2008年05月24日

【125/'08】幻の中華そば 加藤屋@大津(煮干醤油)

訪問日時:2008/05/22 13:40

京都で同行者と昼食をとった後は大津に移動。

大津には超らーナビで限定をやるくらいの名店がある。
この先大津に来るかどうかわからないので、
是非行っておきたかったのが、ここ加藤屋さん。

同行者と別れ、一人で訪問。
駅から500mくらいのところ、県庁前に通りにある。

IMG_0475.JPG

メニューも事前チェックしていた。

IMG_0471.JPG

IMG_0471.JPG拡大版はこちらをクリック

幻の中華そばは鶏がらに鰹節、鯖節を加えたもの、
和みの中華そばは、それに煮干を利かせたもの。

煮干好きな私としては、和み、かな。。
と思っていたのだけど、
こんな文字発見。

IMG_0472.JPG


数量限定、煮干、、、(^^)
反射的にこれを頼んだ。

それにしても、「めっちゃ、にぼちゅー」って??

答えは

IMG_0473.JPG

IMG_0473.JPG拡大版はこちらをクリック

まぼちゅー?

ははあ、幻の中華 → まぼちゅー
煮干中華 → にぼちゅーね。

ま、たいしたことなかったかな。。(-_-;)

しかし、この説明を見るとおいしそうですなあ。。

到着。

IMG_0474.JPG

きれいに盛り付けますね〜
表面には、背脂がたくさん浮かんでいる。

スープは、伊藤をイメージしていたけど、
それほどめちゃくちゃ にぼにぼでもない。
しかし、奥深い、いいお味だ。

麺は中細の縮れ麺。
いい感じでスープが絡む。

説明通り、のりはかなりおいしい。

チャーシューもまた最高ですな〜
柔らかくて、味付けもちょうどいい。
2軒目じゃなければ、間違いなくチャーシュー丼を頼むところ。。

最後にスープをすすっていると、
背脂の残ったその外観から、
たぬきそばのおつゆを思い出した。
味的にもかなり近い線上にはいる。

いやー、うまかった〜
自分で「幻」とか言っちゃうセンスはさておき、(^^;
極上の味わいが琵琶湖のほとりにありました。

IMG_0490.JPG
 
お店のデータはこちら
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 
追記
posted by ぼぶ at 09:32 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 滋賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします