2017年10月19日

一風堂 五反田東口店@五反田(ソースとんこつラーメン 283/'17)

訪問日時:2017/10/18 11:39

ラーメンの味のベースは、
醤油、塩、味噌が主。
あとはカレーなど知られたところ。
でも、ソースは船橋の一部にソースラーメンがあるくらいで
一般的ではない。

そんなソース味のラーメンが
一風堂から限定で発売された。
ソース好きとしては黙っていられないところだ。



しかし「大発明」とはね。。
確かに豚骨スープにソースを合わせたのは
発明と言えるかもしれない。

店に入るとまだ人はまばら
(退店するときは待ち発生中)。

ソースとんこつラーメンは
グランドメニューの中にあったので注文。


麺は固めでお願いした。
ごはんセットを頼んだら、
ランチセットAの方がお得だと言うので、


素直にそうした。
別に餃子はいらなかったけど。。。

いつものようにホットもやしをつまんで待とうと、


取り皿に蓋がしてある。
いいね〜。
こういう清潔感、好き。


2分後餃子とライス到着。


酢と胡椒でいただくか、、、


ここで本体がきた。


卓がいっぱいだ。
忙しいな。。。


そして、出ました、
一風堂限定埋没系。
想定内ですよ。

色味的には豚骨醤油か味噌ラーメン。

箸も特別仕様。



揚げ玉もついてくる。


入れ放題、うれしい。

この写真を撮っている間にも
いつもとは違うソースの香りが上がってくる。
アセアセ・・・

では、スープを、、



うは、
ソース!!
しかし、うまい!!
ソースの酸味がうまいこと豚骨とマッチしている。

麺は馴染みの細麺。





ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ああ、こりゃいいわ!
麺との相性が心配だったけど、
杞憂だった。
充分にソースを引っ張ってくるし、
慣れた食感で満足。

具はチャーシュー、青ねぎという豚骨ラーメンの王道に加えて、
温玉、キャベツ、玉ねぎ、紅生姜という
お好み焼き装備。

これらに加えて
さらに揚げ玉を添えると
確かにお好み焼き風味。



いやいや、これはおもしろい。

でも、温玉はこうした方がいいでしょ。


チャーシューは普通。



麺がなくなると、
細かな具が大量に残る。
そのままいただいてもおいしいけど、



こうだね。

で、さらに、



揚げ玉をちらして、
ラーメンダレをちょいがけして、
オリジナルソース丼。

これがバカウマ。
なんと楽しいひとときか。

ソーライスも楽しめる ♬


もっとソースラーメンが広まればいいのに。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:49 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

戸塚カントリークラブ@戸塚(味噌ラーメン 282/'17)

訪問日時:2017/10/17

ずっと雨続きだ。
今日は小雨そぼ降る中、おつき合いゴルフ。
午後には雨もやんで、気持ちいい気候だった。

ランチは味噌ラーメンにしてみた。


これが大ヒット!

スープは昔の味噌ラーメン風情。


学生のころを思い出す。
味噌ダレのブレンドがよろしいと思うデス。


麺はしゃっきりとした食感でこれもナイス。
黄色い麺でなくても満足。

チャーシューも美味しい。


仕事の話をしながらの食事だったけど、
ほぼ完食しちまった。

ここは何をいただいても美味しい。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:21 | Comment(0) | ゴルフ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋@銀座(麻婆麺 281/'17)

訪問日時:2017/10/16 11:30

10/11にオープンしたSHIBIRE NOODLE 蝋燭屋。
いつもの相方と予定を合わせて行ってきた。


銀座は金春通り、すずらん通りから続く、
ガス灯通り沿い。
銀座の一等地にすごいね。

麻婆麺、酸辣湯麺、担々麺、汁なし担々麺の4本柱。


英語表記も抜かりない。


一番客で店に入ると
右側に券売機。


この4本柱すべて気になるから困ったものだ。
今日のところは私は麻婆麺、しらけん氏は汁無し担々麺をチョイスした。

席は背中合わせのカウンターが
5席+10席ほど。
一番奥に着座。

チケットを渡すときに麻婆麺の辛さを聞かれる。
普通でお願いした。


ライスサービスとのことで
もちろんいただきます。

卓上には説明書きがある。


こだわりは相当なもんだ。

調味料類は、ぶどう山椒オイル、唐辛子、ブレンド酢。


それぞれの使い方もある。


商品もコンセプトも
すべて非常にわかりやすい。
こういうのって大事だ。

6分後到着。


ほほ、汁無しではないのね。


下に沈むスープも鶏ガラ風味でおいしいよ。


早速いっちゃいましょ。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



辛さ、痺れは心地よいレベル。
甘さもある麻婆豆腐は好きな味わいだ。

麺は中太のモチモチ麺。
麺量は150g。

豆腐はフルフルでおいしい。


唐辛子を試してみる。


あはー、香りがいいね!
ラー油を作る過程の副産物だそうだけど、
ラー油はこの香りなんだ、とわかる。
いい香りだ。

そして、ぶどう山椒オイルが傑作だね。
和山椒の香りがすばらしい。
これ売ってくれないかな。。。

麺が終わると麻婆ライスに。


麺もライスにも最高の相性を見せる。

山椒オイルも足したよ。


いや、ほんとにこれほしい。。。


汁無し担々麺。


肉味噌が多いな、と第一印象。
タレがいい色だな、と第二印象。


これまた


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


痺れが心地よく、辛さのパンチもいい感じ。
肉味噌とタレの味が実に絶妙のバランス。
胡麻風味も嫌味でない。
これは激しく好み。

わずかの差でこちらの方が好きかな。

あと、ブレンド酢が双方によく合った。
黒酢がベースになっていて、酸味も風味もよかった。


肉味噌とパクチーを少しもらって、
麻婆ライスの端っこに乗せて見た。


最高。

これは良い店ができた。
でも、飲む店ではないし、
22時閉店なのでアフターでは使えないし、
やはり昼が中心になってしまうかな。

酸辣湯麺も担々麺もいずれいただきに来よう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:27 | Comment(2) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港飯店0410@西武新宿(チャジャン麺,焼きちゃんぽん 279,280/'17)

訪問日時:2017/10/15 12:20

時折欲する韓国系中華料理屋のジャージャー麺
韓国ドラマを見ていると、庶民の食べ物として
よく登場する。

歌舞伎町 職安通りの韓国スーパーに嫁と買い物のついでに
昨年11月にオープした韓国中華に立ち寄った。


嫁によると、このおじさんは
ドラマにも登場したことがあるらしい。。


チャジャン麺と焼きちゃんぽんをお願いした。

お冷とコップがでてきた。
自分で注ぐ方式。


卓上調味料類は、醤油、酢、唐辛子。


韓国中華では定番の生玉ねぎとタクワン。


タクワンは甜麺醤に玉ねぎは酢をかけていただく。

店は昼時とあってか、
かなり繁盛している。
日本語と韓国語は半々というところ。

到着。


これまでいただいたのに比べると綺麗。
だいたい麺が隠れて真っ黒な見た目が多いからね。

そして、具が多い印象。
豚肉、玉ねぎがたくさん入る甘辛味噌。
いいね〜


おいしい!
もっちりした麺がナイス。
手打ちではないようだけど、
よく合っている。

全体的に少し水っぽいかな。
野菜が多いせいか、それからの水分がでてるので、
後半はややボケてしまう印象。

焼きちゃんぽん。


嫁はダイエット中で、少しでいいと言うので、
私がほぼ食べるはめに。。。

そして、このちゃんぽんの美味しいこと!


麺は同じ。
オイスターソースがたっぷり使われて
えび、イカ、野菜がふんだんに入っていて、
かなり気に入った。

2つ食べることになったけど、
難なく食べきった。。。

おいしかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:25 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

むらもと@大岡山(ラーメン 278/'17)

訪問日時:2017/10/14 11:20

午前中に所要を済ませ、
帰社する前にどこへ行くか悩んだ末に
かなり久しぶりとなるむらもとを選んだ。


9年ぶりだ。
忘れているわけではなく、常に頭にはある。
大岡山のオススメを聞かれると、
一番に名前を出す店。

そもそもは、持帰りの寿司屋を営んでいた店主が
独学でオープンさせた永福町インスパイアなお店。
それが昭和58年。
平成15年に現在の場所に移転しているけど、
すでに創業約35年の月日が流れている。

入り口脇の給水器で水を汲んで席につく。


つけ麺もすっかり定着。


ラーメン少なめ、煮玉子トッピングを注文した。

銀盆に乗る、懐かしのスタイルで到着。



あれ。
スープはもう少し清湯だったような。。


ほお。
かなり変わったね。
永福町リスペクトの清湯煮干し系だったのが、
やや茶濁して節系が濃く入っている。

煮干しよりも鰹節が強く利いて、
少し違和感を感じたけど、
これはこれでかなりおいしい。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


多くの人を呼び寄せる魅力は
些かも色あせない。

チャーシューはより柔らかく、


メンマはより色濃くおいしい。


煮玉子は中まで熱々の固茹で。


おでんの玉子のようだ。


その後、スープまでほぼ完食した。
おいしかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:39 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

ラーメン 津志@吉祥寺(魚介味噌つけ麺 277/'17)

訪問日時:2017/10/13

9月21日にオープンしたお店、津志。
複数の味噌の名店での就業経験がある、とか、
ニューヨーク店も同時にオープン、とか、
オーナーさん中国の天津出身、とか、
何かと情報が賑やかなれど、
その味噌ラーメンは本物、と思っていた。

ただ、当初は未発売だった、
魚介味噌つけ麺 に直感的に惹かれ、
そのリリースを待っていた次第。


店は奥まってるのね。

https://lh3.googleusercontent.com/3p_QKd05kjOG-d4hP1ia8_ybq1f_GgU8pgWZNSlj-_3CvhiHfFeqVYSml-yQ5W3mQ3CWmbGqLWYQfrIIVkcAi-uqiYLJqxWxHnaBKzyPuuwzsjxhEURPbzoLEdRRLhTuh1EhYzrA29E1ummiV6JJKnSzdqyYBetdY34j4V35BwI0Tcg34Tk8bqNI-I15tkxqYw5HY8Q4wgPOtYDPcbMuPPlChquVU7L60atuFfcXen0n-p7cjXpyN7WMIeyL8LcD_umA2iklCIwXeqCabY3R8Eeytaa35VUMfyzUS1x-wSIHA-sXRs65LQCOYaqjKuWgjsVDKyc8UNTqsSUHydhAqVe7KyJZOXnpYGzSb8IGn8cIkt0o5ca4vm6Mfg4kMv4rsLJkgGB-TxWzifJ6jYO-NUgflH59UyWn8xkRAQ_41Hj5sQhTn407WlDa7hgcr3qHHkkv3gfMKg5ItaQ86OHNxdUE5yxBZLsk43ZTu3VvmC_aKJwYtcIgKV5ikLslT6IXUMJh7y8Vu4I_UbVzWSZATFzGKHQswKGHMynbgZO7bh4fsfQMmb8adZKQPc6XZEpRlSKhBA5EEZaY3BM6Jx6BaNhKyT2bm6rXag6xVS_XcNg=w560-h420-no

ドアを開けると、感じの良いお出迎え。

券売機で予定通り魚介味噌つけ麺を購入した。


店内はレトロなしつらえで、落ち着く。
厨房向きのカウンター6席、
壁向きのカウンター7席、
4人卓×1。

改めてお品書き。


味噌オンリーなんだけど、
なんか、全て魅力的に思える。

裏にはいろいろこだわり。


調味料類は、塩胡椒(両方入っている)、酢、ラー油。


5分後到着。


ああ、早く食べたい。


きれいな麺だ。


そのままいってみると
もちもちの程よい弾力がある。
香りもある良い麺だ。

スープはどろっとしている。
薄切りのチャーシュー、拍子木切りのチャーシュー、
メンマ、ねぎ、水菜が具として入っている。


では、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


思った通りの味わいだけど、
美味しさは想像をはるかに超える!

味噌風味はそれほど強くなく、
魚介系の心地よい香りがたまりませんな。

甘さもあり、実にバランスがいい。

塩分濃度もバッチリだし、
麺に絡むスープの量も計算されているかのような、
そんなパーフェクトなつけ麺。

チャーシューは両方共おいしい。


メンマもすごくいい。


麺は多いのかな、と思ったら、
結構な上げ底。
麺量は220gくらいか。。

塩胡椒が合う。


麺と具は一気に食べつくすと、
スープはあまり残らなかったけど、
スープ割りはしてもらった。


これまたうまい。
めっちゃうまい。

デフォルトの味噌ラーメンも気になるけど、
同じものをもう一度食べてもいいな。
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:04 | Comment(0) | 東京都下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

火風鼎@白河(チャーシューメン 276/'17)

訪問日時:2017/10/12 12;25

白河に重要な仕事あり。
帰りはご褒美代わりに火風鼎へ。

今日も混んでます。
皆さん、楽しそうに仕事してます。

店主小白井御大将の
寡黙な仕事ぶりがカッコいいのよね。


今日はチャーシューメン メンマ増し。


スープを、すすす。


キリッと男前の白河ラーメン。


このボコボコ麺が合うスープは
これしかないだろう、というような完成形。

チャーシューはホントに恐れ入る。


固いもも肉が食べやすい固さだし、
味がいいし、何と言っても薫香がすばらしい。

メンマも逸品だ。


ここでは何を頼んでも
メンマ増しした方がいいかもね。

心からごちそうさまででした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:35 | Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tonari 牡蠣・拉麺・炭火焼@神泉(醤油ポルチーニ鶏そば,辛味牛バラきのこそば 274,275/'17)

訪問日時:2017/10/11 19:30

久々にどうしてもtonariに行きたくなって
知り合いを誘って突入してきた。


しかし、すごいね。
外人さんも複数来ていて、
青木店主はペラペラとあしらっている。

お通しの牡蠣のスープと
鶏と牡蠣の燻製。


せっかくなので、牡蠣もいただきましょう。


松島、浦村、厚岸。
特に厚岸がいいね。

蒸鶏とパクチーのサラダ。


パクチーを頬張ってたら、
レモンサワーがほしくなった。


これはレモン酒サワー。
自家製レモン酒のソーダ割り。
うまし!

鶏もも串。


ふわふわ。
旨味が濃い。

厚切り牛タン串。


これ、初めていただいたけど、
絶品だね。
切れやすいように入れた包丁が
抜群だ。

ラムチョップ炭火焼き。


これまた最高。

肉詰めマッシュルーム ラクレットチーズがけ。


ここでは必須です。
ほんとにおいしい。

ワインいきます。


閑話休題。
青木店主のお父上は屋久島の陶芸家だそうで。


釉薬を使わない焼物専門なのだそうだ。
クラッシュに似ているけど、味がある色合いだ。

牛タンハンバーグ。


合挽きの牛を牛タンでまかなっている。
歯ごたえが楽しい。

そして、〆は秋限定の
醤油ポルチーニ鶏そば ハーフ。


キリッとシャープな味わいなれど、
鶏はしっかりと感じることができる。
そして、その美味しさを引き立てるポルチーニが何とも。。。


しゃっきり麺が合いまくり。


鶏もうまい。


新作の辛味牛バラきのこそば。


この手の辛いの作らせたら、
この人は天才的なバランスを生み出す。
かなり辛くしてもらったけど、
全体のバランスは崩れない。

うまいわ〜〜〜

今日も楽しく満足。
ごちそうさまでした!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:14 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸八中華そば店@大井町(中華そば 273/'17)

訪問日時:2017/10/11 11:30

丸八のラーメンは懐かしかった。
今日は中華そば狙いでやってきた。
コメントでお勧めもされていたのもある。


器はラーメンとは別。
ビジュアルも美しい。


スープを、すすす、、、


あは。
うまい。

滋養分が濃い、という第一印象の風味で、
丸角の四角形 みたいな醤油の利かせ方が絶妙。
昔懐かしのタイプではない。

麺は情報通りの細縮れ麺。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ああ、しみじみとおいしい。
昔懐かしのタイプではないけど、
ネオでもないような。

このチャーシューはホントにいいね。


この周りの黒い色合いが好みだ。
そして、適度な弾力がナイス。

大量のメンマもおいしい。


満足して食べ終えたけど、
欲を言えば、小松菜の苦味というか、
癖が強いので、それがスープの邪魔をしているところもある。
もう少し少なくてもいいかも。

私はやはり、こちらではラーメンの方が好きだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:52 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

本家 第一旭@大つけ麺博感謝祭(京風とんこつ醤油ラーメン 272/'17)

訪問日時:2017/10/12:00

焔のつけ麺を満喫したあとは、
一目散に第一旭へ。


これまた私が大好きなお店。
京都に行けばほぼ必ず寄る。

京都の大将、来てるんだね。
よくぞいらしていただきました。

こちらの並びは7人。
10分ほどかかってゲット。


九条ネギトッピング。

スープは紛うことなくあれだ。


おめざ でいただくあの味。
豚清湯の走り、と言ってもいいのではないか。

麺ずるずる、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これこれ。
第一旭だ。
それ以上の説明が浮かばない。

豚も寸分たがわない。


一枚だけと、当然少ないので、
豚マシすればよかったな。。

これまたあっという間に食べ終え、
会場をあとにした。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:08 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします