2019年11月08日

ますや本店 台新店@郡山(伝 郡山ブラック)

訪問日時:2019/11/08 11:40

北への出張が済み、
旧友の同級生を訪ねたので、
ちょっと足を伸ばして郡山へ。


ますや本店 台新店。
ずっと気になっていた、
郡山ブラックの元祖と言われる店へ。

お品は3種類。


懐かしい醤油の「元」、
郡山ブラックの「伝」、
濃厚合わせの「新」。

郡山ブラックは昭和20年ころからの
商品なんだねえ。。。

それぞれ、麺の種類、
茹で加減、スープの濃さ、
チャーシューの好みが選べる。
初めてなので、おまかせで
伝 をお願いした。

客層は100%昭和のお父様方。
それに合わせるようにBGMも
思い切り昭和。
隣のおじさまは「街の灯り」を
ハミングしていらっしゃるよ。

到着。


おまかせにすると、
チャーシューはバラともも肉を
合わせてくれる。


黒いレンゲだと
わかりにくいけど、
少し濃い色程度の醤油色。

味は少し上品な塩味。
鶏豚の清湯は淡い出汁感だな。

おまかせだと麺は中のストレート。


つるつるでしなやかな食感。
ちょっと麺との相性が好みでないかな。
この塩分濃度だと、縮れ麺が良さそうな気がする。

チャーシュー、もも肉。


切りおきですかな。
少し香りが気になった。

バラ肉の方がいいね。


メンマは癖なく、
ほのかな味がいい。


麺と具がなくなって終わりかと
食べてる最中は思っていたけど、
それからレンゲが止まらないどころか、
器を持ってスープを飲んでいた。

初体験の郡山ブラック。
思いのほかマイルドなものだった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


215
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(2) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

白河手打中華そば えびまさ@新白河(チャーシューワンタン麺)

訪問日時:2019/09/11 11:30

かつて「えびまさ」と「いまの家」は
福島県西郷村の白河ラーメンの二大巨頭だったそうな。
いまの家は暖簾分け店もあるし、
二代目もあるけど、えびまさは20年前に
店主さんのご不幸により閉店したきりだった。

それが突然今年の1/29に復活を遂げた。
息子さんが表郷のたいちで修業し
亡き父の遺志を継いだ形だ。

そもそも「たいち」のご主人は先代の「えびまさ」の
一番弟子だそうだ。

こういう人情噺には弱い。
すぐにでも行きたかったけど、
開店してしばらくはかなり混んでいたらしく、
後回しになってしまったけど、
ようやく行くことができた。

柏市末広町4-5

店頭の駐車スペースが空いていた。
するとすぐに店に入れた。
ラッキーだ。

極上の歓待を受けたような案内で
カウンター席に案内された。


チャーシューワンタン麺をお願いした。

おしながきの裏には
駐車スペースの案内。


隣のミニストップの駐車場は
巨大だからねー。

白・黒胡椒、酢、ラー油、醤油が置いてある。


やや時間がかかって
14分後到着。


美しい器ですな。


チャーシューは3種。
見た目でもたくさん入っているけど、
実際すごい量で、
最初は麺を引っ張り出すのに難儀した(^^;

スープは鶏ガラ4種、豚ガラ2種だけで、
香味野菜は使っていないと言う。


甘みは控えていて、
きりっとした醤油ダレがよく効いている。
かと言って豚鶏の清湯もよく感じられ、
分厚いスープという印象。

そう、たいちもこんな感じだった。

麺。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺がうまいな〜
ピロピロもっちりで、
唇触りと喉越しがナイス。
スープとの相性も良し。

チャーシューは3種。

ロース肉。


味付けは薄め。
炙り香は感じない。

もも肉。


硬めの食感がいいね。

かぶり肉。


こんなに大きいのは初めて見たよ。
で、これが一番美味しい!

ワンタンは折りたたみタイプ。


皮はしっかりしながらも
「ちゅる」感もある。
餡はこのタイプにしてはやや多め。
私にとっては理想的なワンタンだ。

忘れた頃にメンマが現れた。


癖のない美味しいやつ。

かなり満腹になって箸を置いた。
美味しかったけど、
全体的に、若々しさが前面に出た感じがした。

でも、行列の長さはすでに
人気店として成立しているので、
私の意見は杞憂でしょう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


181
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:04 | Comment(3) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

白河手打ラーメン 一心@新白河(チャーシュー麺)

訪問日時:2019/09/03 11:17

白河市にてランチタイム。
未訪問の店に行こうと決め、
近かった一心に訪問。


おそらく、2007年ころに開業したはず。
白河では比較的新しいと思う。

店に入ると一番乗り。
チャーシューを焼いた良い香りに包まれる。


ランチタイムはミニ丼のセットもある。


店の一番のお勧めのチャーシュー麺を
注文した。

3分後到着。


有田焼っぽい、きれいな焼き物。
チャーシュー3種で埋め尽くされ、
麺がほぼ見えないねえ。


スープはいかにも白河。


やや丸みのある醤油タレの味が
第一印象でズドンとくる。
スープ自体はあっさりしている。

ピロピロの麺を引っ張り出し、


ずばずば、、、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


美味しい!
醤油の香りがかなり印象的。
そしてチャーシューからの移り香もあり、
これは美味しい。

メンマはくせがない。


チャーシューはもも肉、バラ肉、
かぶり肉とある。


もも肉は柔らかくパサパサしていない。
しっとりとして非常に美味しい。

バラ肉は、


白河系では珍しい、
ほろほろの煮豚タイプ。
これも美味しい。

かぶり肉は、


薫香がリッチで、これが一番気に入った。

麺と具がなくなっても、
レンゲが止まらないけど、
ややしょっぱいので、完食はやめておいた。

味噌も美味しいらしいので、
頭に入れておこう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


177
感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:12 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

手打ち中華 よしだ@白河(チャーシューワンタンメン)

訪問日時:2018/01/11 11:00

白河ラーメンを極めたい、
最近、つとにそう思う。
今日は昨年10月にオープンした、
白河ラーメンのニューカマーに行ってきた。


開店10分前に着くと、
20台は停められる駐車場には数台の車が!
あわてて、店頭に行くと名前を書く用紙があった。
6番目で記入し、のれんが出るまで車で待った。

そうしている間にも続々と車がやってくる。
すでに行列店の仲間入りを果たしているようだ。

こちらのご主人はとら食堂出身のたいち
修行されたし、それならばと頷けもする。

時間通り11時ぴったりにのれんが出ると、
女将さんが一組一組名前を呼んで、
席を指定していく。
そして、その順番に注文を取りに来る。
私はカウンター席の4番目を指定された。


チャーシューワンタンメンをお願いした。

調味料類はいろいろ。


長期戦を覚悟したけど、
20分後到着。


うわ、美味しそうだ。
今日は寒いし、よく立ち上る湯気も
脇役かのよう。


スープは、果たしてたいち譲り!


鶏出汁をよく感じ、
適度にとがった醤油タレの角が
パワーを感ずる。

手打ち麺をば、


曇った・・・・


もうめんどくさい。
ずるり、、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


白河ラーメン、いいなあ。
やはり落ち着く味だ。

どちらかというとこちらは動的というより、
静の感じ。

この微妙な違いで、こちらの方々は好き好きを
語るのがすごいなと思う。
喜多方ラーメンに比べるとその違いはホントに微妙だし。

チャーシューは3種。
肩ロースと、


もも肉と、


かぶり肉。


食感はもちろんのこと、どれも違う味なのがいい。
特にかぶり肉は希少だし、
余計おいしく感ずる。

メンマはやさしい仕上がり。


ワンタンは適度な食感で、
中身も味がわかる程度に詰まっている。


このワンタンはうまい!
ここでは必須と思われる。

スープまでほぼ完食となった。
これで980円はお値打ちと思う。

会計を済ませると、
すでに店内待ちは10名以上。
しかり、でしょうな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:58 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

らーめん まつざき@白河(らーめん)

訪問日時:2018/11/19 12:07

ちょっとやっかいな仕事を済ませて、
昼食タイムになったけど、
あまり時間が無かったので、
前から行こうと思っていた、
白河ラーメンのまつざきにきた。


どこ系かは知らないけど、
青竹打ちの麺で有名だ。

ちょうど昼どき。
店内は知り合い、常連さんでいっぱいだ。

ふむ、メニューはこんな感じか。


奥の2人卓に着座すると、
卓上にお品書き。


裏。


お父様直伝。
2代目なのね。
がんばってるね。

らーめんをお願いした。

ご夫婦ふたりで回しているけど、
すばらしいチームワークと手際のよさ。

10分後到着。


いい表情だよねえ。。。


スープをいただくと、笑顔が訪れた。


メ!

動物系の清湯スープに、
優しい醬油の香りと風味。
まさに白河。

青竹打ちの麺はボコボコ。


ぴょっ


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



うまいな〜〜〜〜
しこしこもちもちで、
喉越しの楽しいことったらない。

こんなにおいしかったんだ。
もっと早く来たかった。

チャーシューは2種類?


ももとロースっすか?
めちゃんこ美味しいですなあ。
煮豚タイプだけど、
豚の旨味がよくわかる。

メンマも独特だけど、
すばらしい。


麺、スープ、とループになってしまい、
麺と具がなくなるころには
スープまでなくなっていた。

いやー、美味しかった。
つけ麺もいただいてみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:35 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

支那そば 二階堂@笹谷(赤そば)

訪問日時:2018/11/02

福島市までややこしい仕事。
あまりみんなの幸せには役立たないかな、、ボソ

ランチは近くにあった支那そば二階堂へ。


評判いいし、宿題店でもあった。
店の脇には20台近くの駐車場もある。

ドアを開けるとにぎやかな空気に包まれる。
でも、心地いい空間でもある。

運良く空いていたカウンターに案内され、
お品書きを見る。

IMG_5702.JPG
IMG_5703.JPG
IMG_5704.JPG
IMG_5701.JPG

こちらの店主さんはちばき屋出身と聞く。
ならばしょうゆかな、とも思ったけど、
ネットで見て一番気になった、赤そばに
なんこつと味玉トッピングでお願いした。
あとライスも。
豚丼も美味しそうだ。

IMG_5707.JPG

調味料類はふりかけ、酢、自家製カラシ、胡椒、
ラー油、醬油、自家製粉節。


自家製カラシは具入りラー油ですな。

混んではいたけど、
ストレスなしの8分後到着。


これこれ、このビジュアル。


ドンと鎮座したなんこつが目を引く。
何もトッピングしないと、
肉味噌とねぎだけなので、少し寂しいと
思ったのよね。

スープをすすって、軽くむせた。


ウマカラ!!!
これはすばらしい。
しっかりと出汁感も感じられる辛いスープ。

はりはりの細ストレート麺をずずず、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


めちゃ美味しい!
辛さで言えば、中本の北極と蒙古タンメンの中間くらいかな。
でも、出汁が美きいている美味しいスープなので、
少し痛いような辛さでも問題ない。

なるほどね〜
出汁がしっかりしてると
ただ辛いだけよりもかなり楽しいねえ。

このひき肉もかなりインパクトある。


味付けがナイスで、
辛いスープを引き立てる。

そしてなんこつのなんと美味しいことか。


コリコリの部分ですらほろほろ。
究極の柔らかさだ。
これは必須トッピングだな。

ライスにはこうしておいた。


わはは!
こんなに楽しい丼もないわ。
トロトロ、辛い、旨い、
ガツガツ、、、

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

いやー、大満足の福島出張だった。
仕事で沈んだ気持ちはゼロになったよ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:44 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

火風鼎@白河(冷やし中華)

訪問日時:2018/08/03 11:30

北での仕事帰りに
どうしても火風鼎に行きたくなった。
開店5分前に着いて、PPとなった。

やがてお姉さまが営業中札を出す。
こんにちは。いや、
ただいま、と言いたいくらいだ。

今日は夏限定の冷やし中華800円。
火風鼎の冷やし中華は長いこと憧れていた。
ネギ冷やし900円もあるけど、
冷やし中華でお願いした。

同時入店のお二人は
ラーメン系のご注文で、
それよりやや遅れて到着。


ああ、なんという美しさ。。。


チャーシュー、錦糸玉子、なると、いんげん豆、
きゅうり、クラゲ、レタス、紅生姜が
絵を書いたように盛り付けられている。

マイナンバーワン白河麺に
食らいつく!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


酸味が少ないタイプだけど、
味わい的には予想の範囲内。

だけど、やはり麺がうまい!
冷やし、しめられると、
その良さがかえって引き立つかのようだ。

暑い日だから美味しいと思うけど、
これは冬でも問題なくいただける。

究極のチャーシューの細切りの香りが
独特の冷やし中華にしているなあ。

辛子もそえられていて、
その部分がまた美味しい。

具の楽しさも味わいながら、
ゆっくりと楽しんだ。

ごちそうさまでした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:41 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

元祖赤みそ家 白河店@新白河(赤みそ家らーめん)

訪問日時:2018/05/25 14:55

福島まで移動。
夜の仕事に備え、おやつタイム♪

白河ラーメン目当だったけど、
目的の店が休みだったので、
国道沿いの赤みそ家に来てみた。

ここは栃木で他店舗展開している、
ラーメン天雅グループの店。
評判は良くて、いつも混んでいるイメージなんだよね。

こだわりはそれなりに納得。


席に座ってお品書きを眺める。

IMG_3398.JPG
IMG_3399.JPG
IMG_3400.JPG
IMG_3401.JPG

素直に看板メニューの
赤みそ家らーめんを
麺ハーフでお願いした。

4分後到着。

IMG_3404.JPG

ふむ。
野菜たくさんなのね!

IMG_3405.JPG

いいビジュアルだよ。
チェーン店だし、それほど期待してないけど、
スープをいってみる。

IMG_3406.JPG

ウ(⦿

げ。
うまい・・・かも
味噌ダレのバランスが見事。
甘さ、からさ、香りが抜群。

いやいや、そうは言っても
チェーンt

IMG_3409.JPG


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


あ、言っちゃった(^^;
でも、素直に美味しいのに驚いた。
これは味噌ラーメンとしてファンが多いのは
十分うなづける。

この肉味噌が重要なポイントだ。

IMG_3407.JPG

辛さ保持、というより、
香りと味がナイス。

メンマは少ししかないけど、

IMG_3408.JPG

文句はない。

麺ハーフはさすがに
あっという間に食べ終えた。

美味しかった。
この辺で味噌ラーメンを欲したら、
また来ることだろう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:41 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

自家製麺 工藤@郡山(辛しつけ麺)

訪問日時:2018/05/02 11:25

自家製麺工藤。
郡山大勝軒の店長だった工藤氏が
2015年9月に開いたお店。

開店とほぼ同時に人気店になったし、
早く行きたかった。

店のちょっと先に10台分の
駐車場がある。


停めて店に向かうと、
11時25分でもうやっている。


11時半開店なのに、、、アセアセ
中に入ると絶賛運営中じゃん。
しかも8割方席が埋まっている。
早く開けたのかい?

すぐに席に案内され、
メニューを渡される。

IMG_3002.JPGIMG_3003.JPG

こちらはTwitterFacebook
Instagramで常に営業情報、
限定情報、ごはん情報を告知している。
それによると、このGW期間中は
朝7時ころから朝ラーもやってるらしい。

今日は春ver.とのこと。
7種のつけ麺のみ。
濃厚煮干し、とも思っていたけど、
辛しつけ麺小を注文した。
ゆず酢50円も。

小でも320gと書いてある。

ぷかぷか煮干しつけ麺、もりんがつけ麺、
想像がつかん。。。
気になりまくり。

店内はいろいろ書いてある。


厨房は2人、ホール一人体制だけど、
店主さんは調理と会計も担当している。
会計はホール女子に任せた方がいいんじゃ。
お金も触るし。。。

22分後到着。


辛味は麺の方にあり、
麺に絡めつつ食べるようにとのこと。

麺をそのままいってみると、
めっちゃ美味しい!
香り、食感、舌触り、申し分ない。
このまま一皿いけるくらい!

そういうわけに行かないので、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


スープは煮干しがほのかに香る、
確かに大勝軒のDNAを感ずるもの。

脂がかなりあるので、
そのせいか滑らかな
口当たりが印象的。

チャーシューは念入りに炙りを入れていた。


これがバカみたいに美味しい。
肉増しした方がいいね。

メンマは塩辛かった。


そして、辛いつけ麺に変化させていく。


これがまたうまいわ。
香り高い辛味がナイスですな。
このメニューにしてよかった。

ゆず酢は好き好きですかな。
私には不必要だった・・・

320gはないんじゃないかな、
と思う麺はすぐになくなり、
スープ割り発注。


麺の美味しさが際立つ味わいだった。
他のメニューも、限定も気になってきた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

【移転】ラーメン やま吉 那須本店@黒磯(醤油ラーメン)

訪問日時:2018/05/01

やま吉で夕食。
メニューが変わっている。

IMG_2992.JPGIMG_2993.JPG
IMG_2994.JPGIMG_2995.JPG

ステーキも美味しいんだけど、
今日は


湯葉豆腐をつまみに一杯。

メインディッシュは醤油ラーメン。


こちらでは初めての
じとじと無し。

でも、基本のスープの良さがわかり、
十分満足した。

麺、チャーシュー、
改めてすごく美味しい!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:03 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

手打中華 やたべ@白坂(チャーシューワンタンメン)

訪問日時:2018/04/06

愛してやまない白河ラーメン。
今日はやたべ。


とら食堂出身の名店。
今ではやたべ出身の方の店がいくつかあり、
いずれは「やたべ系」なんてワードが
生まれるかもしれない。

4人卓☓4、小上がり4人卓×6の
店内はやはり昼時で混んでいる。

席に座って、お品書きを見上げ、


チャーシューワンタンメンをお願いした。

すぐに鶏ガラ登場。


雅宗以来の鶏ガラ突き出し。
こちらでは何も言わないでも出てくる。
ほかほかの鶏ガラにラーメンのタレがかかっていて、
これをつまんでいると、
夢中になってしまう。

食べ終わると、ラスカル登場。


座って15分後くらいで到着。


スープ波々ね。


チャーシューが一杯あるのがわかる。

すすす、


一口目は弱い印象だけど、
二口、三口といくと、
圧倒的な旨さを味わえる。
これは・・・・うまい・・・

すぐさま、麺に食らいつきたくなる。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



ピロピロの白河王道の麺。
醤油の角をぎりぎりで削った感で、
まろみの中にキリッとした
醤油のアタックがたまらない。

チャーシューは伝統のもも肉。

https://lh3.googleusercontent.com/BH65GUEN1Zt2gKnsrOaag7qGXLRcokjHSWVErVxLyRAiXvwT4wsPyppr7mcmuhkCJV7aKcC1YfnVr-bs85HNyUVO7KE8HmwFTEutzNhz5GJlXpZrzsoChruVzn-VpBhB2_fiBpyGBOabw2YWzO9Cut-__q_V4awftIGuQb5t3NWxjCwQmYtai3_C4dHJ1LCPRRp9E9PZjrhg5WSPRKL3fuJE2ZJtBHjKOnwrs-sZ2uzKvK67gnlQ77pqiHzZOXGnJdy9DuRnFzzUML58oVY_oR_7JQQslPogXhkqBOqWg64d8HK__S4FVXNvRoFgqkGRb2Pg2eN6h7UrVMFSFydZVt2g1_ZB1HbWbv1tXDICdLExJNc9TiIwjcvMNtcSrl6T6qOSnm8G3IQO9hRbtQoRAu8KNlzb7CkJWlZQldJXCZneMUWm9SDgrvdNJanOGppG4CQ5Tg2oTRICaVbsMalyh_eCWG6w0tbWf1_FOWIQKkbum-P5PUTZv0fiBdMJg6G4nfDUNGEh_PRQpDd-1GdJjdnOYsmXAmV2WOAKtbYbHoMVnbkLSTnqL399D7m3yVEe20-4q1Glyr-JQrrFr1_FdA8RBzcv4h5SXcUpCpR8=w560-h420-no

固めの食感が肉の美味しさを感じ取れる。

ワンタンは折りたたみタイプ。


熱々で、上顎やっちまった。。。

メンマは過不足ないやつ。


かぶり肉も入っていたよ。


これは小さいせいか、
炭焼き香が感じ取れた。
おいしい。

麺と具がなくなっても、
レンゲが止まらん止まらん・・

やはり来てよかった宿題店だった。

お漬物もうれしい。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 11:25 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

彩旬彩香 寿美鈴@白河(塩ラーメン 63/'18)

訪問日時:2018/03/05 11:30

敬愛する白河の居酒屋大将、下重さん。
5年前に彩旬彩香 寿美鈴 という居酒屋を開き、
今では知らない人はいないくらいの
地名度を誇る店になった。

私は前の店からの追っかけになり、
今でもたまに夕食を楽しませてもらっている。
ホールのゆうこさんが優しくて
心地いいのよね。

本題に入る。
FACEBOOKも頻繁に更新されていて、
お店のこと、自身の食べ歩きのことなど。
結構若いな、と思うこともある。
ラーメンもよく食されていて、
ひょっとしていずれは、と思っていたら、
案の定、ランチでラーメンを1月から開始した!
ので、行ってきた。


昼間に玄関を見るのは初めてだ。
なんか新鮮。。

A看板には普通のランチメニュー。


海鮮丼、天丼、美味しいに決まっている。
一番下にひっそりと塩ラーメンの文字♬

これだね。

https://lh3.googleusercontent.com/Hg6FckRQHYrJYZUIRI1PlrsAfLgd6_41iBBNCJ8n-vn_ZFH0G5xCyrKs02xFOSmzb1W_1gye51AMA4NQXR-gclWCmVpKLjYPrfANr7z0065IopsgsOzAx9-5IwL22nBzhs3RIrcIJ8qaVWCMH4Kk1boSI1fPQk5zMZvA4iQRShDNT_YfN3lL5YrXn-xaqhuu6QkhRoixVa_mqcg4nJmH14HTPkfFcanATS1gJDJBCl2sUfBkdiMjcnO2oX8E-FeLrCNDG5KjnzHVaDah6XPNCYMGEu0h8wUnMnXJuggerbRXzWmEVHj2vGuMOoY0vGfdjAmN1C4KC4UDEY9cK1ZT6yF0wRL79gvxv1fDcmR1dROPdvGIO72nGGc7IuJTrNkHgVh0v9hl0qPVg5V07iavFhwNMWD-SdkAnRwcwfNfDZDp39OmWaQuX1slVlaOsZRxb7uGnSmrMNT9GbnFnrABg6UbOAh-U6dzFQYu1avQMfItMu6MV0Z3HIvBbuPKNG71JOTsoTVEB6JDLu6uVKYBoVmG-Yz3dbhiZ1lqdDvc0sOXQngVmsehoL74tnAcNPvnCvhfkwDokvLXFCPlCaas7zvtgNWRTZvRFpRyxpyQ=w900-h617-no

店に入ると、変わらぬゆうこさんの笑顔。
癒やされます。

大将の目の前に陣取り、
唐揚げ&ライスセットが気になりながらも
煮干し香る塩ラーメンを単品でお願いした。

怖いな〜〜〜〜

とか仰って、、、
何を申されますか。

この人は仕事が好きだ。
見ていて本当にそう思う。
そして一切の妥協のないのが良いところ。

麺の湯切りは専門店の
それとは違うけど、
確実な作業ではある。

きた。


ふわっといい香り。

具はバラロールチャーシュー、メンマ、ねぎ、
水菜、海苔、なると、揚げネギ。


わくわくしながら、スープを、


メ!

きれいな見た目そのもの。
煮干し香る というけど
私の物差しではそれほどではない。

確かに香るけど、それは抜群のバランス。
鶏ガラ主体のスープとよく融合している。

麺にいく。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


もちもちの手もみ風の麺が実に合う。
白河の「味の麺七」という製麺屋さんのものとか。

ほのかにアタックしてくる煮干感。
それはさすがに(ラーメン好きな)和食料理人が
作った、という感じ。

チャーシューは炙り入りで抜群。


脂がとろとろ。
漬け込んだタレの味が見事。

メンマはスープの邪魔をしない。


揚げネギが後半になると、
威力を発揮してくる。



ともすれば単調になる塩ラーメンを
うまく飽きないように作られた作品だと思う。
スープまで完食してしまった。

醤油味は半年後くらいにリリース予定らしいけど、
白河ラーメンのお店もお客としてくるだろうし、
そちらの方に気を使っているのが、
この塩ラーメン販売からもよくわかる。

大将なら、被らない味を生み出すことでしょう。
期待してます。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:06 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

麺屋 雅宗@白河(ワンタンメン 34/'18)

訪問日時:2018/02/02 11:46

白河仕事。

昼食拉麺。

雪道難儀。

到着安心。

品書鑑賞。


もうやめた(^^;
ワンタンメンに決定。

鶏がらをお願いする。


タレがかけてあって、
チマチマつつくのも楽しい。
ラーメンを待つ間が退屈しない。

白河では鶏ガラをサービスで出してくれる店が
これまで3軒あったけど、これで4軒目になる。
厳密にはビールを頼むと出て来る店があるらしいが。

そもそもこのサービスは「やたべ」が発祥なのかな?
あとは「手打ちらーめん」と
「手打中華おおくま」。
そう言えば。やたべも大型宿題店だなー。

こちらの店はその 雅 の大旦那さんが
新たに出した店。
雅 はご子息が継いでいて、
道路を隔てて向かい側。
まさしくスープの冷めない距離だ。


到着。


チャーシューメンか!
というツッコミが入りそうなビジュアル。


もも肉ともものかぶり肉の2種。
いい香りだ〜〜〜

スープをすすって笑顔になる。


鶏ガラ主体、醤油キリッの
王道白河系。

麺は手打ちのピロピロ麺。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



白河ラーメンの中では
優しい食感の麺が何とも合っている。
雅の味は久しぶりだけど、
やっぱり美味しいなあ。。

チャーシューはつるし焼きのタイプ。


うまいわ。
こんなにおいしかったっけ。

かぶり肉もいいねえ。


これを出す店はとら食堂を始め、
何軒かある。
これ、希少部位なんだろうけど、
白河ラーメン以外では見ないのは
なぜなんだろう。

ワンタンはちゅるちゅるのやつ。


メンマは印象に残りにくいけど、


脇役として絶対必要。


いや、しかし美味しかった。
本場の白河ラーメン、
久々に堪能した。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:09 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

らーめん 麪屋@新白河(ワンタンメン 12/'18)

訪問日時:2018/01/11 18:35

昨年12月、白河市に新たな店が2軒できた。
そのうちの一軒、麪屋に行ってみた。
「むぎこや」と読む。

「麪」とはそば・うどん・そうめん・ラーメンなどの総称だそうだ。


前はIKUZOという居酒屋だったところ、
何回か店が変わっている場所だ。

白河ラーメンと謳っているね。
楽しみ。


店に入ると、閑散としていた。

カウンターに座り、お品書きを見る。


ワンタンメンをお願いした。

調味料類は胡椒、酢、醤油、ラー油。


4分後到着。


受け皿付きでよろしいね。


具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、ワンタン、
海苔、ほうれん草、ゆで卵1/2。

スープはと、、、



・・・


白河ラーメンではない。
鶏も感ずるけど、野菜の甘みが強いような。
醤油ダレがも少し多くてもいいかもね。

あと、気のせいだろうけど、
ウエイパーのような癖も。。。

麺は外注らしい。


かなり普通の麺。

チャーシューは薄切り。


味付け薄い、豚肉風味ズドンのタイプ。
いいのではないでしょか。

メンマはぶっとくてナイス!


味付けもしっかりしていて美味しい!

ワンタンはちゅるちゅるタイプ。


皮はとろとろだ。
スープをすいこんで存在感あり。


さて、ちょっと苦手なタイプで残念だった。
タレをもう少し濃くすれば劇的に変わるかもしれない。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:25 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

なかや食堂@白河(醤油ラーメン 323/'17)

訪問日時:2017/2/01 11:30

あっさりの白河ラーメンがいただける
白河の宿題店へ。


市街地からは離れている。
それほど大にぎわいの店ではないようだ。

メニューを拝見。


しかし、安いね。
ラーメン550円、カツ丼500円!

ほかに、


豆乳野菜ラーメン700円、塩モツラーメン700円もあった。

ラーメン半チャーハンセットをお願いした。

事前情報によると、
もっとミニ丼があったような記憶だけど、
チャーシューエッグ丼しかないね。

厨房の様子は見えない。


湯切りの音も炒める音も一切聞こえないのに、
わずか3分後到着。


見た目は王道の白河ラーメン。


スープをいってみる。


これも昨晩と同じような
あっさりタイプ。
香味油が香ばしくてかなりプラスの効果を表す。

麺は柔らかめの手打ち。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


すすり心地がいいね。
食感は柔らかいけど、
全体のバランスをまとめている。

チャーシューも丁寧な仕事が光る。


メンマは少し甘めでおいしい。


麺と具がなくなってから
半チャーハンタイム。


半チャーハンに相応の量がいいね。

レンゲでなく、スプーン。


圧倒的にレンゲより食べやすいよね。

しかしスープがこのチャーハンに抜群に合う。
笑顔でごちそうさま、となった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



続きを読む
posted by ぼぶ at 17:28 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメンと居酒屋の店 百福@新白河(正油ラーメン 322/'17)

訪問日時:2017/11/30 18:30

福島出張、一人の夜はラーメン居酒屋にて。


ここは以前は「ラーメン3」という店で、
2012年に今の場所に移転し改名した。
「百福」なんて店名だけで、
行ってみたくなるというもの。

ラーメンの前に軽く一杯いただき、
軽くつまむ。

お通しはけんちん煮。


家庭的な味。
ほーっと落ち着く。

うめきゅう。


丁寧に作っていたけど、
これはかなり美味しかった。
うめきゅうって単純だけど、
私は結構うるさいのである。

ししゃも。


本ししゃもではないけど、これもうまい。
そして焼き方が実に丁寧だ。

締めに正油ラーメン。


見た目、いいね。

スープはあっさりで、
白河というより東京ラーメンに近い。


でも、これ、うまい!
やや甘みがあり、レンゲをどんどん進ませる。

麺は手打ちかな?


もっちりとしたいかにも白河。
優しい食感でスープに合っている。

チャーシュー、大ぶりでナイス。


美味しいと思うデス。

メンマはそれなり。


外観からそれほど期待していなかったけど、
美味しいラーメン、いただきました。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:46 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

火風鼎@白河(チャーシューメン 276/'17)

訪問日時:2017/10/12 12;25

白河に重要な仕事あり。
帰りはご褒美代わりに火風鼎へ。

今日も混んでます。
皆さん、楽しそうに仕事してます。

店主小白井御大将の
寡黙な仕事ぶりがカッコいいのよね。


今日はチャーシューメン メンマ増し。


スープを、すすす。


キリッと男前の白河ラーメン。


このボコボコ麺が合うスープは
これしかないだろう、というような完成形。

チャーシューはホントに恐れ入る。


固いもも肉が食べやすい固さだし、
味がいいし、何と言っても薫香がすばらしい。

メンマも逸品だ。


ここでは何を頼んでも
メンマ増しした方がいいかもね。

心からごちそうさまででした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:35 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

かこい食堂@白河(ワンタン麺 227/'17)

訪問日時:2017/08/25 13:00

白河にて午後から仕事なので、
久しぶりに本場の白河ラーメンをいただきに、
昨年オープンした、楽蔵のかこい食堂にやってきた。
ちょっとオススメされてもいたし。。

店に入ると昼どきを過ぎているせいか、
ガラガラだった。
本当は火風鼎に行こうとしたんだけど、
大行列であきらめていたのよね。


お品書きを見て、


ワンタン麺をお願いした。

5分後到着。


王道のルックス。


スープはやや薄い出汁。


タレもおとなしめなので、
全体にあっさりで、支那そば かという感覚。

麺はどうかいな?


おお。
手打ちの麺はうまいね。
ただ、これもマイルドな食感で、
スープとは合っている。

チャーシューはちょっと残念。


切り置き冷蔵庫臭が。。。

メンマ、いいと思う。


ちょっと少ないけどね。

ワンタンは中身が確認できなかった。


トロトロで皮だけなのかな?

優しい感じの白河ラーメンだった。

実はこのお店、8月末で閉店し。
白河市鬼越45-5に9/27に移転開店することになっている。
最近まで 楼 という店があった場所だ。
そちらでも発展を願う。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:17 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

白河ラーメン むげん@久田野(ワンタンメン 148/'17)

訪問日時:2017/06/02 11:18

かなり忙しい。
白河で重要な打ち合わせをすませて、
ようやくランチタイム。

今日は白河ラーメンを欲したので、
おととしの10月にできた店に向かってみる。

こちら、「むげん」はとら系ではなく、
独自系らしい。。。

昼前だからか、店は先客1名。
4席あるカウンターに座り、


ワンタンメンをお願いした。
チャーシュー丼も行きたいところだけど、
最近カロリーを摂りすぎていたので、
がまんした・・・

3分もしないうちに到着。


はー・・・
醤油と鶏のいい香り。
ビジュアルは王道の白河。


チャーシュー2種(もも肉・肩ロース肉)、メンマ、ねぎ、
ほうれん草、のり、なると、ワンタンを
きれいに盛り付けている。

スープを口に運ぶと、


ふーむ!
優しい白河ですね。

鶏出汁は通常なれど、
鶏油の効きがいまいちかな。
醤油ダレは非常にまろやか。
塩味がやや大人しいので、
前段の印象になった。

麺はつややかでしなやか。


道産小麦の ゆめちから を使用、
ということだけど、
香り的には普通。

チャーシューは両方とも美味しい。


炭焼きして煮てるとのことだけど、
炭の香りは皆無。

メンマは普通。


ワンタンはチュルチュルタイプ。


だんだんとスープを吸って
色が変わってくる。

さくっと食べ終え、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

NOODLE CAFE SAMURAI@郡山(至極のワンタン麺 119/'17)

訪問日時:2017/05/02 11:05

郡山まで来た。
ふくしまラーメンショーをやっているけど、
そちらには行く時間がないので、
宿題にしていた、NOODLE CAFE SAMURAIへ。


郡山駅前すぐ。
小さな公園みたいなところにあって、
いい立地だな。

こちらは以前訪れた、まぜそば凛々亭の姉妹店になる。
1日100食限定と聞いたけど、今もそうなのかな?

店頭のメニュー案内。


基本は鶏中華そば、昔ながら中華そば、
シャモロック塩そば、肉味噌そばの4種。

入店し券売機の前に立つ。


至極のワンタン麺に決めた。

チケットを渡すと、
並か大、細麺か太麺、先着10食のイクラと筍ご飯の有無、
を聞かれる。


並、細麺、有りでお願いした。

店内は明るくておしゃれ。
V字型のカウンター9席、2人卓☓1。
奥の厨房はガラス張り。
作業の様子もよく見える。

調味料類は白・黒胡椒、酢。


多分ラー油もあると思う。

commitmentときたぞ。


なるほどなるほど。。

1ロットは3杯まで。。


7番目で20分後到着。


ほーほー、レアチャーシューなのね。


他はワンタン、メンマ、味玉1/2、刻み玉ねぎ、貝割れ、海苔。

スープは鶏油の香りが強い。


醤油くっきりタイプで、いいじゃん。
スープそのものは出汁が上品な感じ。

中細ストレート麺はつるつるでコシのあるやつ。


うまい!

ただ、鶏油がなくなってくると、
急激に魅力が減る。
麺に絡むスープの力が徐々に弱まっていく。。。

チャーシューはでかい。


3枚ある。
柔らかで大変美味しい。

ワンタンもでかい。


2枚しかないけど、
これは一つ15gくらいはありそう。
ちょっとした大盛りの量になるね。

メンマは穂先に近いやつ。


さくっと美味しい。

イクラと筍ご飯。


一時、レアチャーシューの避難場所として提供。


このまま少し食べる。
このチャーシューは立派に
ご飯のおかずになるね。

胡椒をふると魅力倍増。


イクラご飯なので、
海苔に合うのは間違いない。


楽しく食べ終え、店をあとにした。
外はすっかり初夏の空気。
いい季節だ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします