2018年09月25日

よってこや 恵比寿本店 @恵比寿(本格汁無し担担麺 雅〜みやび〜)

訪問日時:2018/09/25 12:18

最近恵比寿にいることが多い。
今日もそう。
雨が降ってきたので、近くによってこやに行こうかなと。

とても久しぶりに入る。
床の清掃が不十分なのか滑って危なかった。

デフォルトは変わってない・・・のかな?


これらには興味はない。
いや、別に嫌いではないけどね。


最近始まった担々麺の限定が目当て。

本格汁無し担担麺 雅〜みやび〜

を注文した。

食べ方指南書がある。


4つの味変アイテムが付いてくるのね。
それは楽しみ。

調味料はいろいろ。



12分後到着。


味変アイテムは
塩辛の旨味を秋茄子に吸わせたという塩辛秋茄子、
鎮江香酢に紀州南高梅を合わせた南高梅黒酢、
辣 の元という辛味玉、
花椒と青山椒をブレンドした香味油の四川山椒油
の4種。
最初の2つは聞き慣れないものだ。

本体は太麺が印象的。


肉味噌、チンゲンサイ、ナッツ、鷹の爪が乗っている。

麺、おいしいじゃん。


見た目通りの食感でナイス。

肉味噌もいいねえ。


では混ぜてからの
ずるずる開始。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ゴマペーストが利いたタイプ。
もっちり麺にタレと絡んでこれは美味しい。
塩分もちょうどいい。

うまうまと食べ進め、
思い出して味変タイム。


塩辛秋茄子というけど、
これってピータンじゃないの?
それしか頭に浮かばなくなって、
イカの塩辛の味はわからなかった。


南高梅黒酢。
これが一番気に入った!
双方の酸味が喧嘩せずにまろやかに感ずる。
家でもやってみたい調味料だ。


辛味玉。
まあ、具ラー油ですかな。
香りがよくて辛い。


四川山椒油。
というけど、どう見ても揚げた花椒のみ。
油の中身だけなのかな?
青山椒の香りはあったようなわからないような・・・。
ま、でも痺れは増して好印象。


麺と具をいただくと、
ライス割りが必須の風情。
なれど今日はやめておいた。

おいしかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

テラスレストラン@那須塩原SA(上り)(那須豚のパーコー麺)

訪問日時:2018/09/23 11:30

那須高原SAでランチにしましょ。

フードコートのラーメンもいいんだけど、
前から気になっていた、奥のテラスレストランに行く。

ここは那須豚やとちぎ和牛の料理が豊富な
洋食レストランという風情。
そしてここにはパーコー麺があるのよね。

洋食レストラン→パーコーメン→O(≧▽≦)O

私にはそういう図式が成り立つ。
惜しくも店主が急逝され
閉店してしまったオージースパイスなど。

さて、ここはどうかしらん。

DSC_4181.JPG

お。
青ねぎと白ねぎとラー油が別皿ね。

DSC_4182.JPG

素の状態がとてもきれいですなあ。

スープも馬鹿にしたもんじゃないよ、これ。

DSC_4183.JPG

鶏か豚かわからんが、
コンソメ風の味わいがとてもいいね。

麺は少しコシを感ずるストレート。

20180924_113210.jpg


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


シコっとした食感に続き、
いい感じのスープの味。
そこにはパーコーからにじみ出た油の存在も
無視できない。

ねぎを乗せてみよう。

DSC_4184.JPG

ああ、栃木のねぎはホントに美味しいよね。

那須豚の排骨は素晴らしい。

DSC_4185.JPG

豚の美味しさがよくわかる。
最初のうちはサックリ感がやや残り、
最後はスープを吸った味わいの変化も
いいなあ。

ラー油はスープを濁らすのが
いやだったので、

DSC_4186.JPG

排骨につけながら楽しんだ。

いやー、美味しかった。
ラー好き諸兄にもおすすめできますぞ。


テラスレストラン



感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:31 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国料理 鈴@黒磯(北京鶏肉煮込み麺)

訪問日時:2018/09/23 12:00

黒磯で予定していた中華店が
貸し切りだったため、
安定の 鈴 に移動した。

鈴木シェフ、こんにちは。

今日はシェフの鶏白湯に興味が湧いて、
北京鶏肉煮込み麺にしてみた。

その前に四川水餃子。


おいしくなっているんじゃない?
これとライスだけでも満足できるぞ。

これがなくなるころ到着。


ひゃー、きれいな鶏白湯ですなー。


そして上品な。。。
臭みがまったくないのに、
鶏の香りはすばらしい。

麺はデフォルトの細麺。


むむ。
この麺でははっきり言って弱い。。
すぐに伸び感を感じ、
麺が膨らんでくるような。。

鶏肉は美味しいし、
野菜もたっぷりで満足感あるのに。

これは四川担々麺に使っている、
中太麺を使ったらどうかなー。

でも、スープの美味しさで、
食べきった。

次は久々に四川担々麺だな。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:56 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

手打ち中華そば 酒田@小田栄(ラーメン)

訪問日時:2018/09/21 12:20

山形のケンちゃんラーメン。
一度行ってみたいものなのだけどね。
インスパイアは昨年のラーメンショー
平間の蕾で味わってはいて、
その方向性は私の大好きなものではある。

そのケンちゃんラーメンインスパイアを謳う店が、
今度は川崎市川崎区にできたのを知ったのは

ワクワクと行ってきた。


グーグルマップを見ると、
前身は居酒屋さん。

あとで知ったのだけど、
お店のTwitterによると、
豚魂で修行と書いてあるので、
蕾の関連店ということになるのかな?

現在オープンセール実行中。


豚骨と煮干しを使ったスープとのこと。


中に入って券売機に向かう。


ラーメン小を購入。
それと身入り券ももらい、
スタッフさんに渡した。

調味料類は唐辛子と胡椒。

4分後到着。


脂身が真ん中に鎮座。


スープをいってみると、


ふぎょぎょ!

こりゃうまい。
豚骨煮干しという括りではあるけど、
和風を感ずる優しい味わい。

麺は確かにねじれている。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


もちもちの麺、
しっかりと美味しいスープを引っ張りあげ、
とってもいいね。
やはり蕾と似ている。

脂身は甘さがあり、
全体のコクを強くしている。

チャーシューは柔らかタイプで
美味しい。


好きなやつ!

メンマは細い。


これも蕾譲り。

唐辛子がよく合う。


脂の層をよけ、ほぼスープまで完食した。
おいしかったー。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火鍋屋 赤坂店@赤坂(汁なしタンタンメン) 火鍋屋 赤坂店@赤坂(汁なしタンタンメン)

訪問日時:2018/09/20 13:15

お昼が遅くなった。
正午前後に食べられないとイライラするし、
同時に思考回路が鈍くなる。
そんなこんなで考えるのも億劫になり、
赤坂の火鍋屋へ入った。

店に入るととても賑やか。
ほとんどが一人鍋で火鍋を楽しんでいる。

IMG_4949.JPG

冷やしもいろいろ。

IMG_4950.JPG

私は火鍋には興味ないので、
汁なしタンタンメンを注文した。

お冷はぬるいプーアル茶。


到着。


付属のスープはとろみがついた薄味。


塩気が薄い。

サラダはキャベツ主体。


漬物は白菜。

麺がいいと聞いていたし、
この独特な風貌に興味はあった。


肉味噌、ねぎ、四川の漬物 芽菜?が散りばめられている。

麺は熱々だ。
テボからそのまま器に入れ、
ほぐしていないのがよくわかる。


一口いくと、それほどの麺には思えない。
というか、茹で過ぎちゃったのかな、という感じ。

芽菜が良い風味だね。


底の方からよくかき混ぜたいが、
麺がくっついてよく混ざらない。
そこそこにしてパクつく。


ラー油の香り、タレの味の具合、ナイス。
個性的な味わいだけど、これは美味しい。

辛さはほどよい程度。
痺れはほぼない。

麺量は200gオーバーじゃないかしらん。
結構多かった。

お遊びしてみたけど、


これはしない方がよかった(^^;

最後は杏仁豆腐。



おとなりの麻婆豆腐がおいしそうだったぞ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

中華そば よし川家@西那須野(チャーシューワンタンメン)

訪問日時:2018/09/19 12:25

栃木県は白河市に近いせいか、
白河ラーメンの店が結構ある。
今日はその一つ、大田原のよし川家へ。


こちらの初代はとら食堂出身。
現在の2代目は、東京で修行経験があるらしい。
修行時代は麵屋 江武里の店主と一緒だったということで、
つい先ごろ、コラボの限定を出していて、
それが非常に興味をそそられたけど、
きょうはそれはなかった・・・


王道のチャーシューワンタンメンを注文した。

このほか、豚ガリ飯なる、
サイドメニューもあったけど、
ワンタンがたくさんだとお腹も膨れるので、
魅力的ながら今日は回避。


調味料類は胡椒、酢、醬油、ラー油ほか。
こちらラー油は自家製で販売もしている。

到着。


もう見た目で引き込まれる。


すぐにレンゲを差し込む。


美味しい白河ラーメンにありがちな、
一口目がおとなしい感じ。
だけど続けていくとその美味しさに
レンゲが止まらなくなる。

麺はと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ボコボコではなく、ぎりぎりのところで
もちもちの食感を保っている。
この感触は見事。

スープの絡みもすばらしく、
箸がどんどん進む。

チャーシューは2種。
もも肉と


かぶり肉。


焼いた香ばしさ、
醬油の風味、
大好きなやつだ。

メンマは角がシャープで、
これも好きなタイプ。


うまいわー。

ワンタンは皮が厚いタイプ。


実はちゅるちゅるよりも
こういう方が好きだったりする。

美味しかった。
スープも飲み干して、
満たされて店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:45 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

麺屋でこ@新丸子(特製濃厚牡蠣そば)

訪問日時:2018/09/15 11:40

久しぶりになおさんの顔を見にいくか、
ってことで、麺屋でこへ。

商品写真があって、わかりやすいね。


味噌そばも宿題なんだけど、
今日はこいつが目当て。


ちょっと寒かったし、
こういうのもいいなと。

なおさん、お元気そうで。
変わらずの活況、ナニよりです。

メニューは基本変わらないけど、
和え玉が2種類できていた。


ハーフもあって、こいつは重宝するね。
今度頼んでみよ。

到着。


うははー
見るからに濃厚。


スープはとろんとろんで、
牡蠣の香りがぶわっと!
でも、生臭くないぎりぎりのところで、
牡蠣のもつ磯の香りをうまく引き出している。



極上ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


時折あたる柚子皮の風味もナイス。
これはすごい限定だ。
少し前はこれが冷やしだったらしいが、
それもまた美味しかろうて。

チャーシューの安定度は変わらず。


穂先メンマもこのスープがよくあっている。


このスープには七味だあね。



おいしかった。
なおさんの限定はやっぱりすごい。
次の日には
天然真鯛と天然平目の出汁そば(龍宮城か!)、
をやっていて、これも食べたかったなあ。

また来ます。
いつもお気遣いありがとうございます。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:57 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

中華そば 来味 板橋店@板橋区役所前(ラーチャン)

訪問日時:2018/09/14 12:10

生姜醬油、濃厚味噌、背脂煮干し、
カレー、あっさりとある新潟5大ラーメン。
最近は麻婆麺を加える向きもあるようだけど。

このうち首都圏で純粋に新潟発をいただけるのは
生姜醬油、濃厚味噌、背脂煮干しの三つで、
三条のカレー、新潟市のあっさりは
ない・・・よね。

あっさりは一時期、
川崎にインスパイアがあったけど、
すぐになくなっちゃったし。

でも、今度は正真正銘、新潟あっさり、
しかもラーチャンが売りの店が移転してきた!
支店ではなく移転。
こういうのも珍しい。


この場所は零式だったところ。
中に入るとレイアウトが変わらず懐かしい感じ。

券売機を見る。


まだこれだけ。
新潟時代はワンタンメンとかつけ麺、
冷やし中華もあったので、
そのうちリリースされることを期待したい。

いわゆる半チャンラーメンのラーチャンを購入した。
新潟ではラーチャンというのが一般的らしい。

L字型カウンター9席に4人卓☓1。
前はテーブルはなかったな。

厨房は店主さん一人で作業。
ホールは奥様?
厨房スタッフの女子、と3人体制。

最初に見事な手さばきで作られた、
チャーハン到着。


金属のスプーンがありがたい。
レンゲは食べにくいからね。

で、これうまいな〜〜〜!


ラードの香りが見事に活かされている。

これを配膳してから、ラーメンを作りはじめ、
その2分後本体到着。


ねぎがチャーシューの上に乗せられているのは
素のスープをまず味わうべき、ということかな。


では、と味わうと、
煮干しが優しくきいた、あっさりスープ。
熱々で、少し風味が飛んでる気もするけど、
全く意義はなし。

ストレート麺をすする。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


懐かしい味って言うより、
新潟の本物ご当地がいただけるという
感動にも似た味わい。

隣の女子がニコニコしながら、
召し上がっていたのが、
よくわかる。

チャーシューは極上に美味しい。


箸で持てないほど柔らかい。
チャーシューメン、うまかろうなあ。

メンマは細い。


そして美味しい。

ねぎもスープに合うし、
全ての具が全体の味をブーストアップさせる。

そこにチャーハンの香りがまた合うわ。


チャーハンをいただいてこそ、
ラーメンも生きる、そんな感想をもった。

東京で長い繁栄を祈ります。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 09:31 | Comment(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

栄楽@渋谷(カレーそば)

訪問日時:2018/09/13 12:43

気が向いたら行ってみようかな、
くらいに思っていた恵比寿ガーデンプレイス近くの店。
今日気が向いて行ってみたら、
かなり宗教色が濃かったので、
入るのを躊躇した。

で、近くの大型宿題店、栄楽の門をくぐった。


暖簾も幟もないので、
中華料理屋と知っていないと入らないよね。


抜粋してあるこの辺が
オススメメニューってところか。

中に入ると、店主さんの笑顔がお出迎え。
一気に緊張がほぐれた。
良い店だ・・・


グランドメニューを見るまでもなく、
決めていたカレーそばをお願いした。

店主さんは一つ一つをとっても丁寧に作る。
女将さんはそれを全部味見するんだね。

3番目で16分後到着。


醤油ラーメンに用事調整のカレー餡が乗ったもの。


端の方はカレーに侵食されてないので、
そーっと、


ウメ!

げんこつ100%という清湯スープは
上品で美味しい。

自家製麺もそーっとそーっと、


デフォルトのラーメンの美味しさが
ものすごくよくわかる。
これは好きなやつ!

では、中心に箸を差し入れて、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


カレー餡はそれほどカレーの主張が強いわけではないんだね。
全体に塩分は控えめだし、辛さもさほどないし、
やさしいやさしいカレーラーメンという感じ。

餡は豚肉、白菜、ねぎ、キクラゲ、タケノコを含む。


熱々で、麺食べの箸休め的に
食べ進めた。

最後はカレー餡でトロトロになったスープが残る。
これが最初のころとは全く違う味わいで面白い。

おいしかった。
ラーメン半チャーハン、いつかいただきたい。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

もつ焼きと担々麺 ぶた横丁 京急蒲田店@京急蒲田(焼麺汁なし担々麺)

訪問日時:2018/09/11 12:13

京急蒲田アーケード商店街に
新たな店ができた。
「もつ焼きと担々麺」という
珍しい取り合わせ。


隣は担々麺で有名なパンダ乾杯楼。
麻婆焼きそばが気になってるんだよね〜


外には立ち飲み的なコーナー。
夜は外でも飲めるようだ。

中は直線カウンター4席☓2列。
入り口は左右にあり、
右側はどんつきになっている。
左側は手前にカウンターで、
さらに奥へと続いていて、
テーブル席もあるようだ。


@のぶたよこ汁なし担々麺がデフォルト。
Aの黒は竹炭使用のタレ、
Bの白は豆乳使用、
Cの赤はトマトの赤、
Dの緑はグリーン野菜の緑、
Eの赤激辛はかなり辛いらしい。

FGHはなぜかなくて、
10の担々茶漬けは最後にライスを入れ、
ほうじ茶を注ぐものだって。

17の焼麺汁なし担々麺が非常に気になったので、
それを注文した。
スタッフの中では一番人気だそうだ。

冷タンは店のロゴ入り。


右は青山椒。

3番目で7分後到着。


デフォルトの汁なし担々麺に
甜麺醤を使ったソースがかけてある。

肉味噌が非常に美味しい。


浅草開化楼の麺を両麺焼いてある。


なので、混ぜづらい。
でも、ゆっくりと混ぜ、食べ方開始。



カリ(⦿⦿)ウマ〜〜〜!!!


この食感で、この味わいは初めての経験。
味のベースは醬油タレとゴマペースト。
ゴマ風味がやりすぎでなく、バランスがいいねえ。

そして、甜麺醤のほのかな風味と
甘みがコクをプラスしている感じ。

麺は焼麺劔を思い出す、ナイスな食感で香ばしい。
焦げていない部分はもちろん、もっちもち。
この対比も面白い。

一緒に供される信号機のようなカラーの香味油。


花椒油、辛いラー油、抹茶油。

花椒油は確かに香りはある、
赤いやつは少量でもかなり辛い、
抹茶も香る。
でも、所詮全部油なので、
そんなにたくさんかけられないよねえ。

青山椒のミルは擦りづらく、
100回くらい回したと思うけど、
香りが少し楽しめる程度だった。
痺れを感じたい〜〜

それと、来週から提供予定という、
コーヒー風味の味変グッズを試させてくれた。
それがすばらしかった。

苦味と焦げ臭さがとっても良い味変になる。
好き好きはあるだろうけど、
これは発明かもしれない。

担々麺は夜も提供可能なので、
もつ焼き後担々麺、全くアリだ!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:52 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします