2018年01月11日

らーめん 麪屋@新白河(ワンタンメン 12/'18)

訪問日時:2018/01/11 18:35

昨年12月、白河市に新たな店が2軒できた。
そのうちの一軒、麪屋に行ってみた。
「むぎこや」と読む。

「麪」とはそば・うどん・そうめん・ラーメンなどの総称だそうだ。


前はIKUZOという居酒屋だったところ、
何回か店が変わっている場所だ。

白河ラーメンと謳っているね。
楽しみ。


店に入ると、閑散としていた。

カウンターに座り、お品書きを見る。


ワンタンメンをお願いした。

調味料類は胡椒、酢、醤油、ラー油。


4分後到着。


受け皿付きでよろしいね。


具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、ワンタン、
海苔、ほうれん草、ゆで卵1/2。

スープはと、、、



・・・


白河ラーメンではない。
鶏も感ずるけど、野菜の甘みが強いような。
醤油ダレがも少し多くてもいいかもね。

あと、気のせいだろうけど、
ウエイパーのような癖も。。。

麺は外注らしい。


かなり普通の麺。

チャーシューは薄切り。


味付け薄い、豚肉風味ズドンのタイプ。
いいのではないでしょか。

メンマはぶっとくてナイス!


味付けもしっかりしていて美味しい!

ワンタンはちゅるちゅるタイプ。


皮はとろとろだ。
スープをすいこんで存在感あり。


さて、ちょっと苦手なタイプで残念だった。
タレをもう少し濃くすれば劇的に変わるかもしれない。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:25 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京らーめん倶楽部 鶏と麺と@新宿(ラーメン 11/'18)

訪問日時:2018/01/11 13:05

昨年12月中旬くらいにできたらしい新店へおじゃま。


夜は「日本再生酒場」という居酒屋のランチ営業。
店名は とりーとめんと と読む。
親会社はい志井グループという、大きな外食産業。

中に入ると、まさに気軽な居酒屋風。。

カウンターに座り、メニューを。


1種類しかないのね。
では、ラーメン・・ミニチャーシュー丼セットで!

居酒屋のランチ営業とは言え、
Tシャツも揃えちゃって、
本気度が伝わってくるけど・・・

調味料類は胡椒、豆板醤、おろしニンニク、酢、七味唐辛子。


待ち2番目、7分後到着。


具はチャーシュー、ほうれん草、ねぎ、海苔、糸唐辛子。


鶏ガラと野菜でとったスープはと、、


とろーりとかなり濃厚だね。
鶏白湯と言っても差し支えないね。

麺はザクッと食感の細ストレート。


鶏骨醤油ラーメン、と言った風情で、
美味しいんでないかい?
ただ、ほうれん草もあるせいか、
家系のような感じ。

そうか!
ど・みその斎藤さんが仰っていたのは
こういうことか!

チャーシューは柔らかで美味し・・・

https://lh3.googleusercontent.com/416hokENO9XghOJOFC1h9DmiaT72BJneohXzuCjvgtYnXXmXwbCGzevQmrmL4EU-y_Kr-p9BudVFEc1tx3QUj-iVwiDtQa3Fx4hFydxnLHTs1GJjaMKqwhqDbuMJ0b3WR7Iv6W6p9ds349e5NFFUmzO_MhQgQa3FNNhEWV4Bu9dRV0DR3aDP3Ux41FDLwgQQmoFuQhfpDj993bU4lxNppRtBfrIQivYvPwL6IwGtaUYDRl7tk21W7Vs42QNpbYDNoMwi0XOJ83hnVLRnOBjWh67dlwt-IQkXO5lAstg6iqP6ArrfhbcUSrLEzYxzJCBt65NEay83rGf6DW_P6BNluydcoyEu5juuG4G4nSz69RZTak0v0CrqcM7YpTomC3BpKwVLKFlbVxiIuu4V-nKkDUqawwuC10HN68-jlk4fbrwVQskbI_HXFm-jQX5BH6gJOWLPDPItSzTJ1Xj31-1pcbcZiz8qJWkn5hA_nCngN4Xm-KA5OcH3AnZ3uOQ6p-QmQWwhP49C1nPOYdgx00Y6zpt6eLkfwiy9uL4Mhq_tV5J7QH6cxZXZfkO9aigGGROPWt3m15NfcljUGWldVYdekTfpsXathhraNvxD140g=w560-h420-no

ご飯のおかずにちょうどいい。

鶏白湯、なので胡椒がバッチリ!


麺と具はするすると胃に納まっていった。

ミニチャーシュー丼。


ねぎたっぷりで、わさびが乗っている。
で、これうまいね〜〜
甘辛のタレが汁だくでかかっているけど、
これがナイスな効果だ。
炙りも入っていて香ばしさも嬉しい。

海苔で巻くとパラダイス。


おいしかったす。


お店のDATAはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:55 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旬魚菜・炭火焼・鍋 星火@自由が丘(星火ラーメン塩 10/'18)

訪問日時:2018/01/10 18:00

ミーティングを兼ねて、
星火で会食。

眞方さん、今年もよろしくお願いします。
地下の燎原も順調なようで、よかったです。

ちょっと前から、おまかせのコース料理の場合は、
予約の際にお願いすることになっている。
今日はこんな感じ。


よろしくです。


先附 天蕪のすり流し。

蕪の独特の香りが漂い、
今日もナイスなスターター。

蒸し野菜のわっぱ蒸し。

品数が一時少ないようだったけど、
また戻ったようだね。
どれもホクホクでおいしい。

刺身三種

ひらめの昆布締め、タイ、まぐろ。
昆布締めで使った昆布を揚げたものが香ばしい。

お酒は春霞、紀土をいただいた。


焼き魚。

ぶりの照り焼き。
好みの味付け。

八寸。

ワカサギの磯部揚げ、揚げぎんなん、鮟肝、白子ポン酢、
カラスミとクリームチーズ最中。

ワカサギがすごくおいしい。
淡水魚に青のりの香りが斬新。
カラスミ最中も抜群。

一人鍋。

カキのクリーム鍋。
和食の域を脱しない、生クリームの使い方が見事。
ぷっくりした牡蠣も良質。

食事は今日は塩ラーメン。


変わらぬ姿に安心する。


味の幅は同じながら、
深みが増したような印象。
すばらしい。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



やはりこのラーメンは好きだ。
具がたくさんあるのは一時は敬遠し、
素ラーメンでお願いしたこともあったけど、
やはりこれは具の一つ一つに眞方店主の思いが詰まっている。
なので、やはりこれは具があった方が良い、
という結論。

甘味。

星火アイス最中。
初めていただくアイス最中。
ほうじ茶と抹茶があり、これはほうじ茶アイス。
最中とベストフレンドだな〜〜〜


今宵も楽しかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:26 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

香氣 四川麺条 学芸大学店@学芸大学(汁なし麻婆麺 9/'18)

訪問日時:2018/01/10 11:05

やまぐち辣式が話題になったあたりから、
麻婆まぜそば、汁なし麻婆麺、
の類をよく目に耳にするようになった。

担々麺専門店の雄、香氣でも
昨年12月から期間限定で始まっている。
学芸大学店と祖師谷店のみの提供ということで、

いつまでやっているかわからないし、
香氣の麻婆豆腐は定評あるところだし、
えいや、という思いで行ってみた。

学芸大学店は実に12年ぶり。
よく前は通るので、いつも気にしてはいた。
そういえば、グランデュオ蒲田店はなくなってしまって残念だったな。

中に入って券売機へ。


商品一覧を見ると、
ずいぶんと品数が増えた。


これね。


店のFacebookはかなり前からフォローしていて、
そちらのクーポンでパクチーもゲット。

そうそう、麺を選べるようになったのよね。


ランチはいろいろお得。


調味料類は花椒、青山椒、香味酢、ラー油、胡椒。


青山椒、うれしい。

6分後到着。


麻婆は挽肉だけでなく、
肉の塊もあるね。


パクチーは別盛りにしてもらった。


ではでは、ワクワクしながら、
麺を引っ張りだしてみる。


ざらついた舌触りがナイスな麺。
もっちり感も適度。

まぜますかね、、、


!!!
なんじゃこりゃ!!!

めっちゃ


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

麻婆はやはり抜群の美味しさ。
辛さもラー油の香りも花椒の痺れも最高。
やまぐちとはまた違うけど、
同じくらい美味しい。

パクチーは早めに投下。


めちゃくちゃ合う!

花椒も青山椒も擦りやすいミルだ。


両方共新鮮なのかな。。
ものすごく香り高い。
そしてしびれる!

ごろっとしたチャーシューが5〜6個入っていて、
これがまた独特の香辛料がきいて、うまい!


ご飯のおかずにぴったり。


こういうサイドメニューがあってもいいと思う。

終盤になると、麺は少し塩味が強くなるので、
麺がなくなったあとは
ライス割りではなく、穴あきレンゲを使って、


これまた最高の食べ物。

大変満足した。
普通の担々麺もまたいただきに来たいと思った。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:52 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏@宝町(鶏ゅ白湯醤油らーめん 8/'18)

訪問日時:2018/01/09 13:38

ど・みそ のセカンドブランドができるのは
斉藤総帥のFBで知っていた。
そして、本日目立たくオープン。


この日にかけつけようと思っていたよ。

花輪と祝い花も多くて目立つけど、
それ以上に存在感ある外見だ。

ビッグネームなラーメン関係からの花が目立つ。


時間をずらして正解かな。
並びはないので、すぐさま突入!


醤油、塩、味噌とある。
醤油と塩が「鶏ゅ白湯」で、味噌は「鶏」
あとで気づいたけど、醤油と塩はトリュフの香りを付けたそうで、
それで「鶏ゅ」か(^^;

でもここはど・みそ ならば味噌かなと
鶏味噌らーめんを購入して席に着く。
鶏ごはんハーフも追加。

厨房越しに直線カウンター8席、
4人卓☓4、2人卓☓2。

厨房には3人で慣れた手つきだ。
そこへ斉藤総帥が奥から現れた。
かなりお久しぶりのご挨拶と、
祝意を告げた。

すると、味噌ではなく、醤油を食べてほしい、
ということなので、醤油に変更してもらった。

調味料類は黒胡椒と唐辛子。


斉藤さんといろいろ話をしていると
10分後到着。


ふむ。
あまり醤油っぽくはない色合い。。


スープをいってみると、


上質な鶏白湯だ!
コラーゲンもほどよく感じ、
そしてトリュフが香る!
ただ、見た目通りに醤油風味は濃くない。

麺は三河屋製麺の中太やや縮れ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


つるつる、もっちり感が絶妙に
スープと合う。

チャーシューは豚と鶏。


両方共レアな仕上がりで、
特に鶏はジューシー感がすごい。

メンマもこだわって仕込んだ風。


そして、鶏白湯には黒胡椒ね。


バッチリいいね!


鶏ごはんハーフ。


これがめちゃめちゃ美味しい(≧▽≦)!!
鶏出汁をよく感ずる。
斉藤総帥に言わせると、
この玉子かけごはんが絶品なのだそうだ。
・・・そっちにすればよかった・・・

でも、こうしてもかなり美味しい、


ので、後悔はないっす。

いやー、ごちそうさまでした〜

あまり醤油っぽくないですね、
と告げると、
「醤油を濃くすると家系みたいになっちゃうので・・・」
と斉藤総帥。
それも食べてみたいような・・(^^;

また来ますね!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:54 | Comment(4) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

旬味酒彩 れん@黒磯(和風ラーメン 7/'18)

訪問日時:2018/01/07 18:30

7連休のあとに2日仕事して、また3連休。
リズムが崩れるわ。
成人の日は元の通りに1月15日固定
っていうのはだめなのかしらん。

で、3連休は那須で静養。
夕食はまたまた れん にて。


エーデルピルス、ほんとに好き。

箸が変わりましたね。


と大将に言ったら、
喜んでいろいろ教えてくれた。
かなりこだわった注文生産だそうだ。
とてもきれいで使いやすい。

今日も山吹のコースで。

箸染め 季節の肴三品。

卵焼き、黒豆、蛸の燻製、海老芋揚げ。
落ち着く〜〜〜

揚げ銀杏はコース外注文。


ほくほく。

造り 季節の刺身。

豊後の鯛、関サバ、イカ。
うまいな、いつも。。

日本酒、今日は天鷹 心(栃木)、

このあとは豊潤(大分)を楽しんだ。

焼物 和牛メンチかつ。

これはすばらしい。
粗挽きの栃木和牛がぎっしり。


これでご飯3杯いけるな。

煮物 鰤大根。

これはすごい。。
ご飯のおかずになるやつではなく、
大根は出汁で炊いて、
鰤はじっくり焼いたものを合わせたとか。
こんな鰤大根初めて。

揚物 サーモン紫蘇揚 ゆかり塩。

サーモンのミンチが入っている。
ゆかり塩というのがいいなあ。

蒸物 蟹茶碗蒸し。

やはりここはお出汁がすばらしいね。

食事は牛蒡味噌漬け茶漬け
か 和風ラーメン。
もちろんラーメンをチョイス。


今日も安定のおいしさ。


牛蒡味噌漬けご飯もちょっといただいた。
どうもすみません。


牛蒡の味噌漬けとは珍しいけど、
合うもんですな。
めっちゃおいしい。
ラーメンのスープをかけても楽しませてもらった。


ウマウマ!

水菓子。


りんごが付いてきた。
いつも濃厚なアイスでおいしくて、
どこのやつか聞いたら、
なんと自家製とか。
この大将、原田さんは本当にすごい人だ。

今日もいろいろ勉強になりました。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:01 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

元祖具材入れ放題まぜそば 異端児 溝の口Ciao!!店@溝の口(まぜそば 6/'17)

訪問日時:2018/01/06 11:30

まぜそば好きとしては
溝の口に面白い店ができたのを察知していた。
たまプラーザにもあったのは知らなかったな。
具材を取り放題とは興味深いよね。

年を越してしまったけど、
ようやく行くことができた。

溝の口Ciao!!店
というネーミングから、
複合ビルの中にでもあるのかな、
と思っていたけど、


この2階に店はあった。
というのはダイニングバーの名前。
要するに間借り営業ということね。

A看板が目印。



2階に上がると、
いきなりまぜそば専門店としては
違和感満載の空気・・・

まずは3種類の味の札を取る。


カレーがあったはずだけど、ないね。
一番ピンとくる醤油の札を渡して、
席にて暫し待つ。

ここで店内観察。

ライスとしじみスープのコーナー。


麺を食べ終わったあとは
雑炊にするのを推奨していて、
ねぎと高菜が置いてある。

そして、具材コーナー。


壮観、といえば壮観。
あまり見たことのない風景ではある。

https://lh3.googleusercontent.com/2Pdw0YRPXm4T7K1K1JY0SAxmeMw_QjrAz8k7ayX2ldTpnh3paNdzcM9a-Q0LtHyV1AX9V5EidTZGpr3qwV_kaxCGJF-MoVBhAtUWuLZNhS0Bb1qnCq4un3TlfXiOWa-yZaU-wjMzkcMzFLdZEfU8fCrGpK7r3MuHXJr7BOPqT9LGKXPV8TLJ0lDa2OD_0wOL2axlYVWoFyYYkkyRDDnOKirjzr-3C1cv_ONZjpi9ICaEpEy-AUlzGhbHk05hjF_IWKAfjCkw4Bc6WA6YC5nL33TraqD8fHdcQvNuheAXZ00TJDmq7X3H1YvS_3L3lWTSBOIfNK0YjHtjOlSGVhQ1Br_IayAUXDLFb7xqWABoreLgK65vb-kl8bvTPue8pKcD1u167g6K8QpfAihmHQHPVMHos4zJUcs54hA5GSA8L3flEX4RhVt_3__wWe24loqXqmq5uKz-DZv5OgOcWMbo5m6-Z1ez94W92MamwmEOf2saqauKuXnfKhtS3U65uO7BowA68aSfxHCV7EJ4dbJQegIY5kTbD7F7lud6ssm-dyoJ8q9Ah_t6gEvTY4L-6quMfasW3_3papgIQTVb-kn73U4nuJ7p7ydjVVov0Grh=w560-h420-no

自家製食べるラー油、ゆず皮、ショウガ、ニンニク。


ガリ、メンマ、玉ねぎ、桜海老。


海苔、パクチー、万能ネギ。


ニラ、長ネギ、卵黄。

卓上には酢、ラー油、魚粉、一味唐辛子。


わくわくしてきた。

食べ方指南書とか。


一番下のマスキングされてるのはカレーだ。
本店ではあるのかな。。

裏にはインスタコンテストの告知。


面白い試みだ。
ちなみに初代MVPはこちら


3分後、
ベースの麺はこんな形でやってきた。


ほろほろになるまで煮込んだ
コーンポークだそうだ。
確かにほろほろでとろける。

さてさて、アレンジタイム。
席を立ち、カウンターに向かう。

直感的に、
万能ネギ、ニラ、パクチー、長ネギ、メンマ、
桜海老、ゆず皮、卵黄を盛り付け、
最後に食べるラー油を回しかけて一応完成。


あまり美しくないかな。
海苔を忘れたな。。。

まずは混ぜまして〜の、
いただきます。


おいしい!
でも、大人しい醤油ダレですな。
もう少しワイルドにタレを利かせてもいいと思う。

麺はもちもちで、具材がよく絡む。
桜海老とパクチーがナイスな効果。
私好み♬

酢を回しかけると、
味は爽やかに変わる。
魚粉、一味はいいね。


麺がなくなったら、
しじみスープを入れ、ご飯をドサ。


ねぎと高菜を入れれば、
肝臓によろしい雑炊の出来上がり。
これがさっぱりうまい!


あ〜楽しかった。
様々な楽しみ方ができて面白いよね。
ネギとメンマを適当に乗せ、パクチーを大量に乗せて
パクチーまぜそばにしちゃってもいいだろうし、
麺があるうちにしじみスープをうまく使えば、
ラーメンになるし、
最初に麺を食べちゃって、
ご飯をよそってから具材を盛り付けても?
これは反則かな?

それにしてもカレー味があればいいのにな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:44 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海老麺総本家 JIMOTOYA@麻布十番(濃厚海老醤油,濃厚海老カレー 4,5/'1)

訪問日時:2018/01/05 18:43

新年賀詞交歓会のあと、寄ってみた。


話してばかりだったので、
ほぼ何も食べてなかったし。。

ここは昨年12/11にプレオープンし、
この1/17にグランドオープンを迎える。

函館の 海老麺総本家 地元家 の東京初進出となる。
謳い文句としては

ミシュラン星獲得シェフが監修した『今までに無い究極の極上スープ』

とのこと。
ミシュラン星獲得シェフとは、札幌の みえ田 の料理長三枝氏。
その監修のスープで作る海老麺専門店ということだ。

店は奥にあり、最初通り過ぎてしまった。


店に入ると、オシャレなレストランのような空間。
少し気後れするけど、カウンターに着座。


お品書きはサイトのものそのまま。
印象は


(゚д゚)カ!!


最低1200円!
セットのミニ鮭いくら丼は計算によると1100円!

オススメは海老塩らしい。
でも、気になっていた、半麺の食べ比べセットを
醤油とカレーでお願いしてみた。
あとセットの鮭いくら丼が付けられるか聞いてみたところ、
イレギュラーだけど対応してくれた。
でも、いくらになるのか((((;゚Д゚))))

 

目の前の棚がかっこいい。


この右側が窓になっていて、
商品ができると奥から出てくる。
なので、厨房の様子はまるでわからない。

注文すると箸、れんげなどがセットされる。


先客2組のあとではあったけど、
異常に時間がかかる。
座って30分後ようやく到着。


わがままだけど、
私的には2〜3分の時間差で
提供してほしいかな。

まずは醤油から。


具は鶏挽き肉、味玉1/2、キャベツ、白髪ねぎ。

スープは確かに濃厚。


一杯あたり甘海老40尾を使っていると言っていた。
とってもエビエビしているけど、
濃厚さは豚骨からきていて、
私の苦手なタイプではない。

麺は中やや縮れ。


ああ、うまいね。
するすると抵抗なく入ってくるね。
醤油ダレのせいなのか、若干の甘みがナイス。

キャベツは効果的な具だけど、


鶏挽肉がやや鶏臭い。
苦手。。。

生姜が別皿で供されるので、


後半入れてみた。


劇的な変化ではないにせよ、
この生姜はあった方がいいね。


では、カレーにいってみましょ。


具は同じ。

スープはエビエビをそれほど感じない。


カレーが勝ってはいるけど、
海老とのバランスは良いと思う。

麺も同じ。


すすると、エビ感が少なくなり、
カレーラーメンと実感できる。
なんと言うか、不思議なカレーラーメンだ。


ミニ鮭いくら丼。


これ、湯呑みサイズだよ。
お箸5〜6回使えばなくなってしまうほど、少ない。
でも、函館由来の鮭いくらは美味しい!

それぞれのスープで遊んでみた。


醤油の勝ち。
っつーか、そのまま食べるが吉、だな。。


さて、お楽しみの会計は
3050円!
やはりミニ鮭いくら丼は1100円だった。
極ミニいくら丼はレンゲ二口くらいで600円!
高級いくらに目がくらむ!


会計後、マダムとお話してみた。
・1/17グランドオープンだけど、ランチはまだ先。
・函館からきました。

おつまみ、食事もいろいろあるし、
今度飲みに来ますと約して、店をあとにした。

それにしてもマダム、超激美人(゜o゜;


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 11:18 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

老坊坦坦麺 しょうらい亭 狭山ヶ丘店@狭山ヶ丘(大人の担々麺 3/'18)

訪問日時:2018/01/05 11:46

入間あたりを車で徘徊し、
ランチタイムとなった。
検索しているといろいろヒットしたけど、
近場でメニューに惹かれたこちらにピットインすることに。

https://lh3.googleusercontent.com/c1t4vHb_EN-PAlWgy7AT_J7-y7PrgGZ-zye2-1JOC15AcS0bDNKz7VwZPXRK6_FHN8y89lO75MVB5WE7Lryk70_FKJ7llSwZcRBIzSyw0AuLspHkLKfGAFFl9GJaTVijtGl6JxDnQ7yb3Hfa5DAMTG_CZTpKO4qd9SNmE0tCkQbuGGkt5eCZWRSmqjWbKXKEysRjjTJJ6gAcKfX5gSSutiXjkRdeWIGJ637FgtI6LvGG2Gc6mRp1CJqOEHjostQ5BpU5Us65vEO2wzHGCTz-c6_v66Y8F3twnX8_zqgreHUBsqMlRdM8V0T2JR0fXg5s6sKqWiVYKg58v9R42ac_mG9-k1XYqrerwGoCXQKgtoNTB4jZC1UW8U5Tgo8ci-XahrEnIGJzYz4Mag15sqHTEQtG2R6QEUBESjFXmUkXVwFTQl2GR6SD3a1UdNokMnEMNmPIkZ-S0XXLgTIpNzibNtKOA7U7svU549E8ZwZRhHyVS2fdxsxYVz9bra5THTI6Nn5r_H6givQr5Uv6DvBAEtz3xnRcSzimQBXry5bfpTi-obLAlp_5h8r8I2i51gnCtz56ctgrb_s5QU8S9N_0du_D0jW-ZJP_riilG_OW=w560-h420-no

ロードサイドのファミレスみたいなものにあらず、
担々麺の専門店。

でも、店内はファミレスのように広い。

お品書きを見ましょ。


ほうほう。
担々麺は基本4種類かな。
老坊担々麺にそのネギ、鶏、角煮、チーズのトッピング違い、
成都担々麺、黒胡麻担々麺、大人の担々麺。


餃子の種類も多いね
焼き餃子と水餃子と揚げ餃子が何種か。
唐揚げもうまそだ。


よだれ鶏なんかもあるね。
こりゃ夜もよさげだ。


日本酒も焼酎もあるけど、
紹興酒はないの?

テーブルにはいろいろな調味料類。


酢、醤油、胡椒、花椒、ラー油、山椒油。
ラー油と山椒油にはスポイトが付いていて、ナイスアイデア。
汚れたら捨てればいいもんね。

さて、注文は大人の担々麺と水餃子。


大人の担々麺は所謂胡麻なし。
具は肉味噌、ねぎ、パクチー、ナッツ。

https://lh3.googleusercontent.com/myPITA9P6h2MDsol9tMPXUhPdD3Pir-cSUJeJdxsTcceAtI-ahhyaB8-HEJOAI2Vpi7tMFNondJYr7IGM8kacMCVcOzY7uM-hCo3g7Y1SdzfIa1v1SHz0t33N7SOEGjmYRd_UvOwHH5-phrNz5cNVMV1lUU49xhye9KHx-SYhabiG0mS-O08zVoBA9YUJmhPEtI3LSIgLnRnohCdKYr4R0QsuE5a93AEf9tmr5CVFh7TejUQgUPpT0uglXJoqx9NYQMvVHPaH1j2qqEcruPkY7H4gPc2jmwjlCslSk0tYWeJ4opNuxdQxuNeVCHKTJgrHS7-9fOeTn71xvnN5cBOR9LDHH9yo9dsBt-h4qCMJF8FvtAdwXaW4iV9Vj2dMVog6s87qyPQN9vJG4im5CdAid3WX2_xgumraCXFCY4EYyu_fhz7IrXjFZCeM8-DqKykyz05P15bS-IFWrJLJj7xjjEkEjy9frjafKfSL6-yOZBwZvx0_KRoDqARg_nk67ROgrQh0QBz20wwNcKVk9Rv8Pomz1JXzx1gVFYs85cPaQ2RZAh5sQxK4jfS8cpqb1u6Ye_aMNLwQ0XzWq97wkLL0nlZ3SOh1WxX3OenjEud=w560-h420-no

スープは鶏ベースのスープに、
ラー油の香りと辛さ、花椒の香りがバッチリなもの。


うまいぞ、これ!

すぐに麺を、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


それほどの期待はなかったものの、
これはそれを裏切る美味しさ。
芝麻醤を使っていないので、
しつこさがない。

そして、特徴の乏しい麺なれど、
スープとの相性は良好。

肉味噌がいい仕事をしている。


ウマウマと息をするのもそこそこに
夢中ですすり続け、
最後は穴あきレンゲで具を全て胃に収めた。


ライスを欲したけど、
今回はがまんした。

水餃子、うま!


確かに四川風。
これはほかの四川系の料理も美味しいに違いない。

同行者の老坊担々麺。


こちらは芝麻醤を使った
王道のものだけど、
かなり好みの味。

もうひとりの ぐるぐるチャーシューメン。


これもびっくり。
良いスープですよ。
チャーシューも美味しく、
不満はないやつー。


おいしかった。
成都担々麺がめっちゃ気になる・・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:54 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

中華そば コヨシ@市ヶ谷(中華そば 2/'18)

訪問日時:2018/01/03 11:05

昨年のクリスマスにオープンした、
中華そばコヨシにやってきた。


陽が当たって白がまぶしい。
反対側からも。


風来居のセカンドブランドにて、
支店扱いということらしい。
山頭火仕込みの味ではなく、
清湯煮干しで挑んできた格好。

店名由来は社長のお祖母様のお名前とか。。

先客ゼロの店に入り、券売機へ。


タッチパネルもそろそろ慣れたな。

中華そばの部。


つけ麺の部。


トッピング。


ごはん、サイド。


見上げるとお品書き。


中華そばと肉ご飯を購入。
席は 「こちらへどうぞ」 と
たどたど日本語で案内される。

https://lh3.googleusercontent.com/Om9osVHQO8S6NoDDWCBm_XxvEfpf0Wdm1hD_EGTob19vA-sKbgI2_FFf_Z3smDV_EnJBd8hAGaI6Rlnh2mm4-zMwA2cWK-LsRVqIFwUHQCXEnPbqMi1LHVY0OcuvcAULkbZbTAzThJfrgiAairNF1B7iuF3SpHkhM9BjeCch2gV8zMQgne_XVNYpt5wT3tsi-JPRr-jsvxPfl-FYH7SUgvkvEdmLMADBSzBxjAp8LcWaBvHiaH_P9PkyysmzHDOsdawV0yjIyvp3-ZVNkuruasw739D3FTWWwAjGeKDgGqQ4w47pttmg7m-PHqJamQUlGTjH0NTjvDorK6UKwMNgSu8v0g2qsMR8uvGl4D4HxiAkursJyzUgLN5MnFv_CHV1L_xp_BIuxpc_M_xJJdoC8tecOk-3LJEFSCrGW32Dk6vCAkCNjVngLIm1qkbhCTHcv07E8fBog7jQl-ZCWRtdMecJCzCNH9QEhHBV3BZyQnEmJLMkJ7RFZ8fzmVU3IyhDICokKcrAbEwX8Ca6M_hgoTBO-8Saqo5aKY4IQqIv7Xbzk-U7Nclvk-gAGrooBbK9bm-xxtjJPZcedJkq2QDnbpFgLwYZmZJr6IOL7o-D=w560-h420-no

箸がその都度セットされるようだけど、
混雑時も対応できるのかな。。
4人卓☓4、カウンター4席、
向かい合わせのカウンター10席、
と大きな箱だけにホールが足りるか心配。。

調味料類は酢、胡椒、七味唐辛子。

4分後到着。


おほ。
いいかほり。。。


スープは清湯でエグみのない煮干しの香りと
旨味を充分堪能できるもの。


油はラード使用のせいか、
永福町系が頭をよぎる。
これ、うま!

麺は中細ストレート。




ウ(◉◉)マ〜〜〜!!!



適度なコシを持つ、つるつる麺。
永福町モードになっただけに、
縮れた柔らかい麺 でないのが
少しの違和感を憶えた。

でも、これはこれで充分おいしい。

メンマは穂先。


おいしいんだけど、
この手のラーメンには
普通の形が合うと思う。。。

チャーシューがバカみたいにおいしい!


肉ご飯のお供にも最適だった。


肉ご飯、うまいな〜〜〜!
焼き鳥のタレみたいな甘カラのタレがナイス。


双方きれいに完食。

正月はお雑煮を食べていないので、
この中華そばで代用とすることにしよう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 12:32 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします