2018年12月23日

三田製麺所 五反田店@大崎広小路(山椒つけ麺)

訪問日時:2018/12/21 11:10

五反田あたりを歩いていて、
三田製麺所の油そばをいただいてみたいな、
と思ったので、飛び込んだ。

席に着いてオーダーすると、
15時からの提供ですと・・・(><)

ではと、せっかく入ったけど、
普通のつけ麺じゃ面白くないな、、、
ってことで。


この中で一番惹かれると言ったら、
山椒つけ麺。
そいつをお願いした。
麺は冷盛り。

ほかにもいろいろ。


6分後到着。


ほ、なるほど。
デフォルトに花椒をたんまり乗せたのね。
いい香りじゃ。


つやつや麺、いいね。


三田製麺所の麺は好きです。

それを山椒の海につけて、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


花椒がとてつもなく合ってるな!
品の良いカラシビという感じ。

チャーシューもメンマもナイス。


かなり満足して食べ終え、
スープ割りをゆっくり楽しんだ。


油そばを逃しても、
それなりに満たされて店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:51 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

四川家庭料理 中洞@巣鴨(唐辛子肉そぼろ和え麺)

訪問日時:2018/12/20 12:18

巣鴨駅と千石駅の中間あたりにある
四川家庭料理 中洞(なかほら)に行ってきた。


今年8/27に開店。
お店のFacebookの存在を6月ころに知って、
これは間違いない、と思ってずっと開店を待っていた。
店主中洞さんは芝蘭での修行経験があり、
本場四川にもいらしたとか。

店に入ると、ご近所需要で盛況だった。

幼児を背負った奥様に席に案内され、
ランチメニューを拝見。


今日の気まぐれランチは
肉そぼろと塩漬け大根の炒め定食。

麺類は唐辛子肉そぼろ和え麺と
黒酢サンラー麺。

汁なし担々麺である前者を注文した。
おかわり自由のごはんもお願いした。

見上げると黒板にいろいろと。


夜もにぎやかにやってそうだ。

また白い壁には見事なパンダの絵が描かれている。
お客が写りこむので撮影しなかったけど、
店主自ら作画している。
絵がうまいんだね。

到着。


ライス、ザーサイ、豆乳プリンが同梱。


肉そぼろ和え麺には
見事な味付けの肉味噌とカシューナッツと
ゆで白菜。


麺は細ストレートで柔らかいタイプ。
混ぜます、いただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


タレとラー油のバランスがいいね。
塩味もちょうど。

麺は少し頼りなげではあるけど、
昔北京の屋台で食べた担々麺を思い出した。
あれは茹でた麺をバサッと入れて、
タレとラー油をかけて、肉味噌をどばっと乗せただけの
簡単な料理に見えたけど、その美味しさに驚いたことを思い出す。

これはそれよりも綺麗だけど、
麺がほぐれにくくて、柔らかいのは一緒。
味も正にこんな感じだったなー。

麺がなくなると、わずかな肉味噌が残った。
タレはまったく残らない。
しまったな。
麺がおかずになったな、と思いながら盛り付けた。


いや、しかしこれは美味しい!
この肉味噌最高。

でも、いかんせんライスを完食するには少ない。。
ザーサイはついてくるけど、
ライスのおかずとしては物足りない。


なので、頑張って食べたよ。

最後にデザートをいただいて、


ごちそうさま。
あ、この豆乳プリン、とろとろで美味しかったす!

落ち着いた所作で調理するご主人、
なんか安心する店です。


店を出たら、グーグルストリートビューの撮影?
している怪しい人影。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:21 | Comment(0) | 東京都文京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

陳麻家 目黒店@目黒(チンマーメン)

訪問日時:2018/12/19 11:07

陳麻家。
元は五反田にある「東京酒樓」という中華屋から、
麻婆豆腐ごはんの陳麻飯と担々麺が
スピンオフして出来た店。
直営としては五反田3店舗、目黒1店舗ある。

今では他の会社が権利を買い取り、
FC展開を積極的にしていて、
陳麻家としては店がかなり増えている。

今日は直営の目黒店へやってきた。


昔はよくきていたなあ・・・

陳麻飯と担々麺だけでなく、
いろいろメニューが増えているらしい。


一番乗りで店に入り、
お品書き拝見。


チンマーハンも種類が増えてるし、
普通の中華屋みたいでもある。

セットは豊富。


よく来ていたころは
陳麻飯と担々麺のセットばかりだったな。
当時は私にとって夢のようなセット、
と思ったものだ。

壁にもいろいろ貼ってある。


今日はチンマーメンにしようと決めていた。

調味料類は胡椒、ラー油、花椒、一味唐辛子、
辛味噌、ガーリックチップ。


3分後到着。


醤油ラーメンに麻婆豆腐がかけられたタイプ。
・・・なのか


勝手に 汁なし と思い込んでいた。。。

スープをすすって、キョンッとした!


うめえ・・・
キレのいい醤油スープがいいね。

麺は細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


うまいじゃん!!
ぱっつん食感が非常にナイス。
茹で具合も最高。
スープをよく拾ってくる。

麻婆豆腐はやはりかなり美味しい。


これがからんでくると、
箸のスピードが加速する。

スープも徐々に変わってくるけど、


ベースの醤油スープの良さは
後半から終盤になってもよく伝わる。

楽しく食べ終え、
店をあとにすると、


あり?
杏仁トウフもらえるのか。
何も聞かれなかったな・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

らぁめん きりきり舞@不動前(特らぁめん黒)

訪問日時:2018/12/18 11:37

葉月@雪が谷大塚の大幅リニューアルには
新鮮な驚きがあった。
早く行かないといけないとは思っているけど、
試食会に1番弟子の桐田店主もヘルプで来ていて、
その際、きりきり舞は自家製麺にするとのことを聞いていた。

で、ご挨拶がてら行ってきた。
実に4年ぶりだ。
不義理をわびます。。。

https://lh3.googleusercontent.com/0sBwL6NhU2cdBap19It0pko8GGyGRFC6I76RCIpvKHPs8s2e5lY6oN7uEdfv2_gciOBRgDYrvLDGEHDh72qjG1-vcngAVGjjzVdenBBp1ELKIUKQZizb_pP06Afjr10wrVEebSuANxQgkl1nNfPnSHJRDe5Iw1JDDlK8BbEtg3IPeHOEm5uxaVN-gpcLg6Lwk1EOcqyfiq9mvYVmVSV-BQ9VzRPMKgdehnVkwQoukgqYsOES0lhHw7C_MZJghbIUx8M4bXPejNTRUl08pi-MQMliJ6QexToz77Nx_XJYP0WmCkHlqZw2jbvsHaUlCLIhfBAbTNRhjPrCqeSa4KDgCFSIeKG0h9ZtovSfdMOFNXtSrlnqF1aLJTQZK_XSQqLZFmMLySXOYm6ceTfze9H1VXCeGIz7r9mVh4q-zHEpVwa-SwzSxzxUWBtUpQvvmAPrICle7ETuqpL7-bWypfzVmMH9V9LZk7XeqKVrsAhQ9T4844OQvQszbeG0pKj8J2k951fpHG1OTXrawJNM3cTK64Fm5neCLIJ5bKMoPaPZ3f5dnWQSDcLVtrHoKmkhUPhwR3tMsZNZqlJujxgVc5iENzDA7mZESqMUa3IJKsAN6w1XO1jF1slrVeik75KNF2UzT7fXw9DG1KyQKi1fLEHIdlXI1A=w673-h900-no

営業時間などは変わってないけど、
麺量が300gから200gになったのね。
諸事情あってのことみたいだけど、
デフォルトで200gの方が親しみ安いよ。

券売機に向かうと、メニューも
リニューアルされているのに気づく。


らぁめんは黒醤油の「黒」と
白醤油の「白」になった。
また限定も出している。

今日はらぁめん黒を購入した。

オリジナルアプリも作ったのか。


ちょっととっちらかっているようで、
1番客で20分後到着。


いろいろご協力させてもらったせいか、
特製仕様にしてくれた。
ありがとうございます!


すぐさまスープをすすす、、、


あー、これこれ。
葉月伝来の濃厚鶏豚魚介。
確かな旨さ、自信の表れが伝わる。

菅野製麺から自家製麺への変更はと、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いやいやいや、これはうまい。
雪が谷大塚にいるのかと一瞬思った。

もちもち、プリプリの麺はかなりの出来、
濃厚スープにバッチリ合っている。

チャーシューは変わらず煮豚タイプ。


これが焼豚タイプなら、
旧葉月とそっくりかもね。

メンマも丁寧な仕込みが伝わるし、
良店に育ったなあ。
実際お客も多いし。。

満足して箸を置いた。

本家があっさり系にリニューアルした今、
このラーメンがいただけるのはこちらだけ。
清湯への魅力もつぶやいておられたけど、
いやいや、これを貫いてくださいね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

南北麺館@新宿(武漢熱乾麺)

訪問日時:2018/12/17 12:25

最近まで知らなかったけど、以下の五種類の麺を
中国五大麺というそうだ。

武漢熱乾麺
山西刀削麺
四川担々麺
北京炸酱麺
広東伊府麺

この五種類の麺を一店舗で味わうことができる店が
10月31日、西尾久にオープンしたという情報を仕入れた。
武漢の熱乾麺だけ知らなかったので、
興味本位で向かってみた。

車を近くのパーキングに停めて歩いていると、


こっちですね。


いかにもな中華料理店の外観に
一瞬ひるんでみる。


店頭には五大麺の説明を兼ねたお品書き。
それぞれを日本風に、あるいはこの店風に
アレンジしているようだ。

入店すると、予想通りにたどたどしい日本語で
迎えられた。

券売機に向かう。


本日のサービスセットは担々麺と半ライス690円。
熱乾麺と半チャーハンを購入し、チケットを渡す。

半セルフがシステムらしい。


体調が優れない方は席まで持ってきてくれる。
そもそも体調悪かったら、こういう店には来ないんじゃ、
というツッコミはしないの。

でも、温かいお茶を店主の
お母様かな、が運んでくれた。


調味料類は醤油、ラー油、酢、胡椒。

店内はカウンター3席、4人卓☓2、
2人卓☓1という構成。
小さな、町の中華屋風情。

6分後、体調は良いけど、持ってきてくれた(^^;


麺の器は樹脂製。
お客が据え膳下げ膳するのを配慮して、
軽いものにしたのかな?


肉味噌、小松菜、もやし、人参、ナッツが
散りばめられている。

肉味噌を少しつまんでみると、


胡麻ダレがかかっているものの、
基本的に美味しい肉味噌と思えた。

本場だと手延べ麺らしいけど、
こちらは違う。


中太のもちもち麺。

これをまずは混ぜますか。



おほ。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


辛くない胡麻系の汁なし担々麺という感じ。
肉味噌と胡麻ダレがかなり上質。

もやしと人参の食感も加わり、
これは楽しい一皿だ。

また、時折あたるナッツとザーサイもいいね。

途中で辛さがほしくなり、
ラー油をかけていたら、


「もしよろしければ辛いのどうですか?」

と辣醤をくれた。
これはありがたい!


いいね!
かなり辛いけど、風味も増して
全体がひきしまった。
って言うか、これ
テーブルに置いておけばいいのに。

胡椒もよく合うし。


箸が止まらない。

半チャーハン。


ミックスベジタブルか。
若干チープに感じられるな。
味は薄めの仕立て。

なので、


麺の残渣を乗せて楽しんだ。
おなか一杯になった。

あとは担々麺も炸醤麺も気になるところだな。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(2) | 東京都荒川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

鉄板家 シュウ@自由が丘(塩ダレやきそば)

訪問日時:2018/12/16 12:08

自由が丘へ買い物にでかけた。
細君は焼きそばが好きなので、
鉄板家シュウへといざなった。

こちらは2016年7月に
「自家製麺やきそば専門真打みかさ」
として開店したけど、2018年2月に
「鉄板家シュウ」に改名している。
そのココロは・・・知らない。

そもそも、真打みかさ(^^;
は神保町みかさの初代店主さんが、
作った新たなブランド。
高田馬場が本店で、渋谷店(こちらもシュウに改名)
もある。

店頭には軽く商品説明。


券売機へ進み、塩ダレやきそば中盛と
ソースやきそば小盛を購入、席に着く。

開店当初は女将さんがいらしたらしいけど
(現在は渋谷店?)、男性スタッフ2人体制だった。

お品書きがあったので拝見すると、


ああ、肉類やいろいろな鉄板料理を
提供するようにしたからの改名か!
腑に落ちた。。。

調味料類は、塩、一味唐辛子、辛味、イカ天かす、
紅しょうが、自家製ソース、マヨネーズ。


油を使用しないで焼くのが
こちらの特徴。
そのとおりに大釜で茹でられた麺を
そのまま鉄板に移し、調理し始める。

一人は麺と野菜を炒め、一人は肉とネギを焼く分担制。
麺は少し焦がす工程もある。
そして到着。


目玉焼き、惜しい・・・
どうせ崩すからいいってもんでも・・・ない。

麺はもっちもちだ。


うまいね!
塩ダレとは言っても、
ニンニクも少し聞いて、
決してあっさりだけではない美味しさ。

お焦げも香ばしく、
肉とからめてずんずんいってしまう。

キャベツ、もやしも良い食感。
目玉焼きの下には
火を通したねぎもあり、
野菜が豊富だな、という印象。

天かす、紅しょうがは必須。


辛味(右奥)も添えてみると、
風味と辛さがアップしてナイス。

端っこの方でソースやきそば実現。


ウマウマ!

嫁のソースやきそば小盛。


これは王道の美味しさ。
麺がいいと、全体の品位が上がるというか、
堂々とした味、というか。。。

おいしかった。
自由が丘は気軽な鉄板焼き料理の店がないので、
今度は夜に来てみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

メンヤシモヤマ@京成立石(そば)

訪問日時:2018/12/14 12:07

京成立石か。
遠いけど行ってみるか。


12月7日オープン、メンヤ シモヤマ。
麺屋、麺家、麺や、めん屋、めん家、
麺処、麺場、etc.
いろいろな表記があるけれど、
「メンヤ」とカタカナにしたのは初ではないかな?

店の外観は大きなガラスを使って、
明るい感じ。
店内はすっきりとしながらも、
品よくまとめている。

むくの木製L字型カウンターがいいね。
席数は7席。
ご夫婦お二人で営むにはちょうどいいサイズかも。

席に座るとキュートな奥様にお品書きを渡される。


一人ひとりに手渡すのね。
表の看板にもあるけど、
店のロゴがかわいいね。

麺類は醤油味の そば 一種類。
それにそぼろ丼か親子丼のセット。

鶏そぼろ丼があるとたいてい頼んでしまうほど
好きなんだけど、今日は親子丼の気分だな。
では、親子丼セットで!

調味料類はなし。

カウンターには高台がないので、
作業がすべてよく見える。

店主さんお若い。
七志で修行されたと聞くけど、
手さばきは手慣れたもの。
落ち着いた所作で2番めで
7分後到着。


2種のチャーシュー。メンマ、2種のねぎが
盛りつけられている。


スープをすすす、、、


ズドン!

と鶏がキタ!

鶏スープ+鶏油+キリッと醤油
という数年前からよく
見受けられるようになったスタイル。

しかし、これは高レベル。
一切のひっかりがない

麺はつるつるシコシコの中細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


面白味には欠けるものの、
ネオクラシックなラーメンとして
近隣の心を捉えそうな雰囲気。
実際近場の方が2名ほどいらしていた。

チャーシューは、もも肉と、


バラ肉。


双方、燻製がかかっていて、
すこぶる美味しい。

メンマもナイス。


あと、この2種類のねぎも良い仕事ぶり。


いや、うまいね、このそば。
スープ-麺-具-スープ-麺-スープ-麺-具・・・・・
と無限ループだよ。

親子丼。


つゆが少なくて好みのタイプ。
柔らかな鶏肉、上品な味付け、
美味しかった!
そぼろ丼も気になるなあ。。

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都葛飾区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

アルス南青山@乃木坂 今年も無事に忘年会しました。

訪問日時:2018/12/13 19:00

今年もこの季節。


誰が名付けたかぼぶ麺会2018。
アルス南青山さん、毎年お世話になります。

またまたお店の配慮にて、
ウェルカムラーメンで乾杯!!


なんたる楽しい画か!
お出汁の冷たい麺、美味しいです。


各テーブルにおつまみいくつか。


カルパッチョ。
お魚うまし。

お酒のペースもあがります。



アンチョビポテトうまい!


いかフリット。
学生の頃イカフライ定食が好きだった。。。


ピクルスも普通じゃない美味しさだったなあ。。

そして、麺ラッシュ!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


私、リクエストしました汁なし担々麺。
極上のうまさでございます。


今日のテーマはイタリアン。
國本店長が仰っておられたように、
これはオリーブオイルのいい香り。
パスタのようでパスタでない。

お鍋もあります。


この牛もつおいしかったなー。
あとで麺を用意してくれて、
〆の麺も最高だった。


このお出汁もおいしい。
生姜と白醤油が合う合う。

会は賑やかに進んでいき、
最後は各々にトマトラーメン。


スープがばかみたいに美味しい!


トマトの甘みが際立つ仕立て。
オリーブオイルの香りもナイス。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

これだけで専門店できますぜ。

チャーシューもうま!


茄子がまたいい脇役ぶり。


スープまできれいに完食。
これはいい〆だった。

そんなこんなで今年も賑やかに進み、
ついには時間延長までして閉会。

みなさん、今年もありがとうございました。


なお、ここアルス南青山は
来年1月中旬から楽観青山店として、
リニューアルの予定。


今度は券売機も置いて、
ラーメン店っぽくするみたいです。

リニューアル後にまた来まーす。
なおこ店長!



 
タグ: アルス
posted by ぼぶ at 23:03 | Comment(8) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンクガレッジ 森下店@森下(まぜそば温泉玉子あり))

訪問日時:2018/12/13 11:55

ジャンクガレッジ。
2007年1月31日に大崎に登場したときは、
そりゃあもう大騒ぎだった。
最初は夜営業だけで、加えて即行列店になったため、
私は行くのが遅れてしまったけど、
あのときのいろいろな衝撃は未だに鮮烈に
覚えている。

なんくるないさでラヲタ達を驚かせ、
さらにジャンクなまぜそばを作り上げた
高山氏は今どちらにいらっしゃるのか。。

大崎は1年半くらいで閉店し、
その後は埼玉県で徐々に勢力を大きくしていたのは
もちろん知っていたけど、この度 東京に目立たく凱旋!


すごいな。
一大勢力を思わせる佇まい。。。

あの頃はなかったラーメンもある。


味噌もあるのか。
ここには表示がないけど、
10/16から辛ラーメンも発売されている。

店に入ると、12席のJ字型カウンター。
券売機の前に立つ。


ジャンクガレッジでタッチパネルかあ。
時の流れを感ずるなあ。


あの頃必須だったインドはないな。。

まぜそば 温泉玉子あり 並
を購入し、席に着く。

無料トッピングは全増しで。


ああ、半ライスで追い飯ねえ。
うまいに決まってるね。

お冷は紙コップでセルフ。


ちょっとだけ違和感あるけど、
このご時世、まあ仕方ないかと。

調味料類はラーメンたれ、酢、黒胡椒、一味唐辛子。


3番目で7分後到着。


お懐かしゅうござります。


盛り付けがきれいで、
大人になったなー、と感じた。

麺は変わらず存在感ある。


むちむちの弾力。
これぞジャンクの麺。

最初は混ぜずに、それぞれの具で麺を楽しみ、
その後まぜまぜ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いやあ、うまい。
このスタイルのまぜそばとしては
文句のつけようがないほど、完成している。

野菜と麺との食感が楽しいし、
マヨネーズやチーズの絡みがなんともいい。

豚はつくづく美味しい!


増せばよかった。。

胡椒がとても合う。


一味もいいけど、胡椒の勝ち。

https://lh3.googleusercontent.com/bOqOyiLZCqouTy5ccUHNC-xUn5aBWM4SlhAooFdYurf7S4sX4qq2VwEfdawIxXs57jL6XD9EYbzIn_4bIKue20yB7WRG-F9A2u_xjqgskiVt1euk7TZpI8q5qfHbgUx-nljYUkXKFctgs0LWW-PAGKYhXDN21lnGCzrMpTZ2WYiZZyO3vvhcs-a0YgHMviir29bjYqK3JTnhB6jqVM0sN6WRBk50bxCcdg8SO5MJAnkV0YRRIbUP0vNB-HG9z4MWpsJVzOuyDCaqNFN1JJgtCN5A6z20ETMBKxpFYUu96y5BWY8zVDxksFaGBE9_gl0G8PbBXitUXYwsSTWCaiIvgp4ZLhFeXHra0BaGe6Gi_wLXzQyPJi-ddpzMhevzXSO2ch9HA4_Dl-exVwzkHABsG5KnvAP4uojrlQ-UzVmhOhYdGkSxRf3Zf5YTobTGG9bOkln0u5Uc9-jk3M9tRRH8Ww2mqAfIzZ1ho4ddhTy0RT9RFp3CXu13qd_NJSkvrNDz5_QkQD1uKu4XAjD9vnwGHIwKOlIsxMGmdxJr6wNrKoZppBiULkr-1nQP7MMRT-bpl9ES4kE-wM6d7Dg_9b2e-hLFnOPiFmsa6X_nyFx-B9jrEbKmOhWOQQVLJkOtMtK7T9Iiig9AvqJJZfp-2R3gnUZ3NQ=w560-h420-no

食べ終わるといい感じに残渣が。
半ライスほしいなー、
とも思ったけど、まあいいか、
と席を立った。

もう一度大崎に来ませんかね、
と願いながら仕事にもどった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(2) | 東京都江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

MENSHO SAN FRANCISCO@新宿(A5黒毛和牛醤油らぁめん)

訪問日時:2018/12/12 11:37

新宿に所要があり、
その前に憧れの第一旭がすいていたら、
と思ったら あに図らんや。
20人位の大行列。
そうだよねえ〜〜

ってことでミロードへ向かい、
未訪問のMENSHO SAN FRANCISCOへ。


きれいにしつらえるよなあ。
女性目線なのがよくわかる。
実際9割方が女性で、すばらしいことだ。

庄野さんのこれまで出店遍歴を鑑みるに、
すべてのジェンダーに焦点を当てていて、
それはすごいことだな、と思うのです。

こちらは今年7月にオープン。
サンフランシスコで成功した、
「MENSHO TOKYO SF」の日本凱旋店。

メニューはサンフランシスコ店と同じく鶏白湯が基本。


でも、ただの鶏白湯でなく、
抹茶鶏白湯とか、スパイシー鶏白湯とか、
またまた新たなジャンルの構築をしてくるのが
庄野イズムでしょうか。

9月からはGOTSUBOで出されていたような、
ベジつけめんがリリースされている。

券売機はタッチパネル式。


A5黒毛和牛醤油らぁめんを購入。
あと、リゾット/ピクルスセット50円も。
これでちょうど2000円(・・;)

カウンター上の調味料は胡椒のみ。


材料その他の説明。


麺はキヌアを練りこんで、
これでもかの健康アピール。


ぼーっと待っていると、
西海岸のcafeにでもいるような気分になれる、
かもしれない(^^;


5番目で12分後到着。


垂れ下がるまでに
大きく切られた牛肉の存在感!


今日の牛肉は鹿児島産黒毛和牛。
このランクの牛肉を毎日用意するのは
かなり大変みたい。

牛肉上には醤油パウダーとゆずペースト。
青ネギに細メンマもある。

スープは牛すじと鰹節?


すっきりとしていて、コンソメのよう。
うまいね。

キヌア入りの麺をずるる。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


食感はやや固く、
噛んでいると弾力があり、
麺自体の美味しさも伝わる。

さすがにレベル高い味わいだな。

こいつらはそれなりに主張してくるけど、
すぐに絶品スープに埋もれてしまう。。


なんといっても牛肉うまし!


高級しゃぶしゃぶのような美味しさ。
これははっきり言ってたまらなくうまい!

大きなのが2枚というのも嬉しい。

リゾット用のごはんを見て思いついた。


ただ牛肉を頬張るだけでは
満ち足りないので、


最高(≧▽≦)

普通の味ではないピクルスと共に味わい、
最後はどば。


本来鶏白湯でその魅力を発揮するのかもしれないけど、
この醤油スープにもよく合った。

スープまで完食となり、
ベジつけめんが食べてみたいな、
と思いながら店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:59 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします