪問日時:2018/07/02 12:05

東京焼き麺スタンド。
6/11にプレオープンし、
7/1にグランドオープンを迎えた。


場所は井の頭線下北沢駅のすぐそば。

焼きそばをコンセプトにした店で、
プレオープン時はソース焼きそばのみ提供し、
その後、塩焼きそば、焼きうどん、パッタイ、
そばめしなどを提供していくと言うので、
グランドオープンを待って行ってみた。

店は2階。
階段を上がって店に入る。


ありゃ。
まだソース焼きそばだけか、、、
昨日と今日はオープン記念で、
ソース焼きそばのみでワンコイン。
聞けば、他のメニューは
7月中頃から徐々に提供予定とか。

スーパー焼きそばのチケットを購入し、
カウンターへ持参。
お冷を注いで、窓側の席に着く。

からしマヨネーズと七味唐辛子。


先客0でやがて到着。


上膳はしてくれるが、下膳はセルフ。


ソースも自家製。
オーナーのみ、その製法を知っているらしい。

麺は太いね。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ソース焼きそばって、
麺の美味しさでかなりの部分が左右されるという
イメージなんだけど、これは麺がとってもいいね。
もちもちプリプリという感じ。

また、秘伝のソースが非常に好み。
酸っぱくないし、ツンとも来ない。
甘みのバランスもちょうどいい。

目玉焼きの黄身もとろーりと。


豚肉もキャベツもいい感じだし、
かなりこだわった焼きそばではあると感ずる。

からしマヨネーズも
七味もナイス効果。


かなり満足した。
別のメニューが始まったら、
また再訪問を考えよう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

純手打ち 麺と未来@下北沢(塩らーめん)

訪問日時:2018/05/16 11:43

今日もたくさんの店がオープンする。
杯数は減らす宣言をしたし、
新店を追いかけるのはもう無理だけど、
気になるところは行きたいっす。



本日オープン、純手打ち 麺と未来。
Twitterによると麺にこだわったみたいで、
それによると、

小麦にも【うるち】【もち】という区分があります。
一般的な麺は全て、うるち小麦で作られますが、
当店の麺はなんと、もち小麦100%です。

ということ。
これまでにないワードに惹かれた。

店内は奥に長い。
3席の直線カウンター。
前身は日本酒屋さんで、その名残は
至る所にある。

先客4名。
席に座りお品書きを拝見。

IMG_3220.JPG

潔いメニュー構成。
味は1種類だけ。
塩らーめんをお願いした。

裏にはいろいろと説明。

IMG_3221.JPG

いろいろとあるけど、
やはり麺が一番気になる・・・

スタッフさんは3名体制。
どなたさんもこなれた所作。
経験者さんたちの集まりでしょうか、
どこの関連でしょうか。

4番目で6分後到着。



いやー、きれいですねー。



沖縄の海のように透明。




ウメ!


薀蓄通りの味わいだけども、
これはうまい!
何かが突出することなく、
まとまりがある。
塩分濃度もジャスト。

麺にくらいついて、
びっくらこいた!!!




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


なんだけど、
この食感はなんだ!

シコシコ感はなく、
周りがトロトロになった麺。
芯が少しあり、それを含めると、
確かにもちもち感はある。
うーむ、不思議だ。

薄力粉でうどんを打ち、
それを茹で過ぎた感じ、

あるいは、

お餅を鍋に入れて
柔らかくなりすぎちまった感じ、

と言えば伝わるか。。。

これまでにない食感と
絶品塩スープのマッチングが
大変面白い。

また、ゆずの香りか時折楽しめるのも、
楽しさを添える。

チャーシューもトロトロ。



うまし!

メンマもうまし!



これにはこれ、
といったようなベストマッチング。


麺はずんずん食べ進めたけど、
最後の方は短く切れてくるので、
レンゲで食べていたら、
ついぞスープ完食。

お茶漬けセットが気になるな。


このあと、こてつを観察しに行ったら、
すでに風格を感じた。
再訪問したいなあ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




実食感想

実食メニュー:塩らーめん780円
スープの種類:あっさりじんわり
麺の種類:中太平縮れ
具:チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、三つ葉、柚子果汁

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★☆
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★☆☆
総合評価:★★★★★
ひとこと:面白いと思いました。



115


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:21 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

鼎泰豐 玉川SC店@二子玉川(牛タンジャージャー麺セット 81/'18)

訪問日時:2018/03/24 11:30

玉川高島屋に来た。
ランチはまた鼎泰豐にて。
やはりこの小籠包は魅力的。
ここは開店10分前くらいまでに並べば、
一巡目にほぼ入れる。


お。
グランドメニューにはない牛タンジャージャー麺
なんてのがあるね。


桜海老と春きゃべつタン麺セット、
も春らしくていいな。

やはり一番最初に目に入った、
牛タンジャージャー麺セットをお願いした。

小籠包は常に作って蒸しているので、
すぐにやってきた。


当然一口でいただくと、
あ〜〜〜やっぱりウマイ!
と思う。
皮が薄いのに破れないし、
もちもちおいしい。

本体、スープと共に到着。


このジャージャー麺はミンチが
ゴロゴロだ。


この牛タンはかなり柔らかい。
味はよくある甜麺醤を使った
甘からのもの。
・・・うまい。。。

少し水分が少ないので、
付属のスープを足して混ぜた。


ちょっとだけ麺が頼りないかな。
文句はないけど、
味のノリもイマイチ。

この甘からミンチは
ご飯にかけた方がいいかもね。

スープはあっさりおいしかった。


また来ることでしょう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:21 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

【閉店】極麺 松阪@二子玉川(松阪牛 70/'18)

訪問日時:2018/03/13 11:45
昨日からプレオープンしてた、
二子玉川の「極麺 松坂」に行ってみた。
ここは二代目小六の跡地。
最初は4/30オープンという情報だったけど、
3/12から14がプレで、グランドオープンは3/15。
こちらによると、オープニングセールがあるようだ。
開化楼使ってる!
店に入ると、L字型カウンター8席。
厨房にはお二人。
前述のSankeBizによると、
和食・創作料理・中華料理歴30年以上、
「ゴチになります!」や「笑っていいとも!」などメディア出演の
実力派料理人が作りあげた極上の一杯。
メインの「松阪牛・松阪豚」に加え、麺は国産小麦を使用し、
スープは2種類の醤油と鶏豚魚介を含む8種類の具材を
ブレンドして毎日作っており、高級料理店を手掛け続けた
伊藤 直也のぶれることのない高級な味となっています。
ということだけど、どちらかがその方かな?
お品書きを見る。
松阪豚は豚チャーシューが乗り、
松阪牛は牛のしゃぶしゃぶ肉が乗るとか。
では、松阪牛をお願いします!
松阪豚丼も気になるけど、
今日の夜はたくさん食べないといけないので、
回避した。
どなたかのレポートを待とう。
調味料類は黒胡椒と白胡椒。
松坂ポークは最近よく目にするようになった。
このチャーシューもうまかろうなー、
と思っていると到着。
黒くて渋い。
具は牛とネギだけと、極めてシンプル。
肉がうまそうだ。。
心落ち着けてスープを、
うま!
2種類の醤油と鶏豚魚介を含む8種類の具材
というけど、魚介はあまり香らない。
むしろ鶏、豚の風味が勝ち、
おそらくは白醤油と思われる旨味がナイス。
これはおいしいスープだ。
浅草開化楼の中細麺を、ずずいのずい、
ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!
癖のないスープとよく絡んで、
シコシコのかみ心地がいいなあ。
スープ単体だと飽きそうな気もしたけど、
これは全く飽きないなあ。
あっさりウマウマ!
牛肉、めっちゃおいしい!!
とても薄いので、もっとほしいところ。
ブラックペッパーは合いまくり!
最初から入れてもいい感じ。
15日から25日までのオープニングセールは
昼夜10食ずつ限定で肉2倍で提供、
というからまた来てみようかな。。。マジデ
ともあれ、迷うことなく
スープまで完食。
豚丼気になる。。。
お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:08 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

らーめん MAIKAGURA@千歳船橋(醤油らーめん 56/'18)

訪問日時:2018/02/26 11:25

我が殿堂店、麺処中村屋のお弟子さんとあれば、
何をさておいても行くってもんです。
本日オープン、らーめんMAIKAGURA。


今や、中村屋 で通じる世ではないのかもしれない。
中村氏の元で研鑽し、
NYでも修行された一条太一さんのお店。
オープン日の今日に並びがないのは寂しい。。。

相方は今日私が行くものだと踏んでいたらしく、
直前の連絡で待ち合わせ。


ふむふむ。

では中に入りましょ。
券売機の前に立ち、


私は醤油らーめん、ローストポークごはん。
しらけん氏は鶏白湯麺をチョイス。

席に着くとお品書きがある。



同じ醤油、とは言っても
柚子香る醤油らーめん、柚子鶏辛麺という
バリエーションが斬新。
白トリュフオイル香る鶏白湯麺と共に
とっても気になる。

L字型カウンター9席。
卓上調味料類は、七味唐辛子、胡椒。


一条店主、さすがの所作。
天空落としもキレッキレ!

チャーシューはスライサーで切っている。

待ってました!


長い三つ葉を切らずに
一本そのまま添えるのがいいね。

スープは鶏出汁、鶏油のまったりに、
醤油ダレがきりっとしたもの。


師匠の味とは違うのね。

麺は三河屋さん。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



一時期、流行りだして、
最近でははやし田で出会ったような、
キレのある味わい。
好きなタイプではある。

チャーシューがすごい。


こんなに柔らかくて、
リッチな味のチャーシューは初めて。
これはうまい。。。

メンマも丁寧さを感ずる。


一本だけなのが残念。。


鶏白湯麺。


器は同じ、かっこいいいやつ。


黄色がきれいだ。
醤油と比べると、メンマがなくて、
チャーシューは薄切り、味玉が乗る。

スープをすすって、感激。


またお前か、
というのとは対極にある。
鶏の香りを生かしながら、
ぎりぎりの旨さ、を追求した感じだ。

麺は同じもの。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


近年いただいた、鶏白油の中でも
秀逸のバランス。

七味がよく合う。


チャーシューを薄切りにしたのは
大正解。


これを使ったのが、
ローストポークごはん。


盛ったね〜〜
ばえるね〜〜

で、うまいね〜これ!

絶妙なタレの味。
甘みもあり、レアチャーシューが生きている。
何と言ってもお米がうまい!
中村屋はサイドメニューが美味しいので
間違いないと確信していたけど、
やはり注文してよかった。

スープとの相乗効果も味わい、
フィニッシュ!



千歳船橋あたりは
ラーメンにはあまり恵まれない土地ではあるので、
起爆剤となってほしいお店だ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:29 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

ながた@用賀(札幌濃厚味噌ラーメン 37/'18)

訪問日時:2018/02/08 12:08

体調も戻りつつる。
少し濃いめのメニューから始めようかと、
2/3にオープンしたお店にGO!


清勝丸 や 中華そば節 を展開する
柳屋グループのお店。
海老名から移転してきたらしい。

商品は3本の構成。


博多豚骨、札幌味噌、二郎風、
という変則的な構成。
中に入ると、コの字型カウンターに10席ほど。
2席を覗いて埋まっている。

券売機に向かう。



シンプルでござんすね。
温まりたいので、札幌濃厚味噌ラーメンをチョイス。

卓上には酢、一味唐辛子、胡椒。


厨房には3名の男子。
動きは問題ない。
8番目ながら、8分で到着。


具はチャーシュー、ねぎ、メンマ、もやし、玉ねぎ。


どうも力を感じない見た目ではあるけど、
生姜が添えてあるのが、うれしい。


スープうまいよ。


札幌 と言っちゃっていいのかな、
と思ったけど、まさにそんな感じの濃厚味噌。
いい感じ。

制作行程は野菜は炒めずに
味噌スープで火を通していた。
なので、厳密には札幌ではないね。

麺がまたいい感じ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


もっちり食感、ナイス!
味わいはまったくもって普通。
文句もない。

メンマはいいけど、


チャーシューはいかん。


申し訳ないけど、残した。。。
今日び、これほどのチャーシューは珍しいくらい。

終盤は辛くして楽しんだ。


お隣の小学生母子の母親が
二郎風をガッチリ食べていてかっこよかった!
おいしそうだったけど、豚増しは遠慮しておきたい(^^;



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:05 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

まぜそば謙@下北沢(ナポ・ラ・そば 16/'18)

訪問日時:2018/01/15 12:10

両国の雄と待ち合わせ。
下北沢の今日から月曜日に間貸し営業する
という店に行ってみたら、見事にフラれた。
営業してはいたけど、間貸しではなかったので、
もう1軒の気になる店に移動した。


昨年11月に閉店してしまったやじるしの跡地に
1/5にオープンしたお店。
やじるしは好きなお店だったので残念だ。
あの寡黙な店主さんが懐かしい。

知らなかったけど、その寡黙店主さんが引退されてから
最後は3代目だったのだね。
こちらとは直接の関係はないものの、
よく知っているらしく、
看板にはリスペクトなのか「四代目やじるし」とある。

惹かれていたメニューはこれこれ。


ナポ・ラ・そば。
ナポリタンと油そばの融合とか。

店に入ると券売機。


字がはっきりと大きくて見やすい!
お!塩まぜそばは、やじるし直伝なんだね。
塩らーめんと塩つけそばが有名だったけど、
まぜそばなんかあったかな・・・

私はナポ・ラ・そば、氏は謙まぜそばをそれぞれ購入し
席に着く。
ドライカレー、ほしかったな・・・

卓上調味料類は、胡椒と唐辛子。


と、ガーリックタバスコ。


いろいろ情報交換していると到着。


きれいっす!


具はチャーシュー、紫玉ねぎ、青ねぎ、
黄パプリカ、フライドガーリック。
オープン記念なのか、
味玉は全商品に一個付く。

麺は幅広。


そのまま一口いってみると、
つるつる、もっちりの良い麺だ。
すでに味は和えられて付いている。

まぜまぜー、いただきまっす。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ナポリタン好きとしてはたまらん味わい。
やや甘めのトマトソースがかなり好み。
麺と抜群のバランスを見せる。

ナポリタンとは言っても
炒めたものではないので、
あのケチャップが焦げた香ばしさはない。。

具のチャーシューがまた美味しい!

ガーリックタバスコもよく合う。


麺は200gだそうだけど、すぐになくなってしまった印象。。
ライス割りがふさわしい具の残り方だったけど、
今日はやめておいた。


氏の謙まぜそば。


チャーシュー、ねぎ、メンマ、かつお節、海苔が具。


麺はナポと違っている。


これまた

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

凡庸な油そばではない。
かなり作りこまれた感がある。
具の一つ一つまで計算されているような
繊細さを感じた。

店主さん、スタッフさんも含め、
いい店だと思う。
やじるしのような繁栄を願ってます。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:24 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

麺食堂 一柳@上町(排骨麺 263/'17)

訪問日時:2017/10/02 12:01

昨日開店した、上町の新店に行ってみた。
駅から向かうとこれが見えるので、
場所は迷うことはないでしょう。


と言うより、麺屋ぬかじ(渋谷に移転)→中華そば吉屋の跡地。


麺食堂一柳。
ラーメン評論家だった一柳氏とは無関係だよね?

中に入ると商品説明がある。


パッと見、中華料理店の様相。。

麺メニューは、
拉麺、排骨麺、焼豚麺、担々麺、排骨担々麺、
炸醤麺、一柳まぜそば。

排骨麺担々麺という商品から、あそこ?を思い出した。

少し迷って、排骨麺のみを購入した。
ミニジャージャー飯とか気になるけどなー。
今日はちょっと胃の調子が悪いので様子見しよう。。。

店内はレイアウトはほぼ変わらず、直線カウンター8席に
入り口脇に壁向きのカウンター2席。

調味料類は王道の構成。


待ち2番目で5分後到着。


意外にもシャープな形の器。
想像より小さめ。

具は排骨、ねぎ、水菜。


スープをひとすすり、、、


ほー・・・・っと落ち着く味。
高級中華料理店のような味わい。
これはいいね。
嫌いな人は少ないやつと思料する。

麺は極めて普通。


悪くはないデス。
スープによくあってマス。

排骨は最高!


肉は思ったよりも薄いけど、
スープを吸っても吸わなくても
さほど印象が変わらないおいしさ。

この排骨麺はいい!

お遊び。


あまりおもしろくなかった(^^;


ところで、
隣人が拉麺だったのでチラ見したけど、
チャーシュー、メンマ、と普通の構成で、
チャーシュはレアみたいな仕上がりだった。


いやー、排骨麺おいしかった。
ほぼ完食し、店を出ると、
店頭にオーナーの一柳さんがいらしたので、
店名を何と読むのか聞いてみたら、

「いちやなぎでもいちりゅうでもどちらでもいいです!」
「なので、ふりがなはふってないんです」

と笑顔で。。。
うーむ。
決めた方がいいと思うが(^^;

でも、総合的にこの店は近隣の方の心を掴むと思う。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 09:33 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

大衆ビストロ チル@松陰神社前(カレーつけ麺 261/'17)

訪問日時:2017/09/29 12:15

ラーメンデータベースによれば、
松陰神社そばのビストロのランチで
カレーつけ麺がいただけると。。

今週はカレーが多いけど、
そそられて行ってみた。


店は半地下。
ゲリラ豪雨になったら怖いね。

カレーつけ麺の説明が店頭に。


カレーメニューがウリのようだけど、
カレーライス、カレードリアを差し置いて、
カレーつけ麺推しみたい。。

店に入ると、カレーの香りが心地よい。
なんかスローな空気だね。
いいね。

ランチメニュー


もちろんカレーつけ麺を注文した。

4番目で12分後到着。


サラダは自動的に付帯。

麺は太麺で鶏のソテー、小松菜、海苔が乗っている。


まずはサラダをやっつけてから、


麺だけ食してみると、
ありがちなもっちり太麺。

そして、最初はチョロっとつけてみる。


うは!


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



こりゃうまい!
カレーはファーストアタックが甘めで、
その後ココナッツミルクを感じ、
それから辛さが追いかけてくる。
はっきり言って、私の大好きな味。

神保町のボンディにも通ずるような
欧風カレーのような風合いだ。

もっちりの麺はこのカレーには
ベストマッチ!

鶏、おいしいなあ。


カリッと焼かれた皮がナイス。
このままでもいいし、
カレーにつけてもよく合うこと。

海苔はどうしたらいいかなと。
最後にライスを頼んでその時に使うかな。。。
迷ったけど、



正(゚∀゚)解!!!


まあ、どうやっていただいても
正解だと思うけどね。

しかし、おいしいカレーだ。
ずっと、いつまでも食べ続けていたいと思った。
これならカレーライスもカレードリアも絶品だろうな。

カレーをすくうように麺を食べ続けたら、
麺と同時にカレーも底をついた。。
最後は皿まで舐め回したいと思った。
スプーンで一滴残らすくい取ってフィニッシュ。

一気に私的カレーつけ麺の上位に踊りでたぞ、これは。
すばらしいランチだった。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:44 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

中華そば 西川@千歳船橋(ワンタン中華そば 246/'17)

訪問日時:2017/09/14 12:00

昨日9/13に開店した中華そば西川に行ってみた。


一晴の跡地。

情報によれば、店主さんはたけちゃんにぼしらーめんと永福町大勝軒にて
修行したのだとか。
しかもメインは煮干ラーメン。
それは気になるってもんです。。

花は三河屋製麺、たけちゃんにぼしらーめんあたりが
目についた。

中に入ると8席のカウンターのみ。
ゆったりと配置されている。
居抜きみたいだけど、古さは感じない。

こちらの物件は一晴時代にトラックが突っ込んだコトがあり、
その後内外装が新しくなったけど、
そのせいか、居抜き感がないのかも。。

小型券売機に向かう。


選ぶのはトッピングの違いだけ。
ワンタン中華そばを購入して、
奥から3番目に着座。

チケットを渡すと、
開店サービスなのか、味玉の有無を聞かれ、
ありがたくお受けした。

卓上には説明書。


味付き替え玉、気になる。。。
でも、今日は多分無理。。。

厨房内は店主さんに、
奥様?にお母様?の3名体制。

調味料類は胡椒のみ。


3番目で10分後到着。


ははー、塩煮干か。


スープはセメント色手前のニボニボ。
えぐみはない。


無化調ながら、よく旨味が引き出されている。

中細ストレートのシコシコ麺をすする、


おいしい。
スープもよく乗ってくる。

たけちゃん感、永福町感は全く無い。

チャーシューは抜群においしい!!!


特大サイズの低温調理。
適度な柔らか食感で、
焼いた香ばしさもあり、
これはチャーシュー丼がうまかろう。。

メンマもこだわりあり。


ざくっとした食感で
味付けがちょうど良い。

ワンタンはエビ餡中心。


これはうまい。
八雲あたりをイメージか・・・

いただいた味玉、ナイス。


黄身の味が濃くていいね。


その後ずるずると食べ進み、
スープは少し残して試合終了。


上品でおいしいと思う。
でも、何か物足りない。
もう少し品を落としてもいいのかも。

でも、つけそばリリースは楽しみ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:46 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします