2018年03月03日

らーめん・餃子58@下丸子(58ラーメン 61/'18)

訪問日時:2018/03/03 11:05

下丸子の新荘園。
2007年8月に出来て、
あっという間にご近所の
憩いの場になった中華料理店。

私も家族、友人と何度も訪れていいる
料理が美味しいし、お客に丁寧なのよね。

今では本店、飯田橋、大崎、錦糸町、
鎌倉(本館・別館)、秋葉原、綾瀬と
合計8店舗。
すごいもんだ。

そして、この2/26、新荘園グループの
新たな店ができた。


下丸子駅前、清水屋→吉鮮と変わってきた物件。
両方居酒屋だったけど、吉鮮は同じ新荘園グループ。
安くて美味しい、人気の居酒屋だったけど、
突然のリニューアルだ。

経営母体は潟`ャイニーズフード58(COPA)。
からの店名だね。
綾瀬のフードコートの店も 58 が付く。


開店直後に突入すると、
新荘園の大将がいる。
はりきってる。

メニューは絞られている。


ラーメン、チャーシューメン、塩ラーメン、タンタンメン。
これらは炙りチャーシューが乗る。
それに薬膳の金運そば。


ちょい飲みのおつまみは貧相。
必要なら新荘園本店から出前してくれる(嘘ですw)

壁には主なメニューの説明。


炙りチャーシュー というワードが
あちらこちらで踊っている。
名物にしたいのね。

58ラーメンとミニ生姜焼き丼を注文。
3/4まではオープン記念サービスで、
大盛りか味玉をサービスとのことで、
味玉をお願いした。

ライスは11時から15時までセルフサービス。


調味料類はおろしニンニク、
自家製辛味、胡椒。


辛味は唐辛子がごっちゃり。


で、いい香りだ。
あとで使ってみる。

6分後到着。


味玉はデフォルトで半分装備されてるのね。
それなら、100円トッピングのうちどれかサービス、
にした方がいいのでは。
まあ、いいけど。。


スープはとても優しい味。


鶏ガラがベースだろうけど、
野菜の風味をよく感ずる。
物足りなさはないけど、
薄い、という人もいるかも。。

麺は中平やや縮れ。


やや平たく、食感も良し。
麺には拘りを感ずる。
中毒性はないまでも、
これは良いラーメンだ。

チャーシューは炙り、と言うけど、


厚切りだけど、味が薄い。。
焦がした風味はほぼなく、炙り感には乏しい。
もっと醤油味を濃くして炙れば、香ばしくなって、
炙りチャーシューの特色を生かせると思うが。

メンマは癖のないもの。


中華料理店ぽい。


ミニ生姜焼き丼。


その場で中華鍋を煽って作っていた。
家庭の生姜焼き風で美味しい。

ここで辛味を試してみる。


ひゃー、辛いね!
えも、風味がいいので、
私は大好きだな。
餃子に添えたいね。


双方食べ終えて、お腹いっぱい。
25時までやっていると言うし、
つい帰りがけに寄ってしまうこともあるだろう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 12:50 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

天丼・らぁ麺 ハゲ天@銀座(胡麻豚骨らぁ麺 60/'18)

訪問日時:2018/03/02 11:00

天ぷらの老舗 ハゲ天が力の源カンパニーと
コラボレーションして、天ぷらとラーメンの店を出す、
という情報は心踊った。
天ぷら大好きだからね。

で、オープンの本日行ってみた。
すると多くの人が待っている、、、
のは想定内なんだけど、秩序がない。
バラバラに遠巻きに待っている感じ。
どうも関係者っぽい人が多いみたいだ。

11時00分丁度に社長?重役?らしき方が
開店を告げにでてきた。


どうぞお入りください!

という言葉を受けても、
関係者らしき方々は譲り合ってなかなか入らないので、
その間隙をぬって、図らずも一番客と相成った( ̄▽ ̄)

券売機に向かう。


らぁ麺は胡麻豚骨らぁ麺と胡麻担々麺のみ。
天丼類はデフォルト、上、かき揚げ、野菜の4種。
天丼類とのセットのらぁ麺は小サイズ。
らぁ麺単品にはチャーシュー天3枚、
紅生姜天1枚、海苔天1枚が付く。

担々麺と天丼はセットにできないのかな?

久々にハゲ天の天丼を楽しみたいので、
天丼とらぁ麺のセット1380円にした。

店内はコの字型カウンター15席。
奥の厨房はガラスの仕切りで様子がよく見える。

お冷のグラスは渋い陶器。


調味料類は柚子胡椒、山椒、ガリ。


せっかく一風堂とのコラボなので、
小皿の上に蓋がほしいね(^^;

3分後到着。はやっ。


ああ、天ぷらのいい香りだ。

ラーメンスープは見た目 白丸元味。


そのスープをいってみると、、、

まんまじゃん!

胡麻の香りはよくわからんなー。


いや、これはこれで美味しいっす。

麺をすする。


安定の味だね。
おいしいね。

するとほのかに胡麻の香り。
麺を食べ進めると胡麻の香りが強くなってくる。

むむ。これは新しい。
おいしいではないかっ!
ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

具はなるととメンマとねぎ。

メンマ、いいね。


小サイズは麺量80gくらいかな。
それほど不満の残る量でもなかった。
って言うより、天丼を早くいただきたくて(^^;


海老2本、鱚1枚、蓮根、


海苔、ししとう、半熟玉子。


バクバクと食べ始めると、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ハゲ天の丼つゆの味は大好きだ。
天丼はカエシの角と甘さのバランスが
大事だと思うんだけど、これは秀逸。
揚げ方も当然問題ない。

柚子胡椒、山椒も試してみたよ。


いいと思うけど、
私的には七味がほしいかな。。

半熟玉子天、うまし!


らぁ麺のスープをお供にしていると、
確かに合うな、と思ってくる。
楽しく食べ終えた


らぁ麺単品に付いてくる
チャーシュー天と紅しょうが天が
とっても気になる。
隣人は150円のトッピングを追加して、
これらを所望していた。
初めてなのにこなれてるなー。

しかし、これは面白い業態だ。
流行ってほしいです。

店をあとにして晴海通りに出ると、


銀座の新たなフラッグシップになるか。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:02 | Comment(0) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

純手打ち だるま@中野富士見町(醤油らーめん 59/'18)

訪問日時:2018/03/01 11:15

昨日、ロバオさんからいただいた情報で、
本日オープン、中野富士見町の新店に向かった。
七彩の出身となれば、大行列になるに違いないと踏んで、
開店の15分前に到着すると一人待ち。


拍子抜けしたのは束の間で、
あっという間に10名を越えていった@@

大将からのお言葉は店主の胸にしみたようだ。


可愛いロゴです。


入り口左には製麺室が見える。


毎日手打ちするそうですよ。

店頭にはお品書き。


麺は注文ごとに切るという。
八丁堀の七彩を少しアレンジしたスタイルだね。
さすがに一人体制では、
粉から混ぜて練って伸ばして切り出す、
ということはできないよねえ。。。

しばらくはメニューを絞ってのご提供。
営業時間も3/8までは1130〜1400までで、
3/9から夜営業開始。

時間になり目でたく開店。


ネイビーに白抜きがきれいだ。

券売機に向かうと☓が多い。


チャーシューごはんがないので、
全部のせにしようと思ったけどそれも☓。
味玉醤油らーめんをプッシュした。

チケットをホール担当女性に渡すと、
麺量を聞かれる。


並盛りでお願いした。

店内は広くて清潔感にあふれている。
L字型カウンター10席。
壁に沿って、待合椅子も多数。

木のカウンター天板がきれいだ。


調味料類は一味唐辛子と胡椒。


店主さん一人での作業。
おもむろに七彩ばりの麺切りカッターで、

バンバンバン!

と麺を切り出し、
丁寧に手揉みを入れて、
大釜に入れている。

1ロットは3杯で、
無駄な動きは一切ないと思うけど、
少し待ち時間が多めになるのは仕方ないね。
早めに来られて良かった〜。

座って8分後到着。


具はチャーシューは異なる仕込みで2枚、
メンマ、ねぎ、ほうれん草、味玉。


店の香りから、煮干しはあまり使ってないかな、
と思ったスープは、



メ!


鶏豚の静で分厚い出汁に乾物魚介。
醤油の香りが心地よく、
バランスも最高。
誰もが美味しいと思うような印象だ。

さてさて、こだわりの麺を、、、




ウ(◎▽◎)マ〜〜〜!!!



これはすばらしい。
見るからにもちもちの麺。
唇を通過するとき、
噛んでいるとき、
飲み込むとき、
すべて楽しいったらない。

チャーシューは両方共めっちゃ美味しい!。


チャーシューごはん、食べたかったなー。

メンマは極細仕様。


本家よりもさらに細い。
麺もスープも邪魔しない味わいと食感がナイス。
これは次回は是非増したい!

味玉はすばらしく旨い!


ネトネトの黄身の味が濃い。
これは選んでよかった。

麺はあっという間になくなってしまった。
最低でも中盛にはすべきだったと
激しく後悔したなー。

その後迷うことなくスープまで完食した。

そして、店主さんに挨拶をして店を出ると、
更に行列は伸びていた。
知り合いが何人もいらして、
注目度の高さがわかる。

担々麺がリリースされたころに、
もう一度訪ねてみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:47 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

175°DENO担担麺 TOKYO@西武新宿(汁あり担担麺すごくシビれる 58/'18)

訪問日時:2018/02/28 11:30

2014/12/11に札幌にオープンした
「175°DENO担担麺」は
その独特なネーミングと評判の良さから、
いつかは行くつもりでいた。

そうしたら、向こうから来てくれた。
新宿店開店に先立ち、クラウドファンディング
資金を集めていたので、
その特典をよく吟味し、最低限の支援を
させてもらった。

内容は

担担麺汁なし・汁あり、
黒ごま担担麺汁なし・汁あり、
季節限定ラーメン、
がそれぞれ一杯無料で、さらに

ラーメン一杯ごとにトッピング1品無料、
独自ブランドのオリジナルラー油3種のうち1つをプレゼント、
オリジナルブレンド花椒プレゼント、

というもの。
5回行くかどうかはわからないけど、
指先が動いて投資しちゃったのよね。。

するとその直後、何のインフォメーションもなく、
銀座店が新宿店に先駆けてオープンした。
その後も特典の告知が遅れに遅れて、
支援者としてはかなりモヤモヤしていた。

そして、新宿店が2/25にめでたくオープンしたけど、
その案内も来ないまま。
そういうもんなのかな。

件のクラウドファンディング情報を教えてくれた、
ロバオさんと一緒に行ってきた。

時間通りに店は開き、店内へ。
左にタッチパネルの券売機。


汁なしの部。


汁ありの部。


サイドの部。


限定もあった。
大喜xせたが屋x玄瑛x175°DENO担担麺が
コラボしたもので Sio担担麺 1000円。

これはオープン前に行われた
レセプションパーティで提供されたものですかな。

しかし、その名前があるのは
店頭のポスターのみで、パネルにその名前がないので、
恐らく売れないでしょうね。


支援者である旨を告げると、
スマートフォンを使っての受付を経て、
汁なし担担麺と汁あり担担麺を、
双方、すごくシビれる でお願いした。

お土産のラー油は間に合わなかったので、
郵送だそうだ。

直線カウンター14席、2人卓☓3という配置。
調味料類はラー油のみ。


麺はさがみ屋使用。


食べ方指南書。


壁には花椒の効能。


美味しいものいただけば、
それだけで精神は安定しますです、はい。

厨房には出野さん直々にいらっしゃるのね。
落ち着いた所作で作業していらっしゃる。


汁あり すごくシビれる 到着。


オリジナルの器がかっこいい。


肉味噌、ナッツ、干し海老、水菜が乗っている。
カシューナッツなど数種類のナッツがあるようだ。

スープは、、、うまい!


非常によくできた、担々麺スープ。
胡麻のバランスが秀逸で、
しつこさがまるでない。

ラー油の香りもすばらしい。

麺は中ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


さがみ屋製、つるつる麺の舌触りがいいね。
もちもち感もいいし、
スープに絶妙にマッチしている。

肉味噌も美味しい!
時折当たるナッツのカリカリも楽しい。

汁なし担担麺 すごくシビれる。


こちらの器もカッコいいね。


肉味噌はこちらでも存在感ばっちり。


麺は汁ありと異なり、平打ち。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



もっちりで、噛む度に美味しさが襲ってくる。
タレ、ラー油、肉味噌、ナッツ、干し海老、
一口ごとに味わいが少し異なるのは
混ぜ足らないからか。。
でも、それもまた楽し。

オリジナルラー油も抜群の香りと辛味。



二人で会話もせずに食べ終えた。
おいしかった〜〜〜


そして、いつの間にか満席となった店を
あとにした。

あ。
店を出て気がついた。。。

・ラーメン一杯ごとにトッピング1品無料
・オリジナルブレンド花椒プレゼント

がなかった。
美味しいものをいただけて解消したモヤモヤが
またふつふつと湧き上がってきた。。。

今度は銀座に行ってみるか。
黒胡麻系を試したいし。


しかし、すごい資金力だな。
店のしつらえと言い、オリジナル丼と言い、
なんかすごすぎる。
加えて新宿、銀座、という一等地にほぼ同時オープン。
どういう会社なんでしょ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:20 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

もくもく@広尾(汁なし担々麺 57/'18)

訪問日時:2018/02/27 11:40

この前、広尾に行ったついでに偵察したら、
どうにもこうにも
行きたくなってしまった、もくもく。

(8枚の拡大図はラーメン店DATAに掲載)

2006年以来の訪問になる。

即座に入ると、先客ゼロ。
一瞬怯んだけど、
優しくカウンター席に案内された。

一応お品書きを拝見。


ふむ。
らーめんと みに丼のセットは
+50円で担々麺に変えられると、、
久しぶりにらーめんもいいなあ、、


炭火の海南チキンライス、ネーミングがやばい。
パクチーサラダ麺、、、かあ、、、


煮込みソバも黒酢サンラー麺も良さげ、
つけめん、どんなんだろうなあ。。。

初志貫徹で汁なし担々麺と
みにとり丼セットをお願いした。

ホールに立つ方は初代のもくもく店主さんだ。
焼き場は息子さんが担当されている、
ことをこちらを発見して知った。

息子さんは大手中華料理店で修行を積んだのね。
それでそれっぽいメニューが増えたってわけだ。

調味料類はかどやラー油、七味唐辛子、醤油、胡椒。


ごはん用に壺漬けがある。
お冷はプーアル茶。

待っていると続々とお客が入ってくる。
韓国からのお客もいた。
あっという間に満席近くになり、
2代目の勢いを感じた。

4分後到着。


わあ。
ウマソだ。。。


肉味噌、ねぎ、小松菜、味玉、松の実が乗っている。

下の方には適度なタレ。


肉味噌は鶏肉だね。
甘からで好みの味だ。


では、落ち着いてまぜまぜ・・
からのいただきまする!



ウ(◯◯)マ〜〜〜!!!


汁ありとは違って少し太めらしい麺は
にゅぎっとした食感で非常に好み。胡麻香る、というけど胡麻ペーストに頼るものではなく、タレの味がかなりおいしい。そして、底には黒酢も加わり、あまりないタイプの汁なし担々麺になっている。肉味噌の辛味具合も味と共に申し分なく、箸が加速していく。辛さはそれほどない。花椒は香るけど、痺れはほぼない。でも、これは・・・うまい・・・みにとり丼。味玉を添えて、特製親子丼にしておいた(^^;炙った鳥、ナイス。控えめなタレの味付けがお店の姿勢を物語っているうようだ。実に美味しい。これのフルサイズを多くのお客が召し上がっていた。創業からの人気商品だもんね。
最後は汁なし担々麺ダレの絡まった肉味噌と
つぼ漬けを乗せて。


しはわせ・・・・・

最後はデザートがやってきた。


これは愛玉子かな。
冷たくて美味しいねー。
うれしいサービスだ。


麺、飯共に量的に私にちょうどよく、
セットでいただいて、腹八分というところ。

こりゃすばらしい店に育ったな。
絶品と噂のよだれ鶏を目当てに
夜にも来てみたいけど、
またランチに来てしまいそうだ。

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:13 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

らーめん MAIKAGURA@千歳船橋(醤油らーめん 56/'18)

訪問日時:2018/02/26 11:25

我が殿堂店、麺処中村屋のお弟子さんとあれば、
何をさておいても行くってもんです。
本日オープン、らーめんMAIKAGURA。


今や、中村屋 で通じる世ではないのかもしれない。
中村氏の元で研鑽し、
NYでも修行された一条太一さんのお店。
オープン日の今日に並びがないのは寂しい。。。

相方は今日私が行くものだと踏んでいたらしく、
直前の連絡で待ち合わせ。


ふむふむ。

では中に入りましょ。
券売機の前に立ち、


私は醤油らーめん、ローストポークごはん。
しらけん氏は鶏白湯麺をチョイス。

席に着くとお品書きがある。



同じ醤油、とは言っても
柚子香る醤油らーめん、柚子鶏辛麺という
バリエーションが斬新。
白トリュフオイル香る鶏白湯麺と共に
とっても気になる。

L字型カウンター9席。
卓上調味料類は、七味唐辛子、胡椒。


一条店主、さすがの所作。
天空落としもキレッキレ!

チャーシューはスライサーで切っている。

待ってました!


長い三つ葉を切らずに
一本そのまま添えるのがいいね。

スープは鶏出汁、鶏油のまったりに、
醤油ダレがきりっとしたもの。


師匠の味とは違うのね。

麺は三河屋さん。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



一時期、流行りだして、
最近でははやし田で出会ったような、
キレのある味わい。
好きなタイプではある。

チャーシューがすごい。


こんなに柔らかくて、
リッチな味のチャーシューは初めて。
これはうまい。。。

メンマも丁寧さを感ずる。


一本だけなのが残念。。


鶏白湯麺。


器は同じ、かっこいいいやつ。


黄色がきれいだ。
醤油と比べると、メンマがなくて、
チャーシューは薄切り、味玉が乗る。

スープをすすって、感激。


またお前か、
というのとは対極にある。
鶏の香りを生かしながら、
ぎりぎりの旨さ、を追求した感じだ。

麺は同じもの。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


近年いただいた、鶏白油の中でも
秀逸のバランス。

七味がよく合う。


チャーシューを薄切りにしたのは
大正解。


これを使ったのが、
ローストポークごはん。


盛ったね〜〜
ばえるね〜〜

で、うまいね〜これ!

絶妙なタレの味。
甘みもあり、レアチャーシューが生きている。
何と言ってもお米がうまい!
中村屋はサイドメニューが美味しいので
間違いないと確信していたけど、
やはり注文してよかった。

スープとの相乗効果も味わい、
フィニッシュ!



千歳船橋あたりは
ラーメンにはあまり恵まれない土地ではあるので、
起爆剤となってほしいお店だ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:29 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

リンガーハット モリタウン昭島店@昭島(長崎皿うどん 55/'18)

訪問日時:2018/02/25 12:00

昭島に所要ありにて、
モリタウンにいたので、
フードコートのリンガーハットに決めて、
皿うどん。


ミニチャーハンも付けた。

細麺パリパリの皿うどん好きなんだよ。


酢もかけて楽しくいただいた。
本場長崎ではソースをかけるけど、
ここにはなかったな。。。

さくっといただき、
店をあとにした。





感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:54 | Comment(0) | 東京都下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つけ麺 たけもと@雪が谷大塚(汁なし四川担々麺 54/'18)

訪問日時:2018/02/24 11:20

つけ麺たけもと。
先日、東急沿線機関紙、SALUSに掲載された。
まあ、そこまで影響はないだろう、
と思っていたのよ。

そしたら、初めて見る行列にビビった。
7~8人が並んでいた。
まあ、仕方ない。
チケットを先に買って最後尾に接続。

目当ては限定の四川汁なし担々麺
竹本さんは時折、私の琴線に触れる限定を出してくる。
今回もその商品名に惹かれたなあ。

待っている間に温かいお茶をくれた。


竹本さんらしいサービスだ。

並んで20分後くらいに中に入れた。
今日は大将いない。。
なんか休んでるのを知って安心した。

チケットは並んでいるときに回収されて、
座ってからはそれほど待たずに
四川汁なし担々麺〜鷄節のふわトロ卵スープ〜 到着。


ねぎかパクチーか聞かれて、
パクチーを選択してある。

汁なし担々麺、
というイメージからはほど遠いビジュアル。


実はこの限定の前に、
火曜日の「進化論」で進化論四川麻婆拉麵を
提供していて、その派生ではないかな、
とは思っていた。。

やはりかかっているの麻婆餡。
しかもかなりの量。

そのせいで、麺が重い。


麺はざらつき表面のもっちり麺。
混ぜ混ぜ〜〜のいただきます。


麻婆餡は辛さはあるものの、花椒などの香りは薄め。とろみがきついので、徐々にお腹が膨れてくる。自家製八味、合う!カレー塩もいいね!付属のスープもトロトロの餡。かきたま状の玉子、食用菊、ねぎが入っている。鶏節を使っていて、そりゃ美味しいんだけど、あんかけにあんかけでなんか終盤はつかれた。なので遊んだ。餡餡つけ麺、あり!でも、この限定、竹本さんが作ったのかなー。どうもいつもとは違う気がする。いや、すみません。たけもと舌になっているので(^^;

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:20 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

EVERY BOWL 広尾店@広尾(EVERY BOWL 53/'18)

訪問日時:2018/02/23 11:35

商売好調のリンガーハットが新たな業態で、
ヌードル業界にチャレンジしてきた。

2/21開店、EVERY BOWL 広尾店。


最初、ネットの記事で目にしたときは
どういうシステムなのかが、
よくわからなかったけど、
いけ麺さんのレポートで何となく理解できた。

麺類とソースと、具となる惣菜を自由に選べるというシステムで、
ワンボウルで毎日でも違うものをいただけるということかな。
そして、円グラフ状の盛り付けで
炭水化物と野菜類の比率が一目でわかるというもの。
公式サイトがわかりやすい。


この右側が入り口。
左側はEXIT ONLY。


このお二人は出口から入って、
列が混乱する元になっていた。

少しして店内へ。
ほとんどのお客様は、先に席を取るように
案内されている(私にはなかった)。

席を見ると、テーブルの上に
カバンを席取り用に置いている人がいる。
ボニートのマスタに怒られるよ。

席は窓に向いた直線カウンター席8、
大テーブルに12席。
最初にヌードル、次いでソース、デリを
選ぶとすぐに作り始める感じなのね。
全く知らない人はまごつくよねー。


では、スタート。

まず、テイクアウトか
店内お召し上がりかを聞かれる。
イートインを告げた。

ヌードルは五穀リガトーニ、五穀麺、国産小麦麺。
+180円でグルテンフリー麺。


国産小麦麺をチョイス。

香味オイルは5種類。
だし醤油、エスニック、トマト、レモン、沖縄海塩。


これは麺、ソースによって決められていて、
選ぶことはできない。
and more ってことはまだリリースされるのか?
でも、これも選べればいいのに。。。

次はソースを選ぶ。


とろけるモッツァレラマルゲリータ
 濃厚トマトソース、モッツアレラ、フレッシュバジルの
 黄金の組み合わせ。
タイ風グリーンカレー&パクチー
 スパイス感たっぷりの本格チキングリーンカレーに
 パクチーを添えて。
洋食屋さんの梅豚ミートソース
 梅の栄養で育った豚のあらびきひき肉が 
 ごろごろ入った自慢の一品。
サーモン&リコッタのレモンクリーム
 さわやかなクリームソース。
 スモークサーモンを加えて仕上げます。
海老のスイートチリソース サワークリーム添え
 プリプリの海老に海老のフリットに甘ずっぱいチリソース。
 リーフサラダと相性ぴったり。
きのこと生姜の麻婆豆腐
 動物性素材を一切使わず、
 濃厚な旨味を実現しました。

麻婆豆腐をチョイス。
すると、国産小麦麺とのマッチングで
香味オイルはだし醤油になると告げられた。

この時点で後ろ側の調理スタッフに
麻婆豆腐を入れた温め用のフライパンを渡し、
「国産小麦麺」とコールされ、調理が開始される。

次はボウルにデリを盛り付けていく。


デリは8種類あり、
日替わりということだ。
どこぞのデパ地下の惣菜売り場みたいだ。
ソースもデリも単品でテイクアウト可能というし、
そういう使い方もいいでしょうな。


エッグポテトサラダ
 どんなソースにも合う
 優しい味わいのポテトサラダ。 
かぼちゃと柿のマスカルポーネサラダ
 クリーミーなかぼちゃとマスカルポーネの
 ほんのり甘いサラダ。


ベイクドトマトのラタトゥイユ
 ごろごろ野菜のラタトゥイユ。
 甘いベイクドトマトをくずしながらどうぞ。
じゃがいもときのこのグラタン
 薄切りじゃがいもに、きのことチーズがたっぷり。
 ミートソースと相性抜群。


りんごとチーズのふんわりキッシュ
ふんわり卵の生地なしキッシュ。
 マッシュルームとベーコン入り。 
きのこと根菜のバルサミコソテー
食物繊維たっぷり、メインソースにも
 お酒にも合うやさしい酸味。


オレンジのキャロットラペ
 オレンジ、レーズン、くるみ入り。
 クミン香る酸味ひかえめキャロットラペ。
赤いマリネ
 トマト、パプリカ、いちごのマリネ。
 焼いたパプリカの甘みが絶妙。

の8種類。

1種類までは含まれているけど、
もっとほしかったので、
エッグポテトサラダ、
キャロットラペ、
きのこと野菜のバルサミコソテー
をチョイス。

オーガニックリーフサラダは自動で装備される。


しかし、金に糸目をつけないなら、
組み合わせはものすごい数になるね。
デリが日替わりともなると天文学的数字か。
誰か何種類か計算してみて(^^;


その後出来上がりを待って会計なんだけど、
盛り付け係は一人で、しかも円グラフ状に
きれいに盛り付けるので、かなり時間がかかる。

サブウェイみたいに数人いた方がいいのでは。
でも、そうすると調理が間に合わないか。。
いずれにしてもJUSTランチ時はかなり並びそうだ。

店内にお冷のサービスはなく、
欲しければミネラル250円を買うしかない。
ドリンクはどうするか聞かれたけど、
あとでコンビニでお茶買いますか。。


オーダー開始から、
7〜8分で完成してお会計。


1466円を支払い、
商品を受け取ってテーブルに運ぶ。


普段とは違うビジュアルを期待しての、
デリ多めだったのに、あまり見栄えはしないかな。。
麻婆豆腐と小麦麺じゃしょうがないか(^^;


炭水化物は麺とポテトで35%、
野菜類65%というところか・・・

ヘルシーは求めてないので、
国産小麦麺一択。
麺量100g。


表面ざらついたプリプリの麺。

麻婆豆腐は甘め。


辛さはある程度はほしいね。
そして、肉がないのでかなりあっさり。

3種選んだデリはそれぞれ美味しい。


アルコールがほしくなるよねえ。

麻婆豆腐を絡めていただきます。


思った通りの味わい。

結局麻婆和え麺にして食べていった。


劇的においしい、という類の食べ物ではないけど、
でも、このアイデアは時代が求めるスタイルだし、
選ぶのが楽しいし、とても面白いと思う。

ただ、少しばかりの提言を申し上げさせてもらえば、
1.お冷やはセルフでいいので置いてほしい。
2.タバスコ、胡椒、ラー油、酢、などがあるとうれしい。
3.スープがあるともっとうれしい。


しかし、全体的にリンガーハットがやっているとは
思えないスタイリッシュなコンセプト。
広尾という街にも合っているように思うし、
そこそこ流行るのではないでしょか。

それよりも量的に物足りなく、
コンビニでお茶だけで我慢できずに
おにぎりを買ってしまったのは主治医にナイショの方向で。


あと、帰りすがらに気に入っていた、
もくもくの前を通ったら、
麺メニューはまだまだ元気に販売中。


っつーか、進化している(@@)
汁なし担々麺とか参ったな。
久しぶりにまた来てみるか。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:38 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

麺や 金座@人形町(焼き鰆の中華そば 52/'18)

訪問日時:2018/02/22 12:00

誤情報に踊らされ、豊洲まで行ってしまったけど、
こちらを保険にしていたので、問題なし。
「ガセ」って言葉はもう使いません( ̄▽ ̄)

2/5に開店した人形町の麺や金座。
鰆の煮干を使っているというのも話題だけど、
とても美味しいというレポートが相次ぎ、
私も行ってみた。

  

亀戸に移転した麺や航の跡地。

店頭にお品書きと商品写真がある。


この手書きの告知は
大盛りができない、ってことだよね。
ちょっと誤解を招くよね。
券売機は点灯してるもんね。


お茶漬けセットが気になっていたけど、
今日は☓だ。。。

焼き鰆の中華そばを購入して、店に入る。

鰆のうんちくが貼られている。


私も「鰆蒸煮煮干し」で検索してみると、
こちらのページがヒットした。
文言がほぼ同じ(^^;

それにしても鰆は身を食べる以外は
全く知らなかった。
まだまだ未知の出汁の素がありそうだ。

待てよ。
蒸煮煮干しなのに、
なぜ焼き鰆の中華そば?


卓上調味料類は胡椒、一味唐辛子、酢。


レンゲは釜飯の釜に入っている。


向こう側はつけ麺用の割りスープ。

チケットを渡すと、
サービスのライスの有無を聞かれた。
少なめでお願いした。

前店のレイアウトは忘れたけど、
壁に向いたカウンター5席、
3人卓☓1、4人卓☓1、という配置。
厨房は奥でとても感じが良いお二人。

1番目で3分後到着。


具はチャーシュー2種、メンマ、ねぎ、水菜、紫玉ねぎ、海苔。


スープ、行ってみると、
確かに旨味がすごい。


鰆の煮干、というのはわからないけど、
ラーメンのスープとしてかなりいいね。

麺は中細、パッツン食感。



ウ(@@)マ〜〜〜!!!


これはいい。
鰯系の煮干の旨味を強くしたような、
それでいて香りが上品。

チャーシューは鶏胸肉低温調理と、


豚チャーシュー。


両方抜かりない。
かなり満足度が高い。

メンマは穂先。


噛みきれないやつ。。

ライスは素晴らしく美味しいね。
最初からお茶漬けをイメージしていたので、
先に施しておいたよ。


まずはこのまま肉をおかずに
米の美味しさを堪能し、
あとはスープをかけて、サラサラ。


こりゃご飯に合うスープだ。
ぶぶあられとわさびがほしい・・・

その後スープまで完食。
人気店になりそな予感。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:07 | Comment(0) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします