2023年02月01日

ラーメン たかはし@那須塩原(漆黒まぜそば)

訪問日時:2023/02/01 12:00

那須塩原の比較的新店にGO!
広ーい駐車場に停めて店前に向かう。


昨年3月に開店、ラーメンたかはし
同じく大田原にある麺屋たか関連。
高橋大将が2店とも経営にあたるけど、
平日は本店におられるとか。

麺屋たかと言えば、
半端ない種類のラーメンを提供するので、

あにはからんや、こちらでもすごい量だ。


今日は幸いにも並びなし。
中へ入りますと、大きな券売機がある。


これほど品数の多い券売機も珍しい。
店内にも飾られた商品写真を見ながら、
大いに迷ったけど、名前に惹かれて漆黒まぜそばをプッシュ。

6番の席に案内された。
スタッフさんにチケットを渡すと、


いろいろ選ぶことになる。
麺量は小、麺の種類は中太、
チャーシューは煮込みのバラ肉をチョイス。
そしてマヨネーズとニンニクの有無を聞かれ
ニンニクは少し。
辛さと花椒を小、普通、大辛から普通で、
最後に、付属のスープも頼んでオーダー完了。

女性スタッフさんの感じがとても良いので、
これだけのチョイスをストレスなく選べるのはありがたい。

チャーシューは
煮込みと焼き低温調理と
低温調理かぶり肉の3種類になる。


しかし、すごいな。
もはや何種類のラーメン類があるのか、
数えるのも難儀だし、ここに記載するのも面倒だ(^^;
チャーシューと麺を選ぶとなると、
その種類は天文学的数字。。。

ご興味ある向きは。
写真からご判断くださいませ。


調味料類は、
一味唐辛子、胡椒、ラー油、酢、正油、
たかでもあった辛子ニラ。


やはり人気店だけあり、。
どんどん人が入れ代わり立ち代わり入ってくる。
常連さんも多いようだ。

6分後スープがやってきた。


外は寒かったので、これで温まる。
とても美味しくて、中華そばが気になる。

その3分後本体到着。


漆黒 っていうのは海苔によるのかな?


まずは麺を引っ張り出すと、重い。。。


もっちりと良き麺であります。

そして、混ぜる混ぜる・・




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



これは楽しい!
ものすごくいろいろな味が楽しめる。

タレの美味しさがズドンと来る。
辛さと痺れはそれほどでもない。

バラ肉煮豚は、


抜群の味付けで、柔らか。
これは美味しいなあ。

メンマが2本だけ入っている。


すばらしい食感と味付けだと思う。


飽きはしなかったけど、
味変は辛子ニラを少し。


いいね、目先が少しだけ変わって、
箸が加速した。

脂も多かったけど、
満足して食べ終えた。


はっきり言って、他のメニューは
全部気になるけど、チョイスも含めると。
一生かかってもコンプリートはできないね(^^;
でも、また来てみよう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


021


感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月31日

彬龍華 66@五反田(66胡桃担々麺)

訪問日時:2023/01/31 11:30

五反田はヤザワミートの街。
ミート矢澤、あげ福、鉄板バル チェローナ。
どの店もかなりな繁盛店ですねー。
全体ではすごい数の系列店がある。

そして新たな店が1月16日にオープンした。


彬龍華 66(はんりゅうかろくろく)

系列初の中国料理店。
ではあるけれど、麺を提供する、
というのは、和牛肉そば ごん
に続く2店舗目?

開店の経緯についてはこちらが詳しい。


店舗前にグランドメニューが置いてある。


寒いので入ります。

中はいかにも高級中華。
カウンター席が4つあり、
そこに案内された。

改めてお品書き拝見。


ランチメニューですな。


麺メニューとしては66胡桃担々麺と
"真的好"鮮蝦雲呑麺の2種。
ここはやはり、66胡桃担々麺だな。
点心3種セットも付けてみた。

担々麺はグランプリ受賞とあるけど、
どこの何の賞なのでしょ。。


次のページはスイーツなど。


卓上には醤油と黒酢。


お冷はジャスミン茶。


1番目で5分後到着。


ライスも付属なんだ。


肉味噌、白髪ねぎにニラが散らされ、
ラー油のマーブル模様がきれい。

「この胡桃で金賞を取りました。
合間におつまみください」

とナッツもセットされている。


さて、スープは、


胡桃ペーストが濃いとろりとしたもの。
甘さと香りがよく、ラー油由来の辛さが絶妙。

肉味噌を味見してみると、


とろみがついていて、
味は高級な感じで、美味しい。

麺は細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



しなやかなタイプだけど、
食感も心地よく、いいすね。

肉味噌と麺がうまく絡みあって
一口ごとに楽しい。
多くの担々麺は、
麺と肉味噌がバラバラになるけど、
それを考えてのバランスならば、
とても秀逸なできばえと思う。

点心3種セット。


小籠包、海老蒸し餃子、焼売。
どれも半端なく美味しいよ!


麺がなくなったので、ライスに箸を進める。


例によって、肉味噌はサルベージしてある。
これがめちゃくちゃ美味しい。
ガツガツいける。

でも、最後は、


スープに浸すと、思った通りの美味しさ。
単品のリゾットとして通用するような味だよ。


楽しく食べ終えた。
雲呑麺の方も是非いただいてみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


020


感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月30日

PasTaco@那覇空港(Airチーズボロネーゼ)

訪問日時:2023/01/30 11:48

一泊の沖縄滞在を終え、
ラーメンを求めるもフライトの時間が合わずに、
空港にて軽く。


こちらは、品川が本店のBIGOLI
メニューライセンス店舗。
昨年4月、国際線ターミナルにOPENした。

以前、赤坂でいただいたボロネーゼ、
その美味しさは悶絶ものだった。。。

メニューはAirチーズボロネーゼが
ノーマル、トマト、メキシカンの3種。
パスタ量はSが120g、Mが240g、Lが360g

あと、サクサクタイプのタコス、タコライスがある。

AirチーズボロネーゼのSを購入した。


飲食スペースは他に3店舗あり、共有。

説明書を読んで待つ。


それにしてもBIGOLIは増殖中だ。
通販もあるし、すごいもんだ。

6分後呼ばれた。


赤坂では全部チーズで隠れていたけど、
こちらではパスタ部分も見せている。


パスタはビゴリ、、、なのかな?


もっちりとしてこのボロネーゼに最適なパスタ。
フワフワチーズも奏功し、
めちゃくちゃ美味しい!

小(120g)にしたのを後悔して、
保安検査場に向かった。


本格パスタと沖縄タコスの店 PasTaco

posted by ぼぶ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月28日

中華そば 裏慶@矢口渡(醤油そば)

訪問日時:2023/01/28 1:50

大田区西部の開店ラッシュはまだ続いていた。
本日プレオープン、中華そば 裏慶(りけい)。


祝い花は和渦の高橋氏と三河屋製麺から。

ここは横浜家系 一目惚れという
ラーメン店だった物件。
結構気に入って、2回訪れている。1
2009年12月から2年ちょっと営業していて、
その後は居酒屋になっていた。

並びには矢口家、ラーメンビッグがあり、
向かいには道楽、自販機のヌードルツアーズもある。
盛り上がって来たなあ♡


10時50分着で6名が待っていた。
10時57分に暖簾が出て、
松本店主さんがご挨拶。

大田区生まれ、大田区育ちで、
大田区に店を持ちたかった、
と仰っていた。
大井町にあったTOMOと関係があるようだ。

奥様?が出てこられて、
並び方の指導。


店前に4名、あとはガードレールに沿って並ぶ。

席数は6席とのことで、
外で待つことになった。
日陰なので超寒いっす。

20分後店内へ招かれた。

券売機に向かう。


醤油そば、塩そば850円、
特製がそれぞれ1200円。
まだプレオープンなので、サイドメニューは
ライスのみ。

醤油そばを購入し、
一番端の席に着く。

調味料類はなし。
説明書がある。


裏はお品書き。


座って4分後到着。


潔いビジュアル。


スープをずずず、


ほやー、うまいね!
丸鶏、肉付き胴ガラと
宗田節、いりこ、真昆布等を
別の寸胴でとったという。

きれいな清湯で、きれいな味。
醤油風味は尖ることなく、まろやか。

麺は全粒粉入り?




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



つるつるでしなやかな麺、最高!
飯田商店の麺を思い出すような感じ。
とても美味しい!

チャーシューは低温調理らしい。


ちょっと苦手。

メンマは大変好み。


色合いも良いし、食感。味もGOOD。


スープまでほぼ完食し、
箸を置いた。
塩そばも気になるデス。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


019


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月27日

つけ麺 燕武@下丸子(辛つけ麺)

訪問日時:2023/01/27 11:20

つけ麺燕武に1週間経たずに再訪問
間違った記述を綴ってしまたので(修正済み)、
そのお詫びも含めて。。。

外に並びはなかったけど、
中には2人待っていた。
チケットを買って、背後霊になる。。。
その後お客は途切れることなく来ていた。

やがて入り口近くの席へと案内された。

今日は特製辛つけ麺。


角煮と低温調理・吊るし焼きのチャーシューが乗る。

麺だけをずるっといくと、
このつるつるもっちり麺はやはり美味しい。
塩をかけて頂きたいところ。

スープに浸して、



ばかみたいに


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




こりゃー美味しいねえ。
単に辛くしたというより、
複雑な味わいになっている。
ニラを入れたのも大正解に思える。


メンマもこのスープで
別の食べものみたいな感じ。

角煮は安定の美味しさとして、


吊るし焼きがとっても美味しく、
かなり気に入った。

味玉は最適のとろとろ具合。


麺と具がなくなったら、スープ割りなんだけど、
スープが多いので、
麺の器の方にレンゲ5杯くらい移し、
それを割りスープで割ってみた。


ちょうどいい量でよかった。


食後、店主さんは忙しそうだったので、
奥様に謝意を伝えた。
また来させてもらいます。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


018


感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月26日

七だし屋@羽田空港第2ターミナル(醤油肉ワンタン麺)

訪問日時:2023/01/26 12:05

羽田空港第二ターミナルで
所要を済ますとお昼になった。
では、こちらに入りましょ。


らぁ麺 鶏だし屋

以前はのっけごはんと中華そば95という店だったけど、
昨年4月ころリニューアルしたようだ。
経営は東京エアポートレストラン株式会社。

メニューはそんなに変わってないみたい。


券売機で肉醤油ワンタン麺と
とろろ刻みわさび丼を購入。

中は全く変わっていない。
厨房前のカウンターに着座。

商品説明があるけど、


縦書きになっているけど、
前の店と同じ文言。

目の前では豚チャーシューを切り出しているし、
ワンタンを手包みしている。

5分後到着。


チャーシューは豚肩ロース?と鶏もも肉。
ワンタン、メンマ、スプラウトが具。
ねぎはないんだね。


スープは鶏をよく感ずる清湯。


少しぬるいかな。。

麺は細ストレート。


シコシコでスープに合っている。

低温調理とも思えない色合いのチャーシューは、


噛み切りにくさから、
低温調理とわかった(^^;

鶏は柔らか。



ワンタン、美味しい。


メンマは例の色の薄いやつ。


不思議な味わいで
竹をそのまま食べているかのよう←ウソ

迂闊にも同じとろろ丼だったけど、


これ、美味しいのよね。
わさびも効いているし、
味付けが良い。

スープとの相性もナイス。



さくっといただき、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


017


感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月24日

麺屋"一"@白金高輪(鶏クラムチャウダーラーメン)

訪問日時:2023/01/24 11:37

白金高輪の麺屋リーブル。
フレンチの店だったけど、
ラーメン好きのシェフが
2021/2/1にランチタイムに始めたラーメン店。

同年9月には代官山に仏レストラン L'eclaireurを
開店させるなど、ご活躍だなあ、と思っていた。

2022/8/31にラーメン店は閉店すると、
10月には麺・ソース・具材・チーズを自由に選べる
Pastastand PasataPastaという店をオープン。
面白いコンセプトだったので、そのうち行こうと
思っていたら、年末にやめちゃった。

そして年を越した1月中旬、
今度は麺屋"一"として昼だけのラーメン店を始めた。
借りているビルが9月には取り壊しなので、
それまでの限定営業ということだ。

ネット情報でそこまでは掴んでいたけど、
あまりにも動きが激しいので、半信半疑で
店まで行ってみると、


やっていた。

麺屋"一"は「めんやいちえい」
その由来はシェフの田熊一衛からみたいね。

店に入るとリーブルと全くそのままに
田熊シェフの笑顔に迎えられた。

先客3名。
お品書きを見る。


鶏白湯と海老担々麺の2種。
新しく加わった鶏クラムチャウダーラーメン
をオーダーした。

飲み物も少し用意あり。


シェフ一人体制なんだね。
人手不足も業態転換の要因なのかしらん。

4番目で12分後到着。


鶏胸肉、鶏つくね、あさり、大葉が
乗っている。


スープはブレンダーで泡立てていた。


うは。
上質な鶏白湯!
甘みもあり、とても品が良い。
ただ、クラムチャウダーというほど
貝の旨味は感じない。

麺は細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



パキパキ食感。
ややとろみのあるスープを
たっぷりとまとってくる。

スープはやや塩分強めだけど、
逆に、と言うか、パワーを感ずる。

鶏チャーシューは、


低温調理でしっとりの極み。
これは美味しい。

鶏つくね。


個人的にラーメンの具として推奨中。。。
このような白湯でも清湯でも合うと思うのだが。

あさりは味が濃い。


もっとこちら方面に寄せてもいいのでは。。


9月以降はどうなるのかな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


016


感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

中華そば 春夏◯冬@蒲田(中華そば並+焼きめし小)

訪問日時:2023/01/23 11:55

大田区西地区2023年1月OPEN3羽ガラスの
最後の1軒に突撃。


ここは居酒屋だった物件。

中華そば 春夏◯冬

「あきない」と読む。
子供の頃、母に「春夏冬中」と書かれた
居酒屋の札の読み方を教わった。
「秋がないからあきない中、商い中ってこと」

ネットが普及して春夏冬という店名の店を
複数目にしたけど、「あきない」ではなく
「しゅんかとう」と読む店もあったりした。

一年以上前にこちらの店の
OPEN情報をつかんだけど、
◯が入っているのでなんと読むのかな
と思っていたよ。

店頭にお品書き。


こちらは新福菜館での修行経験ありと聞いた。
なので、構成はほぼ同じ。
中華そばと焼きめしが主なメニュー。
旨辛ミンチそばがあるってことは、
その新福菜館は浅草

店に入ると、先客1名。
でも、4人で回す店内は元気いっぱい。


券売機で、ランチメニューから
中華そば並+焼きめし小セットを購入した。

厨房に向いた6席あるカウンターに座る。
後ろには4人卓×1、2人卓×1、1人卓×1。
それぞれ仕切りがあり、かなり狭い印象。

調味料類は辣油、酢、胡椒、一味唐辛子、辛味、にんにく。


携帯を眺めていると、ポチ袋をくれた。


サービス期間で、セット購入のお客様には
100円返金しているとか。
ありがたや。

スタッフさんはラーメン製作、チャーハン製作、
ホール、洗い場と分担されている。
でも、洗い場のお姉さんはじっと立っていて、
所在なさげ。
ホールを手伝ってあげればいいのにね。

とか思っていたら、そろって到着。


はーやっ(゜o゜;
座ってから3分経ってないよww

見るからに都の雅。


ってわけでもないけど、
間違いなく京都が思い浮かぶ風情。

焼きめしも文句ない色合い。


スープをいただいても、


イメージと寸分違わない味。
美味しい!

麺をずるずるずる、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




ぱつぱつ食感がナイス。
もやしと九条ねぎが麺と一緒に
入ってきて、口の中はパラダイス。

チャーシューはスライサーで切り出されたもの。


これが、大きさはマチマチだけど、
10枚くらいは入っていて大満足だね。

唐辛子と辛味(豆板醤)を。


それぞれ合う。
特に一味唐辛子はいいね。

チャーシューは麺を持ち上げる度に
少しじゃまだったので、
焼きめしに積み上げていたらこんなんなった。。。


肉焼きめし。
こういうサイドがあってもいいじゃない?

も一度唐辛子。


いやー、楽しい楽しい。
レンゲではなくスプーンなのも
本場と同じで嬉しいところ。
レンゲで焼きめしは食べにくいよね。


満足して店を出た。

営業時間はこんな感じ。


ネットでは通し営業となっているのが多いので、
ご注意を。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


015




感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

つけ麺 燕武@下丸子(ら〜麺)

訪問日時:2023/01/22 11:25

真名呼に続いて、近くにオープンした
つけ麺 燕武。


惜しまれつつ閉店した、

待ち合わせて行ってきた。

店主さんは創始麺屋武蔵
天金狗の両店の店長経験者と聞いた。

11時25分に着くと、
すでに満席で店内に4人が立ち待ちしていた。

ラーメン関係のお花たくさん。


店頭に説明と写真入りのお品書き。


つけ麺、濃厚つけ麺、辛つけ麺、
ら〜麺、辛ら〜麺、という構成。

すぐに券売機へ向かう。


この一目でわかるスタイルならば、
タッチ式も歓迎します。。。

トッピングに、角煮とチャーシューがある。
特製にすると、角煮+チャーシュー2種(低温と吊るし焼き)が
乗ると書いてあったけど、
このチャーシュー1枚はどっちがくるのかしらん。

麺量は
つけ麺 並200g、中250g、大300g、
以後100円/100g。
ら〜麺 並150g、大200g。

ら〜麺をタッチすると、
次の画面は並か大盛かを選択。
並盛800円を購入。
氏はつけ麺。

店内はきれいにリノベーションされている。
大きな羽釜があり、それでスープを炊いているらしいけど、
らい斗もそうだったな、、、
譲り受けたとか?

店主さんは厨房、奥様がホールを担当。
同時期にOPENの真名呼にも
ご夫婦揃ってご挨拶に伺われたらしい。

その後、壁に沿って立って待つ。
すると、目の前で大崎さんが
召し上がっておられる。
今年もよろしくお願いいたしまする。

20分後、席に案内された。

調味料類は、胡椒、酢、辛味。


9席のカウンター席には
移動できるついたてがあり、
奥様がテーブルを丁寧に拭いて、
人数によっては ついたてを移動してくれる。

割りスープも置いてある。


燕武っていうのは
スワローズファンであること、
武蔵出身ということから来ているらしい。


座って5分後到着。


武蔵っぽいフォルムの器。
かわいい。

具は角煮、メンマ、ねぎ、海苔。


シンプルだけど、
そんなことより、香りのすばらしさ。

お互いに激写するのもどかしく、
すぐにスープを、


め!

豚骨、鶏ガラ、背脂、野菜、煮干、鯖節
を使って焚きだしたその味たるや。。。

食べ慣れたタイプではあるけど、
そのちょっと上をいく感じ。

そしてつるつる麺を、、、、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



啜りやすく、もちもち食感がとてもいいね。
スープの絡みも申し分なく、
このタイプのラーメンとしては
品もあるし、かなり好みの部類。

チャーシュー、、、
ではない、角煮は、


めっちゃうま!
これはすごい。
武蔵系にありがちな肉塊だけど、
味付けがわかりやすく、単純に美味!

メンマは薄切りタイプで、


全体の良いバランスに一役かっているが如し。
とても美味しい仕込み。

スープは少しだけ塩分濃いめなので、
麺と具がなくなった時点で、
割りスープを入れてみると、


O(≧▽≦)O

スープだけを味わうには
最適の濃度となり、結局ほとんど完食となった。


氏のつけ麺(中)。


スープにメンマ、ねぎ、玉ねぎが入っている。
麺は同じだけど、水でしめる分コシが増す。
つるつるがっしりもちもち麺。

スープはやや甘めで酸味もある。
うーん、つけ麺も美味しい!


濃厚つけ麺、辛つけ麺を宿題にしておこう、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


014


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月20日

白河ラーメン 岩松@白河(黒しょうゆチャーシューメン)

訪問日時:2023/01/20 10:58

白河ラーメン行脚。
もう何軒いったかな。。
福島県だけで50軒くらいかな。
まだまだ終わらないどころか、
このところ、新店も続々とできていて、
もうキリがない。

今日は昨年11月にOPENしたピカピカの新店、
白河ラーメン 岩松にやってきた。


店主さんはドリームロード道夢
お弟子さんと聞く。

11時開店だけど、2分前に着いたら
営業中の札が。
ありがたや。

記帳ボードがあるね。
週末はかなり混むらしい。
今日は一番客で中に入りましょ。


道夢譲りの黒醤油と白醤油を選べるシステム。
やはり黒しょうゆがいいね。
チャーシューメンを購入した。

4人卓×2、小上がり4人卓×2。
製作は店主さんお一人。
お運びさんが一人、助手さんが2人。
おそらく血縁関係と思われる。

調味料類は、
白胡椒、黒胡椒、一味唐辛子に
辣油は普通のと唐辛子入り。


唐辛子入りのS&Bの辣油は初めて見た。

店主さんの手元は
厨房の造りの関係で見えないけど、
一人で声を出しながら
元気に作っている。

5分後到着。


おしゃれな木製のお盆に乗ってきた。

ほうれん草がないけど、
チャーシューの色あいなど
ビジュアルは王道のそれ。


白ねぎと万能ねぎの2種類が
道夢を思い出させる。

スープを、


やー、うまい!
鶏出汁の旨味、醤油ダレのキリッと感、
さすがは道夢の血筋。

麺は白河ラーメンとしては
普通の太さの手揉み縮れ。





ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


この感じ、たまらん。
唇触りの良い麺、それにたっぷり絡まるスープ。
大好きな白河ラーメンを堪能できる。

チャーシューは炙り香豊か。


ミシッとした食感のもも肉、うまし。

かぶり肉もきちんと存在。


かぶり肉って白河ラーメンはおろか、
他の料理で見たことないけど、
希少ってことでいいのかな。。
食べやすくて脂身も少なくて良いと思う。。

メンマが非常に美味しい。


これまた道夢のDNAを感ずる仕上がり。
コリコリしていて、味わい深い。

スープまでほぼ完食し、
満席になった店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


013


感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする