2018年12月11日

らーめん えにし@戸越銀座(みそらーめん)

訪問日時:2018/12/11 11:06

近場でのランチ会合があるんだけど、
その前に腹ごしらえ(^^;


12月のお知らせを一瞥し、


階段を上がると、角田店主の前掛けが。


ってことは今日は、、、
ドアを開けるとおのっちの姿。
お久しぶりです。

券売機でみそらーめんを購入し、
席についた。
今年もえにしの味噌がいただける 🎶

主メニューのほかのメニューは
少し変わっている。


のみものも。


ごあんないもあった。


先客4名に配膳のあと、
9分後到着。


具はチャーシュー2種、メンマ、水菜、
紫玉ねぎ、ねぎ、トマト、煎り米。

スープはこれぞえにしの味噌ラーメン。

https://lh3.googleusercontent.com/ioIIzDhBzgJKJ0GhcZ7WagcgvZ8NGx3yYENfxBhgz4IbCqRCnhO-npdwt2gdaEUZEimUAOR4w1JVL1ERDqdgCfIuBDu27ohCkEBoSLcWi0BnYXRdE68K70ElRjGzgxEQ1x1yJ47zdBE2zR9Z_Q-SBfY0jUQx1HjjfU9cMZMPwuMgtlqamJcbOtB6Wtnlx58qy8sK8uBuWjZXTK8n9vpyqHGqgXcAVqqj_eGPJaOaEWGvvvpS2IAqOEYSQypDXL0343uH2Hm4kw2-yJUiYIqRMkbcHX52V7REJEgAtsg_9yjnvxc72CCzfWeBSTleTWDlg7AWHZjFHUXhePwZNrutL8l-Q0b8wtpvupp5TsqgYAtrsgul-cPmnGu3wIOhnp5ZnmODeEmUTsSJMtqo9gZCsNKtWDNDXwPUYQrAA38Xps8dXWW43DlJP3Usd4-EfXhkbTXozI7PaXpRQ80eaB6hhdQPik2ztfPrjTbIsM3N5_HDqtV4-ECXu82ZFaBdTt8X4MKN92XDdkXqrs46mm8JCTzZNcshNJ4R5d_vNh4X0MYMndBz9r5rW-7VYZekW4jEp7sJi0E34iE8Elw5EZ62HilNEfLs19MuSfUO4g7hGghsj0z76mrG3GdJFwYx2ooko3ZUBQU_-4c-Y1vhsLTKmWG_FA=w560-h420-no

品の良い甘み、味噌の優しい風味。
トマトの酸味も手伝って、
味噌味噌していないのがいいのだよ。

ガーリックもほのかに香り、
全体に厚みを持たせている。

さあ、麺をずるるよ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


つけそばと同じ麺かな?
平たい麺で口触りがすこぶるいいね。

スープを適度に引っ張ってくる。
つるつるもちもち。

チャーシューはもも肉と


バラ肉。


いつも思うけど、
ホントにうまい・・・
バラ肉の柔らかさがたまらないし、
もも肉の香りもすばらしいんだよなあ。

安定のメンマ。


うまし。

煎り米が香ばしさに一役かっている。


美味しかった!

でも、おのっち曰く、
角田店主はいまいち納得がいっていないらしい。
味のチューンナップがあるかもね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:01 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

真鯛らぁめん まちかど@駒沢大学(真鯛らぁめんサルサ風)

訪問日時:2018/12/10 12:13

駒沢の真鯛らぁめんまちかどは
未だにその美味しさをよく覚えている。
その後徐々にご発展なのは喜ばしい限り。

荒木店主にはそのときは名乗っていなかったけど、
すでに正体が割れて、Twitterでのメッセージも
いただくようになった。

最近ではサルサを使った新たな真鯛らぁめんを
期間限定でリリースしたので、
是非いらしてほいいと。

行く機会をうかがっていたけど、
今日しかないので、急いで行ってきた。


新メニュー、サルサ風、あるね。
これの前はポルチーニ風味のやつが出されていたけど、
それはついぞ、来られなかった・・・

中に入って荒木店主と改めてご挨拶。

新たな壁メニューも拝見しつつ、


真鯛らぁめんサルサ風と
鯛のばってら、をお願いした。

自家製ホットオイルとごまは変わらずにある。


このオリーブの実入りホットオイルは
別格の美味しさなんだよ。
瓶に詰めて売ってほしいと言う方がいらっしゃるそうだけど、
私もマジでそう思います(^^;

7分後到着。


具はデフォルトにサルサソースが乗せられたもの。
イタリアンパセリが何かのスプラウトに変わってるね。


スープは全く変わらぬ
極上鯛白湯。


臭みではない鯛の香りがホントにすばらしい。
ねっとりとした旨味をいつまでも味わっていたい感じだ。

サルサを絡めて、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


見事にサルサが融合している。
鯛の癖が少しサルサによって打ち消されているけど、
新たな美味しさを演出している。

鯛の切り身もめっちゃうまい。


本当に総合力で素晴らしい商品だと思う。

自家製ホットオイルもやはりすごいな。



このオリーブがバカみたいにおいしい。
心から商品化を望みます。。。

鯛のばってら。


あは。
ばってら 
と言うと干からびたような切り身のイメージだけど、
これはばってらとしては旨すぎ!!!

ホットオイルの力も借りてみるかね。


キャッホー!
うまいぞ〜〜!!

スープをお供に楽しんでいたけど、
今日も自然にスープまで完食となった。


さて、真鯛らぁめんまちかどさんは
来年1/9に恵比寿に間借り店として移転する。
未食のオマールのらぁめんはそちらで
いただくことにしよう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

燻製麺 燻@百合ヶ丘(特製醤油らーめん)

訪問日時:2018/12/09 11:55

何やら燻製の良い香りを
クンクンと嗅ぎ取って百合ヶ丘まで・・・


10/10にオープンした燻製麺 燻(くんせいめんいぶし)。
燻製がテーマのお店らしい。
前身はトラットリア。

中に入ると券売機がある。


醬油と鶏白湯の2種類のスープ。
デフォルトではチャーシューはなし。
豚肩ロースと鶏胸肉チャーシューがあり、
双方100gが150円、50gが100円、
合盛りが300円。

チャーシューなしのデフォルト800円は
エクスペンシブですな。。

燻製特製醬油らーめん1100円を購入し、
10席だったかな?
直線カウンターの真ん中に腰掛ける。
先客はなし。

チケットを渡すと、
麺の種類を聞かれた。


いろいろこだわりがあるようだ。
これらの麺によってはかなり印象が
変わるかもなあ。
多加水手もみ麺をチョイスした。

卓上調味料は、白黒ミックス胡椒、金ごま、
ラー油、熟成赤酢。
赤酢なんて何に使えばいいのかしらん。


その向こう側には説明。


前段の麺に関しては、
優柔不断な店主さんが麺を作っていく中で感じた
麺選びの楽しさを楽しんでもらいたく
4種類になったと。
替え玉もあるので、数種類楽しむこともできるね。
麺は菅野製麺に特注。

店主さん、前職は和食らしいけど、
麺作りもやってみたのかな?

また、燻製しているのは
牡蠣出汁、鯵煮干、鯖節などで調製した
かえしだけのようだ。
麺に燻製かけている、との情報もあったけど。
※実際かけているそうです。

4分後到着。


ん?
チャーシューは豚だけなのか。。。
その他は穂先メンマ3本、九条ネギ、青梗菜、味玉。


味玉150円、100gチャーシュー150円なので、
デフォルトにそのままプラスしただけだ。

私見なれど、特製感があまりないな・・・
ここは合盛りチャーシューでくるべきでは・・・

さて、スープはと、


たっぷりのベジブロスを使っている、
とあるけど、確かに野菜の甘みを感ずる。
鶏の旨味が下支えになっているけど、
あまりないタイプの清湯醬油スープだな。

燻香はそれほど強くない。
店名からすると少し肩透かしかなー。

多加水手もみ麺をずるっと、


うまいね!
燻製香はこの時点でも強くはなく、
そこはかとなく香ってくる。

燻製が苦手な人でも
これならいけるのではないでしょか。

鶏油にネギと鯖節を加えて作られた香油も
いい役目かと。

チャーシュー、でか!


レア感が苦手な店主さんが、
じっくりと低温で調理したようだ。

その通りに美味しい。
美味しいけど、この商品にはマッチしていないように思う。

味が薄く、繊細なスープに
合わせるということかもしれないけど、
それだったら、もう少し薄くor小さく切って、
乗せた方が豚の美味しさが生きると思う。

ここまで厚いチャーシューなら、
もう少し味を付けた方が楽しめると思われ。。

穂先メンマ美味しい!


このラーメンは胡椒が合う。


燻製の香りにマッチしている。

味玉は鳳凰卵、と銘打っているだけあって、
味が濃くていいねえ。



麺と具がなくなっても、
レンゲが止まらず、
器を持って完食。

朝7時からの通し営業なので、
今度はこちら方面にゴルフがあったら、
朝ラーしてみようと思いながら店をあとにした。
※2018/12/20現在朝営業は土日祝のみ


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:02 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

カリーつけ麺 モンタナ@吉祥寺(モンタナカリープレート)

訪問日時:2018/12/08 12:10

吉祥寺のモンタナ。
提供するカレー屋さんだったけど、
今年の4月からカリーつけ麺専門店として、
リニューアルした。


前はなかった暖簾がかかっている。

あのとき心からいただきたいと思った
ドライカリーがプラスされた、
モンタナカリープレートが9月にリリースされた。
今日はそれをいただきたくて、
頭がそれでいっぱいになってしまった。

店に着くとすんでの差で、外待ち3人目。
品書きを見て待つさ。


中華そば、どんなんかな〜

向かいのこの家、まだあるんだねえ。


見事なイチョウの紅葉ではないですか。

10分後店内へと案内された。


マトリョーシカは調味料入れかと思ったら、
カウンターを彩る飾りだった。
クリスマス仕様ってことね。

予定通りカリープレートを注文した。

辛さの表が貼ってある。


辛さエフェクトは全て料金内。
4のフランジャーでお願いしてみた。

ちなみに以前のカレーは
系列店のカフェ・ドゥ・リエーヴル うさぎ館で、
いただくことができる。
井の頭公園の中にあるカフェもこちらの系列らしい。

到着。


うひは、これこれ。

カリーつけ麺、ドライカレー、サラダ、
福神漬、梅大根が一皿に。
豪勢なプレートです。

この麺。


ん?
全粒粉入りみたいね。
で、これ、いい麺だよ。
プリプリのもちもちで
香りもナイス。

早速絶品カレーにどっぷりと。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


旨味とコクと辛さのせめぎ合い。
やはりこちらのカリーつけ麺は
私にとって最高峰だ。
魔女のカレーと双璧。

辛さエフェクト4はかなりの辛さ。
カレーとしては私にちょうどいい感じ。
徐々にじわじわと汗ばんでくる。

スープの中の豚肉、うま。


ローストポークも最高。


麺は180gくらいかな。
つけ麺としては少なめなので、
余裕をもって、ドライカリーへ。


で。こいつがばかみたいに美味しい!!!
しっとりした食感が上品でなんとも
うなってしまう。

店長おすすめはカリーをこれに
かけることだと言うけど、


こうした方が
一体感があってよろしいと思ったです。

スープは割ることも必要なく、
そのまま飲み干したよ。


かなり満足して店をあとにした。
次回は追い肉、野菜大盛り、チーズを
トッピングしてつけ麺を楽しみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:36 | Comment(0) | 東京都下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

鶏白湯らーめん せい家@矢板(鶏白湯らーめん)

訪問日時:2018/12/07 11:30

矢板の鶏白湯の新店に行ってみた。


11/6オープン、鶏白湯らーめんせい家。
開店直後だけど、中が暗いし、
やってるかどうかわからんかったけど、
「営業中」の看板を見て突入。

こちらは「らーめん白ひげ」→「キッチンサンジ」
と変わってきた場所。
経営は同じらしい。

カウンターとテーブルがあるけど、
窓側の4人卓に陣取った。


いろいろ迷う構成だなー。
考えた末に、鶏白湯らーめんと
そぼろ丼をお願いした。

厨房にはご夫婦?
愛想はあまり良ろしくない。
注文をとりにきてくれたお母様?
はとても感じ良い。

卓上調味料はなし。

5分後到着。


チャーシュー、穂先メンマ、水菜、キクラゲが乗る。


どうもパワーを感じられない見た目。。

スープは癖のない鶏白湯。


少しの生姜とガーリックが香る。

麺は細ストレート。


しこしこ食感で、
過不足ないお味。

チャーシュー、うま!


柔らかく煮こまれて、
味付けがいいね。

穂先メンマもいいやつだ。


こんなラー油を持ってきてくれたので、


ぶちまけてみる。


旨味の濃いラー油だな。
目先が変わって面白い。

そぼろ丼。


醤油でなく、味噌で味付けられている。
どっしりしたそぼろ丼だった。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

フードバー ルーチェ@船堀(ロースト牛ラーメン)

訪問日時:2018/12/06 12:05

異業種が提供するラーメンには
異常に反応してしまう性格。

船堀のフードバーで牛骨ラーメン、
と聞いて訪問。


あった。


店は2階か。

ラーメン類があることを確認して
階段を上がった。


静かに佇む感じ。


夜は楽しそうな雰囲気だ。
先客は1組2名。

窓際の席に座って
メニュー拝見。


久しぶりに台湾まぜそばにも惹かれたど、
素直にロースト牛ラーメンをお願いした。
あと、高菜めしも。

今日は寒い雨だ。


あひる隊長。
部隊はシャンパンのワイヤーで作った椅子に
座っている。

調味料類は胡椒とラー油。


3編目で16分後到着。


メニューの写真とは違って、
小さく切られたローストビーフ。


スープはライトな牛骨醤油。


少し塩っ気がひっかかるかな。

麺は断面長方形のストレート。


つるつるでパスタのようだ。
少しスープとの馴染みが悪いけど、
濃い塩味で食べさせる感じかな。

やはり塩気の角が気になる。
もう少し甘みを足した方がいいのかも。

ローストビーフ、おいしいよ。


高菜めし、ナイス。

https://lh3.googleusercontent.com/hKShRTodFNJKbk4w9azDWKGqzfrkx6mO68i6DxxpbnC_vSie-wDjzHYVjgbgd8EELcHjLJ0r6x4FrTyU-tEXo6wFTJVLze7eZdll2dn8MwE6NXQVuAGlGWXdfehFSThlp5rkXNQ0jKaYvr8585LHJBUcNs5U4FFo0kyEWDaUOSO9vP4NV7wdUY0I2f4qRDhloH5SI2JUdF6H5TvPAPpziiN1xYzlBIgtOY488G7IDIzT2MXuO35qELQOhZDkJ1uCw-E8U87ONCN8R_Qz8cn5VEQOphQpomb5m2SlX7JfBBc1AzVM7uz57imW1PEN8GE8Aer7lEG5GN1ihRHnFtOLbp9xbpJWe_KpfjAis-SqnPeK7m7n3yvRBYDC3f2fDpMXHvuNL8TVGlm4yLOjBnSEwTJy1scfZ0Lh5FWRGczKWx9FuycEA8D1O4E_qcBKK3-3X5mR2P6umVIhL2qi3a5ZVd4Mzkv_KAwO7zh3YT5kORLSWTj-WMQeQgJ5oWzl_OjH9TPugEmj79Ms9ellvqo47gjB_-kdohEsEg61E_QvCOqYjpsG_oJ2vY03VOlzY3xvsjxxz4RQFWZWkaxjyTcMmmblPkb-HvhbTcjc9ghk0Em1i0OBb3qofu6d37rFZOZkfU1D8_23sLfwUHVkAxMCliO6WA=w560-h420-no

これをこうして、


うまいO(≧▽≦)O

味玉もごはんのおかずになった。


さくっと食べ終え、

「サービスです」

と提供されたリンゴをデザートに。


甘くて香りがよくて美味しい。

会計をすませると、
とっても可愛らしい
看板娘ちゃんに手をふられて、
店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都江戸川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

麺屋 博@中延(混ぜ担々麺)

訪問日時:2018/12/04 11:40

昨日、開店時間が延びて行かれなかった
中延の麺屋 博(めんやばく)へ、
たまたまお呼びのかかったしらけん氏と共に。

昨日の画像

ここは
チャイニーズドラゴン → あじかね食堂 →
肉そば田中とり裕 と変わってきた場所。

今年7月に閉店してからは
ずっと空き物件だったけど、
11月はじめのころから人が出入りし始め、
11月半ばにこの看板が突如掲げられ、
ずっと気になっていた。
そして、12/1〜2にプレオープンし、
12/3グランドオープン。

今日は問題なくやってるよ。


店頭のお品書き。


混ぜ担々麺がトップに君臨。

店に入って券売機へ。


混ぜ担々麺と醤油ラーメンをそれぞれ購入。
居抜きの店内、カウンターに腰をおろす。

調味料類は、ごま、ラー油、素、黒胡椒。


傍らのツボにはもやしときくらげの和え物。


9人の先客さんはどなたも召し上がっていない。。
長期戦を覚悟し、これを少しつまんで待っていると、


へ?
頼んでないですけど?

「昨日来ていただいたので・・・」

と女子スタッフ。
覚えていてくれたですか。
昨日はハートブレイクでしたよー。

専用のタレでいただくと、


これがうまいじゃないすか。
端を止めてないタイプの餃子。
いいすね。

15分後到着。


具は肉味噌、ねぎ、水菜、ナッツ。


麺は予めタレと油が和えてある。


もちもちのいい麺だ。

そして混ぜていただく。


ほー。
辛さはあまりなく、塩分も薄め。
花椒がバランスよく効いている。
優しい汁なし担々麺だね。

麺の良さでどんどん食べ進められる。
けど、酢とラー油、胡麻も添えてみる。


食べやすくなったかな・・・

醤油ラーメン。


スープはあっさりで、
にんにくが香る。
細麺はもしゃもしゃといい感じ。

昔にどこかでいただいたような味わい。


さくっといただき、店を出て、


改めてよく見ると、
あれ?
パクチー忘れられたな。
残念。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

辛っとろ麻婆麺 あかずきん 蒲田店 @蒲田(桜海老香るパクチー汁無し担々麺)

訪問日時:2018/12/03 11:57

本日オープンの中延の新店は開店時間が遅れるとかで、
すぐにこちらに鞍替え。
鞍替えで申し訳ないっす。


のれんができましたね。

この前いただいた、「酸っぱ辛い真鱈のとろみ生姜そば
はメニュー落ちし、代わりに
「酸辣湯麺〜中国たまり醤油仕立て〜」
がリリースされた。
これもいずれね。
すーらーたらめん 好きだったけどな・・・

今日は桜海老香るパクチー汁無し担々麺に決定。
ひと口ライスも。

2番めで8分後到着。


味玉と鱈のスープを付けてくれた。
どーもすんません。


具は肉味噌、ねぎ、メンマ、ナッツ、
干し桜海老、パクチー、糸唐辛子。
それにしてもパクチーの量!

肉味噌は美味しい、桜海老は香ばしい!


細メンマ、いいね。


底をまさぐると、実によさ気な色合い。


このまま麺をひと口いくと、
もっちもちのプリプリの食感がたまらん。

まぜーる。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



辛さは3でお願いしたけど、
それ相応の辛さ。
桜海老の香りがかなり効果的だ。
パクチーがたくさんなので、
ひと口ごとに楽しめる。

しかし、小石店主はこの手の食べ物を作らせたら
天下一品だな。。。

シビレる四川山椒をばさっと、


何たる好みの香り。
痺れも心地良し。

香る花山椒も擦り擦り。


こっちもいい香りと痺れ。

スープもおいしく、
楽しく食べ進む。


味玉もまた最高なので、


これも崩して、
ひと口ライスを、


ドサッといれて、まぜーる。


再び訪れる至福のひととき。

まんぷくでござる。
ごちそうさまでした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:02 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

ラーメン ぶぅさん@荏原中延(担々麺)

訪問日時:2018/12/02 11:47

ラーメンぶぅさん。
今年4月、鬼門の土地に開店したけど、
じわじわと人気が高まり、
もう大丈夫だろう、という声がしきり。

ラーメン油そばといただき、
担々麺がリリースされてるのは知っていたけど、
先日、味噌ラーメンが季節限定で出された。


担々麺も魅力的なのはもちろんだけど、
味噌ラーメンにひかれて、休日出勤(^^;

少し営業時間が伸びている。


ご無理なさらぬよう。。。

店に入り、券売機の前へ。


味噌ラーメンは担々麺のチケットを買って、
口頭で伝えるシステム。
その通りに購入した。

ライスは元々なかったけど、
セルフでチンするレトルトご飯が加わった。
また、ご飯を持ち込んでチンもいいようだ。

油そば、担々麺、味噌ラーメンには
ほぐしたピリ辛豚を使用。
それをチャーシュー1枚か、カレー豚、
激辛豚への変更もできるシステム。


ということは、
その3種にはそれぞれ4種の味があるというわけか。

担々麺、味噌ラーメンはトッピングは1種。
玉ねぎをお願いした。


2番めで8分後担々麺到着。


って、あれ?
しまった。。。
味噌ラーメンって言うの忘れちゃった・・・


まあいいや。
いずれはいただく予定だし。。

スープはごま?ナッツ?が抑え気味に利いている。


濃厚なベースのスープが
見事に辛い担々麺仕様になっている。

山椒も使っているというけど、
痺れはあまり感じない。

そして、大好きなぶぅさんの麺。


ごわごわのファーストアタックなんだけど、
噛む楽しさがあって、香ばしくもあり、
実に美味しい麺だなあ。

そしてピリ辛豚が素晴らしい!


徐々に全体に馴染んでくると、
おだやかな味変になる。
存在感はハンパない。

改めて、カレー豚、激辛豚などへの
変更は効果大だろうな、と思った。

玉ねぎはナイスな選択だと思う。


野菜が少ないメニューなので、
爽やかさが加わっていいね。

胡椒も合う合う。


店主さんはこの手のラーメンを提供するとは
思えない柔らかな雰囲気。

「担々麺は初めてですよね」

あれ。
顔バレしてたか・・・(≧▽≦)

なるべく近いうちに味噌ラーメンいただきます。
その時はカレー豚、いただきます。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:21 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二代目 渡来武@学芸大学(ラーメン)

訪問日時:2018/12/01 11:15

武蔵家出身、自由が丘の渡来武。
2015年に開店した大人気の家系。
今年7/2に同じ東横線沿線の学芸大学に
2号店をオープンさせた。


ここは同じく家系の「学大家」の跡地。

未訪の初代をクリアしてからと思っていたけど、
いろいろあって二代目が先に。。。

L字型9席のカウンターは
2席を残して埋まっている。
券売機へ向かう。


ほうれん草増しにしようと思っていたのに
ラーメン並を押してしまった。
まあ、いいやとチケットを渡し、
好みは全部普通でお願いして、席に着く。
すでにお冷がおいてあった。

ライスは小、中、大があり、
終日サービスでお変わり自由とか。
小ライスをもらうことに。

調味料類はきゅうりの漬物、
ニンニク、豆板醤、しょうが、ごま、酢、胡椒。


いろいろご説明。


渡来武は 蔵家からってた、
ってことなのね。
とらいぶ というとどうしても
オメガトライブを連想してしまう世代・・・。

3分後ライスから到着。


その1分後ラーメン到着。


「玉子大丈夫ですか?」

と問われ、ダイジョブですと言うと、
味玉をサービスしてくれた。


早めに来店の客にはサービスしているみたい。

では、スープから


濃厚ですなー。
そしてその濃厚さがありがたい美味しさ!
さすが武蔵家ゆずり。

麺、ずるずる。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


なんの違和感もない。
濃厚家系のお手本とも言える。

それほど濃厚でなく、
タレで食べさせる家系も好きだけど、
これもやはりいいね。

チャーシュー、激ウマ。


適度な厚みで、旨さが際立つ。
味付けがいいのだね。

ところで、チャーシューの切れ端も
サービスしてくれた。


これも早い来店の客にサービスしている。
どんぶり一杯あったのだけど、
私でちょうど終わり。
らっき。

まずはスープで温め、
あとでライスの共にしようっと。


いただいた味玉、ナイスビジュアル!


麺をそそくさと食べ進め、
その後ライス盛り付けタイム。


こんな感じですかな。
これをグリグリと混ぜ合わせ、
そのまま食べると、素晴らしい食べ物になった!

海苔で巻くとパラダイス。


おなかいっぱい。

ここは店長さん、店員さんが
神のようにすばらしい。
にこやかで楽しそうな仕事ぶりと、
常に同じ接客のトーン。

かなり満足して
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:24 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします