2018年10月05日

奄美んちゅ@西那須野(けいはんラーメン)

訪問日時:2018/10/05 12:16

西那須野駅の向こうに
気になる店がある。

奄美んちゅ

という店名の奄美風の居酒屋ながら、
ラーメンが絶品だと言う。


きれいなサックス色の暖簾を押して、
店に突入。


先客ゼロ。
窓際の席にり、
メニュー拝見。

グランドメニュー。
IMG_5211.JPG

以下にも載せるように、ここは品数が多い。

また、ヒトサラによると、
3種の塩ラーメンが食べられると書いてある。

でも、ここが話題になったのは、
けいはんラーメン
奄美の郷土料理 鶏飯 のラーメンバージョン。
鶏飯は美味しいけど、あのスープが果たして麺に合うのかな、
と思っていたのよね。。

夏季限定も多数。
IMG_5213.JPGIMG_5214.JPG

このうち、鶏白湯しつけめんは
レギュラーメニューに昇格したようだ。

ランチ限定カレーメニュー。
IMG_5215.JPG

店主さんがカレー好きみたい。

いろいろあるけど、
けいはんラーメンを若い店主さんにお願いした。

5分後到着。


うほほ。
鶏飯の具がそのままだ。
おもしろい


鶏飯の具としては、
ほぐした鶏肉、錦糸卵、椎茸、沢庵漬けなどの具材と葱、
きざみ海苔、刻んだ陳皮、白胡麻などの薬味
が定義とされる。
漬物だけないね。

スープはあっさり、鶏飯のスープそのもの。


いや、これがうまいわ!
特徴的なあっさりタイプなんだけど、
これはすごい。

すぐさま、麺をすする。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺に合うかどうかは無用の勘ぐりだった。
これは美味しい。
絶妙塩加減のスープにばっちり合っている。

鶏臭すぎないのが鶏飯のスープだと思うけど、
まさにそんな感じ。

麺自体にもかなりの拘りをお持ちのようで、
何回か変えたらしい。
これは全粒粉入りで凝っとした食感が
ナイスなもの。

ほぐし鶏胸肉はぱさついているので、
このスープでこそ、美味しく感ずる。


椎茸が大変良いね。


椎茸の旨味も一役買っている。

胡椒もよく合う。


麺と具がなくなっても、
滋養たっぷりげなスープを
飲み干さずにいられなかった。

また来たいな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:15 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

汁なし担担麺と魚介そば sirusi@三軒茶屋(魚介そば醬油)

訪問日時:2018/10/03 11:00

ってことで早速再訪!
相方と待ち合わせだ。

今日はこれも撮り忘れずに。


氏は汁なし担々麺、
私は魚介そば醬油とチャーシュー丼を購入した。

汁なし担々麺は麺少なめでパクチーをトッピング。

魚介そばは麺140gだそうだ。

ヤクルト2位確定おめでとう、
我が巨人はもやもやですわ、
とか話していると到着。


好きな色合いの焼物の器。


いい顔だね。
肉質感を見た目で感ずるチャーシューが印象的。

スープは、


確かに魚介。
バランスが抜群。
醬油の香り、塩っ気、
かなり繊細なやさしい味だ。

麺は細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


先日助っ人に来ていた、
竹風のスタッフさんが、
「醬油おいしいですよ!」
と仰っていた通り。

バーナーで炙りを入れた
チャーシューは食べごたえあり。


美味しい。

メンマは大好きなタイプ。


色といい、味といい、
私の中でベスト・オブ・メンマと言っておく。


そして後半は青のりが目立ってくる。
でもいやな風味はないかな。

チャーシュー丼。


これまたすごいね。
チャーシューがドドンと3枚!
そしてタレが絶妙の味でなんとも言えない美味しさ。

これにも絶品メンマがあるんだよ。



汁なし担々麺とパクチー。


パクチーを乗せて、



うまいO(≧▽≦)O

チャーシュー丼にもどり、
ガツガツといただいていたら、


氏が肉味噌をくれたので、
ミニライス割り。

うま!


今日も楽しかった。
塩も早いうちにいただきに来たい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:24 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

中華そば ます田@練馬(中華そば)

訪問日時:2018/10/02 11:43

昨日オープンのお店を目指すも、
本日はガス漏れのため、ランチは臨休_| ̄|◯

ほかに行く気も失せ、
近場の中華そば ます田に鞍替え。


こちらの店主さんは
新宿と中野の『煮干し中華そば 鈴蘭』の
セカンドブランド「はやし田」の店長さんと
知り合いと聞く。
ラーメン自体は独学とも。

https://lh3.googleusercontent.com/_SiOepnCHHjBG3L5eT9oCHTgMFNyz1yfRMoa-Nr3I2i4a-itajruaD1ExV9MROUEhp-YsNUkUQJBjrDHOISyf7J7iFBXpLHZinoCPOOCST-s_1Gg4wvphrJg5jq_TDzGsP1yn_TsCRLqN-SqGEn89n7PoNvzeRd20SbZsTWLbeX26v7pRQPijTiBGB8AO1DblaiZQ_HwLzlWZgxrKhanPtvxAy0htpDBnhvcGfbSLn0PlpsmIwu8DcOaJeojWd9x0FCfBBO-PBLtr2C8o8FLxTPaAhAmo7XRxZGCHjZ8u9EiCA2cOpwR3mhAjISqaKk1KC61somYpilssopndFQiSIwAlS2X8VtPrRCnKDxgecq0arsQHt-8f2_eJuOceSYz57cpBnrOo4oKFf1j9PZe-H5spWs69VCTTrA7JIVgDxv8Z5PW8CLuDxW8kUE3lIrGHzO2tAZAgsQjnIdIVcnouN4JSZzrUJ9pZQPKSRAUn3h2MmA9NdspPi7nKtT7GrfNJ-TYQz1YyujltF9jYPFMpdBNGdR7fj_lE2er4LYDvGN6f7D4q3FHpZjIIh4U3QSKK2QeubS5f3jf_D1shUTy3gyBotRZrJ2nLVFexRh7NkVmUacU_yHaPbFopJX4xp24=w636-h900-no

中華そばにすっかな、
と店内潜入。

券売機。


中華そばと炊き込みご飯を購入。
奥のカウンターに通された。

調味料は黒胡椒のみ。

卓上の薀蓄を読んでいると、


キュートな女子スタッフの手により
到着。


かっこいい器だ。
そこにレアな薄切りチャーシュー、
メンマ、ねぎ、貝割れがあしらわれる。


スープは説明通り、
鶏と昆布の旨味全開!


鶏油の香りも素晴らしいなあ。

麺は中細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


全粒粉入りの麺は
つるつる、しこしこの食感。
スープとの相性抜群。

見た目、鶏油とキリッと醤油の系統かと思わせつつの
奥行きのあるまろやかタイプ。

そのキリッと味が昨今は多いけど、
それらとはまた別の味わいと言いたい。
これはうまい。

チャーシューは豚の味そのもの。


薄切りすぎるかな。

メンマはシコ、コリ。


メンマ、うまい!


炊き込みご飯。


おこげ、ナイス!
そしてこれ、母の「まぜご飯」に
そっくりの味。。。
絶美味しい!

スープをお供に楽しくいただき、
満たされて店をあとにした。

もうすぐ冬の限定も始めるとか。
練馬の名店と呼ばれる日も近いと思われ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

汁なし担担麺と魚介そば sirusi@三軒茶屋(汁なし担々麺)

訪問日時:2018/10/01 11:35

汁なし担担麺と魚介そば sirusi

少し前から謎の店で、
いつオープンなのか、
どういう内容なのかわからなかったけど、
本日オープンと知って、行ってみた。


ああ、足立ベーカリーなくなったんだ・・・
その跡地だったかー。
学生時代はお世話になったなー。

一瞬ノスタルジーに浸って、
店頭に進む。
券売機。


看板メニューの汁なし担々麺を購入した。

店に入ると、魚介のいい香り。
魚介そばも気になるなあ。。。

きれいで明るい店内。
カウンター8+2席。
厨房内は男子二人。
あとから応援部隊が二人きた。

白い壁に向かった席に着座。
チケットを渡すと、
辛さ1〜3,痺れ1〜3の好みを聞かれた。
辛さ2、痺れ3でお願いした。


ブラックペッパー、花椒、ラー油、酢、ラーメンタレが
並んでいる。
お冷やはこのディスペンサーでセルフ。
2重構造のアルミのカップをくれたので、
冷たいのが出てくるかと思いきや、
とてもぬるかった(^^;

1番目で5分後到着。


お箸とレンゲと紙エプロンは
引き出しの中に!


店の雰囲気、スタッフさんの所作の安定度に加え、
この辺の演出も只者ではない感が漂う。。。

大きな浅いお皿は
白で清潔感がある。


肉味噌、キャベツ、青ネギ、メンマ、カシューナッツが
盛られている。

見える麺は浅草開化楼製。
平たいやつだ。


むちっむち。
混ぜた後の美味しい予感しかしない。

肉味噌は味が濃くない。


肉味噌の良さが生きる味付けと思われ。

まーぜまぜからの
食べ方開始。


うは!


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


こりゃバランスいいや。
タレ、ラー油、肉味噌の合わさった感じが
なんともナイス。
ゴマペーストも少しあるけど、
しつこさがない。

辛さはほどほど、
痺れは好み!
徐々に楽しくなってくる。

それにしても麺がベストマッチだね。
茹でキャベツのアクセントも見事だし、
メンマがウマウマ!


このこだわりならば、
魚介そばも美味しかろう。
というか、この絵面で気づくべきだった。。。


カシューナッツは焦げ目が付いている。


香ばしいざんす。

花椒はとても擦りにくいタイプ。


これで50回ほどプッシュした。
握力が弱ったとは言え、
これ以上は疲れる・・

一口だけ香り増しを楽しんだ。

味変としては
酢が非常によかった。
ラー油は香りと辛さが増す。


おいしかった!
食後少し話を聞いてびっくり!
こちらは栃木の名店、竹風出身と言うではないですか!
しかも息子さん。
ああ、それであのメンマ!味の完成度、
やはり只者ではなかった!

宇都宮那須塩原、両方行って、
その満足度はハンパなかったからな。。
那須塩原では店内連食したし。

ならば魚介そばを連食・・・
したかったけど、200gの麺量に満腹になっちまった。
近いうちに再訪するに決まってる。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

RAMEN 401@池尻大橋(小ラーメン)

訪問日時:2018/09/30

カレーとおでんがウリの
池汁大橋のダイニングバーKITCHEN401が
日曜限定でラーメンを始めた。
しかも人類みな麺類プロデュースというではないか。

人類みな麺類といえば、
今や大阪を席巻するグループ。
本店の美味しさには驚いたし、
グループ店のSUPERMENもすばらしかった。

そりゃ個人的には期待度大ですな。

Twitterによるとコンセプトは
『やさしい二郎系』『女性でも食べられる二郎系』
ということだ。
ジロリアン女性、多いけどね。。。
さあ、どんなんでしょ。


東京で 人類みな麺類
どれだけ知られてるのだろうか。


地下に降りていくと、
なんと店内には待ちが!
たかをくくっていた。
それほど人気とは。。

しばし外で待たされ、
その後中の椅子席で待った。
でも、店について計7分後に席に案内された。

メニュー表は2種類ある。

IMG_5138.JPG
IMG_5139.JPG

小ラーメンをお願いした。

二郎風ながら、コールはなしで、
にんにくは卓上にある。


席に着いて、12分後到着。


仰る通り大きな豚が2枚。
厚みもあるし、充分大きいと思うけど。。


スープは色が濃くて、
醬油がキリッとくるのかな、
と思ったけど、


やさしいね。
丸みある醤油ダレだ。
やはりみな麺プロデュースというのがわかる。
でも、こういう二郎風はあまりないよねえ?

麺はお得意のもの。


もっちりとしていて、
噛んで食べるのが楽しい。

野菜もいい感じだし、
チャーシューは前述のようにぶ厚い!


そして美味しい!

麺と具がなくなると、
スープが優しいので、
ほぼ飲み尽くした。


ただ、二郎風スタイルとしては
やはり力不足と物足りなさを感ずる。
繊細なタイプなので、
最後にかけられた鰹節すらじゃまに思える。

みな麺ファンとしては、
あの本店のスタイルを望みたかったところ。

かと言え週一のランチ営業、
話題になるのは間違いないか。
もうすぐ日曜夜営業も始まるらしいし。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:49 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

中華そば もり川@新丸子(中華そば醬油)

訪問日時:2018/09/29 11:20

テリトリーでもある新丸子駅近くに
9/19に開店したお店に行ってみた。

店主さんは飲食店の経験はあるけど、
ラーメンは独学のようだ
目黒で豚骨、世田谷で清湯のラーメン店で
合わせて3年間修業されたそうです。


こちらは
新らーめん丸子→てっか→萩→壱八家
と変わってきた物件。

今度は外観がきれい。
白提灯はあるけど、そちら系ではない。
縄のれんが粋だね。

中に入って、券売機に向かう。


昼と夜では異なるメニュー。
昼は淡麗で夜は濃厚タイプ。


中華そば醬油を購入した。

きれいな10席のL字型カウンター。
厨房には店主さんと女子スタッフの2人。
店内はとても広く感ずる。

調味料類はごま、白黒胡椒、酢。


2番めで3分後到着。


きれいな水面ですこと。


チャーシュー、穂先メンマ、青ねぎ、
海苔、味玉1/2が盛り込まれている。

スープは、


あれま!
うまいね!!!

動物系のコク、
野菜系の甘み、
単純だけど、なんと奥深い・・・

油の香りがまた素晴らしく、
非常に好きな味わいだ。

麺はシッコシコの細縮れ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


やばい。
これは美味しい。
スープと麺の相性は抜群で、
食べることが楽しい一杯だ。

チャーシューは箸で持てない。


極上だ。
きざみチャーシューご飯は美味しかろうねえ。。。

穂先メンマはもう2本くらいほしいかな。


麺と具がなくなると、
レンゲが永遠ループ状態。
結局ほぼスープまで完食。
いや、美味しかったー。

濃厚中華そばは和歌山ラーメン様だという。
夜にも来てみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:53 | Comment(2) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京らーめん、 清水橋店@西新宿五丁目(しょうゆらーめん)

訪問日時:2018/09/28 12:00

いつも通るたびに気になっていた店。
外回りが押して他に行く時間がなくなったので、
ついに行ってみることにした。


車から見ると、店名は
「東京らーめん」
と思っていたけど、そのあとの「、」まで入って
「とうきょうらーめんてん」なのね。

中に入って驚いた!
ほぼ満席!
すごい賑わいだ。

奥の席が空いていたけど、
あとからあとからお客が出入りしている。
すごいわ。。。


麺をご飯にすることもできるんだ。
ありそうで無かったメニューかも。

今日の日替わりランチは、


しょうゆらーめんをお願いした。

厨房は2人。
超人的なスピードで調理をしている。

さすがに込んでいるので10分後到着。


トンコツらーめん
と銘打った商品。
スープの濁り具合はライトだ。


スープはと、


ふぎょぎょ!
(終わっちゃったな)

おいしいじゃん!
クリーミーな口触りで
髄まで出たようなザラザラ感も少しある。

麺は細い。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


なんと言うかな、、、
麺は細めんだけど、
昔どこかのラーメンショップで食べたような、
そんな懐かしい味わい。

嫌いじゃない。。。

チャーシューは特筆すべき存在感。


やや厚めに切られていて、
その食感たるや見事なもの。
しっとりした肉質で、
食感がすばらしい。

メンマは普通。


意外と言ってはなんだけど、
美味しいラーメンだった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:06 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

つけめん玉 品達店@品川(香麺)

訪問日時:2018/09/26 11:50

品達で一番リピート率が高かった
支那そばきびが閉店し、
その後にじわじわと勢力を拡大している
つけ麺玉が入ったのは4月24日。


10年前の本店開店のときは続けざまに
2回行ったものだった。
当時はまだまだ濃厚豚骨魚介つけ麺は全盛。
とても感動したのを覚えている。

ただ、今となってはそれほど惹かれないジャンルだけど、
品達店には限定メニューがあるのよね。


開店後しばらくしてリリースされた
スパイシーなラーメン。
今、徐々にその市場が広がっている気がする。

チケットを購入して4人の待ち列に接続。


ライスは必要だろうけど、
今日は諸般の事情で回避。

列はすんなりはけていき、5分も経たずに着席。


その5分後に到着。


なんか粉が飛び散っているけど、
これが香麺のスタイル。


かなり香り高い商品。
すぐにレンゲを差し込む。



いやいや、スパイシー!
辛さはそれほどなく、
しつこいようなスパイシーカレー。

麺は中ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


パスタのようなつるつる感がいいね。
もっちり食感も楽しい。

スープは少し塩の角を感ずるけど、
この商品のコンセプトは10種のスパイス。
ならば、それも良しとするか。

このオレガノのような
乾燥ハーブみたいなものもいい香りだ。


具はカレー風味のミンチのみ。


このミンチが実にうまい。
やはりライスを頼んで、
キーマカレーめしにしたかった。。。

そして、超速で食べ終え、
その後はゆっくりと沈んだミンチを
すくっては口に運びを繰り返した。

おいしかったー。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

よってこや 恵比寿本店 @恵比寿(本格汁無し担担麺 雅〜みやび〜)

訪問日時:2018/09/25 12:18

最近恵比寿にいることが多い。
今日もそう。
雨が降ってきたので、近くによってこやに行こうかなと。

とても久しぶりに入る。
床の清掃が不十分なのか滑って危なかった。

デフォルトは変わってない・・・のかな?


これらには興味はない。
いや、別に嫌いではないけどね。


最近始まった担々麺の限定が目当て。

本格汁無し担担麺 雅〜みやび〜

を注文した。

食べ方指南書がある。


4つの味変アイテムが付いてくるのね。
それは楽しみ。

調味料はいろいろ。



12分後到着。


味変アイテムは
塩辛の旨味を秋茄子に吸わせたという塩辛秋茄子、
鎮江香酢に紀州南高梅を合わせた南高梅黒酢、
辣 の元という辛味玉、
花椒と青山椒をブレンドした香味油の四川山椒油
の4種。
最初の2つは聞き慣れないものだ。

本体は太麺が印象的。


肉味噌、チンゲンサイ、ナッツ、鷹の爪が乗っている。

麺、おいしいじゃん。


見た目通りの食感でナイス。

肉味噌もいいねえ。


では混ぜてからの
ずるずる開始。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ゴマペーストが利いたタイプ。
もっちり麺にタレと絡んでこれは美味しい。
塩分もちょうどいい。

うまうまと食べ進め、
思い出して味変タイム。


塩辛秋茄子というけど、
これってピータンじゃないの?
それしか頭に浮かばなくなって、
イカの塩辛の味はわからなかった。


南高梅黒酢。
これが一番気に入った!
双方の酸味が喧嘩せずにまろやかに感ずる。
家でもやってみたい調味料だ。


辛味玉。
まあ、具ラー油ですかな。
香りがよくて辛い。


四川山椒油。
というけど、どう見ても揚げた花椒のみ。
油の中身だけなのかな?
青山椒の香りはあったようなわからないような・・・。
ま、でも痺れは増して好印象。


麺と具をいただくと、
ライス割りが必須の風情。
なれど今日はやめておいた。

おいしかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

テラスレストラン@那須塩原SA(上り)(那須豚のパーコー麺)

訪問日時:2018/09/23 11:30

那須高原SAでランチにしましょ。

フードコートのラーメンもいいんだけど、
前から気になっていた、奥のテラスレストランに行く。

ここは那須豚やとちぎ和牛の料理が豊富な
洋食レストランという風情。
そしてここにはパーコー麺があるのよね。

洋食レストラン→パーコーメン→O(≧▽≦)O

私にはそういう図式が成り立つ。
惜しくも店主が急逝され
閉店してしまったオージースパイスなど。

さて、ここはどうかしらん。

DSC_4181.JPG

お。
青ねぎと白ねぎとラー油が別皿ね。

DSC_4182.JPG

素の状態がとてもきれいですなあ。

スープも馬鹿にしたもんじゃないよ、これ。

DSC_4183.JPG

鶏か豚かわからんが、
コンソメ風の味わいがとてもいいね。

麺は少しコシを感ずるストレート。

20180924_113210.jpg


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


シコっとした食感に続き、
いい感じのスープの味。
そこにはパーコーからにじみ出た油の存在も
無視できない。

ねぎを乗せてみよう。

DSC_4184.JPG

ああ、栃木のねぎはホントに美味しいよね。

那須豚の排骨は素晴らしい。

DSC_4185.JPG

豚の美味しさがよくわかる。
最初のうちはサックリ感がやや残り、
最後はスープを吸った味わいの変化も
いいなあ。

ラー油はスープを濁らすのが
いやだったので、

DSC_4186.JPG

排骨につけながら楽しんだ。

いやー、美味しかった。
ラー好き諸兄にもおすすめできますぞ。


テラスレストラン



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:31 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします