2019年03月29日

なかた屋@浜松町(セアブラ中華ソバ中)

訪問日時:2019/03/29 11:30

3/18に開店した なかた屋。
青森県で2店舗、西宮市でも1店舗運営している。

青森からの東京初進出で、早くから注目していた。
当初は3/31の開店予定だったけど、
早まったんだね。



今週月曜日に訪問しているけど、
そのときは臨休でフラれた

中に入ると券売機がある。


先人のレポートと違う。
構成は一緒だけど、
印刷だった商品名が自筆に。

調べてみると、
弘前と西宮も同じ字体だったよ。

セアブラ中華ソバ、煮干し中華ソバ、
つけ麺の3種ですかな。
そして、それぞれの中と大。

中がいわゆる並らしい。
セアブラ中華ソバ中と、背あぶらネギ飯を購入した。

居抜きの店内、
直線カウンター10席。
1番の席に着座。

胡椒、酢、一味唐辛子、揚げねぎ一味が
置いてある。


1番めで3分弱後到着。


大きめチャーシューうれしい。


チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が乗る。
このビジュアルも先人のレポートと違う。
先人のはあおさのりが乗っていた。

スープは色濃い。


うまいね!
燕三条テイストな背脂煮干し。
塩分は少し高めだけど、
節系も感じられ、
とても好きな味わい。

麺は中太ストレートで、
一気にずずっとやると、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


めちゃうまいよ。
やや粗野な仕上がりが逆に楽しい感じ。

チャーシュー、美味しいねえ〜〜


このサイズが2枚は大歓迎。

メンマもすごく美味しい。

https://lh3.googleusercontent.com/K2TApHeqRwP_cYzMKO5uD9At6TczzpVPTJ1vEe3rw979pQnHq_TaJL8PlhQ-QSqQdfICNW0A8mHrkg7V6mphBvz9rS50ETq3ZIkIX_2jQ04tN8WSqGr4R1-ycs8LndTR2qEtrAaYWJkfdxhHIMqM_LtSpDQDWbFYZ_I15BU5UzznZkQ61H_H6iOkp0h9WpZ2IbbYTdjZBVeEucFnRHJcgIg16KJFik56wTcB6dfEyV3r1bp9D3EuqY-SwERKlszmxS2pUVy3Chn18Dbz2y1jb_00mFRgqnwPmaGhGoxwd5M6RKdWPHWb2jGz05ZldOzlBSC9EKcSGfOaTQW-Esr6R08BcBrXS8E0Mv__75jF5k_nB7Y02p81F7gLdEsW8re9In9sM-ALgUpUjrF3rUm_47Yla6ska5Rn9GHev9v0ZfoyiHbTmiHXKDxxAHJlfQI_5NEbcUKXUuucaCCwt3Y32lorjm4OjL-gk7FuyxelmHaqAwYL_-vvHxizWWAIT_5CL4qfYXcLOzkyeoWwmYQXCPU3lYgtynqJatAgnR1ggbsFW1ttKKOt5TQFe3ylJOiRaEfDemjyqyDJRTvmn_HTCdRdK4qBf9v8Kxh918PO9s45uI-d-TSji5f4G2jRpmh3SVflXGfh-VCcIdniy2TF3qdEbejD6xiI=w560-h420-no

メンマ増し、必須かも。

揚げねぎ一味を是非試してみてください、
ということなので、


いいね!
香りと辛さがとてもこのラーメンに合うよ。
このあともう一回入れた。

背あぶらねぎ飯。


なんと素敵なビジュアルでしょ。
タレ、ご飯、ねぎ、味付き背脂と盛りつけられ、
よく混ぜて召し上がってくださいと
言われたけど、最初は、


メシに合う!

そして混ぜた。

https://lh3.googleusercontent.com/Nntsucx4xGL7XqR7PGqHOyyx-KDOKqHmG_Ahll6sfiGKtCel6qYL1ocUimrz-xkSJDd8bylQubHbmPhu9K38A_6PGgQ36Sw30Iu_G-8U9L2TVIZ8RE_bC6Lu4x-sKMgjSQuVGAqmvZ74MGIRpFrKXsIN3IeKWo50FNA4VEo_PJLo3AlWODGsTJc-D-EFR8XX2Snaal1OmZaWmUEtOQxMLul4gNP3gMpQHv2GMNHgkWKBBU4Vyf4LGVHj_ImaYLi3SbPyGhpZtJAErBcx23AP5PIaaFZmelDb2s1c-IVNlF6oYisMO9ruyRdGDIri1en9fUBVmjEtr_9XE29rXMf9D8io8LCerSD2X4VjtZW3LtF7EcOQQ-qjUVcmqvZyGVB5-bmc5pHka9kJgTPQMyBE31rrGo8VFxtilPOZlmGRI5f6myo9yhOsYyZB47jtY1fK8eiMDbQVayaZ783ZvrINboSKSccFJ4y5ol_nGascdNHJWJDK4YGqDZdUdfcCpAabwUD0MoMM2w5euRQq8vHE1JK3fHkGc_g53ltO_lKNgo-wIFNoF7lVDVqAALL8qwHf3BkVaeu_-MSTmfwG0PP6tvuB48GIm9OsrtvUHZoeta1xbEjG0yvh5eNsJHDXVJ0yaFrOY5MquHhLKJEUvLhEK-Voc4a_eDwt=w560-h420-no

(≧▽≦)

めちゃめちゃ美味しい!
背徳感も若干あるけど、
体に悪そうなものって美味しいのよね。

https://lh3.googleusercontent.com/Nntsucx4xGL7XqR7PGqHOyyx-KDOKqHmG_Ahll6sfiGKtCel6qYL1ocUimrz-xkSJDd8bylQubHbmPhu9K38A_6PGgQ36Sw30Iu_G-8U9L2TVIZ8RE_bC6Lu4x-sKMgjSQuVGAqmvZ74MGIRpFrKXsIN3IeKWo50FNA4VEo_PJLo3AlWODGsTJc-D-EFR8XX2Snaal1OmZaWmUEtOQxMLul4gNP3gMpQHv2GMNHgkWKBBU4Vyf4LGVHj_ImaYLi3SbPyGhpZtJAErBcx23AP5PIaaFZmelDb2s1c-IVNlF6oYisMO9ruyRdGDIri1en9fUBVmjEtr_9XE29rXMf9D8io8LCerSD2X4VjtZW3LtF7EcOQQ-qjUVcmqvZyGVB5-bmc5pHka9kJgTPQMyBE31rrGo8VFxtilPOZlmGRI5f6myo9yhOsYyZB47jtY1fK8eiMDbQVayaZ783ZvrINboSKSccFJ4y5ol_nGascdNHJWJDK4YGqDZdUdfcCpAabwUD0MoMM2w5euRQq8vHE1JK3fHkGc_g53ltO_lKNgo-wIFNoF7lVDVqAALL8qwHf3BkVaeu_-MSTmfwG0PP6tvuB48GIm9OsrtvUHZoeta1xbEjG0yvh5eNsJHDXVJ0yaFrOY5MquHhLKJEUvLhEK-Voc4a_eDwt=w560-h420-no

昔、恵比寿の「ぶたや」という居酒屋にラードご飯
(ご飯の上にラードをのせ、それにタレをかけてかき混ぜて食べます)
というメニューがあったけど、それを思い出したな。。

楽しく食べ終えた。
店を出るときは待ちが発生していた。
長い繁栄を祈ります。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


66
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺匠 八雲 本店@堀切菖蒲園(塩バターラーメン)

訪問日時:2019/03/28 12:27

最近、新たな展開を発表した
堀切菖蒲園の麺匠八雲。

あの若さで、しかも女性で、短期間に
2店舗オープンさせて、大丈夫かな、
と思っていたけど、
どうも考え直した方が良さそうだ。
日本を代表するラーメン店主に
なっていくかもしれない。

そんな動きが気になって、本店を訪ねた。


このへんのしつらえもすごいもんだ。


並び方序列も書いてあって、
混むときは混むみたい。

店に入ると直線カウンター8席。
3席が空いていて、奥の席に着座した。


小さくて見にくいお品書きは
大和店と同じ。
要は味噌、醤油、塩を基本として、
バター、スタミナ、にんにくバター、チャーシューメン、
海老ワンタンメン、もつラーメン。特製ラーメンがあり、
それぞれ味噌、醤油、塩と味を選ぶことができる。

今日は塩バターラーメンと決めていた。
それと、北の白いごはんも。

こちらは客席と厨房を曇りガラスで分けている。
声と調理音は聞こえるけど、
臨場感は味わえない。
今日は店長さん、不在のようだ。

7分後到着。


ひゃー。
透明なスープだし、
器も含めて美しいね。


息を呑むほどきれいなスープは、


!!!

ベースのスープがよくわかる。
クリアですっきりしているけど
鶏や野菜や昆布の旨味が十分。

塩を厳選しているとか。
まろやかな塩味で実にうまい!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


サッポロラーメン系の塩ラーメンは
あまり経験値が高くないんだけど、
これ、すばらしく美味しい。

もやしも新鮮さを感じて、
このラーメンには絶対あった方がいいと思える。

チャーシューは塩スープでも生きるね。


最高。

メンマも最高。


新鮮な生乳から作られた無塩バターが溶けた辺りを、


コクが倍になるね。
かなりマッチしている。

ウマウマと食べ進め、
麺と具はなくなったので、
北の白いごはんにチェンジ。

https://lh3.googleusercontent.com/Xw4EtevymWfJfEjl2on9jDlAaewTTrdoUUdaYvikUvix2SJ0giUddCq0IeaWByOPGtqHQIaXpvDg3Z864E17aRwfdB5aj1aQm62KTFlIgcKWdgKmc_U9BRJSLc9r9G__I29XDaJD03kyGN1Z5xof1oWo5ODqyt0WpN6mMvWTTClDnhUPim6qdbLI40wAlLdIDnscdV15MoPz8b2QCjo5bTsh2GxGtlTl173vuCggS3_O1G8m5Jo_e6kJ6FqFBx9-o6CIVb7mxcXtPDVrmINekOcLvimLrJJkl8BG_Ut-HEHateakJyWxixPmWDxcyhDkRFQuKSJfTzoBfwixIoCEwGv8sRAjQ-uL0KOw1dNiGNTmP47TQ4d-2INa9avJwwQ57DrHFnJ13taI_xbNuT03rdA34oo6ucJLdQ6ry7XtTQ2mq5JYX7Kl3DnO-_vbshkp_LbVtMf1bKBRO6S0iVA2uUfibRSioWiKCnJkBTrlyOL-FcZHuJAV9Xi2ATc1h6ueT5VG7kRlCteczel9tb2AQhziDLPlmO7jEo7205Tt10njv2zfQbDsmd5u3AbAUIG-B7PlegqFhYewGTiT52wc16a1m6caV7ULuBEZV-CjdGkqHxhhb9P_Svdr7UVH17koRZ46Hbsw1Ze8ZjHSxZNCnoGkGefvLZn1=w420-h560-no

今日は山わさびと醤油を別皿にしてもらった。
お手数かけてすみません。
その方が絶対いいと思うです。

その前に、


バターを半分避難させておいて、
じゃがバターごはんにしたさ。
それにちょっと醤油を垂らしてさ、
これが、もう、、、
いやになるほど美味しかった!

次に山わさびを添えて、


思った通り、山わさびの香りが生きる。
すばらしいサイドメニューになった。

スープの力を借りると魅力倍増。


とっても満足して食べ終えた。

2ndブランドの店は
まずは私のなじみの土地に開くようだし、
そちらもかなり楽しみだ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


65
感想など。。。
posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 東京都葛飾区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

担担担@渋谷(汁なし担々麺)

訪問日時:2019/03/27 12:25

昨年10月15日に渋谷警察署裏に
担担担、という汁なし担々麺専門店が
間借りでスタートした。

いつ行こうかな、と模索していたら
5日後の10/20に閉店してしまい、
今度は京王井の頭線渋谷駅近くに移転して
10/25に再開した。

そこも年末に閉店してしまい、
なんちゅう店じゃ、と思っていたけど、
今年1/9に東急本店前に同じく間借りでオープン。
今度は落ち着いたようなので、
今日、思いついて行ってみた。


やっちょります。
水、木のみ営業、BAR FOXYの間借り。
水木以外は「ケニックカレー」というスパイスカレー屋さんが
同じく間借りしている。

5階までエレベータで上がる。


ちなみに店名は担担担だけど、
開店当初は坦坦坦だった。
ロゴもそれになっていて、
早いとこ訪問して間違いを指摘しようと
考えていたんだけど、
年末に担担担と改名した。

いやはや、なんとも動きが目まぐるしいお店ですこと。

店に入ると、オーダーシートに自分で記入するシステム。


今日はたまたまシートがなくなってしまったとのことで、
サンプルを渡され、口頭注文。

汁なし担々麺1種類で、トッピングが無料で3種選べる。
本日は辛もやしがなく、セロリ、オクラ、高菜という構成。
有料トッピングは納豆、温泉玉子。

普通、辛さ3,痺れ5,
無料トッピングはセロリと高菜、
有料トッピングの納豆、
あとごはんもお願いした。

ひき肉料理には納豆は絶対合うからねえ。。

説明書がある。


店内はさすがにオーセンティックバーですな。
落ち着いた雰囲気。
夜は静かに飲めそうだ。

調理は麺を茹でて盛り付けるのみ。
麺茹で以外はセントラルキッチンだそうだ。

7番目で20分後到着。


いい香りだ。


ここで気がついた。
無料・有料トッピングを頼まないと、
肉味噌以外は何も乗らないってことなのね。
じゃ、もう一つネギを頼むんだったな。。
まー、仕方ない。

納豆はひき割り。
わかってるねい・・


麺をまさぐってみる。


むっちりですな!
いい麺だ。

肉味噌はやや甘めの仕上がり。


四川っぽくはなく、
母の作ったそぼろに さも似たり・・・
これ、美味しい。。。

さ、まぜまぜしまして、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



めっちゃうまいんですけどー。
甘めの肉味噌がやはりいいねえ。
そして全体の味のバランスがナイス。

辛さ3はそれほど辛くはない。
痺れ5も思ったほど痺れない。
青山椒の香りが強かった。

納豆はまず半分だけ入れてみる。



(≧▽≦)!!!


バツグンに合いますぞ!
最初から合っても違和感ないくらいに
合いますぞ。

おっと、忘れるところだった。


ごはんはセルフ。
適当によそい、席に帰ってから


へへ。
これもいいぞと。

2口ほど楽しんでから
器にぶちこんだ。



(最 ̄▽ ̄高)


ひと粒残らず食べきった。
というか、スプーンが止まらなかった。

いやー、料理として美味しいわ、こりゃ。
また来て、今度はトッピングを変えて楽しんでみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


64
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

ユキノマタユキ@三田(粉雪)

訪問日時:2019/03/25 13:05

遠出したのに勘違いで定休日で、
次の店に行ったら今度は臨休を喰らった。
さまよっているうちに田町あたりまで来たので、
3/22に開店した新店に訪問した。


ユキノマタユキ、雪ノ又雪、
どういう意味かよくわからん。
前身は學虎という店だったが、
関連はないとのこと。


これをよーく見ると、
塩らーめんオンリーというのがわかるけど、
かなりわかりにくい商品郡だな。。


「雪華」が基本の塩らーめんで国産豚×国産鶏とある。
その双方のチャーシューが乗るということらしい。
「風花」は国産レモンx国産鶏、「牡丹雪」は国産豚2枚x国産鶏2枚、
「特雪華」は味玉x水餃子x国産豚x国産鶏、
というように具の違いで分けている。

「粉雪」はつけ麺で柚子入り辛つけダレx国産豚x国産鶏、
「特粉雪」は味玉と水餃子が乗る、という具合。

粉雪をチョイスして、席に座る。
L字型カウンター9席。

調味料類は柚子七味、柚子胡椒、
ラー油、酢、醤油、胡椒。

https://lh3.googleusercontent.com/MvyNIKTjjyqP5KzT4ETpV1iMGtUvHBmX8ebCokvUp5K5Cl6VK6Q8ewDSLHudrJTasKNvHliXvVvf-0Q-1YrOgsXMx2arDQAzfhn8aO98IOdDGVVFLY4CnDWNk7Mkx8k6VRha9_BZ1fNPmMsJ5-D8HHUJNQBlhr0Nw0H0o-8QlbNQYrqBrYXWNDdBLzGc_yFI7vPUqZH2DntOfYnr785Gp8jBGKM4_7VYBK6PUbMNNoxVwLovHwrvdK-Oaau8t7z0YoDC06WF8jdb8-kZk6LnkOs3IuWHSljAnFGta8CVSypu_sq8CyqSoIDNGnLDIErkFMuQkdOM6qmvVCaeJlERCRuKB70dDdnhEQ84ZUxdipJ3Vz41qXniI561Cf_mY5pU3eAHZ7pYNHZtYQMPZwNS6L8sTzbINJFYLFFi4_ZCBKnFROyGlAso75lTp96OzJfVIovksAsW_rpsa8ViZtITC3qd4h3w_ER_KFnjbLp6SgSBj2Re9md-LTqG1wtKOb9cYLS3ibhsmCNOz-sqLHDG-2Z8OPV3WzoG-p93pYHrLNMOag53FJ-0AEmwN77IB80T082I7lsAG52EsEKg2URvRsDfc4q83kQATIaYbORCKmrCwdAKAfxEtXUrj9zZ3IagQJ1F2DtiXkBOKvIelAS7dhoQmaSAQkJK=w560-h420-no

柚子七味、柚子胡椒の入れ物は
大変取りにくい。

3分後到着。はや。


細つけ麺、好きなので、粉雪にしたけど、
細麺だから早いね。


鶏・豚チャーシュー、穂先メンマ、白髪ねぎ、
糸唐辛子、茹でみつばが盛り付けられている。

スープは小口切りねぎのみ。


まずは麺だけいってみると、
ニギッとした食感で好きなタイプ。

すぐさまスープにイン!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いいねえ。
鶏ガラ、昆布、煮干し、鰹節を
圧力鍋で煮出したというスープは
十分な旨味がある。

そこへ細麺が合わさり、
大変好みの味わいでござるよ。

豚チャーシューはレアで少し苦手なタイプ。


私はしっかり火の通った豚肉が
美味しいと思うです。

鶏チャーシューはしっとり。


ジューシーで美味しい。

穂先メンマもいい仕込み。


スープはもともと唐辛子が入っていて、
ピリっとするけど、


柚子七味が合うねえ。
あと、柚子胡椒がとてもよく合った。

麺と具ががなくなり、
割りスープ発注。


素のスープはそれだけでも美味しい。

これを注いでゆっくりとスープ割りを楽しんだ。
らーめんに比べると、
スープが飲みやすい器でよかった。

美味しかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


63
感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:41 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

パクチリ@鹿島田(グリーンカレーまぜそば)

訪問日時:2019/03/24 11:45

久しぶりにパクチリにやってきた。
昨年はテレビでも紹介されたらしく、
人気も出てきたようだ。


ガパオサラダ丼、グリーンカレーサラダライス、
イエローカレーなど、少しメニューも増えた。

今日はグリーンカレーまぜそばにした。

店の空気は変わらない、ゆるい感じがいい。


ふむ。
あとはトムヤムラーメン、パクチーまぜそば、
カオソイあたりが課題か。

トマトのフォーも魅力的。


レディはいつでもお得でいいねぇ・・・


追い飯はあとでお腹と相談。


4分後到着。


深いボウルなので、混ぜやすい。
まぜそばには最適の器と思われる。

具はトムヤムまぜそばと一緒で、
肉味噌、ねぎ、揚げねぎ、水菜、刻み海苔、
糸鰹、パクチー、ナッツ、目玉焼き。

中太ストレートの麺は変わらず。

https://lh3.googleusercontent.com/lpK1ORL0g80ndP1V3SX2mfYrexW4LghbJRNV8YK7DkgDfNhy1ZbNrER02NnLgeCkh5jfwZv6lUKerZvN_wpEnDtAFzbcn5RWDmAhWL3JhLJdRTFfvD1SsEUMsBirvbSBmKqUdfsmmFHV9Cld-OpOFp-uO5rhIivb8n7eioxHPFhA_TNu80DcGEDZrWfOQKXjR7Mc_8mKwx-yuS-5slM7OJGfXVPUyALPcIFq8rsgm9RzGlmr07U_-NQMuG8AGLE2rBtBpu_fzrV8-eysz56jTbmpN11eViuZcm3XlvY21V6Gr79uRuHw8OyZJ34idK_Yl9DjmawQukWaLR3v9fb3HaQHhJ_mTrDqPlilic284RmB9uioKwdRUOQMdQGi-z92paRLkVwjhkYVVGbMpQpT0rg-Gi1nBw5zxi15xfJpqN3BzQucpzF38FkJWHuLfoa_edXC-jr4CZ2dgOrL_QKJnnMiFdmsP-JB8uJeddl3XvILQm5wLdDAsnSysHnHbOfm9S64Ci58_q38hS_RhzkAj49oQavJDmi6VEh4CS_7mIf0S6lLpaWuOaT04PO0B_fCYSJeNvszPbKjfthAFtVIxB1rEbC8d154RgJq-C2alaGQXluTORg-20Q_51wK4f5o5eAr44Aby_ZOuX2WOrA3RtOQQPt_1_Xy=w560-h420-no

もっちり麺。

まぜてからがつがつ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


グリーンカレーが実に効果的な商品だ。
香りといい、味わいといい、
これは美味しい。

肉味噌もすばらしい。


ごろっとした大きめのサイズがうれしい。

食べ始めはやや興奮してしまったけど、
そのまま食べ進んでいくと、
グリーンカレー感が薄れてくる。

もっとグリーンカレーを前面に押し出しても
良かったんじゃないかしらん。

調味料は、


ここに書かれているものは
すべて試してみたけど、
どれも相性よし。

楽しく食べ終えたら、
お腹は一杯だったので、
追い飯回避。

さて、新たに掲げられた商品説明を見ると、


すべてが魅力的に見えてくる。
カオマンガイもパッタイも
いつかいただきたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


62
感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:52 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くろずレストラン 壺畑@鹿児島(特製酸辣湯麺)

訪問日時:2019/03/23 13:30

鹿児島で勉強と観光を楽しみ、
どうしても行きたかった、
黒酢の会社、「坂本のくろず」に
帰り際に寄った。

壺が無数に置いてあり、
壺畑と称している。
その様は圧巻。


酢を試してみたけど、
どうしても料理で味わいたくなり、
併設のレストランに入った。
もう昼食は済ませてるんだけど・・・(^^;

こちらは中華料理のお店。
評判も良い。

どうせならと黒酢を使った、
酸辣湯麺をお願いした。


黒酢とは言っても、
一般にイメージされる黒酢とは違って、色は薄い。
そして、しっかりした味と酸味があり、
ツンとした刺激は思ったほどない。

しかしてスープはかなりの美味しさ!


しいたけ、えのき茸、豚肉、溶き卵が
いい具合のとろみ。
ベースのスープの良さもわかる。

麺はしっかりした食感。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


正直、期待していなかったけど、
非常によく出来た酸辣湯麺だ。
丁寧に作った感がよくわかる。

途中で卓上の黒酢を足してみたけど、
まったくもってアリ!
この酢はすばらしい。
どんな料理にも合いそうだ。

こんなデザートにも使われている。


愛玉ゼリーと梅ジュースで割った黒酢ドリンク。
これも美味しかった。

満腹になったけど、
後悔は一切なく、店をあとにして
空港に向かった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


62

感想など。。。
posted by ぼぶ at 09:56 | Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元祖指宿ラーメン 二代目@指宿(勝武士ラーメン)

訪問日時:2019/03/22 11:10

鹿児島2泊の旅。
まずは指宿温泉にて砂蒸し、温泉、食事。
どれも感激した。

翌日は鹿児島の食品と焼き物を勉強したけど、
朝鮮陶工の血縁が今でも鹿児島陶器に
多大に貢献していることを知り、感動した。

とは関係なく、ラーメン食べないと(^^;


選んだのは元祖指宿ラーメン 二代目。
指宿ラーメン、というジャンルがあるのは
正直知らなかった。

指宿は枕崎も近いし、本枯節が名産らしい。


その本枯節を使った「勝武士ラーメン」を
何軒かの店が出している。
その元祖がこちら。


少し先に鹿児島ナンバーワンにもなった
「たけとら」と言う店があり、そちらも興味あったけど、
その親御さんが店主でもある
こちらの店にどうしても惹かれた。

店に入ると、笑顔の店主さんのお出迎え。
席に案内され、お品書きを。


指宿、もう一つのご当地グルメである、
温たまらん丼 もある。

今日は勝武士ラーメン、一択。


注文を済ませると、
大根の漬物が出される。


業者さんが切り分けたのを配達し、
お店で漬けるみたい。
この漬物がかなりの美味しさ。
同じ大根を使って、たけとら でも
漬物があるようだ。


醤油、胡椒、一味唐辛子、酢、おろしニンニク。

4分後到着。


具はチャーシュー、青ねぎ、キクラゲ、わかめ、もやし。

本枯れ節のすばらしい香りですよ。

https://lh3.googleusercontent.com/hsqa8lHnKtGeHR809LbXbO35p-rd6N2zHBC_PmXY90pHu8Wc-vK8Mr4TeoHNdJFNZgCR7CX0DgHOZrtNlai2yIzI9TNVNbxmsaC5TxsJegLnBxv-g7k94ak06lAcvUwqZEp_44QrbH2OcomacKkHDw1fYlaPmvL5L7kA0F-4Xq3GkrWVImg3cSydj77QkX8ONSgA_1BTMJKgkXRxpOk-3E9eS1DX__mUDWMl3DiM2IntROiRdIy-VgpRcIipSy8XtFA40kaxh4F9gHdXPJXKZeEbIrAUkrzPahbc31fFifxfrXiwQElulU2uH3E8nI2h8GMFiLLKydpdGSHAPlfptvUL9i2wAK-slJZdllWzoAlmbRfPGizWfVyCl91V7oFiixxJpsnTQ0R67TwrKHtqiBKS8ce-jMDEfVUDd_LSXt777Et1UM3mqW7pzaCh6ZMoryqolfbvq5fCFRNgKCSsqr4NgV63pzrjDhRbjLs7Znh14wgkX_BJkaCJnvZElEacwsz1M4-VFLmTGNRkCXRAE88IIquVReMgb6BiC8MhtY1fMsscpeWwNqh5VUT8lZoeISpq7l2s5bgtpOlseBpjL_BkQR20npqmLXkXZZg8AaLki404TQv0OeeLTxSdyGacHx79fRKoLdVdmGQwzw9sn8JyfeLtd0zE=w560-h420-no

数秒、香りを楽しんで、
レンゲを差し込む。


うま!

少しだけ濁りのあるスープは
鶏ガラを感ずる。
そこにこれでもかの本枯節。

凡庸に見えた麺をすすると、

https://lh3.googleusercontent.com/769aW5e3t5JzYi-Ov2CLHdzNCLp4YPYPhG4Tfu3YHtzQQyIr25IvHe42XqSkmzAVXZPeSp9H3jjXPo4pQGWF_L_0Fssx7ffbToc98VIQyJ-AvS92FpHhdspanBJbfazAAPbd67F3WuoBBr7_owantCZdTuK5G23yrgnQnIXobRodgHMQ5NuSnCmiNaYOcjDXcwVO0UW2AbE3bWDCIRhN3qz6LkErg76Rkzn20x7itiPFL2dQ2jK6hEvHryfPuMdemD53j4mi6xYMlJkN3G_7heiXYK4FXGN7ZHHwNjk5L9CXM11v9tSx0Kwo7zn5yXdCb4v_QaKl3R4870M2-bNftv79EAWUb9RdA4NfW_PESey9HmdUYppBryxCDJ0XgKWge41Mtf7IPGQnBTD5A0bMn3aRFxl-sN8YkOIdZzm-C5V14PNgILyEW3rIYiofMvLe6kU9InrlZ8PhLDmZxid3FNzL4536AFWhBdcSC33s7xlDJBN45cFOlsiKHFm2A1zG53sN26E_PNKm0k4_NMp79XqfIOdLrW44sIwWUJBc1S5me48aDoHs2nbp2LmOMzvev7herNrCEeXIS3mA9IMDeR66TM-K1XtMcer6N5WPU4gbqaB80sExpqIJ4VSCh0IdIIc2j1Ji_3VARbKWMRo0u5axVXippcC0=w560-h420-no


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


大変失礼しました。
めちゃくちゃ美味しい!

しなやかな麺は
鶏ガラ、節満載のスープとばっちり。

本枯節は存在感がすごい。


香り、味、すばらしい。

鰹節が乗るラーメンは他にもあるけど、
かえって鰹節がじゃまだったりするなか、
これは混在一体となり、
全体を鰹節で染め上げる。

チャーシューは小さいけど、
すばらしく美味しい。


これは温たまらん丼が
がぜん気になる!


勝武士ラーメン、美味しかったー。


指宿、いい街だ。
遠いけど来てよかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


61
感想など。。。
posted by ぼぶ at 09:18 | Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

王龍ラーメン 神田店@淡路町(王龍ラーメン)

訪問日時:2019/03/20 11:30

王龍ラーメンに再チャレンジ。


今日は無事開いていた。

こちらは香川県丸亀からの刺客。
香川で一番になったこともあるらしい。

なんでも、キムチに合うラーメン、
がコンセプトとか。。

相方と待ち合わせ、
店内潜入。


タッチパネルの券売機で、
私は王龍ラーメン、氏は讃岐中華そばをそれぞれ購入。

厨房に面した直線カウンターが7〜8席ほど、
奥には壁に面したコの字型カウンターが11席ほど。

昼と夜では提供メニューが微妙に異なるようだ。


調味料類は
お店のコンセプトの一つでもあるキムチ、
胡椒、ごま、おろしニンニク、七味唐辛子、醤油。


キムチは美味しそうだ。


小皿もないので、
先に取って食べる用ではないのね。

二人でいろいろと話していたら、
キュートは女子スタッフが
それぞれに200円くれた。
聞けば、一昨日のおわびだそうで。
そんな、、、、いいですのに。。。

8分後到着。


具はチャーシュー、キャベツ、もやし。


カツオ、こんぶ、干し椎茸、
豚骨、豚足、豚頭、鶏骨、背脂、
魚介エキス、8種類の野菜などでとったスープは、、


第一印象・・・甘い!
のどがヒリつくような甘さ。

全体的に何かが突出しているでもなく、
複雑なお味のスープですな。

麺は中細縮れ。


普通の麺。
美味しい。

甘いのでキムチ投下。


グッと変わるよ!!
かなり辛いけど、
これは最初から入れてもいいくらい。

キムチはとても美味しい。


炙りを入れたチャーシュー。


美味しい。


氏の讃岐中華そば。


器は違うんだね。


こちらはレンゲが付いている。
なんで?


鶏ガラとニンニクが目立つでしょうか。

麺は同じ。


屋台でいただくようなお味。
飲んだあとによさげ。

店の空気は一生懸命さを感じ、
応援したくなる。
がんばってください。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



60


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

中華ソバ ちゃるめ@糀谷(まぜそば)

訪問日時:2019/03/19 11:55

中華ソバ ちゃるめ、
本日からまぜそば開始。
とのツイッターを見てしまった。

ので行ってきた。

https://lh3.googleusercontent.com/zs1YUsOJ1e2rblDmZ49QaQo9UoUiYO3rFbkAdXpeI17iVc4_ZcMpxkdpi3DXFc1TssYLq_3XsCuOzeU92f4eQP02t-iLlxUfB3WRR7DRbF4VTt1Ht6Ztah33Ma1kXdH_F2qIPTM__8bUHApUY1qJpWTes3XvOOvd8EhobRvDIl6DlgqHI9lQ4qqS3GzlpmPa_RecstcSfXKFRGHtz_A-w_YX-sDdDe7GfSI6YBn0DGFBCTzNLwDifxIlAh_aBe9lCCEOnJwDlj2t2vK2YkQHjQvmh3KyzTEE4Ki41XkaLLHiCtWkW5-LwOao9MIr0WTGZcIHddLBSoPh9NjjdtQJ5hKCv5ohIlpy3yQqBg7O9Jo5NWDv3rnSNG4ryqLUbTBWLTzaLo3StKBd5C-Rbj96TILkA-KwMNgUUoEQIuBljXsQqbKj5Raw44IqEas6uKn3ZrpVvbMVAVXUktUXT267gvNzlJ5WM4XAhbi6JWV31D61xv-SqC52Ym4ZuKbM4ZUaqU4zg3xlcCQD-TJFGsaC9ZkKKiaLPZF2Tix2JbxExNVAcEadZeoK35NUSZWalyjKzjuXqF4rSDrNBDTm4CVSFfFMZhdPPIY2SoSrDC60Fkgh9ZrF1VtF9qyCcPYAEhwm3Col0FOvRJiVGacOP2DYlOBqZQnKnGFA=w560-h420-no

チケットを渡して、
綾瀬はるか似の美人スタッフさんの前に座る。

店はまずまず流行っている。
あの味なら当然と言えば当然。
女子が多いのが印象的。

5番目で8分後到着。


岩瀬店主曰く、

「直球勝負」

のビジュアルは具が豊富でいいね。


チャーシュー2種、メンマ、小松菜?、ねぎ、揚げネギ、卵黄が
麺を隠すように盛りつけられている。

底の方には良い量のタレと油。


まずは混ぜずにメンマと共にひと口、
チャーシューと共にひと口。
揚げネギと共にひと口。

それぞれいいねえ。

まぜまぜーのずるっと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺が美味しい。
タレは醤油の中華ソバと同じで、
やや醤油の角を感ずる。

もっと良く混ぜた方がいいかもしれないけど、
せっかちな私にはできない。

チャーシューは豚と鶏のダイス型。


特にこの切り方の鶏が気に入った。

メンマはまぜそばのためにあるかのような味わい。


酢とラー油がほしいところだけど、
黒胡椒でお化粧を。


王道の相性。
美味しくなる。

ただ、
ちょっと容器の穴が小さいので出にくいよ。
これでも30回くらい降った・・・

麺と具がなくなると、いい具合の残渣があるので、
ライス割りには適していると思われる。

スープ割りもいいだろうなあ。
50円くらいで小さなスープがあると嬉しいかも。


引き続きがんばってください!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


59
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

かつぎや@小川町(カレー担々麺)

訪問日時:2019/03/18 12:17

本日オープンのお店に来てみたけど、
開店のめどがたたない、というので、
近場のかつぎやに行くことにした。

新たな限定、カレー担々麺を推されてもいたし。
昨年12月に神田神保町から移転している。


大通りの一本裏手で、
出身の希須林に似た環境になったね。


メニュー構成は変わってない。
ブレてないのは素晴らしいことだ。

店に入ると、女子四人が座って待っていた。
店内見渡すと女子率の高いこと。。。

券売機を眺め、



カレー担々麺辛さ2を購入した。

店内、広くなった。
5+5のカウンター席に4人卓☓3。

卓上にはラー油、花椒、酢。


価格は少し値上がっている。


夜呑みも楽しそう。


目の前では すばらしい手際の作業。
10番目くらいで、15分後到着。


器は移転前と一緒。

具は炒め野菜が乗っている担々麺とは違って、
笹打ちした長ネギ、水菜、肉味噌。


スープはカレーのいい風味。


辛さ2とは言っても普通に辛い。

中太縮れ麺をすすりあげると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


カレー担々麺、というジャンルは
確率はされていないけど、
これは模範とも言える味わい。

ゴマ風味もほどよく効いているし、
これは美味しい。

肉味噌もかなりのもの。


ウマウマと食べ進めて、
花椒を入れるのを忘れそうになった。


カレーと花椒の香りは喧嘩するね。
でも、一生懸命、両方をかぎわけ、
味わいわけた(^^;

最後は穴あきレンゲで具を全部胃に納めたよ。
なお、食べログによると、カレー担々麺は
GWまでの限定とか。

かつぎや、
この界隈での担々麺専門店としての地位は
不動のものと感じて、店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



57
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします