2021年03月04日

らーめん 石川亭@神田(らーめん)

訪問日時:2021/03/04 11:34

今日は神田に2月10日に
グランドオープンした
らーめん 石川亭へ。


2002年に埼玉県越谷市に誕生し、
今ではグループ全体で11店舗にもなる、
ビストロ石川亭の新業態。

新業態と言うより、
すぐに撤退しているので、
再参入というところか。

あちらは鶏コンソメという
コンセプトだったけど、
今度は豚骨醤油。


粋な暖簾をくぐり、
店内へと進むと、広いね!
元は大衆酒場石川亭。
その名残を感ずる空間。

厨房を囲むL字型カウンターと
壁に向かったカウンター、
全部で18席くらいかな?

お品書きを見る。


らーめん普通盛
ネットで見て気になった
野菜盛り をお願いした。

ここで席を立って、はばかりへ。


ひえー。
おとなしく少し前に出ましょ。。。


卓上調味料類は
おろしニンニク、辛味噌、おろし生姜、
黒胡椒、チャーシューだれ。


希望すればバルサミコ酢ももらえる。


あとでもらうか。

1番めで4分後到着。


多分、家系っぽいのだろうな、
と思っていたけど、その通り。


久しぶりのジャンルだ。

スープは美味しい!


ややライトながら、
タレの味がわかりやすく、
臭みもなく、これは上質な豚骨醤油だよ。

麺も違和感のないもの。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



かなりキレのある豚骨醤油ラーメンだと思う。
いかにもそれっぽい中太麺が
どんどん胃に納まっていく。
うーん、これはうまい


チャーシューはピンク色だけど、


とても柔らかで、箸で全体をつかむことは難しい。
低温で長時間焼いたローストポーク、
的なものかな。。


デフォルトの味が気に入ったので、
生姜を少しだけ乗せてみた。


あってもいいけど、なくてもいいな。

野菜盛り。


キャベツ、玉ねぎ、もやしを茹でたもの。
味は付いていないけど、
ここにチャーシューだれをかけて、
ラーメンには乗せずに
箸休め的に楽しんだ。

辛味噌もこちらに。


野菜盛り、いいね。
今日は野菜摂った感に浸った。。


この手のラーメンにしては珍しく
ほぼスープまで完食。
美味しかった。


店頭にはテイクアウトのサンプルあり。


近所の石川亭のものが楽しめる、
って、いけね。
バルサミコ酢もらうの忘れたじゃーん(T_T)



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


040
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

41CURRY@神田(担々カレーらーめん)

訪問日時:2021/03/02 13:40

千代田区にて
昼から始まったミーティングが長引き、
ランチが遅れた。

そんなときは神田のカレー店、
41CURRY(よんいちかれー)へ。


13時からカレーらーめんを提供している。
そもそも、それを狙っていたので、
ミーティングも集中できたよ。


こちらの店は、旧洋装店を改装し、
デザイナー達による 日替わりオーナBAR
「1/7」(ナナブンノイチ)としてオープン。
その後カレー専門店1/4(ヨンブンノイチ)になり、
昨年7/20に現店名にリニューアル。
株式会社糖質制限研究所が経営している。

洋装店の名残が
入り口のガラス扉に残っていて、
入るときに一瞬躊躇した。

中に入ると、とても感じのよい迎え入れ。
入り口右側の明るいテラス席のようなところに着座。

卓上のメニューを見る。


これこれ。

裏にはいろいろご挨拶。


とてもわかりやすいコンセプト。
カレールーとカレーソースを
きちんと使い分けていたりして、
日本語としても読みやすい。

グランドメニューも拝見。


その他のページはDATA参照。
夜はいろいろ楽しそうだ。

担々カレーらーめん
追いリゾットを注文した。

13時以降入店はラッシーのサービスがある。


紙エプロンと共に
キュート女子がサーブしてくれた。

ラッシー美味しい!

次にすりごまと辛味オイルが供された。


味変に使ってください、とのこと。

1番目で7分後到着。


鶏チャーシュー、キーマカレー、
揚げゴボウ、トマト、豆苗があしらわれている。


スープは鶏(もみじ、手羽先など)と
野菜からとったものに
スパイスベースを加えてあり、


あっさりしつつも
旨味充分にてパンチもある。
こりゃうまい。

麺(麺揚げ撮り忘れ💧)は
糖質50%カットの細ストレート麺。
いっきにずずっとやると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



やや ざらついた唇触り。
ぼそぼそした印象だけど、
カレースープが抜群に美味しいので、
多少の麺の弱さはカバーできている感じ。
と言うか、素直に合っている感もあり。

鶏チャーシューは胸肉。


柔らかしっとり仕上げ。

揚げゴボウが面白い。


これは増したいくらい。

キーマカレーも重要なファクターだ。


これがまざってくると、
カレー感が増してくる。

ごまと辛味オイルを試してみた。


デフォルトが美味しいので、
必要を感じなかった。

麺と具がなくなり、
追いリゾット。


糖質量は白米と同じながら、
GI値が低いバスマティライスを使用。
これは頼まない手はないのだ。

まずはライスだけの味を確かめると、


うまー。
味の薄いビリヤニのよう。

もうこれはスープに放り込んで。


楽しさの極地 🎵

すべて食べつくして、
チャイのコーナーへ。


この通りに作って、
ゆっくりとクールダウンした。



いいなあ、この店。
普通にカレーライスをいただきに来たい、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


039
感想など。。。
posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

Hanaワイン@大井町(煮干しラーメン)

訪問日時:2021/02/28 11:43

大井町のHanaワイン。
Twitterにフォローをいただき
ランチにラーメンを提供していると知った。

スープが極上なのに、麺が弱いなあ、
と思ったので、ほんの少しご提言申し上げたら、
早速に新たな麺を取り入れたとのこと。

では、行きましょう。

3席の店内、先客2名。
挨拶を交わして、今回の麺の追加の経緯のお話などを
聞かせてもらった。

同じ はやし製麺所さんの助力にて、
特注の太平麺を手揉みすることにしたとのこと。
それは楽しみ。

今日は煮干しラーメン1種類。
まだ先客様の2杯を作っていらしたので、
ゆっくり待って到着。


おお、景色が違うぞ。
色味的に太麺が泳いでいると、
うどんの様でもある。

スープはさんま煮干しに比べると、
はるかに香り高く、やっぱり美味しい!


そして、件の麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



いやー、いい麺ですねー。
店主さんがイメージしたのを
具現化した麺だけど、
もっちり、つるつるでとても美味しい。

スープと合う、合わないより
(いや、合うんですけどね)、
こう言ったBARで作るラーメンとしては
十分インパクト大ですよ。
多くの人に召し上がってほしい。


チャーシューが美味しくなってる!
この前と同じ仕込み、と言うけど、
ホロホロに柔らかくてナイス。


この前は少し固かったのよね。


そして、スープまで完食。
美味しかった。
ランチ営業はほぼ毎日やっているけど、
FACEBOOKで確認されたし。


塙店主さん、お心遣いありがとうございました。
今度は夜に来ます!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


038
感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:03 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

微吟飯店@大井町(まぜそば)

訪問日時:2021/02/27 11:53

情報によりますと、
大井町に新たな韓国料理店が誕生し、
ランチに魅力的なまぜそばを提供しているとのこと。

行ってみましょ。

永楽の路地を右に見て歩くと、、
大井町の線路沿いは
河津桜満開。


さらに進むと店はあった。


「びぎんはんてん」
なんか、良い名前に思えたのよね。

2月5日に開店し、
現在はランチとテイクアウトのみの営業。


店に入ると、
スタンドテーブルが5卓。
外のテラスにも3卓。


座れるけど、
なんか落ち着かない。。

メニューを見ます。


まぜそばとキンパセットをお願いした。


厨房には店長さん?
一人体制なのね。

このネオンのハングルは
店名の「びぎん」ですよね?


1番目で7分後到着。


チャーシュー、肉味噌、玉ねぎ、ニラ、キムチ、魚粉、卵黄
が盛り付けられ、見た目台湾まぜそば。


お箸は引き出しにある。
韓国スプーンと紙タオルもある、


麺は太い。


つるつるもちもち、見た目通りの食感と味わい。
いいね!

肉味噌はキムチの素などを使っているとのことで、


台湾まぜそばのそれとは違う。
風味から言えば、こちらの方が好み。
って言うか、台湾まぜそばは飽きているのもあるかな。。。

まぜまぜして、ずばっと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



うまいね!
台湾に寄りそうなところを
キムチがぐぐっと韓国に引き戻している、
そんな印象。

実際キムチがこのまぜそばの肝であるかもしれない。

辛さはほどほど。

でも、


このチャーシューがやけに美味しい。
これもポイントの一つだな。

玉ねぎ、ニラも効果大で、
箸がずんずん進み、
惜しまれつつ麺はなくなった。

麺量はデフォルトの2/3くらいでお願いしていた。
150gくらいかな?
キンパがあるので、
お腹的にはちょうどよかった。


キンパ、好きです。
日本の太巻きも好きだけど、
キンパも別次元で好き。
そのままで十分美味しいけど、


美味しそうな残渣と混ぜてみると、
これがまた乙・・・・。


楽しく食べ終え、
花粉が飛び交う外に出て
改めて縦看板を見ると、
なんかすごいサービスが待っているね。


緊急事態が解除にならなかったら、
先延ばしかしらん。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

037
感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:48 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

辛麺サソリ@上板橋(サソリ辛マゼソバ)

訪問日時:2021/02/24 11:43

グランドオープン前から注目していたお店にキタ。


ここは
ハンバーガー「ハングリーヘヴン」
→肉バルの「最高お肉センター」
→スパイスカレーの「SPICE FORCE」
と変わってきた場所。

いずれもGBworksという会社が運営する業態で、
今回もリニューアルという格好。


好きなせいもあるけど、
まぜそば専門店っていうのは惹かれる。
しかも あまりないタイプのまぜそばだと
優先順位は即 上がる。
こちらもお肉やスパイスに長けた会社なので、
ありきたりではないと期待していた。

あに図らんや、
辛いまぜそば専門で、
そのビジュアルが独特。

店に入ると先客はゼロ。。
もう少し賑わっていると思った。

席に座ってメニューを改めて。


サソリ辛マゼソバ900円、
紅の豚バラ1200円、
スコーピオンデスロック1000円。
いずれも外税表記。

豚バラとモヤシがたくさん入った
紅の豚バラと迷って、
スタンダードなサソリ辛マゼソバをお願いした。
麺量は小150gでお願いした。
追い飯用の「謎メシ」は自動付属。


スコーピオンデスロックって久しぶりに聞く。
長州力がそれをかけるところはカッコよかった。
プロレスは昔、日曜の20時からやっていて、
力道山、馬場、猪木とヒーローが変わって行き、
楽しみに見ていたけど、
今は全く興味がなくなった。。。

好きな技はビル・ロビンソンの人間風車
だったな。


閑話休題。
調味料類は豊富。


黒胡椒、ごま、昆布酢、刻みニンニク、
覚醒蠍唐辛子。

説明書付き。


セルフでお冷を取り、
10分強待って、


サソリ辛マゼソバ到着。


なんと魅力的なビジュアル。


牛豚鶏の辛肉餡、フライドガーリック、フライドオニオン、
刻みにんにく、白髪ねぎ、糸唐辛子が
きれいに盛り付けられている。


さ、麺を!


もっちりとして、想像通りの麺。
謎メシで割ることを想定してか、
汁は多めに沈んでいる。

混ぜていただくと、



メッチャ(⦿⦿)ウマ〜〜〜!!!



辛さはほどほど、
辛肉餡の味が見事だ。

しっとりした唇触りの麺に
ソースが渾然一体となって絡みつき、
箸が全く止まらない。。

辛さだけに特化した商品ではない、
と言うように、私には心地よい辛さ。
このままでも充分いけたけど、
覚醒蠍唐辛子と胡椒はぶちまけた。


美味しさと魅力がブーストアップ。
これは味わったことのない極上の辛ウマ!

謎メシはバスマティライスに
スパイスのみで香りを付けたもの。


わかるのはカルダモン、クミンくらい。


バスマティライスって大好きだ。
これを追い飯にするのは業界初。
私も頭に浮かばなかったけど、
これは大歓迎であります。

しかして、旨し!!!


肉餡が素晴らしく美味しいので、
そのままレンゲですくっても
全然大丈夫。

肉餡とライス、それぞれが美味しいので、
一気に残渣に放り込むことはせず、
両方を少しずつ楽しんだ。


少しずつライスに混ぜると、
ビリヤニのようでもある 🎵

麺量は150gだと足りなかった。
200gにすればよかったな、
いや、謎メシおかわりでもいいな!
とか、いろいろ考えてしまった。

非常に楽しく食べ終え、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


036
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

中華そば 結。@大森(まぜそば)

訪問日時:2021/02/20 12:09

好評という噂の
結。のまぜそばをいただきましょう。


正午を過ぎていたけど、
先客は1名。。
その後、お客の入りはあったものの、
満席になることはなかった。

まぜそば200gを購入した。


2番めで5分後到着。


にぎやかなビジュアルだね。


麺をまさぐると、


もちもちの麺が現れた。
相変わらず美味しいこと。

豪快に混ぜ、
ずるずる。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



麺の美味しさ、タレの味わい、
油の風味、具材の味のハーモニー。
完璧。

台湾まぜそばっぽいけど、
少し上品にした、と言うか、
そんな感じ。

コロチャーシュー、細切りメンマが
かなり重要なファクターと思う。


味変用に唐辛子酢が供された。


これを使うとかなり効果的。
酸味が良し、というよりも唐辛子の香りが増す。

ほかの調味料も試したけど、
特に白胡椒がよかったな。

麺がなくなると、
追飯発注。


器を差し出すとドサっと入れてくれる。


これまたうまい!

200gの麺量でも具材が多いせいか、
お腹がきつい、と思いながら
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

035
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:26 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

Hanaワイン@大井町(さんま煮干しラーメン)

訪問日時:2021/02/19 12:06

ツイッターにフォローいただき、
調べてみると、大井町のワインバーの店主さんが
ランチにラーメンを開始したと知るに至った。

食べ歩きもされているようで、
麦苗がお好きとのこと。

最近 つとに多い二毛作。
行ってみましょう。


A看板が道路に平行に置いてあるので、
最初気が付かなかった。
垂直に置くのは通行の妨げなのかな。。

おっと、ここを入るのですね。


いい横丁です。
どの店も行ったことないけど。


コロナ対策も万全。
席は3席。


店に入ると、
女性店主さんの明るいお出迎え。

さんま煮干しラーメン
タラのクリームライスをお願いした。


空のワインボトルがたくさん並んでいるけど、
リーズナブルなワインが多そうだ。
これは夜に来てみたい。。

4分後到着。


む。いい香り。


煮干しの香りが鼻孔をくすぐる。
早速レンゲをさしこみ、


うはー、いい感じの煮干しスープだなー。
なんというかバランスがよくて、
油がいい具合に効いている。

麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

柔らかめの卵麺。
大井町のはやし製麺所さんのものらしい。

美味しいけど、
淡麗でありながら主張があるスープには
ちょっと合っていない印象。
飲んだあとに〆にはやさしくてよろしいと思うけど。

同じはやし製麺所さんの麺を使った
はめっちラーメンのような麺でも合うと思う。

チャーシューは煮豚タイプ。


しっかりとした食感で、
豚の美味しさを感じられる。
これ、好きなタイプ。

タラのクリームライス。


タラが入った いわゆるホワイトシチューがけ。
ご飯にホワイトシチューをかけるのが
だめな人もいるようだけど、私はむしろ好き。
スープをお供に大変美味しくいただいた。

今後、麺も変えていくみたいだし、
また来てみましょう。


店主さんは近くのラーメン店で
お手伝いもされているようで、
営業はFACEBOOKで確認されたし。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



034

感想など。。。
posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

秋刀鮪だし 宣久@芦花公園(ワンタンもり中華)

訪問日時:2021/02/18 11:48

2016年1月18日グランドオープン。
もうそんなに昔のことになるのか・・・

宿題でありながら忘却していたお店に行ってみた。


アイバンラーメンの跡地にて、
店長を努めた松本氏の独立店。

つい最近、店主サンのFBから
発出されたYouTubeを見ると、
かなりイジられキャラなんだな、
ということがわかる。。

昨年10月頃に
背脂生姜プロジェクトに参加、
という形で、商品リニューアルをかけたようだ。


中華そば、背脂生姜そば、
もり中華、背脂生姜もり中華、
という4本柱。

昨年2月から始まった背脂生姜プロジェクトは
それほど盛り上がっているようには見えないし、
私の中では興味はない(^^;

とりあえず券売機に向かう。


ワンタンもり中華をプッシュ。
席に着く。

白飯は梅マグロのっけ、と書いてある。


それ、魅力的。。。

調味料類は、麺のたれ、生姜酢、胡椒。

3番目で10分後到着。


自家製麺は つやつや、きれいだ。


そのまま一口いくと、
麺の美味しさがズドンときた。
ギュッとした歯ごたえともちもち感がたまらんです。
もちろん香りも十分。

スープにはチャーシュー、メンマ、ねぎ、
ワンタンが沈んでいて、
七味唐辛子が降りかかっている。


スープに浸して、ずるずる。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



すごい美味しい!
サラサラのスープながら、
秋刀魚と鮪の風味がバランス良く溶け込んでいて、
旨味も抜群。
つやつやの麺でも味がよく絡む。

チャーシューもかなりのもの。


スープの味も吸って、
これ、うまい!

メンマもうまい。


ワンタン、首吊の刑・・・(^^;


このワンタン、すばらしい。
皮と言い、餡と言い、チュルっと

麺がなくなったので、スープ割りをお願いした。


ほうじ茶で割られて戻ってきた。
飲んでみると、出汁感はそのままに、
ほうじ茶の渋み、苦味がほんのりと感じられ、
面白い後味になっている。

同行者の背脂生姜そば。


麺はもり中華より やや細い。
生姜が溶ける前と、
溶けたあと、両方味わせてもらったけど、
前者の方が好きだった。。



チャーシューエッグ丼もいただいたよ。


なんと魅力的な商品名、
ってことでボタンをプッシュしてしまった。
ご飯そのものも美味しく、気に入った!

ちょっと味が薄いので、
麺のたれをかけながらいただいたけど、
ソースがあるといいな、
と思いながら箸を置いた。

帰りに成城青果の前を通ってみたけど、
行列は少し落ち着いているようだった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


033
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:25 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

おそうざいと煎餅もんじゃさとう@代々木公園(とり煮込みらーめん)

訪問日時:2021/02/17 12:00

4回目となる もんじゃさとう。
今回はとり煮込みらーめん。


多少煽られてもいるけど、
さとう店主の作るラーメンは
他と少し違う魅力があるので、
自主的に毎月行ってみたいと思っている。
でも、前回の味噌はのがしてしまった。。。


いつのまにか江戸時代風の告知板が。


アップで撮ってみると、
すでに次回の告知。


これも魅力的だなっと、


先客は学生4人組。
続いて5番目で入店。

席に座ると、
いつものように麺量だけ聞かれ、
とり煮込みらーめんを通常でお願いした。

改めて品書き拝見。


スープは鶏ガラと内臓を細かく潰して、
野菜と煮込んだ鶏白湯。

たれは煮干、昆布、貝柱の塩ダレ。

麺はもちろんカラス麺、ちーめん。


2枚目にはグランドメニュー。


発酵羊挽肉もんじゃ!
食べてみたい。。。

今回の調味料は白胡椒。


5番目で15分後到着。


器はいつもと一緒だけど、
なんとなく、この鶏白湯ラーメンに合っている気がする。


スープは ぽてっとした
鶏ベジ という印象の鶏白湯。


あまり煮込み時間をかけていないのに、
鶏の香りと旨味は十分。
その分、ありがちな臭みがないということかな。

ちーめんを引っ張り出して食らいつく。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



思った通りの美味しさ。
麺とスープ、どちらも主張が強いんだけど、
食べ進むうちにその相性が抜群だと
徐々に確信できる。

当然、口中で一緒になるんだけど、
不思議に両方それぞれの美味しさがわかる、
という感じ。。


鶏は鹿児島の赤鶏を塩漬けして
片面だけ炙ったというもの。


恐るべき弾力で、
たくさん噛むことを余儀なくされるけど、
ひと噛みごとに旨味が広がり、
こりゃすごい鶏肉だ。

伏見唐辛子は、


辛くないので、食感がナイスなアクセント。

説明書はなるとにも言及していて、
たまにかじってください、とのこと。


少し焼き目が付いている。
で、このなると美味しい!
あまり なるとに反応することはないんだけど、
このなると、もちもちしていて普通じゃない。
ひと口で食べてしまうのはもったいない。
4口に分けて楽しんだ。

味変アイテムとして、青唐魚介そぼろ。


魚肉(恐らくは青魚系?)と
青唐辛子が和えてある。


爽やかな いい香りと
辛味が面白い。

そしてスープまで躊躇なく完食。
明日の朝はコラーゲン効果があるかな、
と思いながら店をあとにした。


なお、このラーメンは22日くらいまでだそうだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


032
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

てんせんめん@虎ノ門ヒルズ(汁なし丹々麺)

訪問日時:2021/02/16 11:56

虎ノ門ヒルズ。
コロナ禍で遅れて4月にグランドオープンしたけど、
まだ行ったことがなかった。
新しもの好きなので、
こういう施設にはすぐに訪れたい性格なのに。。。

で、ようやく行ってみた。

まずは地下一階から。


昨日に続いて浅草開化楼の麺使用店。

オープン当初は味噌担々麺(清湯)1種類だったけど、
10/5より味噌担々麺(濃厚)開始。
その後 前者は あっさり味噌淡々麺、
後者は こってり味噌担々麺 に名称変更。

1/29よりまぜそば担々麺 開始。
2/8 一部メニューリニューアル。
まぜそば担々麺は 汁なし丹々麺に名称変更。

で、現在のお品書き。


担々麺に「坦」の字が間違って使われるのは多いけど、
「淡」と「丹」、 うまく造語を作ったね。

厨房に向かったカウンター6席、
壁に向かったカウンター7席。
今は席数を減らしているようだ。

席に案内され、汁なし丹々麺を注文した。

ティッシュペーパーが高台の壁に埋め込まれている。


てんせんめん は 点と線と面。


こんなもの早く不要になればいいな。


オペレーションは見事の一言に尽きる。
麺が作られていく過程も見とれてしまうほど。

5〜6番目で13分後、
お盆に乗って到着。


これほど美しい汁なし担々麺を他に知らない。


肉味噌、ねぎ、ゴマペースト、青ねぎ、パクチーが
芸術的に盛り付けられている。

穴あきレンゲもセット済み。


このねっとりしたものはゴマペースト。


かなりゴマの風味が新鮮。

混ぜる前に麺を確かめると、


表面がざらついたもちもち麺。

肉味噌も極上の味わい。


そして、よく混ぜてからいただくと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




うーむ、すごく美味しい・・・
つるつるではない麺の食感が斬新。
ゴマ、タレ、ラー油が三位一体となって
とっても美味しい。

パクチーはデフォルトだけでは
少し物足りないと思ったので


予めトッピングを頼んでいた。
これがまた大正解。

途中で黒七味とラー油を所望。


時節柄卓上には置いていない。

黒七味、いいね!


ラー油も香り高くていいね!


もともと辛さは十分だけど、
ラー油は追いがけすることをオススメしたい。

麺がなくなると追飯発注。


再びまーぜまぜ。


つくづく美味しい。
幸せな気分。

同行者の担々麺パクチー増し。


お互い手を付ける前にスープだけ いただいたけど、
これは素晴らしいね。
担々麺としてかなり好きなやつだ。


満足して店を出たけど、
3階の虎ノ門横丁を散策していて、
前から気になっていた
イル・フリージオに吸い寄せられた。


何十種類の塩とオイルを使って
握られたお寿司。
寿司の新たな世界が見えた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


031
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする