2021年08月04日

門仲山田@門前仲町(スパイスカリーつけ麺)

訪問日時:2021/08/04 12:40

首都高の+1000円を払って、
仕事にでかけた。
これまで できるだけ避けてたんだけど、
やはり時間は有効に使いたいときもある。

なので、ランチは仕事先から近い門前仲町まで。


7月7日グランドオープン、門仲山田

店内を覗くと空きがいくつかあってラッキー
(その後待ちが発生していた)。
そのまま券売機に進む。


スパイスをたくさん使った冷やし中華が話題。
「スパイス」は辛くなく、
「しびれ辛から」がシビカラで辛いそうだ。

でも、やはりフラッグシップのスパイスカリーつけ麺一択。

「カリー」のボタンを押し、
チケットを渡すときにノーマルかスパイシーかを
聞かれるので、スパイシーでお願いした。

L字型カウンター8席かな?
うしろにはテーブルが3卓かな?

卓上調味料類はなし。


ホールスパイスを毎日挽いているのね。
この臼と杵でやるんだね。


大変な仕事だよなあ。

見上げるとスパイスの説明。


出来合いの表だよね。
これを全部使っているわけではないと思うけど。

高台の上にはお盆がセットされていて、
最初に別皿盛りが置かれる。


次いでターメリックライス、スープ、
麺と置かれて、自分で下ろす。
座ってから5分後。


知ってたけど、麺は熱盛りなんだよね。
パクチー、茹でキャベツ、クコの実が乗っている。


三河屋製麺製らしい。

別皿盛りはフライドポテト、スプラウト、
福神漬、メンマ、アチャール(玉ねぎ、人参)。


カリースープは追いスパイスをしていた。
多種多様なスパイスの香りがすごい!


熱盛りの麺はくっついて離れにくい。
テボからそのままなので、
多少ぬめり感があるなあ。

でも、スープにインしていただくと、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



これは美味しい。
思った通りのスパイス感。
辛さはそれほどない。
激辛でもよかったかも。

塩分が薄めだけど、
たくさんのスパイスがそれを補う。
ホールスパイスのかけらが
時折当たるのが何ともいいなあ。

でも、麺はやはり水で締めた
冷盛りが私は合っていると思う。
せめて選べるといいけど、
厨房は一人体制なので、
テボから直接 皿に盛るのは手軽だよなあ。

スープには鶏肉がゴロッと2つ。


これを頬張ると、思わずターメリックライスに
お箸が伸びたよ。

そして、キャベツ、パクチー、アチャールなど、
いろいろと目先を変えて麺と共にいただいた。
すべて必要な具に思われ、楽しいったらない。

麺と具がなくなると、
ターメリックライスに進む。


うまいね。
よくカレー麺をいただいた後、ライスでしめると、
カレーはやはりライスだな〜〜
と思うことも多いんだけど、これはさに非ず。
麺とライス、両方に抜群の相性だと思う。


痺れ辛からの冷やし中華にも
強烈に惹かれながら店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


151
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月03日

だし麺屋 ナミノアヤ@用賀(だし麺(小)塩)

訪問日時:2021/08/03 13:20

7/29の開店日にうかがうも、
炎天下に10名以上の行列で回避した、
だし麺屋 ナミノアヤへ再突撃。


ここは環八沿い。
以前は中華料理屋だったところ。

店名の由来は公式サイト参照。

今日もガードレール沿いに少し並んでいたけど、
5分ほどで店の前まで案内された。


かなり前からTwitter、Instagramを
チェックしていたんだけど、
きれいな面持ちの商品の数々を目にするにつけ、
その開店を楽しみにしていた。
Instagramにもこのポスターがあったな。


フォトコンテストもやっている。
私は写真ヘタなので参加しない。

店頭には今の営業情報が貼り出してあるんだけど、
休みが毎週違っていて定休日が決まっていない。

一定期間データ集計をするために
このような定休日の設定をしております。
データ集計後は固定しますので

とのこと。
SNSをいちいち見て休みを確認するのは面倒だな。。
毎週1日ずつずらして休みにしているけど、
そういうの「定休日」って言わないよね。

店内に入り、近代的な券売機へ。


支払いは現金、クレジットカード、電子マネー、
コード決済と何でもござれ。

画面に触って、「店内」を選ぶ。


だし麺(小)塩830円と炙りだし飯200円を
購入した。


メニューはこんな感じで構成されている。

だし麺(小)塩 830円
だし麺 塩 880円
特製だし麺 塩 1,080円
饗〜もてなし〜だし麺 塩 1,280円

だし麺(小)醤油830円
だし麺 醤油880円
特製だし麺 醤油 1,080円
饗〜もてなし〜だし麺 醤油1,280円

鰹昆布だしつけ麺 塩980円
特製鰹昆布だしつけ麺 塩 1,180円
饗〜もてなし〜鰹昆布だしつけ麺 塩1,380円

鰹昆布だしつけ麺 醤油980円
特製鰹昆布だしつけ麺 醤油1,180円
饗〜もてなし〜鰹昆布だしつけ麺 醤油1,380円

白だし漬け味玉 100円
メンマ 100円
鶏チャーシュー 100円
レアチャーシュー(3枚) 200円

あえ玉250円
羽釜ご飯 おかわり無料
美珠卵たまごかけご飯 120円
明太子ご飯 200円
炙りだし飯 200円
肉たま飯 250円
肉盛り 200円
白だし唐揚げ 2個 250円 5個 500円
だし玉 500円


饗 は特製よりもさらに豪華に
トッピングが乗ってくる。
この他、一品料理もアルコール類もある。


店内、コの字型カウンター9席?に
テーブルも2卓あった。
奥の厨房には3名の男子スタッフ。
ホールはキュートな女子が2人。
とっても丁寧な接客ですばらしい。

調味料類はキノコの佃煮、山椒、醤油、塩、わさび。


上に少し写っている羽釜。
この羽釜で炊いたご飯もウリの一つで
だし麺を購入するとサービスされる。
サイズは小、中、大、マンガとあり、
この木製キュービックで量を区別している。
おかわりもできるとのこと。


あと、今週はコシヒカリだけど、
毎週お米を変えるらしいよ。

2番めで5分後到着。


きれいなスープに浮いた脂がキラキラ。
レアなチャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、貝割れが乗る。


Instagramではもっと麺線がきれいだったけど。。

スープうま!


昆布、鰹節、煮干しを48時間かけて抽出した
海産物100%の極上出汁

ということだけど、
豚鶏を使っていないとは思えないような
コクの深さ。

麺は全粒粉入り。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



シコシコで香りある麺だ。
きれいなスープをたっぷり拾ってきて、
極上の味わい。
一口ごとに良い香りが鼻に抜けていく。

すこーしスープがぬるいのが残念だけど、
とても美味しい。

レアなチャーシューも美味しい。


柔らかで味付けがナイス。

メンマはシャクッと理想的な食感。


太いタイプのメンマで理想的。


山椒を振ってみる。


いいね。
抜群に合うね。

炙りだし飯。


チャーシューで炊き込んで
炙りを入れたもの。
これ、味わったことのない感じだけど、
すごく美味しいっす。

チャーシューで巻きます。



キノコの佃煮とわさびを乗せてみます。



スープをかけてみます。



今日も三段活用決まった。


(小)なので麺量は100gくらいかな。
ご飯と共にいただき、ちょうどよい腹具合。


しかし、美味しかった。
退店のころにもまだ並びがあり、
早くもご近所の心を捉えたのかもしれん。

先着1000名に間に合ったポイントカード。


あと1回行けば、1杯無料か!
醤油とつけ麺をいただかなければ!



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


150
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月02日

お食事処 りんどう@西那須野(丸鶏手もみ醤油ラーメン)

訪問日時:2021/08/02 11:35

北からの帰り道、
前から気になっていた店に
思い切って入ってみた。


大きなログハウス。

丸鶏スープ手もみラーメン

の文字が街道沿いに目立っているのよ。

自動ドアを抜けて店に入ると、
定食屋の風情。。。

席に座って、お品書きを拝見。


これですな。
魚粉入りもあるのか!

麺類はこんな構成。


ソースカツ丼⤴⤴

冷やしたぬきそばにも惹かれるんだよな。


ランチタイムはドリンク付き。


この他にも生姜焼き、とんかつなどの定食もあり、
ラムと豚の鉄板焼は看板商品らしい。


ということで、
半丸鶏手もみ醤油ラーメンとミニソースカツ丼をお願いした。
ドリンクはウーロン茶で。

多分1番目で7分後到着。


漬物とデザートのスイカもある。

ラーメンは王道のビジュアル。


ハーフだけど、
見た目、そんなに貧相に見えないね。

スープをいってみると、


うはあ、うまいね。
鶏の出汁が淡く効いている。

そして、麺の存在感たるや!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



麺、美味しい。
手もみの食感が楽しいし、
もっちりむっちりで実に楽しい麺だ。

スープをすすったときは、
こういうのでいいんだよ系、と思ったけど、
麺がいいので、その印象は失せた。

チャーシューがまた絶品。


おそらく、都度切り分けている。
豚の美味しさが伝わり、
丁寧な仕事を感ずる出来だね。

メンマは穏やかなスープのじゃまをしない。


とても良い。

麺と具を食べ終わり、
ソースカツ丼にスイッチ。


これは美味しい!
ソースカツ丼にはうるさい私なれど、
これはかなり上位の味わい。

まず、豚が柔らかくて甘みがあるのよ。
薄衣の揚げ方も私にはベスト。
ソースの風味も好みの調合。
これはフルでいただきたくなった。

ご飯の量が多く、
麺をハーフ(100gくらいと思われる)にして正解だった。


あとからあとから入ってくるお客の数に
納得して店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


149
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:05 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月31日

らぁめん 元住家@鹿島田(小チャーざる)

訪問日時:2021/07/31 11:44

時折無性にいただきたくなる元住家
いつも頭にはあるんだけど、
一年ぶりの訪問を決めた。


構成も価格も変わっていない。
今日は小チャーざる と決めていた。

いつも適度な混みでストレスないのがいい。

自家製豆板醤は蓋付きの容器になっていた。


開業後7年を過ぎたけど、
店の中、特に厨房がホントにきれい。

こういうところも再訪問を繰り返す
所以ではある。

10分後到着。


いつもの見慣れた顔。
まずはチャーシューをどかす。


トッピング枠のチャーシューを除いても、
ざく切りチャーシューはたっぷり。


メンマも多いのがいいんだよね。

そして麺をつかんで、たっぷりスープに浸して、
Zurrrrrrr・・・・


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



あ゛〜〜〜〜
久しぶりの感動。
何度いただいても飽きないつけ麺ですー。

麺をすすり、
麺とチャーシューを一緒にほおばり、
次いで麺とメンマを一緒につかんで口中へ。

極上のチャーシューとメンマだけに
幸せのループとなる。

豆板醤は具の方に。


香りがよくて美味しいんだよ。

七味も振りまいておく。


♪♪♪

最後はスープ割りをしてもらって、


今日も楽しく食べ終えた。
またきまーす。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


148
感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:18 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

タナカ ロボ@上町(生姜塩の豚そば)

訪問日時:2021/07/30 11:55

新店に向かうも、
時間がないことに気が付き、
その時点で比較的行きやすかった、
宿題店 タナカ ロボに訪問した。


6月1日に開店し、
テレビでも紹介されたりして、
最近は人気になっているけど、
店に入ると席はひとつ空いていた。

着座し、お品書きを拝見。


もう頭に入っているメニューのうち、
最も気になっていた生姜塩の豚そば
前払いでお願いした。

そぼろ丼あるのかー。
今日は事情によりがまんしよ。。

調味料類は自家製コーレグースと胡椒。


4番目で10分後到着。


すてきな器だこと。
受け皿も無骨だけど、いい焼き物だね。

見た目はほんとにシンプル。


ソーキとネギだけ。

スープをいってみると、


生姜はビシッと効いているけど、甘いんだね。
生姜シロップのような甘さ。
これはソーキから来るのか?

シコシコ麺をずずずz



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


甘さが気になるんだけど、
数口で慣れた。
豚清湯のこの美しいラーメンを心から楽しみ、
箸を止めずに食べ続けた。

ソーキはすばらしい。


これをラーメンに合わせてくるセンスが◯。
楽しくいただき、店をあとにした。

お隣の焼豚麺が美味しそうだった。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


147
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:59 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月28日

breath food@川崎(黒ラーメン)

訪問日時:2021/07/28 13:44

先週ひっそりとオープンしていた新店に行ってみた。
情報がほぼない中、どんなラーメンでしょうか。


breath food
という店名。

しかし恐ろしく住宅街。
川崎駅から15号線を越えて、
市立病院の手前。
お客はここに来ようと思わなければ
来ないのではないかしらん。。

入り口に写真入りお品書き。


豚骨醤油が基本のようだ。
マー油使用の黒ラーメン、
辛いタイプの赤ラーメン、
淡麗の中華そば、
そして油そばが3種類。

店に入ると小さめの町中華、という風情。
内装は新しい。


木をたくさん使っていてきれいだ。
カウンター4席に2人卓×2。

席に座って店頭と同じお品書きを見る。


つーか、これ、店頭に掲げられているものを
そのまま写真に撮っただけ(^^;

きれいに作られているのに、
これで個人店であることを確信。
経営はご兄弟二人でやられているとか。

黒ラーメンと半チャーハンをお願いした。

好みの表はあるけど、
何も聞かれなかった。


調味料類は酢、ラー油、胡椒。


先客1。
1番目で10分後到着。


直前に炙ったチャーシュー、ほうれん草、
味玉1/2、海苔が乗せられ、
家系チック。


特製でもないのに、海苔が5枚
(1枚貼り付いていて、計6枚(^^;)。
サービスか間違いか・・・

スープは濃いめの豚骨醤油にマー油。


うまいね。

麺は短め、家系チック。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


マー油の香りがしつこくはないので、
するするといける。

マー油、辛味がないノーマルなラーメンも
いただいてみたいものだ。

チャーシュー、柔らかうまい。


チャーシュー丼、気になってきた。

半チャーハンは都度調理。


ちょっと塩辛いけど、
しっとり系で美味しいっす。

海苔がたくさんあるので、
こちらで有効利用。


楽しく食べ終え、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


146
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:04 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月27日

僕ん家@浜松町(廣島つけ麺)

訪問日時:2021/07/27 11:55

広島つけ麺を欲し、
ちょっと前にチェックしていた、
浜松町のお店に訪問。


ビルの横っちょにあり、
表通りからは見つけにくい。

店頭のお品書きを見て、


店に入る。

いきなり、大きな鉄板が見える。
広島のお好み焼は好きなので、
楽しいんだろうなあ、、、

汁なし担々麺にちょっと揺らぎながらも、
廣島つけ麺5辛をお願いした。

麺はランチだけで、
夜はお好み焼きメイン。


鉄板料理は何でも好きなので、
こういうカウンター席はワクワクする。


4分後到着。


チャーシュー、メンマ、青ねぎ、キャベツ、トマト、きゅうり。
こちらはレタスでなくキャベツなんだね。

いただきまする。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



かなーり、久しぶりのご対麺。
シンプルだけど、やはり好きだな、これ。

シコシコの細麺、
塩辛く、ごまの浮いた辛いスープ。

でも、辛さ5は少し物足りないかな。

チャーシュー。


一般的にチャーシューが目立つ商品ではないと思うけど、
これもその通り、控えめな存在。

メンマはこれに非ず、


業務用かもしれないけど、
箸休めにはちょうどよかった。

キャベツもトマトも途中ではさみながら、
楽しく食べ終えた。

汁なし担々麺も気になってきた。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


145
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

麺や 神楽@自由が丘(菊花火)

訪問日時:2021/07/26 11:46

今朝つかんだ情報によると、
自由が丘に新店誕生とな。

たまたまそちら方面に所要ありにて、
寄ってみたら やっていたので
勇んで近づいてみる。


現在休業中の マグロ料理が豊富な、
大衆ビストロ「マグロが丘」のランチ?


店は2階。
麺メニューは4種類みたいね。
階段をあがって、店に入りましょ。



直線カウンター9席、4人卓×2。
いかにも居酒屋スタイルのしつらえ。

真ん中あたりに座ると
すぐにおしぼりと麦茶が供された。


お品書きを見ると、


辛シビ味噌の菊花火、
激辛味噌の火花、
パクチー味噌の若草、
味噌の豊楽、
と独特なネーミング。
菊花火は打ち上げ花火の名前だけど、
他は何由来だろう。。

オススメらしき、菊花火を注文。
さらに開店サービスで
ライス、大盛、味玉を選べるとのことで、
味玉をお願いした。

上を見ると、それぞれの商品写真がある。


まるでビジュアルが違うね。
興味沸くな。。


店長さんらしきに聞くと、
マグロが丘は期限未定の休業中で、
それまで温めていたラーメン店を始めることにしたとか。
7月16日開店。

でも、全てが元の世界になったら、
マグロが丘は再開し、ラーメンは独立したい、
というようなことを仰っていた。


人材募集は本体の方だろうけど、


自虐的っつーのか、ユニークっつーのか。。。


8分後到着。


ひょー、きれいっすね。


鶏そぼろ、茹でもやし、青ねぎ、白髪ねぎ、
つま(大根・人参)、食用菊が飾り込まれ、
ボリュームありそうな見た目。

辛シビってことは
鬼金棒あたりオマージュかな、
と思いながらスープを、、、、


ぐは!
うめ〜〜〜!
濃厚な感じだけど、
旨味と香りがそれを凌駕する。

辛さ、痺れはほどほど。
今日の体調ではこれくらいがいいけど、
耐性がある人は増し増しでいいかもね。

そして麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



これ、とても美味しい。
鬼金棒を昇華させた、というか、
うまくオリジナリティを出している、というか。

麺は加水率が低くて、もちもち食感を目指して、
特注したものだとか。
麺屋さんは不明。

たくさん入っている鶏そぼろが実にいいね。


鶏そぼろご丼、是非いただいてみたい。

サービスの味玉はベスト私好み。


スープの存在感が強いので、
味玉自体の味はわかりにくいけど、
多分美味しい(^^;

食べすすめるに従って、
ツマの存在が際立って良いことに気がつく。


もやしもいいけど、
この口当たりは斬新。
もっとほしいと思った。

そして鶏そぼろが改めて重要な
役割と感ずる。


あるとないとではかなり違う気がする。


麺と具がなくなり、
いつまでもこのそぼろをすくっていただいていた。


会計はPAYPAYですませ、
店をあとにした。

美味しかった。
路面店誕生が待ち焦がれる。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


144
感想など。。。
タグ:麺や神楽
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月25日

麺場 田所商店 池上店@池上(江戸前味噌野菜らーめん)

2021/07/25 11:50

ある限定を求めて、
田所商店に行ったけど、
勘違いにて、こいつを注文した。

Image with no description

しかし、日曜日の昼、混んでるねー。
家族連れが多いのがいいね。
駐車場が一杯なのは何度も見ているし、
夏でも味噌ラーメンを欲する人は多いんだね。

10分後江戸前味噌野菜らーめん到着。


海苔がデカい!
今はなき麺バカ息子を思い出す。。。


こちらはデフォルトではチャーシューはなし。
肉味噌、茹で野菜(キャベツ・もやし・人参・ニラ)、
あさり、フライドオニオンが乗る。

スープは江戸前味噌の甘みがよく出ている。


うまいね〜。

すぐさま麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



もちもちの縮れ麺が楽しい。
コクのある味わい、深い風味、
味噌ラーメとして、私には理想的。

冷房もよく効いているので、
汗は出ない。

肉味噌もいい仕事をしている。


次回はこれが乗せられた、
ミニジャージャー丼を頼みたい。

あさりが美味しい。


江戸前だから乗っているわけだけど、
なくても満足度は変わらないと思う。

スープまでほぼ完食して
店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

143

感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:22 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

恵比寿貝鷄中華蕎麦 たかよし@恵比寿(鶏醤油そば)

訪問日時:2021/07/21 12:23

本日開店の恵比寿の店に向かってみた。


恵比寿貝鷄中華蕎麦 たかよし

また貝出汁の中華そばか、と正直思った。
Twitterを見ると、「間借り」とあるし。

でも、Instagramにも #に志の とあるのを発見。
どうやら、昨年10月にオープンした
(今年3/8よりN&D Noodle & Dining Barとして、
再出発も現在休業中)。

それならばと、駆けつけた次第。
に志のの印象はよかったし。

店はビルの2階。
暖簾は出ているけど、外階段を登ると店入り口はあった。


中の様子が全く見えない。
ドアに貼られたお品書きを一瞥して、


恐る恐るドアを開けると
広くておしゃれな空間が現れた。

ここは いろどり 恵比寿 という
今年6月にオープンしたお店。
ランチ間借りというけど、
そちらのInstagramを見ると、
「ランチ開始」と書いてあるので、
何らかの関連があるようだ。

女性スタッフさんに案内されて、
12席あるカウンターの8番席に着座。

お品書き、一味唐辛子、胡椒、
お盆にお箸とレンゲがセットされている。


お品書きをじっくりと。


麺類は、
貝だしそば、貝鶏そば、鶏塩そば、鶏醤油そば、
蛸とキムチと辛子明太子の赤いまぜそば、
夏季限定冷やし貝だしそば。
三元豚角煮丼もSNSの写真では惹かれる。

貝鶏そばにしようと決めだけど、
注文の直前に「濃厚」の文字を見つけ、
今日はあっさり気分だな〜と
鶏醤油そば をお願いした。

ゆっくりとお品書きトップページを見ると、
貝は5種類も使っているの?
その他の素材も種類が半端ない。


そして左には に志の→たかよし
とあるので、やはりそうなのね、と確認した。

広い厨房には3人のスタッフさん。
に志ので見た方もいらっしゃる。


前菜のテリーヌが出された。


あー、そう言えば、
に志のでもテリーヌあったな、と思い出す。
手前のジュレは醤油ダレかな?

スパークリングワインでもほしいな、
とつまんでいると5分後到着。


豚のレアチャーシュー、穂先メンマ、
青菜、海苔、貝割れとシンプル。


すでにトリュフの香りがぷ〜〜〜んと!

スープはすっきりした鶏出汁。


塩分も上品だ。
これで麺を食べるにはどうかな、
と思ったのは杞憂。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



細パッツンストレート麺は
たっぷりと鮮烈なスープを運んでくる。

醤油のキリッと感は薄く、
スープの香りが生きる、という感じ。   

チャーシューもバッチリ美味しい。


苦手感はあるけど、
塩味がちょうどいい。

穂先メンマ。


いいお味。


いい店だ。
やはり濃厚な貝鶏そばが気になる。
赤いまぜそばも。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


142
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする