2018年07月29日

ゲストハウス蔵の街キッチン@栃木(牛肉麻辣まぜ麺)

訪問日時:2018/07/28 12:50

北へ向かう途中で、
栃木の新店を目指す。
あまり情報がなかったんだけど、
なんとなくいい感じがしたのでね。

栃木市は本当に素敵な街だ。


蔵や古い木造建造物が
いたるところにあり、小江戸という風情だ。

この橋の反対側に目的の店はある。


宿 麺

と書かれたエントランス。


ゲストハウス

とう冠が付く通りに
こちらの店は宿泊施設も兼ねている。
その一階がレストランになっている。

ラーメンという文字がなく、
知らないとわからないかもね。


飲食目的で入るのを
若干躊躇する佇まいだけど、
私は駐車場に車を入れていると、
奥様が出てきて、
招き入れてくれてその思いはなかったけど。

中に入ると、宿のレセプションを兼ねた空間。


奥様によれば、
純然たる宿泊客もいるし、
お店で飲んでいてそのまま泊まってしまう
方もおられるとか。
そりゃオーベルジュ的でいい使い方ですなあ。

こちらはこの7/24にリニューアル。
前は各国の数多くの料理を提供する
レストランだった。
ラーメンも含まれていたけど、
今回シェフが大好きなラーメンを
専門として再出発ということらしい。
名残のお品書きもあったけど、
すごい品数だったよ(@_@;)

朝7時からは朝食会場となるらしいが、
そのときはラーメンはないみたい。

お品書き拝見。

IMG_4384.JPGIMG_4383.JPG
IMG_4386.JPGIMG_4385.JPG

ラーメン二郎風とは聞いていたけど、
写真と説明を見る限り、
かなりのこだわり度が伝わる。

無料トッピングと有料トッピングが
わかりやすいよね。

ごはんもある、
黒烏龍茶は店主が実際に
買い付けに行ったとか。

IMG_4387.JPGIMG_4388.JPG

来る前は豚麺にしようと思っていたけど、

麻辣

というワードに弱いので、
牛肉麻辣まぜ麺の並をお願いした。
トッピング類はなし。
楽しみ。。

卓上にはタレとマヨネーズ。


先客0で、8分後到着。


いやいや豪勢なビジュアルだこと。


煮牛、メンマ、玉ねぎ、茹で野菜(もやし・キャベツ)、
ねぎ、パクチー(事前に大丈夫か聞かれる)、卵黄、
ナッツなどがきれいに配置されている。

特に大きな煮た牛肉が目立つ。

麺を引っ張り出すと、


もっちりツルツルと
かなり主張のある麺だ。
これはいい!

逸る気持ちでまぜて
いただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


牛の脂の香り、タレの見事さ、
何ともセンスを感ずる作品だ。

牛肉のせいか、ミートソースのような味わい、
あるいはサルサみたいな風味も感ずる。
辛さ、痺れのバランスがナイス。

ニンニクもきいていて、ガツン度もある。
パクチーも必須のアイテムだと思う。

煮牛がまたもう。。。



めちゃ(≧▽≦)うまい!


これでご飯を食べたい。
っていうか煮牛マシすればよかった、、、

メンマもいいね。


ちょっと薄いけどね(^^;


味の濃さはそこそこあったので、
タレは使わず、マヨネーズを試してみる。


これが最初から入れてもいいな、
と思うくらいの相性。

なんと楽しい食べ物か。。。
笑顔でずんずん食べ進めてた。

辛さはそこそこあるけど、
無料トッピングのラー油と一味は
頼みたかったかな。
っていうか、それくらい提供時に
同時配膳されてもいいと思うが。

そして完食。
スープ、タレがいい具合に残るので、
小盛りにして、ライス割りもいいね。

おいしかった!
二郎風の豚麺、
蘭州拉麺・台湾ラーメンオマージュの
牛麺も超気になる。

奥様もすごく感じがいいし、
また来てみるかな。
今後エスニック系の麺もリリース
していくと仰っていたし。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 09:49 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

恵比寿 新東記@恵比寿(ラクサ)

訪問日時:2018/07/27 12:25

最近恵比寿に用事が多い。
今日はずっと行きたかった店に
いってみることにした。

線路に沿って坂を上がると店はあった。


この左側の階段を登るのが、
最初わからなかった。
だって、それらしくないし。。

でも、看板もあるし、


行ってみよう。


やってるね。

ここね。


シンガポールもタイもベトナムも、
そっちの方面の料理は大好き。

店に入ると女子率高し。
テーブルに案内されて、
メニューを眺める。

IMG_4370.JPGIMG_4368.JPG
IMG_4369.JPGIMG_4367.JPG
IMG_4371.JPG

海南鶏飯、ラクサ、肉骨茶と
シンガポール名物はきちんとある。

ラクサとミニ海南鶏飯のSET Cを
お願いした。

卓上に調味料類はなし。

一番目で4分後到着。


きれいなラクサだ。


具は海老、油揚げ、もやし、ゆで玉子、
蒲鉾、パクチー。

ココナッツカレースープをいってみると、


こりゃーうまいね!
上品な甘さで、ほのかに辛い。

麺は細麺。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺は箸で持つと固めなのかなと思いきや、
口に入れるとその柔らかさにギャップを感ずる。

でも、頼りないわけではなく、
かなり合った麺だと思う。

これは本場よりもいいね!

具たちもそれぞれ良い味をだしている。


麺量は少なく、すぐに胃に収まったので、
海南鶏飯を。


最近は揚げたタイプも
本場では流行っているけど、
私はこの蒸し鶏がいいな。
このブラックソースが好きなんだ。

また、ジャスミンライスがやはり好き。

こんなこともしつつ、


ガツガツといただいた。

最後はスープもほぼ完食した。
良い店だ。
チリクラブとか肉骨茶もいただいてみたいので、
夜に来てみるか。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

らぁめん 葉月@雪が谷大塚(濃厚煮干らぁめん)

訪問日時:2018/07/26 11:58

葉月の木曜日限定に惹かれて
やってきたよ。

外待ちはゼロ、中に2。
今日は直射日光がないので助かる。

って言うか曜日限定の
貼り紙がないな。。。
もう終わったのかな?
ナポ 食べたかったな。。。

やがて中に移動し、
吉田夫妻にご挨拶。
すると、曜日限定は終了とのこと。
でも、今日は今年最後の
濃厚煮干らぁめんがあるとのことで、
それをお願いした。

座ってから10分後到着。


かいま見えるスープは黒い。


マー油が覆っているね。

すすってみると、
なんと濃厚な。。


セメント系とまではいかないまでも
すごい煮干感。
でも、上品さもあり、
いかにも葉月らしい。

奥様お手製の麺を、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



やっぱり葉月は美味しい!
と思う瞬間。
濃厚なのに、しつこさがない。
黒マー油すらサラリと感ずる。

チャーシュー、最高。


開業以来変わらない、
と言うか、進化を続けてきている、
と思う。

メンマも繊維に逆らって、
噛みきれてすばらしい。


マー油もだいぶなくなり、
煮干スープが現れてきた。


煮干はいいねえ。

300gの麺を胃に納めると、
最後にやっと姿を表した
スープ表面。


どろどろだー。
最高に美味しかった。
また来まーす。


ところで、
葉月は10月くらいから
味をガラリと変えるそうだ。
事情を聞くとそれもまた仕方ないこと、
と思ってしまう。
名残惜しくはあるけど、
新たな味も楽しみ。

でも、最後にデフォルトはいただいて
おかないとならないな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

すぱいす食堂@京成船橋(かれー辛麺)

訪問日時:2018/07/25 12:40

船橋まで所要にて、
オープン前から気にしていた
すぱいす食堂へ足を向けた。


昨年11月28日に開店し、
1階は気軽に一杯飲めるラーメンバーで、
2階はスパイシーな薬膳鍋、地鶏の山椒鍋が人気の
居酒屋だそうで。

店頭の券売機を見て、


開店当初はなかった
カレー辛麺をチョイスした。
あと小ライスもね。
グリーンカレー辛麺もとても気になる。

店に入ると8席のカウンターのみ。
チケットを渡すと、
辛さと麺の種類を聞かれる。


辛さは無難に、
きたきた〜!
の3辛でお願いした。
麺は中華麺で。


目の前には飲みメニューが。


ピッツァもできるんだね。
駅近だし、帰りに寄る人
多いんだろうね。

調味料類は、醤油、酢、ラー油、
胡椒、七味唐辛子。


先客0で8分後到着。


溶き卵、ニラ、もやし、クコの実、
糸唐辛子、刻み玉ねぎが具として入っている。

辛麺。
いわゆる、宮崎辛麺スタイルね。


スープはサラサラでスパイシー。


札幌のスープカレーっぽい。

麺は中細平縮れ。


うは。

うまい!

3辛は私にはちょうどいい。
汗は吹き出してくるけど、
お腹が温まる感じだ。

薬膳 というワードが頭に浮かんだ。
胃の調子がいまいちなので、
これはありがたいかも。

玉子がとろとろで美味しい。


ライスに乗せておく!


これがうまいっす!

麺と具がなくなると、
スープカレータイム。


いいねえ。
ご飯合うねえ。

最後は面倒になったので、


ずるずるサラサラ〜〜〜

と、楽しく食べ終えた。

ますますカレー麺を追求したくなった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:59 | Comment(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

チャメ 恵比寿店 @恵比寿(そば担々)

訪問日時:2018/07/24 11:50

ある日恵比寿を歩いていて、
見つけてしまった「まぜそば」の文字。
あとで調べたら、韓国料理店が
期間限定でまぜそば3種を提供しているのがわかった。

本日突入決行。


あるね。

https://lh3.googleusercontent.com/nicaEwk_HyrM65dzhgphTuyCeq7wWfXBSfOQPWapP1YYZRGOs9OL-v2JkkaUq9PTuP_3xtZD7tuPyLmhN9IigbFJ6oYC5tEIIcqwrHwo-enx6P5DG932TaducCPS-zTkk02nRtSULJ6Hdm0btGGgraE-i3TUPwUQKfJTWf9RFAlQNROEDLujLBxIsEvpSKY_yDrnfuRH4pg5KyClrdRf76BhPwfWDBTuOj9fD169kv9i6FGcyLpWvSO1hldGKcopQHSm4BOMCAVktOUs6jQ53pZc1hSBjs2tIoDndR0Pdx5X2ELf1xC4Hl1M_ILK5-yP3fxZf0xN3XDeM5b972lPowHay6f4WxGat2NFQ9GihIq_4kuWe9V1-VGjQQobLwMg6NmdTfqAn0dX4YOD1cGFo9g8eDFArtN-MOLcWh88AFopr3m5_GdIz9irOZqmbHFkNzvKITIUXkZ-SshEl2LG22Q9X-_mE8z8aZp5nDrl6vYqFxVILVoceSFje4cV86UXXRySP1PgJcW-xn9ajRz0_ZuT9TfQ34kLnwW8EWzVF0j8WkLNNF3M9jccjBM_qL-W4jhGBHY5w2e0d-xESaSgQSUKbOoOBaMwnDwkmhbE=w420-h560-no

店に入って驚いた。
ほぼ満席じゃん!
こんなに人気ある店だったとは。。

席に案内され、まぜそば類の
お品書きだけを見る。


そば醤油は販売休止中。
字が違うけど、そば坦々をお願いした。
店頭の看板はちゃんとしてるのに。。。
あと小ライスも。

注文を済ませると、
酢、ラー油、もやしナムルがセットされた。


お冷やはコーン茶。
冷たくて美味しい。

周りを見渡すと、
女子の一人客が多い。
そのほとんどがスンドゥブを召し上がっている。
熱々で美味しそうだ。


座って8分後到着。


いい香り。
うまそうだ。


具は肉味噌、青ねぎ、ナッツ、玉ねぎ。

麺を引っ張りだすと、


これがかなり良い麺。
もっちりしていて、
茹で方もベスト。

まぜまぜしていただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ありゃりゃ。
これは美味しいですぞ。
花椒もほのかに香るし、
肉味噌の味がナイス。
辛さは控えめ。

肉味噌はゴロッとした鶏肉。


甘からでホントに美味しい。
、、ので。


坦々ごはん、なんてメニューも
あっていいと思うレベル。

その後食べ進めていくと、
底の方のゴマダレも混ざってきて、
マイルドな感じになってくる。

また、ナッツ類もかなり効果的で、
歯に当たる度に食感が楽しいのと、
香り高いのが満足度高い。

麺はそれほど多くないので、
あっという間になくなり、
ライス割り。


もやしナムルも一緒にね。


むむ。
うまいなー。
ご飯そのものが美味しい。

そして、完食を迎えた。
腹いっぱい。。。
そばチゲは大きな牛肉が入っていた。
あれも美味しいに違いない。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

蕾@平間(正油豚骨ラーメン)

訪問日時:2018/07/22 11:50

平間駅からすぐ、
川崎街道沿いの豚魂はその後 魚魂→麦魂と
変遷を繰り広げてきたが、
今度は「蕾」にリニューアルされた。


山形のケンちゃんラーメンを
彷彿とさせるそうだ。


入店すると若い店長さん?
はそのまま。

券売機に向かう。


麺量はこんな。


豚骨系の正油豚骨ラーメンと
煮干し系の中華そばの2本立て。
汁なしもあるね。

おとなしく正油豚骨ラーメン小に決定。

お冷を汲んで席に着く。


麺の固さ、油の量、味濃さは
調整してくれるようだ。

お隣は大を召し上がっていたけど、
かなりのボリューム(@_@;)

調味料類は上の写真中の
酢、タレと、


胡椒、辛旨、一味唐辛子。
旨辛は辛味噌みたいな。

1番目で4分後到着。


おお、チャッチャッチャ!


ん?
ケンチャンラーメンは未訪問だけど、
背脂チャッチャ系だったっけ?

まあ、いいけど、
まずスープ。


うほ。
うまい!!!
ライトな豚骨なれど、
豚の風味はすごい。

塩分濃いけど、
今日は暑いし ちょうどいいかも。
山形の醤油メーカーに特注したという
カエシは甘みがあって好きなタイプ。

化調もうまく使っている感じ。

麺はもっちもちだ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


こりゃたまらん!
とっても美味しい!
麺の食感、スープのキレ、
かなり好きなタイプ。

でっかいチャーシュー、うまし!


前と同じ仕込みだね。
いいね。

細切りメンマもいいね。


最後は辛旨で辛味プラス。


自家製なのかな?
唐辛子のいい香りだ。
そして爽やかな辛さが広がる。

麺は200gあったの?
と思うくらいにするするっとなくなった。

その後は脂の層を残して、
しょっぱくも美味しいスープは
ほぼ飲み干してしまった。

煮干し系も汁なしも試してみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:46 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つけ麺 たけもと@雪が谷大塚(マッサマンカレーつけ麺)

訪問日時:2018/07/21 11:34

たけもとさんのツイートを見てしまった。
今度はマッサマンカレーつけ麺。
毎週のように新たな限定をリリース
し続けているのはすごい。
よくも次から次へとアイデアが
生まれるものだ。

ってことで、
3日ぶりの麺はたけもとに決定。


アセってぶれた(><)
中に入ると、1席だけ空いていた。
相変わらず人気は安定している。

券売機で、


限定3のボタンをプッシュ。

こうやって改めて見ると、
このところ限定ばかりで、
デフォルトは覚えてないくらいいただいてないな。
レギュラーになった担々麺もしかり。
いずれ触手を伸ばそう。

竹本さんは今日もいて、
全体を見回している。

野菜酢と八味は
専用ボトルになってるね。
カレー塩は変わらず。


到着。


麺はデフォルトのつけ麺よりも
やや細いかな。


乗せものは
鶏チャーシュー、パプリカ、貝割れ、豆類。

スープには玉ねぎや、
ドライのスパイス類が浮いている。


まさぐってみたら、
イカが出てきた!


出汁にも使った感じかな?

ではでは。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


サラサラのカレースープは
昨日から煮込んだとか。
ルーを使わず、スパイスだけで
マッサマンカレーを表現。

サラサラなので、多少おとなしめの
中太の麺を使ってきたようだ。
スープとの絡みもベスト。

鶏肉美味し!


そのままでも、
スープに浸けてもめっちゃうまい。

わずかにレンゲに乗っているのは
デフォルトでもある鶏皮か?


この量ではあまり効果は感じられない。

並盛りの麺はすぐになくなってしまって、
スープ割り発注。


ねぎやら、玉ねぎやら
入って返ってきた。

こりゃうまいね。
複雑なスパイスがよくわかる。
麺を食べてる間は食べにくかった豆類は
残しておいてここに放り込んだ。


合うね!
そして、めでたく完食。

満たされた〜


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 09:42 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

麺屋 うしまる@大山(にぼし牛骨らーめん)

訪問日時:2018/07/18 11:50

大山に新店の情報。
調べてみると、麺屋竜神→らーめん外宮の場所。
外宮はいつの間にか閉店していたのね。
表参道のRamenDining JINGUの姉妹店で、
牛骨ラーメンを出していたはず。

今度も牛骨ラーメンが主役なので、
関連がはずれて、独立ってことかしらん。


ロゴマークは違ってるけど、似てる。

店に入って券売機。

IMG_4236.JPG

外宮とほぼ同じみたい。

麺量はこんな感じ。


にぼし牛骨らーめんを購入した。
サービスのライスは大中小から小でお願いした。

卓上調味料類は豊富。


胡椒、ラー油、酢、ごま、
おろしニンニク、豆板醤、
キュウリのキューちゃん。

先客ゼロで3分後到着。


ああ、こういうやつか。
セメント色に近い、濃厚煮干スープだ。


味は牛骨の風味がよくわかる。
あまり経験のない味わいで、美味しい。

麺はこの手にありがちな
ザクザクタイプ。


牛骨の香りがするあまりない味わいとは言え、
あまり目新しさは感じないかな。
でもうまいね。

メンマがすごくよかった。


でも、チャーシューはあまり好みではない。


後半は供された煮干酢を
入れてみたけど、
私には不必要だった。

ライスには最初こうしたけど、


この方がよかった。


ライスはところどころ乾燥して固い。
何日目かの炊飯器のご飯のよう。

スープに浸しても固い。


ちょっと酷くて、サービスにもかかわらず、
ごはんは残してしまった。

まぜそば、気になる。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

J.S.CURR 渋谷宮益坂店@渋谷(ローストビーフの韓国冷麺カリー)

訪問日時:2018/07/17 12:20

ちょっと予定していた店にフラれ、
渋谷をうろつくことになった。
車を10分500円のコインパーキングに停めたので
アセアセ💦💦

思い出したのはJ.S.CURYYというカレー屋さん。
この7月から9月末まで
"アジアンヌードル×カレー"
という企画をやっている。

7月はローストビーフの韓国冷麺カリー。


8月9月はそれほど興味はないけど、
韓国冷麺のカレー味には惹かれた。

1階のカウンターで注文して、
2階の席で待つシステム。


調味料は福神漬とカイエンヌペッパー。


先客は2名、後客2名。
意外とすいている。
10分後到着。


味変用の酢がミルクピッチャーに入っている。

ローストビーフは細切り。


他の具はもやしナムル、きゅうり、ゆで玉子、
コーンチップス、糸唐辛子など。

スープはどろどろだ。


確かに韓国冷麺のテイストを残しつつの、
カレー味。
美味しいけど曰く言い難し。

麺は例のゴムみたいな食感だけど、
表面がざらついていて珍しい食感。


カレー風味はそれほど強くなく、
いかにも韓国風という風情だ。

このコーンチップスがいい仕事をする。


存在感ある香りと食感で、
後半飽きさせない。

冷麺に入れるように、
酢も入れてみたけど、
私は不必要だったかな。


予定はしていなかったけど、
ライスも頼んだ。


まずはローストビーフをおかずに
数口いただくと、それはそれは合いますよ。
このローストビーフはかなり良いお味です。

それはライス割りした後でも活きる。


福神漬にも手伝ってもらった。


カレー麺のライス割りとしては、
変わった風味ではあるけど、
冷たいスープが温かいライスで温められて、
また違った味わいになるから面白い。

全体的に辛さが物足りないので、
最後はカイエンヌペッパーを。


辛さ満足!


おもしろい料理だった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:15 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やきとり児玉@三軒茶屋(かけそば)

訪問日時:2018/07/17 18:30

レセプション以来の訪問。
機会をうかがってたけど、
早く来たかったです。


今日も八海山ヴァイツェンから。


今日のコースはこんな感じ。


焼鳥の5種類目を選ぶ方式。
私はつなぎにした。
また、野菜焼きは2種を選ぶ。
私はアボカド、ねぎを選択。

お品書き、他のページも一応。

IMG_4198.JPGIMG_4199.JPG
IMG_4200.JPGIMG_4201.JPG

飲み物いっぱい。
それぞれにこだわりを感ずるラインナップ。

夜8時以降はアラカルトもOK。

IMG_4202.JPG

見慣れた日本酒メニュー ♫

IMG_4203.JPG

まずはアミューズ的な
キンカントリュフと自家製の甘酒。


まさ吉では見慣れたキンカンとは言え、
これは出汁も張ってあり、
すばらしい味わい。
甘酒もすごく美味しい!
元気が出る感じ。

前菜盛り合わせ五品。


卵焼き、茶豆、鶏胸肉、
トマトの煮浸し、鶏皮。
まさ吉で食べ慣れた五品。
少量ずつがうれしく、すばらしい。

ってことで、早速お酒を。


今年も可愛いラベル。

とりわさ。


レバーと胸肉低温調理。
うまいよ〜〜

次の酒は19。


レバーパテ。


柔らかくて黒胡椒がワイルドさを演出。
実に美味しい。

自家製ぬか漬け、大根おろし。


このタイミングで来るのか。
まさ吉では附出しだったけど。

焼きもの だき身。


わさび、梅、明太子。
変わらぬ美味しさ。

東洋美人いってみます。


もも。


つくね。


うまいうまい旨いうまい!

アボカド。


まさ吉で感激した、
アボカドのたれ焼きだ!
またも感激!

お皿はサザエさん!


その他も見せてくれた。


いいな、これ。
私もヤフオクで探してみるかな(^^;

栃尾の油揚げ。


身のしっかりした栃尾揚げ。
これは東京のスーパーで買うものとは
異質の美味しさ。

手取川もいきます。


ねぎ。


甘くていいねぎっす。

このあと撮り忘れの
てば を挟んで、
つなぎ。


絶品中の絶品。

しめは当然かけそば。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いつもの佐野麺とは違う。
鶏の上品で濃い出汁がたまらん。
替え玉したいくらいだ。

付属のゆずペースト。


これを入れると美味しさ加速。
・・するけど、味変不要なほど
完成度の高いスープだと思った。

同行者のTKGと鶏茶漬け。


TKGはいつもの美味しさ。
鶏茶漬けはやばい美味しさ。

デザートはブドウ4種。


瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカット、
ピオーネにルビーロマンだったかな?
甘くていいですね。

添えてあるのは紙に包まれた
チョコレート。


子供の頃、おばあちゃんのくれるお菓子は
紙に包まれていた、との思い出からだそうだ。
でも、中身は子供には相応しくないビターなチョコ(^^;


あー、楽しかった。
いつでも何度でも来たい店です。


やきとり児玉

感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします