2015年06月05日

お食事処 喜八@富山(富山ブラックラーメン 169/'15)

訪問日時:2015/06/04 12:25

富山にやってきた。
立山連邦はいまだ雪をかぶり、
壮観な風景。

で、富山に来たら本場の富山ブラックしか
頭に浮かばない。
西町大喜にはその昔、
ほんとうにびっくりした。
絶対に忘れられないラーメンであると同時に、
私の好みの上位に来た、
いろいろな意味でターニングポイント
だったかもしれないご当地ラーメン。

もう一度その思いを掘り返そう。
ということで、西町大喜の創業者の味を受け継いでいるとされる、
喜八を選んでやってきた。


東京ではまがいものの
富山ブラックがまかり通って、
本物があまり伝わっていないのはとても残念なことだ。

こちらの大将は実に誠実な感じだ。
寡黙に仕事をこなす姿が美しいとさえ思える。


ふーん。
富山Bって食べる前に混ぜるんだね。
それは知らなかった。

富山ブラックラーメンとライスをお願いした。

調味料は一味唐辛子とブラックペッパーのみ。


そして、やがて到着。


うわー。
懐かしい・・・
このビジュアル、圧倒的に心が弾む。


いや、待て。
これでは未完成。
喜八ではブラックペッパーは自分で
調整してかけるシステム。


完成!
へへへ。
これだよね。。

大喜ではレンゲがないけど、
こちらはついてくる。


ああ、おいしい。。
大喜ほど殺人的なしょっぱさではないので、
おいしさはよくわかる。
醤油をそのまま飲んでいるような感じではない。
かなり食べやすくはしているようだ。
それでもかなりしょっぱいことはしょっぱい。

中太の麺を一気にいく!




ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!




やっぱりこの味、好き。
人間の食うもんじゃない、という心無い人もいるけど、
私は心ある(^^;
理屈じゃない吸引力がある味だ。

メンマもややしょっぱい程度の味になっている。


チャーシューもそうだ。


このくらいの塩気の方が
多くの人が楽しめるのだろう。

それにしても肉の量がすごい。
これで720円はすばらしい。

ライスは最初から同時に口に運ぶことになる。


いろいろな方法で
ライスをいただく。


ご飯に合うメンマ!
おいしい!


チャーシューは間違いない。
合いまくり。

ねぎだって合うんだから。


ラーメンに一味をふってみる。


めっちゃ楽しい!!
今日のランチは至福の時間だ。

まだ続くよ。


たまらん。

最後はこれでフィニッシュだ。


さすがにスープはたくさん飲めないけど、
やはり富山ブラックは
ごはんのおかずとして素晴らしい。

笑顔で店をあとにした。


お客さんも絶えず入っているけど、
女性が多いのに驚いた。

ああ、もう一度、、
いや、何度でも食べたい。。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

【79/'07】きりん飯店@富山(ラーメン)

訪問日時:2007/03/30 11:25
 
昼過ぎのフライトで富山から帰京。
そのまえに出張最後の一杯。
 
ここは特大チャーシューで有名な中華料理店。
3店舗を展開していて、ここは本店。
 
店は古く、暗い。
やっているのかどうかもよくわからなかった。
 
店をあけると、なんともノスタルジックな方々がお出迎え。
 
カウンターに腰掛け、ラーメンを注文。
 
メニュー構成はこう。
 
NEC_1363.jpg
 
チャーシューメンは特大チャーシューが4枚入っているそうで、
食べきれない人が多いらしい。
 
おばちゃまが手際よく作ってくれて到着。
 
 NEC_1364.jpg
 
富山はブラック、という頭があったのだが、
決してそんなことはないんだとわかった。
こういうシンプルな味のラーメンも人気があるし。
 
スープはあっさり、中華屋タイプのものなんだけど、
やはり、チャーシューがうまい。
熱さが1cmはあって、圧倒的な存在感。
 
食べ応えがあって、これでラーメンが生きてくる感じだ。
やはりチャーシューメンを食べてみたい。。かな。
 
チャーシューは単品では1枚150円。
これをつまみにちょっと飲んで、 
絶品と言われるチャーハンを食べてみたくなった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。
posted by ぼぶ at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

【77/'07】富公[トミコウ]@富山(ラーメン)

訪問日時:2007/03/29 12:50
 
まるたかやのあと、翠月という店を目指したが、休業。
それならばと、えんや、という店を目指したが2連敗。。
 
で、富公。
ここは大喜にいたこともある店主だそうだ。
 
期待度大。
 
店は比較的小さいが、
駐車場が巨大。
店の前と道路の向かい側にある。
合わせて30台は入るんじゃないか。
 
ラーメンを注文。
なんと450円。
 
カウンターの上にはおいしそうなチャーシューのブロックが
積み上げてある。
 
ご夫婦と娘さんの家族3人で切りまわしている。
人目でそれとわかるほど3人似ている。
ほのぼの、いい光景だな。
 
きた。
 
NEC_1360.JPG
 
スープは大喜とはかなり違う、
一般的なタイプ。
さきほどのまるたかやと同じベクトルという感じ。
 
ただ、化学のサポートが少なからずあるようだ。
ちょっと残念。
 
チャーシューはやや固めのものながら、
かなりハイレベルなうまさ。
 
チャーシューメンを頼む人が多いのがわかる気がする。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。
posted by ぼぶ at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【76/'07】まるたかや@富山(ラーメン)

訪問日時:2007/03/29 11:30
 
富山で人気の店で、7店舗を展開している。
ここは本店だが、さすがに開店したばかりとは言え、
混んでいる。
すごい活気のある店だ。
 
ここはおでんもあり、ラーメンを待つ間に
ちょっとつまむ人が多いようだ。
隣で食べていた、豚バラの串がうまそうだった。。。
 
ラーメンを注文。
590円と半端な価格設定だが、安いので文句はない。
 
4分後到着。
 
NEC_1359.JPG
 
写真だと色濃く見えるけど、
実際はそうでもない。
いわゆる富山ブラック系でもない。
 
京都の第一旭のような味わいのスープで、おいしい。

 
また、卓上にある「脂カス」を入れると
スープの表情が変わる。
入れれば入れるほどこってりになっていき、
コクもよくなる。
 
豚の脂をラードで揚げてカリカリにしたものだそうだが、
これはナイスですな。


 
麺は固さを選べるので、固めを頼んだのだが、
全然柔らかい。。。(>_<)
これが固めなら、デフォは伸び伸びなんじゃないのか。
加水高めの麺で悪くはないんだけど。
 
チャーシューが非常においしい。
よく味がしみていて、ちょうどいい味付け。
柔らかくていいなあ。
 
メンマはあまり味がないさっぱりタイプ。
 
お客はあとからあとから入ってきて、
外にも並んでいる。
 
富山の人もラーメン好きなんだなあ。。

 
 
お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。
 

感想など。。
posted by ぼぶ at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

【75/'07】じゃん鬼@富山(らー麺黒)

訪問日時:2007/03/28 13:00
 
虎矢に続いて2軒目。
 
途中、気絶しそうに魅力的なこんな看板を横目で見て移動。。。
 
NEC_1361.jpg 
 
なんとも食べてみたいビジュアルじゃありませんか。。。

ぐぐぐ。
えーい、と誘惑を断ち切って次の店に向かった。

 


じゃん鬼

「じゃんき」と読む。

店はやはり駐車場が広い。
 
店頭には説明書き。(指が写ってしまいました〜)
 
NEC_1360.jpg
 
濃厚豚骨の白と、
魚介プラスの黒、
それに野菜が加わった青
 
の3種類があることで有名な人気店。
・・・と聞いていたが、広い店内は客2人。。(^^; 
 
ま、いいでしょう。
 
ながーいカウンターの真ん中に腰掛けて、
メニューを一瞥。

 
NEC_1357.jpg(クリックで拡大) 


一番ピンと来る黒を注文。
 
4分ほどでやってきた。
 
NEC_1358.jpg
 
やばい。
大好きな色合い。香り。
 
スープは和歌山系に近い。
甘味はそれほどないが、これはいいスープだ。
魚介も確かに入っているが、抜群の比率によって濃厚な豚骨の魅力が
存分に引き出されている感じ。
 
とちょっと塩辛いがまずまずの濃度。
 
途中、うずらの煮玉子が浮上してきた。
 
NEC_1359.jpg
 
かわいらしいですな。
味は濃厚でおいしいかったです。
 
で、メンマがめちゃくちゃいい。
色は濃いが味は濃くない。
どちらかというと硬い感じだが、
この食感はあまりないかな。
とにかくこれは気に入った。
 
チャーシューも柔らかく、ジューシーでこれもめちゃくちゃいい。
ちょっと炙ってあるのかな。
香ばしかった。。
 
濃い味が続いたので完食は避けたかったが、
気がついたら、スープもかなりいってしまった。(^^;
 
あとでかなりのどが乾いてしかたなかった。。
でも満足。
 
 
お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

 

感想など。。
posted by ぼぶ at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【74/'07】中華そば 虎矢@富山(中虎)

訪問日時:2007/03/28 12:15
 
今日から30日まで富山、石川方面への出張。
地震が怖いけど、仕事だし仕方ない。(ーー;)
 
これを書いているのは金沢。
夜8時を過ぎたが、今のところ揺れは感じていない。
怖いよ〜〜
 
今日はまず富山から仕事をこなす予定。
まずは富山と言ったら、富山ブラック。
老舗の大喜は富山でも、東京の物産展でも食べているので、 
今日は別の店にした。
 
ネットで探して選んだのがここ。
中華そば虎矢。
 
駐車場がなんと広い。
地方のラーメン店はいいねー。
東京都内じゃあり得ない。。。
 
店もまた広いが、ほぼ満席だ。
すごい活気だ。
作り手は店主一人なのに、
すごい手早さで注文をこなしている。
こりゃすごいや。 
 
麺のメニュー。
 
NEC_1357.jpg(クリックで拡大)
 
小虎は鶏ガラと野菜を煮立てずにとったスープ。
 
小虎ブラックはそれに濃口醤油。
これがいわゆる富山ブラック。
 
中虎は豚骨を2日間煮込んだスープに濃口醤油。
 
ちょっと悩んで中虎を注文。
ランチはご飯と漬物が自動的についてくるようだ。
 
5分でやってきた。
 
NEC_1356.jpg
 
うほー、これこれ。
スープは、、、、しょっぱいが、
大喜ほどの暴力的な塩辛さではない。
豚骨スープなので、醤油の角も取れた感じで
実にまろやか。
濃さもそれほど気にならない程度。
 
やはり健康的に考えてもこのくらいの濃さがいいと思う。
 
麺は極太、中太を選べるようだが、
極太をコールするの忘れてしまった。。(>_<)
でも、いい麺ですな。
加水が高めももっちりしたもので、
スープの吸収は遅いが、これだけ濃いと、
そんなこと関係ない感じ。
 
いや、これはうまいです。
大喜より好き。
 
チャーシューがまたスープを吸い込んで
柔らかくて、幸せを感ずる。
一口食べて、2枚ともご飯の上に移動。
極上の即席チャーシュー丼でしたぞ。 
 
メンマもほどよい食管と塩辛さ。
 
ねぎはこの強いスープならこのように
ざくざく切ったものが合う。
 
そして、オンザ・チャーシュー丼!
めちゃくちゃうまい。。。(●^o^●)
 
醤油ラーメンだけでなく、
とんかつも醤油でいける醤油マンとしては、
この味が東京にほしいところ。

 
お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。
posted by ぼぶ at 20:38 | Comment(2) | TrackBack(1) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします